「分離」の反対語は何なのでしょうか?
「結合」とかなのかなぁ、、、

A 回答 (4件)

「分離」という単語を使用する側面によって反対語(反意語)が変わります。



一般的には、おっしゃるように「結合」ですが、これは「科学」「工学」「医学」
「薬学」等の場合に使われることが多いです。ドイツ語等では「分離動詞」というのが
ありますが、反対を考えるとやはり「結合」ですね。でも「結合動詞」とは言わない
ようですが。

他には、例えば「A市がB市とC市に分離した」「A市医師会が2つに分離した」や、
「暴力団AがB組とC一家に分離した」等であれば「合併」が反対語ですね。

細菌培養などで「分離培養」に対しては「総合培養・複合培養・一括培養」とか言ったり
するらしいです。(ちょっと怪しい知識)

恐らく通常は「結合」「合併」「総合」あたりでしょうか。

osapi124でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。おっしゃるとおり、場合によって意味が変わりますね。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/01/10 17:29

実験などでは、『混合』『混和』が分離の対義語としてよく用いられますネ。


或いは、『乳化』や『融合』も分離の対義語と言えるでしょうか。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。実験ではそのような考え方もありますね。
大変参考になりました。m(._.)m

お礼日時:2001/01/10 17:30

 「分離 separate」の反対には「混合 mix」というのも雰囲気がいいですよ。

まあ、一例のご紹介ということで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに雰囲気良いですね(^^)
ありがとうございます!!

お礼日時:2001/01/10 17:29

 対義語辞典が手元にないので間違ってるかもしれませんが、基本的には「結合」でいいと思います。


 ただ、この「分離」という言葉自体、反対語もくそもない単語だから、場合によって変わるでしょうね。

 「政権分離」の場合は「結成」とか「合併」になるでしょうし、また遺伝学には「分離」の対となる概念そのものが存在しません(あるのかな? ないですよね?)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、回答ありがとうございます。
deagleさんの回答であっているのだと思いますが、根拠があればなおうれしいです(^^)

お礼日時:2001/01/09 16:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q密度の程度の言い方がわかりません

子供に聞かれて、答えられなかったのですが。
密度の程度の言い方なのですが、
「密度が多い、少ない」なのか、「密度が高い、低い」なのか
「密度が濃い、薄い」なのか…
どの言い方も聞いたような気がします。
何の密度を表すかによって、言い方が違うのかもしれません。
(人口密度の場合、毛の密集度の場合なんかで)
辞書には載っていませんでした。
正しい言い方をご存知の方、教えてください。
出来れば、子供が帰る6時半までに教えていただければ幸いです;
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

6時半を少し過ぎてしまいましたが。
密度は、「高い」「低い」とするのが正しいと思います。

『広辞苑』の「密度」の項には、

2.広義には、ある量(人口や電気量など)が単位の体積・面積・長さなどに分布する割合。粗密の度合。「人口―」「―の高い講義」

とあります。用例に「密度の高い講義」とあることからも、「高い」「低い」でいいと思います。
「密度」を「割合」に変えてみて「割合が濃い」とすると、ちょっとおかしいですよね。

とはいえ、「密度が濃い」とか、「割合が高い」といった表現は日常的に眼にしますので、厳密には間違いとはいえないのかもしれませんが、語学の専門家ではないので、そのあたりの詳しい説明はできません。
ただ、私が昔勤めていた業界新聞社では、「密度は“高い”“低い”とせよ」と言われていましたので、私はいつも「密度」は「高い」「低い」と表記するようにしています。

中途半端な回答ですみません。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

QGmailアドレス変更方法

Gmailのアドレスを変更したいと考えているのですが、どのようにして変更すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

Gmailアドレスの変更はできません。

今使っているものと違うGmailアドレスを使いたいのならば、新規にGmailアドレスを取得してください。

そして従来のアドレスが必要ないならばそのまま放置しておけばOK。確か半年アクセスしなければそのアカウントは削除されるはずです。

なお、もし古いアドレスに配信されるメールもチェックする必要があるならば、新しいアドレスに転送設定しておきましょう。

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。