人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

知人のご身内の方がなくなられたのですが、葬儀が終了していました。ご自宅にお悔やみに伺いたいのですが、その場合はご香典、ご仏前、ご霊前のどの表記がいいのでしょうか。葬儀まではご香典、葬儀が終わったらご仏前という人もいますし、仏式でも宗派によっては49日法要まではご香典という人もいますし、迷ってしまいます。ちなみにその知人宅は仏式ということまではわかっているのですが、宗派まではわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ようは、全てお供えですよ。

^^
言葉は、後からこんな表書きもいいな?
とか、アレンジしたものです。^^
しかも、これは一般の人用の表書きですね。
まあ、色々分けるより、「御供」とすれば
全てに、いけますよ。^^
    • good
    • 30

御香典→香典を包む時に使う表書き。

お花や供物には使えません。

御霊前→仏式では七七日(49日)法要(忌明け前)迄の表書き。他宗教共通に使えます。

御佛前→仏式では七七日(49日)法要(忌明け後)以降の表書き。百ヶ日法要や一周忌法要はこれになります。
供物の場合は「御供」でも良いです。
    • good
    • 10

<御香典>


仏式の葬儀や法要っで供える一般的な表書きです。

<御仏前>
49日までは使用できません。(年忌法要のときに使うことが多い)

<御霊前>
宗教共通で使えます。(年忌法要には使用できません)
    • good
    • 4

我が家は浄土宗ですが、私の認識の範囲では…。



ご霊前…神式、キリスト教式、仏式(浄土真宗を除く)の通夜・葬儀で使える。
ご香典…浄土真宗を除く仏式で、通夜~忌明けまでに使う。
ご仏前…浄土真宗では「死即往生」なので通夜からずっと使う。浄土真宗を除く仏式では、七七日忌で「仏」になるので、忌明け法要以降の法要の際に使う。

です。
「葬儀まではご香典、葬儀が終わったらご仏前」というのは、聞いたことがありません。
仏式とはわかっているけれど宗派が分からない…という場合は確かに悩みますね。
実際、私の家族の葬儀の際は、「ご霊前」、「ご香典」、「ご仏前」の全てがありました(ここ6年の間に3人の同居家族を送りましたが、いずれの葬儀でも…です)。
わざわざお悔やみに来てくれた人に、細かいことを言う人はいないと思います。
    • good
    • 6
    • good
    • 2

気持ちの問題だと思います。

実際どれでもいいと思います。たとえ1時間でも2時間でも、あなたがうかがうことに対して、大きな意味があると思います。わざわざ足をはこんでいただいた方に対して、「失礼な人だ」と思いますかね?。
    • good
    • 4

私が教わったのは49日までは御霊前で49日過ぎたら仏様になるので御仏前というものでした。


でも宗派が絡むようですね。
こんなサイトをみつけました。
http://www.sanretsu.jp/kouden/omotegaki.html
全宗派で御霊前は共通みたいですね。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qご仏前とご霊前の違い

カテゴリ違いかも知れませんが
ご仏前とご霊前の違いが分からないので教えてください。
通常お葬式にもっていくのは、ご香典もしくはご霊前だと私は思っていたのですが
あっていますでしょうか?

Aベストアンサー

No1です。

ちょうどよいサイトがあったので紹介します。
やはり四十九日までは御霊前で正しいですよ。

参考URL:http://www.hourinin.or.jp/web/terakoya/page/kouden.html

Qお香典を渡す期間と言うものはいつまででしょうか?

知人が亡くなったのですが、お葬式が自分の家から遠い場所で行われるそうでお葬式に行けないのですが、お香典と言うものは、いつまでに渡せばいいでしょうか?困っています誰か、教えてください。

Aベストアンサー

49日の法要までが「ご霊前」それを過ぎれば「ご仏前」になります。

仏教では「輪廻転生」が根本にあり、死者は49日で「生まれ変わる」という考え方です。
初七日や、35日の法要の意味は、正しく生まれ変わるための導きを死者に対して行う儀式で、49日の法要は「生まれ変わった」ことを喜ぶ儀式です。
ですから、49日までは「霊」であり、これを過ぎると「仏」になります。
市販の香典袋に「ご霊前」「ご仏前」があるのはこのためです。

お香典は基本的に「ご霊前」となりますので、早めに手当てされることが肝要ですが、ご事情から遅れてしまい49日の法要を過ぎて「ご霊前」をお送りすると失礼になります。お悔やみとご事情の言葉をそえて、袋を間違えずにお渡しすれば、お心遣いに先方もご理解されるはずです。

Qお線香をあげに行く時のマナー

久しぶりに友達に連絡をしたところ友達のお父さんが先月亡くなった事を知らされました。友達は5つ上で、家にも何時かお邪魔した事があります。
家族とも顔見知りで、お父さん以外とは会った事があります。
久しぶりに連絡をした時に知らずに『久しぶり!暇?』と連絡をしたので 友達からは お父さんが亡くなった事と、お昼なら一人なので都合がいい時においで。 との事です。 友達に会いに行く時に是非お線香もあげにいきたいと伝えたところ、来週行く事になりました。

お線香をあげる以外にも何か持っていった方がいいのでしょうか?

その時の服装はどうすればいいのでしょうか?

私は20代前半で 今までお通夜、葬儀等に参列する事もなかったので マナーが分からず困っています。色々調べましたが、私の今の状況ではどうすればいいのか…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葬儀に行くのではないですよね?
葬儀は終わってますよね?
ならば式服はおかしいですよ。普通の訪問着です。
少なくともジーパンやTシャツはいけませんけどね・・・

気持ちがあるなら「御仏前」としていくらか包んでいくと良いのではないでしょうか?
金額は親しさの度合いにもよりますが、職場の同僚程度なら3~5千円くらい、幼馴染など非常に親しいなら5千~1万円くらいが良いと思います。

訪問したら、ご挨拶をし、「お線香をあげさせてください」と言って、仏壇前に座り、「御仏前」をそっと置いてお参りすれば良いですよ。
「御仏前」には自分の名前を書いておいてね。
お供えとして饅頭とか菓子折を持っていっても良いですよ。

仏壇前に座ったら、遺影か位牌をジッと見て無言でご挨拶をし、ろうそくに火がついていればそれで線香1本に火をつけます。
りうそくに火がついていなければ自分でつけます。
線香に火がついたら、口で吹いたり振ったりしてはいけません。
もう片方の手でサッと風を起こして消します。
線香を立てて、数珠を持った手を合わせてお祈りします。
お祈りが終わったら一礼して、座ったまま向きを変え、ご遺族の方を向いて軽く一礼します。

お祈りは、宗派によって、「なむあみだぶつ」、「なんまいだー」、「なむみょうほうれんげきょう」など色々ありますが、声を出すわけではないので自分の家の宗派流で良いですよ。
ただし、キリスト教の場合は違いますけどね。

葬儀に行くのではないですよね?
葬儀は終わってますよね?
ならば式服はおかしいですよ。普通の訪問着です。
少なくともジーパンやTシャツはいけませんけどね・・・

気持ちがあるなら「御仏前」としていくらか包んでいくと良いのではないでしょうか?
金額は親しさの度合いにもよりますが、職場の同僚程度なら3~5千円くらい、幼馴染など非常に親しいなら5千~1万円くらいが良いと思います。

訪問したら、ご挨拶をし、「お線香をあげさせてください」と言って、仏壇前に座り、「御仏前」をそっと置いてお参...続きを読む

Q香典を告別式の日から遅れて渡しても良いのでしょうか。

 知人の実父の方が亡くなられたのを告別式の3日後に知りました。とても恩義のある方です。何とかお香典をお渡ししたいと思うのですが、香典を告別式の日から遅れて渡しても良いのでしょうか。
 もし、渡しても良かったのならば、どんなことに気をつけなければならないでしょうか。エチケットについても教えてくださいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>香典を告別式の日から遅れて渡しても良いのでしょうか…

訃報の届くのが遅かったのですから、やむを得ないですね。
知った以上は、1日も早くお参りに行きましょう。
喪家としても、1週間程度は遅れてくる人のために香典返しなどをストックしておくようです。
それ以上過ぎると葬儀社に返品してしまいますので、あまり遅いお参りは半ば迷惑ともなりかねません。

祝儀袋も不祝儀袋も、すべて漢字で書きます。
四十九日まで「御霊前」というのは宗派によります。
ふつう、相手の宗派などは分からないでしょうから、「香典」、「香奠」、「御香料」などが無難です。

>どんなことに気をつけなければならないでしょうか…

仏壇に線香をとなると、相手もお茶を出したりそれなりに気を遣います。
玄関先で香奠を渡し、お悔やみを述べるだけで帰ります。

Q友人の父の49日を過ぎての香典について

お世話になります。
去年暮れに子供のころからの親友のお父様が亡くなりました。
具合がよくないとは伺っていましたが、連絡を受けたのはお葬式などがすべて終わった後でした。
電話で連絡頂いたんですが、恥ずかしながら気が動転してしまい、その時に香典やお供えのことまで気が回らずに、ただ口頭でお悔やみを述べただけになってしまいました。
後日すぐに書留などで送ればよかったんですが、彼女の実家は遠方に引越しており、私はその住所を知りません。また、彼女は普段、実家を離れているためいきなり送っても良いものか迷ったのもあります。
その後もメールも時折しているのですが、忙しそうにしているのであまり込み入った話はできず、お香典については聞きそびれたままになっています。


49日も過ぎてしまったのですが、今週末に彼女と食事をするにあたって、気持ちだけでも何か渡せたらと思うのですが、今さらという感じもするし、気分転換のために来るだろう彼女にかえって気を使わせてしまうだろうかという心配もあります。

そこで質問なのですが

・家族葬であったか、香典辞退をしたのかすら確認できていないこの状況で香典を渡しても良いのか。(渡す場合は『御仏前』でよいのでしょうか?)

・渡すとしたら付き合いの深さからも五千円くらいは、と思うのですが、香典返しは辞退したいのでこの金額で大丈夫でしょうか。

・お菓子やお線香を添えるべきでしょうが、上記にも書きましたように、友人は実家を遠く離れており、渡すと手を煩わせてよくないかな?とも思います。

他にもこうした方がよい、等がありましたら何卒ご教授ください。
よろしくお願いします。

お世話になります。
去年暮れに子供のころからの親友のお父様が亡くなりました。
具合がよくないとは伺っていましたが、連絡を受けたのはお葬式などがすべて終わった後でした。
電話で連絡頂いたんですが、恥ずかしながら気が動転してしまい、その時に香典やお供えのことまで気が回らずに、ただ口頭でお悔やみを述べただけになってしまいました。
後日すぐに書留などで送ればよかったんですが、彼女の実家は遠方に引越しており、私はその住所を知りません。また、彼女は普段、実家を離れているためいきなり送って...続きを読む

Aベストアンサー

20代の時に父が亡くなってます。
その時の親友や友達の対応を思い出し、回答させていただきます。

>家族葬であったか、香典辞退をしたのかすら確認できていない
問題ないと思います。
事前にこれを尋ねられた場合、「香典辞退していないと答える=香典頂きます」
ということになると思うので、確認することではないと思うからです。
お渡しし、辞退されたなら引き下がればよいかと。
ただ、他の方のは受け取られたのであれば「私の気持ちだから」と押してもいいと思います。
マナーとして断るというのもあると思うので、1回断られてすぐ引き下がらず
2~3回は押してもいいと思います。

>(渡す場合は『御仏前』でよいのでしょうか?)
それでよいと思いますし、私も香典でもよいと思います。
四十九日過ぎてから香典を頂くこと、珍しくないですよ。
全ての関係者に、葬儀前に連絡することは無理ですから。

>付き合いの深さからも五千円くらいは、と思うのですが
私の友達からは5000円はありました。いいと思います。
ただ、5000円なら控えめだから香典返しを辞退したい…
というほど低い金額設定だとは思いません。
質問者様の年齢(また既婚か独身か)などにもよるとは思いますが…
20代以下で独身なら、少なくて非常識と思われる金額ではないと思います。

>お菓子やお線香を添えるべきでしょうが、手を煩わせてよくないかな?とも思います。
おっしゃる通りだと思います。帰りの荷物も増やしてしまいますし。
親友にすら訃報を知らせないということは、
ささやかにお別れをされたのではと予想します。
(年末だったこともあるのでしょうが…)
気を遣わせないように…という部分が大きいとも思いますので、
最低限のお供えで気持ちが伝われば、それで十分だと思います。

他の回答者様もお書きのように、せっかく会って楽しむ機会ですから、
気遣いさせて悪かったな…などと思わせないために、お渡しするのは別れ際がいいと思います。
友達との楽しい時間は、とても気持ちが慰められます。
でも同時に、友達が自分の親の死を悼んでくれることは本当に嬉しいものです。
異常に気を遣う必要もないと思います。

長文失礼しました。
少しでも参考になることがあれば幸いです。

20代の時に父が亡くなってます。
その時の親友や友達の対応を思い出し、回答させていただきます。

>家族葬であったか、香典辞退をしたのかすら確認できていない
問題ないと思います。
事前にこれを尋ねられた場合、「香典辞退していないと答える=香典頂きます」
ということになると思うので、確認することではないと思うからです。
お渡しし、辞退されたなら引き下がればよいかと。
ただ、他の方のは受け取られたのであれば「私の気持ちだから」と押してもいいと思います。
マナーとして断るというのもあると...続きを読む

Q友人の親が亡くなった場合の香典

友人の親が亡くなった場合の香典の額は大体いくらぐらい包めばよいものでしょうか?
10年程仲良くさせてもらってる友人です。
相場が良く分からないので詳しい方教えて下さい 

Aベストアンサー

下記ページでは友人・知人の家族 5000円
となっていますね。

http://5go.biz/kankon/r11_1.htm

Qお線香をあげに行く時、何を持っていけばいいですか?

近所の方が2年前に亡くなっていたことを、その方の家族に偶然会ったとき、聞かされました。
お線香をあげに訪問したいと思いますが、そういうことをしたことがないので、どうしてよいのかわかりません。
ご挨拶の仕方や、持っていくものなど教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 故人を偲んで焼香に来てくださるのは、嬉しいことです。父と母をおくって、そう思います。

ごあいさつ:
 故人に関わる思い出を伝えます。多くは「お世話になったことを貴方風の表現で簡単に述べて、感謝の意を伝えたくて…とか言います。」「焼香をさせて頂ければと思い、ご迷惑かと存じますが、伺いました。」等と焼香の許可を質します。

許されたら、「ありがとうございます。それでは失礼します…。」と焼香をしましょう。

蜀台があれば点灯して線香に火をつけます。二本が適当かと思います。
静かに拝みます。少なくとも5秒以上は黙祷しましょう。

焼香後は後に下がって、当主に、頭を下げて「ありがとうございました。」と礼を言い、故人との関係をはなします。

当地では空茶といって、お茶だけ出す習慣があります。
必ず、お茶を飲んでから、帰ります。

持っていったものは、焼香後に仏壇の前に置き、もう一度拝みます。

持っていくものは、ご仏前(3~5千円)と小さな供物です。
 供物:菓子折り・果物・線香・お花等です。

菓子折りは、お茶うけにできる物、果物は箱やパックに入れ、不祝儀(白黒の)の熨斗紙を付けます。

ご仏前だけでも良く、供物だけでも両方でも良いのです。

長居はせずに、5分以内程度に引きさがります。

席を立つ前に、仏壇の蜀台(蝋燭の火)と線香の安全を指差しで確認します。
 「ありがとうございました。ろうそくとお線香は大丈夫ですね。」

持ってきて嬉しい物
 ご仏前(現金)、茶菓子、籠などに活けた花。 笑顔やお世話になったというお話。
困る物
 線香や蝋燭(余って困るし、今はあまり点けない。)生花(活ける手間がかかる。重なると勿体ない。)
 長居。

田舎での慣習と施主の立場で一言述べました。
 ご参考になれば幸いです。

 故人を偲んで焼香に来てくださるのは、嬉しいことです。父と母をおくって、そう思います。

ごあいさつ:
 故人に関わる思い出を伝えます。多くは「お世話になったことを貴方風の表現で簡単に述べて、感謝の意を伝えたくて…とか言います。」「焼香をさせて頂ければと思い、ご迷惑かと存じますが、伺いました。」等と焼香の許可を質します。

許されたら、「ありがとうございます。それでは失礼します…。」と焼香をしましょう。

蜀台があれば点灯して線香に火をつけます。二本が適当かと思います。
静かに拝み...続きを読む

Q四十九日のお香典の表書き

親戚の四十九日法要があります。
私は、四十九日の法要より使用と書いてあった「御佛前」の袋を用意しました。
しかし父は、文房具屋さんで「四十九日の法要に出るのですが・・」と言ったら、「ではご霊前ですね。」と言われ、ご霊前の袋を用意したそうです。
色々調べても、四十九日までは「ご霊前」と書いてあったりするのですが、四十九日当日は「御佛前」「ご霊前」どちらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

坊さん@浄土真宗です。
申し訳ありませんがNo3回答者orihime05さんの
> 浄土真宗では「御仏前」は使えません。
は誤りです。逆に通夜時から御仏前で、御霊前は用いません。
ご質問者さんへのアドバイスですが、実は厳密には宗派により異なります。
仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいと俗に言われ、極端にはどの宗教でも葬儀の香典は「御霊前」と書いてよいとの説明がされることが多いのですがこれは俗説で誤りです。
まず、浄土真宗では亡くなった方は即浄土に往生したのであり、「霊」という概念がありませんので「御霊前」は用いません。また、「特にこだわらない」とするものの、曹洞宗・臨済宗などの禅宗系では教義に「浄土」がありませんので「成仏以前」という考え方がなく「御仏前」とするのが一般的です。また、故人に出すのではなく「本尊である仏様に捧げる」という意味であるなら「御仏前」になります。
キリスト教でもカトリックは「御霊前」を許容していますが、プロテスタントでは否定しています。
同じ宗派の親族でしたら「相手の宗派=自分の宗派」ですので合わせることも可能ですが、宗派が異なる親戚や知人の単なる会葬者の立場に立つと、必ずしも相手方の宗教・宗派を理解したうえで会葬するとは限りませんので、その場合自らの宗旨で上書きを選択してもよいです。
合掌

坊さん@浄土真宗です。
申し訳ありませんがNo3回答者orihime05さんの
> 浄土真宗では「御仏前」は使えません。
は誤りです。逆に通夜時から御仏前で、御霊前は用いません。
ご質問者さんへのアドバイスですが、実は厳密には宗派により異なります。
仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいと俗に言われ、極端にはどの宗教でも葬儀の香典は「御霊前」と書いてよいとの説明がされることが多いのですがこれは俗説で誤りです。
まず、浄土真宗では亡くなった方は即...続きを読む

Q家族葬後のお供え、お悔み、どうしたら

お世話になります。
先日、友人のご家族が亡くなられました。
友人と私は幼馴染で、ご家族とも長く面識がありましたので
連絡があった際にご葬儀にお伺いしたい旨を伝えようかと思ったのですが、
その前に友人より「家族葬にします」と伝えられたので
参列を控えておりました。
(今思えは、それでも聞いてみた方が良かったと悔やんでいます)

来週あたり、友人が落ち着くそうなので、家に来てと言われているのですが
その際にお悔やみの気持ちを言葉だけでなく、形でも示したいと思います。
ご葬儀より3週間ほどたっています

そこでご相談なのですが

・家族葬とのことでしたので香典は控えた方がよいでしょうか
 (家族葬とだけ言われたので、お断りされているかが不明です)

・品物でしたら、お花や良い線香がよいという意見をよく見ますが、
 現在お花は多くあるようで、線香は使用していないようです。
 ご家族で果物(傷みにくいものを選びます)がお好きなので
 香典分ほどの果物にしようかとおもうのですが、どうでしょうか。

・また、ご葬儀になにもできず、お悔やみの気持ちをお渡ししたいので
 お返しに気を使っていただくのは心苦しいです。
 どのようにお伝えしたらよいでしょうか。


こういった経験がなく、どのようにしたらよいかわかりません。
ずっと悩んでおり、上記のような案ができましたが
よりよく、失礼のない訪問をしたいと考えています。宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。
先日、友人のご家族が亡くなられました。
友人と私は幼馴染で、ご家族とも長く面識がありましたので
連絡があった際にご葬儀にお伺いしたい旨を伝えようかと思ったのですが、
その前に友人より「家族葬にします」と伝えられたので
参列を控えておりました。
(今思えは、それでも聞いてみた方が良かったと悔やんでいます)

来週あたり、友人が落ち着くそうなので、家に来てと言われているのですが
その際にお悔やみの気持ちを言葉だけでなく、形でも示したいと思います。
ご葬儀より3週間ほ...続きを読む

Aベストアンサー

既に3週間が経過していますし、また御遺族の方が家族葬にて葬儀を
行われたので、御香典は特に包む必要は無いと思います。

それでは気がすまないと言われるなら、友人の方が指定された日時に
御自宅まで御焼香に行かれて、その際は果物の御供物よりも献花の方
が良いかと思います。
御線香は家庭によって好みがありますから、適当に選んで持参するの
は止めた方がいいですね。

線香は使用していないと言われますが、線香は死者にとっては食事で
すから、仏教の場合は必ず御線香は使用されます。
もしかして仏教ではなく創価学会等の宗教団体でしょうか。
線香は使用していないと言われる意味が分かりません。宜しければ教
えて貰えないでしょうか。

先程も書きましたが、御線香は家庭によって好みがありますから、こ
の場合には御線香は持参せずに、通常の白い封筒で構いませんから、
表に「御線香代」と書き、その下に自分の名前を書きます。
これは遺族に直に手渡さず、仏壇の左隅に置いてから御焼香させて貰
います。これは実物の御線香を持参しない代わりに、御金に替える物
です。遺族に手渡さないのは、これは仏様に御渡しすると考えて下さ
い。金額としては2~3千円が相場です。

献花と御線香代で5千円程度なら失礼にはなりません。

服装は質素であればなんでも構いませんが、絶対に数珠だけは持参す
るようにして下さい。これだけは他の方の数珠を使うのは失礼になり
ます。

御返しは不要と言われても、基本的には御返しはされます。
これを拒むのは仏になられた方に失礼になりますので、御返しは必要
ありませんと言ったのに御返しをされた場合は、有難く頂戴するよう
にして下さい。御返しは亡くなられた方からの御返しで、亡くなられ
た方が出来ない事を遺族がしているだけですから、御返しを拒む事は
亡くなられた方の意思を無視する事になります。

既に3週間が経過していますし、また御遺族の方が家族葬にて葬儀を
行われたので、御香典は特に包む必要は無いと思います。

それでは気がすまないと言われるなら、友人の方が指定された日時に
御自宅まで御焼香に行かれて、その際は果物の御供物よりも献花の方
が良いかと思います。
御線香は家庭によって好みがありますから、適当に選んで持参するの
は止めた方がいいですね。

線香は使用していないと言われますが、線香は死者にとっては食事で
すから、仏教の場合は必ず御線香は使用されます。
もしかして仏教...続きを読む

Q通夜に参列しない場合の香典の渡し方について

ご近所で親しくしている友人のお父様が亡くなられました。
通夜・告別式は明日ですが参列はしません。
ただとても親しくしているのでお香典だけは渡すつもりです。

この場合どのタイミングでどう渡せばいいのでしょうか。
友人の自宅には仏壇はありませんし、ご実家までお供えに行くこともできません。
後日、御仏前を手渡しすれば問題ありませんか?
それとも、自宅に仏壇がなくてもお花代として渡すのがいいのですか?
通夜の前に手渡しで御霊前を渡すのは失礼ですよね?

何卒無知なもので、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本の風習では、期限より先に催す事を善しとします。例えば法事は命日より前に行ないます。
しかし、葬儀を前に喪服を用意する事などは死を待っていたかのように捉えるのでしません。香典の札を新札にしないというのもこの考えによります。

行事は地方文化であり、様々な説によって成り立っており、地方によっても異なりますから、“これが正解”というものは無いんです。
近年はいい加減なマナーや常識が横行して何でも共通ルールにしようとしていますが、地域も考えないそれこそが嘘八百だという証拠です。要するに現代は声が大きいものが常識なのです。
なのでここでは理由を述べて解説しますが、地域や個人で違う説を唱えている場合もあります。

私の答えを先に言えば、
通夜告別式の先でも後でも構いませんが、先ではバタバタしている可能性もあり、受け入れる準備も出来ていないかもしれませんから、後の方がいいでしょう。
もし、共通の友人や知人で参列する人が居れば、お願いして預けるのも一つの方法です。
遠い場合は郵送する人もいますが、これは受け取る方によって受け入れる人も居れば嫌悪を顕わにする人もいるので、あまりお勧めできません。
葬儀などが終わった後でも、気持ちを届けるのに支障はありませんが、できれば四十九日前にしましょう。
四十九日(神道は50日)は全ての縁故者にとっても一応の喪明けとなります。喪明けは故人が仏の世界に入って、遺族も悲しみから立ち直る時期ですから、それからお悔やみを言うのは良くないです。
家に仏壇が無くても、ご霊前は仏壇に捧げるのではなく、故人の魂に送るものですから、ご自宅で渡しても本来問題はありません。


通夜は亡くなった日に行なうのが当たり前でした。でも、今では様々な条件で日を改めます。
そのため、仮の通夜を亡くなった日に行なう人もいます。

従って本来通夜の前は生きている訳ですから、通夜以前にご霊前という事は有り得ませんが、仮通夜後であれば支障は無いです。
では葬儀の後ではダメなのかといえばそうでもありません。人の死ばかりは予想もつきませんから、当然全てが亡くなってからになります。従って亡くなった知らせを聞いて急いで行っても葬儀に間にあうかどうかは判りませんから、理屈では後でも構わないという事になります。

ご霊前・ご仏前の使い分けについては様々な説があります。
普通は四十九日によって故人が再生か仏の世界に入るかが決まります。従って四十九日以降がご仏前になります。
でも、浄土宗などでは人が死ねば仏になるのですから、そう考えると死ねばご仏前という事にもなります。
判らない場合は「御香料」「御花料」とします。
中には葬儀の日に初七日、びっくりしたのは四十九日法要まで済ませてしまう人もいました。今の世の中は本当に人ぞれぞれです。
中にはご仏前はお坊さんが引導を渡した、つまり告別式以降だという人もいます。(お坊さんでも)
判らなければ、故人の住んでいた土地の葬儀屋さんや仏具屋さんで聞くのが一番確かです。
でもご仏前を使うのは法要のときと考えた方がいいでしょうね。(理由は上の方に書いてある通りです)

日本の風習では、期限より先に催す事を善しとします。例えば法事は命日より前に行ないます。
しかし、葬儀を前に喪服を用意する事などは死を待っていたかのように捉えるのでしません。香典の札を新札にしないというのもこの考えによります。

行事は地方文化であり、様々な説によって成り立っており、地方によっても異なりますから、“これが正解”というものは無いんです。
近年はいい加減なマナーや常識が横行して何でも共通ルールにしようとしていますが、地域も考えないそれこそが嘘八百だという証拠です。要す...続きを読む


人気Q&Aランキング