よく、内陸は日中の気温差が大きいといいますが、その理由は何ですか?
砂漠なんかも、昼と夜の気温差がすごいっていいますよね、これは違うかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  これは、根本的には、「比熱」の問題です。水は、岩石や土壌などを構成する物質に較べると、非常に比熱が高いのです。比熱が大きいということは、一定の質量に含まれる、一度当たりの温度での熱エネルギーが大きいということです。
 
  海は、非常に広範囲に渡り、平均、摂氏4度になっています。表面の水は、熱帯地方とか亜熱帯などでは高くなり、寒帯地方では冷たくなりますが、千メートル以上の深海になると、温度はほぼ一定で、摂氏4度です。
 
  海の水つまり海水が熱せられると、深海の水とのあいだの対流と、空間的に他の地域の水とのあいだに、「対流」が生じ、前者は、なかなか観測できませんが、後者は「海流」として観測されます。
 
  同じ温度であると、1キログラムの水と、同じ重量の岩石や土壌の含むエネルギーは、圧倒的に水の方が大きいのです。太陽の熱が、海水や陸地に輻射エネルギーとして供給され、これによって、海水や岩石の温度が上昇する時、海水はなかなか温度が上昇しません。しかし、岩石や土壌など、陸地の表面は、簡単に温度が上昇します。これは、陸地を造っている物質の比熱が小さいからで、僅かな熱エネルギーでも、岩石などは、温度が高くなるのです。
 
  昼間に太陽から供給された熱エネルギーは、海水などだと、多少は対流で熱エネルギーの移動が起こりますが、ほぼ、夜まで持ち越されています。夜になると、太陽からの熱輻射はなくなります。そうすると、大気の温度は急速に冷えて行きます。熱の移動は、赤外線輻射という形でも移動しますが、基本的に、大部分は、「接触による熱伝達」という形で移動します。大気の温度が低くなると、陸地では、大気に熱を与えるのですが、僅かな熱を大気に与えると、もうそれで、陸地の温度は低くなってしまいます。
 
  これに対し、海洋の海水では、夜になって大気が冷えても、接触伝達で、熱を大気に与えても、海水の容量は膨大であるのと、比熱が大きいので、少々の熱を大気に与えても、海水の温度はほとんど変化しません(海水面に近い表層の海水温度はかなり変化しますが)。
 
  陸地を構成する物質は比熱が小さいので、すぐ温度があがり、海水の温度上昇は、こんなに簡単には温度上昇が起こらないので、陸地の大気は、温度が上がった陸地によって熱せられ、あまり温度変化のない、海洋の上の大気の方が、相対的に、陸地の大気温度より低くなり、海から陸への「空気の対流移動」が起こり、これが「風」で、海から陸へ吹くので、「海風」と言います。昼間は海風が吹くのです。
 
  それに対し夜間になると、陸地の温度は急速に下がり、それと共に、陸地の大気の温度も下がります。しかし、海水の温度は、夜になったからと言って、そんなに急速に下がることはないので、海面上の大気も、そんなに温度が下がらず、相対的に、陸地の大気よりも暖かいので、陸地の大気が、海の大気に向け、「空気の対流移動」を起こし「風」となり、これが、夜、陸から海へ向かって吹く「陸風」です。
 
  もし海水の比熱が、岩石や土壌と同じぐらいの値だと、陸地と海洋で、昼間と夜間の温度差は、同じぐらいになると云えますが、実際は、水・海水の比熱が、圧倒的に大きいので、相対的に、陸地は、昼間すぐ温度が上がり、夜は温度が下がって低温になる度合いが大きいのです。海でも、昼間の方が温度が高く、夜間は温度が下がりますが、陸地の大気の方がもっと極端に、温度が変動するので、特に、海からの風が吹き込まない「内陸部」では、海の大気からの熱エネルギーの供給もないので、昼間は、温度が高く、夜間になると非常に温度が下がり、日中と夜間の気温差(大気の温度差)が、大きくなるのです。
 
  砂漠は特に、表面にほとんど「水」がないので、日中と夜間の温度差が、極端になります。砂漠でも、地下に地下水脈があって、水がある場合、この効果は弱められ、例えば、オアシスなどは、地下にも水がありますし、湧き出している水の溜まり=泉もありますし、水分を蓄えた植物も生えているので、何もない砂漠よりも、ずっと、夜間と昼間の温度差が小さいです。オアシスでは、昼間でも、極端に高温にならず、夜間でも、極端に低温にはなりません。
 
  オアシスがが生活し易いのは、水があるだけでなく、その水のおかげで、露呈した砂漠に較べ、温度の問題でも、人間が何とか生きられる温度変化幅だからです。
 
  また、先の方も述べていますが、「海流」によって、海洋近くの陸地の温度が変化して来ます。地図で見ると、西欧諸国は、日本の北海道か、それ以上の高緯度にありますが、北海道ほど寒くなく、温帯に入るのは、アフリカ大陸西岸沖あたりから北上して来る暖流によって、陸地に熱エネルギーが補給されるからです。
 
  また、地中海沿岸は、気候が一年中温暖であることが知られ、これを「地中海性気候」と言いますが、これは、地中海が大きな熱の保存タンクのような役割を果たしていて、夏に、余分な熱は海水が吸収し、冬に北部沿岸の陸地が寒くなると、熱を供給して、一年中、同じように、暑すぎず、寒すぎもしない大気温度を維持するからです。
 
  日本近海では、フィリピン当たりから昇って来る「黒潮(日本海流)」が暖流で、他方、日本海では、北方から南下して来る寒流の「リマン海流」の影響が強く、(暖流の「対馬海流」が、日本列島寄りでは、より影響が強く、大陸側では、リマン海流の影響が強くなります)、同じ緯度にあって、太平洋側と日本海側では、温度に差が出てきます(太平洋側の方が、黒潮の影響で暖かいのです)。北朝鮮と中国の国境付近は、緯度だと、日本の東北に当たりますが、ここは、内陸性気候で、かつ、寒流のリマン海流の影響を受けるので、冬には、零下30度とか、信じがたい低温になります(東北も零下にはなりますが、こんな極端な低温にはなりません)。
  

参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/access-t/beach/info/map …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、比熱の違いが結局の原因だったんですね。
水のある砂漠とない砂漠の違いはなるほどなって思いました。また、地中海が熱の保存タンクっていうのはうまい表現ですね。
例を上げて頂きこれまた、とても勉強になりました。話がとても分かりやすく理解できました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 06:56

陸(土)と海など(水)を比較すると保温性という面で(水)が優れています。



簡単に言いますと、陸は熱しやすく冷めやすいので昼間太陽がでると陸に熱せられた空気が暑くなり、夜陸が冷えると空気の温度も下がってしまうと言うことです。

昔の全館暖房では、「お湯」を全館に回して暖房に使っていたこともありますし、ヨーロッパが緯度の割に暖かいのは、大西洋を北上する暖流(赤道からの暖かい海水の流れ)のおかげです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

保温性という面が重要なんですね。
具体的な例もあげていただき、とても分かりやすかったですありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 02:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1日の温度差

1日の温度差は一年中同じくらいですか?
春夏秋冬でどの季節が大きいのでしょうか?
日射についてもどの季節が大きいのでしょう?
温度差は日本中どこでもいっしょくらいですか?

Aベストアンサー

1日の温度差(日較差)は,季節によって異なると思います.また,場所によってもちがいはあるようです.2000年の各地の最高気温・最低気温の月平均値の差を,いくつかの地点で見てみました.

たとえば,東京では年間平均では7.0℃の差で,平均以上の月が2~5月になっています.しかし,東京からそう離れていない熊谷や館野(つくば)では,差が大きい月は東京と同様ですが,差の年間平均は10℃前後でした.これは,東京の都市化にともなうヒートアイランド現象や,熊谷や館野が内陸にあることが原因であると思われます.
内陸で高地の松本では,差の年間平均は11.3℃で,平均以上の月は3~5月に7~8月でした.
一方,沿岸の御前崎での差の年間平均は6.6℃,新潟では7.2℃,高知では9.4℃で,平均以上の月で共通したのが3~4月でした.

2000年のデータだけでは客観的なことは言えないでしょうが,参考にはなると思います.
場所・季節による日較差の要因は,卓越する天気や風(曇りが多いのか,快晴・弱風で放射冷却が起こりやすいのか,など),地形(内陸,沿岸,盆地,など)が主に関係しているのではないでしょうか.

1日の温度差(日較差)は,季節によって異なると思います.また,場所によってもちがいはあるようです.2000年の各地の最高気温・最低気温の月平均値の差を,いくつかの地点で見てみました.

たとえば,東京では年間平均では7.0℃の差で,平均以上の月が2~5月になっています.しかし,東京からそう離れていない熊谷や館野(つくば)では,差が大きい月は東京と同様ですが,差の年間平均は10℃前後でした.これは,東京の都市化にともなうヒートアイランド現象や,熊谷や館野が内陸にあることが原因であると思...続きを読む

Q大陸で日夜の気温差が大きい理由は?

大陸性気候の特徴は、
降水量が少なく夏と冬の気温差(年較差)、昼と夜の気温差(日較差)が大きいこと
らしいですが、
どうして、日較差が大きくなるのでしょうか?
大陸で熱帯夜とかはないのでしょうか。
また日本、例えば北海道の内陸部になると同じ気象現象傾向がみられますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> どうして、日較差が大きくなるのでしょうか?
水が関係します。
土は水より温まり易く覚め易いです。
大陸等は、海の近くに比べると乾燥します。

海陸風=昼は海から陸へ、夜は陸から海へと風向が変化する風。
  ・日中は陸地が暖まり上昇気流ができ、陸地の地上付近の空気が減った分
   海から風が陸地に向かって吹く
  ・夜は、陸地は海より冷え、相対的に海のほうが暖かいので、
   陸地より上昇気流が有る分、海の下層付近の空気が減るため陸から海に向かって吹く風。
海が近いと、このようにして補間されるので、周りに海があると、温度変化が少なくなる。
また、県庁所在地で観測された最高気温が一番低いのは、那覇市(2001年8月9日の最高気温が35.6°Cと、 2011年8月時点で全国都道府県庁所在地の最高気温記録の中で最も低い記録)というのもこのような状況によるものである。

もう一つの要因が、水が蒸発する時と、凝結する時の熱の出入りによるものである。
水が蒸発する時には水1gにつき約560calと大量の熱量を必要とする。
空気や土の比熱は水に比べると小さいのに、これだけ大量の熱を奪われると、気温の上昇が抑えられます。
夜などに気温が下がって露天温度を下回ると、空気中の水蒸気が凝結し、水1gにつき約560calの大量の熱量が空気中に放出されます。
なので気温が下がりにくくなります。
よく晴れて放射冷却の聞いた日などに朝露が有るのはこのためです。
また、砂漠で日中の気温差が非常に大きいのは、水が極端に少ないためです。

> どうして、日較差が大きくなるのでしょうか?
水が関係します。
土は水より温まり易く覚め易いです。
大陸等は、海の近くに比べると乾燥します。

海陸風=昼は海から陸へ、夜は陸から海へと風向が変化する風。
  ・日中は陸地が暖まり上昇気流ができ、陸地の地上付近の空気が減った分
   海から風が陸地に向かって吹く
  ・夜は、陸地は海より冷え、相対的に海のほうが暖かいので、
   陸地より上昇気流が有る分、海の下層付近の空気が減るため陸から海に向かって吹く風。
海が近いと、このようにして...続きを読む

Q盆地の気候について

どうして盆地は夏暑く、冬寒いのでしょうか。

Aベストアンサー

盆地の気候はその盆地がどの気候帯に属しているかによっても変わってくるでしょう。同じ盆地でも北海道と九州では変わるはずです。従って同じ気候帯の盆地と盆地以外の比較になります。

俗にいう盆地は夏暑く冬寒いというのはその盆地が海から離れていて(奈良市や京都市など)大陸性気候に似通って太陽による気温の変化(昼と夜)を緩和するものが
欠けているからでしょう。つまり太陽以外に気温に影響を与えるのは先ず海、大河であり次に風でしょう。

盆地は山に囲まれ風が少なく高温になった空気が淀んだままとなり、夜間にも寝苦しい高温が続きます。一方、冬は降雪や霧で冷えた地面の温度を緩和させる海からの暖かい風(空気の移動)がないため、冬の太陽の位置から来る自然の温度以上に気温が上がることがないためではないかと思います。

とは言え北海道の盆地の夏場の気候は九州の人にとって初秋を思わせる心地よいものかも知れません。
ないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報