私の幼馴みの親友の父が、先日がんの告知をうけました。
末期ということで、友達はかなり落ち込んで、食事も喉が通らない程です。おじさんは68歳で、肺がんからリンパに転移したということですが、私もとても気が気でなりません。

そんな親友は本が大好きです。無理かもしれませんが、何か気持ちが少しでも楽になるような本をプレゼントしたいと思うのですが、何かオススメはありませんか?私は本は殆ど普段は読まないので疎いです。どなたかこういう状況のときにピッタリの本をご存知でしたら、是非教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

経験から言うと、プレゼントより、必要とされた時に、ただただお話を聞いてさしあげるのが、1番だと思います。


私も、友人も、経験ない友人に話しても、自分の気持ちにしっくりこないので、事後報告が多かったですね。「記念旅行に行ったよ」とか。
当時は図書館で民間療法を含め、あらゆる物を読み漁り、担当医に直談判もしました。いくら親友とは言え、他人にお薦めされると不愉快かもしれないです。無神経な、と思われるかもしれません。その方の性格にもよりますが。こちらから聞いた時だけ情報を教えて欲しいです。勝手に思えるかも知れないけれど、家族は希望が捨てきれないんです。そして敏感にもなっています。
死に関する文献は申し訳ないけど、お断りします。すでに割り切っていらっしゃるなら、良いかもしれません。ですが落ち込んでいらっしゃるなら、やめた方が良いでしょう。お見舞いは調子の良い日がある状態なら、喜んでいただけるかもしれません。
辛かったのは、大きな存在のオヤジが、弱る姿を目の当たりにする事でした。
あなたに出来る事は、「できる事が在れば、いつでも言って」と頼っても迷惑じゃ無い事を伝えっておく事と「本屋へ行くけど買ってきて欲しい物ある?」とそれとなく聞く事、「食べる物、買ってこうか?」などの間接的な事。遠くから見守り話を聞いて、余計な事を言わない様、聞き役に徹する事ではないでしょうか。
ご質問の答とはズレがありますが、他の経験者の方の意見も参考になさってください。
    • good
    • 0

私も同じ経験があります。


親友の父が末期ガンと知らされた後、とりあえずお見舞いに行きましたが、
そこで、そのお父さんに「息子を宜しく頼む。」と言われた時の感覚は、
一生忘れないでしょう。

さて、私の場合、その後は親友の話の聞き役に徹しました。他に何も出来ません
でした。後日、彼は司馬遼太郎氏の「竜馬が行く」を読んで、以前の彼らしさ
を取り戻した様な気がします。しかし、その状況下では私は彼に何もしてあげられ
ませんでした。

ただ、思うに、彼が実際どの様にしてその状況を乗り越えたかは判りませんが、
親友である私の目には、その状況から一時たりとも目を反らす事なく、父親の
死をそれこそ必死で受け止めていった様に見えました。

あまり参考にはなりませんでしょうが、何かのお役に立てればとお話させて
頂きました。
    • good
    • 2

参考になればいいのですが…。


私がおすすめしたい本は、エニアグラムの本を書いておられる鈴木秀子さん(カトリックのシスターです)の著書です。私が読んだことがあるのは「死にゆく者からの言葉」、「神は人を何処へ導くのか」、「死者と生者の仲良し時間」、「シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日」という本です。これらの本の中には、家族が癌になったり、阪神大震災で恋人を亡くした人のことなどが綴られていますが、それらが暗い話で終わるのではなく、残された人が前向きに生きていこうとしているので、読んでいてこちらも励まされる気になりました。
参考URLに鈴木秀子さんの著書の紹介があります。

参考URL:http://www.enneagram.gr.jp/suzuki.html
    • good
    • 0

みなさんのおっしゃる通り、本よりも友達としていつでも力になりますよ・・・とお伝えする方が適切とは思いますが・・・。


私のお薦めの本は、ノートルダム清心の学長をされていた渡辺和子さんの著作です。彼女のお父様は226事件の犠牲者で、実際にお父様が殺害されるところを目にしてしまったという辛い過去をお持ちの先生です。文庫本で「心に愛がなければ」という本があるのですが、読むと心が洗われるようです。一度実際にお読みになった上でご友人に差し上げるといいとおもいます。ご自分がいいと思った本を、やはり差し上げたいですからね。
最初にも申しましたが、「いつでもそばにいるから頼りにしてね」という気持ちを伝えるのが一番大切だと私は思います。
    • good
    • 1

親友が落ち込む姿をみるのは、あなたもつらいですよね・・・


もちろん、普段いろいろお話はされているのでしょうね。それほど重大なことをあなたに話す仲なのですから。
わたしは、あいだみつおさんの詩集なんかはいかがかな?と思い送付しました。短い詩ですが、短いゆえにパワーをかんじます。あと、わたしは父が病気で入院したときには、山の風景などの写真集をもっていったりしましたよ。本は熱中できないと読めないものなので、ただパラパラみるだけのものがちょっとしたときにやすらげたようですが・・・(うちの父の場合はですけど)
    • good
    • 0

私の場合、母が重度の子宮ガンで、治療のため今も入院しています。


家族として初めて知らされたのが、付き添いで行った私だったのと、先生が包み隠さず話してくれたせいもあり、何日か食べたときの吐き気が止まりませんでした。
私も本が好きなのですが、始めの内は、家事や入院の手続きなどで忙しく、ほとんど読めなかったので、お友達にお薦めする本かどうかと思いますが、「ハリーポッター」などいかがでしょうか。
有名なので、お友達も、もう読まれたかもしれませんが、母が入院してから幾日か過ぎ、先生から病症を少し和らげて聞いたときから、隠してはいるのですが、とても辛そうなのがわかり、私も、本人の気持ちを少しでも楽にしてあげたく、母の好きなファンタジーで探していたら、この本を見つけました。
人それぞれで、絶対ということは無いのですが、こういうときには、その人が好きで、読んでて嬉しくなるようなものが良いと思います。

でも、mi-chanさんの言われている通り、物をもらうよりも、お友達の辛いときに、話を聞いてあげるような、立場でいてさしあげるのが一番だと思います。
私は人に頼るのが嫌いで、友人にこの事はずっと内緒にしようと思っていたのですが、一ヶ月くらいして、軽度の鬱病のようになってしまったとき、辛い気持ちを素直に友人に話したら、本当に楽になりました。
友人は、私の性格を知っているので、無理に聞き出さず、話し出すのを待っていてくれました。
なんと言うか、変な例えなんですが、こういう時、ワラにも縋りたい気持ちなんですが、そのときの友人は、荒縄ぐらいに、しっかりとした支えになってくれました。
だから、生意気かもしれませんが、yoppy10さんも、お友達の辛いとき、言いたいことの言える友人でいてあげてください。
    • good
    • 1

ぴったりかどうかわかりませんが『モリー先生との火曜日』(ミッチ・アルボム、NHK出版)が浮かびました。


実は私はまだ読んでいません。が、昨年TVドラマの放送を見ました。
病気で死に赴く老教授が教え子に語る最後の講義の日々です。
実話だそうです。
あんな風に見送り、見送られたいと思いました。
yoppy10さんが読んでみて、その親友の方にふさわしいと思われたらすすめてみて下さい。
読書感想のHPがあったので(たくさんありましたが)その中の一つを書いておきます。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~mamenatu/myselfm99 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今回日本がオスプレイを購入した理由は安部首相がアメリカの武器商人などに(竹下首相みたいにするぞと)脅

今回日本がオスプレイを購入した理由は安部首相がアメリカの武器商人などに(竹下首相みたいにするぞと)脅されたからですか?

Aベストアンサー

その通りです。

Q大学生の私にオススメの本!(できれば自己啓発本)

大学2年のものです。
いろんな悩みを日々かかえ、考えています。
中谷彰宏さんの「大学生のうちにしなければならない50のこと」や
松下幸之助さんの「若さに贈る」などを最近よみまして、
自分の中で、何か「救われた」ような感覚がありました。
すごく感動しました。

そこで質問です。
大学生の私にオススメな本を教えてください。
小説でもかまいません。
この時期に読んでこそ、価値があるものを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

二冊とも学生時代に読了しました。どちらも名著ですよね。
さらに読み進めたいと言う貴方に推薦したい本が、二冊あります。
福田和也『岐路に立つ君へ』(小学館文庫)は、就職、転職、独立、結婚と言った人生の岐路でどう心構えればいいか、を書簡形式で語っています。
主として「男の生き方」を念頭に置いた書き口ですが、もしあなたが女性であっても得られるところは多いと思います。
色川武大『うらおもて人生録』(新潮文庫)は、雀聖と呼ばれた究極のアウトサイダーが、劣等生の若者に生き方を説くと言う面白い一冊です。
意外にも松下翁と言っていることがかぶっていることに驚かれると思います。
いずれも大きな書店に行けば容易に入手できるはずなので、ぜひ一度目を通してみてください。

Q安部首相の今までのグラフ。

今社会の宿題で時事新聞を作っています。
安部首相についてまとめようと思うのですが...
最近のニュースばかりで、よくわかりません。

安部首相が総理大臣に就任してから、今の状況までのグラフがある場所をしっていますか?
歴史の年号表?みたいなのがあればいいのですが...。
((何年)何月。何日)などが書いてあるの)

または、グラフでなくても、文字で書かれている場所をご存知ですか?

もしくは、安部首相のこれまでのお話を全て把握している、とう方…
教えてください...

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

#4です。書き忘れました。

グーグルでイメージ検索するというのも手です。

http://images.google.co.jp/images?q=%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%86%85%E9%96%A3%E3%80%80%E6%94%AF%E6%8C%81%E7%8E%87&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox&um=1&sa=N&tab=wi

Q親友にプレゼントしたい本

もうすぐ私の一番の親友の誕生日です。しかし、友達は今、凄く人間不信だったり、生きている意味さえわからない位病んでいます。
そんな友達の心に届くような、本はありませんか?出来れば誕生日だったり、人にプレゼントするために書かれている専用の本ってありますよね???そういう系の本がいいんです。一番内容が届きそうなものがあれば題名を教えてください!!!

Aベストアンサー

絵本(大人もOK)ですが、『ぼくを探しに』(シルヴァスタイン作・倉橋由美子訳/講談社/1500円)はいかがでしょうか?

黒線だけで描かれたシンプルでかわいい絵です。
「だめな人と/だめでない人のために」という端書から始まり、1ページに数行の文章が添えられて話が進んでいきます。5分もかからず読めると思います。

「ぱっくん」という名が似合いそうな丸い生き物(?物体?)が、自分に足りない「かけら」を探して転がっていくお話です。なかなかぴったりくる「かけら」が見つからず、壊してしまったりなくしてしまったりします。やっとぴったりの「かけら」に巡り会えたけれど・・・(以下お楽しみ ^^)

私は「欠点があることが自分らしさを作っていて、人生を楽しくしている」というメッセージのように解釈しました。「かけら」=「人間関係におけるパートナー」のようにも解釈きるかもしれません。

とにかく読む人が自分で色々と解釈できる本です。
ストレートな言葉ではないので、押し付けがましかったり、薄っぺらに感じられたりすることはまずないと思います。
もしよかったら書店で探してみてください。

絵本(大人もOK)ですが、『ぼくを探しに』(シルヴァスタイン作・倉橋由美子訳/講談社/1500円)はいかがでしょうか?

黒線だけで描かれたシンプルでかわいい絵です。
「だめな人と/だめでない人のために」という端書から始まり、1ページに数行の文章が添えられて話が進んでいきます。5分もかからず読めると思います。

「ぱっくん」という名が似合いそうな丸い生き物(?物体?)が、自分に足りない「かけら」を探して転がっていくお話です。なかなかぴったりくる「かけら」が見つからず、壊してし...続きを読む

Q【政治】安部首相はなぜ日本を軍事国家にしたいのでしょう?

【政治】安部首相はなぜ日本を軍事国家にしたいのでしょう?

Aベストアンサー

日本の安全を守るためです。
安保法制に反対している人は、どうすればいいと考えているのでしょう。
軍事力が不要なら警察力も不要ということになります。

Q何か元気の出る本

 彼女がこの春から新しい職場に就職したのですが、そこに馴染めずに最近落ち込み気味です。なんか自分に自信をなくしているようです。
 そんな彼女を元気付けてあげられるような本があれば紹介してください!ジャンル等は問いません。
 アドバイスしにくいかもしれませんが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

『自分らしくいられるための50の小さな約束』
著:廣瀬 裕子 画:杉浦 明美

柔らかい感じでゆったりした気分になれます。
絵が好きなんですよ。ちょこちょこってあるので忙しくっても読めるかな。ストーリーはありませんけれど。メモ帳みたいな感じ。
同じ方の同じタイプのもので、
『自分を大切にするための小さなノート』
『こころに水をやり育てるための50のレッスン』
というのもあります。
どちらもほやほやの可愛いもの。

ちょっと大型の絵本ですけれど、
『オリビア』著:イアン・ファルコナー訳:谷川 俊太郎
オリビアっていう女の子のブタさんのお話。絵本なので読みやすいんじゃないだろうか。「自由奔放を絵に描いた」という説明がぴったり。へらへら笑えますよ。
シリーズで『さかさまオリビア』『オリビアかぞえる』なども。

絵本続きで、
『手ぶくろを買いに』
著:新美 南吉 画:黒井 健 出版社:偕成社
これも大型。でも、ほんわりした絵で落ち着きます。ストーリーは知っててももう一度読んでみると結構イイです。

写真集で
『Kiss!』
編集:ノンデルヘン 出版社:河合書房新書
可愛いんですよ、本当に。最後の最後の写真で、ぎゅっときます。

『四月天才』著:小泉 吉宏 出版社:文芸春秋
ちょっとズレてる気もしますけど。これは短編。
一度読んでみてイケソウだったら彼女に送ってみてください。

彼女さんが元気になって明るくなってくれると嬉しいです。がんばれお兄さん! 優しいぞ、お兄さん!(笑)

『自分らしくいられるための50の小さな約束』
著:廣瀬 裕子 画:杉浦 明美

柔らかい感じでゆったりした気分になれます。
絵が好きなんですよ。ちょこちょこってあるので忙しくっても読めるかな。ストーリーはありませんけれど。メモ帳みたいな感じ。
同じ方の同じタイプのもので、
『自分を大切にするための小さなノート』
『こころに水をやり育てるための50のレッスン』
というのもあります。
どちらもほやほやの可愛いもの。

ちょっと大型の絵本ですけれど、
『オリビア』著:イアン・ファルコ...続きを読む

Q安部首相とか時差ボケ回避はどうしているのですか? かなりハードワークですよね。

安部首相とか時差ボケ回避はどうしているのですか?
かなりハードワークですよね。

Aベストアンサー

> かなりハードワークですよね。

どうなんだろう?
エコノミークラスで行くワケじゃないので・・。

ビジネスでも、機内では寝転んでます。
すなわち、映画でも見ながら、好きな時間に飲み食いして、後はゴロゴロ or ウトウトしてるだけですから。
むしろ普段の生活よりノンビリで、「休息タップリ!」と言う感じで現地到着です。

その上にファーストクラスがあって、更に首相ですと、政府専用機です。
機中でも、多少は執務もさせられてるかも知れませんけど、主には訪問内容に関するレクくらいかと。
それも、基本は首相の体調などに周囲が合わせるでしょうし。
野党やマスコミに追求されることもなく、しばし、かなり快適な旅を楽しんでるのでは?と思います。

Q何か考えさせられる本

こんばんわ、中学生女子です。
今年の読書感想文で読む本をもう今ぐらいから決めないと
私の場合文章に時間がかかるのでお聞きします^^

感想文なので、「なんかよくわかんないけど感動する」本ではなくて
「ひとつのテーマについて何か考えさせられ、それぞれ自分の明確な答えを導き出せる」
本を探しています。

何かいいのがありましたらゆっくりでいいので♪回答ください!

(1)タイトル
(2)著者名
(3)出版社
(4)軽いあらすじ

できればでいいんですけど上記の4つを挙げて頂けると有難いです。非常に。。
ではではおねがいします!

Aベストアンサー

(1)タイトル
権威と権力

(2)著者名
なたいなだ

(3)出版社
岩波

(4)軽いあらすじ
クラスのまとまりが無くどうすればクラスメイトは言うことを聞きまとまりが出来るのか?私達は何を以て説得され納得させられるのか?それはいったい何かを生徒と先生が掘り下げ考えていく。

権威と権力とタイトルにあり難しそうですが、学校の先生と生徒の話のやり取りで書かれているだけでなく、分かりやすく噛み砕かれており本の厚みもありませんのでお薦めです。

Q安部首相のごはん

新聞欄に昨日の安部首相の行動がありますが、良く夕飯はどこどこホテルで秘書官と食事とか、だれだれと食事とかほぼ毎日外食ですが、もちろんこれって税金ですよね?一国の首相なので、どうこうとやかくいう事ではないですが、まいにちおいしいものばかりで、痛風等病気になるような事はないのでしょうか?

Aベストアンサー

 忙しいので、外食でも良いでしょう。。
 セキュリティの問題もあるので、その辺のCOCO壱というワケにも行かないのでは。

 ちょっと高いホテルなら変な人間も居ないですし、SPも守り易いですから。

 税金で食ってると言っても、微々たるモノです。
 その何億倍ものお金が無駄に使われてるワケですから。。

Q何かいい本ありませんか?

とにかくこの本は面白かった。感動した。そんな本ありませんか?ジャンヌは何でもいいです。

Aベストアンサー

こんにちわ

私も#2さんとダブりますが、宮部みゆきの「火車」は
非常に面白かったですよ。これは間違えなく、のめり込みます!

あと、賛否両論なのですが、村上春樹の「ノルウェーの森」でしょうか?
実はこれ、私すでにもう何度も何度も読み返してます。
10代、20代、30代とそれぞれの感想が変わってくるのです。非常に暗いし、いわゆる村上ワールドともいうのでしょうが、私にとってつきあっていた彼とダブってしまって・・・結局、その彼ではなく、別の人と結婚してしまったのですが・・・

是非おすすめいたしますです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング