高校1年生の男子です。
最近評価の高いニュー・シネマ・パラダイスのDVDをレンタルして見たのですが、正直あまり良さがわかりませんでした。
確かにところどころ感動するところはありましたが、正直良さがわかりません。
たぶんまだ僕が若いからなのでしょうが、一体ニュー・シネマ・パラダイスはなぜそんなに高い評価を受けてるのでしょうか?
また、最後らへんによくわからない裸の女の人がイチャイチャしてる映画の一部が繋がれたのが流れていましたが、あれは一体何なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

横レス失礼します。



3時間の方も「完全版」だったかな「全長版」だったかな?

で劇場公開されていますね。

確かに3時間の方はあまり感動しないかも???
    • good
    • 0

DVDをレンタルされたとのことなので、もしかして「オリジナル完全版」のほうをご覧になったのではないでしょうか?


もしそっちを先にみてしまったのであれば、明確なテーマがどこにあるのかわかりにくく、時間も長いしであまり感動できなかったのかもしれません。

私も最初に完全版と劇場公開版の存在をしらずにただDVDをかりてきたら完全版だった、というクチだったので、それであまり感動できなかったというか「なんか長いしあまり好きではない描写が多いな」と思ってしまったのですが、劇場公開版を借り直してみたらとても感動しました。

最初にみるのは劇場公開版がベストだと思います。
でないと、どこに焦点をあててみていいのやら混乱してしまうかもしれません。

完全版は公開版でしっかりとしたストーリーを把握してから、別の裏物語的にみるもよし、ほんとうはこういうはなしだったのかと見るもよしですが、まずは劇場公開版だったのでなければ、そちらを見直してみるのもいいかもしれません。
それでもだめであれば、そういうジャンルが今はお好きでない、ということでいいのではないかな、と思います。
いい評価をえたからといって万人にうけるわけではないですから…

ちなみに私がこの映画を好きな理由は、少年トトと、アルフレードの絆を感じる部分はもちろん、テーマを映画にして、映画のよさをいっぱいに表現しているところでしょうか。
昔の映画がすきなわけでも年がいっているわけでもないんですが、映画好きにはあの愛情溢れる感じがたまりません。
あとは細かいことをいえば、個人的にはエレナの存在はけっこうあってもなくてもよかったり(そこまでいかないかもしれませんが)、必ずしも全てのシーンが好きだというわけではありません。
少年期とラストが好きなので、青年期の部分にはあまり思いいれもありません。

そういう感じで全てが無条件にすきというのでもないし、どこがどういいのだ、と説明を求められるとああだこうだと論をふりかざして熱弁もできません。
ただ、とにかく「フィーリング」です。雰囲気が好きです。

それまでイタリア映画はみたことのなかった私に、イタリア映画もいいなと一気に思わせた映画でした。

少年の可愛らしさや、あの2人の絆の愛らしさ、それとなんといっても決めては音楽でしょうか。
エンリオモリコーネの音楽が、一度聞いたら二度とわすれないようなあの音楽たちが、あの世界をすべて彩っていると思います。
映画をみなくてもサントラだけでもジーンとくる、素晴らしい映画音楽だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オリジナル完全版の方を見ました。
劇場版の方を今度借り直してみようと思います。

お礼日時:2007/01/09 18:18

映画好きでしたら映画を多数見続けるとあの映画の感慨がわかってくると思います。


私も映画を見始めた頃わからなかった映画が数年後に感動したりする経験があります。
当事、映画館ではキスシーンの放映が禁止だったのだと思います。
ですからフィルムをチェックしキスシーンを切って映写技師さんは保存しておいたのですね。
ただ切って保存していたのではなく
「キスシーンこそ美しい」とか
「すばらしい名シーン」とか
いう思いもその作業をしながら持っていたことでしょう。
それは人生への愛でもありますが映画への愛でもあったのでしょう。
それを1つの置き土産として残してくれた
それこそ映画、映画館そしてトトに愛を込めてのプレゼントだったと思います。
1つの映画館が満員の時代から取り壊されるまでとその時代を映画いた秀作だと思いますよ。

ただこの作品は最初公開されたバージョンと後日公開された3時間オリジナル全長版があるのですが私個人としては圧倒的に最初に公開された短いバージョンの方が好きです。

是非機会があればご覧くださいね。
    • good
    • 0

作品の評価というのは人それぞれで、確かな正解というのはないのかもしれませんが、私の場合、ニュー・シネマ・パラダイスの感動のツボは、ずばり「ノスタルジア」ですね。



たとえば、自分がおじいちゃんにかわいがられた孫の日々の思い出を抱えているとして、そのおじいちゃんが死んだりして、楽しかったあの日々の出来事の数々をほろ苦い感情とともに思い出す、もうそれだけで普通は涙です。

しかし、ニュー・シネマ・パラダイスの場合それに加えて特筆すべきはそれが「シネマ」、つまり映画に関わる物語だという点です。たいてい、映画を見る人というのは映画好きです。だったら、映画について撮られたノスタルジーあふれる映画に感動しないはずがありません。

高校1年ですか。私もそれくらいのころ、ありとあらゆる映画を見まくっていました。ぜひ、見まくってください。そして、いろいろな映画を見て、そしてまた、ニュー・シネマ・パラダイスを見てください。たぶんまだ、ノスタルジーというほどに振り返る過去が少ないために理解できない、感動できないんだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ニューシネマパラダイス」と「ニューシネマパラダイス ディレクターズカット版」

多分、前者を観て、大大大好きな映画になりました。

そして多分、後者を見て、なんじゃこりゃ????となりました。

なんじゃこりゃ、のほうは、大人になったトトと女性の二人のシーンがだらだらと続き、映画を愛するトトの成長と郷愁の物語、からかけ離れた、駄作になったと思いました。
こっちが、ディレクターズカット、でよいですか?(もうこっちは観たくないので、確認しておきたく

Aベストアンサー

えーと、呼び方が多少入り組んでいるのです。
劇場公開版は後に「ディレクターズカット版」と呼ばれる「短い作品」で、
「完全オリジナル版」と呼ばれるのが「長い作品」です。

つまり、あなたが見たのは「ディレクターズカット版」であろうと思われます。
大ヒットしたのもこちらのバージョン。
仰るとおり、大人のトトのシーンが少ないシンプルなストーリーです。
完全オリジナル版は大人のトトの恋愛シーンが40分ほど入っています。

まあ、DVDなどでも尺を見れば大体わかるとは思いますけどね。
「繰り返して見ると完全版もなかなかの傑作である」という意見も多いですが、
テーマ自体も変わってしまうほどの違いですから、
最初に短い方を見ちゃうとどうしても引きずられちゃうでしょうね。

私も劇場公開版を見たクチなので、短いほうが好みです。

Q「ニューシネマパラダイス」に出てくる白黒映画

「ニューシネマパラダイス」に出てくる白黒映画の題名を教えてください。
30分くらいのところで、大うけしている喜劇です。
男が演奏のもの真似のようなをしています。
広場の壁に投影したものと同じものではないかと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

しばらく見ていないので記憶が曖昧ですが、イタリアの喜劇役者「トト」の作品だったと思います。

ただトトは日本じゃまったく知られてませんで、公開作品がまるでありません。「ナポリと女と泥棒たち」くらいのもんです。
少年の役名がトトだったので、これに引っかけていたのかもしれませんね。

http://us.imdb.com/name/nm0869451/


指摘されている作品とは違うと思うのですが、同じイタリアの人気コメディアン:アルベルト・ソルディの映画「白い酋長」も使われていました。
フェリーニの初期作品でこれに関してはデータベースのトリビアのコーナーにも出ています。
http://us.imdb.com/title/tt0095765/trivia

Qニューシネマパラダイス

この映画を見たとき、いたって普通な映画だな~って思ってしまいました。でも、世間の評価はものすごく高いですね。この映画の良さがわからない自分がバカなのかなと思いました。


質問です。
1この映画を通して、監督は何を訴えたかったのですか?
2この映画のどの部分で感動しましたか?

Aベストアンサー

私はこの映画があまり好きではないのですが
まだ回答がないようなので考えを述べさせて下さい。

> この映画を通して、監督は何を訴えたかったのですか?
監督が何を伝えたかったか?を考えるよりも
なぜ世間の評価が高いのか?そのために監督は何をしたか?
を考えた方が分かりやすいかな?と思います。

なぜこの映画は好まれるのか?
やはり映画好きのノスタルジックな憧憬に
(あざといまでに)的確に応えているからでしょう。
一口に映画好きと言っても色々な方がいるでしょうが
私のようにアクションやホラー、B級やカルト系が好きな人ではなく
古きよきハリウッド・スタイルの映画が好きな人~偏見を込めて断定すれば
保守的な映画が好きな人の嗜好を的確に捉えているからだと思います。

要するに「普通の・真っ当な・正しい」姿を装った映画ゆえに
ハリウッドの大味なアクション大作映画や
テレビ番組の延長線みたいな日本の娯楽映画や
難解を気取るヨーロッパの前衛的映画に疑問を感じているように人にとっては
救いの存在なんだと思います。

この映画の狙いが
単なる「映画賛歌のノスタルジー」に応えるモノなのか
それとも「ノスタルジーと決別し、現実を生きる」ための活力なのか
言い換えれば「シチリア」側が軸なのか
それとも「人生は、もっと困難なものだ。行け・・・・ローマに戻れ」
つまり「ローマ」側が軸なのか、その解釈は人それぞれでしょうが
http://www.satonao.com/cinema/paradiso.html
でも、多くの人を惹きつけて止まないのは
シチリアの街や広場や人々の人間的な(でも箱庭的な)情景、つまり
ノスタルジーだと思います。
ラストシーンなんてノスタルジックなファンタジーとしては
マスターピースだと思いますよ。
(でも、本当はああいうことはやっちゃイケナイんだよ。)
http://www.ne.jp/asahi/hp/mastervision/columns.html#NCP

あと、素直に素晴らしいと思うのは
役者陣、カメラ、そして当時若干33歳のジュゼッペ・トルナーレ監督の演出力。
上手いよね。
でも、技巧的だよね。
個人的な好みとしては技巧や作意が鼻について好きになれませんでした。
素材や味付けに凝ったアップルパイのようなもので
アップルパイ自体は伝統的な普通のお菓子だし
ああいうモノはあまり技巧に走ると途中で食べ飽きてしまうというか・・・

私はこの映画があまり好きではないのですが
まだ回答がないようなので考えを述べさせて下さい。

> この映画を通して、監督は何を訴えたかったのですか?
監督が何を伝えたかったか?を考えるよりも
なぜ世間の評価が高いのか?そのために監督は何をしたか?
を考えた方が分かりやすいかな?と思います。

なぜこの映画は好まれるのか?
やはり映画好きのノスタルジックな憧憬に
(あざといまでに)的確に応えているからでしょう。
一口に映画好きと言っても色々な方がいるでしょうが
私のようにアクシ...続きを読む

Qニューシネマパラダイスのこと

「ニューシネマパラダイス」という大変いい映画があるのですが、同名の映画がすごく前にあったのでしょうか?
昔の映画特集番組で正確な公開年は分からないのですが、たしか「ニューシネマパラダイス」という名前だったと思いますが、そんな映画が紹介されていました。
だれか知っている方、真偽(「ニュー~」かどうか)を教えて下さい。あと、それは1988年の「ニュー~」と関係あるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問にある「ニューシネマパラダイス」と同題名の映画はございません。また、類似した題名の映画も、私の知る範囲および、調べて判った範囲ではありません。

尚、件の映画は、1989年・ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。
邦題は「ニュー・シネマ・パラダイス」
原題は"NUOVO CINEMA Paradiso" です。
(映画ポスターと、映画中のタイトルバックで、大文字・小文字の表記が異なります。)

ちなみに、物語の中で焼け落ちる映画館が「楽園座」(シネマ・パラディソ)で、再建されたのが「新生楽園座」(ニュオ・シネマ・パラディソ)です。

Qニュー・シネマ・パラダイス

先日、3時間ノーカット完全版を拝見したのですが、
通常版とどこが違うのでしょうか?
どういったシーンが通常版ではカットされているのでしょうか?
映画自体、ラストシーンにほろっときました。。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

ニュー・シネマ・パラダイス
本当にいい映画ですよね
私は洋画好きですが 今までに見た映画の中で
5本の指に入るくらい 大好きな作品です

さて ご質問の件ですが
vivamartialartsさんが おっしゃるように
主人公が映画監督として 立派になって
帰ってきた時に 大好きだった女性と
再会し 二人の心にまた灯がともる
だけど・・・

そのあたりが通常版ではカットされています

通常版で大泣きした私は
ディレクターズカットが出た時
飛びついて見てしまいました

しかし 映画本来の出来からいうと
通常版の方が 簡潔にまとめられていて
いいかなーっと思いました

もう完全版を知ってしまったので
興味が無いかも知れませんが
通常版もごらんになって
その出来を比べてみてください

私はあの初恋の女性とは どうなったんだろうか・・・
とつれない思いをさせられて 
想像力をかきたてられ 余計に心に残りました


人気Q&Aランキング

おすすめ情報