ビン入りの100%ぶどうジュースを飲んだところ、液面だった部分にぶどう果汁と思われる「あと」が残っていました。子供に「何でここだけ輪になってんの?」と聞かれたのですが上手く答えられません。何でできるのか、どのくらいでできてくるのかをご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  100%ぶどうジュースの場合ですが、こういう線のあとは、密閉容器のなかでもできます。「密閉度」が容器において保証されているというのは、例えば、炭酸飲料の場合、蓋を開けると、一気になかの気体や液体が外に溢れてきたり、泡が沸き上がって来ることから分かるでしょう。空気が外部とのあいだで流通があれば、炭酸飲料は、時間と共に気抜けして来ます。
 
  炭酸飲料の場合は密閉で、ぶどうジュースの場合は、空気流通があるとは考えにくいです。何故なら、空気流通があると、外気の最近が内部に入ってきて、余計な発酵・腐敗作用が起こり、内部のぶどう液が変質するので、そういうことがないように、密閉容器なっているはずだからです。
 
  従って、単純に蒸発によって、線のあとが残るというのは、そのままでは、妥当な答えとは云えないと思います。
 
  ぶどう液の場合、懸濁液であるのは事実ですが、その場合、液体成分と固形成分は、固形成分が重量的に重いので、下に沈むという効果が出てきます。ジュースは飲む前によく振ってくださいというのは、沈殿で、底の方に固形成分が集まっているからです。
 
  では何故、線のあとができるかと言えば、一つは、これは、空気とぶどう液成分のあいだの化学反応で、ぶどう液の成分が少し変質し、それが固形成分の形になって、ガラス面に付着する結果、線ができるというものです。化学変化と言っても、軽い酸化であって、酸化した成分が表面張力で、少し持ち上がっている縁の部分に集まり、これがガラスに付着するということです。
 
  それともう一つは、ガラス瓶などに密封した後、瓶自体が、温度変化に晒されるので、内部の開いた部分、つまり、空気が入っている部分の温度も変化し、飽和水蒸気量も変化するので、暖かくなった時、僅かな蒸発が起こり、その時、ごく薄い膜になっている、表面張力で上に薄く盛り上がっている部分で、糖分などが固形化して、瓶の壁面に付着し、これが、上の酸化変質などと一緒になって、線を構成するのだろうと言うことです(表面で酸化した成分は、表面張力で、縁に集まって来るのだとも思えます。あるいは、沈降するので、表面には見えなくなるのでしょう)。
 
  瓶が冷えると、また、水蒸気が水になりますが、壁面に付着した部分は、変質しているので、再度、液体に浸っても、元に溶解して戻らないし、また、ガラスと一旦、付着すると、この付着成分は、離れなくなるので、このまま残って、線となるのでしょう。(なお、底の部分では、顕著な付着の線はできません。酸化変質と蒸発が、くっきりした線ができる理由でしょう)。
  
  どのぐらいで出来るかは、密封状態の瓶のなかだと、かなり時間がかかると思います。最低で数日か、または温度変化を経過するとできるものではないでしょうか。
 
  ちなみに、(赤)葡萄酒の場合、瓶のなかに線のあとを見たことがありません。葡萄の固形成分が少ないのだということになりますが、グラスに注いで時間が経過すると、やはり線が出てきます。(日本酒清酒では出てきません。またはほとんど分かりません)。これは、多分、瓶のなかに保存されていた時は、瓶のなかの空気が、水蒸気よりもアルコールで飽和していて、空気による酸化が起こりにくいいためだと思います。ワインの瓶を開けると、ワインの香りがするのは、ワインの瓶のなかの空気に、アルコールが気化して溜まっていたことを示すのです。(ワインの場合は、そういう記憶があるのですが、違っていたかも知れません。ぶどうジュースの場合の説明とは、一応独立した話です)。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、表面張力ですね。たいへん参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 22:14

> 酸化変質などと一緒になって、線を構成するのだろうと言うことです



例の「あと」が発酵・腐敗作用でできるとは,ちょっと考えにくいと思います。100%ぶどうジュースには大量のアスコルビン酸(ビタミンC)が入っておりますので,酸化による変質はほとんどないと思います。また,現在出回っているほとんどの製品は,品質保持期限を延ばすため窒素置換してあると思います。

> 固形成分が重量的に重いので、

とは断言できないと思います。空気を噛みこんでいたりして,重量的に軽い成分が含まれていても不思議ではないと思いますが…。

> グラスに注いで時間が経過すると、やはり線が出てきます。

これは蒸発による問題であり,密栓状態の話とは全く異なります。場合わけをして行う必要があります。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、勉強になりました。前回の回答(対流)も参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 22:26

私の意見は sesame さんとはちょっと違い,申し訳ないのですが…。


密栓したビンの中で蒸発が起こるというのは少し考えにくいですし…。

これは懸濁液にのみ起こる現象で,真の溶液では起こらないと思います。
そして,例の「あと」は,懸濁液中の固体成分だと思います。

まず,ビンの中の液体は,若干の温度勾配によって常に対流が起こっています。
そして,この対流によって固体成分が拡散し,懸濁液は均一に見えます。
しかし表面のヘリの部分と,底部のヘリの部分は,対流の流速がほとんどゼロであり,
このような流速がほとんどゼロの場所では,固体成分が拡散できず,
固体成分が凝集していくのではないかと思います。
    • good
    • 0

うーん、子供って時々ものすごく良い質問をしますねー。

(感動)

さて、原因を私なりに考えてみました。

ジュースなどの液体の表面からは常にわずかずつ水分が蒸発していますね。
一方、ジュースに溶け込んでいる固形分は蒸発しませんから、水面近くでは液の濃度がとても濃くなっています。
あるていど以上濃くなったジュースの成分は粘性が増し、ガラス瓶の壁面に付着して取れなくなります。
蒸発によってジュースの液面はごくわずかずつ下がっていきますから、付着した成分はそのまま乾燥して取り残されるわけです。
これがジュースの輪の正体だと思うのですが、いかがでしょうか。

なお、ジュースの液面は、表面張力で瓶の壁面に対してわずかに持ち上がっています。
そのため、その部分はとくに薄くなり、蒸発によって濃くなる割合も大きいというのも理由ではないかと思います。

どのくらいでできるのかについては、ぜひお子さんと実験をしていただきたいですね。
条件(ジュースの種類、瓶の材質、気温など)によってどう変化するのかも、調べてみるとおもしろいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

表面張力と濃度ですね。確かに蒸発という点はちょっと疑問ですが、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q表面張力の理科年表値と実験値

先日ジョリーのゼンマイ秤を利用した表面張力の測定の実験を行ったのですが、実験値が理科年表の値を下回ることがあっても、上回ることはないと聞きました。なぜでしょうか・・・?

Aベストアンサー

 
 
 定番の回答ですが;引っぱり上げられてリングに接してる所の液面が完全に鉛直ではないんでしょ?それを鉛直だとした単純な式では方向余弦の分小さい値になる。
 
 

Q無果汁ジュースのレシピ

 カテゴリーを間違っている気がしますが、他に聞けるところが解らなかったので質問させていただきます。

無果汁ジュースを作ろうと思いましたがレシピが分かりません。
自分が調べた段階では、オレンジジュースもどきは

水 400
クエン酸 200mg
酒石酸 200mg
リンゴ酸 200mg
ビタミンC 150mg
オレンジ香料 2~3滴
ガムシロップ 一割程度
着色料色々
甘味料

との、レシピとなっています。
上の材料であれば自分でも薬屋などで買えば何とかなると思います。

 そこで、お聞きしたいのは、オレンジ以外の味(グレープ、パイン、レモン、ストロベリーなどなど)も似たような材料で作ることが可能なのか、ということです。だいたい香料を変えれば同じ味になると思うのですが・・・・素人なので分かりません。
 様々なレシピを教えていただきたいです。興味本位でやってみようと思っただけですが、できるだけ市販の物に近づけたいと思います。

その他、人工的に(そこそこ安く)作ることのできる面白い食べ物等ありましたらそれも教えていただきたいです。

至らない点あると思いますが、回答よろしくお願いします。

 カテゴリーを間違っている気がしますが、他に聞けるところが解らなかったので質問させていただきます。

無果汁ジュースを作ろうと思いましたがレシピが分かりません。
自分が調べた段階では、オレンジジュースもどきは

水 400
クエン酸 200mg
酒石酸 200mg
リンゴ酸 200mg
ビタミンC 150mg
オレンジ香料 2~3滴
ガムシロップ 一割程度
着色料色々
甘味料

との、レシピとなっています。
上の材料であれば自分でも薬屋などで買えば何とかなると思います。

 そこで、お聞き...続きを読む

Aベストアンサー

酸をうまく調節して、香料でごまかすと、比較的簡単にできます。
ゼリー等の販売品を見ると、なにをベースにして、香料と着色料を入れているかが見当つくでしょう。
かんきつ類は酸(クエン酸・酒石酸)を入れてすっぱさを出して
その他はこれらを減らして、pH4くらいにして、、、、

ガムはかどとりです。
(名称忘却、渋味の苦味成分)をちょっといれないと、果実味にはなりません。面倒ならば、渋みの多いりんご果汁をいれてください。これで、果実味に近づけます。

Q液体の表面張力の測定方法

はじめまして。
物理学の実験で、Jollyのゼンマイ秤を用いて、液体の表面張力の測定を行いました。

液体の表面張力というものは、Jollyのゼンマイ秤を用いる他に、どのような方法で測定できるのでしょうか?いくつもあるものなのでしょうか?

表面張力が関係する現象といえば、毛細管現象が思い浮かびますが、これから表面張力が測定でるものなのでしょうか?他の方法など思いつくものがあれば教えていただきたいです。
どうか、よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

表面自由エネルギーをどのように求めるのかによりますが、基本的な原理はやはり、毛細管現象です。元来、表面張力は毛細管現象から測定されたのです。表面張力の測定には、接触角をいかに精密に測定するかがポイントになります。他の測定法として、WilhelmyのPlane法なども有名ですね。


http://takahara.ifoc.kyushu-u.ac.jp/kougi/tyou/tyou2-1.pdf

Qアルコール入りジュースを見分ける

いたずらでアルコールを混ぜたらしいジュースでもめたことがあります。アルコールが入っているかどうか見分ける方法があったら教えてください。よろしくお願いいたします。(混ぜられたアルコールの量は温めて火をつけても燃えるような量ではありません)

Aベストアンサー

アルコールの比重は0.7くらい.
ジュースは水に糖分が混ざったものだから比重は1より大.
で,同体積の重さを計ってみる.

なってどうでしょう.
でも違いが小さすぎて通常の計りではわかりにくいかも.
しかも,たいそうですかねぇ...

あとは何か化学変化を・・・でも,飲めなくなりますか.

Q表面張力 ベンゼンとエタノールについて

ベンゼンとエタノールの表面張力を調べてみると、
ベンゼンの表面張力が28.8(dyn/cm)で、エタノールの表面張力が22.3(dyn/cm)となっていました。
ここで疑問がわきました。
なぜ、ベンゼンの方がエタノールよりも表面張力が高いのでしょうか?
(なお、水とエタノールを比べたときにエタノールには表面活性物質で表面張力を下げる作用があるので、水の表面張力よりもエタノールの表面張力の方が低いのは分かります。)
青本という薬剤師国家試験の参考書を見ると、「表面張力は一般に極性が高く、分子間力が強い液体ほど大きい。」とありました。この青本の理屈が正しいのなら、ベンゼンは疎水性で極性が低いので、極性が高いエタノールよりも表面張力が低いような気がするのですが、どうでしょうか?
つたない質問ですが、教えていただけたら、ありがたいです。
でひ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もわからないので参考程度でお願いします。

確かにエタノールの方が分子間力は強いと考えられます。事実、二つの粘度を比べますとエタノールが1.2cP、ベンゼンが0.65cPとなっておりました(20℃)。しかし表面張力が粘性測定と違うのは、すべての分子の周りに必ずしも同分子がいないということです(表面)。
まずエタノールの低い表面張力は表面活性物質ということで説明がつきます。
それに対してベンゼンの高い表面張力は共役二重結合が大きな影響を与えていると考えられます。なぜなら同じ炭素数を持ち、環状のシクロヘキサンの表面張力は24.99でした(20℃)。
そしてベンゼンのような物質の分子間力は主にファンデルワールス力であり、さらにその中でもロンドン力の影響が大きいです。よってπ電子の柔軟性が大きなロンドン力を生み出しているのではないかと私は考えました。

しかし実際に実験などをしてπ電子の柔軟性や各物質の表面張力を確認したわけではないため、いままでの話は想像です(粘度は実験で確めたのでだいたいこのぐらいです)。

何かわからないことがありましたらまた質問してください。


参考資料(wiki)(篠田耕三著:溶液と溶解度)

私もわからないので参考程度でお願いします。

確かにエタノールの方が分子間力は強いと考えられます。事実、二つの粘度を比べますとエタノールが1.2cP、ベンゼンが0.65cPとなっておりました(20℃)。しかし表面張力が粘性測定と違うのは、すべての分子の周りに必ずしも同分子がいないということです(表面)。
まずエタノールの低い表面張力は表面活性物質ということで説明がつきます。
それに対してベンゼンの高い表面張力は共役二重結合が大きな影響を与えていると考えられます。なぜなら同じ炭素数を持ち、環...続きを読む

Q鉛蓄電池の電解液は希硫酸、ニッケル水素の電解液はアルカリ水溶液

鉛電池の電解液は、希硫酸(PbSO4)、ニッケル水素電池の電解液は、アルカリ水溶液(KOH)ですが、これらの電解液が反応すると酸とアルカリで反応熱が生成されると考えております。化学式による反応後の生成物などどのような事が起こるでしょうか。

どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般に電池の放電や充電の際に、内部で化学反応が起こるわけですから、それにともなう発熱があるだろうと思います。
しかし、それを単純に「酸とアルカリで云々」といってしまうのは正しくないように思います。

鉛蓄電池に関しては、下記のURLをご参照下さい。
http://homepage2.nifty.com/organic-chemistry/calculated/cell.htm

ニッケル水素電池に関しては、下記のpdfに詳しく書かれていますので、ご参照下さい。
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ACG4000/ACG4000PJ1.pdf

Q水とアルコールの表面張力

水の表面張力がアルコールの表面張力より大きい理由を教えてください。

Aベストアンサー

参考URLによれば、分子間力が大きいほど表面張力は大きくなるということのようです。
だとすれば、水分子には水素結合を形成しうる水素原子が2個ありますので、それが1個であるアルコールよりも分子間力が大きくなることが原因ということになります。

ただ・・・個人的にはそれだけでいいのかどうか疑問は残ります。

参考URL:http://subsite.icu.ac.jp/people/yoshino/SurfaceTension.html

Q浮子入り液位計の読み方について

薬液タンクの外部液位計の値の読み方を教えて下さい。
透明な液位計には赤い丸い浮子は入っていますが、
浮子全体は液面下にあります。

メニスカスで読むと 仮に50Lであっても
浮子の中心部で読むと、49Lとなる場合です。
浮子の上端はメニスカスに触れているので、浮子の中心部で
液位を読みとっていましたが、別の方はメニスカスで読んで
いるとのことでした。
又、浮子がメニスカスより5mm程度下で浮かんでいて、液位に応じた
変動をする場合でも、浮子の中心部で読み取っていましたが、
この場合は、浮子の性能劣化として、メニスカスで読み取るのが
正しいのでしょうか?

日々微妙に使用量がずれている原因と
なっていましたので、正しい読み方に統一したいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水位を測るのですから、上端(正確には水面)ですよ。
ふたつの水面をつなげるとすぐ分かる。
┌┐
├┼──────────ここが、水位
││
││<-- ここじゃない。
││ ウキはあくまで水面を見つけやすくするための目印!!
││ 水面を見れば、ウキの品質には一切関係ないです。
└┘

Q表面張力について

表面張力と泡の関係性について疑問があるので、教えて頂けると助かります。

表面張力が小さいと水溶液中に細かい泡が発生しやすくなると聞きました。
例えば微細気泡の研究などで、
表面張力の高い「水」の中で微細気泡を発生させるよりも
塩を加えて、溶液の表面張力を低くさせると、より微細気泡の発生が
多くなるという結果が出ています。
(ただ、表面張力のみではなく粘性や疎水基などの影響もあるようですが)

そこで質問なのですが、
(1) なぜ、溶液の表面張力が低いほど、(細かい)泡の発生が容易になるのか。
(2) 溶液の表面張力が高い・低いと溶液中の泡に対してどのような影響を及ぼすか。
を教えて頂きたいと思っています。

また、これまでネットや書籍を用いて調べたのですが、中々この回答を見付ける事が出来なかったので
どの様な文献やHPに詳細があるかも教えて頂けると助かります。

質問内容の1つでも回答して頂けると助かります。
説明不足な点もあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

<(細管または細孔からの気体送出による)泡の発生段階>

    .... ←気液界面
   ||
   ||細管

    ↓

    .・・.
   ・. .・ ←気液界面
   ||
   ||細管

  気体の送出により、細管の先端で気泡が膨張
  →気液界面の面積が増加
  =表面張力が抵抗として働く方向

さらに、生じた気泡が細管から離れるには、その接続部分の分だけ表面積が広くなる
必要がありますので、表面張力が小さい方が「泡をつくりやすい(気体を送り出しやすい)
といえると思います。

また、同じ液体の中にある気泡では、泡の直径が大きいほど、表面張力は小さくなった
と思います。
従って、表面張力が大きい液体中に気体を送出した場合、泡の直径が小さいうちは
表面張力が大きすぎて細管から切り離せませんが、そのまま気体の送出を続けて
泡の直径が大きくなると、相対的に表面張力は小さくなっていく(+浮力も増加)ため、
細管から離れられるようになります。
このプロセスにより、「表面張力が大きいほど、大きな泡をつくりやすく、小さい泡は
つくりにくい」ということになるものと推測します。


また、何らかの形で大きな泡を作った場合も、表面張力が大きい方が「泡の分裂」を
しにくい(→中間がくびれた形を経由することになりますが、表面張力が大きいと、
そこから元の球形に戻る力が大きい)ので、「表面張力が大きいと、大きな泡を維持
しやすい」ともいえると思います。

<(細管または細孔からの気体送出による)泡の発生段階>

    .... ←気液界面
   ||
   ||細管

    ↓

    .・・.
   ・. .・ ←気液界面
   ||
   ||細管

  気体の送出により、細管の先端で気泡が膨張
  →気液界面の面積が増加
  =表面張力が抵抗として働く方向

さらに、生じた気泡が細管から離れるには、その接続部分の分だけ表面積が広くなる
必要がありますので、表面張力が小さい方が「泡をつくりやすい(気体を送り出しやすい)
といえると思...続きを読む

QKHSO4の水溶液の液性

塩と塩基の単元の問題をやっていて、

「KHSO4(塩)の水溶液の液性を答えよ。」
というのがあったんですが、

「KHSO4はたぶん硫酸H2SO4と水酸化カリウムKOHが中和反応してできた塩だから、組み合わせは『強酸+強塩基』。だから中性だ。」

と思ったんですが、答えを見たら酸性でした。orz

化学が苦手なもんでなんでだかわかりません。
「強酸と強塩基からできた塩は中性。ただし例外としてNaHSO4は酸性である。」と『岡野の化学をはじめからていねいに』に書いてあったんでそれで考えてたんですが、わかりません。

Aベストアンサー

NaHSO4とNaHCO3はどの酸と塩基が組み合わさっているかを考えるだけでは不十分なのです。
キーは陰イオンです。

まず,硫酸イオン(SO4^2-)は電離しやすいです。
ので,NaHSO4は水溶液中で,
NaHSO4 → Na+ + H+ + SO4^2-
という電離を起こします。
H+が出てますよね?よってこれは酸性です。
KHSO4でも同じです。

ちなみに,
NaHCO3の陰イオンCO3^2-は電離しにくいので,
NaHCO3 → Na+ + H+ + CO3^2-
とはいかず,むしろ,
NaHCO3 + H2O → Na+ + HCO3 - + H2O → Na+ + H2CO3 + OH-
となってOH-を生じるので塩基性になります。

高校範囲ではNaHSO4(KHSO4)とNaHCO3がなぜそのような液性を示すのかを問われることはほぼないです。
とりあえず覚えてしまいましょう。


おすすめ情報