最新閲覧日:

 日本には、遊女文学、遊里文学の伝統がありますね。しかし売春防止法で赤線もなくなりました。吉行淳之介は赤線時代の娼婦を描いていますが、それ以後、トルコ嬢、ソープ嬢との関係を描いた小説はないでしょうか。ポルノ小説は除きます。佐伯一麦の「一輪」はヘルス嬢との関係を描いていますが、ほかにそういうものはあるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「ソープ」がまだ「トルコ風呂」と呼ばれていた頃に、今は亡き都筑道夫さん(ミステリ作家)が、ソープ嬢が探偵役をする小説を書いています。

『トルコ嬢シルビア』シリーズというのが二冊、出ていますよ。シルビアはもちろん日本人の源氏名です。二冊目は「ソープ」になってからの出版だったようで、『泡姫シルビアの探偵あそび』という題名になりました。
文庫で出ていたのですが、今はおそらく絶版でしょう。角川文庫だったと記憶しています。古本屋さんやブック・オフなどで探してみてください。
    • good
    • 0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC% …

ここの『ソープランドをテーマにした作品』のところにいくつか出ています。
私も知っているのは「片翼だけの天使」(生島治郎)ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。まあ、日本人ソープ嬢を正面から描いた小説作品はない、ということでしょうか。

お礼日時:2007/01/10 13:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報