【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

こんにちは。
こちらで色々と検索させて頂き、キャラクターをプリントした生地を使用しての手作り品を販売することについては、違法であるという回答を拝見しました。

私も、子供の通園バッグを手作りしようと思っているのですが、入手したキャラクタープリントの生地の全体柄がこまかい為、子供が自分の物と一目で判別できないと困ると思っています。
そこで、そのプリントの中にあるキャラクターの絵を自分で描いて、アップリケにしてカバンに縫いつけようかと思い付きました。

販売などは一切しませんし、全くの自己使用です。
アップリケにする為の下絵はプリントにある絵をそのまま写すのではなく、キャラクターを真似て自分で描きます。

こういった場合でも、プリント生地のみならずアップリケもキャラクターの絵を使うという事に著作権に触れるなどの問題がありますか?

また、キャラクタープリントを使用した作品を写真にとってWEB上で公開する場合も、二次使用になるからダメだという回答を目にしましたが、作品の販売目的であったり、同じような作品の作成を請け負う為のサンプルとして掲げるなど、商用目的で公開したのでなくとも、違法になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、お子さんのカバンにキャラクターのイラストを付ける方ですが、これはまったく問題ないものと思われます。

著作権法30条1項により、個人・家庭内およびこれらに準ずるごく限られた範囲において使用することを目的とする場合には、著作物を複製することが許されています。

複製とは、実質的に同一のものを再製することをいいますから、プリント生地をそのまま利用しても良いですし、自分の手で描き写しても構いません。

また、多少のアレンジを加えること(たとえば色を変えるとか、リボンをつけるとか、衣装を変えるとか)も、許されます(同法43条1号)。

ただし、後半の、これを写真に撮ってウェブで公開する方は、原則としてダメというのが法律的な回答になります。

二次使用だからというのは正しくありません。ウェブを通して作品を公衆に見せる権利は、著作権者のみが持つものです(同法23条:公衆送信権)。したがって、権利者でない者がその行為をすると、権利侵害となります。

上記の30条は、私的使用のための「複製」が無許諾でできると規定されているだけであって、「公衆送信」することまでは許されません。ですから、お子さんのカバンにキャラクターイラストを描くのは自由にできますが、それを写真に撮ってウェブで公開することは権利者の許諾が必要ということになるのです。(もっとも、お子さんの写真を撮ったときに、たまたまそのイラストも写っていたというのは、もとより問題ありません。)

なお、ウェブ上で公開することは、上記のとおり権利侵害に当たり、その前段階として写真に撮るという複製行為を行っていることになります。この複製は、「私的に」使用するためではなく、権利侵害行為の前提として行うものと評価されます。
したがって、複製することについても権利侵害となり、改変についても権利侵害となる場合が出てきます。

・・・とはいえ、常識的な使い方(著作者や著作権者の名誉感情を刺激しない程度)をしていれば、ウェブ上で紹介することも可能だとは思います。著作権侵害は、権利者が訴え出て初めて問題とされるものですから、クレームをつけられることがない程度の利用実態であれば、現実的な問題はないというのが普通です。

ですから、上記のとおり、ウェブ上で公開することについては、必ずしも適法な行為とはいえない場合がある、という点を認識された上で、クレームがあればただちに対処できるようにということを頭の隅において置かれれば、良いのではないかと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とてもよく分かりました。
WEB上を見てみたら、自作の物のみならず、子供に買い与えた新しいおもちゃやマンガ本の写真まで載せている方がいらっしゃいますよね。
そういうのも、自分で買ったものだから…と何気なく悪気も無くやってらっしゃるのでしょうが、本当は違反行為だったのですね。
まずは、子供に思い描いているデザインの物を作ってやれる事が分かり、安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/06 20:17

法的には問題ないと思われます。


なお、例外規定にも当てはまりません。

著作権法 第三十条  
著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。

常識で考えても個人、家庭内で使用されるもので、今回のようなもので告訴されたのは聞いたことがないです。
ただそれを友人などに無償譲渡する場合は、金銭の対価がなくともグレーになるのかもしれませんが、通常考える範囲でしたら問題ないと思います。

WEBに関しては法的解釈が固まっていないと思いますので分かりませんが、これも常識の範囲内であれば問題ないと考えていいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よく分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/06 20:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャラクター生地で作った小物を売るのは法律違反ですか。

市販のキャラクター生地について教えてください。

ネットオークションなどで、キャラクター生地を使って作った子ども用のかばんや
お弁当袋が売られています。でも生地には「製品化して販売することは禁じられています」と
書いてあります。
私も時間があった時にこんな事ができればいいなと思うことがあるのですが、
生地に書いてある言葉がどうも気になってできません。

本当のところ、市販のキャラクター生地を使って作った品物を売る事は法に触れる行為
なのですか。メーカーも知ってはいるけど個人が手作りで分ける程度ならと目をつむっている
のでしょうか。

名前を入れた袋などを作って売っている会社は、キャラクターの権利を持つ会社にお金を払って商売を
しているのか、そんな事も知らず、とにかく気になるのです。どうか教えてください。

Aベストアンサー

6番です。
法律関係で再質問したほうが良いでしょう。私は商習慣として「生地に付された権利は生地を販売した時点で効力を失う」という旨で回答しました。
例.映画の権利は.家庭用ゲーム機用ソフトとして販売した時点で権利を失う。ただし.ケームソフト(に使われている画像等)の権利は存在する。したがって.中古品の販売を映画の権利(放映権かな)で制限できない。

「このプリントは契約により製品化して販売することは禁じられております」
という表記を正当化する著作権法上の権利が何条に存在するという内容の回答がありませんから。
映画業界は放映権関係の権利がありますが.他の商品に形態を変えた時点で該当権利を失います。
著作物をそのまま利用した場合.著作権がその効力を及ぼさないという判決はあります。
例.家庭用ゲームソフトに保存されているデータを書き換えて遊ぶためのデータの(販売か配布の)差し止めを求めた訴訟では.差し止めが認められなかった(マスメディア報道による)。

Qハンドメイド雑貨の販売、著作権について

以前、ネットで見かけたネコ型のクッションが気に入り、自分で真似てそっくりに作ってみました。(作り方は画像をプリントアウトし、拡大して型紙を作り、ネコの表情も似せて完成。)そのクッションは数年前にあるインテリアショップで販売されていて今は売られていないようです。

私がその自作クッションを販売すると違法ですよね?
どうしたらハンドメイド雑貨として堂々と販売できますか?


ネコのデザインをクマにしたらいい?
素材を変えたらいい?
ネコの姿勢を変えたら?(本物は歩いている姿、私のは座っている姿のように)

Aベストアンサー

間違えやすい部分かもしれませんが、著作権というものは著作物に対して発生する権利です。あなたがクッションを作ったのならば、そのクッションの著作権の権利者はあなたです。真似て作ろうが関係なく作成者の権利です。

アニメや漫画のキャラクターのイラストをあなたが書いてクッションにしても著作権上問題はありません。ただし、アニメのワンシーンの画像をコピーしてそのまま使用した場合には著作権の侵害に当たります。

なので著作権上は問題ないでしょう。


問題になる可能性があるのは著作権ではなく産業財産権(特許権とか意匠権とか)です。ちなみに著作権を管理する省庁は文部科学省で、産業財産権を管理する省庁は経済産業省になります。なので、その点からもかなり異なる権利だということが分かるでしょう。著作権は作成した時点で権利が発生します。何の登録も要りません。一方で産業財産権は、お金を払って登録をして期限付きの権利を発生させるという性質の権利です。

で話を戻しますと、もしもそのインテリアショップが、そのキャラクターの意匠登録をしていた場合、意匠権が発生しておりそれを無断で使用することはできないことになります。

が、通常インテリアショップ独自のキャラクターにわざわざお金を払って権利の保護を求めるケースはまずないでしょう。そういう意味では、意匠権上も問題は無い可能性が高いです。一方でアニメのキャラクターなんかは意匠登録をしています。それを使ってかなりの金儲けができますから、他人に勝手に商品を出されて売り上げを侵害されたくないですもんね。

ということでショップ独自のものなら意匠登録などしておらず使っても法律上は問題は無い可能性が高いとは思いますが、法に触れなければ何をしてもいいのかという話です。もし真似をしたいのなら、「あのキャラクターすごく好きだったんですけど、真似て作成してもいいですか?」という質問をしてみるとかした方がいいと思います。


>どうしたらハンドメイド雑貨として堂々と販売できますか?

回答としては「ショップに使っていいか尋ねる」ということになります。

間違えやすい部分かもしれませんが、著作権というものは著作物に対して発生する権利です。あなたがクッションを作ったのならば、そのクッションの著作権の権利者はあなたです。真似て作ろうが関係なく作成者の権利です。

アニメや漫画のキャラクターのイラストをあなたが書いてクッションにしても著作権上問題はありません。ただし、アニメのワンシーンの画像をコピーしてそのまま使用した場合には著作権の侵害に当たります。

なので著作権上は問題ないでしょう。


問題になる可能性があるのは著作権ではなく産...続きを読む

Qキャラクター生地で袋類を作り、バザーで販売すること

『法律』カテではありませんが、類似の質問を読みました。
もう少し掘り下げてお聞きしたいのです。

キャラクターのプリント生地には『商品化して売ることは著作権法違反』とあります。そのまま解釈しますと、自分(自宅)用以外に利益を目的として製品を作って販売することは法律違反、ということになりますが・・・。

1:手芸屋さんでは、入園・入学の時期に、袋物を母親に代わって作ってくれるサービスがある(材料費と製作料を支払うらしい)のですが、これは違反にあたらないのでしょうか?別にライセンス料など支払っているのでしょうか。
2:例えば、『代わりに作る手間賃をいただきます』という大義名分であればいいか・手間賃の範囲(不確かですが)を材料費に付加するのであればいいのでしょうか?
3:バザーで販売することは、どうでしょうか?(金銭が絡めば当然違反となりますが、実際には、著作権者にばれないとか、小規模なら取り締まりにくいとか、そういった厳密ではなく「しょうがない」範囲となるのでしょうか)

私個人の背景として・・・
法律の解釈についてはわかりません。ただ、趣味で洋裁をやっていて、袋物は子供が好むキャラクターに人気があるようです。仮に!販売するとしても、バザー関係です。ネット販売となると広く販売する形になるので、著作権にかかってくるのは当然だと思います。
まだ、実際に販売するかどうかというところではないのですが、詳しくお聞きできればと思いますので、よろしくお願いします。

『法律』カテではありませんが、類似の質問を読みました。
もう少し掘り下げてお聞きしたいのです。

キャラクターのプリント生地には『商品化して売ることは著作権法違反』とあります。そのまま解釈しますと、自分(自宅)用以外に利益を目的として製品を作って販売することは法律違反、ということになりますが・・・。

1:手芸屋さんでは、入園・入学の時期に、袋物を母親に代わって作ってくれるサービスがある(材料費と製作料を支払うらしい)のですが、これは違反にあたらないのでしょうか?別にライ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず、私が今のところ知りえている、こういったケースの考え方を書いて見ます。

 例えば、絵画やイラストレーションが、Tシャツなどにプリントされ量産されることは、よくあるケースですよね。この場合、著作物といえるのはあくまでも原画のイラストレーションですが、それをTシャツに応用した場合には、著作物の二次的利用となるので、著作者の許諾なしには製作できないこととなります。

 キャラクターに関しても、イラストレーションの一種として考えれば同様です。ただし、著名な漫画のキャラクターを模倣された場合などで、その漫画のどのコマの絵を模倣されたのか特定できない場合がありえます。この場合にも著作権侵害が認められるのかということがありますが、著作権者に無断で「サザエさん」のキャラクターの絵が使われた事件で、連載漫画のどのコマの絵を模倣されたのかを特定できなくても、著作権侵害として認められたという裁判例があります。

 以上から考えますと、キャラクターを印刷することまでは、著作物の二次利用ということで著作権が発生すると思いますが、印刷された生地は工業製品というべきもので、もはや著作物とはいえないと思います。

 以上の考え方から、

1:手芸屋さんでは、入園・入学の時期に、袋物を母親に代わって作ってくれるサービスがある(材料費と製作料を支払うらしい)のですが、これは違反にあたらないのでしょうか?別にライセンス料など支払っているのでしょうか。

 作成された品物と類似している商品が市販されているようでしたら、「商標権侵害」になると思いますが、オリジナルの形ならば問題はないと思われます。

2:例えば、『代わりに作る手間賃をいただきます』という大義名分であればいいか・手間賃の範囲(不確かですが)を材料費に付加するのであればいいのでしょうか?

 「1」と同じお答えになります。

3:バザーで販売することは、どうでしょうか?(金銭が絡めば当然違反となりますが、実際には、著作権者にばれないとか、小規模なら取り締まりにくいとか、そういった厳密ではなく「しょうがない」範囲となるのでしょうか)

 「著作権」の侵害は金銭のやり取りの有無は関係ありません。その点は免責にはなりません。
 ただ、考え方としては「1、2」と同じでよいかと思います。

 問題点としては、作成された袋物と類似したものが市販されていないか、調べるのが大変かと思います。
http://www.jpo.go.jp/quick/index_sh.htm

 

参考URL:http://www.jpo.go.jp/quick/index_sh.htm

 こんにちは。

 まず、私が今のところ知りえている、こういったケースの考え方を書いて見ます。

 例えば、絵画やイラストレーションが、Tシャツなどにプリントされ量産されることは、よくあるケースですよね。この場合、著作物といえるのはあくまでも原画のイラストレーションですが、それをTシャツに応用した場合には、著作物の二次的利用となるので、著作者の許諾なしには製作できないこととなります。

 キャラクターに関しても、イラストレーションの一種として考えれば同様です。ただし、著名...続きを読む

Q手作りぬいぐるみの著作権について

こんにちわ☆
著作権についての質問です。
私は、ぬいぐるみ作りが趣味で本についている型紙などを使ってぬいぐるみを作っているのですが、これをフリーマーケットやネットオークションで売るのは著作権の侵害にあたるのでしょうか??(一般的によく目にする、例えばキティちゃんとかドラえもんといった有名所のキャラクターではありません)
本事態にはそういった著作権についての文面は載ってないのですが、売るという行為になった場合はデザインした人、一人一人に了承を得ないと販売はできないものなのでしょうか?
又、本のデザインを参考にはしていても出来上がりが違った場合(型紙を参考にデザインは変えていたりする場合)でも参考にしているという事でやはり著作権に関係してくるのでしょうか?
ご回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>著作権についての文面は載ってないのですが、

出版物や掲載作品には必ず著作権があるものと理解してください。
言わずもがなのことなのであえて明記してないだけです。
バザーなどでは黙認されていますが、私的利用以外場合は許諾が必要です。
必要なら出版社へ問い合わせると作家さんへ連絡を取って回答してくれます。

出来上がりが違っても参考にしたということで権利侵害に当たる場合もあります。
色を変えただけ、とか長さや大きさをちょっと変えただけなど、
参考にした本や作品を容易に推測できる場合などはいけません。

ただ、テディベアや文化人形など、誰がどう作っても
その特徴が同じになってしまう、トラディショナルなデザインでは
よほど作家さん特有の特徴があるとか、ネーミングを盗用する
とかでない限りOKです。
ま、良いアイデアはいずれ真似されます(笑)

盗用されても著作権侵害は親告罪なので、権利者から訴えられない限り
争いになることはまずありません。
だからといってやたらと侵害していいものではありませんので
よく吟味しならがら趣味と実益を楽しんでください。

>著作権についての文面は載ってないのですが、

出版物や掲載作品には必ず著作権があるものと理解してください。
言わずもがなのことなのであえて明記してないだけです。
バザーなどでは黙認されていますが、私的利用以外場合は許諾が必要です。
必要なら出版社へ問い合わせると作家さんへ連絡を取って回答してくれます。

出来上がりが違っても参考にしたということで権利侵害に当たる場合もあります。
色を変えただけ、とか長さや大きさをちょっと変えただけなど、
参考にした本や作品を容易に推測で...続きを読む

Qぬいぐるみの写真と著作権

他の方の質問ですが、こんな質問が立っていました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481842

私は、著作権侵害には当たらないと回答しました。
どうも写真撮影が著作物である「ぬいぐるみ」の複製権を侵害するとは思えないからです。
しかし、他の方の意見ではおおむね違反するということのようでして、一方では根拠を示されている方がいらっしゃらないので自分が間違っているのかどうかよくわかりません。

そこで質問です。
1、キャラクターが保護されるのは不正競争防止法とかなのではないかとおもうのですが、著作権法上、著作物たる「ぬいぐるみ」をはなれてキャラクター自体が著作物になるものでしょうか?もし成るとして、著作権法の条文を読む限りでは例示に入っていないのですが、判例・学説等根拠を教えて下さい。
2、「ぬいぐるみ」の写真撮影は著作権法上の複製権を侵害しますか?類似の判例等があれば教えて下さい。

参考文献も教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

著作物とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの(著作権法2条)です。ぬいぐるみは大量生産される工業製品であり、そもそも「思想または感情を創作的に表現したもの」に該当するかどうか疑問です。美術性に重きがあるか、実用性に重きがあるか、現物に即した具体的検討が必要でしょう。

仮に美術性に重きがあると仮定すると、当該ぬいぐるみは美術の手法を大量生産品に応用したものなので応用美術に属し、著作権法の保護対象となると思われます。
実用性に重きがあれば、著作物としての保護になじまないので、意匠法に基づく意匠登録により保護を受けることになるでしょう(意匠とは、「物品の形状、模様もしくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」(意匠法2条)です)。両者の限界は微妙ですが、意匠登録が可能であるから著作物ではない、とはいえません(長崎地方裁判所佐世保支部決定、昭和48年2月7日)。

美術に重きがある場合、著作権法によって保護されるぬいぐるみの複製権とは、当該ぬいぐるみをぬいぐるみとして複製する権利であり、写真撮影が複製権の侵害になるはずがありません。

しかし、いずれの場合も、他人の商品であるぬいぐるみの写真を利用して営利を図る行為は、不正競争防止法の「他人の商品の形態を模倣した商品を(中略)譲渡または貸渡しのために展示する行為」(同法2条)に該当すると思われるので、原質問のぬいぐるみが著作権法・意匠法いずれの保護を受けるにしても、問題の核心を不正競争と解する点で 100Gold さんと結論を同じくします。

なお、キャラクターとは漫画等に登場する架空の人物などの姿態・名称・絵柄・性格などを総合した抽象的イメージであり、原作者が描いた具体的表現物ではありません。ぬいぐるみという具体的表現物の忠実な模写である写真は、キャラクターを侵害するものではないでしょう。

なんだかまとまりがありませんが、要するに、ぬいぐるみの写真を無断で使用する行為は、著作権法ではなく不正競争防止法違反である、というのが結論です。

著作物とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの(著作権法2条)です。ぬいぐるみは大量生産される工業製品であり、そもそも「思想または感情を創作的に表現したもの」に該当するかどうか疑問です。美術性に重きがあるか、実用性に重きがあるか、現物に即した具体的検討が必要でしょう。

仮に美術性に重きがあると仮定すると、当該ぬいぐるみは美術の手法を大量生産品に応用したものなので応用美術に属し、著作権法の保護対象となると思われます。
...続きを読む

Q私的利用の範囲について

著作物は私的利用の範囲において複製が許されていますが、私的利用の範囲とはどこまでなのですか?
個人または家族内での利用ということでしたが、個人的に楽しむのであれば何をしてもいいのですか?

たとえば、ネット上のイラストをパソコンやスマホに保存することは合法ですが、その画像をプリントしたTシャツやマグカップを作ることは違法なのですか?
(使用するのは自分で、販売目的ではありません。)

教えてください。

Aベストアンサー

>著作物は私的利用の範囲において複製が許されています

この前提は著作権法第30条(私的使用のための複製)のことと思われます。
しかし、正確には「使用」であって「利用」ではありません。著作権法では「使用」と「利用」は別であることを知ってください。

第30条では「 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。 」

つまり、平たく言うと、私的使用を「目的」とした複製が許諾無しにできるということです。イラストや画像を見るのは「使用」で、複製するのは「利用」です。
さて、上の「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的」についてですが、「家庭内」というのは「同一家計で同居している人間関係」が想定されています。「これに準ずる限られた範囲」というのは、構成メンバー間に強い密接な個人的結合があることが想定されています。

ご質問のように、家庭内(家族内ではなく)で個人的に著作物を「使用」することは許可無しにできるということです。音楽をダウンロードすることは個人でも違法のことが多い(対象による)ですが、イラストや画像をダウンロードしてパソコンやスマホに保存することは、おっしゃるように可能です。

しかし、その画像をプリントしたTシャツやマグカップを作り家庭内でのみ使用することはできますが、たとえば、家庭外に持ち出して第三者の目に触れた(公衆に提示した)とたんに、違法に複製したということになります。販売しなくても著作権侵害となります。

>著作物は私的利用の範囲において複製が許されています

この前提は著作権法第30条(私的使用のための複製)のことと思われます。
しかし、正確には「使用」であって「利用」ではありません。著作権法では「使用」と「利用」は別であることを知ってください。

第30条では「 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その...続きを読む

Q商標登録されたキャラクターのぬいぐるみを手作りしてプレゼントしていいのか?

ある企業のキャラクターが気に入っている子がいて、そのぬいぐるみを作ってあげようと思います。
(もちろん手作りで、プレゼントです)
これって何かでその企業にばれたりしたら、著作権か何かの問題で訴えられてりするんでしょうか?
(たとえばその子が持っているのを、テレビカメラがたまたま映したりして、ばれるとか…)
ちなみにそのキャラクターは、商標登録はされているようで、また商品としてそのぬいぐるみは、
世に出ていません。いかがでしょうか?皆さん、教えて下さい。

Aベストアンサー

法律的に言いますと、一応問題となるのは著作権と商標権の2点になります。

著作権については、企業キャラクターやアニメのキャラクターにも著作権が発生すると考えられており、またそのキャラクターのぬいぐるみを作る行為は著作権法上の「複製」行為となります。許可なく行なうと著作権に触れることになります。ただし、著作権法上、これには例外が定められていて、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する」ために複製行為を行うことは著作権侵害にならない、とされています。したがって、自分の子供や、近しい友人の子供などにこれらのぬいぐるみを作ってあげる行為は、この例外にあたるとして許されるます。

次に、そのキャラクターが商標登録されているということですが、商標権で禁止されているのは「商品又は役務(サービス)」について登録された商標を使用する行為です。プレゼントとして作るぬいぐるみは「商品」ではありませんし、質問者さんがこの商品を作るサービスを事業として行なっているわけでもないのですから、キャラクターの商標が使用されていても商標権侵害にはなりません。

ということで、ぬいぐるみ製作をビジネスとして行なわない限りは心配はしなくとも大丈夫です。

法律的に言いますと、一応問題となるのは著作権と商標権の2点になります。

著作権については、企業キャラクターやアニメのキャラクターにも著作権が発生すると考えられており、またそのキャラクターのぬいぐるみを作る行為は著作権法上の「複製」行為となります。許可なく行なうと著作権に触れることになります。ただし、著作権法上、これには例外が定められていて、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する」ために複製行為を行うことは著作権侵害にならない、とされています。...続きを読む

Qフェルトでキャラクターを作りたい。

フェルトでキャラクターを作りたい。

シングルマザーの姉が入院してしまい彼女の4才の子供の面倒を見ています。

先週あたりに今流行っているプリキュアの携帯電話くらいの
大きさのぬいぐるみが欲しいと言い始めました。
母親がしばらく世話が出来ない状態にあり
結構色々我慢させてしまっているのでそれくらいは買ってあげよう
っと思ったのですが
この間お迎えに行ったときに子供の友達数名が鞄につけていた
手作りのフェルトのプリキュアやポケモンのぬいぐるみを指差され
これを作ってと言うのです。

最初は似たような市販のものにしようと思いましたが
本人がどうも気に入らないらしいのです。

なので試しに挑戦してみようと思い調べてみたのですが
アンパンマンのようなものしか載っておらず
髪の毛があるキャラクターをどう作ればよいのか
ボタン付け程度しか出来ない自分にはわからないのです。

園児達がつけていたのは
全身、顔だけ、そのアニメに出てくる白い犬のようなキャラクター
っとおそらくですが
お母さん方の力量によって様々です。

なので理想はリクエスト通りのマリン?という青いほうの女の子です。
がほかに検討してみる必要もありそうです。
小さいと難しそうなので鞄につけられる程度なら
大きくなっても構わないと思っています。

切り貼りの平面工作系は気にいらないようなので
綿入りのをがんばって作ってあげたいと思っています。

他の親御さん方に聞けばいいと思うのですが
延長保育な上に代理で迎えに行っている僕は男なのでちょっと話しかけずらいのです。

アドバイスや指南URLなどございましたらお願いいたしいます。



ちなみに下絵は
絵は得意なので雑誌などを模写できるので問題ないと思います。

手芸の知識がほとんどないので初歩からおっしゃっていただけると嬉しいです。

フェルトでキャラクターを作りたい。

シングルマザーの姉が入院してしまい彼女の4才の子供の面倒を見ています。

先週あたりに今流行っているプリキュアの携帯電話くらいの
大きさのぬいぐるみが欲しいと言い始めました。
母親がしばらく世話が出来ない状態にあり
結構色々我慢させてしまっているのでそれくらいは買ってあげよう
っと思ったのですが
この間お迎えに行ったときに子供の友達数名が鞄につけていた
手作りのフェルトのプリキュアやポケモンのぬいぐるみを指差され
これを作ってと言うのです。

最初...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、はじめまして。

いいお話ですね。
フェルトマスコットを作った昔を思い出し、少し調べてみました。

大体の作り方はこのサイトが一番わかりやすいと思いました。
http://netazo.org/howto_mascot/
基本は、表裏の2枚のフェルトで少量の手芸わたをサンドウィッチして縫うだけ、それにいろいろ飾りが付いてくる、と考えればいいのではないかと思います。
http://item.rakuten.co.jp/yuzawaya/376-01-034/
飾りは技術次第でいかようにでも。
例:
・ヒラヒラやツンツンしたところは、切ったフェルトを手芸用ボンド(速乾性木工用ボンドでも可)で貼る。目の中の星など。
・すごく細い線は、フェルトペンで描く。
・丸いところは、ビーズを縫い付ける。星型はスパンコールで代用。
等々。

補足:
・上記サイトのマスコットの口とまつ毛は、ストレートステッチ
 髪の毛はの縫い方は、アウトラインステッチです。
http://www.tezukuritown.com/lesson/sew/embroidery/howto/stitch.html
先にも書きましたが、細かい部分は縫うのが難しかったら、細いフェルトペンで描く、という方法もあります。
・周囲の縫い方はブランケットステッチが基本です。刺繍糸は2本どりくらいがいいと思います。
http://www.kcc.zaq.ne.jp/mim/tyoki/
左のフレームの「つくってみよう」→「基本」をクリックしてください。
http://manimanimamagoto.web.fc2.com/katagami/basic_freame.html
こちらも左のフレームで縫い方等がいろいろ出てきます。
フェルトと同じ色の刺繍糸でフェルトの周囲ぐるりを縫っていって、後の残りが2~3センチになったところで、手芸わたを詰めます。詰めるときのコツは「少し足りないのでは…」くらいがよく、パンパンに詰めると閉じ合わせられなくなります。また、割り箸の太い方を使って詰めるとうっかり強く押しすぎてせっかく縫ったフェルトを突き破ったりしません。わたを入れたらマスコットを両手ではさんで、やさしくグニグニしてフェルトとわたをなじませ、残りのとじ代をブランケットステッチで閉じます。
ブランケットステッチの巾が大きすぎると、わたがはみ出てしまいますので注意。

型紙は、私ならば、幼児雑誌・アニメ絵本・ぬりえ等の絵から、なるべくパーツが大きくてデフォルメしやすいものを探し出して作ります。

「ハートキャッチプリキュア」を作ることを考えてみての工夫のしどころ。
http://www.asahi.co.jp/precure/
・こういう髪の毛がツンツンしているキャラクターは、まず髪の毛のない顔だけ(ヘッド)を綿入れフェルトマスコットで先に作り、縫い合わせたマスコットのヘッドにきれいに切った髪の毛のフェルトをボンドで貼り付けた方が、作りやすいと思います。
・服のリボンは、同色のリボンで。胸や頭の飾りのハートは、スパンコールで。スカートのすそのフリルは、チュールレースをぐし縫いして綴じ付ければ、立体的になるのではないかなあ。

なんだかいろいろ書きましたが、ご参考までに。

こんばんは、はじめまして。

いいお話ですね。
フェルトマスコットを作った昔を思い出し、少し調べてみました。

大体の作り方はこのサイトが一番わかりやすいと思いました。
http://netazo.org/howto_mascot/
基本は、表裏の2枚のフェルトで少量の手芸わたをサンドウィッチして縫うだけ、それにいろいろ飾りが付いてくる、と考えればいいのではないかと思います。
http://item.rakuten.co.jp/yuzawaya/376-01-034/
飾りは技術次第でいかようにでも。
例:
・ヒラヒラやツンツンしたところは、切ったフェルトを...続きを読む

Q布に印刷する方法を教えて!^^;

パソコンで取ったイラストの素材を、布に印刷する方法を教えてください!

プリンタを使用する方法、しない方法、どちらでも構いません。

対象は、バンダナのような材質の布です。
イラストのサイズは、5cm~10cmくらいです。

急いでます!
誰かヘルプー(T∀T)

Aベストアンサー

こんばんは、はじめまして。

一番かんたんなのは、イラストをアイロンプリント紙に反転印刷して、布にアイロンプリントすることです。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20060220/229887/
アイロンプリント紙は用途によっていろいろあります。
http://www.sanwa.co.jp/product/yosi/inkjet.html

また、プリンタに直接印刷できる布地もあり、魔法の布シリーズやコットンクロスという名前です。
http://www.inkmax.jp/project/index.htm
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=JP-NU1&cate=1

実はこういう手芸は「パソコン手芸」と言いまして、お教室もありますが、イマイチ広がってませんねえ。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kato/syugei-e.htm

Qこれって著作権にひっかかる??皆さんの意見を聞かせて!

こんにちは!
先日yahooのオークションでポケモンやサンリオキャラクターのイラストが入った子供用の靴を見つけました。
商品説明文には「ポケモン風」「パンダーゼット風」「キキララ風」などと描かれ、「全て手描きで描いてます」との事。
しかしどう見てもイラストはプリントされたかのように本物ソックリなのです。

それを大量販売して利益を得ていらっしゃったようですが、こういう場合は著作権には引っかからないのでしょうか?
オークションの「利用者からのアドバイス」を拝見したら「違法コピー」という報告がいくつかあがってました。

いくら「○○風」「手描き」とは言っても、それって犯罪じゃないか?って思ったのですが・・・。

皆さんの意見を聞かせて下さい!

Aベストアンサー

念のため補足しておきます。

まず侵害に関してですが、一見して原著作物と同一、または極めて類似と判断できる程度であれば、著作権法上の複製とみなして良いといえます。ただし、キャラクターそのものについての著作権に関しては争いがあり、「ポケモン風だから侵害だ!」というワケではありません。この点については、今後の判例の蓄積、学説の展開を待つ必要があります。

次に犯罪性について。
#2でお答えの通り、著作権侵害は親告罪として規定されていますから、権利者が声を上げない限り、外野が騒いでも問題にはなりません。第三者が警察に告発しても、基本的に捜査は始まりません(少なくともタテマエ上は)。
一方で、著作権侵害により損害や不当利得が発生している場合、権利者は行為の差止や侵害排除措置(侵害品の廃棄など)の請求、損害賠償請求、不当利得返還請求の訴えを裁判所に提起できます。こちらは民事ですから、警察とは関係がありません。

したがって、オークション運営者などにしても、基本的には権利者の要請があって初めてアクションを起こせることになります。もっとも、普通は「運営者の一方的な判断で削除云々...」という規約があるのが普通です。

なお、「ルイヴィトン風」ですが、こちらは著作権ではなく商標権の問題ですね。

いずれにせよ、一般人の目で見て同一又は類似と思える程度に表現(アイデアではありません)が似ていれば、著作権侵害の可能性が高いといえるでしょう。

念のため補足しておきます。

まず侵害に関してですが、一見して原著作物と同一、または極めて類似と判断できる程度であれば、著作権法上の複製とみなして良いといえます。ただし、キャラクターそのものについての著作権に関しては争いがあり、「ポケモン風だから侵害だ!」というワケではありません。この点については、今後の判例の蓄積、学説の展開を待つ必要があります。

次に犯罪性について。
#2でお答えの通り、著作権侵害は親告罪として規定されていますから、権利者が声を上げない限り、外野が騒い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング