夫が病気をしたため、保険からリビングニーズとして300万円出ました。死亡保険金3000万円の契約をしていたため、それから300万先にもらうかわりに、死亡時には2700万の保険金になるというものです。
夫は自分が病気をしたから入ったお金なのだから自分だけが自由に使いたいといいますが、私は夫が休職していることでもあるし、生活費に入れたいのです。リビングニーズについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 夫婦の財産は共有ということになっており、その共有の比率は夫婦に委ねられているものと考えられます。

公平平等とい概念からいけば、保険金額から休職期間の生活費等に充当する金額を除いた折半と考えるか、または、この剰余金額を夫婦のいずれかがどの程度任意に管理するか、については話し合いの範疇かと思います。剰余金額がご主人の個人に全額渡らないのであれば、財産価値全般について、貴方が何かを取得した場合など逆のケースでも同様にすることが合理的といえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険金についても共有財産だということが分かってよかったです。治療費に充てた残りについては、このことを踏まえて、相談することにします。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 08:47

 事務的に答えれば、リビングニーズの受取人は、被保険者です。


 #1さんの言うように、受け取った保険金も、夫婦だから共有財産であって、別にどちらのもの、ってわけではないのですが、保険会社としては、旦那さんに払います。


 特定疾病保障の保険で受け取ったのだと思いますが、もともとは治療費に充てて、長生きしてくださいっていうコンセプトである事は蛇足ながら付け加えておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

特定疾病保障でした。失礼しました。もちろん治療費に充て、残りは共有財産ということを踏まえて、相談で決めたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 08:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニーズとウォンツの定義について

ニーズとウォンツの違いがいまひとつわからなくてぐぐってみたら
ニーズとは、ウォンツとは、シーズとは
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/gzmgzm/article/00/21.html
とそのものずばりの解説ページがありました。このページから引用すると

「ニーズ(Needs) - 消費者の(意識化された)必要性
ウォンツ(Wants) - 消費者の(意識化されていない)欲求


とあり納得できたのですが、そのすぐ下に

「ウォンツを「ニーズを満たす特定のものが欲しいという欲求」と解説した書籍もあった。この説明ではウォンツはニーズより具体的なものとなる。」

との解説もありました。この二つは相反する定義ではないかと思うのですが、どうでしょうか?最初の定義では、ウォンツは意識化されていない欲求とありますが、次の定義では、ニーズより具体的なもの、とあります。最初の定義によればニーズは意識化されているのだから、当然その具体的なものであるウォンツも意識化されていると思うのですが、違うのでしょうか?

ニーズとウォンツの違いがいまひとつわからなくてぐぐってみたら
ニーズとは、ウォンツとは、シーズとは
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/gzmgzm/article/00/21.html
とそのものずばりの解説ページがありました。このページから引用すると

「ニーズ(Needs) - 消費者の(意識化された)必要性
ウォンツ(Wants) - 消費者の(意識化されていない)欲求


とあり納得できたのですが、そのすぐ下に

「ウォンツを「ニーズを満たす特定のものが欲しいという欲求」と解説した書籍もあった。この説明では...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは(^_^)

私はあんまり深く考えないで使ってますけど、
そんなに厳密な定義が必要なのでしょうか?

社内でも実際にあまり困ったことにはならないです。

例えば、ぐっすりと安眠したいので、そんなマクラが
欲しいって場合はニーズ(マクラへのニーズ)。

ぐっすり安眠がしたいってのがウォンツ。

ぐっすり安眠したいという欲求を満たすためには
必ずしもマクラでなければならない訳ではありません。色々な可能性があります。

このような欲求(生活上のベネフィット)を満たす
ための製品差別化はたしかに重要ですが、最近は
このような安眠といったものを求める消費者の
根底にある気持ちに重点をおいています。

なぜ、安眠というものへの欲求をもっているのか?
それは、マクラで本当に解決できるものなのか?
もしかしたら、ぜんぜん別の問題が隠れているのでは
ないのか?だとしたら本当はベットに問題があるの
ではないか?安眠をもとめる人の心の奥底にある
欲求をさぐることで、もっとも購買に結びつきや
すい効果的な広告方法やキャッチコピーも生まれ
やすくなります。

実践的という意味では、あまり細かい定義にこだわらないほうが良いと思うのですが。。。

こんにちは(^_^)

私はあんまり深く考えないで使ってますけど、
そんなに厳密な定義が必要なのでしょうか?

社内でも実際にあまり困ったことにはならないです。

例えば、ぐっすりと安眠したいので、そんなマクラが
欲しいって場合はニーズ(マクラへのニーズ)。

ぐっすり安眠がしたいってのがウォンツ。

ぐっすり安眠したいという欲求を満たすためには
必ずしもマクラでなければならない訳ではありません。色々な可能性があります。

このような欲求(生活上のベネフィット)を満たす
ための...続きを読む

Qリビング・ニーズについて

契約者は妻である私で、被保険者が夫である死亡保険にリビング・ニーズ特約がついています。夫が余命6ヶ月以内と宣告されていますが、本人は知りません。契約者である妻の私が夫に代わって(=夫に知られずに)リビング・ニーズを申請し、お金を受け取ることはできるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

真っ先に確認すべきは「指定代理請求人」としてyucchacoさんの名前が記載されているかどうかです。当該制度は1992年以前の加入保険の場合ありませんが、保険会社より「無料の特約」等という形でアナウンスがあったはずです。誰しもが警戒しがちな「特約付加」ですが、こういう時に「なんで無料なのに」というものでもあります。

もし契約が1992年以後の場合であれば、指定代理請求制度が導入されている可能性があるので、そこにyucchacoさんの名前があれば請求できる事になります。ただ保険会社や担当者によって軽んじられる事もあり、保険金受取人は当然記載させますが、「指定代理請求人」は「まあ書いといてください」程度で済ます方もいるのが現実です。記載欄があって書いていない場合はどうしようもないかと思います。

リビングニーズを使う事で失う必要の無い命が救われる場合もあるのですが・・・

Qニーズとウォンツの違いは何ですか?

「とくにお客さまのニーズやウォンツが高度化し、高いレベルの商品やサービスが求められるにしたがって」

という文章をみかけました。
マーケティングでいうニーズとウォンツの違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

普通に和訳すればいいのではないでしょうか。
ニーズは、必要とするもの。
ウォンツは、欲するもの。

Qリビングニーズ特約の特約保険金

リビングニーズ特約の特約保険金の受け取りで、受取人は3000万円以下で死亡保険金の金額内から差し引くのはなんでしょうか?
おしえてください。

Aベストアンサー

質問がちょっと分かりにくいのですが、例えば3000万円の生命保険に加入していて
リビングニーズの対象になり、3000万円の保険金を請求したとします。
保険会社は3000万円の保険金から6か月分の保険料を引き、更に
6ヶ月間、予定運用利率で割り引いた金額を被保険者に支払います。

Qニーズとウォンツの違い

初歩的な質問ですが、マーケティングにおける「ニーズとウォンツの違い」について、
教えて下さい。この2つの明確な区別がついていません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 突き詰めていくと数通りの解釈の仕方があるようですので、通説的なものでお答えします。

 コトラーの本によれば、次のとおり書かれています。
  ニーズ(必要性)=人間生活上必要なある充足状況が
             奪われている状態。
  ウォンツ(欲求)=そのニーズを満たす(特定の)
             ものが欲しいという欲望。

 つまり、ニーズは抽象的な欲求、ウォンツはそれに対するより具体的な欲求ということになります。

 例をあげて説明しましょう。

 ある田舎町には酒屋が1軒しかありません。
この酒屋で顧客アンケートを取ったところ、「この酒屋を利用する」と答えた人は95%にものぼる、との結果が出ました。
 ところが、「この酒屋に満足しているか?」(顧客満足度)との問いに対してYESと答えた人は20%しかいませんでした。

 「利用率は高いのに顧客満足度が低い(客は仕方なく利用している)」と結果が出たのでした。

 そこでより深く原因を調べてみたところ、「本当は、今流行りのA銘柄の日本酒を飲みたいが、ないのでB銘柄で我慢している」などの意見が多く、品揃えに問題があることがわかりました。

 つまり、「酒が飲みたい」というニーズは高いけれど、「A銘柄が飲みたい」というウォンツを満たしていない、ということがわかったのです。

※この場合「酒が欲しい」というニーズ(抽象的な欲求) に対応するウォンツは「A銘柄が欲しい」(それに対す るより具体的な欲求)ということになります。
※他の例:ニーズ:「きれいになりたい」
     それに対するウォンツ:「化粧品が欲しい」

参考URL:http://www.melma.com/mag/57/m00002757/a00000053.html

 突き詰めていくと数通りの解釈の仕方があるようですので、通説的なものでお答えします。

 コトラーの本によれば、次のとおり書かれています。
  ニーズ(必要性)=人間生活上必要なある充足状況が
             奪われている状態。
  ウォンツ(欲求)=そのニーズを満たす(特定の)
             ものが欲しいという欲望。

 つまり、ニーズは抽象的な欲求、ウォンツはそれに対するより具体的な欲求ということになります。

 例をあげて説明しましょう。

 ...続きを読む

Qなぜリビングニーズ特約をつけたがるのか

第一生命の保険に入って10年以上たちます。
以前も何度かしつこく
「無料だからリビングニーズ特約をつけてください」
と言われたのですが
疑り深い性格なので何か裏でもあるような気がしてそのままにしておきました。
最近担当者が変わってまた
「リビングニーズ特約」そして「高度障害保険金の代理請求特約」
をつけたほうがいいですよと言ってきています。
無料なんだからつけてもいいかなと思うのですが
なんで保険の外交員の方はあんなにすすめるのでしょう?
なにか落とし穴でもあるのではないかと不安です。

Aベストアンサー

すでに説明を受けてご存知だと思いますが、

「リビングニーズ特約」は余命半年と診断された時に給付を受けられます。
死亡保証は本人が亡くなるか、高度障害になって初めて給付請求を出せますがリビングニーズにより生前でも給付が受けられ「最後の思い出に・・・」か、どうかは別としてそれなりに使い道があるかもしれません。

「高度障害保険金の代理請求権特約」も、
ある方のご主人が交通事故により寝たきりの意識不明状態になった時に入院費もかさむので「高度障害」の保険金請求をしたところ「契約者様が存命なので自書が必要です」と言われました。
しかし、本人は意識不明で未だに給付されません。
こんなとき請求代理人(家族)が「高度障害保険金の代理請求権特約」で請求すれば給付されます。

>なんで保険の外交員の方はあんなにすすめるのでしょう?

もし上記の二つを勧められずそのような状態になってから知ったらどうでしょう?
二つは契約者のためになる特約だと思います、まして無料ですし・・・

>なにか落とし穴でもあるのではないかと不安です。

もしもの時にその良さが解るかもしれません。
外交員はそれを勧めなかったために責められるのを恐れます。
入らなかった契約者のほとんどが言います「もっと強く勧めてくれれば入っていたものを・・・」「きちんと説明してくれれば・・・」と!

すでに説明を受けてご存知だと思いますが、

「リビングニーズ特約」は余命半年と診断された時に給付を受けられます。
死亡保証は本人が亡くなるか、高度障害になって初めて給付請求を出せますがリビングニーズにより生前でも給付が受けられ「最後の思い出に・・・」か、どうかは別としてそれなりに使い道があるかもしれません。

「高度障害保険金の代理請求権特約」も、
ある方のご主人が交通事故により寝たきりの意識不明状態になった時に入院費もかさむので「高度障害」の保険金請求をしたところ「契約...続きを読む

Qウォンツの対義語は?

経済用語で、

需要(demand)⇔供給(supply)ですが、

ウォンツの相手は何ですか?

同じく供給ですか?

ウォンツみたいに、日本でもカタカナで馴染みがある単語はありますでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

なんでカタカナなのかな?

wantならgiveではないですか。

Q共済保険でリビングニーズ特約ってありますか?

現在生命保険を見直し中。
今まで生保で加入していた終身保険を解約し、医療共済に切り替えようと思っています。共済も意外と充実した内容なのですが、リビングニーズ特約というのは医療共済にはないのでしょうか?

Aベストアンサー

#1でreimen様が回答されている通り、「せいめい共済」だけです。他に保険でいう大きな死亡保障がある商品はありませんので・・

因みに共済は「リビングニーズ特則」といいます。

共済は確かに金額的には手軽ですが、内容を良く吟味されることと、もしご契約されるのであれば、約款をきちんと読まれた方が良いです。

余談ですが、実際の給付面で最近トラブルが多くなっています。
又、間違っても告知はきちんと行ってください。

参考URL:http://www.zenrosai.or.jp/kyousai/seimei/index.asp

Qウォンツのサービス残業の実態

知人がウォンツの内定をもらいました。めでたいことです。

でも内定をもらったときに、
「うちは残業代は出しません」と言われたそうです。

このご時世です。少しくらいのサービス残業はしょうがないでしょう。
でも、開店時間をすべてサービス残業したら、
毎日12時間くらいに(店舗によってはそれ以上に)なります。

実際にウォンツにお勤めの方に質問です。
給料やボーナスは悪くないです。

サービス残業の実態を教えていただけますか。
基本的には内定をもらったし就職するつもりです。

過激な表現はご遠慮下さい。
実態を教えていただければそれでよいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://jobtalk.jp/company/14246_evaluate.html

口コミですけど・・・・・

福利厚生は無いに等しいという事で、長く続ける会社では無さそうですね。

薬屋の親父が手を広げたというだけの感じがします。
残業が出せないという事は、利益が上がってないという事ですね。

ちなみにツルハホールディングスに買収されてもっと厳しくなっていると予想します。

Q収入保障保険とリビングニーズ特約について

生命保険にお勤めの方に伺います
収入保障保険は、被保険者が死亡して
家族のために年金が支払われると思います

そこで質問します
リビングニーズ付加して、余命6ヵ月と診断されて
リビングニーズ請求をした場合、

1.誰に支払われるのでしょうか?(受取人)

2.支払は、年金?死亡保険金?どちら

3.2で支払われた後に、死亡した場合、家族年金は
リビングニーズで支払われた後の年金原資によって、年金額が決定されるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.被保険者に支払われます。

2.一時金です。

3.2で支払われる一時金は年金原資額です。
  従いまして、リビングニーズで保険金が支払われた後、年金原資が残っていれば、
  その額によって決定された年金額か、残っている年金原資が一時金で支払われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報