マンガでよめる痔のこと・薬のこと

零戦の燃料って何でしょう?

A 回答 (6件)

>低オクタン価燃料ってガソリンとは違うんでしょうか?


ガソリンの一種です。
第二次大戦中の航空機エンジンはガソリンエンジンなので、構造は自動車のエンジンと殆ど同じです。現在ガソリンスタンドで売られているレギュラー・ハイオクと同じような関係でハイオクタン価ガソリンと低オクタン価ガソリンがありました。

オクタン価が低いとピストン内でノッキングの原因となり、エンジン損傷や出力低下の原因となります。オクタン価については参考ページをご覧ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF% …
    • good
    • 2

松の木の根っ子を絞った油「松根油」で飛ばそうという計画もあったが、結局間に合わなかった…そうです。



「松根油は語る」
http://www1.ocn.ne.jp/~susuma/pineoil/pineroot.htm
    • good
    • 0

ANo.3さん、自分で紹介するページなら、斜め読みでもよいからちゃんと読みましょうよ。

そのページの趣旨は一般に言われるほど低質燃料は使われていないという趣旨ですよ!!
    • good
    • 0

当時の発動機には低オクタン価燃料という、アルコール混合燃料を使っていました。



参考URL:http://www.warbirds.jp/truth/okusan.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
低オクタン価燃料ってガソリンとは違うんでしょうか?

お礼日時:2006/09/04 11:52

ガソリン。

    • good
    • 0

ガソリン。

レシプロエンジン製プロペラ機はみんなガソリンです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング