転職して2ヶ月の主婦です。
現在妊娠しているのですが、仕事を現在も続けており今後もそのつもりでいます。
そこで悶々としている疑問があるので皆さんのお力をお借りしたいと思いました。

質問(1)出産手当金と産休については、「産休に入る前に1年以上雇用保険加入」していなければこれらを受けることはできないと耳にしたことがあります。
でも、ついこの間、「会社に在籍中の出産であれば加入期間は問われずに出産手当金は支給される」と聞きました。出産予定は雇用保険の加入から8ヶ月目くらいになります。
よって、どちらを信じていいのか混乱しており、困っています。

質問(2)このまま会社に在籍していたとしても、1年以上の加入期間がないので、産前産後休暇&その後の育児休暇はとれないのでしょうか?

質問(3)産前産後休暇の間の無給期間をうめるお金=出産手当金なのでしょうか?

すみませんがどなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3の追加です。



>でも産前産後休暇&その後の育児休暇中の「給付」となるとやはり1年以上の加入期間が必要になるとのことでしょうか?

休暇中であっても会社には在籍中ですから、加入期間に期関係なく支給されます。
    • good
    • 29

#1、2の方の説明で支給されることがわかっていますので


あえて支給金額について書かせて頂きますね。

出産育児一時金は加入健康保険より一律30万円支給されます。(双生児の場合は倍額です。)
但し、ご主人かご自分の保険のどちらかで請求します。
両方で60万貰えるわけではありません。

出産手当金は#2の方の説明範囲にて支給されますが
産前42日、産後56日の合計98日分で就業しなかった日数分です。(多児妊娠の場合はもっと増えます。)
金額は標準報酬日額の6割が上記日数分支給となります。

ちなみに産後56日を過ぎる分で育児休暇を取る場合は
雇用保険の方から同じく6割支給されるはずです。

参考までに、私の出産時8月24日予定日で7月31日に退職でした。
ですが早産になってしまい7月12日に産まれましたので
産前は就業していたからナシ、産後も31日までは有休にて就業扱いでカット。
予定では30万以上の手当金を頂くはずだったのに半額しかもらえませんでした。
惜しい気もしましたが産院が変更されて分娩費用が半額になった分で結局プラスマイナス0でした。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございました。
でもなるほど、あくまでも出産手当金の日数は実際の未就業の日数なんですね。
参考になりました。

お子さんも誕生されたとのことで、これからも元気でがんばってください。
影ながら応援していますね。

お礼日時:2002/04/04 21:00

1.会社に在籍中に産前産後休業をとって出産する場合、健康保険の加入期間に関係なく出産手当金は受給できます。

ただし、会社から給与が支給されていない場合に限ります。

2.産前産後休暇&その後の育児休暇はとれます。

3.出産手当金は出産のため仕事を休み、給与が減額されたり支給されない場合に、生活を保障するために支給されるものです。
出産育児一時金は健康保険や国民健康保険などに加入していれば、出産時時に受給できるものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
でも産前産後休暇&その後の育児休暇中の「給付」となるとやはり1年以上の加入期間が必要になるとのことでしょうか?

お礼日時:2002/04/04 20:57

質問(1)会社に在籍中の出産であれば加入期間は問われずに出産手当金は支給されます。



質問(2)とれます。

No1の方の回答を少し訂正させてください。

>出産育児一時金(いわゆる出産手当金ですね)

まったく別物です。

出産育児一時金は健康保険加入者なら誰にでも支給されるものです。

出産手当金は働いていて育児休暇を取る方、退職後6ヶ月以内の出産の方、社会保険を任意継続し受給資格を得た方に支給されるものです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/nenkin03 …
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました。
出産手当金はでるということをしって一安心しています。それと加入1年未満でも在職さえしていれば産後休暇をとったあとの育児休業もできるとのことですが、その給付となるとやはり1年以上という条件がかかわってしまうのでしょうか?休暇はとれても1年未満だから給付は受けられないということですよね?

お礼日時:2002/04/04 20:55

こんにちは。



以前、市町村役場の国民健康保険係の経験があるものですが、
直接の担当ではなかったので、「自信なし」とさせていただきます。

まず、出産育児一時金(いわゆる出産手当金ですね)に関係あるのは、
雇用保険ではなく、健康保険の方です。

中小企業の社員が加入する政府管掌保険、
公務員が加入する共済保険、
主に大企業の社員が加入する健康保険組合などの種類があります。

ご質問のとおり、
出産育児一時金の支給基準は加入1年以上です。
では、1年未満の場合はどうなるかというと、
基本的には、その前に加入していた健康保険から出るのです。

messageboxさんは、転職なさったということですが、
以前の健康保険加入歴はどうだったでしょう?
1年以上の社会保険加入期間があれば、
前の会社か、保険者(保険証を発行しているおおもとの組織)に問い合わせてみては?

ただ、前の勤め先でも短期間しか健康保険に加入していない場合については、
今、手元に資料がないので、ちょっと思い出せません。ごめんなさい。
お手持ちの保険証に加入健康保険の種類が記入されていますので、
そこに確認するのがまちがいないのですが・・・。
休暇制度についても同様に、会社か保険者確認が一番です。

それから、出産育児一時金は、無給期間を補うためのものではなく、
どちらかといえば少子化抑制のための「ごほうび」のようなものだと思います。

母子手帳の交付で地元の役所にお出かけになる機会もあると思いますので、
そんな時に、健康保険関係の窓口に行ってみるのもいいですよ。
みんな、お母さん予備軍には優しくしてくれるはずです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
アドバイスをもとに社会保険担当者に聞いてみたいとおもいます。
それと、役所の窓口はなんとなく敷居が高い気がしていたのでほっとしました。
これからは気軽に聞いてみたいと思います。

お礼日時:2002/04/04 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産前産後休暇・出産手当金について

産前産後休暇について
産前は42日産後は56日とありますが、例えば産前休暇を20日しか取らなかったとした場合、産前休暇分の残り(12日間)を産後に回すことは可能なのでしょうか??

また、出産手当金を割り出す標準報酬月額には何が含まれるのでしょうか?
下記の中で含まれないもの、また他に含まれるものがあれば教えて頂きたいです。

・給与
・交通費
・残業代
・皆勤手当

Aベストアンサー

もうお分かりだと思いますが、産前はMAX42日で、取らなくても構わないけど、余っても繰り越しはしてくれません。
手当も全て含まれます。ボーナス以外全てです。
私は基本給・住宅手当・勤続手当・役付手当・資格手当・能力給が含まれてます。

Q産前休暇と出産手当金

9月15日に出産予定で、正社員で働いています。
7月末まで働いて、産前産後・育児休暇を取りたいと会社に伝えてありましたが、
大丈夫だと思うけど調べるから待ってと返事が保留になっていました。
なかなか返事をもらえないので今日聞いてみたら、
籍をおいておくのは難しいから、締日の7月20付けで退職してほしいと言われました。
家に帰ってきてから、納得いかない気持ちになってしまって…。
今まで前例がなく、システムや制度のことにも詳しくない会社なので、
育児休暇と復帰はむずかしいかなあと思ってましたが、
産休だけでも取らせてもらって、出産手当金ももらえると助かります。
産休を21日から取らせてもらって、
予定日42日前の、8月3日付に退職日をずらせてもらった場合、出産手当金はもらえますか?
その場合、21日から3日までの保険料は、会社側も負担になりますか?
会社側にデメリットは出てくるのでしょうか?

もう一度、会社に話してみたいので、分かる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

「出産手当金」

建前上はあくまでも産休をとって復帰すると言うのがスジなのでしょうが、退職してももらえる場合があるということです。
まあ、これについては非常に情報が錯綜していて一般的には間違っている方が多いようです。
つまり問題は出産予定日から42日前がポイントになってくるのです。
この日が退職日の前か後かで違ってくるのです。
従来は後であっても任意継続しているか脱退しても6ヶ月以内の出産であれば出産手当金はもらえたのですが、昨年4月の改正で後の場合は一切もらえなくなりました。
しかし前の場合はその時点で産休を取れば、出産手当金の受給資格が発生してしまいます。
またその後退職しても継続給付という形で出産手当金はもらえるのです。
この前者と後者をごっちゃにして、単に退職すると出産手当金はもらえないと錯覚してしまう方が多いようです。
つまり辞める日付によって、昨年の改正に引っ掛かってもらえなくなる場合ともらえる場合が出てくるということです。
ですから出産予定日の42日前に産休を申請して、出産手当金の申請をしてしまうのです。
そして支給の資格ができてから退職してしまえば、継続給付と言う形で出産手当金は支給されます。
またこの場合は退職日まで1年以上被保険者であることが条件です。

「出産育児一時金」

出産一時金は妻の方が任意継続の場合あるいはそれをやめて6ヶ月以内の場合(夫の扶養になっていても)はそちらの健保から出ます。
それ以外の場合は夫の健保から出ます(家族出産育児一時金)。
以上が原則です。
ただし健保(夫の)によっては、妻がやめて方6ヶ月以内でも出すと言うところはあります。
その場合は両方からはもらえませんが、どちらかを選択することが出来ます、例えば健保によっては付加金がついている場合があるので多いほうを選べると言うことです。
しかしそういう選択できる健保は多くなく、大部分は上記の原則に依るとことが多いようです。
それからもうひとつ受取代理制度というものがあります。
これは出産する前の段階で、必要な申請をすると、健保組合が出産にかかった費用として出産育児一時金を直接医療機関等に払う制度です。
つまり今までは一時的にせよまとまった金額を用意して、医療機関等に払わなければなりませんでした(出産育児一時金が支給されるのはその後)。
しかし直接支払われるので、その金額を用意する手間が無くなったということです。
もちろん費用の方が出産育児一時金よりも低ければ差額はもらえます。
ただし健保組合と病院の両方がこの制度に対応していなければ使えません(制度自体が新しいので対応していない健保組合や病院もあります)。

もう少し詳しく説明すると。
現在の勤務先で健康保険に加入しているなら、上記のように退職して6ヶ月以内なら質問者が現在所属している健保からが優先となります。

まず夫側の健保と、妻側の健保の出産育児一時金の金額を確認してください。
上記の出産育児一時金の説明を場合分けすると。

A.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万のみ
B.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万+附加金
C.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万のみ
D.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万+附加金

Aの場合はどちらも金額が同じなのでどちらでもいいわけです、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
B場合は妻側のほうが附加金分だけ多いのですから妻側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
Cの場合は夫側のほうが附加金分だけ多いのですから夫側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先です。
このときは夫側の健保に選べるかどうか聞くのです。
夫側の健保が

「あくまでも妻側の健保が優先であり、妻側の健保からもらえる状態であればこちらの健保からは出ない」

と言われたらあきらめて妻側の健保からもらいます。

もし
「どちらでもいいですよ、妻側の健保からもらわなければこちらの健保から出ます」

と言われたら夫側の健保からもらえばよいのです。
ただし恐らく妻側の健保からもらっていないと言う証明を出してもらって提出するように言われるかもしれません(二重取りを防ぐ為)。
Dの場合は附加金が夫側と妻側のどちらが多いかと言うことになります。
同じならAと同じ処理、妻側が多ければBと同じ処理、夫側が多ければCと同じ処理です。

まず退職日までに健康保険の1年間の被保険者期間があるのでしょうか?
なければ無理ですが、あれば以下へ進んでください。

>籍をおいておくのは難しいから、締日の7月20付けで退職してほしいと言われました。
家に帰ってきてから、納得いかない気持ちになってしまって…。

下記をご覧下さい。

http://www.nagano-roudoukyoku.go.jp/joken/joken-kintou1.htm

男女雇用機会均等法の第9条で妊娠を理由にする解雇は違法行為とされています。

>今まで前例がなく、システムや制度のことにも詳しくない会社なので、
育児休暇と復帰はむずかしいかなあと思ってましたが、
産休だけでも取らせてもらって、出産手当金ももらえると助かります。

産休や育休も法律で認められているものです。

>予定日42日前の、8月3日付に退職日をずらせてもらった場合、出産手当金はもらえますか?

もらえます、いわゆる継続給付の対象になります。
ただし退職日は産休として勤務をしてはなりません、勤務をすると継続給付の対象外です。
それから出産予定日が9月15日だとするとその42日前は8月4日ではありませんか?
折角苦労して継続給付を受けられるよう会社と折衝したのに、単純な計算ミスで退職日をたった1日だけ間違えてすべてが水の泡になるなんて、シャレになりませんよ。

>その場合、21日から3日までの保険料は、会社側も負担になりますか?

社会保険の保険料に日割と言うのはありません、すべて1ヶ月単位です。
しかし月の途中で加入・脱退をした場合は月末の状態で判断されます、つまり月末に加入していれば1か月分支払うが月末に加入していなければ支払うことはないということです。
ですから7月分については月末に加入しているので1か月分支払います。
8月分については月末には加入していないので支払う必要はありません。
ただし保険証の有効期間は8月4日までで(8月4日退職として)、保険料の支払と保険証の有効期間にはズレがあるということです。

>会社側にデメリットは出てくるのでしょうか?

7月分の社会保険料の半額負担ぐらいで他はないでしょう、出産手当金そのものは健保が出すもので会社が出すわけではありません。

会社には妊娠を理由に退職を迫るのは違法行為です、しかし私はそれを会社と争おうとは思いません。
(といって会社にまず恩を売っておき)
ですからせめて出産手当金が受け取れるように、退職時期を少しずらして欲しいといっているのですが、それは無理なお願いでしょうか。
(といえば大概は認めてくれると思いますが)

「出産手当金」

建前上はあくまでも産休をとって復帰すると言うのがスジなのでしょうが、退職してももらえる場合があるということです。
まあ、これについては非常に情報が錯綜していて一般的には間違っている方が多いようです。
つまり問題は出産予定日から42日前がポイントになってくるのです。
この日が退職日の前か後かで違ってくるのです。
従来は後であっても任意継続しているか脱退しても6ヶ月以内の出産であれば出産手当金はもらえたのですが、昨年4月の改正で後の場合は一切もらえなくなりま...続きを読む

Q一般的な民間企業に勤めている場合、産休期間、育児休暇期間ってどれくらい

一般的な民間企業に勤めている場合、産休期間、育児休暇期間ってどれくらいですか?
教えてください><

Aベストアンサー

一般的には1年くらいは取得できるはずですよ!3ヶ月で復帰されるかたも居ますが、そこは自分がどれくらい休んで復帰したいかによりますね!

また分からないことがあったら聞いてください^^

Q産前産後の休暇のことで教え下さい。

産前休暇は、予定日の6週間前からとありますが、この場合、有給休暇が残っていて取得可能名場合は、産前6週間にあたる期間を有給で処理してもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
現在産前休暇中の者です。
あくまで私の会社の場合ですが、産前6W産後8Wの休暇中は有給として処理できませんでした。
また必ず6W前から休暇を取らなくても良かったです。
友達の職場の制度とやや違うところがありました。

ただ出産が予定日より遅れた場合、産前6Wより多く休み(=欠勤)を取ってしまうことになりますよね。
(逆に予定日より早く出産したらお得?)
その分を後で有給処理してもらえれば良いのですが…。
法律でどこまで決められているのか判りませんが、会社によって違う部分もあるようなので総務の方に尋ねるのが一番良いかも知れません。

あまりお役に立てなくてスミマセン;

Q健康保険加入期間が1年未満の出産手当金について

健康保険先が変わることになりました。組合→健保協会です。
新規で適用事業所となり、その健康保険に加入期間が1年未満の場合、出産手当金は給付されるのでしょうか。

(1)産休を取るときに、健康保険に加入していれば加入期間は問題ない
(2)一つの健康保険で、1年以上加入していなければ給付されない
(3)2つ以上の健康保険をまたいでも、通算で1年加入していれば問題ない(間があいていないということ)

色々な説があり、どれが本当かわかりません。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

>(1)産休を取るときに、健康保険に加入していれば加入期間は問題ない

在職のまま産休を取るのなら、被保険者期間は関係ありません。

>(2)一つの健康保険で、1年以上加入していなければ給付されない

1年と言うのは退職する場合です。
退職しても退職のやり方によって継続給付と言う形で、出産手当金が支給される場合があります。
この継続給付の条件として退職以前に1年以上の被保険者期間が必要だということです。

>(3)2つ以上の健康保険をまたいでも、通算で1年加入していれば問題ない(間があいていないということ)

上記の継続給付の場合に1年以上の被保険者期間と言うのは異なる保険者でもかまいません。
ただし当然間が空いていないことが条件です、また国民健康保険の期間が入っていてもNGですし、任意継続の期間もNGです。
また

協会健保→協会健保
組合健保→協会健保

のように引き継ぐ方が協会健保であれば確実ですが

協会健保→組合健保
組合健保→組合健保

のように引き継ぐ方が組合健保であれば、概ねは協会健保に準拠していますが、一部の組合健保はそうでないところもあるので確認が必要です。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

>(1)産休を取るときに、健康保険に加入していれば加入期間は問題ない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報