痔になりやすい生活習慣とは?

少年野球の守備の練習でノックをしたいのですが
なかなか、思ったところにノックできません。
何か、コツはありますでしょうか。
また、コツを紹介しているサイトなどありましたら
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

打撃で大切なのは左手ではなく右手です。

なのでノックの場合は左手でボールを持った方がいいと思います。

ボールを持つ左手ですが上に投げ上げるというよりは、打ちたいポイントより少し高い場所位置からボールを落とすとか離すイメージがいいと思います。ノックが得意ではない人は下からボールを投げ上げて落ちてきたところを打つのでポイントが外れたり空振りしたりしてしまいがちです。
あと右手ですがバットにボールが当たりやすくしかも長い時間ノックするためにバットを肩にのせてから打つといいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに今までトスは上に上げていました。
そして、よく空振りしていました。
落とす感じですね。
とても参考になりました。
試してみます。

お礼日時:2007/01/22 08:28

No.1です。



一応、高校野球(硬式)の指導者経験があり、自分は軟式の草野球現役者です。
いくつかの回答が出ていますので、それらを参考にでかまわないのでしょうが、私は『右上げ右打ち』で『ノックバット使用』です。
ただ、本来は『左打ち』です。
外野ノック(特にフライ)をしていましたので、左打ちだとヘンにきれていって取りにくいみたいなので右で打っています。
また、ノックバットは当たる場所がきちんと揃えば打球の質もそろってきます。
ちょっと極論みたいになりますが、ノックも慣れ・練習です。
練習の練習というのも不思議な感がしますが、繰り返しノックしているのうまくなってきます。
外野の取れるか取れないかというところに打てるようになったら一人前です。
ここでの回答を参考になさってshin-cyanさんのノックが上達することを期待しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

守備向上には、良いノックが必須ですので
私もがんばります。

お礼日時:2007/01/19 08:23

No4,5さん、私の少年時代の監督やコーチは右打ち⇒右手トスの人ばかりでしたね。


右打ちの場合、左手が大事だという時代でしたから。
今は土手とかグラウンドとか見渡すと右手トス、左手トスどちらもいますよ。
右手は添えるだけの時代ではないですし、右手の使い方も大事とかなんでしょうか?
まあ要はやり易い方でやった方がいいという事なんだと思います。
私自身、子供のころ友達にノックする時、初めの方は左手で、
なんか大人の人達が右手でトスしてるのを見て右手に直した記憶があります。
現在はほとんど左手です。
右手でやるとなんか忙しくなる感じで・・・。
要は”慣れ”でしょう。
でも子供の頃の印象か、左手でトスあげてる人を「ん?デキルな?」なんて思ったりもしますね(^^;;

さて本題ですが、「思ったところに打てない」との事ですが、
基本は真っ直ぐ(試合で言うところのセンター返し)打つ事が出来れば、
あとは身体の向き(角度)を変えて打てばいいと思います。
サードにセンター返し、ショートにセンター返してな感じで。
これでとりあえずはコースを打ち分けは出来ますよ。

私の持論ですがゴロを打つ時はトスを高く上げない、早いゴロを打つ時はかなり低く、
またフライを打ちたい時は逆に高く上げます。
フライの時はボールの下をミートする感じで打つと、ボールに回転がかかり、
試合の時のフライと同じ質のフライが打てたりします。
でも最初のうちは打球の質に拘らず、バットの芯で捕らえれば力を入れなくても早い打球が打てる事を感じて下さい。
普通のバッティングでもそうですが力の入れすぎ、いわゆる「力み」は禁物です。

あとは数多く打つこと。
少年達の守備向上と共にノックもうまくなるといいですね。
がんばって下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

守備向上には、良いノックが必須ですので
私もがんばります。

お礼日時:2007/01/19 08:22

No.4です。



すみません。
仰るとおり右打ちの場合は右手で上げた方が良いとされているのが一般的のようです。
打撃は左手が重要だからです。

自分のことを書いてしまいました。

ただ、左手で上げるよりも、右手で上げる方がトスだけを考えれば難しくなると思います。
ミートポイントは前方にあるので、右手は遠い手になってしまうからです。

ですので、弱い内野ゴロを打つ場合には、左手で上げるのも無難だと思います。
右手にバットではなくハンマーを持っているとイメージすれば、行いやすいのが理解出来ると思います。


何れにしても、トスの上げる位置を一定させることが重要であることには間違いないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まず、トスの練習を根気よくしなくちゃいけないようですね。
がんばります。

お礼日時:2007/01/16 17:00

元ノンプロ選手です。



ノックって意外と難しいんですよね。コーチや監督がうまく打っているのをみると私も関心したものです。
私も今は後進の指導をすることもあるのですが、大変ですね。
むしろ、150キロの直球やフォークボールを打ち返す方が簡単とも思ってしまいます・・・

余計なことを書いてしまいましたが、自分の打ちやすいところにトスを上げることが大切に思います。自分のミートポイントを探して、そこにうまくトスを上げることです。そして打つ時は決して力を入れないように・・・


>右手でトスを上げて、

ご質問者様は左打ちですか?
であれば良いのですが、右打ちなら左手で上げた方が良いです。その方がスムーズにバットに手を移せます。
もし逆の手で上げるクセが付いているのであれば、直した方が良いです。初めは戸惑うと思いますが・・・

ノックバットは私もお勧めです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

右打ちです。
どこかのサイトで右打ちの場合は
右手でトスを上げると記載されていとので
右手で練習しています。
理由は、右手の方が正確なトスを上げれるからだそうです。
左手のトスの方がいいのでしょうか?

お礼日時:2007/01/16 16:05

「ANo.1」さん「ANo.2」さんのやり方を踏まえた上で、バスターエンドラン時のような打ち方をしてみてはいかがでしょうか。

テイクバックを小さくする、或いは、人によっては殆ど必要ないかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テイクバックを小さく・・・・
難しいな~

お礼日時:2007/01/16 16:02

専用のノックバットをお使いでしょうか? 実際のバットよりずっと細身の軽いものです。

これの方が遙かによくボールをコントロールできるようですよ。たぶん軽いせいだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ノックバットですか。
スポーツ店で見てきます。

お礼日時:2007/01/16 16:01

経験上です。



打つ瞬間まで眼を離さないことと、上から叩くことですね。

速い打球を打とうとして地面と平行にスイングすると切った感じの打球になってしまいますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
右手でトスを上げて、その手をバットに握るのに手間取り
なかなかタイミングがあいません。

お礼日時:2007/01/16 14:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q3人制審判のポジションについて

3人制で審判をするときの塁審の位置を教えてください。
例えば、走者なしの場合は2人の塁審は1,3塁に付いていますが、
走者1塁、
走者2塁、
走者3塁、
走者1,2塁、
走者、2,3塁、
走者満塁の場合、それぞれの
塁審のポジションを教えてください。

Aベストアンサー

審判メカニクスハンドブック第2版より、走者1塁、1・2塁、1・3塁、満塁のときは、一塁塁審は一塁後方のファウルラインの外側に位置し、三塁塁審は内野内の二・三塁間に位置します。
走者2塁、2・3塁は一塁塁審は内野内の一・二塁間に位置し、三塁塁審は三塁後方のファウルラインの外側に位置します。
走者3塁は、無走者と同様、一塁塁審は一塁後方のファウルライン外側に位置します、三塁塁審は三塁後方のファウルライン外側に位置します。
なぜ、ファウルラインをまたがないかとと言いますと、審判員が打球に触れた時、フェアかファウルボールか分からないので、数年前から、ファウルラインの外側に位置するようになりました。
ただし、プロは審判員によって、ファウルラインをまたいだり、ファウルラインの外側に位置したりしています。
質問には有りませんでしたが、走者1・3塁の場合も書き込みました。
余計な事まで投稿して、すみませんでした。

Qバッティングセンターでのバットの使用について

「バッティングセンターで、通常の試合用バットを使用するのは良くない」といわれていますが、これは科学的にも確かなものなのでしょうか?
また、最近、ミズノの「ビヨンドマックス」を購入したのですが、これは通常のバットと異なり、バッティングセンターで使用して劣化してしまうものなのか疑問です。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バットは使えば使うほど、ボールのはじきが悪くなります。ボールを売ったときの衝撃により、劣化していくからです。ひどくなっていくとひびが入ったり曲がったりすることから考えれば、徐々に劣化していることは明らかでしょう。全然劣化しなければひびが入ったり曲がったりはしませんから。ちなみに金属バットと疲労かなんかで検索すればいろいろ出てくると思いますよ。

ビヨンドマックスについて実際に使用してませんが、柔らかいところもまったく劣化しないとはいえないと思いますが、そこ以外だけで考えても、根元などは確実に劣化します。

ですから試合で使うようなバットは、バッティングセンターに限らずあまり使いすぎることは避けるべきであると思います。というか試合だけで使うから試合用なのではないですか。

実際わたしは県で優勝したのですが。大会前になるとレギュラー1人1人に新しいバットを用意し、大会直前だけそのバットで練習しました。

プロの方も練習では基本的に試合用は使わないと思います。テレビでもよく色のついた明らかに試合で使ってないバットを使ってますよね。

結論はバットの疲労はかまわないから、試合と同じものを使って練習したいのであれば、いくらでも使い。バットのはじきを保ちたいなら、バッティングセンターに限らずなるべく使わないことだと思います。

バットは使えば使うほど、ボールのはじきが悪くなります。ボールを売ったときの衝撃により、劣化していくからです。ひどくなっていくとひびが入ったり曲がったりすることから考えれば、徐々に劣化していることは明らかでしょう。全然劣化しなければひびが入ったり曲がったりはしませんから。ちなみに金属バットと疲労かなんかで検索すればいろいろ出てくると思いますよ。

ビヨンドマックスについて実際に使用してませんが、柔らかいところもまったく劣化しないとはいえないと思いますが、そこ以外だけで考えて...続きを読む

Q野球(少年野球)のセオリーもしくは戦術について

友人の子供が少年野球をやっているということで、セオリー等を解説している本を探しています。
例えば、どういった場面でバントをするのか、どういった場面でヒットエンドランをするのかといったことを子供に教えたいそうです。
どなたか良い本をご存知の方おられましたら、教えていただければ、幸いです。

Aベストアンサー

下の方のとおりですね。確立の問題でしょう。当たり前ですが攻撃側は点を取る確立、守備側は点を取られない確立が高い作戦を取るべきです。セオリーについての解説本はみたことはないですね。あっても私は買いませんが。なぜなら少し考えればわかるし、作戦はチームによって異なるからです。

基本は、攻撃側の場合、ランナー1塁の時、
ノーアウトの時 バント
ワンアウトの時 エンドラン
ツーアウトの時 スチール

守備側の場合、ランナーなしの時、
ノーアウトの時 出塁警戒
ワンアウトの時 中間守備
ツーアウトの時 長打警戒
となるでしょう。
なぜこうなるかはわかりますよね?点が入るか入らないか確立の問題です。

ただし、イニング、スコア、ボールカウント、打順、選手の能力、天候等々の条件で色々と変わってきます。そこはどう作戦を取るかは、監督・選手それぞれが考えなくてはならないし、チーム内の意思疎通が重要になるでしょう。そこは普段の練習・ミーティングが必要となるということです。

Qティーバッティングのトスの上手な上げ方

小学4年の息子が少年野球をしています
 
練習の手伝いをする時
ティーバッティングのトスが上手くあげられません
(打者の斜め前から投げて ネットに打ち返す練習の事です)
 
コツがあれば教えてください
(○○を狙って投げる など)
 
右バッターの場合,左バッターの場合で
注意する点は異なるのでしょうか
 
ちなみに私は右投げです
宜しくお願いします

Aベストアンサー

ネットの横に立ち、肘を伸ばして肩を動かし、ソフトボールの投手が投球するように投げると、比較的同じようなボールが続けられるのではないでしょうか?
投げるコースは、打者に打ちたいポイントを申告させ、そこを通るように投げればいいでしょう。

よくティーバッティングというと、山なりのボールをふわりと投げるようなイメージを持たれますが、それだと打者が打ちたいポイントになかなかボールが集まりません。
ちょっと早めのボールを腕全体を大きく振って投げることで、打者もタイミングがつかみやすくなると思いますよ。

Q捕手の掛け声を教えて下さい。

キャッチに慣れていない、軟式野球をやっている者です。
毎回、ベースの前で「しまっていこう」って感じで声をかけたいのですが、
「しまっていこう」ばっかりではつまらないです。
何か、他に良いかけ声は無いでしょうか?
それから、試合中に、ぴっちゃーや守備陣にも声をかけたいのですが、何か効果的な言葉はありませんか?
是非、お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の場合、ボール廻し後は常に「サッ、イコ~(さぁ行こう)」でした。(永遠のマンネリですな。)

なんちゅーかな、ハッキリした言葉も良いんですが、ボール廻し後の一声ってのは、メインが気合い入れなんですな。 ですから、極端に云えば「キェ~」でも「チェスト~」でもOKで(さすがに変な声で使いませんが)、「ん?今キャッチャーは何て言った?」とか、気合いが抜けるなんて事が無ければ、どんな言葉でもOKでしょう。


試合中に声を掛けるタイミング。
ランナーが居ないときなら、ボール廻しを開始したら相手のサイン交換を睨み、投手の横で一塁手(or三塁手)が球を捕ったらアウトカウントを言います。(この時、内野はこれを外野に転送。ボールを捕った野手は投手に球を手渡しします。)
ランナーが出たら、先ずは相手のベンチを見て、次の動きを想像します。 で、大事なのは、これを見てから指示(バックホームなどの守備隊形)をベースの前で伝えることで、この指示後に(捕手が)ポジションに帰るまでには一呼吸ありますから、敵の監督が小細工する人等で新しいサインなどが出たら、次の戦法は益々想像しやすくなるんですね。(ですから、敢えて1/3塁に突っ込む指示を出してバントを未然に防止することもあります。)

あとは、カウントの進み具合で適度に声を掛けたら良いでしょうが、余り頻繁に掛けるのも相手に舐められるかな?


言葉は捕手と内野の信頼関係にもよりますが.....。
出来たら短く強い口調、捕手が全てを仕切る感じがいいかもしれませんし、併せてゼスチャーも。
例えば、ゲッツー指示も「内野!ゲッツー」てな具合で、二塁を指示しながら。 バント警戒なら、一塁三塁にバントの仕草を見せながら「バント!!」。

大事なのは、必ずホームベースの前でやること。
言い替えたら、捕手がホームベースの前で出す指示は全て大切で、内外野はそれに注目するというか、リズムを創り出すって事ですね。
また、次にどの塁に送球するのかを先ず指示すること。
「バント! セカン狙え!」じゃなくて、内野全体に「内野!セカン狙え!」、続いてサードファーストに「バント!前来い(or突っ込んでこい)」ってな感じですな。
(その野手に必要な情報だけを伝えるってこと。)


捕手ってのは、やり方一つで相手をドンドン消極的にできまして、勝ち負けを見ていったら、これが凄く重要なんですね。
例えば、投手への返球の前に各ランナーをチラチラみるとか、思いがけないときにファーストへ牽制するとか。
これをやって、それを受けた指示をすることで、相手を牽制して消極的にさせるってのが大事かな?と思います。

 ※:捕手からの牽制はアウトにしなくてもOK。
   アウトにできたら儲け物と捉えましょう。
   (アウトに出来るなら理想ですが...)
   捕手の目やタマの牽制は、相手が上手いチームで
   あればあるほど警戒させて、相手が下手なら刺す
   タイミングがボロボロ見つかるもんです。

私の場合、ボール廻し後は常に「サッ、イコ~(さぁ行こう)」でした。(永遠のマンネリですな。)

なんちゅーかな、ハッキリした言葉も良いんですが、ボール廻し後の一声ってのは、メインが気合い入れなんですな。 ですから、極端に云えば「キェ~」でも「チェスト~」でもOKで(さすがに変な声で使いませんが)、「ん?今キャッチャーは何て言った?」とか、気合いが抜けるなんて事が無ければ、どんな言葉でもOKでしょう。


試合中に声を掛けるタイミング。
ランナーが居ないときなら、ボール廻し...続きを読む

Q少年野球の監督をうまくやめさせるには?

カテゴリーが違っていたらすみません。
少年野球に息子たち(小4・小2)を入れてから1年がたちます。
監督のことで相談があります。

この監督は前監督が、暴力事件が原因で辞めた後を引き継いだ人です。1年前の会議で、引退直前の6年生の親を中心に批判されていました。なぜかというと、この監督になってから、子供たちが「野球がおもしろくない」と言い出したのです。子供を野球を通じて育てていく考えはなく、勝てればいいと言う感じで子供の心は見ていないのです。
ワンマンで人の意見をききいれないひとで、ほかの父親が指導にくるのをいやがるのです。子供もどなりちらします。やめろ、やめろと言われましたが、本人の「志半ばでやめたくない!」と言い張ったのと、代わりにやってくれる人が見つからなかったので去年は続行でした。

今度、今後の役員を決める会議があります。この監督を辞めさせるにはどうしたらいいでしょうか?
この監督の子供が今5年生なので多分もう一年やると言い出します。
誰もがなっとくする形でやめさせるにはどうしたらいいでしょうか?

私としては、できるだけ多くの反対者を募る。
次期引き受けてくれる監督としてふさわしい人を決めてお願いしておく。
などですが・・・

カテゴリーが違っていたらすみません。
少年野球に息子たち(小4・小2)を入れてから1年がたちます。
監督のことで相談があります。

この監督は前監督が、暴力事件が原因で辞めた後を引き継いだ人です。1年前の会議で、引退直前の6年生の親を中心に批判されていました。なぜかというと、この監督になってから、子供たちが「野球がおもしろくない」と言い出したのです。子供を野球を通じて育てていく考えはなく、勝てればいいと言う感じで子供の心は見ていないのです。
ワンマンで人の意見をききいれな...続きを読む

Aベストアンサー

私も小学2年から野球をしていました。今でも大の野球好きでチームもありますし、教えることもたまにあります。その人の人格は知りませんが、決定的なのは子供たちが「野球がおもしろくない」と言い出した。
ここです。野球に限らずスポーツは勝つことも大切です。子供達も負けるより勝つことが良いはずです。ただ負けて知ること、野球を通して上下関係、忍耐、達成感、健康作り等々いろいろあります。
役員会議があるのならそこで決定して意見を言うのはいいですね。
ただ、辞めてもらう前に、良いチームの監督の姿を理解することも大切です。それと、嘘でもとりあえず監督をされた労いの文面を添えたほうが良いと思います。想像ですが地域のチームですよね?新監督で子供が活き活きした姿をその監督が見たとき、自分も反省する点が見えると思います。
ただ、少し気になるのは、その監督の子供がチームにいるということ。
このお子様を守ってあげて下さい。それと質問にある良い辞めさせ方ですから、一方的に多数決で不信任案みたいに提出すると、その方が何かも嫌がらせをされては困ります。
根本的意見+相手だって多くの人数で来られていきなり「辞めて下さい」では納得いかないでしょう。今まで子供の指導に対して多少感謝めいたことを言いつつ、お時間あれば見にきて下さい(来ないと思いますが)と書いたり、言えば、身を引くはずです。
子供達が安心して野球が楽しめる方法を親として考えてあげて下さい。

参考URL:http://www.good-news.jp/coaching/bekarazu.htm

私も小学2年から野球をしていました。今でも大の野球好きでチームもありますし、教えることもたまにあります。その人の人格は知りませんが、決定的なのは子供たちが「野球がおもしろくない」と言い出した。
ここです。野球に限らずスポーツは勝つことも大切です。子供達も負けるより勝つことが良いはずです。ただ負けて知ること、野球を通して上下関係、忍耐、達成感、健康作り等々いろいろあります。
役員会議があるのならそこで決定して意見を言うのはいいですね。
ただ、辞めてもらう前に、良いチームの監督...続きを読む

Q夏場のグローブは汗臭い!なんとかしたい!

こんにちわ!
最近草野球の練習の合間にふと思いました。グローブがくせぇ!!
練習用とはいえ、手入れをさぼっただけでこんなに臭いとは。笑
そこで皆さんに質問です!皆さんは高校野球など(一番汗かいてたあの頃)で、汗臭くなったグローブをどのように消臭していましたか??
僕は、守備手袋付けたりドライヤー使ったり練習中は出来る限り左手から外して手を拭いたりしていました!
色々な意見を聞きたいと思いますので、皆さんの回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

薄い綿の手袋を手につけて濡らしてよーく泡立てます
手袋全体に泡がつくように

それをグラブに突っ込んでゴシゴシして
取り出して

濡らしただけの手袋を突っ込んで泡をふき取り

陰干しです。

Q野球のユニフォームはなぜあんなスタイルなんでしょう?

野球のユニフォームはなぜあんなスタイルなんでしょう?

まあ、野球に限りませんが、機能優先であるはずのユニフォームがなぜあんな形なのかが疑問に感じることがあります。

1、まずアンダーウェアを着てからゼッケンのついた上着を着るという形。
2、今はなくなりつつあるようですが、あの意味のわからないソックス。なんでパンツの裾を中に入れていたのか、あのガーターはなんの意味があるのか?スポーツウェアの中であんな面倒なソックスの形を採用していたのは野球くらいでしょう?意味がわかりません。

3、腰のベルト。あれはなんなんでしょう?ずり落ちでも心配したのでしょうか?ジャージなどに見慣れた身としては、「腰にベルト」というのが非常に違和感なのですが。

ユニフォームの時代ごとの変遷などに詳しい方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

1 野球の歴史から、軍服や作業服が現在のユニホームの元になっているのだだと思います。それが、織布のトップとニットのインナーの組み合わせになったのでしょう。一方、サッカーやラグビーのウェアの元はジャガード編みのセーターですから、発祥が違うためだと思います。これは、野球が社会人のクラブから発生し、サッカーやラグビーがパブリックスクールなどのカレッジ同士のゲームから発症していることにあります。

2 サッカーやラグビーのストッキングも3-40年前までは、見た目は違いますが野球と似たようなものでした。コットンのソックスの上に筒型kウールで下にループの着いたストッキングを重ねてはくというものです。現在のようなソックスとホース部分が一体化したストッキングになったのは化学繊維が進化して両方を兼ねるようなものが作れるようになったからです。

野球も同様、元々は、ストッキングとアンダーストッキング(ソックス)はウールとコットンで材質が違います。ストッキング自体は当初はゲートルだったのがウールのニットになったのだと思います。現在は、ソックス、ストッキングとも化繊ですから一体化しても好いとは思います。なお、ストッキングのループの長短やパンツ丈は一種のファッションで流行り廃りがあり、現在の長いパンツはそのうちダサイ着こなしになってしまうと思います。
なお、最近使っているか解りませんが、ストッキングの下に着けるレガース(昔は竹製)はあります。

3 2-30年前には、プロや社会人でベルトレスとボタン無しの被るタイプのユニホームが大流行したのですが、こういうのも流行廃りがあり、今ではクラシックスタイルが流行で、ベルトレスやニットの被りタイプはダサいユニホームの象徴になってしまいましたね。
高校野球はベルト必須ですが、他のカテゴリーではベルトレスも使用可能なはずです。ただし、個々に好みで選ぶことは出来ず全員が同一デザインのものを着用しなくてはなりません。

まあ、スポーツのウェアって、結構流行のあるものです。サッカーのショーツも2-30年前は短くて(ボクサーブリーフくらい)パッつんパッつんのが流行っていました。まあ、ウェアメーカーの販売戦略に載せられている面も大きいでしょうね。

もう一点は、ユニホームも野球の文化の一つであって、それを買えることはファンにとっても喜ばしくないという面もあるでしょう。1970年代後半にシカゴ・ホワイトソックスが夏用に半ズボンのユニホームを使ったことがあります。暑い夏ですから、半ズボン自体は涼しそうで合理的だと思いきや、選手、ファンからブーイングに遭い、早々に引っ込めてしまいます。これは、野球は野球らしい格好でというのもありますが、それよりも当時のホワイトソックスは檄弱で、「弱いくせに何やっとんじゃ」という思いが強かったのかも知れません。
http://www.freewebs.com/karamaxjoe/thewhitesoxshorts.htm

1 野球の歴史から、軍服や作業服が現在のユニホームの元になっているのだだと思います。それが、織布のトップとニットのインナーの組み合わせになったのでしょう。一方、サッカーやラグビーのウェアの元はジャガード編みのセーターですから、発祥が違うためだと思います。これは、野球が社会人のクラブから発生し、サッカーやラグビーがパブリックスクールなどのカレッジ同士のゲームから発症していることにあります。

2 サッカーやラグビーのストッキングも3-40年前までは、見た目は違いますが野球と似たような...続きを読む


人気Q&Aランキング