遷移金属と希土類金属の多層膜についての一般的なことを教えてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

専門ではありませんが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?


(光機能材料マニュアル)
以下の成書は参考になるでしょうか(内容未確認!)?
-----------------------
1.最新多層膜材料データブック. -- サイエンスフォーラム, 1987
2.薄膜の光学的研究 / 木内政蔵編. -- 岩波書店, 1954. -- (科學文獻抄 ; 第28)
3.分子線エピタキシー法による金属多層膜・磁性材料の設計と作製 / 研究代表者山本良一. -- 山本良一, 1989
4.強磁性/非磁性金属多層膜の理論的研究 / 研究代表者 浅野攝郎. -- 浅野攝郎, 1998
5.磁性多層膜における交換結合とその応用 / 綱島滋 [ほか著]. -- [出版者不明], 1996. -- (科学研究費補助金(一般研究(B))研究成果報告書 ; 平成7年度)磁性多層膜の6.電析による作製と評価 / 研究代表者林安徳. -- [九州大学], 1998. -- (科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書)遷移金属合金・多層膜の磁気光学効果の理論的研究 / 研究代表者、浅野攝郎. -- 浅野攝郎, 2000
7.遷移金属窒化物多層膜の弾性異常とその構造的要因 / 研究代表者 中山則昭. -- [山口大学工学部], 1998. -- (科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 ; 平成8年度-平成9年度)多層膜X線望遠鏡による硬X線の撮像スペクトル観測 / 山下広順 [ほか著]. -- [出版者不明], 2000
------------------------------
ご参考まで。

参考URL:http://www.optronics.co.jp/tosyo/zairyo.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q導電層間絶縁膜について

半導体の製造で後工程にある層間絶縁膜の工程は、どのような目的があって行われている工程なのかどなたか簡単にでいいんで教えてください! よろしくお願いします。

Aベストアンサー

LSIには多数のトランジスタ(スイッチ)があり,お互いのトランジスタを接続する
ために,金属の配線が使われています。
層間絶縁膜は,トランジスタと配線,配線と配線(上下,左右)の絶縁を確保する(ショートしないようにする)ために使われています。
金属の配線層は,DRAMのような少ないもので2層,CPUのような回路規模の大きいものでは,10層にもなります。
層間絶縁膜の形成工程は,一般的には,絶縁膜の成膜(CVDや塗布法)とその平坦化からなる場合が多いようです。

Q金属蒸着とバッファー層に関して

金や白金など金属を物質を蒸着する際、基板との接着を良くするために
クロムやチタンなどのバッファー層を薄く蒸着してから
目的となる金属を蒸着します。


それで質問なのですが、
目的となる金属(金や白金)とバッファー層(クロムやチタン)の間の結合は金属結合だということは分かりますが、
バッファー層と基板と間の結合は何結合になるのでしょうか?共有結合ですか?


基板の種類によってはバッファー層との結合が弱いものもあると思うのですが、
どういったものが挙げられるのでしょうか?
ほとんど全ての基板の上にうまく結合出来るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>ほとんど全ての基板の上にうまく結合出来るものなのでしょうか?
無理です。
そもそも金属でもその他の元素や化合物でも「結晶構造」や「結晶定数」が異なります。
これらがうまく合わないと簡単に剥落してしまいますし、一旦は「準安定相」となっても熱衝撃や機械衝撃に耐えるのは「運次第」になっては困るのです。

Q「科学的証明」の一般的定義について

一般に「科学的証明」と言う場合、数学や論理学などの形式科学における証明と、自然科学における証明とがあり、前者を一般に「論証」と言いおもに演繹法により、後者を一般に「実証」と言い実験や観測のデータにもとづく帰納法による・・・と、大雑把にはこういう理解でよいですか?
それで一般に科学的証明と言う場合、どちらかというと後者の意味で、つまり実証という意味で言われることが多いように思われますがいかがですか?
あと、形式的証明と非形式的証明の違いについて出来るだけわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

それらについては、とりあえずWikiの記事を読んでみてください。
自然科学 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%A7%91%E5%AD%A6 )
形式科学 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A2%E5%BC%8F%E7%A7%91%E5%AD%A6 )
や記事内の用語のリンク先を読まれると良いでしょう。
【引用】____________ここから
形式科学を自然科学と比較すれば、形式科学が理論上のアイデアから他のアイデアを推論(純粋な思考の過程)のみによって導き出すのに対し、自然科学は現実の観測・観察から得られた知識をもとに現実世界を簡潔に表すモデルとして、現実と整合するように示される。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[形式科学 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A2%E5%BC%8F%E7%A7%91%E5%AD%A6 )]より

>それで一般に科学的証明と言う場合、どちらかというと後者の意味で、つまり実証という意味で言われることが多いように思われますがいかがですか?
 「前半を自然科学での証明とは」とすると、ほぼ良いでしょう。
 ただ、「現実の実験や観察結果と整合する必要がある」ことが、形式化学と異なるところでしょうね。

それらについては、とりあえずWikiの記事を読んでみてください。
自然科学 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%A7%91%E5%AD%A6 )
形式科学 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A2%E5%BC%8F%E7%A7%91%E5%AD%A6 )
や記事内の用語のリンク先を読まれると良いでしょう。
【引用】____________ここから
形式科学を自然科学と比較すれば、形式科学が理論上のアイデアから他のアイデアを推論(純粋な思考の過程)のみによって導き出すのに対し、自然科学は現...続きを読む

Q交流電流は不連続的だと呼ばれる事が一般的?

交流電流を(oscillationにあるからという理由で)不連続的だと呼ぶ習慣があるのでしょうか?
時間を振り子運動として見て、そのため時間が不連続的だとする観点があるものですから、お尋ねします。

Aベストアンサー

> 交流電流を不連続的だと呼ぶ習慣があるのでしょうか?
全く聞いたことが有りません。
少なくとも交流でモーターを回すと連続的に回ります。
ステッピングモーターのような不連続な動きはしません。

推測するなら交流(例えば水晶発振器の出力)を整形してパルスにすれば不連続になってデジタルの基本になりますね。
PCのクロックなんか全てそうです。
しかしこれらは一般にパルスと呼んで交流とは区別しています。
電気理論的にはパルスもひずみ波交流ではあるんですが。

Q多層基板ってどうやったら手に入りますか?

ユニバーサル基板と比べて多層基板の方がノイズに強いというような話を聞いたのですが
これってどこで手に入るのでしょうか?
検索してみても通販サイトらしきところにはほとんどかからないのですが、何か別の言い方があるのでしょうか?

Aベストアンサー

ユニバーサル基板と多層基板は同じ分類では分けられません。ユニバーサル基板は穴が碁盤の目に並んでいて銅箔がそれぞれ独立しているもの(ディップICを載せるように、ある程度配線してあるのもあり)で、そこに回路を組んで試作等に使うものです。
そして、基板の中で銅箔が片方にしかないものが片面基板、両側にあるのが両面基板です(ユニバーサル基板は通常どちらか)。それとは別に、銅箔面が4層以上あるものを多層基板と言います。6層や8層、10層なんてのもあり、4層の場合は内側の2面を電源とGNDに振り分けます。この内層2面は通常ベタパターンで、接続するスルーホール以外は丸く抜いて繋がないようになっています。これにより配線が太くなり、電源が面で接しているためインピーダンスが低くなり、回路的に安定する効用があります。また、電源パターンを信号線面に配線する必要がないため高密度化にも貢献します。信号線は外側の部品面と半田面に配置します。ここまですると、回路を銅箔パターンにしてその回路毎に設計してオーダーするしかないでしょう。パターン設計は別にして、イニシャルで数~十万円位は掛かるでしょうが。
なお、ユニバーサル基板で多層のものは通常ないと思います(BGAをICピッチのスルーホールに変換するようなのならあるでしょうが)。

参考URL:http://www.sessame.jp/knowledge/terms_main_files/terms-ta.html

ユニバーサル基板と多層基板は同じ分類では分けられません。ユニバーサル基板は穴が碁盤の目に並んでいて銅箔がそれぞれ独立しているもの(ディップICを載せるように、ある程度配線してあるのもあり)で、そこに回路を組んで試作等に使うものです。
そして、基板の中で銅箔が片方にしかないものが片面基板、両側にあるのが両面基板です(ユニバーサル基板は通常どちらか)。それとは別に、銅箔面が4層以上あるものを多層基板と言います。6層や8層、10層なんてのもあり、4層の場合は内側の2面を電源とGN...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報