よく、内陸は日中の気温差が大きいといいますが、その理由は何ですか?
砂漠なんかも、昼と夜の気温差がすごいっていいますよね、これは違うかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  これは、根本的には、「比熱」の問題です。水は、岩石や土壌などを構成する物質に較べると、非常に比熱が高いのです。比熱が大きいということは、一定の質量に含まれる、一度当たりの温度での熱エネルギーが大きいということです。
 
  海は、非常に広範囲に渡り、平均、摂氏4度になっています。表面の水は、熱帯地方とか亜熱帯などでは高くなり、寒帯地方では冷たくなりますが、千メートル以上の深海になると、温度はほぼ一定で、摂氏4度です。
 
  海の水つまり海水が熱せられると、深海の水とのあいだの対流と、空間的に他の地域の水とのあいだに、「対流」が生じ、前者は、なかなか観測できませんが、後者は「海流」として観測されます。
 
  同じ温度であると、1キログラムの水と、同じ重量の岩石や土壌の含むエネルギーは、圧倒的に水の方が大きいのです。太陽の熱が、海水や陸地に輻射エネルギーとして供給され、これによって、海水や岩石の温度が上昇する時、海水はなかなか温度が上昇しません。しかし、岩石や土壌など、陸地の表面は、簡単に温度が上昇します。これは、陸地を造っている物質の比熱が小さいからで、僅かな熱エネルギーでも、岩石などは、温度が高くなるのです。
 
  昼間に太陽から供給された熱エネルギーは、海水などだと、多少は対流で熱エネルギーの移動が起こりますが、ほぼ、夜まで持ち越されています。夜になると、太陽からの熱輻射はなくなります。そうすると、大気の温度は急速に冷えて行きます。熱の移動は、赤外線輻射という形でも移動しますが、基本的に、大部分は、「接触による熱伝達」という形で移動します。大気の温度が低くなると、陸地では、大気に熱を与えるのですが、僅かな熱を大気に与えると、もうそれで、陸地の温度は低くなってしまいます。
 
  これに対し、海洋の海水では、夜になって大気が冷えても、接触伝達で、熱を大気に与えても、海水の容量は膨大であるのと、比熱が大きいので、少々の熱を大気に与えても、海水の温度はほとんど変化しません(海水面に近い表層の海水温度はかなり変化しますが)。
 
  陸地を構成する物質は比熱が小さいので、すぐ温度があがり、海水の温度上昇は、こんなに簡単には温度上昇が起こらないので、陸地の大気は、温度が上がった陸地によって熱せられ、あまり温度変化のない、海洋の上の大気の方が、相対的に、陸地の大気温度より低くなり、海から陸への「空気の対流移動」が起こり、これが「風」で、海から陸へ吹くので、「海風」と言います。昼間は海風が吹くのです。
 
  それに対し夜間になると、陸地の温度は急速に下がり、それと共に、陸地の大気の温度も下がります。しかし、海水の温度は、夜になったからと言って、そんなに急速に下がることはないので、海面上の大気も、そんなに温度が下がらず、相対的に、陸地の大気よりも暖かいので、陸地の大気が、海の大気に向け、「空気の対流移動」を起こし「風」となり、これが、夜、陸から海へ向かって吹く「陸風」です。
 
  もし海水の比熱が、岩石や土壌と同じぐらいの値だと、陸地と海洋で、昼間と夜間の温度差は、同じぐらいになると云えますが、実際は、水・海水の比熱が、圧倒的に大きいので、相対的に、陸地は、昼間すぐ温度が上がり、夜は温度が下がって低温になる度合いが大きいのです。海でも、昼間の方が温度が高く、夜間は温度が下がりますが、陸地の大気の方がもっと極端に、温度が変動するので、特に、海からの風が吹き込まない「内陸部」では、海の大気からの熱エネルギーの供給もないので、昼間は、温度が高く、夜間になると非常に温度が下がり、日中と夜間の気温差(大気の温度差)が、大きくなるのです。
 
  砂漠は特に、表面にほとんど「水」がないので、日中と夜間の温度差が、極端になります。砂漠でも、地下に地下水脈があって、水がある場合、この効果は弱められ、例えば、オアシスなどは、地下にも水がありますし、湧き出している水の溜まり=泉もありますし、水分を蓄えた植物も生えているので、何もない砂漠よりも、ずっと、夜間と昼間の温度差が小さいです。オアシスでは、昼間でも、極端に高温にならず、夜間でも、極端に低温にはなりません。
 
  オアシスがが生活し易いのは、水があるだけでなく、その水のおかげで、露呈した砂漠に較べ、温度の問題でも、人間が何とか生きられる温度変化幅だからです。
 
  また、先の方も述べていますが、「海流」によって、海洋近くの陸地の温度が変化して来ます。地図で見ると、西欧諸国は、日本の北海道か、それ以上の高緯度にありますが、北海道ほど寒くなく、温帯に入るのは、アフリカ大陸西岸沖あたりから北上して来る暖流によって、陸地に熱エネルギーが補給されるからです。
 
  また、地中海沿岸は、気候が一年中温暖であることが知られ、これを「地中海性気候」と言いますが、これは、地中海が大きな熱の保存タンクのような役割を果たしていて、夏に、余分な熱は海水が吸収し、冬に北部沿岸の陸地が寒くなると、熱を供給して、一年中、同じように、暑すぎず、寒すぎもしない大気温度を維持するからです。
 
  日本近海では、フィリピン当たりから昇って来る「黒潮(日本海流)」が暖流で、他方、日本海では、北方から南下して来る寒流の「リマン海流」の影響が強く、(暖流の「対馬海流」が、日本列島寄りでは、より影響が強く、大陸側では、リマン海流の影響が強くなります)、同じ緯度にあって、太平洋側と日本海側では、温度に差が出てきます(太平洋側の方が、黒潮の影響で暖かいのです)。北朝鮮と中国の国境付近は、緯度だと、日本の東北に当たりますが、ここは、内陸性気候で、かつ、寒流のリマン海流の影響を受けるので、冬には、零下30度とか、信じがたい低温になります(東北も零下にはなりますが、こんな極端な低温にはなりません)。
  

参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/access-t/beach/info/map …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、比熱の違いが結局の原因だったんですね。
水のある砂漠とない砂漠の違いはなるほどなって思いました。また、地中海が熱の保存タンクっていうのはうまい表現ですね。
例を上げて頂きこれまた、とても勉強になりました。話がとても分かりやすく理解できました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 06:56

陸(土)と海など(水)を比較すると保温性という面で(水)が優れています。



簡単に言いますと、陸は熱しやすく冷めやすいので昼間太陽がでると陸に熱せられた空気が暑くなり、夜陸が冷えると空気の温度も下がってしまうと言うことです。

昔の全館暖房では、「お湯」を全館に回して暖房に使っていたこともありますし、ヨーロッパが緯度の割に暖かいのは、大西洋を北上する暖流(赤道からの暖かい海水の流れ)のおかげです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

保温性という面が重要なんですね。
具体的な例もあげていただき、とても分かりやすかったですありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 02:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1960年・2010年チリ地震 大津波警報

チリ地震の大津波警報発表に関して疑問がありますがご存知の方は宜しくお願いします。

1.1960年のチリ地震津波ですが、事前に大津波警報は出せなかったのでしょうか?
(ちなみに、大津波警報は1958年に出されたことがあるので、「大津波警報」が当時無かったわけではありません)

2.2010年のチリ地震津波ですが、「○○時○○分に大津波警報を発表する」という発表があったのですが、時間に余裕があったにせよなぜ津波の来襲がわかった時点ですぐに出さなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

1.
津波警報や大津波警報のシステム自体は1950年代初頭からあります。ただし遠地地震(海外の地震)対策を真面目に考えていませんでしたし、考えること自体が困難でした。それゆえ、当時は気象庁の現場で使う津波警報の技術的な基準自体が、日本近海の地震ありきになっていました。
そもそも1960年頃といえば、わずかに外電による現地の被害報道が入ってくるくらいで、今のように世界的な地震計ネットワークなどほぼ皆無です。また、ごく限られた地震計の情報も、今のようにテレメータ化されていませんから、短時間で日本の機関が解析に使うことはほぼ不可能です。
もっとも、日本の地震計でもチリの地震の震動は捉えることが出来ますから、まったく情報がないわけではありませんが、当時の地震計はアナログ式で感度も悪く、「外国で大きな地震が起こったらしいなあ」くらいのことしか分かりません。
また、チリ地震は世界最大級の地震だと言われていますが、それはモーメントマグニチュードで比較した場合のことです。当時はモーメントマグニチュードという概念自体がありませんから(モーメントマグニチュードが提唱されたのは1970年代後半)、チリ地震の規模はせいぜいM8.5です。だから、ある程度大きな地震であることは分かっても、超巨大地震と把握することは出来ませんでした。
チリ地震以前にも海外の地震で日本に津波が押し寄せることはたびたびあったので、チリ地震のときも気象庁では何らかの津波があるだろうと予想はしていました。しかし上記のような(今と比べれば)貧弱な観測網と学問レベルでは、海外の地震に対して大津波警報を出すのはなかなか難しいでしょう。

2.
日本の多くの自治体で、大津波警報と連動して避難勧告・避難指示や、道路・港湾の封鎖などの対応を取ることになっているからです。
2010年のチリ地震津波は、地震発生から1時間もあれば、津波警報クラス以上の津波になると分かっていたはずです。しかし、明日(2/28)来る津波(今日のうちは絶対に来ない津波)に対して、今日(2/27)のうちから津波警報を出して道路港湾を封鎖するのは馬鹿げています。明日は避難する必要があっても、今日のうちは磯釣りしていたって問題ありません。
なので気象庁は、記者会見を何度も開いて「明日になったら警報を出します」「明日は海に近づかないように」と再三事前に警告したわけです。それが最も現実的な対応だと思います。

1.
津波警報や大津波警報のシステム自体は1950年代初頭からあります。ただし遠地地震(海外の地震)対策を真面目に考えていませんでしたし、考えること自体が困難でした。それゆえ、当時は気象庁の現場で使う津波警報の技術的な基準自体が、日本近海の地震ありきになっていました。
そもそも1960年頃といえば、わずかに外電による現地の被害報道が入ってくるくらいで、今のように世界的な地震計ネットワークなどほぼ皆無です。また、ごく限られた地震計の情報も、今のようにテレメータ化されていませんから、短...続きを読む

Q砂漠のオアシスについて 地下水の塩害が原因で砂漠になってしまうのは分かっているのですが、オアシスはな

砂漠のオアシスについて
地下水の塩害が原因で砂漠になってしまうのは分かっているのですが、オアシスはなぜ、塩害にならず、植物が育つのでしょうか?
オアシスも地下水脈から湧いている水で、塩をたくさん含んでいるはずなのにどうしてなんでしょうか。
回答お願いします

Aベストアンサー

質問が重複していますが、他の方がこちらに回答されているのでこちらに回答します。

まず、オアシスに塩害はあります。
WW2のアフリカ戦線では欧州出身の将兵たちが駐屯した地域で塩分の混じった井戸水で入れた塩気のある紅茶を飲まねばならず、不平を漏らす記録が残っています。

次に植物が育つ理由ですが、すべての植物が塩分に弱いわけではないからです。
オアシスの周辺に生える植物はナツメヤシやキソウテンガイといった耐塩性の強い植物だけです。
なので耐塩性の弱い麦などは、比較的規模の大きいオアシスの周辺であっても栽培されません。
同じく耐塩性に優れたマングローブ等の海辺の樹木なら、オアシス周辺に植樹しても育つかもしれません。

Q大津波警報 舐めていませんか?

3/11の大津波警報発令地域で、人的被害の報道は無かったものの、何度も訪れたことのある地区がどうなったのか心配で、ネットで検索してみました

すると、一般の方が撮影した映像の投稿を見つけました

報道の通り、人的被害や多大な物的被害は被らなかった様子で一安心しましたが、投稿映像は、海岸で子供連れで津波見物
漁港では、波打ち際でのんきに作業

かなり大きな津波が防波堤に阻まれる様子が映ってはいましたが、大津波警報発令中に海岸に赴いて見物するなんて、警報を舐めているのでしょうか?

数年前にも、津波注意報発令中なのを把握しておきながら、学校行事の校外写生を海岸で敢行し、通報されて学校長が厳重注意される事件もありました

せっかくの高精度で敏速な津波警報システムも、舐めていては被害も必至

多くの人は、警報を舐めていたのでは?

Aベストアンサー

危機意識が低いのでしょう

全く別次元かもしれませんが、未だシートベルトしないで車に乗る人も少なくありませんし

Q日中で尖閣諸島の所属を争ってますが、そもそも、あの辺りに石油なんかあるのでしょうか? 全くデマだった

日中で尖閣諸島の所属を争ってますが、そもそも、あの辺りに石油なんかあるのでしょうか?
全くデマだったりしないのでしょうか?

Aベストアンサー

大した量ではないです。莫大な量かもしれないということで中国が必死こいてちょっかいを出していますが、ぼくが中国の要人であれば領土問題ではなく、石油共同開発を呼び掛けているでしょう。尖閣を日本の領土と認めれば共同開発に日本が応じる可能性はあります。領土問題を解決し、尚且つ石油が少量でもとれるのであれば結構なことです。石油がないなら尖閣なんてあまり意味がないから中国との領土問題は終結します。
しかしさ~、そうしないのは何故かと言うと東シナ海にいま中国が採っている石油の量くらいでペイするかしないかギリギリのレベルと思われるからです。石油が出ても秋田油田のようにすぐ枯渇するレベルでしょう。東アジアというのは世界でも石油がない地域です。

Q役に立たなかった津波警報

日本の津波警報は優秀だと思っていました。
誤差はそれなりにあるとはいえ、到達時刻と波の高さの予測が非常に早い段階で発表されますよね。

宮城県では地震直後に6m以上との表示。
その後すぐに10m以上に変更されました。


ところが、現地の人達の多くが
津波到達時刻になっても避難出来てなかったり、
2階建てや3階建ての屋上に避難してる人も数多く見られました。

10mの津波なら2階建ての屋上が危険だということは容易にわかるはずです。


なぜこのようなことになったかというと、
現地では停電により津波警報の詳細を得ることが出来なくなっていたからです。

自治体による無線スピーカーでの発信は
「大津波警報が出ています。高台に避難してください。」と言い続けるだけ。

大津波警報というのは3m以上の津波ことを指します。
3mや4mなら2階建ての屋上にいれば防げます。
10m以上の警報が出ているとわかっていれば多くの人が逃げて助かっていたと思います。

10m以上といったら世界一の防潮堤を越える高さですから、
相当な異常事態だということを早期に市民が認識出来ていたはずです。


で、質問ですが、気象庁から大津波警報は届いているのに、
なぜその詳細を自治体に伝えるシステムが無かったのでしょうか?

それとも自治体には伝わっていたけどお役所の決まりで伝えなかったのでしょうか?
それはさすがに考えにくいのですが・・・何メートルかを言うだけですし。


これではせっかくの優秀な津波警報システムが生かせないと思います。

日本の津波警報は優秀だと思っていました。
誤差はそれなりにあるとはいえ、到達時刻と波の高さの予測が非常に早い段階で発表されますよね。

宮城県では地震直後に6m以上との表示。
その後すぐに10m以上に変更されました。


ところが、現地の人達の多くが
津波到達時刻になっても避難出来てなかったり、
2階建てや3階建ての屋上に避難してる人も数多く見られました。

10mの津波なら2階建ての屋上が危険だということは容易にわかるはずです。


なぜこのようなことになったかというと、
現地では停電...続きを読む

Aベストアンサー

私もそう思います。
宮城県に住んでいます。
もうみんな地震や津波警報には慣れていて、大津波警報でも自分の船を見に行くしまつ。
避難すらしませんから、何メートルか言わないと危機感がありません。
でも今回は停電であまり情報が届かなかったんでしょうかね…私も質問者さんと同じで、放送で同じ事を繰り返すだけの脳のなさにはがっかり、苛々しました。せめて、何でもいいから違う情報を織り混ぜて欲しかった。何分後に津波が到着するのか(消防車は言ってたみたいですが)何処まで避難すればいいのか。津波が来る時まで逃げろと言っても手遅れです。地震後直ぐに“何分後迄に何処までに避難しないと間に合わない”事を伝えないから財布を取りに帰ったり、家族を家で待ったり…パニックにならないように冷静に言わなきゃいけないんでしょうけど、冷静すぎます。

Q最新の原発を内陸部に作れば?

原発廃止か存続かという2者択一の論理が横行しています。
廃止は核兵器廃止みたいにきれいごとに思えますが、
現実は世界の動きもあり、何より今ある科学技術を過去に戻すなんて事現実離れしていると思います。

フランスは絶対安全な最新の原発を開発し続けるそうです。
原発は冷却水の関係で日本の場合海の近くに置かざるをえないそうです。
しかし、発想の転換で原発は内陸部において冷却水自体を海からでも川からでも引いてくる考えはどうなのでしょうか?

北海道などの最悪30K圏内とか人が住めなくなってもいいような場所などあると思います。

いくらなんでも一度事故が起こったからもう止めるなんて冗談としか思えません。
だって原子力技術の分野から撤退するって事でしょう。
外国はどんどん進んでいます。
科学は前進あるのみだと思います。

何も今と同じ原発を作るとか言うのではなくもう少し知恵を働かしたらどうでしょうか?

追:ソーラなんて故障ばっかしてシャボン玉みたいな子供だましですわ。
するなら台風で壊れてもいいようなレンタルがいいですねメンテナンスがたまらんわ

Aベストアンサー

なぜ貴方が原発を内陸部に持って行きたかったのか、しばらく分かりませんでしたが、津波対策なのですね。お礼をずっと読んでいて気がつきました。
やはり日本の原発は海岸か海上しかないでしょう。地下にしても海岸が前提だと思います。理由は大量の水と廃水の捨て場です。

地震はどこにいても避け切れませんが津波は土手を築けば防げます。精精海抜20mもあればいいと思います。百メートルもの津波は今後1000年たっても来ないでしょう。

私も原発は今後も必要だろうと思います。天然ガスもお日様も風も日本は恵まれては居ないので、結局原子力ということになってしまいます。

廃棄物はたいした問題ではありません。百万倍ものエネルギーが出せるので、いまだに炉内にそのまま溜められたのです。これからもそれでいけばいいでしょう。アメリカも認めているように、いずれ深い海へ捨てられるようになります。

フクシマの失敗は日本の想像力の弱さから来たものです。痛恨の極みですが、これを乗り越えてより安全なものを作ればいいのだと思います。日本にはそれだけの総合力があります。自然エネルギーの開発をやめておけとはいいませんが、それよりも原発にもっと力を注ぐべきです。それだけのねうちがあるものです。最新の戦闘機など買わずにこちらに投資したほうがいいです。

>外国はどんどん進んでいます。
科学は前進あるのみだと思います。

その通りです。

なぜ貴方が原発を内陸部に持って行きたかったのか、しばらく分かりませんでしたが、津波対策なのですね。お礼をずっと読んでいて気がつきました。
やはり日本の原発は海岸か海上しかないでしょう。地下にしても海岸が前提だと思います。理由は大量の水と廃水の捨て場です。

地震はどこにいても避け切れませんが津波は土手を築けば防げます。精精海抜20mもあればいいと思います。百メートルもの津波は今後1000年たっても来ないでしょう。

私も原発は今後も必要だろうと思います。天然ガスもお日様も風も日...続きを読む

Qテレビ放送中に津波注意報及び津波警報発令中の地図表示いるorいらない?

私はいらないと思います。自然を甘く見て自分は関係ないからと自分勝手で不謹慎かつ危機感のない人はいません。NHKは公共放送なので災害提供は必要でしょうがないのですが発令中にもかかわらず地図表示なんてうざいし視聴者に迷惑。テレビ放送中に津波注意報及び津波警報発令中の地図表示はいらない。民放だけでいいので来年の地上波アナログ放送で終了と同時に廃止すべき。廃止後は地上波デジタル放送のデータ放送で充分。何のためのデータ放送なんでしょう。
テレビ放送中に津波注意報及び津波警報発令中の地図表示いるorいらない?
意見もお願いします。

Aベストアンサー

地図表示はいらない。
テレビ放送中に表示される注意報などは速報性のみが重要だから。
速報に視覚的情報はなくていい。文字情報のみで十分。
見たい人が見たいときに地図を見れるようにするのは良いと思うが、デフォルトでの地図表示は鬱陶しいだけ。
Windowsの不要な視覚効果と感覚的に似ている。

Q砂漠化と地球温暖化の因果関係とは?

タイトル通りです。
今、学校の課題で「地球環境と人間活動」についてのレポートを作成しているのですが、砂漠化と地球温暖化のどこかに接点があるのではないかと思い、それをまとめたいのです。
インターネットでいろいろと検索をかけましたが、どうもよくわかりません。
よろしければ参考になるホームページ等を紹介していただけたら、と思います。
ちなみに現在高1です。

Aベストアンサー

 地球温暖化は、工場や車から出される排気ガスなどが地球に温室効果ガスを作ります。温室効果ガスで、地球のある程度熱が地球外に出ないようになります。そうすると出されなかった熱が地球に大量に集まり熱で暖かくなります。その他にも昔の冷蔵庫などをちゃんと処理しないと冷蔵庫を冷ますために使われいたフロンが大気中に出され太陽の熱をある程度吸収するオゾン層が破壊され熱が地球に大量にはいってきます。   
          これが地球温暖化です!

砂漠化は、酸性雨によっておきます。酸性雨の原因は、さっきも出た排気ガスです。そうして酸性雨は、岩や木を溶かしていきます。すると土だけになり太陽の光が当たり土が乾燥して砂になり広範囲に広がり砂漠となります。日本は、酸性雨が降りやすくもしかしたら砂漠になってしまうかもしれません。
      これが砂漠化と地球温暖化の接点なのです。

Q津波警報

平成23年3月11日に起こった地震で、太平洋側の多くの地域で津波警報・大津波警報が発令されました。ニュースで予想される津波の高さが発表され、10メートルを超える地域が多数あり、驚愕したのですが、この予想は危機感を煽り注意を喚起するために実際予想される高さより割り増しした数値なのでしょうか?それともありのままの予測なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

今までの例を見る限りでは少し多めに見積もって発表しているようですね。
発表した数字より実際の津波が大きくて被害が拡大したら問題になるでしょうし。

Qアロエ 砂漠 植林

こんにちは、
砂漠化を防ぐため植林がおこなわれているのをテレビなどで見かけますが、アロエやサボテンなどを植えているは見たことがありません。
乾燥に強く株分けでいくらでも増えるように思うのですが何故植えないのでしょうか?
ちょっと思いついて質問してみました。
何かお分かりでしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A1です。専門家じゃないので詳しく知っている訳ではないのですが、、
下草として成長率と灌水力の強いイネ科の植物をオリーブやアブラヤシのような乾燥に強い樹木と一緒に植えると、樹木が育つ前に何世代も下草が繁茂して、それが保水材になって樹木が育ち、樹林になると光が当たらなくなるので、下草の生長が弱まって栄養が樹木にまわるようになるように段階的に植樹するようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報