QCM法でもちいるAT-CUT水晶振動子の周波数が重心の位置によって変化するのではないかと考えていますが(例:振動子の中央の場合と端の場合では同じ重さでも違う周波数を示すのではないか)、参考になる文献が見つかりません。どなたかご存知でしたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的に中心部から周辺部に向かって指数関数的に感度が鈍くなります。

(厳密なことをいうと結晶軸の方向で感度分布が異なり面の法線方向から見ると分布は楕円です。)
ただ、QCMであれば、電極上ははほぼ同じ感度になるような設計にしてあるはずですから一定と考えてよいと思います。無論設計が悪い(電極径が最適でないとか水晶端面のカットの設計が悪いなど)ということがないのが条件です。
    • good
    • 0

文献はありませんが、海外(USA)のsasやqcm-research社のウェブから技術資料をpdfでダウンロード出来るかと思います。


具体的には中心部と周辺部では感度(Δf/g )が異なり中心部は感度が高く、周辺部では落ちます。
これは、振動子の厚みすべり振動の振動エネルギーの分布が中心部に集まっていることに因ります。
    • good
    • 0

ちょっと正確なことは忘れたのですが水晶振動子の周波数を決めるのは、質量や重心位置ではなく、水晶の厚さだったと記憶してますが・・・。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。振動子の上に物がある場合、その位置によって変化することもあるみたいのなで、もしその位置による変化が分かればまた連絡ください。

お礼日時:2001/01/15 16:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文献の参考文献に掲載できるネット情報について

文献に載せる参考文献で、本の名前や掲載ページの情報のところに、特許やネット上のPDFファイルのアドレスなどを含めてもいいのでしょうか?

ある教授が参考文献にはネット上での情報は一般的には
掲載しないと言いました。

研究テーマに関しては工学的な面から、本に掲載されていない情報をしいれるためにネット情報も活用しなくてはいけないと思います。

みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

私が修士論文を書いた時は、URL掲載しましたよ。
学術論文は引用を明確にしなければいけないからです。

個人のHPは根拠に乏しいため、参考になりませんが、
公式なHPのものは、有効な情報だと思います。
ちなみに私の専攻は国際関係論でしたので、
国連HPに掲載されている国連憲章や、UNDPのHPからHDIの数字はどは、ネットから最新情報を収集していました。

指導教官に指示を仰ぐのが一番だと思います。

Q化学の質問です。 「次の化合物A,Bの示性式を示せ。 化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。A

化学の質問です。

「次の化合物A,Bの示性式を示せ。
化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると、分子式C5H10Oの化合物Bに変化する。Bはヨードホルム反応も銀鏡反応も示さない。」

という問題で、解説の「アルデヒドではない。したがって第二級アルコールのいずれかである。」というのが理解できません。写真の⑥(第3級アルコール)はなぜだめなのでしょうか?
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

他のアルコールはC-OHを酸化してC-O-Hの-Hと、Cに直接付いている-Hを取って酸化され、C=Oとなることが出来ます。

⑥の三級アルコールを酸化するとして、2番目の炭素に炭素が3つ付いていて、
C-OHを酸化しても、CにはCが3つ付いていて取れる-Hがないので、C=Oを作ることが難しいです。

>Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると
の最初の部分で⑥の三級アルコールは脱落ですが、絶対に酸化しないわけではないようです。

QQCMの電極について

QCMで、電極表面の金属が違うと周波数変化に対する質量増加の割合って違うのですか?

例えば、金電極とチタン電極とか。

金電極では、1hz=0.868ng だと思いますが。
チタンの場合だと違うのですか?

Aベストアンサー

多分違いはないはずです。

なざなら、共振周波数を質量変化に換算する
Sauerbreyの式には電極金属に関する項はないからです。
うちでもアルミと白金と金を使っていますが、同じものとして計算しています。




とはいえ、実際のところ違いはあるかもしれません。
QCMを使って定量的な評価を行うなら、
一度何らかの手段を使ってキャリブレーションを行う事をおすすめします。

QCMはあまり信用しすぎないほうがいいです。

Q銅板をもちいた電気分解 電解質はなぜ必要か?

電池の両極を銅板につなぎ、銅板を寒天(NaClを含む)に突きさして電気を流し、電気分解させる自由研究を行っています(私は大学生、自由研究をやっているのは中学生)

正極からはCuが銅イオンになること、陰極からは水素が発生することは分かります

ただ、なぜ寒天(溶液中)に電解質(NaCl)がなければいけないかがよく分かりません

というのも、
正極:Cu→Cu+2と2e-
陰極:2H2O+2e-→H2+2OH-

という反応が起こることは分かりました
しかしこの中に、NaClは登場していないことが謎です

陰極付近で、この反応にNaClが何か一役かっているらしいのですが
分かりやすく教えていただけますか

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

その場合食塩を支持電解質(supporting electrolyte)と呼びます。
食塩は不適切です、塩素が出るから。
通常、水酸化ナトリウムか硫酸を使います。
使う理由は、こいつが無いと電流密度(電解速度と言う人もいる)が小さ過ぎて効率がバカバカしい程小さいからです。
厳密な説明は大学院レベルの教科書でないと書いていないし、理解不能です。
だけど超簡単に説明すると、
1.水素イオンや銅イオンは対極に向って「泳いでいない」
2.じゃあどうやって対極にたどり着くのか、と云うとただの「拡散」
3.だから電解に高い電位差(電圧)を掛けても、無意味で「煮立つ」
4.今回のNaClではNa^+とCl^-は電荷を受け渡すだけで、何もしない。
5.受け渡す役が居ないとやたら遅い、だからそのために支持電解質が必要。
6.食塩も電荷を渡す以外何もせず、ほとんど意味が無いイオンの移動方法はやはり拡散しかない
7.では電極の周りで何が起きているかと言うと、いつも出て来る「電解二重層(イオン二重層、電気二重層が好きな人が居る)」が働いている、およそ水(今回は水媒体だから)二層、ここに含まれているイオンだけが電場に引かれ、電子とイオンを電極とやり取りする
8.ここから離れたらイオンはまたのんきに拡散で対極向けて旅をするが、ほとんどのイオンは対極に辿り着けず、終わりになる、別に消える訳じゃ無く、電解は電解質濃度が高い範囲で無いと効率が悪すぎる。
9.だから水の電解など工業的に行うと地獄だ

その場合食塩を支持電解質(supporting electrolyte)と呼びます。
食塩は不適切です、塩素が出るから。
通常、水酸化ナトリウムか硫酸を使います。
使う理由は、こいつが無いと電流密度(電解速度と言う人もいる)が小さ過ぎて効率がバカバカしい程小さいからです。
厳密な説明は大学院レベルの教科書でないと書いていないし、理解不能です。
だけど超簡単に説明すると、
1.水素イオンや銅イオンは対極に向って「泳いでいない」
2.じゃあどうやって対極にたどり着くのか、と云うとただの「拡散」
3.だから電...続きを読む

Q炭素原子は、基本的に結合にもちいる手を4つ持っており・・の手とは?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1137536486
 以上サイトの説明で
「炭素原子は、基本的に結合にもちいる手を4つ持っており・・・」
 とあるのですが、手とは何のことですが?
  もし理解したら、化学反応式が分かるようになるのでしょうか?
以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

価電子
 (典型元素では)化学結合に関わる電子は最外殻に存在する電子です。
 化学結合をしない典型元素は0個
   ↓12族も典型元素
1族 2族 13族 14族 15族 16族 17族 18族
 1   2  3  4  5   6  7   8  最外殻電子数
 1   2  3  4  5   6  7   0  価電子
 1   2  3  4  3   2  1   0  原子価
次のように考えると楽です。
1族 (1,0)(0,0)(0,0)(0,0) 4つの席に1個ずつ入る
2族 (1,0)(1,0)(0,0)(0,0) 隣に座るのが嫌なので別の席に
13族 (1,0)(1,0)(1,0)(0,0) 
14族 (1,0)(1,0)(1,0)(1,0) 満席になった
15族 (1,1)(1,0)(1,0)(1,0) 仕方なく誰かの隣に
16族 (1,1)(1,1)(1,0)(1,0)
17族 (1,1)(1,1)(1,1)(1,0)
 ここで、(1,0)の個数を見ると
1族 (1,0)(0,0)(0,0)(0,0) 1
2族 (1,0)(1,0)(0,0)(0,0) 2
13族 (1,0)(1,0)(1,0)(0,0) 3
14族 (1,0)(1,0)(1,0)(1,0) 4
15族 (1,1)(1,0)(1,0)(1,0) 3
16族 (1,1)(1,1)(1,0)(1,0) 2
17族 (1,1)(1,1)(1,1)(1,0) 1
 この一個しか電子が入っていない席が席を共有する共有結合をできる電子の数
1族 (1,0)(0,0)(0,0)(0,0) 1  H水素==これはひとつしか席がない
2族 (1,0)(1,0)(0,0)(0,0) 2
13族 (1,0)(1,0)(1,0)(0,0) 3  Bホウ素
14族 (1,0)(1,0)(1,0)(1,0) 4  C炭素、Si珪素
15族 (1,1)(1,0)(1,0)(1,0) 3  N窒素、Pリン
16族 (1,1)(1,1)(1,0)(1,0) 2  O酸素、S硫黄
17族 (1,1)(1,1)(1,1)(1,0) 1  Fフッ素、Cl塩素
 これを
1族 (1,0)(0,0)(0,0)(0,0) 1  H-
2族 (1,0)(1,0)(0,0)(0,0) 2
13族 (1,0)(1,0)(1,0)(0,0) 3  -B=
14族 (1,0)(1,0)(1,0)(1,0) 4  =C= ==Si=
15族 (1,1)(1,0)(1,0)(1,0) 3  -N= -P=
16族 (1,1)(1,1)(1,0)(1,0) 2  -O- -S-
17族 (1,1)(1,1)(1,1)(1,0) 1  F-  C-
 よって
CH₄、NH₃、H₂O、HCl

価電子
 (典型元素では)化学結合に関わる電子は最外殻に存在する電子です。
 化学結合をしない典型元素は0個
   ↓12族も典型元素
1族 2族 13族 14族 15族 16族 17族 18族
 1   2  3  4  5   6  7   8  最外殻電子数
 1   2  3  4  5   6  7   0  価電子
 1   2  3  4  3   2  1   0  原子価
次のように考えると楽です。
1族 (1,0)(0,0)(0,0)(0,0) 4つの席に1個ずつ入る
2族 (1,0)(1,0)(0,0)(0,0) 隣...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報