業務記述書の書き方、参考例を教えて欲しい アメリカなどの企業ではJOB DISCRIPTIONと呼ばれ人事が管理し人材の採用の際に提示するものです。 私の目的はGROUPを管理するのに組織表にマッチした業務記述を整理したいのですが、、、どのような書式でまとめあげるのがBESTなのか迷っています。是非アドバイス下さい

A 回答 (1件)

多分知っているのでお知らせします。

一例として以下のようになると思います。

Job title/役職

Report to/レポート関係提出先 (上司)

Job Summary/職務要約 例:営業目標を達成し、営業戦略を作る責任がある

Job Function/職務機能 例:‐売上目標と利益を達成する
               ‐あらゆる得意先と良好な関係を構築する
                -上司,マーケと協力し、顧客へのマーケ戦略を
                作成し、実行する

canditade/候補者                  
Competency,skill/資質   例:強い達成意欲、対人能力

Job Experience/経験    例:業界営業またはマーケ経験者

Education/教育       例:4大卒以上

Others/その他        例:年齢30歳以下
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務職:業務の指示を部下にメモですることについて(組織管理・チームワーク)

私は事務職です。

「メモで業務を指示する」ということは、避けるべきかどうか、皆様の経験等に基づいたご意見・ご指導をお待ちしています。

 以前、ある職場の管理職のとき、自分自身も徹夜がつづき昼食もとれないほどの多忙状況が恒常的であり、業務を口頭で直接指示する時間すらなく、特に不在中(休暇等でのすれ違いも含む)の職員にはメモでよく業務を指示していました。
 あるとき、組織上では部下になりますが年上の職員に「メモの指示は最低だ」と心から言われたことがありました。一般的にはどうなのでしょう?ご意見・ご指導をお待ちしています。

Aベストアンサー

逆に口頭での指示は、うまく指示が伝わらなかった場合に、「言った、言わない」などともめる原因になりますので、メモという表現が適切がどうかは別として、文書で指示を出すということは大事かと思います。
ただし、指示する上で大事なのは、指示する側の意図を正確に伝えるということなので、メモだけで不充分な点などあれば、あとで、口頭で補足説明するとかそういう事も大事だと思います。
更に、上司と部下であっても人間対人間なので、指示したことに対し、指示通りの業務が行われた場合には、それなりのレスポンスも大事だと思います。

Q【人事労務】社長が採用前に提示した給与を入社後になって変更したいと言い

【人事労務】社長が採用前に提示した給与を入社後になって変更したいと言い出してきました。

社長は新卒女性2名はアシスタント職になるので給与を若干減らしたいと思っています。
気持ちは分かりますが、さすがにそれは問題があると思うので、それは避けたいと思っています。何かそれがまずい証拠(例えば労基法の○条に禁止されている)など、社長を説得できる良い方法はないでしょうか?

どなたか教えていただけませんか!?

Aベストアンサー

労働者側がOKならば、問題ないですが…。
一方的には変更できないです。

労働契約法
| (労働契約の内容の変更)
| 第8条
|  労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。
| (就業規則による労働契約の内容の変更)
| 第9条
|  使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。~

労働者側の対応としては、
・労働組合があるのなら、そちらへ相談し、改善を請求
・社外の労働者支援団体経由で改善請求
・労働基準監督署からの行政指導を依頼
・採用時に提示された労働条件と異なるって事で、会社都合相当の退職
 →雇用調整助成金なんかを受給しているのなら、打ち切り、返納とかの理由になり得ます。
とか。

Q社員証の提示の際、社長は、何を提示すればよいでしょうか?

以前、官公庁に行った際に、入り口で社員証の提示を求められました。
しかし、私は、代表取締役で、社員とは異なりますので、
当然のことながら、社員証を発行(所持)しておりません。

社員証を持っていない場合は、入り口での記入用紙に記述すれば、
入館可能ですので、前回は、そのようにしたのですが、
同じように会社役員で、社員証をお持ちでなく
戸惑われた方はいらっしゃいませんでしょうか。

また、社員証の提示を求められた際は、どのようにご対応をされていらっしゃいますでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

今は健康保険証がカード(個人別)になっており、
会社名が明記されているので、
身分証明証替わりに使われていることが多いと聞きましたが。

顔写真が必要でしたら、運転免許証かパスポートの併用を。

Q人事管理におけるメンタルマチュリティ?

人事管理におけるメンタルマチュリティと協調性の相違点と同じ点についてのレポートを提出しなければならないのですがメンタルマチュりティーっていったい何なのかわかりません。どなたかお助けください。参考資料でもわかれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メンタルマチュリティというのは、英語ではどちらかというと「精神年齢」というような意味で使われていると思います。

例えば、「みんな自分の年齢を知っているけど、実際に体の年ではなく、心の年が何歳なのか知っている人は少ない」、要は精神年齢ですよね。

ここに
http://www.save-our-schools.com/wisdom/wisdom_subject_attribute.html
選択式で精神年齢のわかるクイズがあります。

あとは、下記に「精神的に大人な人と子供っぽい、未熟な人」の違いが表になっています。両方とも英語ですが、下記のほうは単語が並んでいるだけなので辞書をお使いになれば英語が苦手でも何をもって区別をつけているのかご理解いただけると思います。

ただし、日本で使われるカタカナ英語は、必ずしも英語、米語の意味と一致するとは限らないので、その辺は確実ではありません。アメリカで使われるMental Maturityとはこういう意味ということでお読みください。

参考URL:http://www.save-our-schools.com/wisdom/wisdom_subject_attribute.html

メンタルマチュリティというのは、英語ではどちらかというと「精神年齢」というような意味で使われていると思います。

例えば、「みんな自分の年齢を知っているけど、実際に体の年ではなく、心の年が何歳なのか知っている人は少ない」、要は精神年齢ですよね。

ここに
http://www.save-our-schools.com/wisdom/wisdom_subject_attribute.html
選択式で精神年齢のわかるクイズがあります。

あとは、下記に「精神的に大人な人と子供っぽい、未熟な人」の違いが表になっています。両方とも英語ですが、下...続きを読む

Qパートの管理業務

メーカーの物流倉庫で、人材派遣業者からパートさんの管理を頼まれました。40人程ベテランのパートさんが働いていますが、当日休みが5~6名常に発生します。現在、まだ、この職場に入って数日しかたっていなくて、本人と氏名が一致しない状態です。個別に面談も必要かと思いますが、仕事に対する責任感が薄い様にも感じます。パートさんの責任範囲はどれぐらいかと悩んでいます。パートさんが休まずに出て来てくれる様なシステムはないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

会社で労務など担当してきた者に過ぎません。

パートタイマーやアルバイトにおいても、貴重な人材であることと、仕事に関しては、待遇面が違ったりすることも多いかと思いますが、あくまで理想としては時間中は社員と同様の責任感を持って勤務するのが当然かと思います。研修などを行う場合ありますが、現実的には意識を変え、モチベーションを向上させることは難しいかと思います。

稼業の洗い出しなど、工程や仕事や適性の要素など、どの仕事に何名の配置が必要なのかということや、重要度や多少繁閑がある工程など、職能用件などという大げさなものでなくても、まずは稼業の工程などを洗い出すことなどを優先して調べることをお勧めします。

また、同時にactive-TKさんにおいても、人の顔、また名前などを把握することは急務かと思います。そして、それぞれの勤務体系や、能力などを把握することが重要ではないでしょうか。
また時間管理も大切なので、それぞれの雇用契約や条件を確認され、ひとりひとりについて仕事の習熟度合いや能力などを把握することから取り組まれることが賢明かと思います。

参考程度にでもなれば幸いです。

こんにちは。

会社で労務など担当してきた者に過ぎません。

パートタイマーやアルバイトにおいても、貴重な人材であることと、仕事に関しては、待遇面が違ったりすることも多いかと思いますが、あくまで理想としては時間中は社員と同様の責任感を持って勤務するのが当然かと思います。研修などを行う場合ありますが、現実的には意識を変え、モチベーションを向上させることは難しいかと思います。

稼業の洗い出しなど、工程や仕事や適性の要素など、どの仕事に何名の配置が必要なのかということや、重要...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報