プロが教えるわが家の防犯対策術!

入試を来月に控えていて、大学公表のデータからだいたいの合格最低点を計算したいです。
統計に詳しい方、お力を貸して下さい。

大学公表のデータ

合格者45  合格者平均点730  その標準偏差37

入試の点数なので、ボーダー(合格者最低点)付近に近づくほど多くなっている、ピラミット型の分布になっているだろうと思っています。

計算方法、計算結果どちらかだけでも構いません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。


いろいろ仮定して計算するより、予備校等の分析を調べた方が早いし、正確なのではないでしょうか(数学のカテゴリーじゃないですけど)。
大学によっては合格最低点を公表しているところもあると思いますので、それらとの比較から推定した方が正確だろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご心配ありがとうございます。
他の大学で、学部、定員、倍率などの条件が似ていて、合格最低点を公表しているところをいくつか調べて比較するやり方は、既に試みました。
それによると、合格者平均マイナス35点前後と推定されました。
確かに妥当な数値で、実際これに近いだろうと思います。
ただ、大学側が標準偏差を公表しているのには何らかの意味があるのだろうと思い、自分は統計に詳しくないので質問しました。

お礼日時:2007/01/25 11:11

> ここでの数字は合格者の平均と標準偏差ですよね。



質問を読み返してみると確かに「合格者平均点」と書いてありましたね。でもそうだとすれば,どのような分布であっても合格者の得点はそれほどばらつきがあるとは思えないので,合格者の最低点は700点よりも少し高いくらいなのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。回答ありがとうがざいました。

お礼日時:2007/01/26 22:52

ここでの数字は合格者の平均と標準偏差ですよね。


まず、合格者の分布は正規分布ではないはずです、倍率が4.5倍だったということは、全受験者の得点が正規分布としても、山の右側のそれもかなり下ったところから上が合格範囲になります。
ですから、合格者の得点分布は単純な片下がりであり、合格者平均点とその標準偏差では、計算することは別として、何も表現できません。この点については、大学とは思えない無理解だと思います。

受験者の数(合格者数も)、全受験者の平均と標準偏差がないと求まりません。また、完全な正規分布には通常ならないので尖度や歪度(山のとがり方が違っても偶然標準偏差が一致することはあるので)があるともっと正確になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうがざいました。
やはり、合格最低点は求めることはできないようですね。

お礼日時:2007/01/26 22:51

受験者数が分かっていることと,得点が正規分布に従っていると仮定できていることが条件ですかね。



仮に1000人受験者がいて,その得点は平均=730,標準偏差37の正規分布に従うと考えると,大体790点くらいが最低点ではないかと予測できます(正確な値は792.7297)。

理屈としては,合格者の割合は45/1000=0.045ですから,上記のような正規分布の上側面積が0.045となるパーセント点を求めてやればよい。ということになりますが,Excelでもそういう関数があったと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

内容が難しく、私にはあまり理解できませんが、ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/26 22:50

わからないのでは?



倍率が10倍とかなら、合格者の中では合格最低点あたりの人が最も多いだろうと思いますが、倍率1.1倍とかだと最も多いのは平均点あたりになるのではないでしょうか。
仮に、受験者の得点分布が例えば正規分布だったとしても、合格者の割合がわからないと計算できないのではないでしょうか。

倍率も示してもらい、受験者の得点分布が正規分布だと仮定してよいなら、計算できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報不足ですみません。
倍率は4.5倍です。

>受験者の得点分布が正規分布だと仮定してよいなら、計算できると思います。
それでは、正規分布だと仮定して、お願いします。

お礼日時:2007/01/25 11:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の入試結果 合格最低点について

入試結果の合格最低点等はどのように決められるのでしょうか。

僕の志望している大学の入試結果(推薦入試)では

平成22年度は120点 127点
平成23年度は120点 138点
平成24年度は139点 127点
平成25年度は120点 128点

でした。左は1日目、右は2日目の点数です

基本的なボーダーラインというのは決まってるのでしょうか?
それとも「去年は低かったから今年は高く設定しよう」という風に決められるのでしょうか?

Aベストアンサー

元塾講師です。

 倍率が1,0を超えている場合は、「一番ビリで合格した人の点数」になります。つまり、「合格最低点はやってみないと分からない」状態です。というのも、仮に毎年同じレベルの受験生で構成されていると仮定しても、問題の難易度のバラつきで平均点や最低・最高点がかわってきます。試験問題は、作成者は毎年同じレベルで作ろうと試みますが、そんなに簡単に難易度は一定になりません。その結果「受験した人数から上位○人合格」としているのです。
 中には、ある程度の点数を取らないと合格させない場合があります。特に「募集6名、受験者数5名、合格3名」等の状況では、非常に出来の悪い2名が不合格になっています。こうした場合は、合格のボーダーというレベルでなく、「名前書けるだけのレベル」であり、勉強が全くできず、他の学生に迷惑がかかる場合に不合格にしているようです。

 去年は低かったから今年は高く設定しよう
…このようには恐らく設定していません。むしろ「去年低かったから(合格最低点数点数が低かったから)、今年は問題を少し簡単にして最低点を高くしよう」というように、ボーダーをいじる場合は、点数のボーダーをいじるのではなく問題の難易度で点数の上下をさせていることが多いようです。
ご参考までに。

元塾講師です。

 倍率が1,0を超えている場合は、「一番ビリで合格した人の点数」になります。つまり、「合格最低点はやってみないと分からない」状態です。というのも、仮に毎年同じレベルの受験生で構成されていると仮定しても、問題の難易度のバラつきで平均点や最低・最高点がかわってきます。試験問題は、作成者は毎年同じレベルで作ろうと試みますが、そんなに簡単に難易度は一定になりません。その結果「受験した人数から上位○人合格」としているのです。
 中には、ある程度の点数を取らないと合格させな...続きを読む

Qどうやって偏差値の公式、 偏差値=(得点ー平均点)÷標準偏差×10+5

どうやって偏差値の公式、 偏差値=(得点ー平均点)÷標準偏差×10+50 を導き出したのでしょう? また、どうしてこの公式なのでしょう?
知っている方、教えてください

Aベストアンサー

 入試の合否判定は相対評価でなされるので、入試に合格する目安は、受験者集団の中で本人がどの辺にいるか、ということになります。例えば、模擬試験の平均点が70点だったとして、それだけでは何もわかりません。平均点が60点のときの70点ならば集団の中のやや上位と言えるし、平均点が70点ならばその人は集団の真ん中にいる、といえるわけです。

 次に、平均点が60点ので本人得点が70点だったとき、集団のどの辺にいるか、ということは、他の受験者の点数の散らばり具合にもよります。平均60点で、ほとんどの受験生が55点~65点、という場合なら、70点はかなり上位になります。また、平均60点でも、30点台も90点台もごろごろいるような場合なら、70点といってもそんなに上位になならないでしょう。

 そこで、「標準偏差」という、テストの点の散らばり具合を表す数を使います。
 平均60点で、標準偏差が10点なら、50点~70点の範囲に、受験生の68%がいることになるので、70点の人は上位16%のところにいることがわかります。つまり、平均点から標準偏差だけ離れておれば、上位16%のところにいる、ということです。
 もし標準偏差が5点なら55点~65点の範囲に受験生の68%がおり、50点~70点の範囲には95%の受験生がいることになりますので、このときの70点なら上位3%のところにいることがわかります。つまり、平均点から標準偏差の2倍だけ離れておれば、上位3%のところにいる、ということです。

 このように、平均点からのずれが標準偏差の何倍かがわかれば、本人の集団での位置がわかり、「あなたの得点は,標準偏差の○○倍だけ離れています」ということで、受検などに対する目安がわかります。

 ほんとはこれだけでいいのですが、「平均点からのずれが標準偏差の0.6倍」とかいってもわかりにくいと思ったある中学校の先生が、今使われている「偏差値」という表し方を考えました。
 まず、(得点ー平均点)÷標準偏差 だと小数になるところを10倍しました。(「0.6倍」よりは「6点」のほうがわかりやすい?)
 それから、平均より低い場合にマイナス(平均点より低いと -6点 とか)になるので、マイナスにならないように、全体に50を足した、というものです。

 偏差値が50→平均そのもの→集団の真ん中
 偏差値が60→平均点から標準偏差の分だけ高い→集団の上位16%

などということになります。


>どうやって偏差値の公式、 偏差値=(得点ー平均点)÷標準偏差×10+50 を導き出したのでしょう? >また、どうしてこの公式なのでしょう?

については、上述したように必然的な結果というわけではなく、「適当に」決めたものです。

http://www.stockage2002.com/archives/category/%E5%81%8F%E5%B7%AE%E5%80%A4%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F

 入試の合否判定は相対評価でなされるので、入試に合格する目安は、受験者集団の中で本人がどの辺にいるか、ということになります。例えば、模擬試験の平均点が70点だったとして、それだけでは何もわかりません。平均点が60点のときの70点ならば集団の中のやや上位と言えるし、平均点が70点ならばその人は集団の真ん中にいる、といえるわけです。

 次に、平均点が60点ので本人得点が70点だったとき、集団のどの辺にいるか、ということは、他の受験者の点数の散らばり具合にもよります。平均60点...続きを読む

Q(赤本)入試問題の配点がわからない

赤本で私大の問題を解いてみているんですが、1つのカテゴリ内で、合計点は何点とは書かれているのですが、
設問 各々の配点がわからないんです。
やっぱり、試験目前に何点とれているかチェックしておきたいので、知りたいのですが、何か知る手段はありますか?それとも無いのでしょうか。

どなたか 御助言願います。

Aベストアンサー

発表していない以上分からないものです。
きっと大学側でも公表しないようにしているのではないでしょうか?
予備校などの先生が受験のプロですから、採点していただくように、もし機会があれば頼むのもいいでしょう。

私は、例えば大問3が(1)~(5)で合計30点なら一問6点と単純に考えたり、または、記述問題は倍の点数にしたり、自分の間違ったものの配点をやや高めに考えて毎回目に見える形で点数化していました。そして、どういう具だらないミスをしたのか?それがなければ何点取れていたのか。何がわからなくて誤答に至ったのか。それは受験まで手の届く範囲内での間違いだったのか。その場合はあと何点あがる見込みがあるのか。そんなことをホントに現実的に考えていました。

がんばってください。
風邪引かないでね。

Q10進数の14.5を浮動小数点(IEEE754形式)の2進数に変換するにはどうしたらよいでしょうか?

10進数の14.5を浮動小数点(IEEE754形式)の2進数に変換するにはどうしたらよいでしょうか?
10進数の-7.5を浮動小数点(IEEE754形式)の2進数に変換するにはどうしたらよいでしょうか?
計算方法を教えてください。

Aベストアンサー

14.5を符号と指数と仮数に分けます。
符号は正の数なので符号は0
次に14.5を符号無し2進数に変換すると
1110.1
小数点を左に移動させて1だけ残すと
1110.1=1.1101*2^3
仮数は23ビットで小数点より右側だけなので、足りない分を0でうめて
11010000000000000000000
指数の3を127でバイアスするので
3+127=130
これを2進数に直すと
10000010
全て合わせると、
01000001011010000000000000000000
で、32ビットの2進数に変換できました。
同じように、-7.5を変換すると、
符号は負の数なので1
-7.5を符号無し2進数に変換すると、
 111.1
=1.111*2^2
なので、仮数は
11100000000000000000000
指数の2を127でバイアスすると
2+127=129
これを2進数に直すと
10000001
全て合わせると
11000000111100000000000000000000
になります。
64ビットの場合は、指数のバイアスを127から1023にし、仮数の23ビットを52ビットまで増やせばOKです。

14.5を符号と指数と仮数に分けます。
符号は正の数なので符号は0
次に14.5を符号無し2進数に変換すると
1110.1
小数点を左に移動させて1だけ残すと
1110.1=1.1101*2^3
仮数は23ビットで小数点より右側だけなので、足りない分を0でうめて
11010000000000000000000
指数の3を127でバイアスするので
3+127=130
これを2進数に直すと
10000010
全て合わせると、
01000001011010000000000000000000
で、32ビットの2進数に変換できました。
同じように、-7.5を変換すると、
符号は負の数なので1
-7.5を...続きを読む

Q1浪して全て不合格になった方・そういう人を知っている方はいらっしゃいますか?

結局どうされましたか?

・とりあえず自分のやりたいこととは全く関係のない学部入る(理系が文系へなど)
・とりあえず名前も聞いたことのないような底辺の大学に入る
・専門学校へ行く(自分のやりたい分野の)
・2浪を選ぶ
・就職する
・ニートへの道
・自殺

など、どうなったか教えていただけますか?
1浪のときは途中から全く勉強はしなくなった(なにもやる気がなくなった)と考えてください。


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウチの兄は2浪しました。

関係ない学部、底辺大学は滑り止めとしてはいいのではないでしょうか?
1浪後に受験に再失敗した時は、就職も考えていたようですが、うちの親が「せっかく浪人したんだから、あきらめずに受けろ」と兄に伝え、兄は2浪し、大学に入りました。

やりたい勉強のできる専門学校も良いとは思いますが、その知識は大学でも、専門学校でも変わらない勉強なのでしょうか?
会社に入ると、高卒、専門卒、大卒で基本給が違います。専門卒は大卒よりも2~3万少ないです。ボーナスも基本給×○ヶ月等ですので、年収で差が就きます。
その会社が完全実力主義の会社で、実績で挽回できる会社であれば良いですが、一般的な会社であれば、挽回はかなり難しいと思います。10年目ぐらいで追いつけるかどうかではないでしょうか。

ニートへの道、自殺等の選択肢を書いておられますが、なぜそんな選択肢を挙げながら、途中から勉強しなかったのでしょうか?
今12月です。今からでも勉強すれば、後期試験までに引っかかる可能性は十分あると思います。

寝る、食べる以外の全ての時間を勉強につぎ込んでみてください。
本気でやれば、大抵の事は出来ると思いますし、仮に駄目でも、全力を尽くしたということが、自信や次に繋がります。

あきらめるのが早すぎるような気がします。
頑張ってください。

ウチの兄は2浪しました。

関係ない学部、底辺大学は滑り止めとしてはいいのではないでしょうか?
1浪後に受験に再失敗した時は、就職も考えていたようですが、うちの親が「せっかく浪人したんだから、あきらめずに受けろ」と兄に伝え、兄は2浪し、大学に入りました。

やりたい勉強のできる専門学校も良いとは思いますが、その知識は大学でも、専門学校でも変わらない勉強なのでしょうか?
会社に入ると、高卒、専門卒、大卒で基本給が違います。専門卒は大卒よりも2~3万少ないです。ボーナスも基本...続きを読む

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q新潟大学の二次試験の難易度について質問です。 新潟大学の二次試験の難易度はどれほどでしょうか? また

新潟大学の二次試験の難易度について質問です。
新潟大学の二次試験の難易度はどれほどでしょうか?
また英語 化学 数学が試験科目なのですが
英語 やっておきたい英語長文500
数学 10日あればいい!数学1a2b3(演習編)
化学 重要問題集(A問題のみ)
をやるのを予定しています。
自分がC判定なので人の倍やらなくてはと実感していますがオーバーワークになるかどうかの心配の質問です。
英語はもっと何かやった方がいい。重要問題集はBまでやった方がいいとかあったらアドバイスお願いします。

また新潟大学の二次試験の平均点は毎年いくらなものなのでしょうか?探しねも見つかりません。
回答お願いします!

Aベストアンサー

1番さん違うよ。
普通A判定の人は上位大学を受けるんで、そもそも入学者にA判定だった人は少ないかもしれない。
そもそも、東大京大合格レベルの人なら全員新潟はA判定でしょう。
A判定の人がきっちり受けに来るなら、新潟大学はパンクする。
A判定の人が全員受けに来ないからC判定の人が繰り上がるんじゃ無くて、過去の実績等々から、このくらいの点数、このくらいの位置の人は、合格率何パーセントだろうな、と予測しているんです。
A判定の連中は関係ない。
勿論、志願者動向、流れが変わって、例えばセンター試験が激難になってみんな読めないから安全策を採る人が増えて、それこそA判定の連中が予備校の予測を超えて大量に上から降ってくれば、C判定の予測なのに1割しか受かりませんでした、というようなことは無い話では無いです。
勿論、逆の現象も無いとは言えません。
予備校の予測が、このように外れることはありますが、予測が正しい場合は、C判定の人はそもそもそういう確率で受かったり落ちたりするというかしたんでしょう。
1人受かったら1人か2人落ちている。
新入生を見てみれば、CD判定の連中が一番多い、なんてこともあるでしょう。ただしCD判定で落ちた人はもっと多いということですが。

CD判定で受験する場合に大事なのは、私立等で行き先をきちんと確保しておくことです。
勿論、ダメなら浪人するというのもありだし、ダメなら家業を継ぐということだってあるでしょう。
落ちる確率は低くないんだから、落ちたときどうなるかを考えて、浪人も含めて行き先を確保しておくことが重要です。

http://xn--08j3aw5137adka95x97d5q4artc624g.com/nigata
内容が正しいかどうかは知りません。
それを数学だけ見ましたが、特に、センターで75%程度しか取れなかったろう連中が、MARCHレベルの問題で何割取れるのかね、という辺りに言及してないのが気になります。
数学で稼ぐ、と一言で済まして良い話じゃ無いでしょう。稼ごうにも稼げないだろうと思いますがね。
その話を信用するなら、余程数学で稼ぎたい人は、難しめの問題一題も取る、部分点でも取ることなんでしょう。
普通に考えれば、センターと同レベルの問題で、センターと同程度の点数しか取れないはずで、難易度が上がれば得点は下がりそうなものです。
量が多いのであれば、どの問題を解くのか、その見極めが重要なのかもしれません。
医学科の連中なら全部解きにいくはずなんで、頭から解いていけば良いでしょうけど。
あ、で、その話が本当なら、数学は過去問を多めにした方が良いかもしれません。センターであまり問われないところを出している、とのことですから、普通の教材でその見極めが付かないなら過去問を増やす方が良いでしょう。
勿論、学力をベースアップしなければならないなら過去問より教材ですが、教材はそれはそれとして、過去問を多めに。
勿論、過去問解いたらスラスラ解けて、ということなら話は変わります。

合格最低点等は、大学が非公開にしているなら誰にも判りません。
記述だと、どう採点するかによって大きく変わりますし。
教材は、やってみなければ判りません。歯が立たなかったらどうするの、って事です。
英語は、良く知りませんが、英文和訳の易しめの奴を探したら、と思います。出題傾向はどうなっているでしょう。総合問題でしょうか、英文和訳、要約等でしょうか。
総合問題ならやっておきたいが良さそうですが。
英作文の有無でも方針が変わります。
化学は知りませんが、しかしAができないのにBの話をしても意味は無いと思います。Aならスラスラできてしまうんですがどうしましょう、ということなら話は別ですが、さて。
上記URLに何か参考になるような情報があるのか無いのか。

1番さん違うよ。
普通A判定の人は上位大学を受けるんで、そもそも入学者にA判定だった人は少ないかもしれない。
そもそも、東大京大合格レベルの人なら全員新潟はA判定でしょう。
A判定の人がきっちり受けに来るなら、新潟大学はパンクする。
A判定の人が全員受けに来ないからC判定の人が繰り上がるんじゃ無くて、過去の実績等々から、このくらいの点数、このくらいの位置の人は、合格率何パーセントだろうな、と予測しているんです。
A判定の連中は関係ない。
勿論、志願者動向、流れが変わって、例えばセンター...続きを読む

Qクラスの人数と平均点のみから標準偏差や偏差値を求めることはできるか

お願いします。

複数のクラスでテストを実施しました。
各クラスの人数と、クラスの平均点はわかります。個々の点数はわかりません。
この場合、標準偏差を求めることはできるでしょうか。
可能な場合、どのようにして求めるのでしょうか。
(テストを受けた人たちは、以下のクラスで全員となります)

Aクラス:15人、平均76点
Bクラス:20人、平均72点
Cクラス:25人、平均78点
Dクラス:30人、平均67点
Eクラス:10人、平均70点

全員の平均は72.4になります

エクセルで上記の数値をSTDEVPすると約3.97となります。
しかし、各クラスの人数が異なるのにこの計算式でやってしまって良いのか気になります。たぶんダメですよね。

しかし個々の点数がわからないのですから、仮にAクラスには76点の人が15人(全員が76点)として、Bクラスには72点の人が20人にて・・・ということにして計算を勧めた方が、より正しい標準偏差が出せるでしょうか?

Aクラスは15人全員が、平均点に対して3.4ポイント高く、その総和(15人分)を2乗して2061という数字を出し・・・これを各クラスで集計して合計した17,820という値を、データ数(生徒全員)である100でわると、約13.34という標準偏差らしきものが出るのですが。。。

個々の点数がわからない場合、もっとも精度の高い標準偏差(らしきもの)を出すにはどうすればよいでしょうか?

お願いします。

複数のクラスでテストを実施しました。
各クラスの人数と、クラスの平均点はわかります。個々の点数はわかりません。
この場合、標準偏差を求めることはできるでしょうか。
可能な場合、どのようにして求めるのでしょうか。
(テストを受けた人たちは、以下のクラスで全員となります)

Aクラス:15人、平均76点
Bクラス:20人、平均72点
Cクラス:25人、平均78点
Dクラス:30人、平均67点
Eクラス:10人、平均70点

全員の平均は72.4になります

エクセルで上記の数値をSTDEVPする...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。No.2には「標準偏差の目安」と書きましたが、正確に言えば「目安にもならない」ものです。

「クラス全員がそのクラスの平均点を得点した」という仮定での「ヒストグラム」を書いてみれば分かります。
全員が「67~78点」の範囲内にプロットされるわけですから。そんな分布の「標準偏差」には意味がありません。

従って、現実的には「これで標準偏差もどきを求めても無駄である」ということを付記しておきます。

クラスの人数を加味した「学年全体の平均値」は正しい値なので、使えます。


人気Q&Aランキング