始めまして。自分は最近イギリス病について学校で授業があったのですが
授業の中で思ったのが、現在の日本と重なる点が結構あるのではないかと考えました。
現在の日本の政治的状況を見て
19世紀の終わりから20世紀の今のイギリス
の社会状況がそのまま日本に再現されているように思います。
イギリスと言う福祉国家において病弊と言うべき財政難などは
今の日本においても言えるこてではないでしょうか?
(もちろん日本の場合は、公共事業によるものもありますが)
そう行ったなかでイギリスでは昔サッチャーさんが
国内政策で減税を断行する変わりに福祉関係を切り落とし
経済の立ち直らせたわけですが、今の日本は
経済を優先しつつ福祉も充実させようと言う、
相反する考え方をしているように思います。
今現在イギリスにおいて『イギリス病』といわれるものは
無くなったと言われていますが、
今度は日本において『イギリス病』が発生するのでは
(すでに発病?)ないでしょうか?
それを防ぐためにはこれからの政策のあり方としては
どういったものが考えられるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『イギリス病』の捉え方が少し違うように思います。

『イギリス病』とはかつて
<ゆりかごから墓場まで>とまで言われていたように国家が国民の面倒をすべてみるというシステムの中でだんだんと国民が働かなくなったことを指すと思います。
国民が働かないのですから当然国内の生産は落ちます。それでも国家が面倒をみてくれるから働かない、という悪循環に陥ったのです。これでは共産主義と変わらないと思います。これを断ち切ったのがあのサッチャーさんでした。
 さて日本も『イギリス病』になっているか、もしくはなるか?というと私の考えは否です。なぜかというと根本的に日本にはそんな余裕はありません。皆が必死に働かなければ生活ができません。イギリスのように国家が面倒をみてくれたことは一度たりともありませんでした。確かに1980年代に日本は繁栄していましたが、それでもその間に赤字国債を減らすことはできませんでした。そのような国がどうして国民の面倒をみれるでしょう。かつて<パックスブリタニカ>という時代があったようにもともとイギリスと日本では国力が違うのです。ですから日本は『イギリス病』にはなれないと考えます。
 赤字国債について述べます。赤字国債は将来の子孫に借金を押しつけであるという考えが主流ですが、赤字国債を買うのは国民であり、しかもその利子を受け取るのも同じ国民であるから単純に借金の押しつけにはならないという学者もいます。私は学者ではないのでどちらが正しいかは分かりかねますが、こういう考え方もあることは知っていてよいと思います。
 日本の財政赤字を改めるためにいろいろな改革をやろうとしてきました。しかし、既得権益を離したくない民間や官僚によって遅々として進んでいないのが現状です。それには巷間いわれるように政治家のリーダーシップが必要です。その政治家を選ぶ国民に重大な責任があるはずです。しかし、『イギリス病』とはまた違った『無関心病』が発病しているように思えてなりません。これを防ぐには国民一人一人が意識を強く持つ以外にないと考えます。
 最後に気になったことが一つ。
日本の国内貯金総額が1300兆円というのは現金だけを指しているのではなく、その中には株券、債券および生命保険なども含んだ数字のはずです。ですから公共債が貯金総額を上回ることはほとんどないはずです。
                     (間違っていたらごめんなさい。) 
    • good
    • 0

回答になってないと思いますが、質問の「現在の日本と重なる点が結構あるのではないか」


という点には共感しました。


平成12年の日本のGDP(国内総生産)に対する財政赤字額の比率は11%
でしたが、これは「双子の赤字」と評された‘80年代初頭(レーガン時代)の
米国の財政赤字や、質問にある「英国病」と言われたイギリスの財政赤字時代で
さえ、「6%」にすぎなかったわけですから。

それでいて、日本の個人感覚として当時の米国・英国と比べて危機意識が少ない
のは、日本の国内貯蓄額(半死蔵財)の合計が現在1300兆円で、これが英独仏
3国の合計よりも多額であるため、つまり「貯金があるもんね~」ということで
不安感が少ないんですね。
また現時点では財政赤字がほとんど国民に転嫁されていないため、個人の不況感
が低いともいえます。

では個人が不況感を感じるときはいつでしょう?
日本での個人貯蓄の目的は「老後対策費」が中心で、一定の年齢に至ると取り崩し
をはじめると考えられます。「団塊の世代」と言われる50代前半の国民が取り崩し
をはじめるであろう10年後くらいから、貯蓄総額を公共債が上回ることになり、
税金を上げざるをえなくなるでしょう。
(公共債=国債・地方債等。合計は645兆円。)

明治維新時に3千数百万人だった日本人口が、現在1億3千万人にせまっています。
独の8千万人、英仏の5千万人を超え、先進国で1億人を超えるのはいまや日米の
みとなっています。
人口増加は2007年(2005年説もある)をピークに減少していき、高齢化と
あいまって労働人口が減るため、結果的に納税者の総数も減少、さらに不況感が
高まると予測できます。
団塊の世代は「その子ども世代」に債権を押し付けて「食い逃げ」できる部分が
ありますが。
従って今から5年間程度で財政赤字を解消し、その後の5年間程度で成長期に
移行しておかないと、
遅くとも10年後には地獄がやってくるでしょう。 そうならないことを願います。


osapi124でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【歴史・イスラム国が英国イギリスで自爆テロをしない理由】イスラムが自爆テロで狙うべき国はフランスやド

【歴史・イスラム国が英国イギリスで自爆テロをしない理由】イスラムが自爆テロで狙うべき国はフランスやドイツではなく英国イギリスでは?

第1次世界大戦のときにオスマン帝国統一を英国イギリスが約束したのに約束を破ってユダヤ人たちに勝手にイスラエルという土地を中東アラブ諸国を無視して上げてしまったのが歴史上の失敗であり、イスラム人が最も恨むべき国は英国イギリスのはずなのになぜ英国イギリスで自爆テロが起こらないのか不思議です。

なぜでしょう?

アメリカで自爆テロが起こるのは自業自得なので無視しています。

Aベストアンサー

>なぜでしょう?

 彼らの(テロリスト)の
手段的では、セキュリティが厳重で出来ないだけ

 やりやすい方法でやりやすい国で
リスクが、低く成功率が高い方法、場所を考えているから

Q日本政策投資銀行と日本政策金融公庫の違い

日本政策投資銀行と日本政策金融公庫の違いを教えてください。
どちらも政策金融機関ですし、信用が低い人への貸し出しも行っているのではないでしょうか?

明確な違いを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

日本政策投資銀行
財務省が作った
どちらかというと大企業向け
どちらかというと融資より投資


日本政策金融公庫
経済産業省が作った
どちらかというと中小企業向け
どちらかというと投資より融資


縦割り行政の結果でしょうね。

Qイギリスで昔あったテロ(?)について

カタゴリーが間違っていたらすみません。イギリス、ロンドンの、イーリングという場所で、3~7年前にあった、小規模の爆弾テロについて詳しく知っている方、当時近くに住んでいた方がいましたら、その詳細を教えていただけますか?たしか、夜中に本屋の近くで起こったものだったと思うのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版のウィキに載っていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/3_August_2001_Ealing_bombing

要約すると、

2001年8月3日にイーリングのブロードウェイ通りにて、RealIRAにより、7人の負傷者を出し、
200m以上にも渡って被害をもたらした自動車爆弾テロが引き起こされました。
この爆発はちょうど午前零時過ぎ頃に起こり(いくつかの報告書によるとまだ日が変わる前の8月2日だったとの声もある)、
爆発による直接的な被害の他には、隣接するイーリングブロードウェイショッピングセンター内で、
自動車爆弾の真下にあった水道管が破裂したことによる浸水被害も引き起こしました。

2001年11月、Noel Maguire、Robert Hulme 、Aiden Hulme(RovertとAidenは兄弟)という3人の男が、
英国内の3件の爆弾テロの容疑で逮捕されました。
3件の内訳は、
1件目が2001年3月4日にBBCにて起こされた自動車爆弾テロ、
2件目が本件、
3件目が2001年11月3日にバーミンガムにて起こされた爆弾テロです。

2003年4月8日、彼らは全員中央刑事裁判所(日本の最高裁のようなものだと思います)により有罪判決を受け、
Hulme兄弟が各々禁固20年、テロ計画の首謀者と目されるNoel Maguireには禁固22年が言い渡されました。

またこの3名以外にも、アイルランドのLouth地方出身のJames McCormack、
及び北アイルランドのFermanagh地方Newtownbutler出身のJohn Hannanという2名の男が、
この3名の判決以前に既に容疑を認めていました。
この5名の中でも主犯格だったJames McCormackに対しては禁固22年、
事件当時まだ17歳だったJohn Hannanに対しては禁固16年が言い渡されました。

英語版のウィキに載っていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/3_August_2001_Ealing_bombing

要約すると、

2001年8月3日にイーリングのブロードウェイ通りにて、RealIRAにより、7人の負傷者を出し、
200m以上にも渡って被害をもたらした自動車爆弾テロが引き起こされました。
この爆発はちょうど午前零時過ぎ頃に起こり(いくつかの報告書によるとまだ日が変わる前の8月2日だったとの声もある)、
爆発による直接的な被害の他には、隣接するイーリングブロードウェイショッピングセンター内で、
自動...続きを読む

Q現在の日本の経済政策

現在の日本の経済政策について、具体的にどんな政策があるのか。
またその政策のいい点、悪い点を教えてください!!
ご回答待っています!!

Aベストアンサー

小泉以前の経済政策は負け組みを作らないというものでした。
つまり、規制で競争を制限し、建設業者を食べさせる為だけに公共事業を行なったり、談合を行い仕事を分配し、所得の低い産業(農業や商店街)には補助金をばら撒いていたわけです。
小泉以降は新自由主義といわれる競争政策です。
つまり、政府は市場のルールを作ったり、国にしか出来ない社会インフラを整備するという事以外はせず、規制を撤廃し、民間の自由競争を制限しないというものです。

良い点
競争をするので生産性が上がる=総所得が上がる、物価が下がる=長い目で見れば国民所得が上がります。
逆に言えば、弱者に補助金をばら撒くと、弱者は自らを改革しなくなるので生産性が上がらず、強者の参入を制限すれば、そこで生まれるはずだった雇用が生まれなくなります。

悪い点
競走には敗者が出ます。その人たちはしんどい目に逢うと思います。

よく小泉改革で格差が広がったといいますが、自由競争に伴い敗者が出るのはやむをえないことです。

例えば、大規模店舗のせいで商店街が大変だという人が居ます。
しかし、我々が大規模店舗を何故利用するかといえば、安くて便利だからです。何故商店街を利用しないかといえば、高くて不便だからです。高くて不便な商店街の為に便利で安い大規模店舗を制限することが、本当に正しいのでしょうか?
大規模店舗は無いほうが良かったのでしょうか?大規模店舗をなくしてしまい、高くて狭くて古い商店街で買わざるを得ないようにした方が本当に良いのでしょうか?
それは、商店街という生産者を守る為に消費者を犠牲にしているという事です。もっと言えば、それは消費者から税を取って、商店街に補助金を渡している、ことと同義です。そこまでして商店街は守らなければいけないのでしょうか?
また規制で今いる人たちを守るということは、これからそこに参入する筈だった人たちを虐げるという事です。大規模店舗を規制していたら今大規模店舗で働いている人たちの雇用はどうなっていたのでしょうか?

そんな政策が本当に正しいのでしょうか?私は規制撤廃による競争政策は間違っていなかったと思います。

小泉以前の経済政策は負け組みを作らないというものでした。
つまり、規制で競争を制限し、建設業者を食べさせる為だけに公共事業を行なったり、談合を行い仕事を分配し、所得の低い産業(農業や商店街)には補助金をばら撒いていたわけです。
小泉以降は新自由主義といわれる競争政策です。
つまり、政府は市場のルールを作ったり、国にしか出来ない社会インフラを整備するという事以外はせず、規制を撤廃し、民間の自由競争を制限しないというものです。

良い点
競争をするので生産性が上がる=総所得が...続きを読む

Qイギリスのテロの被害者情報

私が海外に住んでいた時に親しくしていた友人グループは、多くがイギリス出身で現在ロンドン在の友人も多く、事故後、親しい友人とは短いメールで連絡が取れたのですが、友人の友人(私も以前何度か遊んだ事がある人)が事故に遭遇した恐れがあると言うことなんです。どこかに被害者の名前が載っているHPはありますでしょうか?(日本人ではありません)

Aベストアンサー

ありゃりゃ・・・
改行されちゃってますね^^;
こちらをコピペでどうぞ
http://en.wikinews.org/wiki/Explosions,_'serious_incidents'_occuring_across_London

Q現在の日本の金融政策

現在の日本の経済状態、行われている金融政策、短期金融書市場の動向は、おおまかに言うとどのような状況なのでしょうか…?
金融につてのの知識が乏しいもので困っています…。
どなたかお願いします!!

Aベストアンサー

日本銀行は2001年3月以降、量的緩和政策という超金融緩和政策を行っていて、その結果、短期金融市場金利は限りなくゼロに近づいています。

日本銀行がそんなわけで民間金融機関の準備預金の積立など資金繰りをすべて手当てしているので、金融機関同士で短期資金の融通が行われる場であるコール市場は取引量が以前と比べると激減しています。コール市場の機能不全を危惧する声も出ています。

Qイギリスの事は英語でなんと言えばいいのか

同じ様な質問が過去にもあるかもしれませんが、
以前から疑問に思っていたことがあり、
今日ニューヨーク同時多発テロのチャリティーコンサートを
みていて改めて疑問に感じたので質問させて頂きます。
コンサートはニューヨークのマジソンスクエアーガーデン
で行われていて、MCはアメリカ人の様です。
そのコンサートに『the who』が出ていたのですが、
from Englandと紹介されていました。
ネットで調べてみたところ『the who』はイングランド地方の
ロンドン出身のようでした。
『the who』が演奏している後ろにはイングランド地方の旗では
無くユニオンジャックがかかげられていました。
日本ではイギリスの事を正式には『グレートブリテン及び
北アイルランド連合王国』というようですが、普通日本で
イギリスと言えば『イングランド地方』の事ではなく
『グレートブリテン及び北アイルランド連合王国』を指すと
思いますが、例えばアメリカ人が『England』という場合
どちらを指しているのでしょうか?人によって違うのでしょうか?
又、日本人が英語でイギリスと言う場合はなんと言えばいいのでしょうか?

同じ様な質問が過去にもあるかもしれませんが、
以前から疑問に思っていたことがあり、
今日ニューヨーク同時多発テロのチャリティーコンサートを
みていて改めて疑問に感じたので質問させて頂きます。
コンサートはニューヨークのマジソンスクエアーガーデン
で行われていて、MCはアメリカ人の様です。
そのコンサートに『the who』が出ていたのですが、
from Englandと紹介されていました。
ネットで調べてみたところ『the who』はイングランド地方の
ロンドン出身のようでした。
『the who』が演奏し...続きを読む

Aベストアンサー

UK, Great Britain, Britainなどいろいろな言葉がありますが、アメリカの日常会話では「England」という言葉がよく使われます。

使う人には大きく分けて二通りの種類があります。
(1)なんとなくイギリズ全土のことかなあと思って使っている人で、日本人に喩えるなら、ニューヨークがアメリカの首都だと勘違いしているヤカラに似ていて、子供ならこういうのが、わりと当たり前だったりする。
(2)Englandはあくまでもイングランド地方だけだと認識している人々。
です。マジソンスクエアーガーデンでMCをやるほどの人は、まず(2)と思って間違いありません。

しかし、それはさておき、そもそもはイギリス人自身が「England」という言い方を好みます。私は以前、電話で相手の「nationality」を英語で尋ねるアンケートを数年にわたりやっていたのですが、イギリスの人はたいてい「English」「Scottish」「Welsh」「Irish」といった言い方をします。稀に「UK citizen」と言う人もいましたが少数派でした。特に、イングランド以外の人の中には、その歴史ゆえに、自分たちが「UK」とか「GB」の一部だと認識することに抵抗がある場合が少なくありません。これは沖縄の人たちが返還後、何年経っても自分たちを「日本人」と分けて考える傾向があったのに少し似ています。

で、一方では、UK/GBがEnglandを中心に発展した(制圧した??)こともあり、Englandの人たちは、んん、イングランド=UKというのとは違うけど、「イングランドもUKも同じようなもんじゃん。北のほうの人たちはその人たちで自由に考えて」みたいなところがあります。なので、ユニオンジャックにも何の抵抗もありません。なので、逆に言えば「イングランド地方以外を指していないのであれば、『イギリス』みたいな意味合いでEnglandと言う」みたいなところがあります。ちょっとわかりにくいかもしれませんけど。

ただですねえ、ザ・フーのバックにユニオンジャックがあったのには、別のわけがあります。「The Who」で画像検索していただければわかりますが、ユニオンジャックは、いわば、このバンドのトレードマークなのです。もともと1960年代には、モッズ・ファッションにユニオンジャックのデザインが大幅に取り入れられていたのですが、その中心にいたのがザ・フーです。私も来日公演では、ユニオンジャック模様のバンダナを買いました(すみません、非公式グッズです)。友人はユニオンジャック柄のジャケットを着て(派手です)ライヴをやっています。パッと見だけでザ・フーのコピー・バンドだとわかります。

何しろ、ユニオンジャックはオシャレです。70年代には、ユニオンジャック柄のロンドンブーツ(厚底の靴ね)が渋谷でも流行りました。もちろん、アメリカでも星条旗の柄を着たり、フランス人はトリコロール模様が好きだったり、イタリア人も旗の3色をデザインに取り入れたりします。日の丸は、ちょっとあっさりしていますが、このように、ファッションが急に派手になった60~70年代には、国旗をモチーフにしたデザインが流行したのですよ。

というわけで、「England=限りなくUKと同義語」という面はなきにしもあらずなのですが、それとは別の意味での、このバンドならではの、ユニオンジャックなのです。

UK, Great Britain, Britainなどいろいろな言葉がありますが、アメリカの日常会話では「England」という言葉がよく使われます。

使う人には大きく分けて二通りの種類があります。
(1)なんとなくイギリズ全土のことかなあと思って使っている人で、日本人に喩えるなら、ニューヨークがアメリカの首都だと勘違いしているヤカラに似ていて、子供ならこういうのが、わりと当たり前だったりする。
(2)Englandはあくまでもイングランド地方だけだと認識している人々。
です。マジソンスクエアーガーデンでMC...続きを読む

Q【社会・消費拡大しないのはなぜ?】今の日本は消費が低迷しているらしいですが、今の日本って共働き時代で

【社会・消費拡大しないのはなぜ?】今の日本は消費が低迷しているらしいですが、今の日本って共働き時代で、女性も働く時代で更に結婚しない出来ない独身者時代ですよね?

独身者は子供を育てるためのお金を浪費してますよね?

それが共働き時代で女性も一定収入があり、男性も給料が減ったと言っても昔と比べて5割も減ったとか言う話じゃないですよね?

男の収入が女の社会進出で5割減ったわけでもなく、ついでに女性も収入を得ていて、更に独身でお金を子供を育てる分のお金を日夜趣味や週末の花金や休日に散財してる。

それなのに消費が減ってるってどういうことですか?

なぜ共働き時代+独身者時代に消費が低迷する理屈が分かりません。

どういう仕組みですか?

Aベストアンサー

結婚しない出来ないと、フルタイム共働き家庭より、単純に世帯収入が5割減。
世帯数が倍になって、世帯収入が半分になったら、一家族当たり当然消費は冷え込むよね?
総中流社会を半分に割ったら、総低所得社会。
欲しいものの半分しか買えないし、必要な量も半分だし、子供がいない分で実質半分以下だし。

QEUのテロについて

EUのテロについて
クリスマス前後にイギリスに行く予定です。
アルカイダからのテロ予告がニュースで報道されましたが、今の現状のイギリスの様子を教えてください

Aベストアンサー

フランスかドイツと言ってませんでしたか。
そのニュースは10月4日に出ていたんですが、
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2010C306

海外安全HPからは消えています。履歴に表示されない。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/newest_C.asp

でも在英国日本大使館HPの安全情報にはまだ残っている?
http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/index.html

英国は北アイルランド関係(アルカイダではない)のテロ注意が出ています。

参考URL:http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

Q日本興業銀行と日本政策投資銀行

すみません。質問です。
日本興業銀行と日本政策投資銀行が非常に似た性質を持った銀行に見えます。
過去に日本興業銀行が行っていた産業育成の業務は、現在日本政策投資銀行が行っている業務と本質的に同じように見えるのですが、もし、明確な違い等ありましたら、どうぞ教えてください。

銀行の成り立ちの歴史等は勉強しましたので、その辺の違いは知っております。また、経済に関する用語も若干ならわかりますし、調べますので、できましたら、専門的な内容でお願いします。

Aベストアンサー

細かくは調べていませんので以下概要のみにて失礼します。

資金調達の主要原資が片や債券(旧IBJ)、片や財政投融資(DBJ)というところで、自ずとその業務の性質が違うと考えるのが良いかと思います。

前者(IBJ)は広く市場から資金を集め(借用し)、それを返済していく義務を負うため、必然的により高い利回りが望める企業への貸付等を行うことになっていきます。
一方後者(DBJ)は、国が集めたお金を運用するため、前者に比してより低い利回りでの貸付を行うとともに、より公共性が高いと見られるものへの貸付が中心となってきます。

なおDBJの場合は、企業そのものへの貸付、というより、事業に対する貸付が中心となっています。これも、公共性の高さを判断するため方向性かと考えてよいかと思います。(実際的には、国の施策とバンドルさせて、表に国の施策があり、裏でDBJが低利融資などを実行する、というスキームになっている事が少なくありません)

なお、DBJはブローシャー(企業案内)を発行しており、ダウンロードできるはずです。それに目を通していただくと、いわゆる商業銀行との違いが随所でお分かりいただけるのではないか、と思います。(IBJも産業育成関連の貸付が多かったとはいえ、事業形態的には商業銀行ですから。)


以上、手がかりにいただける部分あれば幸いです。

細かくは調べていませんので以下概要のみにて失礼します。

資金調達の主要原資が片や債券(旧IBJ)、片や財政投融資(DBJ)というところで、自ずとその業務の性質が違うと考えるのが良いかと思います。

前者(IBJ)は広く市場から資金を集め(借用し)、それを返済していく義務を負うため、必然的により高い利回りが望める企業への貸付等を行うことになっていきます。
一方後者(DBJ)は、国が集めたお金を運用するため、前者に比してより低い利回りでの貸付を行うとともに、より公共性が高いと見られるものへの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報