「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

分譲建売を購入しましたが、私道が新たにつくられました。
その新しくできた私道に面してしまった、もともと建築して
あった建物のために、今度建て直しのときに道路斜線の規定に
該当しないように、15cmほどのコンクリートの箇所を道路との
間に設置してあるそうです。
ということで、この道路に面した建物は建て直しても道路斜線
に対応しなくてもよいとのこと。

こんな抜け道があったとは???
新しくできてしまった私道については、道路斜線は事実上は
確保されなくてもよいということですね。
ならば、うちも道路との間に15センチのコンクリートをつくって
くれればよかったのに。。。と思ってしまいました。

実は、分譲中の1件にも関わらず、建築士さんのお宅は道路を
造る前に建てたということで、その15センチを利用し随分高い
建物が建っています。そしてそれがうちの日照にも関係して
ます。

制度にお詳しい方、ご回答をいただきたくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>こんな抜け道があったとは???



私道を基準法42条の道路という前提で回答します。

「よく」とは言いませんが、現実あります。

道路を隣地に使用させないために「うなぎの寝床」状に「民地」を入れます。

用途地域がわかりませんが、
道路斜線と隣地斜線を比較すると隣地斜線の基準が緩いですからね。
    • good
    • 0

補足します。


#2の方が言うとおり、
新設道路が築道されたため、既設建築物が道路斜線でアウトになる場合に「うなぎの寝床」状に民地を入れ、隣地境界扱いにするケースもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様ありがとうございました。
皆様の回答を元に、自分でいろいろ調べました。

(1)第一期分譲時点で、その建築士の北側に接する道路は
まだ舗装されていなかった。
(2)その舗装まえに、民地を入れた
(3)第二期分譲時、道路ができたが、民地があるので、今後
建替え時も、道路斜線ではないを適用できる

という感じです。道路が後からできるから、第一期分譲で既に
建っている建物の斜線を保持するために、民地を入れたんですね。
でも第一期分譲時に、既に第二期分譲でそこが、道路になることが
明白にわかっていたならば、ずるいやり方ではないでしょうか。

この民地で日照の影響を受ける我が家としては、納得できない
思いがあります。

お礼日時:2007/03/10 12:50

道路として指定を受ける前であれば、斜線制限は受けません。



つい最近、道路斜線を逃げるために、後背部にある道路を廃止して建築した建物が違法とされました。
15cm程度であれば敷地として認められないし、所有権の移転でも所有者との関係によっては事実上同一敷地を見做されます。
ですので将来的には、制限を受けると思って良いでしょう。
    • good
    • 0

モラルとかマナーという面では「最低」ですが、法律上は問題なし、ということになるでしょうね。


それを意図的にやっている建築士がいるとすれば、残念なことです。
元々は、道路に面して一列だけ建物が建ち並んでいて、市街地が拡大してきて、その裏側を宅地分譲する際に、仕方なく、そういう抜け道を使った、とか、前面道路が拡幅されて、中途半端な敷地が残り、結果的にそうなった、などなら有り得るケースですが。

ま、この場合、前面と背面の両方が道路に面した場合の片側の話で、両側に15センチを挟むと接道違反で建物が建てられないこととなりますが・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q位置指定道路の申請

位置指定道路の申請には、私道に接道している土地の権利者等の承諾等が必要とのことですが、私道に接道している他の土地にも、その後は道路斜線等の道路規制が働くためのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
一応補足します。
新規に築造された道路で道路斜線制限にかかった場合、既存不適格ではありません。
法が変わったのではありませんので、違反です。
なので、実態違反が発生しないよう、同意する側は慎重になると思います。

今は開発行為での区域面積の制限がキツいですから、純粋な位置指定道路は小規模となる場合がほとんどです。
取り付き道路がそこそこの幅員であれば、2Lの緩和が期待できるかもしれません。
申請者側も調査を行い、セーフであることを確認するでしょう。
指定を行う側(特定行政庁側)も、違反があっては困るのですが、指定の条件さえ合えば指定を拒否することはできないでしょう。
必要な同意が絶対で、あとは技術基準に合致した内容の申請であればいいんです。

建築基準法第45条のような明文化した規定が無いので、実態違反の発生を理由に指定を拒否すれば、行政庁側は不作為で訴えられる可能性があります。
その場合は敗訴でしょう。
このような位置指定道路の計画の相談があった場合、どちらもジレンマですね。

前に回答したとおり、法では道路となる土地の権利者だけしか同意を求めていません。
あとは各特定行政庁が細かい指定の基準(手続き含む)を定めています。
築造承認という流れもしかり。
その中で、隣接の同意を求めるのだと思います。

No.1です。
一応補足します。
新規に築造された道路で道路斜線制限にかかった場合、既存不適格ではありません。
法が変わったのではありませんので、違反です。
なので、実態違反が発生しないよう、同意する側は慎重になると思います。

今は開発行為での区域面積の制限がキツいですから、純粋な位置指定道路は小規模となる場合がほとんどです。
取り付き道路がそこそこの幅員であれば、2Lの緩和が期待できるかもしれません。
申請者側も調査を行い、セーフであることを確認するでしょう。
指定を行う側(特定行...続きを読む

Q高度地区が2種の意味はどんなことなのでしょうか?

マンションを購入しようとしているんですが,業者がいいかげんそうなので
用途地域等を自分で調べています.特に南向きの物件なので南側に建物が
立たないのか心配なのですが建っても大きくなければと思っています.
南側の用途地域は第一種住居地域で容積率は200,高度地区が2種となっているんですが,容積率までは意味合いがわかりましたが,高度地区とはどのような
ものなのでしょうか?2種の意味があれば教えて欲しいです.

Aベストアンサー

用途地域ややこしいですよね。
第2種高度地区といえば、第2種低層住居専用地域のことです。
横浜で例にとりますと、建物の高さは12m、北側斜線は境界で高さ5mから0.6/1の斜線規制がかかりますので、3階から上なら大丈夫でしょう。

低層住居専用地域   第1種低層住居専用地域   第1種高度地区
           第2種低層住居専用地域   第2種高度地区

中高層住居専用地域  第1種中高層住居専用地域  第3種高度地区
           第2種中高層住居専用地域  第3種高度地区

住居地域       第1種住居地域       第4種高度地区
           第2種住居地域       第4種高度地区
           準住居地域        第4種高度地区

上から規制が厳しい順序と思ってください。
私も今一度復習確認の為、表を書いてみました。
もともとは、住居地域一つだけでしたが、第1種住居専用地域と第2種住居専用地域と住居地域の三つにわかれました。
第1種は低層住宅地としての住環境を保護するもので、
第2種は中高層住宅を対象とする良好な住宅環境を開発しようとする地域でした。
そして今また細分化され上の表のようになりました。       
          

用途地域ややこしいですよね。
第2種高度地区といえば、第2種低層住居専用地域のことです。
横浜で例にとりますと、建物の高さは12m、北側斜線は境界で高さ5mから0.6/1の斜線規制がかかりますので、3階から上なら大丈夫でしょう。

低層住居専用地域   第1種低層住居専用地域   第1種高度地区
           第2種低層住居専用地域   第2種高度地区

中高層住居専用地域  第1種中高層住居専用地域  第3種高度地区
           第2種中高層住居専用地域  第3種高度地区...続きを読む

Q水路の斜線制限について

不動産・建築を勉強中のモノですが、問題にぶつかり一般的指導書に答えがなくて困っております。問題は斜線制限についてです。敷地の一方、仮に北側が基準法の道路に面しており、背面、仮に南側が水路に面している中間画地?のようなケースですが。この場合、背面の水路については隣地と同じように考えて隣地斜線がかかってくるのでしょうか?それとも水路は隣地よりも緩和される規定があるのでしょうか?または、水路は道路とみなして道路斜線がかかってきたりするのでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたらぜひぜひ、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

水路が個人所有であれば、隣地。(あまり例がないと思いますが、)
公道や青地と同じで、公的な水路であれば、道路が広がった形と考えてよかったと思います。

法根拠確認していませんので、参考意見として回答します。

Qベランダ、ウッドデッキなどは延床面積にはいりますか?

100平方メートル未満に間取りを収めようと頭を悩ませています。
2階にベランダ、1階にウッドデッキを広く取ろうと考えていますが、ベランダとウッドデッキは法的な申請上の延床面積に入りますか?
また入るか入らないかの基準はどの様になりますか?

Aベストアンサー

http://www.iuk.co.jp/img/10_18.pdf
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312684998
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa274407.html

ウッドデッキは野ざらしですね(強引ですが)、入りませんがバルコニーは上記URL以外でも柱の位置や屋根の出等でも変わって来ます、申請でも根拠を示せば判定が変わる事もある(先月も有りましたよ)デリケートな部類と言えましょう。

専門家が勇躍乗り込んでいっても地域の担当により解釈が異なりますから困ったものです。
12都道府県の解釈の比較表がありますがここでも約3パターンの見解相違が見られます。

ですから、バルコニーはざっくり基本に忠実に捉えておけば良いでしょう、若干大きめに見ておいた方が良いでしょうか。
極端に大きいバルコニーでもない限り算定方法が変わっても1.2平米だと思いますよ。

100平米が102平米になっても問題ないですよね。

Q隣地境界線から50cm空けるのはどこからでしょうか?

都内に家を建てる事を計画中なのですが、当家の外壁から境界線
まで30cmしか空けられません。(というか現在そのような計画中です)
民法では、50cm以上空けなければならないという事ですので
隣地の方に30cmで良いかご挨拶に伺ったところ、50cm以上は空けて
欲しいと言われてしまいました。

そこで本題ですが、隣地から50cm以上はなさなければならないところは
どこからになるでしょうか?
私がお願いしている設計士さんは、屋根の出っ張りなども入ると言って
ますが、本当でしょうか?
※Webなどで調べると外壁からとなってる意見が多いようです

ちなみに隣地の方は、外壁は50cm以上離れてますが、出窓や屋根は
50cm離れてません。(特に屋根は敷地境界線上ぐらにあります。)
それなので、設計士さんは、今回のケースはお互い様なので
50cm空けなくても、許可していただけると思いますと言っています。
どうなんでしょうか??

Aベストアンサー

この前の方でしたか、せっかく譲歩したのに残念ですねえ。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3876685C9710210949256A8500311EE0.pdf
今は判例も読めるんだなあとびっくりしました。
これによると用途地域にもよるようですね。
大阪ではありますが、防火地域が住居系地域に規定された時に接境建築を慣習もないのに認めることは不当ということのように読めます。
この場合は棄却されてますね。工事中の3階建ての50センチ以内の部分を取り除けと言っています。(そこだけって無理だろう・・とは思いますが)

ポイントはやはり用途地域と慣習があるかどうかのようです。
地域の様子を調査して結果を出しておくことが良いようですね。
用途地域がわかりませんが、健闘をお祈りします。

Q平均地盤面高さの求め方

http://rakutore2houki.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

これって間違いですか?
日建学院の解説は間違っていないと思うのですが

Aベストアンサー

あ、『足して2で割る』を誤った知識と書きましたが
条件付で「正しい数値」になるので、条件込みで簡易式として覚える事を否定するものではありません。
ブログ主は条件がある事を忘れてしまっていたんでしょうね
(一応、突っ込まれる前に弁解しておきます)

Q3階建て

こんにちは。
初歩的な質問かもしれませんが教えてください。

建築予定地は第1種低層住居専用地域なのですが、斜線規制や高さ制限、当然ですが建蔽率、容積率をクリアしていれば3階建ては可能なのでしょうか?

また、高さ制限は10mなのですが、一般的に3階建ての高さはどのくらいになるのでしょうか? 総3階は無理としても小屋裏3階ならどうでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.3への返事で、納得しました。
その条件で有れば、3階建ても検討して当然でしょうね。
先の回答でも書きましたが、3階にすること自体に何らかの問題があるわけではありません。
結果としてどうなるかは別な問題として、検討する価値はありそうですね。
ちなみに、敷地は100m2くらいでしょうか?
車庫については、容積率不参入の取扱い等があり、若干、計算がややこしかったり、別棟の車庫にするか、建物に組み込んで計画するかにより、条件が変わる可能性がありますので、注意する必要があるかも知れません。
斜線については、総3階だ、と言うわけでなければ、建蔽率60%を守れば、結構何とかなるのかな、と思います。(思いますであって、敷地が細長い場合などは、難しい場合もありますが。)

No.4の方が書いている屋根裏については、天井高さが最高で1.4m以下の場合ですので、1.4mを越える部分がある場合には、床面積に算入され、階として数えられますので、3階建て、と言うことになります。

Qベランダは建築面積に入るの?

建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Q公衆用道路はすべて建築基準法上の道路か?

登記簿上の公衆用道路には、公道や私道があると聞きました。
この登記簿上の公衆用道路は、すべて建築基準法上の道路とみなしてよいのでしょうか?
それとも、公衆用道路でも建築基準法上の道路には該当しない私道などもありえるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>登記簿上の公衆用道路には、公道や私道があると聞きました

そうですね。公衆用道路というのは単に「登記簿上の地目」のことであり、所有者が「公か私か」ということとは無関係ですね。
ですから公道も私道も、どちらもありえます。
そして所有形態として「公道」だったとしても、だからといって基準法上の道路であるとは限りません。

>この登記簿上の公衆用道路は、すべて建築基準法上の道路とみなしてよいのでしょうか?

建築基準法上の道路については、主に第42条を読んでください。
そこでは「地目が公衆用道路である」ことについては、全く触れていません。つまり、「地目が公衆用道路である≠建築基準法上の道路」ということで関係ありません。

>公衆用道路でも建築基準法上の道路には該当しない私道などもありえるのでしょうか?

それはありえますね。単純に、幅員が足りないとか。
公衆用道路というのは、例えば「宅地・雑種地・山林・畑」のように登記簿上の地目の一種というだけですからね。
基準法の道路と地目と、同列に並べても仕方ありません。

尚、余談ですが赤道というのは基本的に無地番ですから、公衆用道路として登記されているということはないと思います。そして、ご質問にある「私道」ではありません。

>登記簿上の公衆用道路には、公道や私道があると聞きました

そうですね。公衆用道路というのは単に「登記簿上の地目」のことであり、所有者が「公か私か」ということとは無関係ですね。
ですから公道も私道も、どちらもありえます。
そして所有形態として「公道」だったとしても、だからといって基準法上の道路であるとは限りません。

>この登記簿上の公衆用道路は、すべて建築基準法上の道路とみなしてよいのでしょうか?

建築基準法上の道路については、主に第42条を読んでください。
そこでは「...続きを読む


人気Q&Aランキング