出産前後の痔にはご注意!

個人で活動しているのですが、この度、ある会社に代理製作して
いただくことになりました。
もちろん実費はこちらが負担するので、私が顧客になりますが
その会社の社長さんと連絡を取り合っておこなっています。
その社長さんを呼ぶときなんですが、○○社長、と呼び捨てで
いいものでしょうか?
なんと呼んでよいかわからなくてちょっと悩んでおります。
アドバイスよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

「社長」自体が敬称なので


○○社長は「呼び捨て」ではありません。
逆の言い方をすれば、「社長さん」「部長様」という言い方は
おかしいということです。

とはいえ、
電話などで社長に取り次いでもらう際に、
○○社長という言い方がキツク感じるというなら
「社長の○○様お願いいたします」と言えばよいと思います。

蛇足ですが、
「各位」に様をつけて「各位様」と書いてくる人がいますが、
爆笑モノです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/01 05:24

 昔、研修で習った気がします。


 
 役職がある場合は、「○○社長」で良いと思います。
 役職をつけない時は「○○様」と呼ぶと良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/01 05:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手の会社の人を呼ぶときの敬称のつけ方

例えば電話で、相手の会社の人を呼び出してもらうとき、敬称はどのようにつけるのが良いのでしょうか。

私は、役職名には敬意は含まれないと誰かに聞いたのを鵜呑みにしていて「○○部長さんをお願いします」という言い方をしていたのですが、気になって検索してみたら役職名に敬意が含まれるとする解釈が多いようです。

「○○社長さんはいらっしゃいますか」
「○○社長はいらっしゃいますか」

「○○課長さんがおっしゃってました」
「○○課長がおっしゃってました」

「○○主任さんにお願いしてあった件ですが」
「○○主任にお願いしてあった件ですが」

電話口なので、「部長の○○さんはいらっしゃいますか」とは言わないような気がします(気がするだけなので、この呼び方が正しければ、そのように指摘してください)。

役職名に敬意が含まれているとすると、自分の会社の社長や部長を呼ぶとき、「社長!」とか「部長!」と呼ぶのは間違いということなんでしょうか?

私の上司が、自分の会社の社長に「社長、先月の売上は○○でした」という話し方をするのに、取引先の社長に対しても、「社長、これでお願いします」という話し方をする、というのも気になっています。もしかして役職名に敬意が含まれている、とした上で、自社の社長に対してへつらっているのか?とも思います。

社会人になって10年以上たちますが、私はこれまで「役職名に敬意は含まれない説」でやってきたので、「○○部長さんという呼び方をする人がいる会社は警戒します」というような意見を見て、かなりへこんでいます。
http://matsuri.site.ne.jp/standardsr/sr94.htm

今まで誰にも指摘されなかったので、新入社員だった頃から10年以上もたってしまいキツイのですが、「役職名に敬意が含まれる説」にしなければならないでしょうか。

例えば電話で、相手の会社の人を呼び出してもらうとき、敬称はどのようにつけるのが良いのでしょうか。

私は、役職名には敬意は含まれないと誰かに聞いたのを鵜呑みにしていて「○○部長さんをお願いします」という言い方をしていたのですが、気になって検索してみたら役職名に敬意が含まれるとする解釈が多いようです。

「○○社長さんはいらっしゃいますか」
「○○社長はいらっしゃいますか」

「○○課長さんがおっしゃってました」
「○○課長がおっしゃってました」

「○○主任さんにお願いしてあった件で...続きを読む

Aベストアンサー

役職名に敬意は含まれます。
電話で相手の部長を呼ぶときは、
1、◎「部長の○○様・・・」
2、○「○○部長・・・」
3、△「○○部長様・・・」
4、×「○○部長さん」

3は本当はおかしいのですが、最近は全くダメということでもないようです。
「さん」を使うのは、かなり親しい会社関係の場合に限られます。
業界にも特徴があり、その業界のリーダー企業の文化が取引先等に伝播し、業界スタンダードみたいになってゆきます。
業界内で使うときは本筋から外れすぎない程度に業界にあわせておき、業界外では本筋に戻す、というのが良いのではないでしょうか。

Qビジネスマナー 取引先の方の呼び方

弊社とA社はともに同じ取引先の方とお取引をしていて、その取引先の方にA社の社員の方をどう呼べばよいのでしょうか?役職がついている場合は、~部長、ついてない場合は、呼び捨てですか?

Aベストアンサー

No2です。

A社が私のことを取引先の出向や派遣ということを知らず、取引先の社員だと思っているのであれば、呼び捨てです。状況を知ってるいる相手であれば、さん付けですね。どちらにせよ「様」はつけないです。

Q社長の呼び名はみんな社長!?

【社長】は敬称なので『さん』『様』を付けないのがマナーだという事は知っているのですが、
自分の会社の社長も、他社の社長も『社長!』という呼び方で良いものか?
と疑問に思ったので質問させていただきました。

取引先の社長は全員、私(20代)より年上ですし『社長』と呼ぶことに抵抗があります。
呼び捨てにしているようで・・・。
社長達とは付き合いが長いため、他の社員は『社長』と呼びますし、会話の中に敬語は出てきません。

それでも『社長』と呼ぶのがマナーですか?

それと、もうひとつ。
先日のTV【子連れ狼】で武士(?)が殿に向かって
『殿殿!(とのどの)』と訴えかけていたのですが、敬語として合っているのですか?
殿って役職?

Aベストアンサー

社長と呼ぶことで全く問題ないですよ。(私も社長業です。)
抵抗感あるのでしたら○○さんと名前にさん付けで呼べば良いと思いますが、高齢の人などは嫌がるかもしれません。

以前日本語のうまい外国の人に「社長さーん」と呼ばれ、なんだか妙な感じがしたのを思い出しました。

Q第三者の会社の呼び方

自分の会社は当社・弊社
相手の会社は御社
それでは第三者的な立場にある会社「あの会社」適な言葉はありますか?

Aベストアンサー

数学の板ですが… とりあえず回答を。

第三者的立場の企業の呼び方としては、無難に「**さん」というのが良いと思います。
たとえば、「御社とNTTさんのお付き合いが…」といった具合です。

当然、内部では適当に呼んじゃってかまわないので、外の人との会話で、です。

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q打ち合わせ相手に弊社まで来てもらう際の例文

ビジネスメールの例文で質問です。
打ち合わせ(商談)のアポを取り付ける段階で、
相手に弊社まで足を運んでもらって打ち合わせを行う、という場合に、
「ご多忙の中わざわざ足を運んでいただいて大変恐縮です」という旨を述べたくて、
ネットで例文を探していますが、なかなかしっくり来るものがありません。

良い言い回しはないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

人事で採用や教育研修など実務を担当してきた者に過ぎません。

ビジネスマナーなどの研修も行ってきましたが、さすがにそこまで事例としてあげたことはありませんでした。

相手方に対する足を運ぶことと、多忙というポイントであれば、さらにシンプルな方が賢明かと思います。
仮に本体はabsolute1780さんが先方の会社に訪問するのが筋だと仮定した場合ですが。

「本来弊い社が訪問させていただくところ、ご多忙にも関わらずご足労いただき、誠に恐縮でございます…」

上記が大正解とは思いませんが、「ご足労」という表現もあります。

参考程度にでもなれば幸いです。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q会社名に様、さん付けはNGというけれど

会社名に様付け、さん付けは失礼ということを聞きますが、「様」や「さん」を付けないのなら、なんと呼べばいいんでしょうか。
駄目という意見はよく見かけますが、具体的にどうすればいいのか分かりません。

1対1の打ち合わせであれば、「御社」で済みますが、複数の会社が集まる会議の場合はどうなりますか?

個人の発表や意見を求める場合は「A社のM様」、「B社のNさん」という言い方ができると思います。

しかし、「C社が開発して、D社が製造する」とその2社の担当者を前に言う場合、「C社様に開発いただき、D社様に量産をお願いします。」というような言い方しか思いつきません。

この場合、失礼でない言い換えができますか?そもそもこれってそんなに失礼な言い方でしょうか?
実際ほとんどの会社が○○社様と呼んでいると思います。

挙げた例があまり上手くないかもしれませんが、ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「書く」場合は。じゃないかな?

手紙やら、小包やらは、「○○会社 御中」とかだと思います。
でも、御中がなんとなく面倒(個人の感覚ですが)なので、「○○会社 ○○部 ○○担当様」とか、個人宛のようにしてしまうのが、楽といえば楽かな。と。


>>実際ほとんどの会社が○○社様と呼んでいると思います。

「言う」場合には、それで問題ないんじゃないかと思いますよ。


http://www.letter110.net/manner/atena.html

Q「ご返事」、「ご返答」、「ご返信」

日本語を勉強中の中国人です。ビジネス日本語についてお伺いします。

1、ご返事有難うございます。
2、ご返答有難うございます。
3、ご返信有難うございます。

上記の三つの文はシチュエーションによってどのように使い分けていらっしゃいますか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.”ご返事”ではなく、”お返事”になると思います。ニュアンスは、3.に近いと思いますが、少し柔らかいというか、3.の返信よりややFrankな感じはしますが、使っていけないこともないですし、間違いではあいです。

2.何か質問をしたことに対しての回答があった場合のお礼。

3.eメール、手紙等に(特に質問をしたときに限らず)、返事(reply)してくれたことへの感謝。


人気Q&Aランキング