ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

事業所で軽油を保管していますが、法令(消防法?)に則った
安全な保管方法を教えてください。
数量が法令に該当しない場合でも注意点などあるかと思います。

<数量>
軽油をドラム缶1個約100リットル+ポリ容器で数個
混合油、エンジンオイルなど缶やポリ容器で少々
<場所>
ブロック塀の屋根付き倉庫ですが、2面の壁は無し

危険物の本で調べてみると屋内・屋外貯蔵所、指定数量というのが
関係するのではと思うのですがよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

軽油の保管料/1000+混合燃料の保管料/200+エンジンオイルの保管料/2000


の数値が0.2以上になれば所轄の消防署への届けでが必要になります。
数値が1.0以上になれば、所轄の市町村長等の許可が必要になります。
もよりの消防署に相談しましょう。
数値が0.2未満安全に保管ということでしたら、不燃材でできた冷暗所の風
通しの良い倉庫に、消防法で定められた容器に入れて保管しましょう。また、
容器は地震等で店頭しないようにするとともに、万が一こぼれた場合にも最
小限度にできるよう、溜升等もあった方がよいです。また、混合燃料の蒸気
が行く可能性のある場所は電気設備を防爆型のものにする必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。軽量後、早速計算してみます。
冷暗所、溜升など気をつけたいと思います。
「消防法で定められた容器」というものがあるのですね。認定マークが付いているのでしょうか。

お礼日時:2006/11/12 18:51

消防法で第四類に該当する危険物になります。


法令なので数量は正確に見積もらないと判定できません。

軽油・・・・・200L以上
混合油・・・・ 40L以上(事業所なら)

の場合は、少量危険物貯蔵・取扱い届出書を所轄の消防局に提出しなければなりません。

#混合油とはガソリンですよね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。軽量後、早速計算してみます。
灯油も軽油同様の計算のようですね。
混合油は2サイクルエンジン用ガソリンです。

お礼日時:2006/11/12 18:53

私は10年位前迄、スタンドに勤めており


その時に、危険物、乙種4類の免許を取ったんで
その時に色々、勉強は、しましたが

スイマセン、大分昔の記憶なんで
忘れてる部分が多いんですが
上記の保管方法で保管されてるなら問題が無い様にも思えます
軽油の場合、灯油やガソリン以上に安全…
これは、点火だったか…つまり火が付く温度が
200度以上だったと思うんで、通常なら車以外で
火が付く事は、まず、ないという判断です

ただ、スイマセン
今は、あまり時間がないんで、詳しく調べられませんでしたが
ここは載せて、おきますんで、御覧に、なって下さい
http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-tbtop&p …
http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-tbtop&p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。軽量後、早速計算してみます。
EICネットも参考になりましたので今後も使わせてもらいます。

お礼日時:2006/11/12 19:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽油の保管方法

軽油の保管方法


この度、車を廃車にする事になりました。
ディーゼル車です。
燃料がまだ半分以上残ってます。
次の車もディーゼル車を考えてますが、少し先の話しになります。
軽油を抜き取って次の車に入れようと考えましまたが、この場合の保管方法はガソリンと同じ缶でないとダメなのでしょうか?
普通の灯油用ポリタンクではダメなのでしょうか?

詳しい方、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

 灯油用のポリタンで十分ですが、重要なのは保管期間です。次のディーゼル車を買うのはいつ頃ですか?3ヵ月位ならともかく、半年以上先なら車と一緒に処分した方がよいです。

Q事業所にある灯油の保管について

事業所内での灯油の保管についてご質問します。

事業所の場合、危険物の資格や貯蔵庫がないと200リットルまでの貯蔵しか許可されていないと思いますが、灯油のみを貯蔵する場合、ホームタンクを設置すると油漏れ防止の基礎と囲いが必要と言われました。

経費削減の折りそこまで費用をかけられないので、屋内用の90リットルタンクを二つ置いて対応しようと思いましたが、そちらも結構高額でした。

一番安価な方法として、20リットルポリタンク10個に振り分けてとか、ドラム缶ごと保管しようと考えたのですが、これは消防法に違反するのでしょうか?

保管場所は屋根がついているところを検討しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 少量危険物取扱所になります。

 小さく入れ物をを分ければ良いというのではなく、同一場所(事業所)に200リットル以上の保管をしてはいけないと言うことです。

 こちらの質問も参考になさってみてはいかがでしょうか。 
  http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1999539.html

 ドラム缶は通常200リットルなので、規制対象になってしまったと思います。
 20リットルのポリタンクを9個・・・と言うのが現実的でしょうか。

Q軽油の買い溜めについて

仮にですが、軽油を買い溜めするとして(当然専用容器orタンクローリーにて)どのくらいの量をどのくらいの期間保管できるのでしょうか。法律、品質両面から考えられることを教えてください。寒冷地での保管はとりあえず無視してください。
尚、車のカテゴリで出させていただきましたが、法人として考えてください。

Aベストアンサー

>また消防法ですがタンクローリーの中身10,000リットルを2~3日で消費するとしたら空にしているという表現に当てはまるのでしょうか?とは言いつつもその2~3日中に補充はしますが・・。
ちなみに販売用ではなく自家使用です。

非常に気になったので書き込みさせて頂きます。
つまり、タンクローリーを自家用給油所として使いたいと言う事ですよね?

これは、認められませんよ!やっては、いけないことです。

内容物を2~3日で使うと言う事ですが、そもそもローリーは貯蔵所の
1つですが、危険物の移送を目的としたものですので
貯蔵したまま駐車してはいけないことになっています。

自家用給油所としての条件が消防法第10条第4項に基づく
各区分(危険物施設)の技術上の基準を満たしていないのです。

詳しくは「危険物の規制に関する政令」等を勉強なさって下さい。

Q軽油の寿命

屋内に自家発電機(ディーゼル)用の燃料として、軽油を保管しています。
停電などもなく、自家発電機が運転することもなくて喜ばしいことなのです
が、長期間(少なくとも2年以上)保管しているので心配になってきました。
軽油が悪くなってしまうことはあるのでしょうか?
また、どのような影響(異常燃焼、排気ガス汚染など)がある物なのでしょ
うか?

Aベストアンサー

補足有り難う御座います
僕の意見はディーゼルエンジン全般でのお話として
お聞き下さいね(^^)
理想的なお話を言います
エンジンの排気量云々のお話は置いてですね
暖気はもう少し長い方がエンジンの為には良いです
水温の上昇の確認、各箇所の水漏れ油漏れの点検が
欲しいですので30分くらい回せませんか?
メーカーの点検もそうですけど自己での点検は
やはり必要ですね
軽油でも何でもそうですが
燃料油の揮発性は多かれ少なかれ存在します
水分の吸収もディーゼル燃料にとっては
致命的な劣化なります
どのくらいの量の保存なんでしょうか?
200l丸々ですか?
他に車などで軽油使いませんか??
もし使えるなら1ヶ月に1度の入れ替えが好ましいです
本来車の方が諸条件が厳しいので
そのまま使用されても殆ど使用できますよ
まぁ今回の分はスタンドで引き取って貰った方が良いかもしれませんね
後は何か御座いますでしょうか?

Q少量危険物の取扱い届出について

ディーゼル発電機を構内に設置するとします。軽油の場合200リットルを超えると(1000リットルの5分の1)少量危険物貯蔵取扱届出書を出さなければならないとあります。そこで以下の質問です。
(1)発電機の燃料タンク容量が100リットルでこれが5台あったとしたら少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(2)発電機の燃料タンク容量が250リットルの場合少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(3)構内で発電機を移動した場合、届けを書き換えなければならないのでしょうか?
(4)届出を済ませた後、消防による現地検査等はあるのでしょうか?
以上、何かご存知の方、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、その点が
間違ってました。
通常は60%を掛けます。
ですから、数式は50×24×0.6となり、720Lとなります。


私が言いたかったのはむやみに少量危険物施設にしない方がいいですよ、ということです。
貯蔵所だけならまだ楽ですが、取扱い所になってしまうと、電源は防爆仕様、屋根は吹き飛ぶ構造にするなど
お金もかかりますし、第一やっかいです。
小規模の施設であるなら、ポリタンクで必要量をいれるなどして、少量危険物未満にしておいた方がよいと思います。(それなら火災予防条例だけしか該当しません。
火を使うときは可燃物をそばに置かないなど当たり前のことしか書いてない。)

それと貯蔵所の場合、タンクの下には防油堤が必要です。たしかタンク容量の1.5倍です。

#1です。

>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、...続きを読む

Q軽油のドラム缶一つ。トラックで運送したい。

トラックに軽油のドラム缶ひとつ(200L)積んで、高速道路をひたすら走って途中給油しながら東京から三重県まで行くつもりでいます。これはなにか法律的に引っかかりますか?また高速道路ではトンネルは通れないのでしょうか?

Aベストアンサー

「指定数量」はこれを越えて危険物を取扱、貯蔵する時に適用されます。
運搬については「指定数量」に関係無く政令で定められていたと思います。
詳しい数字は分りませんが、携行缶は問題有りませんが、ドラム缶となると正式には規制を受けるのでは無いかと思います。
No.2の方のおっしゃるように一般的には黙認状態でしょう。くれぐれも運転にはご注意ください。

参考URL:http://www.paxecumenica.co.jp/syoubou/s_1.htm

Q住所に記されてある「大字」や「字」とはどうゆう意味なのですか

こんにちは。よろしくお願いします。
住所に記されてある「大字」の意味がよく分かりません。
私が勤めてある会社にも明記されてありまが、私の実家の住所には明記されていません。
これはどのような意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。
ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。

「大字」についてですが、
明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。
そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。
もともとの村名は「大字名」になりました。
たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。
これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。

つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。

ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。

実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。
「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。

「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。

「ちりぬる町大字いろは字あいう123番地」
  ↓
「ちりぬる町いろは二丁目123番地」

こんな風に変わっていきます。

質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。

ちょびっと不正確なところもあるかもしれませんが、だいたい理解に役立つつもりです^^;

まだ、疑問がありましたら、重ねてお尋ねください^^

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名...続きを読む

Q危険物屋外貯蔵所の設置

工場内に第4類第一石油類を保管する屋外貯蔵所を作り、油類をドラム缶で保管し小分けもしたいと思っています。
消防局で問い合わせたところ「第一石油類を小分けするような屋外貯蔵所はこれまで例がない。」と担当者に言われ、どのような施工をすればいいか解りません。また「貯蔵類を散水等により適切に冷却できる管理体制を確保すること。」ともいわれています。
 屋内貯蔵所はコストがかかるので屋外で考えています。
 設置方法を教えてください。

Aベストアンサー

追補に回答します。
最大貯蔵数量が指定数量の10倍との事で保安空地を3m以上確保する事となります。
危険物取扱所の必要とする面積は、この場合以下となります。
屋外貯蔵面積100m2=10m×10m
保安空地を加算すると最低16m×16m(推奨値18m×18m)で256~324m2が必要となります。
確認事項
工場敷地内に確保できるかを確認しましょう。
この際工場立地法の工場として利用できる面積以下(特定行政庁毎に決められています。)である事が必要となります。
危険物取扱所は、一応工場施設と判断されます。

設備及び装備を見る限り問題は無さそうなのですが、消防署の言わんとしている事は、同一の危険物は一箇所にまとめて管理しなさいと言うことでしょう。
屋外でおこなうつもりなら、消防署の指導に従っておこなうように考えましょう。
面積などて工場内にスペースが無いなら、屋外貯蔵所は諦めなければなりません。
小分けする方がもっと面積が必要と思います。
自動制御式の散水設備を考えられているようですが、それらの設備にかかる費用は、見積もっているのでしょうか。
概算で考えるとその設備だけで100万近くかかるのではないですか。
危険物の最大貯蔵数量を見る限り、補強コンクリートブロック造の屋内貯蔵所の方が面積も小さく出来るし、費用も安く出来るでしょう。
私の経験から言うと、計画される屋外貯蔵所にかかる予算は、概算で少なくみても300万は、必要でしょう。
屋内貯蔵所で考えると200万前後で出来ると思います。
上司に何といって説明するかと問われれば、屋外と屋内設備の比較表を作って説明すれば簡単に説明できるでしょう。
企業は、金のかからない方で決めるはずでしょうから。
一応地元消防署と何度も協議して決めるしかありません。
ご健闘をお祈りします。

追補に回答します。
最大貯蔵数量が指定数量の10倍との事で保安空地を3m以上確保する事となります。
危険物取扱所の必要とする面積は、この場合以下となります。
屋外貯蔵面積100m2=10m×10m
保安空地を加算すると最低16m×16m(推奨値18m×18m)で256~324m2が必要となります。
確認事項
工場敷地内に確保できるかを確認しましょう。
この際工場立地法の工場として利用できる面積以下(特定行政庁毎に決められています。)である事が必要となります。
危険物取扱所は、一応...続きを読む

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Qセルフスタンドでドラム缶(200L)2本に灯油を給油したい

セルフスタンドでドラム缶(200L)2本に灯油を給油したいです。
ガソリンなどと同じく規制などはあるのでしょうか?
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410991254

http://pub.ne.jp/isamrx72/?entry_id=528012

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q147185899

何の問題もありません。
上記サイトをご覧下さい。


人気Q&Aランキング