タイトルのとおりですが、見た後になんともやりきれない気持ち&満足感が得られる映画をご紹介ください。
今まで見た中でお気に入りなのは「デッド・マン」「奇跡の海」「柔らかい殻」「ベティ・ブルー」「アメリカン・ビューティー」「エレファントマン」「存在の耐えられない軽さ」などです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (44件中31~40件)

こんにちは。


アメリカン・ニューシネマの代表作
「イージー・ライダー」1969 米
公開当時、やりきれない気持ちも、感動も含め、大きな反響を呼びました。ぜひ、一度ご覧下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「イージー・ライダー」大好きです。子供の頃に見て影響されたのか、アメリカンにしばらく乗ったくらいです。でも、子供の頃はやりきれなさっていうよりも、ファッションに影響をうけたので、また久しぶりに見てみようと思います。

お礼日時:2002/04/04 13:30

「ボーイズ・ドント・クライ」なんかはどうでしょう?人によってはうけつけないらしいですね。

性同一性障害をテーマにした性的アンデンティティを問う映画です。
やりきれないってゆうか、ラストが「え???何でそーゆう展開になるの???」と、むしろちょっと怒ったり・・・。
主演のヒラリー・スワンクはアカデミー賞最優秀主演女優賞も受賞したら実力派。彼女の演技力には大満足☆

参考URL:http://www.foxjapan.com/movies/boysdontcry/main. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。性同一性障害ですか・・私も個人的には受け付けないタイプなので、すでにそこで社会的に不条理?

お礼日時:2002/04/04 13:27

こんにちは。

「奇跡の海」ほんとにヘビーでしたね・・・
「カリフォルニア」は1度目どんよりした気分になってしまったけれど、2度目はちょっと思うところがあり、
好きになりました、やりきれないですけど。
あと「マグノリア」「司祭」などかな。
最近では「彼女を見ればわかること」がまさに!特に盲目の女性のエピソードは、ほんとにやりきれない・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奇跡の海はすごいですよね。「そんなのあり?」というストーリーといい「ちょっっとそりゃないんじゃないのぉぉ!?」というエンディングといい、独特の世界観がありますよね。癖になって3回見ました。
ほかの映画はまだ見たことないのでチェックしてみます。マグノリアはずっと気になってるんですが・・・。

お礼日時:2002/04/03 18:12

「ライフ・イズ・ビューティフル」


99年アカデミー賞3部門受賞主演男優賞/
外国語映画賞/作曲賞(ドラマ部門)
をお奨めします。
感想はあえて言いませんが、この映画も
見た後にやりきれない気持ちになるにも
かかわらず満足感が得られる映画だとと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

TVでたまたまやっていたので見ました。歴史の重さ、絶望の中の希望、そして家族愛、評判通りの感動&満足する映画でした。(あの時間帯にやる映画って、まずは好みじゃないんですが、この映画はばっちりでした)

お礼日時:2002/04/03 18:09

やりきれない気持ちになる映画としては、「隣人は静かに笑う」、3年ほど前の映画です。



テロリストがテロ行為をする計画を知って、主人公が必死になって防ぐ話です。やりきれないと書いているからエンディングは簡単に想像できてしまうと思いますので書きますと、テロ自体は防げませんでした。

それだけでも、悲劇的でやりきれない気持ちになるのに、最後の終わり方がさらにやりきれない気持ちにさせられました。(こちらは秘密。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。テロものって、主人公がかっこよく阻止してちゃんちゃんってのが多いですが、そうでない作品と聞くと興味がわいてきますね。
こんどみてみます。

お礼日時:2002/04/03 18:06

邦画なんですが、「生きない」っていう映画がやりきれないですね。


ダンカンが脚本&出演していて、コメディ?と思ってみたんですが、
見終わって、人間て…人生って・・・と少し考えさせられたというか。

あと満足感が得られた映画は「12人の怒れる男」です。
1957年アメリカのモノクロ映画です。
満足感というか、達成感というか、これもまた考えるところあるものですが、私は好きですね。
そして「12人の怒れる男 評決の行方」というオリジナルがリメイクされた映画と
「12人の優しい日本人」というオリジナルを元に、日本にも陪審員制度があったら
というストーリーの映画がありますが、これも見たら面白いと思います。
私はオリジナルが一番だと思いますが、お暇な時にでも見てみてください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。「生きない」って、何回か聞いたことあります。邦画はあまり見たことないのですが、こんど見てみますね。
邦画で今まで見て好きだったのは「黒い雨」「ユリイカ」かな。
映画じゃないけど、NHKのわりと夜遅くにやってるドラマって好きです。
「12人の~」もチェックしてみますね。

お礼日時:2002/04/03 18:05

#4で回答させていただいたものですが、「後味が悪い映画」とは決して後悔する映画というわけではありません。


というよりは、重たくて色々考えられる映画のことです。
早い話、ハッピーエンドが苦手なんですよ。
特に社会問題を扱った映画などですね。
見て自己満足してしまうから。
それよりは、映画を見たことによって色々考えたり、視野が広がる映画の方が好きです。それが、「後味の悪さ」なんですが…

もちろん明るいコメディー映画なんかも大好きですよ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誤解していてすみません。ここのサイトで「後味の悪い映画」というと、なんか後悔しちゃうような作品の紹介が多かったものですから。
maddyさんと同意義な「後味の悪い映画」は私も大好きです。
ハッピーエンドって、見た後印象が薄くて忘れちゃうんですよね。
「後味の悪い映画」って、見た後なんともやりきれない気持ちになって、何度も思い出していろいろ考えたり苦しくなったりして、それがとても充実したかんじで好きです。

社会、家族、宗教、恋愛・・・実際に起こっていることは不条理なことのほうが多いと思うんですよね。だからこそエンターテイメントは明るく楽しく、ということでハッピーエンドが多いと思うんですが、ひねくれた私はそういう映画を見ても「なんだかフェイクでチープだなぁ」と思っちゃうんです。アクションものだったりコメディーだったり割り切れている作品だったら心底楽しめるんですけど、中途半端なヒューマンドラマはほーんとがっかりします(例「シンドラーのリスト」)

お礼日時:2002/04/03 11:14

すみません。


僕のお勧め映画をかき忘れました。

参考URLの方に出ていますけど、
新しい所で「トレーニング・デイ」は、
言われてみれば、確かに結末はやりきれないですね。
でも、先日「主演男優賞」を受賞した
デンゼル・ワシントンの「悪っぷり」が衝撃的で、
僕自身、あまり結末のすごさは感じなかったんですけどね。
ストーリー展開としては、
先が読めない上手い作りをしていますので、お勧め映画ではあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
参考URL見ました。様々な視点からいろいろな映画が紹介されていて参考になりました。
「トレーニング・デイ」という映画は知らなかったのでこんど探してみます。

お礼日時:2002/04/03 11:09

同じ質問が過去にありましたよ。

(参考URL)
とは言っても、
ひとつの回答に収まる質問ではないので、
何度質問しても関係ないとは思いますが。

そちらには27件の回答が寄せられていますので、見てみてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=198952
    • good
    • 0

再度、すみません。


暗めで、俳優の選択が旨いモノ…デヴイッド・フィンチャー監督ものの
「8mm」 「セブン」
「8mm」のホアキン・フェニックスは上手かったです。 生きていれば、リバー&ホアキン兄弟で「やりきれない満足映画」にどんどん出ていた気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前にも書きましたが、8mm大好きです。(DVD買ってしまいました)
ホアキン・フェニックスってあのビデオやのおやじですね。
全体的にいやーな感じのいい映画でしたね。
被害者達とはぜんぜん関係ないニコラスケイジが、人を殺しまくるところが
いっちゃっててびっくりでした(^^;
(いかにもアメリカ的な偽善行為)

お礼日時:2002/04/03 11:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「エレファントマン」のラストシーン

映画「エレファントマン」を見たのですが、ラストシーンがいまいち理解できなかったので質問します。
ジョンメリックは最後に亡くなって終わりますが、メリックの死は自殺なのでしょうか?それとも他殺なのでしょうか?
メリックは純粋なクリスチャンのようなシーンがあり(と私は記憶してるのですが…自信はありません)、キリスト教は自殺はダメなはずですし。やっと人として充実した日々を送り始めた矢先に自殺というのも考えにくいですし。かと言って、殺される理由もわかりません。
暇なときでよいので、皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

確か作品中に「上を向いて眠ると呼吸ができず死んでしまう」と言っているシーンがあると思います。

メリックは 起きている時は 見世物として人間の尊厳を奪われ続けた人生を歩んできました。
眠りに就く時ですら、人間が普通に眠るポーズ(=仰向け寝)をすることができず 24時間普通の人間扱いを受けない生活だったわけです。

しかし心の中は どんな人間よりも純粋でかつ信心深く そんなメリックの中身を初めて医師が気がつき、
メリックを一人間として対等に付き合い メリックもだんだん 人間としての尊厳を取り戻していきます。

医師によって起きている時は「人間の尊厳」を取り戻したメリックですが 眠る時は どうにもならない。でも死んででも「人間」でありたいと願った彼は 仰向けで眠ります。
自殺ではないと思うのです。もちろに他殺は論外です。
ただ人間でありたい、1人の人間として眠りたい、と願って眠ったのだと思います。そこには宗教も介入できない。一人の男の至福の永眠だと思います。 

Q23年前公開のエレファントマンについて

今から23年(昭和56年頃)位前に劇場公開された「エレファントマン」が、もう一度見たいのですがDVD・ビデオどちらでも良いのですが出ているのでしょうか?どなたかご存知の方教えてください。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アマゾンで検索したところ
「エレファント・マン 作品生誕25周年ニューマスター版」が2月25日に発売されるようです。

これ以前に発売されたDVD・ビデオも、店の品揃えによりますがレンタル可能だと思います。私の近所のお店には置いてありました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/489986/249-2787819-9832348

Q映画「エレファントマン」での主人公のセリフ

こんにちは。
非常に細かい質問ですみません。
映画「エレファントマン」で、主人公ジョン・メリックを診ていた
主治医が、最初は彼を野獣のような人間と思っていたが、彼が聖書の「詩編」の一節をそらんじていたのを聞いて、彼の大変な知性に気づくというシーンがありました。
近日中の会合で、このエピソードを参加者の前で話したいのですが
ジョン・メリックがそらんじていたのは聖書のどの部分だったか
覚えておられる方がもしおられたら、御教示下さいませんか。
よろしく御願いします。
上記の「詩編」は間違ってないとは思いますが、100%の確信は
ありません。

Aベストアンサー

ジョンのセリフ

「“詩編”23篇は美しいので好きです。」

公開当時見ましたが、ご質問の件についてはネットで調べただけなので、真偽は分かりません。ご参考まで。

Q「エレファント」のタイトル由来とは?

こんにちは。

ガス・ヴァン・サント監督の「エレファント」がDVDになりますね。
私は劇場でこの映画を観たのですが、ラストの「ど・れ・に・し・よ・う・か・な」…暗転、そして直後に流れる青空のシーンがどうしようもなく、良いことも悪いこともそれまでのことごとくを流し去るほどに透明だなと思ってしまって少し自己嫌悪。好きで嫌いな映画ですね。

さて本題。
タイトルの「エレファント」はどのような意味を込めてつけられたのでしょうか?

まったく個人的な意見ですが、タイトルの意味を考えて見た時に私はリンチの「エレファントマン」の主人公メリックを真っ先に思い浮かべ、ニンゲンの本質、という視点から見て2作品の対照差に暗澹とした思いになりました。

Aベストアンサー

「エレファント」とはインドの盲目の仏教僧侶が、自分の手で触れた印象しか語れず、物事の全体が見えにくいという教訓話に(監督が)行き当たったからだそうです。
今の若い人は、昔の若者より性格が複雑化していて、個人の全体が見えにくい、この事件はどうして起こったのか?犯人は、何を考えていたのかまったく見えてこないという事でしょうか。

Qエレファントマンという映画で、japanese bleederという役

エレファントマンという映画で、japanese bleederという役で、楠原映二氏(くすはら・えいじ)が出ていますが、どの場面で出ているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

楠原映二さんは

ロンドン病院に個室をあてがわれたジョン・メリックを見世物にして金を取った病院の釜炊き

の役で出ています。悪者の役ですね。最後に婦長に頭を殴られた「あの男」です。

Japanese bleeder とは「金を搾り取る日本人」という意味ですが、ちょっと役表記の仕方に何か不満を覚えます。役名で書けば良いのに、何でそんな表記にしたのかは、どうしても解かりません。因みに映画は「かなら脚色製」が強く、現実とはかなりの隔たりがあります。ここまで変える必要ないだろうという位にです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報