出産前後の痔にはご注意!

「徳を積む」の反対語って何でしょうか。

「罪を重ねる」「悪行三昧」、思いつくのはこれくらいです。でも、どうもしっくりきません。
反対語辞典を検索しても見つかりません。
どなたか思いつく方、知っている方おられませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

業を重ねる。

業に沈む。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもしっくりきますね。
よくないことを間接的に重ねてゆく、という言葉を探していたのだと今頃分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/21 10:31

自然体



というのはいかがですか。
「徳」とか、それを「積む」とかいった視点自体がそもそも徳に反するような気がするので、この言葉を想起しました。
ただ、国語的な反対語(対義語)であるか否かに関しては自信ありません。
   
    • good
    • 1
この回答へのお礼

昔「自分たちはもっと権威をつけないと」と言った知人がいたのを思い出しました。
意図してレベルアップするものではないですよね……と勝手に共感していました。
ご協力いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/21 10:51

「徳を削る」「徳を減らす」



無論こんな言葉は既存に無いのですが、こちらの方が分かりやすいと思います。

用例)

「積んだ徳をすり減らしている」
「重ねた徳を削ってしまったような気になった」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…おっしゃる通り、既存の言葉よりも分かりやすいですね。
ご示唆いただきありがとうございました。

お礼日時:2012/07/21 10:44

徳を積むの徳は美徳でしょう。

対義語は悪徳なので「悪徳三昧」
はいかがですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

言われてみれば悪徳が当てはまりそうです。
ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/21 10:41

五逆誹謗正法(ゴギャクヒボウショウホウ)



上記の意味は、自らの救済の正法(仏の教え)を謗り否定していること。

※自らの救済の正法(仏の教え)の中に、徳を積みなさいとありますから、徳を積まないということは→仏の教えを否定し謗ることになります。

よって徳を積むの反対は、徳を積まない=仏教の正法を否定し謗る=五逆誹謗正法。

出典→仏説無量寿経の四十八願中の第十八願にある言葉です。
質問者さん、暇な時間に仏説無量寿経~読破♪お勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

初めて知りました!
なるほど仏典は奥が深いですね。読むリストに加えておきます。
ご教授ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/21 10:35

天に唾する


人に害を与えようとして自分が被害を受ける
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハッとしました。なるほど!
ありがとうございます。

お礼日時:2012/07/21 10:29

因果応報でしょうか


他にあるかも?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

因果応報、反対語になりそうですね。
ご協力ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/21 10:27

劫を増やす。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

カルマの意味合いに近そうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/21 10:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳を積むって具体的にどういうことでしょうか?

徳を積めば、運気が好転するということを良く聞くのですが、私的に思うのは、人生を客観的に聡明にいきることではないだろうか?
と思うのですが、具体的にこんな行動・思考は徳を積むということになりえるというを知りたいのですが。

どんなことを指すのでしょうか?

微妙に理解に苦しむので、具体的なことを教えてください、なるべくならなぜその行動はイコールなのかという理由も教えてください。
理論的に解説をいただければうれしです、お願いします。

Aベストアンサー

お返事ありがとうございます、再度の7です。

これは仏教の「無我」になるんですね。

例えば、今、めちゃくちゃ売れている本で「生きて死ぬ智慧」柳澤 桂子(著)がありますが、これは科学の世界から「無我」を説いています。
この世の全ては粒子であって、ただ粒子の濃い部分と、薄い部分があるだけだ。
粒子はお互いのバランスの良い関係で安定する。。。。と。

元々「無我」というのは、仏教の瞑想をしながら、実際に「私」を探す作業をして、「何処にも”私”なんかいない!」と気が付くという作業をして得心していくんです。

今でこそ、仏教もご利益主義、救済主義、現世利益主義・・と利己主義化されているんですが、本来の仏教は全く違うものだったんです。
言われる通り、世捨て人、出世間な教えなんです。


でも、世にいう成功者の方々の本等を読んでますと、やはり基本は、この徳を積む生き方にあるんです。
アイディア商品を売り出すのも「みんなの生活が便利になればいいな」という心なんです。
この世の堅気の商売で、人に喜ばれないもの、人の役に立たないものって、そうは無いと想います。
みんな共通しているのは「誰かの役に立てばいいな~」ということだと想います。
だから、お互いのバランスが良い関係で安定するから存続できるんです。


で、自然界は、与えたものに対する「報酬」として実りを受けるんです。
種(原因)を撒くから、その報酬(結果)が得られるんです。
原因がなくて結果だけを求めようとするのは「心」だけで、自然界には無いんです。

私たちの肉体も自然の摂理に従っているのに、「心」だけは、それを無視しようとするんです。
利己主義、快楽主義・・・となるのは「心」だけなんです。

ガチガチの利己主義では、良い種とはいえませんよね。
もちろん単純に一因ではないでしょうが、基本的に、良い種を撒けば、良い報酬が得られるんです。

こちらの#1も読んでみてください。
http://security.okweb.jp/kotaeru.php3?q=1455606

まあ、こんな感じです。ご参考までに。

参考URL:http://security.okweb.jp/kotaeru.php3?q=1455606

お返事ありがとうございます、再度の7です。

これは仏教の「無我」になるんですね。

例えば、今、めちゃくちゃ売れている本で「生きて死ぬ智慧」柳澤 桂子(著)がありますが、これは科学の世界から「無我」を説いています。
この世の全ては粒子であって、ただ粒子の濃い部分と、薄い部分があるだけだ。
粒子はお互いのバランスの良い関係で安定する。。。。と。

元々「無我」というのは、仏教の瞑想をしながら、実際に「私」を探す作業をして、「何処にも”私”なんかいない!」と気が付くという作業を...続きを読む

Q電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

 そのまんまです。よくそういう話は聞きますけど、噂以上にわかりません。家族だからと言って連帯保証人でもないと思いますし、仮にそうでも額がでかいと即自己破産なきもしますし、死者の財産を放棄すれば債務放棄ということにもなるような気がしますが、良く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前聞いた話しでは実際に請求、支払までいくことはないと言ってましたが・・・

自殺→電車に飛び込む→通常の精神状態では出来ない

のような理由だそうです。一億円以上等、高額の賠償金や
慰謝料の話しは鉄道関係者がある程度意図的に流しているようで(そう簡単に電車に飛び込まれては困る)。
それよりも飛び込まれた電車の運転手さんの精神的ショックのほうが大きくて事故後強制的に1ヶ月の休暇をとらされるようです。

いずれにしろ、電車で飛び込み自殺なんて絶対にいけません!!

Qイラストレーターのアウトライン化の解除方法??

ウィンドウズのイラストレーターの機能についての質問です。
アウトライン化がすでに実行されている文字の修正をする場合に、アウトライン化の解除はどうようにすれば出来るのでしょうか??
いろいろな本をみると、一度アウトライン化を実行すると、解除ができないと記載されていました。
ご指導頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

それらの本に書かれている通り、一度アウトライン化をすると元には戻せません。

ただし、Ctrl+zやコマンド+zなどで作業を一つ前に戻すなどが出来るので
間違えたり、やり直したかった場合はそれで対処するしかないですね。

アウトライン化したデータを保存してしまった場合はどうやっても解除できないので
アウトライン化したデータを作った場合はアウトラインする前のデータも
別名保存などで残すのが一般的です。

Q「Aメロ」「Bメロ」・・・はどの部分のことか

曲の中でよく「Aメロ」「Bメロ」・・・などと言いますが、
それぞれどの部分をそう呼ぶのですか?

Aベストアンサー

↓下記参考になるでしょうか?

http://guiterboys.livedoor.biz/archives/15839090.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2061771

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1876388.html

Aメロ→歌いだしの部分で、比較的おとなしい部分

Bメロ→やや曲調が変わり徐々に盛り上がっていく部分

サビ→クライマックスに達して最高に盛り上がる、その曲の中での最も重要な部分

(一つ目URLより引用)

が一般的な呼び方(意味)のようです。

Q徳の積み方を教えて下さい。

私は徳が全くない、とある人に言われました。

私は現在、たくさんの人に支えられて行きて来ましたが、無我夢中で仕事をかんばり、騙されたり裏切りられたりもしました。

産まれてすぐから死にかけて一生懸命生きてきて、徳を積む、という考え方まで考えた事が無かったんです。

今は仕事はしていませんが、来月から転職します。その間、自分を見つめ直す期間として、質問しました。

お手柔らかな回答をお待ちしています。
スマホで質問させていただいてるので、文面はやや至らないかと思いますますが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

sarasa24さんは、考えてみました?

私は、ちょっとだけ考えてみました。
wikiに

徳は卓越性、有能性で、それを所持する人がそのことによって特記されるものである。人間に備わって初めて、徳は善き特質となる。人間にとって徳とは均整のとれた精神の在り方を指すものである。これは天分、社会的経験や道徳的訓練によって獲得し、善き人間の特質となる。徳を備えた人間は他の人間からの信頼や尊敬を獲得しながら、人間関係の構築や組織の運営を進めることができる。徳は人間性を構成する多様な精神要素から成り立っており、気品、意志、温情、理性、忠誠、勇気、名誉、誠実、自信、謙虚、健康、楽天主義などが個々の徳目と位置付けることができる。

と書いてありました。
なにやら難しいですが、徳目と言うのがあるらしいです。
他のにも徳目と出てました。


徳は、何かしら目に見えたときに「徳がある」と人に言われます。
つまり、外に表現された場合ですね。

外に表現される元は、その人の中に有ると思います。
それが徳目と呼ばれるものでしょう。


徳を積むのを目指すと、なぜ徳にならないでしょうか。

徳を積む行いを目指す時、その内にあるものは
よく見られたい・認めて欲しい・褒めてもらいたいなど。
それだと「徳」ではなく「欲」ですね。
簡単に言えば、欲しているからです。

欲は、それ自体 悪では無いですが徳でも無い。

徳とは何でしょうね。
続きは、また明日。

sarasa24さんは、考えてみました?

私は、ちょっとだけ考えてみました。
wikiに

徳は卓越性、有能性で、それを所持する人がそのことによって特記されるものである。人間に備わって初めて、徳は善き特質となる。人間にとって徳とは均整のとれた精神の在り方を指すものである。これは天分、社会的経験や道徳的訓練によって獲得し、善き人間の特質となる。徳を備えた人間は他の人間からの信頼や尊敬を獲得しながら、人間関係の構築や組織の運営を進めることができる。徳は人間性を構成する多様な精神要素から成り立...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q煩悩ってどういう意味ですか?

煩悩(ぼんのう)ってどういう意味ですか?
辞書で調べても難しくて理解できません。
具体的に、わかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
 
  煩悩とは、わずらわしく、悩みになることだ、ということになります。しかし、そんなに煩わしく悩む、困ったことなのかというと、日常の用法では、ちょっとニュアンスが違います。ここは、仏教のお坊様に出てもらって、具体的な使い方の説明をしましょう。
 
  仏教では、覚りを開くため、修行する人が、元々「坊様」だった訳です。従って、元の仏教の「戒め」では、修行者は、例えば女性となれなれしく口をきいてはならないとか、女性の姿もまともに見てはならないなどとなっていました。女性の美しさなどは、「迷い」の元だというのです。
 
  しかし、坊様がすべてそうではないでしょうが、すけべな坊様もいる訳で、道で通りがかりの、和服の美人を見て、ほわ、と口を開けて見とれ、なんちゅう、綺麗なべっぴんさんや、いや目の毒じゃ、これも「煩悩、煩悩」などと云いながら、女性の後ろ姿を見送ったりします。別に和服でなく、洋装でも構わないのです。また、坊様も、そんな女を見るとすぐ見とれるような人は珍しいでしょうが、やはり、坊様も男ですから、美人と道ですれ違うと、ふと、心が動くこともあるのです。
 
  あるいは、仏教では、イスラム教と同様、精神の安定や、日常の心の状態を興奮させたり、おかしくする飲み物などは禁じています。例えば、麻薬などは無論駄目ですし、煙草やお酒も駄目なはずです。しかし、日本の坊様は、何時頃からか、「般若湯(はんにゃとう)」と称して、酒を店で買って飲んでいたりします。坊様が、良い酒を味わいながら飲みつつ、何という味わい、この酔い心地、さすがに銘酒は違う。極楽じゃ。しかし、考えてみれば、これも「煩悩、煩悩……仏様よ、お許しあれ、南無阿弥陀仏、いやもう一杯、何ともうまい」などと云っていると、どこが、煩い、悩みの煩悩か分からないでしょう。
 
  また仏教では、生き物のいのちを大切にせよと教え、殺生を禁じ、従って、動物の肉は無論、鳥の肉も、魚も食べてはならないことになっているのですが、それも何のことかです。酒のさかなに、コイのあらいを食べつつ、いい気分になって来て、坊様が、いや、浮き世もまた楽しいぞよ、酒はうまいし、ねえちゃんは綺麗だ……などと歌っていると、「生臭坊主」ということになるのですが、以上は極端に戯画化しているので、日本では、昔から、坊様が、妻帯し、子供がおり、酒は飲み、魚も食べ、それで別に社会から糾弾などされていません。
 
  大酒を飲み、酔っぱらって、寺の本堂で乱交パーティを開くような坊様は、それは別に坊様でなくとも、普通の人でも社会から糾弾されます。
 
  仏教の坊様にとっては、女性と触れたり、メイクラヴすること、酒を飲んだり魚を食べたりすることは、仏教の教えに反することで、こういう「欲望」を、修行の妨げになる「煩悩」と呼ぶのですが、煩悩というのは、多くの坊様の日常生活から云うと、自然なことのようです。
 
  もう一つ、坊様ではありませんが、一般に、「子煩悩」という言葉があります。これは、別に、子供が煩わしく悩みの種で、何かの邪魔になるのかと云えば、そうではなく、子供が可愛く、何時も子供のことを考え、細かいことにも、子どものためにと、あれこれ気も身も使う親のことを、こう呼びます。別に、子どもが、何かの「妨げ」になっているのではないのです。親にしてみれば、ふと、思うと、「ああ、おれは、何と子どものことばかり思っているのか。これも煩悩か」などとなります。
 
  「煩悩」というのは、仏教の教えとか、人間の生き方はいかにあるか、などということの前では、何か安楽な、気持ちよい、楽しい方にばかり気が向くようで、困ったことだという考えもある他方、「自然な欲求」「自然な望みのおもむく方向」であって、煩悩だが、しかし、これもまた良しなどというものです。
 
  これは、仏教の教義として、煩悩に迷う人の姿こそ、すなわち、仏の姿に他ならないという考えもあるのです。
 
  煙草をやめないと、肺ガン確実と云われていて、それでも吸いたいという人の場合、煩悩とは云いません。また、大学受験中なのに、異性のことに意識が向いて勉強に集中できない高校生も、それを煩悩とは云いません。(ただし、高校生の親が、寺の住職だったりして、子どもに、そんな煩悩は振り払え、と説教するかも知れません)。
 
  煩悩というのは、本来の仏教の教えでは、たいへん厳しい、覚りの道にあって、克服せねばならない誘惑や欲望だったのですが、「煩悩すなわち仏」というような考えは、人間は自然に振るまい、自然に生きるのがやはり一番であるという考え方でしょう。
 
  肺ガン寸前の喫煙者や、受験勉強に必死な高校生にとっては、喫煙や、恋愛は、自然のままを楽しもうなどということではないのです。
 
  人間は、欲望が強すぎると、色々不都合なことが起こることが、或る程度分かっているともいえます。分からない人、自制がきかない人は、酒に溺れて身を滅ぼすとか、守銭奴になって、世人の顰蹙を買うなどとなり、そういう人自身は、煩悩も何もないでしょう。しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。
 
  「わかっちゃいるけどやめられない」というのは、確か古い歌の言葉ですが、そういう心境の「分かっている」のが、煩悩だと分かっているということで、度を超さなければ、やめる必要もない訳です。本格的な修行をしている坊様にとっては、厳しいことでまた別ですが、普通には、煩悩はまた楽しいことなのです。本来しない方がよい、というのをするのは何とも楽しいことなのでしょう。
 
  世界中の文化がそうだとは分かりませんが、日本は、煩悩を楽しむ文化です。
 

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
...続きを読む

Qビール券はどこで売ってますか?

出産祝いのお返しにビール券を贈ろうと思うのですが、
どこで売ってるのでしょうか?
包装しているものが良いので金券ショップ以外が良いのですが・・・。
百貨店で売ってるものでしょうか?
ご存知の方、宜しくご回答願います。
(当方は大阪市内です。)

Aベストアンサー

酒屋さんで販売しています。まれに扱っていない酒屋さんもありますが、ほとんどのところでは売っていますよ。

Q「かませいぬ」の正しい意味・語源を教えて

最近テレビのバラエティーを見ていて「かませいぬ」という言葉が気になりました。
「俺はかませいぬか!」のような使い方をしており、何となく雰囲気で、「形だけの対抗馬」のような意味で理解していますが、モヤモヤしています。
パソコンの国語辞典にも載っていないし、漢字では「噛ませ犬」なのでしょうか?また、語源は闘犬などからきているのでしょうか?誰か知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

■かませ犬
語源は闘犬用語。
闘犬の試合前にわざとかませて自信をつけさせるための犬。
それから転じて「引き立て役」という意味で使われているようです。

僕も気になって調べてみました^^。
失礼します。


人気Q&Aランキング