いつもお世話になっています。
非常に下らない質問ですが、自動車雑誌の販売台数コーナーを読んでいて
ふと思いついたので質問させていただきます。

市販車ベースのレーシングカーの場合、ホモロゲを取得するために必要な生産台数というのがありますが、
全く売れなかったために取得が出来ず、やむなく参戦を取りやめたり、
(そんな状況ではレースどころの話ではないと思いますが)
造りはしたけど大量に在庫を抱えてしまい、会社が傾いた
なんていう裏話を持っている車はあったりするのでしょうか。
庶民向けの普通の車なのに、月販100台ちょっとという車も中にはあるので、
グループAのノルマなら無きにしもあらずかなと思います。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

レーシングカーの場合ホモロゲ取得の為に規定台数生産しますが、あくまでも生産台数であって販売台数では無いです。



WRCの場合『継続した12ヶ月間に25,000台以上生産された車種の「ファミリー」をベースに、ワイドボディ化、四輪駆動への改造、サスペンション形状の変更、同一メーカー車に搭載されているエンジンへの換装やターボの付加など、大幅な改造を認められたもの』とされています。
即ち、同一車種名でエンジン形式のものであれば、ホモロゲ取得出来る訳です。
更に日本国内のみの生産台数では無く、全世界で生産されているのも含まれていますので、大量在庫で会社が傾くと言う事は無いでしょう。
    • good
    • 0

1994年ごろにトヨタの関連会社であるトヨタテクノクラフト(TRD)からTRD2000というグループA仕様の改造車が99台限定で30歳以上の人にのみ販売という自動車がありました。


このTRD2000は、カローラセダンに3S-GEエンジンを搭載したモデルでした。
しかしながら、99台限定にもかかわらず、その半分以下の受注しかなかったそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング