人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

文系で博士課程に在籍している、していた方に質問です。
在籍中の収入はどのような状態でしたでしょうか。
来春博士課程に進学しようと思っているのですが、正直に言って経済面での心配が大きいのです。
実家暮らしで、かつ奨学金をもらう予定ですので学費や最低限の生活費はまかなうことはできます。
はじめの1年目2年目などはそれほどの不安を感じることはないと思うのですが、
昨今のような大学を取り巻く状況や、たとえば30歳を超えるようになったときに
自分の経済状態がどうなっているのかの予想がまったくつきません。
アルバイトをしようにもそれほど時間がとれそうになく、奨学金も期間が決まっているので、その意味でも不安になります。

もちろんそういった不安を承知で進学しようとは思っているのですが、本心ではやはり現実問題としての経済的な部分での不安が大きいです。
みなさんの経済状況はどのようなものなのでしょうか。
できるだけ具体的なことをお聞きしたいのですが、だいたいのところでもかまいませんのでよろしくお願いします。
できるならば在籍年数の方もあわせて教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

修士2年、博士5年在籍。

学振PD2年。非常勤週1コマ生活を2年。現在は大学教員。周辺を見渡す限り、きわめて幸運だったと言えるでしょう。私よりいい研究していて、結局大学に職を得られなかった人もたくさんいます。

率直に言って、「無収入、無職でもいい、趣味の研究を続けられればそれで満足」という人でない限り、文系で博士課程に進むのは無謀です。質問者さんの学的業績のレベルはわかりませんが、仮に同世代の同分野の若手の中で一番だとしても、大学教員になれる確率は高くない、と言わざるを得ません。勝手な推測ですが、ここでこういう質問をされているということから考えると、2、3本論文を書いてどんどん研究職につけるような環境ではないのでしょう(国内には例外的にそういう大学院、研究分野もあるようですが)。最近はCOEとかポスドクとか任期付きとか、とりあえずつなぐことのできる研究的職が増えていますが、研究室の諸先輩の動向もよくみて、冷静に考えることを強くお勧めします。

ちなみに私は院生時代に結婚、配偶者は公務員、自分自身は学習塾バイトで15万ほど稼ぐ、大学院の先生は別に院生が大学に来ようがなんだろうがお構いなし、好きに論文書け、週1のゼミには来い、くらいの人でした。暮らしには困りませんでした。学振PDの間は、むしろリッチで貯金がたまっちゃうな、くらいでした。しかし、繰り返しますが、これは大学教員になれたから言えることです。大学院時代の奨学金約500万円も返還免除ですし。とにかくいろいろな面で幸運でした。実力は、、、ないわけではないんですが (^^; 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご想像の通り、冷静に見て格別いい環境にあるとは言えませんし、
博士課程の多くの先輩がそれこそ寝る間を惜しんで研究をしているのを見ていますが、
研究職につける先輩は僅かで、かつ本当に長い時間をかけたうえでのことです。
>「無収入、無職でもいい、趣味の研究を続けられればそれで満足」
と自信を持てるかというと今はやはりそうではないと思います。
春の試験までにじっくり考えてみようと思います。
ちなみに、学習塾のバイトはいつ頃の時期にどれだけの期間なさっていたのか、
差し支えなければお教え願いませんか?
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/05 22:54

再び#1の者です。

他に回答がつかない気配もあり (^^; お尋ねの件について補足しますね。

塾バイトは大学生のころから院生時代を通して大学に職を得るまでずっとやっていました。最初は小さないわゆる塾、その後駅前チェーン塾を経て大手予備校系、と高い時給を求めて動きました。だいたい週3日でした。全然、たいした情報ではありませんね。。。

そうそう、博士課程の4年目くらいだったでしょうか、「かばん」で有名な大手塾に半分就職しようかと悩んだことがありました。面接に行き、親身に人生を心配されちゃったりして、採用を前提にした研修に来ないかと誘われました。。。年収で700万(だったかな?)は保証できますよ、とか言われて。。。そっちへ進む選択もあり得たと言えるでしょう。結局、電話でお断りしてしまいましたが。

なんだかんだいっても人生1度きりですからね。どうぞ納得のいく選択を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が非常に遅くなってしまい申し訳ありません。
あれからじっくり考え続けて、朧気ながら方向性が決まってきたように思います。
どう転んでも悔いの残らないよう決断できるようにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/22 21:34

人文・社会系D3の者です。

在籍年数は修士から数えて6年目、うち1年間は国費留学(授業料・寮費・生活費全額給付)です。

#1さん、#2さんの回答を拝見して、ご意見もっともだと思う一方、非常に恵まれたケースであるなとも思いました。分野によっては就職も非常に厳しく、すでに30歳を超えたオーバードクターが何人も順番待ちをしているところも少なくありません。

学振も難関ですし、最近では博士号を取得しないと就職できないという傾向もあります。人文・社会系の一部では研究がある程度実になるまで時間がかかることもあり、課程博士であっても取得が比較的困難です。私の周りだと30代半ばまでに取れるかどうか、という人が多いです。

収入に関してですが、私の収入は主に奨学金、非常勤講師、アルバイトで月平均でおよそ25万程度です。私の大学は他大学に比べ学費も安く、遠方での学会発表の際には補助金もでますし、研究に必要な書籍も年間5万円までは購入してもらえます。所属する研究会から研究費を補助してもらえるという経済的にはかなり恵まれた環境にあります。また、縁あって同分野の研究者に書籍を頂く機会が多い(新刊、重複本等)ので、出費もかなり抑えられています。

私も今年度いっぱいで奨学金は切れるので、来年度以降は休学をして研究を続け、できるだけ早く博士論文を出そうと思っています。私は今27歳独身なのでまだそこまで焦りは感じていないのですが、先輩方の中には非常に優秀であっても、お子さんの養育やご両親の介護など家庭の理由や、その他の個人的な理由、指導教授の退官などでやむなく研究を断念される方もいらっしゃいます。

また、この間参加した研究会でも話題になったのですが、来年度から大学の教員制度が大きく変わります(助教授→准教授、助手→助手と助教など、名称の変更や任期制の導入)。新制度のもとで就職状況も大きく変わっていくかもしれません。すでに非常勤講師の大幅な削減を発表している大学もあるそうですから、ひょっとしたら就職状況はさらに悪くなるかもしれません。

アドバイスとしては、やはり他の回答者の方々が仰るように、周囲の院生の状況を尋ねることと、最悪の場合、就職できないかもしれないと覚悟しておくことです。進学された場合は普段から情報を得るためにしっかりアンテナをはり、積極的に研究会や学会に参加して人脈をつくっておくことです。書いてて自分がへこんできましたが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どうも回答をくださる方が非常に優秀な方のみなので驚いている反面、
それだけの実力が備わっていないと進学してやっていける世界ではないということの証明であるかもしれませんね。
周りは30半ばで職が見つかるかどうかという状況ですので、冷静に考えて決断しようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/05 23:18

進学する博士課程の院生の就職状況を尋ねることをお薦めします。

私の場合は、就職状況がよい領域だったこともあり、D2を終えた段階で幸運にも短大に就職先がありました。指導教員が協力的だったことも幸いしたかもしれません。その後は学籍を残し休学して、学位論文執筆の指導を受けていました。その後移籍して現在大学教員です。

在学中は、査読付きの論文を一定程度まとめることも大切ですが、就職の際は対応できる領域の広さも問われるので、それらも意識しておかないと就職も厳しいかと思います。

なお、在学中の収入は下宿で週1回の僅かなアルバイトと奨学金のみです。学会発表等で遠出するのが痛手でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
No.1 の方へのお礼にも書いたのですが、博士課程の先輩の就職状況はあまりいいとは言えないと思います。
少なくとも博士課程在学中に大学での非常勤などのポストを得られた方はいないように思います。
もちろんもう在籍していない方でそういった方がいるかもしれないので、そのあたりをもっと調べてみます。
じっくり考えてみようと思います、回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/05 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学非常勤講師の方はどう生活なさっているのでしょう

大学非常勤講師の方はどう生活なさっているのでしょうか?

大学非常勤講師の依頼があり、たいへん興味はあるのですが、それだけでは生活費に足りません。

わたしの場合は国語系の講義の依頼ですが、他に専門学校の講義も持っています。
ですがそれでもやはり生活はできません。
(SOHO的な仕事などで生活費の補填はしております)

一般に非常勤講師の方はどのような生活(具体的には兼業でないといけないと思うのですが)
をなさっているのでしょうか?

兼業をするにしても、講義時間の拘束もあるわけで、他のフルタイムの業務には就きにくいと思うのですが、どういう兼業をなさっているのでしょうか?

よろしければおおしえいただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

まあ、いろいろなケースがあるかとは思いますが。

実はA大学の専任教授だが、週5日・1限から5限まで25コマも授業を持っているわけではなく、週3日・講義2コマとゼミ2コマで、あとは卒論・修論指導……という人が、他の大学で週1日・2コマの講義を持っていることもあります。

また、専門的な知識があり、それを活かした仕事をフリーで請け負っていたり、民間企業に所属しているけど外部の会合に(いろんな会社のお偉いさんが集まるような物)に出席するような人が、「曜日・時間帯が決まっている、本業以外の仕事」のような感じの人もいます。

まあ、民間企業に所属している場合は、決まった曜日・時間に大学で講義をすることが許可されるような会社でないと無理ですが、大学の非常勤講師が出来るくらいの専門知識と経験があるお偉いさんってことで、「そんな事をしてたら、本業をやってる暇がないだろう」という忙しい若手ではない事もあります。

Q教授になるにはどのような手順を踏めばよいか

近いうちに進路のプリントを提出しなければならないので、
どうかお力をお貸しください。

私は、文学部の史学科がある大学に進学しようと考えて
います。

そしてもし将来やりたい事や仕事が見つけられなければ、
そのまま大学院に進学、教授になりたいと思っています。

しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学
出身の人でも教授になれるのかというところです。

というのは行きたい大学の教授陣が東大をはじめ、旧帝
のオンパレードだったので。

それと私は大学4年間と、大学院4年間で教授になれると
勘違いしていたのですが、ポスドクとはなんですか?

教授の募集が来るまでポスドク、あるいは何とか機関で
働くとどこかで見たのですが。

あと募集に関して自分の好みの大学を選んで教授になる
ことはできるのでしょうか?

失礼ではありますが、ホンマでっかTVの教授の皆さまは
優秀であるのにFラン大学の教授をなされているので。

自分の好きな大学は選べないのかなと思ってみました。

以上のように全く素人の無知ですが解答をどうかよろしく
お願いします。

駄文御免。

近いうちに進路のプリントを提出しなければならないので、
どうかお力をお貸しください。

私は、文学部の史学科がある大学に進学しようと考えて
います。

そしてもし将来やりたい事や仕事が見つけられなければ、
そのまま大学院に進学、教授になりたいと思っています。

しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学
出身の人でも教授になれるのかというところです。

というのは行きたい大学の教授陣が東大をはじめ、旧帝
のオンパレードだったので。

それと私は大学4年間と、大学院4年間で教授になれ...続きを読む

Aベストアンサー

大学教員です。

> しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学出身の人でも教授になれるのかというところです。

出身大学院は関係ありませんが、私大の文系の大学院は定員割れとしているところも多く、試験さえ受ければ、大卒レベルの学力さえなくても受かる場合があります。大学院は自分で研究するところですが、周りの研究のレベルが低いと流されて自分の研究のレベルも下がりますので、なるべく研究の(大学院生の)レベルの高いところに進学すべきです。
学部は中堅私大の出身であっても構わないと思いますが、大学院は、旧帝国大学か少なくとも早慶レベルの大学院に進学された方がいいでしょう。(もちろん、分野によっては、一般的には無名でも早慶よりレベルの高い大学院もあります。)

> あと募集に関して自分の好みの大学を選んで教授になることはできるのでしょうか?
> 自分の好きな大学は選べないのかなと思ってみました。

選べません。一般の企業の就職とは異なります。選べるほど職の数がありませんし、定期的に募集があるものではありません。

大学教員は各大学(の学部・学科・大学院など)ごとに人数が決まっていますので、誰かが(定年退職や他大への転出などで)辞める場合か、新しい学部・学科をつくる場合しか、新しく人を採用することはありません。したがって、教員の採用は定期的にあるものではなく、必然的に倍率は非常に高くなります。一般的には、低くても数十倍から100倍は当たり前、大都市圏の大学であれば、数百倍になることもあります。

質問者様がバカにしたように「Fランク」と書かれているような大学でも、教員を募集すれば、一人の枠に対して、数十倍~100倍の人数が応募します。募集してきた人の中で、研究業績がトップレベルで、研究分野と教育分野(教育歴)が募集分野と合っている人が選ばれます。必然的に、どこの大学でも、教員は一流の大学院出身の方が多くなります。

> 教授の募集が来るまでポスドク、あるいは何とか機関で働くとどこかで見たのですが。

ポスドクの募集は主に理工系の分野でしかなく、文系のポスドクは皆無です。ですので、常勤の教員になれるまでは、非常勤講師や専門学校・予備校などのアルバイトで食べていかなければいけません。もちろん、アルバイトをしながらでも、研究は続けて研究業績は増やさなければいけません。当然、研究費は全て自腹です。そこまでして耐えて、運が良ければ40歳くらいで講師の職があるかもしれませんが、史学などは50歳になっても非常勤講師という人もいる分野です。

> 優秀であるのにFラン大学の教授をなされているので。

大学の学生のレベルと教員のレベルは必ずしも一致しません。無名大学にも、世界的に有名な研究者がいることはありますし、一流大学にも無能な研究者はいます。

テレビのバラエティなどに出ていらっしゃる先生方は、基本的には副業として出ていらっしゃるのだと思いますが、研究者として大成することはあきらめて、将来はタレント業をメインにしようと考えている方もいるかもしれません。
それに、テレビのバラエティで求められる能力は、研究者としての優秀さではなく、学者タレントとして素人に少し専門的なことをわかりやすく話すプレゼン能力ですので、研究者としての能力とはほとんど関係ありません。

他の方も書かれていますが、研究者というのは、特定の分野の学問を究めたい人が、将来に何の保証もなくてもかまわないという気持ちで選ぶ仕事であり、とても運がよければ、もしかしたら、大学教員になれるかもしれないというようなものです。
まだ、大学で専門的な勉強をしたこともない高校生が、将来の安定した仕事として考えるような職業ではりありません。大学に進学し、3,4年生になってゼミで研究のまねごとをするようになってから、改めて、もっと研究を続けたいかどうか、大学院に進学して5年以上研究して博士号をとり、貧乏でも研究を一生の仕事にしたいかどうか考えてください。

進路のプリントには大学進学だけと書いておけばいいでしょう。高校生のうちに、大卒後の職業など考えても無駄です。どの大学に行っても確実に何かの職に就けるわけではないのですから、自分の好きな分野に進めばいいのです。

大学教員です。

> しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学出身の人でも教授になれるのかというところです。

出身大学院は関係ありませんが、私大の文系の大学院は定員割れとしているところも多く、試験さえ受ければ、大卒レベルの学力さえなくても受かる場合があります。大学院は自分で研究するところですが、周りの研究のレベルが低いと流されて自分の研究のレベルも下がりますので、なるべく研究の(大学院生の)レベルの高いところに進学すべきです。
学部は中堅私大の出身であっても構わないと...続きを読む

Q文系博士の行く末

大学の同窓会に参加しました。
同級生が苦労の末、博士号を取ったと言っていました。
私は単純に「凄いね~。頑張ったね~。おめでとう!」とお祝いの言葉をかけたのですが、彼の表情は暗く「先行きが見えない…」とぼやいていました。
今彼は週に2~3コマ非常勤講師をしているそうです。
学振(?私にはよくわかりませんが、こう言っていたと思います)にも応募し、2度不採用になったと言っていました。
私の周りに博士なんていないので、「博士=大学の先生になる」だと思っていましたが、現実は違うのでしょうか?
学生時代は同じゼミで頑張った仲間です。
人一倍頑張り屋さんだったので博士号が取れたのだと思います。
私立大学(関西ではトップレベルの大学です)で史学の博士号を取っても、先行きは暗いものですか?
彼が大学の先生になれる可能性はどれぐらいですか?

Aベストアンサー

>「博士=大学の先生になる」だと思っていましたが、現実は違うのでしょうか?
まるっきり違います。極端な言い方をすれば、野球部に入ることとプロ野球選手になることぐらい違います。野球部に入る人(大学院に進む人)の多くはプロ野球選手(大学教員)を目指すわけではありませんし、プロ野球選手を目指してもドラフトで指名されるとは限りません。首尾よく入団しても、一軍選手(教授)になれるとは限りません。二軍どまり(准教授、助教など)かもしれません。はたから見ると呑気に見えるかもしれませんけど、結構厳しい世界です。

で、プロ野球選手になる人の多くは甲子園常連校の部員です。しかし、関西ではトップレベルの私立大学は常連校ではありません。なので道はなおさら厳しいです。常連校(旧帝大など日本のトップレベルの国立大学)からでも厳しいのが現実です。博士号をとったというのは、野球部に入った、あるいはそこでレギュラーになったというレベルのことだと思いますよ。常連校のレギュラーでもドラフトで指名される人は少ないです。

大学教員になれる可能性は何とも言えません。一般的には公募によって選抜されるので、公募された分野と専門が合致し、他の応募者よりも優れた業績を有していることは必須です。前の回答にもありますように、空きポストの有無は重要な要因です。空きポストがなければ採用されることは絶対にありません。運良く、ポストに空きが出ればすぐにでも採用される可能性はありますけど、それでも他の応募者との競争は避け難いです。

暗い話が続きますが、学振で不採用というのは、業績が高く評価されているわけではないことを意味します。学振で採用されにくいということは、教員公募でも採用されにくいということにつながりがちだと思いますよ。

>「博士=大学の先生になる」だと思っていましたが、現実は違うのでしょうか?
まるっきり違います。極端な言い方をすれば、野球部に入ることとプロ野球選手になることぐらい違います。野球部に入る人(大学院に進む人)の多くはプロ野球選手(大学教員)を目指すわけではありませんし、プロ野球選手を目指してもドラフトで指名されるとは限りません。首尾よく入団しても、一軍選手(教授)になれるとは限りません。二軍どまり(准教授、助教など)かもしれません。はたから見ると呑気に見えるかもしれませんけど...続きを読む

Q修士課程や博士過程に入っている人の生計って・・・

修士課程や博士過程に入っている人の生計ってどうやってたてているんですか?ティーチングアシスタントだけでもある程度の収入が得られるものなんでしょうか?できればどのようにして生計をどのようにしてたてているか、又は収入はどの程度得られるものなのかを失礼のない程度に教えていただきたいです。あと、僕がと言うわけではないのですが、一つ気になっていることがあるのですが、結婚しながらの修士、博士課程に入るということは可能に思いますか?どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ティーチングアシスタントは学校によっても違います。
私の場合、ティーチングアシスタントで修士のとき年間3万円程度しかもらえませんでした。(国公立)
博士課程では年間30万程度もらえました。私立になるともうちょっとたかいかもしれません。
結論から言いますと、大学によってちがいますが、ティーチングアシスタントだけでは収入は得られないといっていいでしょう。
たいていの人は塾の講師をしたり、家庭教師をしたりして生計を立てている人が多いように思います。
博士課程に入るとバイトなどしていると論文がかけません。ですので短時間で高収入といえば塾のバイトか家庭教師のバイトかになります。家庭教師は。地域新聞などあるのでしたら投稿すれば博士ということもあり自給5000円でした。週3はいるとだいたい10万以上ありました。
あとは、奨学金ですね。奨学金でも色々な制度があり、例えば都道府県の奨学金でただでもらえる奨学金というものが以前あり私は月4万円程度もらっていました。
修士でも同じようなものではないでしょうか。

結婚しながらの修士、博士課程に入るということは可能は可能です。しかし、修士だとある程度楽ですが、博士になると、研究、論文とめちゃくちゃ忙しいので(私の工学部の場合)結婚相手には理解してもらわなければならないでしょう。
何かありましたらまたいってください。

ティーチングアシスタントは学校によっても違います。
私の場合、ティーチングアシスタントで修士のとき年間3万円程度しかもらえませんでした。(国公立)
博士課程では年間30万程度もらえました。私立になるともうちょっとたかいかもしれません。
結論から言いますと、大学によってちがいますが、ティーチングアシスタントだけでは収入は得られないといっていいでしょう。
たいていの人は塾の講師をしたり、家庭教師をしたりして生計を立てている人が多いように思います。
博士課程に入るとバイトなどしてい...続きを読む

Q文系の博士課程はでたけれど・・・・

文系とくに文学部などの研究者を志して、
博士課程までは出たものの、
就職がまったくなくて、就職難民化する。
いわゆるオーバードクターが大量発生する・・・・っていうのはどのくらい現実ですか?

またどのくらい今後ひどくなりそうですか。
何か解消されるような感じはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

今の時点ですでに厳しい現実です。
大学院重点化で、少なくとも専修コースはサルでも入れる大学院になりましたから、ますます使えない修士・博士が氾濫します。
それゆえ、どの大学院でも研究者養成コースの入学は、厳しく制限している、というのが現状です。
大量発生は、今後悪化の一途をたどります。
大学倒産の現状を見ましょう。秀明大学の学部閉鎖の一件は、ご存知ありませんか?

法学部・法学研究科の場合、東大の院修了なら何とかイスがありますが、ほかの大学院ではODもやむを得ないということ。もちろん、東大でも修士論文がろくなものでなければ、就職口を得るのは難しいでしょう。

それより、大学教員の採用方針が変わったことも考えるべきでしょう。
例えば、法学部の場合、純潔主義を採ってきた大学として京都大学や早稲田大学がありますが、京大では早稲田出身の外国法担当教授を採ったり、東大出身の公法担当助教授を採ったりと、人物重視の採用方針に転換しています。以前はこういうことありませんでしたものね。
早稲田も然り。東大や東北大はもとより、マイナーな大学でも、実力があれば採用しています。
要は、実力と人物なんですね。

(以上は、ある法律学の教授から最近伺った話。昭和30年代生まれのその先生が博士課程を出た頃、つまりバブル景気の前後には、すでに文系博士は就職難だったと言います)

今の時点ですでに厳しい現実です。
大学院重点化で、少なくとも専修コースはサルでも入れる大学院になりましたから、ますます使えない修士・博士が氾濫します。
それゆえ、どの大学院でも研究者養成コースの入学は、厳しく制限している、というのが現状です。
大量発生は、今後悪化の一途をたどります。
大学倒産の現状を見ましょう。秀明大学の学部閉鎖の一件は、ご存知ありませんか?

法学部・法学研究科の場合、東大の院修了なら何とかイスがありますが、ほかの大学院ではODもやむを得ないということ。...続きを読む

Q博士課程の人は、結婚してない?

博士課程の人は、25歳から27歳ということで、
男でもじゅうぶん結婚してもいい年齢だと思うのですが、
やはり就職の見通しもぜんぜんまだということで、
結婚なさらない方が、圧倒的に多いのでしょうか。

もちろん勉学がいそがしいし、資金的な面もあるという
話はじゅうぶんすぎるほど承知なのですが。

みなさんの周りのケースを、教えてください。
(特に、自分の人生相談という訳じゃないです)

Aベストアンサー

私の場合の話です。

私は理系の修士課程の者(女)です。
来月に入籍する予定です。
結婚相手は、今春、博士の学位を取得した研究者です。
現在、既に新居で生活を始めました。

金銭的にもかなりきつい生活ですし、
お互い、実験に追われ、帰宅は深夜で、
体もきついですが、二人で歩む人生を選びました。

年齢的には私が25歳、相手が27歳なので、
世間で言う適齢期に該当してると思います。
修士課程での結婚の例はあまり聞きませんが、
博士課程に至っては少しはあるようです。
周りの外人の博士課程の学生にいたっては、
ほぼ全員が結婚していますが。

日本人のドクターコースの学生(男)が結婚する場合は、
相手の方が仕事されている場合が多いようです。
学位取得を待ってから結婚となると、
待ってる方が女性の場合、適齢期を過ぎ、
あせりも感じるようになるので、それを避け、
自分(女性)が養うことになろうとも、結婚を選ぶようです。

私の場合ですが、
結婚したい!と心が動き出したら、
止められなかったといった感じでした。
相手の人が学位を取れ、
働き始めたっていうのもタイミングが良かったです。

私の場合の話です。

私は理系の修士課程の者(女)です。
来月に入籍する予定です。
結婚相手は、今春、博士の学位を取得した研究者です。
現在、既に新居で生活を始めました。

金銭的にもかなりきつい生活ですし、
お互い、実験に追われ、帰宅は深夜で、
体もきついですが、二人で歩む人生を選びました。

年齢的には私が25歳、相手が27歳なので、
世間で言う適齢期に該当してると思います。
修士課程での結婚の例はあまり聞きませんが、
博士課程に至っては少しはあるようです。
周りの外...続きを読む

Q中学高校の非常勤講師の生活実態と将来性は?

こんにちは

30歳の男です。都内で生活し、独身です。
20代後半に教員を目指そうとして
大学卒業後中学高校の一種数学の免許をとりました。
そのご、いくつか採用試験受けたのですが、
公立、私学含め正職員にはなれませんでした。
生活のため、しかたなく普通の情報系エンジニアしてます。
1週1コマだと月1万2千前後が給料の相場みたいです。
これだとちょっと不安ですよね。

非常勤を専業にしてらっしゃる方、あるは経験者に質問ですが、

非常勤から正職員への任用のチャンスの可能性の高さと
将来、正教員への任用、非常勤のみの生活の
金銭的な状況や、非常勤の校内での立場など
教えてくださると助かります。

経験者からの話だと、5年くらい非常勤生活で
いろんなバイト掛け持ちで大変だったそうです。
たまたま空きがあって、やっと正職員任用されたと
ききました。

いろいろな方に聞きたいのでしばらくこの質問は閉じないでいます。

Aベストアンサー

私立高校の数学の教員をやっております(都内在住)。大学卒業後、3年間非常勤講師(掛け持ち時期を含め3校)をやった後、勤務校ではないところの専任教諭に採用されました。

非常勤として勤務している学校に「空き」が出なければそもそも採用の可能性は0%ですが、勤務中の非常勤講師のほうが人物がわかっているということで、空きが出たときに採用される可能性は上がります。ただし、非常勤を続けていればいつか必ず採用されるというものではないので(非常勤は非常勤で別として、専任は身元のわかる人物を新規にとるという学校も中にはあります)、将来は非常に不安定ではあります。私の勤務校にも30代後半~40歳代前半で独身という非常勤が何人かいます(女性も男性も)。質問者さんは30歳ということですが、数学を教えた経験がないと、生徒の多くが進学を前提とする学校でいきなり専任としての採用は難しいかもしれません(就職する生徒の多い学校であれば事情は違うと思いますが)。そういう意味では数年間は非常勤講師生活を覚悟する必要はあると思います。あと、有名校で非常勤をやっていると、勤務していない学校からでも専任として新規採用されやすいです。非常勤講師の生活ですが、普通は週16~20コマくらいを持たせるので(少ない場合は2校掛け持ちしてもせいぜい24,5コマが限度)、非常勤だけだと月収20~25万程度で一人暮らしだとかなりギリギリです。国民年金と国民健康保険の支払いもありますし。

あと、校内の立場、これはどういったことを言ってるのかわかりませんが、非常勤講師の人柄や勤務校の校風によって、ビジネスライクに授業だけやって即帰ってしまう人から、専任並みに生徒や同僚とかかわる人まで様々です。私の勤務校では講師の方と若い専任は仲がよくて飲みにいくことも多いです。

採用側から見ても、年齢が高く(つまり中高の勉強から離れて長い)、教壇に立った経験のない人物をいきなり専任教諭として採用するのは勇気が要ります。30歳だとそろそろ教員未経験では採用されづらいのではないでしょうか。数学だと、システム管理やサーバ管理ができる人、情報科の免許も持っている人、などは教員未経験でも歓迎されることがあります(情報科免許だけだとやや弱いかも)。最近は公立の中高でも採用枠に社会人の特別枠を作っている自治体もありますし、定年退職も増えてチャンスは増えてるとは思いますが…。30歳から非常勤をやって35歳でまたエンジニアに戻る可能性、一生非常勤講師の可能性なども含めて、生活と夢を踏まえた後悔のない選択をしてください。30歳なら若いですから今ならまだチャレンジができる年齢ですよ。

私立高校の数学の教員をやっております(都内在住)。大学卒業後、3年間非常勤講師(掛け持ち時期を含め3校)をやった後、勤務校ではないところの専任教諭に採用されました。

非常勤として勤務している学校に「空き」が出なければそもそも採用の可能性は0%ですが、勤務中の非常勤講師のほうが人物がわかっているということで、空きが出たときに採用される可能性は上がります。ただし、非常勤を続けていればいつか必ず採用されるというものではないので(非常勤は非常勤で別として、専任は身元のわかる人物を...続きを読む

Q大学教員の年収を知ってしまったのですが・・・

研究室の専任講師(30代)の人たちと飲みに行ったとき酔った勢いでその人が年収を話してきたのですが、その人は年収は軽く1000万円超えてるといっていました。うちの大学は有名私大なのですが教授クラスになると年収は2000万円以上+αらしいです。こんなに給与が高い人もいれば、別の大学の専任講師は年収500万円ぐらいと、僕の大学の講師の半分でした。なぜこんなに大学により給与が違うのでしょうか?教えていただけませんか。

Aベストアンサー

貴方の学校の教授さんは高給取りですね。
でも、その高い給料は、貴方の親御さんが払っている高い授業料の
おかげだって事・・理解できますか?(笑)

学校によっては研究費とかで企業から資金が入ったり
また特許などで収益を出していたり、まぁ営業努力が
実っているんでしょう。
公立になると公務員ですので、ある程度決められた範囲の給料に
なるのは仕方ないですね。
私立でも金額の差が出るのは収益の大小で変わるでしょう。

その教授そのものの資質で高い給料をもらっている別格も
いるでしょうが、まれでしょうね。
これは一般企業でも同様のことです。

Q大学院での入学料および授業料の免除について

某国立大の博士課程の院生です。親から一切援助を受けていないにも関わらず(ただし自宅生)入学料および授業料の免除が一切許可されませんでした。

私の収入は昨年度の場合60万+失業保険20万。それで今年度の入学で免除申請を出しました。今年度は学業と両立なので仕事を減らして月に3万円程度の稼ぎです。

入学料と授業料前期分でおよそ55万円。はっきり言って払えません。国民年金、学会の年会費(年4万程度)、学会の大会の参加費・研修費と旅費(年20万程度)、大学までの交通費、大学のテキストなど教材(医学部のドクターコースです。高い!!)、食費は1万円に抑える、携帯は3千円におさえる。それでも足りません。貯金を崩すしかありません。←貯金は実質ゼロです。以前受けた奨学金が残っているだけ(借金)

これで免除を一切受けられないってありなのでしょうか?

どういう基準で認定しているのか不信です。誰がどうやって決めているのでしょう。

私の両親が二人とも現役で働いているから収入があるから大丈夫だと勝手に決め付けられてる気がして仕方ありません。私は修士課程の時代(奨学金で授業料を払い、バイトをしながら生活した)から援助を受けていません。親が就職しろと言うのを無視して進んだので。

某国立大の博士課程の院生です。親から一切援助を受けていないにも関わらず(ただし自宅生)入学料および授業料の免除が一切許可されませんでした。

私の収入は昨年度の場合60万+失業保険20万。それで今年度の入学で免除申請を出しました。今年度は学業と両立なので仕事を減らして月に3万円程度の稼ぎです。

入学料と授業料前期分でおよそ55万円。はっきり言って払えません。国民年金、学会の年会費(年4万程度)、学会の大会の参加費・研修費と旅費(年20万程度)、大学までの交通費、大学のテ...続きを読む

Aベストアンサー

確かにおっしゃられるとおりなのですが・・・
私も、学部~修士~博士と授業料免除を申請していました。
学部時代は、毎回半額免除にはなりました。
実家の家族が多いことと、収入がはっきり言って中流以下であったためだと思います。
しかし、修士になるとやや厳しくなって、2回に1回くらい落ちました。大学財政の悪化に伴って審査が厳しくなったという説を聞きます。
博士からは、JSPSをもらって独立家計となりました。
この後は、半額免除or全額免除してもらえました。
質問者さんの場合、実際には大変厳しい生活をされていることとは思いますが、大学事務からすれば、その状況を客観的に証明しづらいのだと思います。
家庭の事情がどうあれ、実家からの援助の有り無しを証明するのは難しいですよね。大学事務も意地悪しているのではなく、できるだけ公平に判定しようとしているだけです。全く援助をもらっていなくても、親御さんの収入が多かったらかなり条件は悪化しますよね。

他の方が述べておられるように、保険の扶養家族から外れて独立家計と認定されれば、間違いなく通ると思います。
ただし、独立家計と認定されるには、当然ながら生活できるだけの固定収入の証明が必要ですので・・・バイトだけだと難しいと思うなぁ。
私の大学の場合は、バイトだとダメで、JSPSなどのある固定した期間の収入が保障されているタイプでないと、独立家計には認定されなかったようです。

確かにおっしゃられるとおりなのですが・・・
私も、学部~修士~博士と授業料免除を申請していました。
学部時代は、毎回半額免除にはなりました。
実家の家族が多いことと、収入がはっきり言って中流以下であったためだと思います。
しかし、修士になるとやや厳しくなって、2回に1回くらい落ちました。大学財政の悪化に伴って審査が厳しくなったという説を聞きます。
博士からは、JSPSをもらって独立家計となりました。
この後は、半額免除or全額免除してもらえました。
質問者さんの場合、実際には大変...続きを読む

Q大学の講師になるには?

 こんにちは。40代前半の男性です。現在は公務員をしていますが、得意の英語を使った仕事に転職したいと思い、どこでもいいので大学の講師になりたいと思っています。非常勤講師でも構わないのですが、どういった方法を取れば大学の講師になれるのでしょうか。
 学生時代に教職課程を取っていないので教師の免許はありません。英語の能力はTOEIC950点くらいです。
 直接大学に交渉すれば、採用してもらえるものでしょうか。経験者の方も含めてアドバイスをいただけたらと思います。

Aベストアンサー

大学教員の募集は、公募で決まる事が多いです。公募は誰でも応募できます。でも、すでにコネで事前に勝者が決まっている場合もあります。

どーぞ。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorSearch?fn=4&dt=0&keyword_and=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&keyword_or=&keyword_not=&orgtype=&bg1=00001&sm1=00001&bg2=&sm2=&bg3=&sm3=&bgCode1=00001&smCode1=00001&bgCode2=&smCode2=&bgCode3=&smCode3=&jobkind=00003&jobkind=00004&jobform=&jobterm=&dispcount=50

TOEIC950点って凄いですね。大学教員には教員免許は必要有りませんので、質問者様でも問題は無いと思います。ただ、いままで研究者では無かったのでしたら(国研の研究者だったらゴメンなさい)、論文数などが重要視される業界ですので、その点、他の応募してきたライバルよりは不利かもしれません。

『非常勤講師』と『常勤講師』の間には、ものすごい差があります。40台前半でしたら、『常勤講師』になるにはちょっと歳を取りすぎているといえるかもしれません。『准教授』か『教授』の年齢です。非常勤講師なら、授業毎に担当を決めるだけなので、年齢はあまり考慮されないかもしれませんが、、、ただ、いつ契約を切られるかビクビクしていないといけないのではと思います。(はたして公務員から転職するだけの価値があるのかどうか・・・・)

大学教員の募集は、公募で決まる事が多いです。公募は誰でも応募できます。でも、すでにコネで事前に勝者が決まっている場合もあります。

どーぞ。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorSearch?fn=4&dt=0&keyword_and=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&keyword_or=&keyword_not=&orgtype=&bg1=00001&sm1=00001&bg2=&sm2=&bg3=&sm3=&bgCode1=00001&smCode1=00001&bgCode2=&smCode2=&bgCode3=&smCode3=&jobkind=00003&jobkind=00004&jobform=&jobterm=&dispcount=50

TOEIC950点って凄いですね。大学教員には教員...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング