俳句と川柳は季語を使うかどうかではっきりと分けられますが、用語の制約のない短歌と、あえて別立てされている狂歌はどこに違いがあるのですか。狂歌は風刺ものが多かったかと思いますが、用語に制約がないなら、風刺短歌や時事短歌もOKだとおもいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

狂歌は、和歌の形式で,しゃれ・こっけい・風刺を目的とした短歌です。

「狂歌」と云う言葉は、平安時代から用いられており,室町時代にも連歌師たちが読んでいました。風刺、諧謔はどちらかといえば江戸自体の風潮で、室町時代は制約に囚われず気軽に和歌を読むと言った感じで狂歌が存在したと思うのですが。
 江戸時代のものとしては、
元の歌
 月みれば千々にものこそ悲しけれ
  わが身ひとつの秋にはあらねど 
→月みれば千々に芋こそ喰ひたけれ
  我身ひとりのすきにはあらねど
元の歌
 夕されば野辺の秋風身にしみて
  うずら鳴くなり深草の里
→ひとつとりふたつとりては焼いて喰う
  うずら無くなり深草の里
等(少し記憶が曖昧ですが)のパロディが多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。短歌の一種と考えていいですね。

お礼日時:2002/04/11 20:05

狂歌とは・・・


諧謔(かいぎやく)を主として、
滑稽な趣を詠み込んだ卑俗な短歌のことです。
万葉集の戯咲歌、古今和歌集の誹諧歌などの系統で、
各時代にわたって行われましたが、
江戸中期、天明年間頃に大流行しました。

短歌とは・・・
和歌の一体で、最も普通の歌体です。
五七五七七の五句三一音が原則。
起原はよくわからず、諸説あるが、万葉時代には既に確立し、
長歌・旋頭歌などのすたれた平安時代以降は、
和歌といえば短歌をさしました。

「卑俗な短歌」が狂歌であるので、
言うなれば短歌の一種ではないのかと思いますが。
「狂歌」などは短歌ではないという人も少なくないそうです。

参考URL:http://www.airins.net/bun/yubu/b9.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。あえて定義するとすれば、それは内容(恋愛や情景を描いているかいなか)、文体で短歌から区別されるものですね。でもそれは結社や会の考えで、私はなんでもありでいいと思います。

お礼日時:2002/04/11 20:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q俳句と短歌は一見よく似た文芸詩のようにみえますが、なぜ、科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いの

科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。
両者は、一見よく似た文芸詩のように思われますが、なぜ、科学者は短歌を好むのですか?

Aベストアンサー

>俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。

そうかなぁ。
ぱっと思いつくだけでも、物理学者なら、
・寺田寅彦
・有馬朗人(東京大学元総長・原子核物理学)
・尾池和夫(京都大学元総長・地球物理学者)

数学者にも
・吉田 洋一(北海道帝国大学教授)

化学なら
・和田悟朗(奈良女子大学名誉教授)


だから、気のせいだと思います。

Q俳句、短歌の季語について

俳句、短歌の新人賞に応募しようと思うのですが、作品中に季語が使われていない句もいくつか、含まれているのですが、その場合はどうなるのでしょうか。
俳句、短歌には必ず季語を入れねばならないのでしょうか。
また、季語を手っ取り早く調べる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾の国語の教師をしております。

新人賞に募集しようとしている方にチャチャを入れるのは気が引けるのですが……。

季語についてですが、
季語を原則入れなければならないのは「俳句」だけだということをご存知ですか?
短歌には季語は入れなければならないという原則はありません。
もちろん入っていたら×ということもないですけれど。

つまり、同じ「恋」を詠むにしても、
俳句だと季語との兼ね合いを考えて内容を考えなければなりませんが(恋の始まり=「芽吹く」「山笑う」など)、
短歌では季語との兼ね合いを考えなくても良いということです。ぶっちゃけキチンと体裁が整っていれば、今の気持ちを素直に詠んでもOKということになります。

現在かなりの「短歌入門」「俳句入門」などの本が売られていますので、
「歳時記」も持っていないのであれば、
一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?

Q大正若しくは明治の川柳,狂歌について

中学若しくは高校時代,歴史あるいは社会の授業で,当時の政治を風刺する次のような趣旨の川柳というか狂歌があったと聞いたのですが,全体が思い出せないのです。どなたかご存知の方いませんか。また,何を風刺したものか教えてください。「ぶんか,ぶんかとうるさいな。はえやかでもあるまいに」

Aベストアンサー

江戸時代の狂歌ですが…
「世の中に蚊ほどうるさきものはなし ぶんぶといふて夜もねられず」
というのがありますね。寛政の改革の「文武奨励」を皮肉ったものです。

明治・大正にも同じような狂歌があったのかどうかはわかりません。

Q洒落た、風刺の効いた短歌

思わすクスッっと笑ってしまったり、なるほどと思ってしまうような
風刺の効いた、又は洒落た短歌(句?)を探しています。

そういう句が載っているサイトもあったら教えてください。

『世の中に人の来るこそうれしけれとはいふもののお前ではなし』
のような……

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「狂歌(きょうか)」という文芸のジャンルがあります。
 お望みに最も近いジャンルだと思われます。
 

Q季語のない短歌は?

季語を入れないで作った短歌(5+7+5+7+7)は何と呼ばれるのでしょうか?

せっかく作ったのに「季語がないのでダメ」とは...。
川柳みたいなものがあればいいのですが。

Aベストアンサー

 短歌(五七五七七)の場合は季語がなくても大丈夫です。

 「煙草くさき国語教師が言うときに明日という語は最もかなし」(寺山修司)のように季節を感じさせる言葉がない短歌はいくらでもあります。

 季語が必要なのは、「俳句(5+7+5)」の方です。
 その俳句でも季語のない「無季俳句」もあります。(あまり一般的ではないかも知れませんが。)

 では、すばらしい作品を作ってくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報