最新閲覧日:

「いつも心に太陽を」って僕の好きな言葉なんですけど、
この言葉は、どこが最初ですか?
元は外国の本に出てきたことばのような気もするんですけど。
そう思ってカテゴリー「文学」にしました。
そんなタイトルの映画もありましたよね。
原題は全然違うかもしれませんけど。

知ってる方、いましたら教えてください。

A 回答 (2件)

参考URLには宮沢賢治の詩として紹介されています。

恐らく賢治が翻案した詩ではないかと思います。原典はドイツのフライシュレインのようですね。

http://www.fasol.fujitsu.com/rest/ocha_054.html

ドイツ語の原詩
http://www.flaischlen.de/home.htm
格好よく読むためリズムの伴奏もついています。がんばって覚えて下さい。

参考URL:http://www.hnz.kpu-m.ac.jp/~kyudo/page12.html
    • good
    • 0

こんにちは、tomikou0000さん。


この言葉、私も好きな言葉です。
この出典ですが、確かに映画もあります。シドニー・ポワチエ主演で英映画ですね。でもどうやら出典は西ドイツ詩人のツェーザル・フライシュレン作のようです。
「心に太陽を持て。あらしが ふこうと、ふぶきが こようと、天には黒くも、
地には争いが絶えなかろうと、いつも、心に太陽を持て。」のようですね。
題名は「心に太陽をもて」です。
なんだかジーンとくる言葉ですねぇ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ドイツの詩人ですか。
とすると、原型はドイツ語なんですね。
ドイツ語でなんて言うのか、分かりませんかねぇ。
ドイツ語で言えたらカッコよくないですか(笑)

お礼日時:2002/04/05 16:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報