今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

車の部品をつや消しブラックで塗ったのですが、どうもざらつきます。
つや消しなんでテカリがあるわけないのですが、最後にコンパウンド
なんかで磨くのが普通なのでしょうか?

部品を脱脂して、サーフェーサーふって(2~3回)、その後に
つや消しブラックを4~5回ふってます。
ふったまんまです。ざらつき感がありイマイチです。
その後はどういう作業が必要なんでしょうか?
素人にわかるようにお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ざらつくというのがどの程度なのか分かりませんが、それが当たり前です。


表面をざらつかせて光を乱反射させることでつやが消えるのです。コンパウンドをかけるとざらついた表面が平滑にされ、かえってつやが出てしまいます。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ざらついて当たり前だったんですね。
つや消し初めてだったのでイマイチよくわかりませんでした。

お礼日時:2006/10/06 16:50

サフェーサー振ったのなら、そのサフェーサーを水砥ぎして平らにしなければなりません。



それをしてください、手順はわかりますか?

その後、黒の塗装をします、つや消し塗装ですから塗料の凸凹はあきらめるしかありません。

ですから、いかに下地をまっ平らにしておくかが成功の秘訣です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

あきらめるしかっていうか、それが普通なんですね。
手順はなんとなくわかります。。たぶん(;´∀`)

ってか、もう黒をぬっちゃってるんで、再度上塗りしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/06 16:54

つや消しは基本的にざらついています。


そのざらつきが非常にフラットな状態が正しい塗装がされた場合。
荒いようなら一回の吹きつけ膜が薄いからかと。
(というか、艶ありのスプレー塗装位やった事はお有りですか?今回が初めて?)

磨けば艶が出てきてしまうことが多いです。表面はテカってしまって、でも塗膜の中はマッティなおかしなものになると思います。


地面に垂直な板等に、若干垂れ始めるくらい厚めに吹いた状態での乾燥表面が、基本的には理想状態です。
(垂れる直前の量を吹くのが理想で、それより薄すぎる場合は艶ありでも艶無しでもざらつきます。)

ということで、その状態ならそれが理想表面ですが、違うようなら、もうちょっと厚く吹くということになります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

つやありはあるんです。
あとにクリアー吹くやつですよね?あとみがいて・・って感じで。
もしかしたら垂れるぐらいまではしてないので、さいどやってみます。

お礼日時:2006/10/06 16:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q艶消し黒への自家塗装 その2

先日皆様からのアドバイスをいただき自家塗装してみたのですが、ボディがざらざらなのは艶消しだとしかたないのでしょうか?
できる事なら耐水サンドペーパーの1500~2000番くらいで磨いてあげたいのですが・・・
前回の回答で艶消しとは塗装面がでこぼこしていて光が反射しないと言うことを聞いたのでそのでこぼこが取れないか心配で。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ザラザラなのは塗り方がよろしくないからですね。
スプレー(エアゾール?)と塗装面との距離、角度を適切にしないと上手くいきませんよ。
ボンネットなら3本~5本以上は使うんじゃないでしょうか。
手順としては、塗装面をクレンザーで洗浄し乾かしてマスキング(大きめに)し、脱脂して塗装になります。
きちんと足付けと洗浄、脱脂をしないと剥がれや色ハジキを起こします。
スプレーの一回目はパラパラと「捨て吹き」し、ここでハジキなどないか確認します。
続いて二回目はウエットで塗装します。
スプレーのパターンを上下3分の1ほど重ねながら、出来れば端から端まで一定の移動スピードと塗装面との距離を保ちながら一枚吹きます。
この状態では、溶剤が飛んでないので艶がありますが、乾いていくと艶も引けていきます。
艶が完全に引いたら、3回目を同様に吹きます。
この後、旧塗膜がスケているようなら4回目を吹いてください。しかし、厚く塗るとぼってりして溶剤も抜けないし、旧塗膜との反応が起きるのでほどほどで。

既に失敗したものの手直しなら、#600位のペーパーで全面研磨しなおして、エアーブローして塗装してください。
塗料はラッカーですか?
あまりもデコボコがひどいなら、ラッカーシンナーで落とした方が早いかもわかりませんが、一般向けではないかもしれません。
ちなみに、#2000で研磨し、磨いたら艶が出ますので「艶消し」ではなくなりますよ。
上手くいった場合でも、ゴミやブツなどが入り込むと思いますが、「艶消し」の性質上、磨きは出来ないので塗装のみで仕上げてくださいね。
エアゾールの艶消しは大面積では難易度がかなり高いです。
プロは塗装ブースで、塗料に添加剤をまぜてスプレーガンで塗っています。
屋外(?)で、エアゾールで艶消しのボンネット塗装はプロでも上手くいきませんので、その辺はよく理解してください。

ザラザラなのは塗り方がよろしくないからですね。
スプレー(エアゾール?)と塗装面との距離、角度を適切にしないと上手くいきませんよ。
ボンネットなら3本~5本以上は使うんじゃないでしょうか。
手順としては、塗装面をクレンザーで洗浄し乾かしてマスキング(大きめに)し、脱脂して塗装になります。
きちんと足付けと洗浄、脱脂をしないと剥がれや色ハジキを起こします。
スプレーの一回目はパラパラと「捨て吹き」し、ここでハジキなどないか確認します。
続いて二回目はウエットで塗装します。
...続きを読む

Q下地処理でプラサフって必要?

今までいろいろと自分で塗装してきて失敗もあり成功もあったりするのですが
私の場合下地処理でプラサフを使用せずやってきましたが必要でしょうか?今回塗装するのはホイールのセンターキャップです。

今まで
(1)まずサウンドペーパー320で塗装する面を磨く
(2)耐水ペーパー600で綺麗にする
(3)ここで食器洗剤用の中性洗剤で油分、汚れを落とす
(4)マスキングする
(5)スプレー塗装する 3~5分間隔で2,3度重ね塗りする
(6)クリアをスプレーする

でしたが、プラサフ作業は一度も工程に入れたこと無いですがどうでしょうか?ローコストでやろうとしているもので・・・

Aベストアンサー

昔、私も同じ考えで、プラサフ等しない時期がありました。初めて塗装らしき塗装をしたのは十代の頃で、ヘルメットでしたが、その後は四輪に転向、スポイラー等々、以前はプライマー・サーフェイサーと個別で買う必要がありましたが、最近ではプラサフで2つの効果を一本でできるようになり、確かに塗装の乗り、ざらつきを埋めてもらい、耐久性や仕上がりがよくなったと感じています。耐水ペーパー等で平らにしているとの事ですが、サーフェイサーの滑らかさ・平らさ、プライマーの、食い付きの良さで、上に塗る塗料の食い付きや艶も変わった事を覚えています。最近でこそ自家塗装するより、金にものを言わせて店任せですが、付きの悪い材質には特に有効だとは思います。ちょっとした衝撃で上に塗った塗料がハゲたりした事があり、それからプライマー・サーフェイサーを塗る様になってそういったハゲ方がしなくなりました。下地を整えるサーフェイサー、食い付きを良くするプライマー、2つのおいしいとこどりのプラサフ、是非ともオススメですけどね。

Qつや消しブラックにクリアしても良いですか?

つや消しブラックは普通その名の通りつやを出したくないため塗装してもクリアをしませんが、
傷予防?のためクリアをしても大丈夫ですか?(塗装の上に膜をコーティングしたい)
品質的に塗装剥げ・割れの要因につながらないでしょうか?100均のクリアはやめた方が
いいですか?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

つや消しブラックの上にクリヤーを塗れば光沢がでますよ。どうしてもクリヤーを塗りたければ、クリヤーにつや消し剤を混ぜてスプレーガンで塗装するしかありません。これならOKです。

Qメッキされたプラスチックに黒の塗装をしたいのですが剥離が気になります。

メッキされたプラスチックに黒の塗装をしたいのですが剥離が気になります。私は、200系ハイエースに乗っているのですが、このたびヘッドライトをインナーブラックに交換しました。見ると、グリルがシルバーメッキの物より黒のものがヘッドライトが引き締まる為以前から予備で持っていた鏡面メッキされたグリルをブラック塗装しようと思いましたがメッキに塗装をすると剥がれやすいのでは・・。仮に、ペーパーがけしたとしても高圧洗浄した際に剥がれたりしないものかと心配になりました。 詳しい方、是非アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

ミッチャクロンスプレーという便利な品がありますよ。
これをメッキ面に薄く吹いてから乾かして塗装スプレーすればOKです。
大手のホームセンターか、通販で買えます。

もしメッキが劣化して剥離しかかってるのであれば、
軽くやすりがけして剥離しない状態にしてスプレーしてください。

Qボンネットをつや消し黒に塗装する方法を詳しく教えて

普通車のボンネットをつや消し黒に塗装したいと思っています。

吹きつけする機械などはあります。

今の状況は、クリヤーがところどころはげてマダラのようになっています。

工程を教えてください。

まず、ペーパーをかけると思いますが、番数は?  
 脱脂すると思いますが、材料の名前?
 下塗りは必要?必要なら何という材料? 必要キロ数は?   
 つや消し黒の材料名、必要キロ数? 
 ほかに注意することは?  
 本体は、4ナンバー ボンネットバンです。 
 材料の購入はヤフオクでしようと思っています。

すみません、教えてください。よろしくお願いします。 塗装は庭先でします。 

Aベストアンサー

質問に対する答えが分かんないなら、回答しなければいいのに…



ちょっとでもえぐれた傷、へこみがなければ…500番あたりで削ります。

300番あたりだとかえって傷がついちゃうかな…

500番である程度平均に削ったら、800番あたりでさらにキレイにします。

手で触って、ホントツルツルになるまで…
凸凹とかで爪が引っかかるようならなくなるまでです。


その後…パーツクリーナーで粉など汚れを拭き取ります。


キレイにしたら…金属ボディ用のプラサフってやつを使って塗装面に吹き付けます。

下地ってやつでキレイに塗装できるように、また剥がれにくくする、接着剤的な感覚。


その後…つや消し黒で塗装。
これは使ってみたことがないので、商品名までは分からないです…

均等に吹き付け、垂れそうになるぐらいがベスト!

でも垂れたら駄目ですけど…

何回かに分けて、丁寧に塗装します。


で、クリアーを2、3回に分けて塗装。
これも垂れそうなぐらいに出来るとキレイに仕上がります。

最後に完全に乾いたら、耐水ペーパーで10000番ぐらいで優しく磨いて終わりです。


もちろんプロのような仕上がりは無理ですけど…

普通の人には分からないぐらい、自分はいつもキレイに出来てます!


後、風のある日はやめた方が良いですよ。
塗装面に埃とかがついてキレイに出来ません…


商品名はサイトとか見ていろんな方の…情報を得た方が良さそうです。
このスプレーは良いとか…

自分の場合ホームセンターで済ましちゃうので…

質問に対する答えが分かんないなら、回答しなければいいのに…



ちょっとでもえぐれた傷、へこみがなければ…500番あたりで削ります。

300番あたりだとかえって傷がついちゃうかな…

500番である程度平均に削ったら、800番あたりでさらにキレイにします。

手で触って、ホントツルツルになるまで…
凸凹とかで爪が引っかかるようならなくなるまでです。


その後…パーツクリーナーで粉など汚れを拭き取ります。


キレイにしたら…金属ボディ用のプラサフってやつを使って塗装面に吹き付けます。
...続きを読む

Q【ヘルメット】艶消しブラックにクリア塗装

友人に、「マットブラックは格好良いけど、傷が汚れが目立ちやすいよ」なんてアドバイスしておきながら、うっかりマットブラック(柄有り)のヘルメットを購入してしまいました。

ツメで軽く引っ掻けば線が付き、シールを貼れば跡が残り、油汚れは落ちにくい。
まさに、そんな塗装のフルフェイスヘルメットです。
今後、飛び石や虫で、汚れ、傷だらけになること請け合いです。

***

そこで、艶消しブラックが艶消しでなくなっても構いません。
柄はそのままで、上からクリア塗装を上塗りしたいと考えています。

・どんな塗料を使ったら良いでしょうか?

・既存の塗装の上に、ペーパーがけは必要でしょうか?
(出来るだけ、既存の柄、塗装を傷つけたくないのですが・・・)

・綺麗に上塗りするために、工夫出来ることはありますでしょうか?

Aベストアンサー

結構めんどくさいよ~
マスキングは勿論、下地処理が甘かったり油分が残っていると弾くし・・・
慣れていないと垂れるしね~
今現在のをコンパウンドで磨くと艶が出るよ~やりすぎたら下地が出るかもね~
どうしてもやりたいのなら、1000番~1500番位の耐水ペーパーで研ぐ、綺麗にマスキング、油分が付くので(マスキング時に)脱脂、ウレタンクリアーですかね~。
研ぐのとマスキングの順番は好みですかね~、。マスキングしてしまうとマスキング部分近くが研ぎにくくなりますし、逆だと油分が付きやすくなります。
 研ぐと白く曇った様になりますが、クリアー吹くと消えます。
 ウレタン塗料は一発勝負です。失敗したらもう乾くのを待って磨いて下地出すしかないので、心して行って下さい。
 因みに画像は私の作品です。
元々黄色だったのを、ブラックメタリックにし、ピンストライプはカッティングシート、その上にウレタンクリアーです。
 正直慣れると、缶スプレーで垂らす気がしません(笑)
 垂れる直前の良い所が目に見えて分かる様になります。

Q雨の日の塗装

最近はよく雨や雪が降っていますが、車のバンパー塗装は湿度の多い日は水分を含んでしますので出来ないみたいですが、仕事の休みのたびに雪や雨です、
そこで質問です。
雨や雪の日に塗装をしたいのですが、雨や雪の日にも塗装ができる対策はありますか?
プロは設備があるから大丈夫でしょうが、北海道の素人では冬は雪や雨が多いですがそんな方はどうして塗装をしているのですか?いちお車庫を利用しようと思っています。
また、天気のいい日の夜は冷え込みますがそんな時でも塗装は出来るのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>雨や雪の日にも塗装ができる対策はありますか?

塗装で問題となるのは、気温、湿度、露点です。
雨の日はこれらの何れの条件も悪い方向になるので、一般に避けたい環境になりますが、 逆に、これらの条件がOKですと、雨や雪の日でも塗装できます。

湿度:
塗装できるのは85%以下。 湿度が高いと塗料の乾燥=溶剤の抜けが悪くなり、問題が生じます。 これはコントロールしようが無いですが、市販の湿度計で計れます。 湿度の低い日を選びましょう。

露点:
塗るモノの温度が、露点より3℃ほど高い事が一般的な条件です。 その時の温度と湿度で露点が変りますので、一概には言えませんが・・・要は塗装する時に、塗るモノが湿っていないことです。
バンパー程度なら、ドライヤーなどでちょっと暖めるとかで対応すれば良いでしょう。

温度:
低いと塗料が乾燥~硬化するのに時間がかかります。 2液混合型の塗料などはある温度以下では硬化しないモノも有りますが、 一般の一液型の塗料は乾燥~硬化の時間の問題かと。
何れにせよ、塗料によって決まりますので、塗料の製造元に温度&硬化時間を問い合わせるしかないでしょう。

>天気のいい日の夜は冷え込みますがそんな時でも塗装は出来るのですか?
気温と湿度と露点の問題で考えましょう。 特に露点、塗るモノの温度がどれほど冷え込んでいるかです。 夜露がおりる状態では・・・夜露の上に塗装する事になるので、乾燥後に塗装はパラパラ剥がれます。 
車庫の中なら、そんなでも無いかと思いますが・・・。

また、塗る事が出来る条件でも、表面の仕上がり状態に影響します。 一度、使用予定の塗料で試し塗りしてみるのが一番確実でしょう。
ご参考までに。

>雨や雪の日にも塗装ができる対策はありますか?

塗装で問題となるのは、気温、湿度、露点です。
雨の日はこれらの何れの条件も悪い方向になるので、一般に避けたい環境になりますが、 逆に、これらの条件がOKですと、雨や雪の日でも塗装できます。

湿度:
塗装できるのは85%以下。 湿度が高いと塗料の乾燥=溶剤の抜けが悪くなり、問題が生じます。 これはコントロールしようが無いですが、市販の湿度計で計れます。 湿度の低い日を選びましょう。

露点:
塗るモノの温度が、露点より3℃ほ...続きを読む

Qアクリルラッカーの上に2液性ウレタンクリヤー

自転車を塗装するのですが、缶スプレーのアクリルラッカーの上に2液性ウレタンクリヤーは塗っても大丈夫でしょうか?皺が出来たり、剥がれたりしないでしょうか?2液性ウレタンクリアーが一本物置にあるのを発見したので使えればと思い質問させて頂きました。ホームセンターでアクリルラッカーとラッカースプレーとで価格が倍近く差がありますが違いは何ですか?とりあえずアクリルラッカーを買ってみたけど疑問に思いました。

Aベストアンサー

大丈夫ですよ。

ちなみにウレタンの上に厚めラッカーを塗るとウレタンがべろんべろんに剥がれますんで注意。

アクリルラッカーは単なるペンキと同じようなもので、塗膜強度も低く、厚めに塗るとわかりますが、乾いても割とぷにぷにしてて、完全硬化後もそれほど固くはありませんし、爪でも傷がつきます。

ウレタンは車の表装にも使われますが、塗膜強度がかなり固く、爪などでは簡単に傷もつきません。効果時間も早い(と言ってもスプレーだと難しいですが)ので厚塗りも可能です。

ウレタンとアクリルラッカーは材質から違いますので仕方ないかと。
エアーガン・エアブラシがあれば液をまとめ買いという手がありますが、ウレタンの場合はラッカーよりもかなり手間がかかるので、手軽にやるなら結局スプレーが一番だと思いますよ。

ウレタン塗料の利用例としては車の塗装が一番わかりやすいですが、他にバイクのヘルメットやスピーカー(木製で表面がつやつやして固いタイプ)に良く使われます。

私は自作スピーカーなどでウレタンクリアをよく使いますが、水性のべとつきやラッカーの塗膜の弱さを目にするとウレタンが手放せなくなりますね。

全部ウレタンにすると高いので私も下地の色はアクリルにして、上塗りクリアのみウレタンクリアという手をよく使います。

大丈夫ですよ。

ちなみにウレタンの上に厚めラッカーを塗るとウレタンがべろんべろんに剥がれますんで注意。

アクリルラッカーは単なるペンキと同じようなもので、塗膜強度も低く、厚めに塗るとわかりますが、乾いても割とぷにぷにしてて、完全硬化後もそれほど固くはありませんし、爪でも傷がつきます。

ウレタンは車の表装にも使われますが、塗膜強度がかなり固く、爪などでは簡単に傷もつきません。効果時間も早い(と言ってもスプレーだと難しいですが)ので厚塗りも可能です。

ウレタンとアクリルラッカ...続きを読む

Q艶消し黒への自家塗装

今度ボンネットを塗装してみようかと思っているのですが艶消し黒のスプレーを吹いた後コーティングできるものはありますか?
普通の塗装ならクリヤーなどを吹いてコーティングできるのですが艶消し黒の上にクリヤー吹いたら艶ができちゃいますよね。
なんか艶消し黒を吹いた後にコーティングできるものがあったら教えて欲しいのですが・・・

Aベストアンサー

つや消し黒のスプレーとは缶スプレー(エアゾール)でしょうか?
残念ながら自動車用の塗料ではつや消しクリアーのエアゾールは
メーカーでは製造していないようです。
(特注で作ってもらうことは可能かもしれません)
ボンネットはけっこう大きな部品なのでエアゾールで
塗装するのは苦労するかもしれませんね。
プロでも駆け出しは塗装させてもらえません(笑

つや消しというのは塗装表面が滑らかではなく、
細かい凸凹ができた状態のことです。
表面を滑らかにすることと保護が目的のクリア塗装とは
相反することには違いがありません。
確かにつや消し剤という物があって添加すればつやは消えますが、、、。

ちなみに自動車の塗装にはウレタン系塗料が使われます。
以前はラッカー(アクリル)系塗料が使われていました。
この2種類は同時に使えません。
化学反応を起こして塗装が剥離したりしてしまいます。
塗料の成分の欄に注意してください。

また、塗料に使われる溶剤は可燃性で有害なガス等が発生します。
私の勤務する工場でも中毒事故が起こったことがあります。
作業には換気の良い所で行い防毒マスクなどを着用して
安全には充分に気を付けてくださいね。

つや消し黒のスプレーとは缶スプレー(エアゾール)でしょうか?
残念ながら自動車用の塗料ではつや消しクリアーのエアゾールは
メーカーでは製造していないようです。
(特注で作ってもらうことは可能かもしれません)
ボンネットはけっこう大きな部品なのでエアゾールで
塗装するのは苦労するかもしれませんね。
プロでも駆け出しは塗装させてもらえません(笑

つや消しというのは塗装表面が滑らかではなく、
細かい凸凹ができた状態のことです。
表面を滑らかにすることと保護が目的のクリア塗装と...続きを読む

Qメッキ塗装を剥がす方法を教えて下さい!

車のフロントグリルのメッキ塗装を剥がす方法を教えて下さい!私が乗っている車のフロントグリルをメッキではなくボディカラーと同じ色にしたいのです。業者にお願いしたところ剥ぐのは無理と言われそのまま塗装するとの事でした・・・しかし後に剥がれてくると言われました!おまけに結構値段が高いのでできれば自分でやってみたいのです。粗めのコンパウンドやサンドペーパーも考えたのですがかなり手間がかかりそうなので例えばですが液体をかけるとメッキが剥がれるとかってないのでしょうか!?

Aベストアンサー

メッキを剥がすのは無理です
フロントグリルなので、母材が樹脂だと
薬品、液剤使うと母材を痛める(凸凹)ことになります

要望あってシルバーメッキのエンブレム
よく塗装します。剥がれは無いですね。
 ただ、メッキ部分は結構硬いので、塗装前の
下地(足付け)はしっかりやらないと
剥がれの原因になります。

通常ぬるプラサフ使わず、直接塗料吹くのが良いのか
はわかりません(実験したことないので)
でも、出来ますよ

車種がわからないので自信はありませんが、
違うグレードで同色塗装のグリルは無いですか?
塗装の手間考えると、こちらの方が安上がりに
なるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報