外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

前回このコーナーで質問したのですが、もう一度お願いします。
ホームセンター等に売っているスピードコントローラーはブラシがあるモーターにしか使えない見たいなのですが、(インパクトやハンドグラインダー等)一度買ってしまって、使えなくて返品してしまいました。

他の大き目のモーターを使っている工具、ブラシレスモーターでも使えるスピードコントローラーは無いのでしょうか?
(ボール盤、バンドソー、フライス盤、等のスピードをコントロールしたいのですが・・・)

あと、インバーターと言う物はどんな物なのでしょうか?これもスピードをコントロールする物ですか?それとも同じ物?
(ネット等で検索していると、200V三相にしてインバーターを付けてスピードをコントロールしている人が何人かいたのですが・・)
100V仕様でもインバーターと言う物は使えるのですか?
その辺の知識が私には無いのでスピードコントロールの仕方、知っている人お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ANo.3の方から”100V単相の(汎用)インバータがある”と紹介されていますが、実際に使用するためには十分な注意が必要です。

インバータを追加しただけでは故障してしまいます。

単相AC100Vのインバータは[入力側の電圧が単相AC100V]ですが、インバータの出力側に接続するモータの仕様は[3相 200Vのカゴ形モータ(標準電動機)]に限ります。また、モータの適用容量として[3相 200V 0.75kW]が最大容量になるでしょう。

(汎用)インバータは、カゴ形モータを可変速運転すること前提として製作されており、カゴ形モータの回転速度は加わる電源周波数に依存しています。更にモータが最適運転状態になる様、運転周波数の変化に合わせてモータに加わる電圧も同時に変化させています。現在接続されている単相AC100Vのモータを取外し、3相 200Vのカゴ形モータ(標準電動機)に置き換える必要があると言うことになります。

更にモータを交換する場合でも、モータ取付脚がどの様に固定されているかを調べる必要があります。単純にカゴ形モータを購入しても取付けられない可能性が大です。現在、稼働中のボール盤、バンドソー、フライス盤に使用されているモータ類は取付方式が、それぞれ専用の形状になっているのではないかと推定されます。また、カゴ形モータには"モータ出力[kW]"および"モータ極数"や"保護構造"等の違いがあり、これらも調査して合致するようなモータを注文する必要があります。

(その他)次のモータは適用できないと思われます。
1)インパクト(ドライバーやドリル)
‥‥モータの種類がカゴ形モータかどうか。仮にカゴ形モータであっても衝撃を与えるような使い方には、インバータの適用が難しい場合があります。インバータの容量などの適用を検討する必要があります。
2)ハンドグラインダー
‥‥モータの種類(カゴ形モータかどうか)を調べる必要があります。高速で回転させていますので、特殊モータであろうと推定します。
3)ブラシレスモータ
‥‥モータの種類を調べる必要があり、また半導体を使用していると思いますので、インバータもやはり半導体を使用しているので、半導体同士が競合して制御が不能、最悪故障の原因となります。

以上、適用するには種々の調査確認と配線や接続方法の変更。また、インバータには最低限の機能の設定が必要です。これらを勘案して電気の専門家を交えて再検討されることをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

モーターの取り付けやプーリーの加工等機械的な改造でしたら何とか出来るのですが、電気の配線等、色々覚えなくてはいけない事が沢山あります。200Vは使った事ないし・・

全体的な改造工程等は何となく頭の中でイメージ出来たのですが、電気関係の細かな所が抜けているのでネット等でもう少し勉強してからやって見たいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/13 17:19

インバーターは、周波数を変える事によってスピードをコントロールする物です。

200Vが殆どです。

ここで100V単相用を見つけたけど。^_^;

http://www.tachibana.co.jp/jigyo/hanyo_fa/produc …

ここのは自己責任。(殆ど200V)
価格、相場を知ろう。
http://search.auctions.yahoo.co.jp/search/auc?p= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL拝見しました。
機械のモーターを三相200Vの物に買い替えればインバーターもつかえるのですね。
ただ、改造と言ってもモーターの取り付け位置や、モーター軸とプーリーの連結など色々とやらないといけない見たいですね。

オークションのインバーターの値段位なら何とか替えそうなのですが、モーター代とかもかかりますしどちらにしても安くは済まなそうですね。
もう少し検討して見たいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/12 19:26

インバーターは周波数を制御することにより、交流電動機(誘導電動機・同期電動機)のスピードをコントロールできます。

しかし入手は難しいかもしれません。速度調整機能のないインバータで
http://www.etech-japan.com/product/dokuritu/inve …
1500Wが10万円程度とかなり高価です。
安価に済ませるには
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=ki …
トライアック万能調光器キット(20Aタイプ)
などがありますが、それなりに電気の知識がないと難しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インバーターは既製品の物等はかなり高価な物なのですね。

10万以上とかなって来てしまうと、中古で機械を買ってしまった方が安く上がってしまいそうです。
チョット専門的な電気用語等出てきてしまうと私には無理かな~と思ってしまいます。
あとは機械的に?プーリー等を加工して回転を遅くしたりするしかなさそうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/10 09:12

専門用語を使わず、解り易く説明します。


受け取り方で微妙に変ると思いますがお許し下さい。
・スピードコントローラー
(電圧を変える)(効率を変える)(負荷を変える)
このような方法があります。
電気的にブレーキをかける、位相をずらして効率を変える、
という方法が電子式のものです。
軽量、安価という長所を持ちますが、電子部品を使用している関係で大電流や大負荷により使用W数が厳しく制限されます。
さらに、綺麗なサイン波(~波)ではないので、雑音などが出て機器によっては障害になる事があります。

旧来より良く使われてきました、スライダック(単巻変圧器)は電圧を変化させる機器で出力電圧が波形ひずみを殆ど含まない事から一般に使用されてきました。
電圧を無段階に0V~120Vと変えられます。

電動工具類はモーターを使いますので起動電力が極端に大きく、回転を始める一瞬の大電流に耐える電子制御の機器は放熱や部品の関係で高価になってしまいます。
その点、スライダックはそもそもが変圧器(トランス)であり、重く単純な仕組みですので電子式より安全(工具使用に)といえます。
以上の理由により、単巻き変圧器(スライダック)をお勧めします。

お尋ねのインバーターとは、発振により電気を小さく縦に切って、それを繋ぎ合わせて大小のサイン波に近づける機器と考えてもらえば分りやすいと思います。
いずれにしても、起動電流や運転電力を考えてお求め下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電気の知識がない私にも分かりやすく説明していただきありがとうございます。
インバーターの取り扱いは私には厳しそうですね。スライダックのほうがオススメですね。検討してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/10 09:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電動工具の回転数を落とすのに電圧降下する方法は駄目?

電動工具類の回転数を落とすのにスライダックなどで電圧を下げて使うと工具を傷めると聞きましたが、どういう原理で傷めるのか教えてください。
また、集塵機などでも同じ事が言えますか。

Aベストアンサー

特に専門家というわけではないので、100%の自信はありませんが悪しからず。

どのような電動工具か、ちょっと分からないのですが、交流モーターを使用するタイプの電動工具(ボール盤、旋盤など)であれば、スライダックで電圧を下げるのはまずいと思います。
交流モーターは、電源の周波数に同期して回転しますので、スライダックで電圧を落としても基本的に回転数は変わりません。変わるとすればトルク不足で脱調を起こしている場合ということになりますが、この場合モーターが異常発熱することになります。(モーターは、停止すると逆起電力がなくなり、巻線に大電流が流れるので。)

直流モータを使用した電動工具であれば、スライダックで電圧を下げること自体には問題はないでしょう。
ただ、回転数と同時にトルクも減少しますので、使用中に回転数が低下し、モーターが異常発熱する危険が増大する点には要注意です。
もし「太いドリル刃を使用するために回転数を落としたい」といった場合であれば、スライダックを使うべきではありません。(ドリル刃が太い分、工具のモーターに要求されるトルクは増大しているので。)

集塵機などであれば、モーターのトルクが減っても極端に低速になることは考えがたいので、スライダックで電圧を下げても問題はないように思います。

特に専門家というわけではないので、100%の自信はありませんが悪しからず。

どのような電動工具か、ちょっと分からないのですが、交流モーターを使用するタイプの電動工具(ボール盤、旋盤など)であれば、スライダックで電圧を下げるのはまずいと思います。
交流モーターは、電源の周波数に同期して回転しますので、スライダックで電圧を落としても基本的に回転数は変わりません。変わるとすればトルク不足で脱調を起こしている場合ということになりますが、この場合モーターが異常発熱することになります。...続きを読む

Qモーターの回転速度を遅くするには?

こちらモーターなどの知識が乏しい素人です。日立工機のBGM-50(モーターはコンデンサラン単相誘導電動機)の回転速度を自由自在にコントロールする(遅くする)にはどうしたらよいですか?一般に売っているスピードコントローラーはブラシ付きモーターのみコントロール可能らしいのですが・・・。どなたかお詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単相誘導電動機は確かに電圧制御でも電流制御でも回転数は可変できます。しかしそれはトルクを弱くした結果回転数が落ちてしまったと言う事なのです。トルクが弱いという事は慣性の小さな物は制御が難しいのです。インバーターで可変するのとは根本的に異なります。

しかし換気扇や洗濯機の脱水などは大きな慣性が有りますから比較的安定した回転数が得られます。

調べてみたらBGM-50はベルトグラインダーですね。
このような機械の場合電圧、電流制御を行うと大きな負荷の時回転数も大幅に低下する事が考えられます。
自在に変化させるのではなく変化してしまうと言うわけです。

方法としてはこのモーターでも使えるインバーターを探す、もうひとつはモーター回転数の検出装置をつけてフィードバックをかけて一定の回転数を維持する、という事は出来ますが素人の方では無理かと思います。 またこの場合は最大でも直結と同じ回転数です。

ほんとうは三相モーターを使ってインバーター制御という物が理想ですが。

Q100Vモーターの回転調節できますか?

一秒間に一回転程度の動力を取り出そうと研究しています。
この付近の回転数を可変させて使います。
家庭電源用で100V(90W程度で十分です)のACモーターとギヤーをセットで回転調節器付きで新品を買えば、実現するのですが、数万円します。
ギヤを別途に入手するとして、ごく普通の安価な洗濯機に使われているような単相100Vのモーター(200W程度でしょうか、コンデンサを使っていますね)は、(インバータ制御は三相でないとダメといいますので)、何か回転を調節できる安価な装置があるものでしょうか?

前述のように、既製品の新品だとAC100ボルトのモーターに回転調節のボリュームの付いた装置と組み合わせることができるので、ご質問します。

Aベストアンサー

>「つまみによってONの時間とOFFの時間の比率を可変出来る」タイマーのようなもの、お心当たりありますでしょうか?
>クラッチへ流す時間が2~10秒、ブレーキへながす時間が1~5秒くらいで切り換えタイマースイッチのようなものです。
>大層な装置でなく簡単安価なものがあればと思うのです。

工作の手間を惜しまない&あまり耐久性を問わないのであれば
http://www.rakuten.co.jp/denshi/172945/1766349/
電子工作キット(インターバルタイマー)MK111 1,000円
等、利用可能だと思います。

予算に余裕が在る場合
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1719/index_p.html
のツインタイマとか

Q電動のディスクグラインダーの回転数を約半分に落としたい

次の仕様のディスクグラインダーの回転数を、多少の精度は許容するとして、
簡単な方法で約半分に落としたいと思っています。
e-Value EDG-550
直巻整流子電動機
電圧:単相100V
消費電力:550W
電流:5.7A
次のURLで整流ダイオードを使い半波整流にする方法が書いているのですが、
ダイオードの仕様とか容量とかがわかりません。
http://minkara.carview.co.jp/userid/127691/car/29502/34488/note.aspx
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-385.html
ネットで調べるといろいろな整流ダイオードがあり何がよいのかわからないのですが、
今の場合、どういう仕様のものを使ったらよいのでしょう。

Aベストアンサー

回答NO.4です。すみません、推奨したダイオードは電流容量が5Aではグラインダのモータの電流5.7Aに対して足りなかったですね。

こちらのダイオード(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07759/)なら
  最大許容平均電流 10A
  ピーク順方向サージ電流(8.3msec) 400A
ですので、大丈夫でしょう。

Qグラインダーの回転数を落としたい!

ディスクグラインダーの回転数を調整するにはどうすればよいのでしょうか?
今のグラインダーは毎分10,000回転くらいなのでバフがけのため2,000回転くらいまで落としたいです。三相電源ですとインバータで調整できるらしいのですが、100Vなのでわかりません。かんたんに低回転にする方法(流れる電圧を落とす)わかるかたいれば教えてください。

Aベストアンサー

「スライダック」があれば電圧調整可能です。

http://www.edenki.co.jp/shopbrand/031/013/X/

↑のURLは一例ですが、「スライドトランス据置型 単相2線100V」用で1万円前後必要です。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Qモーターの回転速度を制御したい

乾電池2本あるいは3VのACアダプタで、130モーターを回します。
このときに、回転の速さを制御したいと思います。

秋月のサイトを見ていたのですが、秋月のモーターコントロールキットを使って制御できるのではないかと思いました。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=K-908&s=score&p=1&r=1&page=#K-00908

また、小型ボリュームで電圧を変える(ことができるのですよね?)ことで回転速度を変えることもできるのだろうとも思いました。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%BE%AE%B7%BF%A5%DC%A5%EA%A5%E5%A1%BC%A5%E0&submit=%B8%A1%BA%F7

この2つの方法の内、どちらの方がトルクを落とさずに回転数を制御できるのでしょうか? さほど違いはないものなのでしょうか?
前者はON/OFFを小刻みに変えることで制御すると思うので、こちらの方がよいかなと思ったのですが……

また、ボリュームには色々種類がありますが、ボリュームの選び方(どの抵抗値のものを選べばよいか)についても、教えていただけると助かります。

乾電池2本あるいは3VのACアダプタで、130モーターを回します。
このときに、回転の速さを制御したいと思います。

秋月のサイトを見ていたのですが、秋月のモーターコントロールキットを使って制御できるのではないかと思いました。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=K-908&s=score&p=1&r=1&page=#K-00908

また、小型ボリュームで電圧を変える(ことができるのですよね?)ことで回転速度を変えることもできるのだろうとも思いました。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q...続きを読む

Aベストアンサー

1.100Ωくらいの小型ボリュームの両端に電源(3V+-の両方)を接続。
2.秋月で売っているものなら、2SD1830(トランジスタ)
のCを電源(+)に、Bをボリュームの中央に、Eをモータに接続。
3.電源(-)はモータに接続

こんなもんで回転は制御できるでしょう。
ただし、これは抵抗制御なのでトランジスタは結構発熱します。
サイリスタを使って、小刻みにONOFFした方がトルクが落ちにくいのですが・・・

「鉄道模型 サイリスタ パワーパック 自作」
あたりで検索してみてください。ただし、これらは定格12Vで動作するので3Vで動かすためには設計を変更する必要があると思います。

Q100Vで三相のモーター回りますか

家庭用の100V電源で三相200Vの2.2KW(三馬力?)のモーターを回すことが出来ますか。15分ばかりまわしたいです.

Aベストアンサー

2.2kWですか、、、大きいですね。
2.2kWだと、100V単相の壁コンセントからは不可能です。

・単相3線式100/200Vの電灯契約から3相200Vの動力機器を使用することは電力会社との供給契約違反行為ですから出来ません。

1・200V3φ出力の発電機をレンタルする。
2・電力会社と新規に3相200Vの動力契約を契約する。

ただ、たった15分ですから、発電機のレンタルが一番良いと思います。
一例:
http://www.kyoeikenki.com/kyoei0/welder/welder1.html

または、3相は角度120°ごとの位相差をもつ交流。
単相200Vに進相用コンデンサを一個挟むことで「90°:135°:135°」の疑似3相を作ることは可能です。
分電盤の単相200V回路から直接ケーブルを引っ張ってきて、トランス2つと進相用コンデンサーを挟むことにより疑似3相を作り出せば回すことが可能になります。

参考:下記リンクの200V大容量版を自作することになります。
​http://www.tokyo-seiden.co.jp/customize/conversion-transformer.htm​

たぶん、レンタルが一番安い気がします。

2.2kWですか、、、大きいですね。
2.2kWだと、100V単相の壁コンセントからは不可能です。

・単相3線式100/200Vの電灯契約から3相200Vの動力機器を使用することは電力会社との供給契約違反行為ですから出来ません。

1・200V3φ出力の発電機をレンタルする。
2・電力会社と新規に3相200Vの動力契約を契約する。

ただ、たった15分ですから、発電機のレンタルが一番良いと思います。
一例:
http://www.kyoeikenki.com/kyoei0/welder/welder1.html

または、...続きを読む

Q薄いアクリル板切断 スライド丸鋸を使用する場合

タイトルのとおりですが、薄い( 1ミリ~5ミリ )アクリル板を、スライド丸鋸(刃径 190ミリ)で切断したいです。

Pカッター等で切断できるのは知っていますが、数が多いので、スライド丸鋸の使用を考えています。

アクリル用のチップソー(良い製品があったら、教えてください)を購入予定です。 使用するにあたって、注意点を教えて下さい。 

薄いアクリル板を切断するときは、当て板をすべきでしょうか? 特に1ミリとかを、チップソーで切断するとき、ひび割れが入ってしまわないか心配です。

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。補足でなぜスライドソーでアクリル板が切れないかの説明をしておきます。

 スライドソーの刃の回転方向と、切られるアクリル板の位置関係を見ると分かるように、アクリル板を押し上げる方向に刃が当たりますから、ダメなのです。そして丸鋸は冷却がされないため溶けたアクリルがくっついてしまう。
 加工所では、パネルソーかバンドソーを使用するのは、刃が素材を押し付ける方向に材料に当たるからなのです。バンドソーは発熱も比較的少ないです。

Qボール盤はなぜベルトで変速するのでしょうか

よろしくお願いします。

本日,念願の卓上ボール盤(リョービ製)を買いました。

そこでふと疑問に思ったので,教えていただけるとありがたいです。

ボール盤の回転速度調節は,ベルトの掛け替えでおこなう機種が多いようですが,今の便利な時代にどうしてベルトの掛け替えという原始的な方法が採用されているのでしょうか?

ボール盤よりうんと安い電気ドリルや電動ドライバーでさえレバーの握り具合に応じて無段変速します。

ボール盤も,ダイヤルを回して回転数を調節するようにしたらとても便利になると思うのですが・・・。

工作も工作機械についても素人ですので,とんちんかんな質問かも知れませんが,よろしくお願いいたします。


それともしよろしければ,穴あけの対象物の素材と穴の直径と,それに応じたドリルの回転数が一覧になっているようなものをご存じでしたら,お教えいただければとても助かります。


どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば変速つきの自転車にたとえると

ドライバドリルなどの変速は、変速の段数はそのまま、ペダルを漕いだり止めたりで速度の調整を
しています。なのでほとんどペダルを漕がない低速時は、力がほとんど出ていない状態です。

対してベルト掛け替えによる変速の場合は、変速機でスピードの調整をしている状態です。
ペダルは常に漕いだ状態でいられるので、低速時でも十分な力を出す事ができます。

金属加工は低速高トルク(=軸を回す力)が望ましいですし、木工はある程度高速じゃないと
キレイに加工する事ができません。

ボール盤の場合、ゼロスタートやキメ細かい速度調整は必要ないので、手に持って使うドライバドリル
と違って、無段変速はあまり必要じゃないですよね


適正な回転数は樹種や厚み、切削油の有無やビットの種類etc...条件は変化しますので一覧表が
あっても仕方ないような。そもそも速度調整も4段くらいしかできませんしね。
テスト用のワークを準備して、トライ&エラーでしていくしかないと思いますよ

もっとも、家庭用なら金属、木工の2段で使い分けるくらいで十分だと思いますけど。

例えば変速つきの自転車にたとえると

ドライバドリルなどの変速は、変速の段数はそのまま、ペダルを漕いだり止めたりで速度の調整を
しています。なのでほとんどペダルを漕がない低速時は、力がほとんど出ていない状態です。

対してベルト掛け替えによる変速の場合は、変速機でスピードの調整をしている状態です。
ペダルは常に漕いだ状態でいられるので、低速時でも十分な力を出す事ができます。

金属加工は低速高トルク(=軸を回す力)が望ましいですし、木工はある程度高速じゃないと
キレイに加工する事が...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング