グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

啓蒙主義の本質は何であるとお考えですか?それにより人間の理性が現代文明に果たす役割とは何だと思いますか?長めの文でもかまわないのでご意見お聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


もう少しきちんと調べてから回答した方がよいのですが、急いでいると言われますので、大体、こう考えているという私念を述べます。

「啓蒙主義」の本質というと、「知識は力である」 「人間は理性的生物である」というこの二つの命題に、もう一つ「教育は人間を変える」というオプティミズムでしょう。実は、これらの背後に、知識や教育の大衆化、庶民もまた知識・政治に参画し、理性的な自己判断ができるようになるはずだ、また、その時代が目前に訪れたという時代認識があったのだと思います。

「啓蒙」とは文字通り、「蒙昧」を「啓く」ということで、無知な者を知ある者に変えるということです。上の「知識は力である」と「理性的生物」のテーゼは、古代哲学においてもすでにあったものです。

しかし、近世西欧の社会変化は、古代においては、賢人・エリートが「理性的生物」として「理性と知」をみずからのものにできるに対し、一般庶民は、理性的存在たりえない、という事実認識があったのに対し、教育の可能性で、一般庶民もまた、理性でものごとを考え、判断できるようになるはずだ、という期待があったのです。

カントやヘーゲルにも、この基本的な「進歩史観的構想」がありますし、カントは「啓蒙とは何か」を著しています。またヘーゲルの、ただ一人が自由な社会(アジア的専制国家)、少数が自由な社会(古典ギリシア・ローマの貴族国家、西欧社会)、そして西欧社会が更に展開すれば、万民が自由な社会が来るのだ、というのは、啓蒙思想のラインにあります。

フランスの百科全書派は、庶民の啓蒙を目指し、広く知識の集積を試みたので、そのような思想は、コンドルセなどの進歩思想に継承され、フランス革命後の、国家的国民義務教育制度の構想にまでつながります。

>それにより人間の理性が現代文明に果たす役割とは何だと思いますか?

「啓蒙主義」は歴史的には失敗したのだと思います。教育によって、民衆が知識を持ち、各自が理性的判断を行うようになれば、カント的格率のトートロジーのようなことになり、内面の理性の真理命令によって、人々は博愛や平和や善を志向すると考えたのですが、知識を得て、「理性」を得ても、人は、それを、エゴイズムの道具としてしまいます。

また、民主主義あるいは多数決原理のパラドックスも発見されています。民意を最高の決定原理とすれば、もし、多数決で、或る個人を最高指導者として、独裁権限を与えるのが、もっとも適切だと決まると、民主主義や多数決原理に矛盾する社会体制が成立するのです。

これは理論的にではなく、ナチスの擡頭と、ワイマール憲法から独裁者ヒットラーが選ばれたことに歴史の事実があります。

現代アメリカでも、コマーシャリズムや金権政治や軍産複合体の世論操作・情報操作が、きわめて露骨にあるのであり、どこまでが、理性的に判断できているのか、与えられている「世界についての情報」そのものが歪曲されているのが実状で、独裁国家だった旧ソ連よりも、何が「おかしいか」が見えないだけに、余計に問題だとも言えます。

しかし、フランス革命の標語ではありませんが、「平和・博愛・自由」を目指して、私たちは、努力すべきだということでは、道は決まっているとも言えるのです。「自由」は、独裁や強制からの「自由」であるべきで、好き勝手なことをする「自由」は、抑制されねばならないでしょう。

寧ろ、「博愛・平和・平等」をこそ標語とせねばならないでしょう。そこで、歴史的啓蒙主義の失敗と問題点を反省し、「啓蒙」は、個人の啓蒙だけではなく、とりわけ、社会や文化や伝統の啓蒙であらねばならないということが、より明らかになったとも言えます。

過去の啓蒙主義も、旧社会の悪弊や悪しき社会慣習の廃絶を目指したのですが、それこそが、もっとも難しい問題でもあるのです。旧弊な文化が、個人の可能性を歪曲し、啓蒙を不完全なものとしてしまうということが問題でしょう。

ここでいう「旧弊な文化」とは、実は、先進知識人が唱える、個人の自由とか、権利とか、機会の均等と言った、一見、それはよりよい社会を築く前提となる原理に見えるような文化規定、イデオロギーでしょう。

こういった文化規定は、アメリカが典型的にそうであるように、あまりに「無限定」的過ぎるとところがあるのです。「自由」は、アメリカにとって、他人を殺す自由や、他国の内政に干渉する自由になってしまっています。権利も同様で、自己の権利を守るためなら、他人の権利や、地球の環境資源を破壊しても構わないという理屈になっています。

本来そうではないはずで、国家的エゴイズムは、実は、その社会や文化の体制のエートスの現れだとも言えます。従って、旧弊たるエートスが、イデオロギーを生み出し、それが、視野の狭い個人の世界観・価値観を生み出し、このような個人がまた、イデオロギーやエートスの頑迷な維持者・墨守者となり、悪循環がやまないということを、どこかで止めねばならないのです。

個人はあくまで「理性的」であることが望ましいのです。しかし、理性的であることを阻害する理由が、国家イデオロギーや悪しきエートスに内在するのです。「革命」が起こるのではなく、何百年・何千年の展望における、「社会や文化の啓蒙」が必要なのでしょう。社会や文化、制度やエートスが「理性化」せねばならないとも言えます。

個人を教育する方法は様々に考案され、実行されていますが、社会や文化やエートスのようなものを教育し、啓蒙するのは、どうすればよいのか、方法が分かりません。しかし、だからと言って、「理性への信頼」を失うことは、より悪しき状況への後退になるので、「理性主義」は断固維持せねばならないでしょう。

「平和」「博愛」「平等」を、根拠付ける論理は、「理性」によってしか出てこないからです。また、理性ではたりない判断もあり、それは、「叡智理性」とでも呼ぶ、宗教を越えた、人類的な博愛のヴィジョンでもって対処せねばならないでしょう。

反理性・反動・反啓蒙と対抗しつつ、理性主義を維持し、しかし、なおかつ理性の限界を自覚し、古代の哲人たちが問題としてやまなかった「叡智」を、地球世界市民的ヴィジョンで、新しいエートスとして築くことが、望まれる展望でしょう。

「理性」しか「平和・博愛・平等」の根拠を整合的に提示できるものはなく、理性でさえも、時にそれは困難なのです。しかし、理性を棄てれば、理性への信頼を失えば、もっと難しい、悲惨な事態となり、社会や文化は退行して、巨大な悪へと沈んで行くでしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NO.1さんとても参考になる意見どうも有り難うございました。ぜひその豊富な知識で僕のほかにもいろいろな人にアドバイスしてあげてください。

お礼日時:2002/05/21 22:49

啓蒙主義の本質は、理性の結実であるところの智慧とともに知識を広めることにあると思います。



現代は平等の名のもとに良しにつけ悪しにつけ権威が失われ、かつて西洋やわが国にあった、いわゆる啓蒙主義の時代に見られる一方向的な啓蒙は馴染まないのではないかと思われます。

現代が抱える大きな問題の一つに、発達する科学技術がもたらす諸問題があります。とりあえず今はこのことに問題を絞ってみます。人間本来のもつ自然な力や能力とは大きくかけ離れた、文明の利器を手に入れたことによる混乱についてです。

それは銃の有無が人間の力関係を劇的に変えるように、精神的にも物質的にも人対人ばかりでなく、人対自然・人対環境といった位相でも現れてきています。
これらの事柄の良し悪しは表裏一体のものであり、一部の人間が快適さや利便性を獲得した一方で、未だ終わることのないない戦争・核やゴミの廃棄・人口・食料・環境など世界的にも解決の糸口が見えぬ問題を抱えています。

かく言う自分に立ち返ると、コンピューターに親しみゴミを生産し飽食の一端を担う典型的な現代人です。一人の人間が生存に必要な量の100倍を優にこえるエネルギーを消費する、と言われる日本に暮らす普通の人間には、このジレンマから抜け出すことはきっと不可能なことでしょう。

このように、言わば原罪ともいうべき生の裏面をさらに塗り重ねている我々が、理性をもって何がしかの役割を果たすとするならば、それぞれの立場を自覚しその上で出来得ることを考えなおかつ行動し、それぞれがもつはずの理性に働きかけながら、既にある共感を重ね得てうねりをさらに大きくすることだと考えます。
まだ間に合う可能性は充分にあると思います。(参考URL↓)

コピーの飛び交うこの世の中で、真似事ではない真の哲学者の立場にある者の果たす役割は貴重でありましょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=221096
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答えいただいたNO.2さんどうも有り難うございました。とても分かりやすくまとめてあって、なるほど!と思いました。またお世話になるかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします!!!

お礼日時:2002/05/21 22:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜヨーロッパでは啓蒙思想になったのですか?

中世まではキリスト教中心に動いていたのになぜ切り替わったのでしょうか?
30年戦争でローマ帝国は滅び、力のある者が権力を持ち自分の領土支配のために近代化を薦めたからでしょうか?

よくわかりません。私が考えることであっているでしょうか?

Aベストアンサー

とても大きなスケールの良い質問だと思います。

 中世ヨーロッパは、ビザンツの皇帝教皇主義と違って、教皇が皇帝を創りましたね。「コンスタンティヌスの寄進状」などという偽造文書も出回りました。その教皇と皇帝とが叙任権闘争で争い、大空位へと皇帝を追い詰めたはいいけれど、フランス王が元気になって、アヴィニョンに教皇庁を持っていかれ、ローマに戻ってすぐシスマです。
 この「教皇は何をやっているのか」という時代には、「ではキリスト教とは何か」という問いも生まれ、三位一体説への疑問が普遍論争へと結実し、アンセルムスの「理解せんがために吾信ず」がトマス・アクィナスの「哲学は神学の婢」となります。「理解する」主体と「哲学する」主体はともに「理性」です。唯名論は、理性の活動を神―信仰―から解放します。その結果は、具体的個物の探求を進めさせ、抽象化して大局を捉えていきます。その歩みは、地動説から科学革命へと進みます。認識論的にもイギリス経験論や大陸合理論が「理性の働き方」の説明を試みます。モンテーニュの言う「人は何を知るのか」です。宗教史的にも、シスマの時代にウィクリフやフスが出てくるのは当然といっていいほどの勢いがあると思います。
 こうして理性の認識する「リアルな現実」に人が迫ることを自覚することは、同時にルネサンスの運動を進めても行きます。ルネサンスは単なる「古代への回帰」ではなく、古代の民主政や共和政を意識しつつ、新しい時代を作ろうという運動でした。
 芸術領域においては、キリスト教的テーマに加えて非キリスト教的テーマが噴出してきます。ギリシア神話は言うに及ばず、農民の日常や風景画、肖像画を描くようになります。
 政治的にはルネサンス人は共和主義です。マキァヴェリも君主に限らず「統治者」の資質を問うています。しかしイタリア戦争などもあり政治的成熟に欠けていて実現できません。
 しかし、自由を求める「市民」たちはその後は市民革命へと向かいます。彼らが捉えた「リアルな現実」には、腐敗した教皇による教会政治や、王侯による世俗政治が加わって行きます。つまり、ルネサンスを進めたのは北イタリアで成長した共和制を行う都市の市民たちであり、イギリス革命やフランス革命を担うのも、「平民」=市民です。
 ルネサンスにおいても、芸術家たちによる単なる文化史上の運動と変化だけではありません。彼らの現実的役割にはダンテやマキァヴェリの政治家としての立場もあったのです。

とても大きなスケールの良い質問だと思います。

 中世ヨーロッパは、ビザンツの皇帝教皇主義と違って、教皇が皇帝を創りましたね。「コンスタンティヌスの寄進状」などという偽造文書も出回りました。その教皇と皇帝とが叙任権闘争で争い、大空位へと皇帝を追い詰めたはいいけれど、フランス王が元気になって、アヴィニョンに教皇庁を持っていかれ、ローマに戻ってすぐシスマです。
 この「教皇は何をやっているのか」という時代には、「ではキリスト教とは何か」という問いも生まれ、三位一体説への疑問が普遍...続きを読む

Q環境は悪化している、では何故人の寿命は延びているのか?

このことは前から疑問に思っていました
放射能、環境ホルモン、発癌物質、有毒物質、オゾンホール、森林破壊、人口過密、栄養の過剰摂取、近代のストレスetc 環境が悪化しているとされるものは多く数え上げられます
それなのに何故?って思いませんか
特に日本人、更にそのなかでも女性は答えを持っているはずです

Aベストアンサー

一言に環境といっても広義では色々な種類の環境がありますが、少なくとも自然環境については、一昔前に比べて、かなり良くなっている思います。実際のデータを見ても大気汚染や河川の水質などは確実に良くなっています(少なくとも日本では)。もともと環境対策の始まりは、高度成長期がもたらした公害対策で、その時代に様々な規制ができて、その結果、徐々に改善されてきたものと思われます。ダイオキシン、環境ホルモン、オゾンホール、地球温暖化などの問題は昔からあって、ただ、比較的最近まで分からなかった問題なのだと思います。それらの問題が分かってからも焼却、農薬、フロンガス、火力発電など様々な規制が出来て、さらに自然環境は良くなる方向にあると思います。ただし、地球規模で見れば、人口の増大による食糧危機、それに伴う緑地の減少など楽観は出来ない状況にはあると思いますが。平均寿命が延びている理由は医療技術の向上もありますが、健康に対する意識の深まりとそれを達成するための研究の発展が大いに関係していると思います。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q人民主権と国民主権

人民主権と国民主権という言葉がありますが、具体的にどのような相違点があるのでしょうか?私にはどちらも同じに見えてしまい・・・
お手数ですが、お分かりの方お願いします。

Aベストアンサー

一般的には同義ですが、下記のようにあくまで理念面で区別する捉え方があるようです。

まず、「国民主権」の「国民」とは、過去から未来への時間を超えた抽象的な存在としての国民を指します。
この場合、主権は国民個々人に分有されず、総体としての国民に帰属し、国民は直接現実に主権を行使し得ないという見解です。
つまり、実在するAさん・Bさん・Cさん・・・の各々に主権があるのではなく、全体概念としての国民に主権があるのであって、そのような抽象的で政策・統治能力を持たない国民に代わって国民代表機関(議会・政府)が実際に国家権力を担うという考え方です。
従って、国民代表は、国民から独立した自由意思で政策決定できると解する点で、「間接民主制」を民主主義の理念型とする主張と結び付きます。

一方、「人民主権」は、主権が具体的存在としての国民個々人に区別されて帰属するという見解です。
つまり、Aさん・Bさん・Cさん・・・の各々に主権があるから、国民間で利益が相反する問題については、全員が話し合いに参加するという権利を行使した上で、政策決定をするという「直接民主制」を民主主義の理念型とする主張と結び付きます。
この場合は、いちいち国民が全員集合して個別的な政策決定をすることが物理的に不可能な故に、次善策として間接民主制が採用されているのであるから、国民代表は、現実の国民の意思に従わなければならないと考えられています。

以上は、憲法学説上の対比概念にとどまり、先鋭的な論争もないようですが、例えば、環境問題等をめぐって、地域住民が国に対して行政訴訟をした事案について、裁判所が「住民に訴えの利益がない」として却下する場合は、そこに「国民主権」的な論拠があり、他方、住民投票等の住民自治によって解決を図ろうとする主張は、「人民主権」的な概念を基調にしたものと思われます。

一般的には同義ですが、下記のようにあくまで理念面で区別する捉え方があるようです。

まず、「国民主権」の「国民」とは、過去から未来への時間を超えた抽象的な存在としての国民を指します。
この場合、主権は国民個々人に分有されず、総体としての国民に帰属し、国民は直接現実に主権を行使し得ないという見解です。
つまり、実在するAさん・Bさん・Cさん・・・の各々に主権があるのではなく、全体概念としての国民に主権があるのであって、そのような抽象的で政策・統治能力を持たない国民に代わって...続きを読む