俳句と川柳は季語を使うかどうかではっきりと分けられますが、用語の制約のない短歌と、あえて別立てされている狂歌はどこに違いがあるのですか。狂歌は風刺ものが多かったかと思いますが、用語に制約がないなら、風刺短歌や時事短歌もOKだとおもいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

狂歌は、和歌の形式で,しゃれ・こっけい・風刺を目的とした短歌です。

「狂歌」と云う言葉は、平安時代から用いられており,室町時代にも連歌師たちが読んでいました。風刺、諧謔はどちらかといえば江戸自体の風潮で、室町時代は制約に囚われず気軽に和歌を読むと言った感じで狂歌が存在したと思うのですが。
 江戸時代のものとしては、
元の歌
 月みれば千々にものこそ悲しけれ
  わが身ひとつの秋にはあらねど 
→月みれば千々に芋こそ喰ひたけれ
  我身ひとりのすきにはあらねど
元の歌
 夕されば野辺の秋風身にしみて
  うずら鳴くなり深草の里
→ひとつとりふたつとりては焼いて喰う
  うずら無くなり深草の里
等(少し記憶が曖昧ですが)のパロディが多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。短歌の一種と考えていいですね。

お礼日時:2002/04/11 20:05

狂歌とは・・・


諧謔(かいぎやく)を主として、
滑稽な趣を詠み込んだ卑俗な短歌のことです。
万葉集の戯咲歌、古今和歌集の誹諧歌などの系統で、
各時代にわたって行われましたが、
江戸中期、天明年間頃に大流行しました。

短歌とは・・・
和歌の一体で、最も普通の歌体です。
五七五七七の五句三一音が原則。
起原はよくわからず、諸説あるが、万葉時代には既に確立し、
長歌・旋頭歌などのすたれた平安時代以降は、
和歌といえば短歌をさしました。

「卑俗な短歌」が狂歌であるので、
言うなれば短歌の一種ではないのかと思いますが。
「狂歌」などは短歌ではないという人も少なくないそうです。

参考URL:http://www.airins.net/bun/yubu/b9.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。あえて定義するとすれば、それは内容(恋愛や情景を描いているかいなか)、文体で短歌から区別されるものですね。でもそれは結社や会の考えで、私はなんでもありでいいと思います。

お礼日時:2002/04/11 20:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q狂歌

「太平の眠りを覚ます上喜撰たった四杯で夜も眠れず」「白河の清きに魚も住みかねて元の濁りの田沼恋しき」
この二つ以外の狂歌をできるだけたくさん教えて下さい。
またその狂歌が何を指しているも教えて下さい。。

Aベストアンサー

ここは黒船シリーズで行くぞおっ!とゆーことで・・・。

いにしえの 蒙古の時とあべこべで 波かぜたてぬ伊勢の神風

文永・弘安の役では、朝廷は伊勢神宮に奉幣して戦勝祈願を行いました。結局暴風雨によって蒙古の船団は壊滅しましたが、それを「伊勢の神風」であるとしたのです。

一方黒船来航時の幕府老中首座は、安部伊勢守正弘でしたが、彼は攘夷論を押さえ、徹底した穏健外交に努めました。それを皮肉ったのが、上記の狂歌です。

Q俳句と短歌は一見よく似た文芸詩のようにみえますが、なぜ、科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いの

科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。
両者は、一見よく似た文芸詩のように思われますが、なぜ、科学者は短歌を好むのですか?

Aベストアンサー

>俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。

そうかなぁ。
ぱっと思いつくだけでも、物理学者なら、
・寺田寅彦
・有馬朗人(東京大学元総長・原子核物理学)
・尾池和夫(京都大学元総長・地球物理学者)

数学者にも
・吉田 洋一(北海道帝国大学教授)

化学なら
・和田悟朗(奈良女子大学名誉教授)


だから、気のせいだと思います。

Q「ころび芸者」と「山師運上」(田沼意次批判の狂歌)

田沼意次の治世時に歌われた狂歌、
「世にあふは 道楽者に おごりもの ころび芸者に 山師運上」
このなかの、「ころび芸者」と「山師運上」の意味がわかりません。

Aベストアンサー

ころび芸者→芸者が売春すること
山師→でたらめ、とか、はったり、とかを象徴する言葉
運上→事業税のこと

上記では意味が通じないので、若干の解説を‥

江戸時代、市中での営業が公認されていた色街は吉原遊廓のみで、岡場所などと呼ばれる他の
遊女屋は違法営業です。タテマエですが。
その他にも隠れて(半ば公然と)売春をする例として風呂屋の湯女や「ころび芸者」がありました。
芸者は芸を売る者であり、売春は禁止されていましたが、実際に芸だけで身を立てるのは難しく‥‥
です。芸者が売春稼業に転落することを「ころぶ」と表現した訳ですね。
どこかのサイトに載っていたのが面白くてコピーしたのですが↓
「ころぶは上手、おどるはお下手」「転びすぎましたと女医者に言い」

山師運上について
狂歌の正確な意味や含みは分かりませんが‥
・田沼政権によるワイロ政治を「やましい税金徴収」と揶揄したのか
・違法な「ころび芸者」を黙認して、たっぷり税金を取ったことを揶揄したのか

Q俳句、短歌の季語について

俳句、短歌の新人賞に応募しようと思うのですが、作品中に季語が使われていない句もいくつか、含まれているのですが、その場合はどうなるのでしょうか。
俳句、短歌には必ず季語を入れねばならないのでしょうか。
また、季語を手っ取り早く調べる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾の国語の教師をしております。

新人賞に募集しようとしている方にチャチャを入れるのは気が引けるのですが……。

季語についてですが、
季語を原則入れなければならないのは「俳句」だけだということをご存知ですか?
短歌には季語は入れなければならないという原則はありません。
もちろん入っていたら×ということもないですけれど。

つまり、同じ「恋」を詠むにしても、
俳句だと季語との兼ね合いを考えて内容を考えなければなりませんが(恋の始まり=「芽吹く」「山笑う」など)、
短歌では季語との兼ね合いを考えなくても良いということです。ぶっちゃけキチンと体裁が整っていれば、今の気持ちを素直に詠んでもOKということになります。

現在かなりの「短歌入門」「俳句入門」などの本が売られていますので、
「歳時記」も持っていないのであれば、
一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?

Q大正若しくは明治の川柳,狂歌について

中学若しくは高校時代,歴史あるいは社会の授業で,当時の政治を風刺する次のような趣旨の川柳というか狂歌があったと聞いたのですが,全体が思い出せないのです。どなたかご存知の方いませんか。また,何を風刺したものか教えてください。「ぶんか,ぶんかとうるさいな。はえやかでもあるまいに」

Aベストアンサー

江戸時代の狂歌ですが…
「世の中に蚊ほどうるさきものはなし ぶんぶといふて夜もねられず」
というのがありますね。寛政の改革の「文武奨励」を皮肉ったものです。

明治・大正にも同じような狂歌があったのかどうかはわかりません。

Q洒落た、風刺の効いた短歌

思わすクスッっと笑ってしまったり、なるほどと思ってしまうような
風刺の効いた、又は洒落た短歌(句?)を探しています。

そういう句が載っているサイトもあったら教えてください。

『世の中に人の来るこそうれしけれとはいふもののお前ではなし』
のような……

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「狂歌(きょうか)」という文芸のジャンルがあります。
 お望みに最も近いジャンルだと思われます。
 

Q狂歌の意味

「福は内へ鬼は外へと打つ豆の腹に当りてあらくさやふん」という狂歌を知ったのですが、最後の
「あらくさやふん」という言葉の意味がわかりません。
 ご教示いただきたく、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これを詠んだ半井卜養(なからい ぼくよう)は泉州堺の出身で、京の松永貞徳門にいたようです。

ヒヤー、あらっぽいじゃないか、くそお。といったイメージではないでしょうか。

「アラクタイ(形容詞)粗暴な。荒っぽい。「荒い」という形容詞にクタが入ったもので「重い」にタが入って「オモタイ」となったのと同類の音訛であろう。」(牧村史陽編「大阪ことば事典」)
「アラクサイ(形容詞)方言。馬鹿げている。福井県大野郡。」(「大辭典」平凡社)

「荒く+タイ」→「荒+く+サイ」といった風に、俗っぽい形容詞に変化していると思われます。
ハンカくさい、アホくさい風の混用で、関東の荒っぽいを「荒くさい」と折衷表現したとみたのですが。

末尾のフン(糞)は関東ではクソ(糞)に相当する間投詞風の接尾語に思われます。

Q季語のない短歌は?

季語を入れないで作った短歌(5+7+5+7+7)は何と呼ばれるのでしょうか?

せっかく作ったのに「季語がないのでダメ」とは...。
川柳みたいなものがあればいいのですが。

Aベストアンサー

 短歌(五七五七七)の場合は季語がなくても大丈夫です。

 「煙草くさき国語教師が言うときに明日という語は最もかなし」(寺山修司)のように季節を感じさせる言葉がない短歌はいくらでもあります。

 季語が必要なのは、「俳句(5+7+5)」の方です。
 その俳句でも季語のない「無季俳句」もあります。(あまり一般的ではないかも知れませんが。)

 では、すばらしい作品を作ってくださいね。

Q元禄赤穂事件の狂歌

浪士46人は4大名家に預けられました。
細川家17人、水野家9人、毛利家10人、久松家10人です。
浪士たちの待遇は各大名家で異なったらしく、
「細川の 水の(水野)流れは清けれど ただ大海(毛利甲斐守)の沖(松平隠岐守)ぞ濁れる」との狂歌が残っています。

1.4家に振り分けられた基準は? それで待遇に差が出たのですか。
2.この狂歌は、4家に預けられている頃できたのですか。それとも「忠臣蔵」上演後ですか。

Wikiでは、
「これは浪士たちを厚遇した細川家と水野家を称賛し、冷遇した毛利家と松平家を批判したものである。もっとも、江戸の庶民の批判に閉口したか、毛利家や松平家でも浪士たちの待遇を改めたようである。」

「江戸の庶民の批判に閉口したのか」とありますが、浪士たちの待遇が庶民に漏れることが不思議です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確証はありませんが、前後の江戸時代の状況からWikipediaの記載にやや不信感を持っています。
Wikipediaの筆者もこの狂歌の出典を明らかにしていません。
もし「狂歌忠臣蔵」であれば天保のころに編纂されたものです。
狂歌と呼ばれるものは古くからありますが、政治批判のような類のものは江戸時代の中期以降に盛んになっています。
赤穂事件の暫く後です。

待遇をあらためたようである。と推測文で記載し改めたと断言していません。
「江戸の庶民の批判に閉口したのか」とありますが、極めて現代的な感覚です。
武家という階級は、町民の評判などで行動を変えません。
江戸時代の下級武家が如何に貧困でも町民と同じ行動をとることはありませんでした。
町民と面子争いをするのは、現代の時代小説の中でだけのことです。
まして、藩の施政方針を変更するなどということはしません。
領民でもない江戸の町民に屈したこととなります。
文字通り武家の沽券に関わります。
武家は名誉、面目は命がけで守りました。

赤穂事件が起きた直後は、幕府もその処置には当初から二転三転しています。
幕府の意向が定まらない状況では、各大名家でも対応には苦慮していたと考えられます。
単に、赤穂の家臣と高家吉良との騒動と位置付けるのか、幕府の裁定に対する抗議行動と捉えるのかで、相当に対応は異なります。
万が一、幕府(将軍)の赤穂浅野に対する処断への抗議と幕府(将軍)が考えた場合は、文字通り謀反人を厚遇したことによる影響を考慮しなくてはなりません。
松平は藩主が病床にあり、預かり後に謁見した際には、「もっと大歓迎をしたいところだが、幕府からのお預かり人であるためできない。しかし諸事不自由はさせない。用事があれば遠慮なく家臣に申し付けてくれてかまわない」と語ったとされています。
ここで、注意しなくてはならないのは「幕府からの預かり人」と敢えて言っていることです。
毛利は外様の雄です。藩邸は江戸城の目の前(現在の日比谷公園)にありました。
常時幕臣の目に晒されていました。
「幕府からの預かり人」の処遇で手違いでも起こしたら、即刻責任を問われます。
外様である以上、責任を問われれば、最低でも減封は覚悟しなくてはなりません。

各藩にとって最重要課題は幕府との関係です。
改易になったのは赤穂浅野家だけではありません。
江戸幕府開闢以来綱吉の時代までに184の藩が改易(断絶)になっています。
綱吉の時代でも45藩が改易となっています。
江戸時代全体で225藩が改易となっています。
幕府との関係がおかしくなれば転封(国替え)減封(領地削減)改易(断絶)を覚悟しなくてはなりません。
自国の領民でもない江戸の町民の評判なぞ一慮だにしません。
現代でも、女房子供を抱えたサラリーマンが社外での自分の評判を気にして社長の方針に逆らいますか?

細川家が厚遇したのは、当時の藩主であった綱利が、熱狂的に浪士を受け入れたことに端を発しています。
前後を考慮した対応とは非常に考えにくい行動です。
上杉の家臣が吉良の息子である当主を抑え込んだのとは全く異なります。
上杉の家臣は単なる遺恨に基づく行動ではないと判断したようです。
市中で集団で武力を行使するのは、それだけでも幕政に対する反逆行為です。
現に、切腹の理由も、市中で集団で暴行を働いたことに対する処罰の形が取られています。
吉良家に対する遺恨とか、主君の仇討という事には触れていません。
当時幕府は、既に仇討行為の範囲を厳密に定めており、主君の仇討などという行為は認めていません。
充分に処罰の理由根拠となります。

江戸時代を通じて藩には江戸留守居役という役職があり、常にお互いに情報交換をしていました。
浅野内匠守の失態も元はといえば、浅野家の留守居役の怠慢から生じたものです。
伊達藩は初めから最後まで、主君が吉良と遣り取りをする必要がないように根回し手配りをしていました。
主君が、他家の当主と直接些細なことで遣り取りが生じないようにするのが江戸家老の責務です。
当時の藩というのは、現代の感覚でいえば独立国です。
現代でも、大統領や首相がいきなり儀式のやり方を教えてくれの教えてやるのとやったらどこの国でも大問題になります。

毛利家や松平も留守居役を通じて細川家に関する情報は入手していた筈です。
幕府が幕府に対する反逆者とはみなさないことが粗確定できた時点で、処遇を変えたのでしょう。

赤穂事件というのは、芝居や小説が先行してしまい史実を追跡するのが非常に難しい事件です。
史実の解釈にも芝居の影響が色濃く表れます。

確証はありませんが、前後の江戸時代の状況からWikipediaの記載にやや不信感を持っています。
Wikipediaの筆者もこの狂歌の出典を明らかにしていません。
もし「狂歌忠臣蔵」であれば天保のころに編纂されたものです。
狂歌と呼ばれるものは古くからありますが、政治批判のような類のものは江戸時代の中期以降に盛んになっています。
赤穂事件の暫く後です。

待遇をあらためたようである。と推測文で記載し改めたと断言していません。
「江戸の庶民の批判に閉口したのか」とありますが、極めて現代的な感覚です。...続きを読む

Q俳句の季語、その他について

ボランティアで点訳をしている人に頼まれて、俳句の季語、動植物、その他の行事
そして、それぞれの句、についてまとめる事になりました。
解りやすくまとめられた書、または、URLご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
それは、インターネットのページで調べるよりも、書籍で購入した方がよいと思います。下の「季寄せ」というのは、連句で使うものですが、16季節プラスになっているだけで、基本的には四季節を細分したもので、俳句にも使えます。

最初にあげた文藝春秋の「季寄せ」が一番いいように思いますが、入手しにくいかも知れません(以下の Amazon.co.jp ならすぐ入手できるようですが)。また、この季寄せは、自然・動植物・行事などに分かれていて、見本の俳句も季語ごとに入っています。

>「季寄せ」
単行本 (1994/11/01) 文藝春秋
価格: ¥2,000

>「ホトトギス季寄せ」
稲畑 汀子 (編集) 単行本 (1997/11/01) 三省堂
価格: ¥1,900

>「季寄せ」
角川 春樹 (編集) 単行本 (2000/02/01) 角川春樹事務所
価格: ¥1,900

>「NHK出版 季寄せ」
平井 照敏 (編集) 単行本 (2001/10/01) 日本放送出版協会
価格: ¥2,800

普通の俳句に使う季語を調べるのは、「俳諧歳時記」で調べるのですが、これは色々な種類のものが出ています。普通、四季節に応じて、四冊に分かれていますが、春夏扁、秋冬編の二冊や、一冊にまとまっているのもあるはずです。

以下の角川の「俳句歳時記」も、一冊本があったと思います。
季語は非常に多いので、ネットのページでは、限界があります。
「季寄せ」、特に最初にあげたものが一番よいようにも思います。

「ハンディ版 入門歳時記」というのは、どういう本か知りませんが、コンパクトな本だとしたら、この本がいいかも知れません。

>「第三版 俳句歳時記〈春の部〉」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/03/01) 角川書店
価格: ¥485

>「俳句歳時記 夏の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/05/01) 角川書店
価格: ¥544

>「俳句歳時記―新年の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/11/01) 角川書店
価格: ¥460

>「俳句歳時記 冬の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/10/01) 角川書店
価格: ¥485

>「俳句歳時記 秋の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/08/01) 角川書店
価格: ¥460

>「ハンディ版 入門歳時記」
俳句文学館 (編集)
価格: ¥1,400

>「今はじめる人のための俳句歳時記 (春)」角川mini文庫 (26)
角川書店 (編集) 文庫 (1997/02/01) 角川書店
価格: ¥194

書店に行って調べるなり、お店の人に尋ねますと、普通、大きな書店なら必ず置いています。季語はたいへん多いので、選ぶのに困ります。

また、以下のURLのオンライン・ショップである Amazon.co.jp から注文すれば、最初に挙げた「季寄せ」は数日で入手できます。

>AMAZON-CO-JP
>http://www.amazon.co.jp/
 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

 
それは、インターネットのページで調べるよりも、書籍で購入した方がよいと思います。下の「季寄せ」というのは、連句で使うものですが、16季節プラスになっているだけで、基本的には四季節を細分したもので、俳句にも使えます。

最初にあげた文藝春秋の「季寄せ」が一番いいように思いますが、入手しにくいかも知れません(以下の Amazon.co.jp ならすぐ入手できるようですが)。また、この季寄せは、自然・動植物・行事などに分かれていて、見本の俳句も季語ごとに入っています。

>「季寄せ」
単...続きを読む


人気Q&Aランキング