以前2~3年程前のことになりますが・・・
TVでイチゴ狩りをする農園を一部(1画一坪など)を貸して頂いて、期間中は地主の方が育てていただき、いつでもイチゴ狩りができるしくみになっていました。
場所:東京都内
料金は1シーズン数千円
TVで拝見したときのお話では、個人農家の方がお世話をしてくれていたと思います。
毎年、大勢人達が朝早くから並んで借りる権利を先着順で購入しているそうです。
そろそろイチゴ狩りのシーズンですので募集はもう始まっているかもしれません。
どなたか場所と連絡先をしりませんか?
よろしくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

友人が何年か前に契約していました。


当時のことでうろ覚えですが、場所は東京都八王子市恩方(おんかた)
費用一シーズン 5000円、
八王子市の農協に電話してみたらわかるかもしれませんね。
ご参考までに、
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイチゴ農家さん又はイチゴプロいらっしゃいませんか?

イチゴを庭の同じ場所に毎年植えつけて収穫を楽しみたいです

連作障害などがあると思いますが、実際何センチほど土を入れ替えればよいのでしょうか?

その時にどの様な処置を行えばよいでしょうか?(石灰や堆肥等)

プロの意見が聞きたいです

Aベストアンサー

相当昔になりますが、親の手伝いで天地返しを行った経験があります。

天地返しとは、表面の土と地中深くの土を入れ替える事を言います。
要は連作障害を引き起こす病原体が潜む土を、潜まない土と入れ替え
て障害が起きないようにするのが主な目的です。地中深く埋めてしまう
ので、途中深くでは病原体は生きられないので、以前は天地変え作業
を何処の家庭でもされていました。一切薬剤を使わないので、最も安全
な方法と今でも言われています。

作物の場合は、理想とする深さは地表から1mの土と、1m下から2m
の土を入れ返す事です。つまり掘り上げる深さは2mとなります。
畑ではなく庭のようですから地表から50cmの土と、50cmから1mまで
の土を入れ替えられたらどうでしょうか。

ただし50cm下の土には微生物は生息していませんから、新たに土を
作り直す必要があります。
天地返しが連作障害を防ぐ最も安全で確実な方法とされています。

石灰を入れるのは酸度調整をするのが目的です。堆肥を入れるのは
排水性、通気性、保水性、保肥性の悪い点を改良して良い状態に保た
せるのが目的です。天地返しをしないで酸度調整や土壌改良をしても
連作障害の被害からは防げません。

相当昔になりますが、親の手伝いで天地返しを行った経験があります。

天地返しとは、表面の土と地中深くの土を入れ替える事を言います。
要は連作障害を引き起こす病原体が潜む土を、潜まない土と入れ替え
て障害が起きないようにするのが主な目的です。地中深く埋めてしまう
ので、途中深くでは病原体は生きられないので、以前は天地変え作業
を何処の家庭でもされていました。一切薬剤を使わないので、最も安全
な方法と今でも言われています。

作物の場合は、理想とする深さは地表から1mの土と、1m下から...続きを読む

Q一坪菜園

石灰と油粕を撒き、天地返しをしながら土の塊りをほぐしたのですが、そのあと踏み固める必要はありますか。
それとも、軽くスコップで叩く程度で良いでしょうか。
苗を植える予定ですが、根が不安定になるでしょうから、そのままではダメですよね。

Aベストアンサー

せっかく天地返しをして土をほぐしたのに、どうして踏み固めるのですか?
畝立てをしてそこに苗を植えて軽く根元を手で軽く抑えれば不安定になりませんよ。
できれば、畝立て後に真ん中に溝を切って完熟堆肥と元肥を入れて土をかぶせてから苗を植えてください。

Q貸し農園を借りたし

川崎、東京、横浜の貸し農園を紹介してください。公共のとところは倍率が厳しいので、少々賃料が高くても民間で簡単に借りることが出来る農地を紹介してください。その他で家庭菜園が出来る良いアイディアがあったら教えてください。

Aベストアンサー

http://www.kateisaien.com/
ここしか知らないのですが。

Q都民農園

東京都の都民農園はどうすれば借りることができますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

都民農園ではなく、市民農園というようです。

下記にリストがありますから、問い合わせてみてください。

東京都(特別区)
http://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/12-21/garten/list13-1.html


東京都(特別区以外)http://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/12-21/garten/list13-2.html

Qゼロからはじめる市民農園作り(土作りから栽培計画まで)

つい先日自宅近所の原っぱが市民農園に整備され、ダメもとで応募したところ当選しました。
新年度より、栽培を行うことが出来ます。

現在情報収集中ですが、栽培経験はまったくないので不安が強く、皆さんのご意見をうかがえればと考えています。
なお、当方は静岡県在住、農園の土は赤土(周辺の農地土壌と変わらないように見える)です。農園の広さは約20m2です。
ちなみに、先行学校用に整備されている箇所には、ナス、にんじんなどがつい昨日植えられたようです。

今のところ、大まかに気にしている点は以下のとおりです。

1.やはり土作りは必要でしょうか?また、どのようにして行っていけばよいでしょうか?

農園整備前は、いわゆる空き地でしたので、農作物は一切植えられていませんでした。
また、学校用農園部分は土の色が違っていましたので、土作りがなされているように思います。
したがって、土作りは必要だとは考えています。
土作りをするには、最初から賃借部分をすべてやったほうがいいのでしょうか?
それとも、栽培部分のみ取り急ぎはじめたほうが良いのでしょうか?

2.本格的に栽培を始めるのは、ゴールデンウイーク明けを考えていますが、いかがでしょうか?

土作りや畝作り等の期間を考えると、早くてゴールデンウイークにならないと栽培開始出来ないと考えています。
このスケジュールは妥当でしょうか?
そして、栽培するには少し時期が遅いように思われるので、20m2すべて一気に行うことは必ずしも必要でないと考えていますが、どう思われますか?
やはり、一気に全体的に栽培をスタートしたほうが良いのでしょうか?

初歩の初歩の質問で、「そんなこと聞くなよ」って感じかもしれませんが、皆さんのお知恵をお借りできれば幸いです。

よろしくお願いします。

つい先日自宅近所の原っぱが市民農園に整備され、ダメもとで応募したところ当選しました。
新年度より、栽培を行うことが出来ます。

現在情報収集中ですが、栽培経験はまったくないので不安が強く、皆さんのご意見をうかがえればと考えています。
なお、当方は静岡県在住、農園の土は赤土(周辺の農地土壌と変わらないように見える)です。農園の広さは約20m2です。
ちなみに、先行学校用に整備されている箇所には、ナス、にんじんなどがつい昨日植えられたようです。

今のところ、大まかに気にしてい...続きを読む

Aベストアンサー

私は田舎で自然農法で仕事の一部で農業をやっていますが、赤土の場合は芋系しか育てません。

赤土と言っても、見た目が赤いだけで、実際の土の状態は実物を見ないと何とも言えませんが、その土地は夏には雑草が生え、冬には枯れという事を繰り返していましたか?
それとも駐車場だったとか(砂利で土の性質が変わっている)、夏なのに草があまり伸びてなかったとかだと(耕作用ではない除草剤が捲かれている)、その土はほぼ使えませんので、土全体を入れ替えるか、数年経たないと安全で良い野菜はほぼ無理です。
自然のままの土であるなら、そのままでも芋系ならば十分に育つと思いますが、この先色んな野菜を育てるおつもりなら、その野菜の種類によって土づくりを考えて行った方がいいでしょうね。

まず、赤土は養分が少ないし、pHも不明なので、初めての方なら、苦土石灰、堆肥、出来れば腐葉土をすき込み、ホロホロと崩れる程度の土に仕上げます。
腐葉土と堆肥自体や苦土石灰は、ホームセンターでも売ってますが、20平米位ならそれほど費用はかからないと思いますのでまずは全体の土づくりを始めた方がいいと思います。
作業は簡単です。バラバラと巻いて、鍬で混ぜるだけです。1日あれば終わるでしょう。

後は作る作物によって、肥料を与えたりしますが、最初から肥料を与えすぎると失敗しますので、まずは土づくりを基本に考えてください。
最初の年はそれだけでも十分収穫できるはずです。(コンクリートが打てあったとか、除草剤をまいていたとかじゃなければ)

作付に関しては季節にあった野菜を作ればいいんじゃないでしょうか。
ゴールデンウィークでも夏野菜なら全く問題ないです。状態さえよければ、5月に植えて、6月には収穫になってしまうくらいですので。

ちなみに私は自然農法ですので、混ぜるのは生ごみから作った堆肥、落葉、後は草を燃やした灰位です。そこに鍬を当てて、種をまいて終わりです。
後は虫にひどく食われる場所を隔離し、根の深い雑草のみを抜く位で十分に野菜は出来ます。
なお、連作障害(キュウリばかりを植え続けると、キュウリの病原菌が現れる)が起きるので、作る野菜は毎年変えた方が無難です。

私は田舎で自然農法で仕事の一部で農業をやっていますが、赤土の場合は芋系しか育てません。

赤土と言っても、見た目が赤いだけで、実際の土の状態は実物を見ないと何とも言えませんが、その土地は夏には雑草が生え、冬には枯れという事を繰り返していましたか?
それとも駐車場だったとか(砂利で土の性質が変わっている)、夏なのに草があまり伸びてなかったとかだと(耕作用ではない除草剤が捲かれている)、その土はほぼ使えませんので、土全体を入れ替えるか、数年経たないと安全で良い野菜はほぼ無理です。
自...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報