NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

4本株立ち3mの移植2年目のヤマモミジです。
ほぼ樹形は出来ているのですが、胴吹き新芽が主幹にいっぱい着いています。

掻き取った方がいいのでしょうか?また、タイミングはいつでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

かきとってください。

今の時期でかまいません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤマモミジのウドンコ病治療

庭木初心者です。

自宅の庭で、ヤマモミジを地植え(1.5m程度:今年購入)と植木鉢(40cm程度:昨年購入)で育てています。
1週間ほど前から葉っぱに変化が生じておりました。
本やインターネットで調べたところ、どうやらウドンコ病のようです。(昨年は発病せず)

ベニカXスプレー(赤い容器)を購入し、使用しようと思いますが、使用回数が - となっております。
いわゆる適度ということのようですが、薬剤初体験ということで、その適量がわかりません。
毎日噴霧していいものかどうか、何回噴霧して良いものかなど、見当がつきません。どの程度が適量でしょうか?
(購入日には、30cmほど離れた位置から一枝に1度噴霧しました。)

また、ひどく感染した葉は、ちぎり取った方が良いのでしょうか?
秋の紅葉のことより、木の回復を優先したいと考えております
治療にかかるおおよその日数なども解かるとありがたいです

アドバイスのほど、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

毎日噴霧する必要はありません。
今日噴霧したら1週間後にもう一度噴霧してください。計2回です。
そのさい、白くなっている葉や枝だけでなく木全体に予防の意味も込めて散布します。
1週間後にもう一度散布すればおそらく収まるでしょうが、心配ならそのまた1週間後にもう1度散布してください。計3回です。
一度白くなった葉は元には戻りませんが、白い斑点が広がらないか、増えないかをよく観察してください。
これでこれ以上うどんこ病が広まることはないでしょう。

>また、ひどく感染した葉は、ちぎり取った方が良いのでしょうか?

一度白くなった葉は元には戻りませんので、ひどく感染した葉はとってしまったほうが良いでしょう。
取ってしまってもこの季節ならとった葉の付け根から、2週間から1ヵ月ぐらいで新芽を吹き新しい葉がつきます。
上記のように散布すれば新芽や(新しい葉)がうどんこ病で白くなることはないと思います。
新しい葉が白くならなければ菌はすべて死滅して治ったということです。

うちのキュウリのうどんこ病には上記のように2回の散布で対応して今はおさまってます。

毎日噴霧する必要はありません。
今日噴霧したら1週間後にもう一度噴霧してください。計2回です。
そのさい、白くなっている葉や枝だけでなく木全体に予防の意味も込めて散布します。
1週間後にもう一度散布すればおそらく収まるでしょうが、心配ならそのまた1週間後にもう1度散布してください。計3回です。
一度白くなった葉は元には戻りませんが、白い斑点が広がらないか、増えないかをよく観察してください。
これでこれ以上うどんこ病が広まることはないでしょう。

>また、ひどく感染した葉は...続きを読む

Qヤマモミジの種

庭に親の代からのヤマモミジ、「赤枝垂れ」と言うモミジが在ります。
 私は植物の知識が皆無なのですが、近所の人は「珍しいから種をちょうだい。」ともらって行きます。
しかし発芽が難しいらしく、また発芽しても葉っぱの大きい物しか出て来ないと言います。
 その人は専門家(植木屋さん)に聞いても、教えてくれないと嘆いていました。
 どなたか良い情報は有りませんか。

Aベストアンサー

こんにちは!
ヤマモミジは、基本的に種からは無理で、同じものが生まれる可能性は低いといわれます。
挿し木や接木(つぎき)でも確実性は?
一番確実なのは「取り木」でしょう。
★方法
春先に芽吹きが始まる頃。
切取りたい幹や枝で、枝の直径の2倍以上幅ぐらいの寸法で皮を、樹心(白っぽい硬い肌)が出るところでぐるりナイフで剥ぎおとす。(深さ:2mmほどでぐるり一周)
そこを、枝太さ10倍ぐらいに水苔(水に浸したもの)を巻いて、ビニールで包んでおく。
この時、口元は雨水が染み込む程度に縛ること。
あまり雨が降らないときは口元から水をやる(乾燥させない)。
秋、根が飛び出してくればOKです。
下を、鋏、のこぎりで切断し植えます。
水苔は出来れば丁寧に剥がします。
そのままでも問題ありません(成長がやや遅れる)。
翌春再度植え替えます。
もし根が出ていなければ、そのままもう一年(~_~;)です。

一番豪快なやり方は、台を作って二つ割りの鉢で挟んで、土を入れておいた人がいます。(2年で立派な盆栽に仕上げてます。)

Qヤマモミジの根際に木くず

今年も5本株立ちヤマモミジ(幹元直径手首程、樹高3m)の根際にスプーン1πほどの木くずを見つけました。ものの本では「テッポウムシ(カミキリ?)が幹に侵入して喰った木を排出している。穴を見つけ刺殺するかズミチオンを注入して薬殺。」と書いていますが、昨夏も数回あり、穴は見つけられず、スミチオン1000倍液を撒いていました。効果はあまりなかったようでした。受精についてはあまり弱くはなりませんでした。本年新たに進入したのでしょうか?

何が原因で、どうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

樹勢が悪くないということは樹木内部(形成層でない処を食害しているので導管断ち切られていない為です。スミチオンやマラソンで十分ですが濃度を10~50倍に上げて洗剤ボトルなどで注ぎいれてください。針金でツンツンやっても良いですがうまく入らない場合もあります。カミキリや蛾の幼虫は樹皮の傷んだ処から入り込む場合もあります、皹割れ箇所など。また土中のコガネムシなど甲虫類の幼虫などに液剤、粒剤の散布も良いです。液剤は数百倍で)園芸店、農協にて(TELで在庫の有無を確認)イチジクなどの果樹に使用する塗布剤があります検討してください。虫穴は塞いで下さい。

Qモミジの葉のいろがみどり色と紅色の二種類あって不思議です

先週、公園に行ったら珍しいモミジを見かけました。一本の幹から何本か枝が伸びているのですが、下のほうから出ている枝にはみどりいろの葉だけが付いていて、それ以外の(上のほうの)枝には紅い葉だけが付いているのです。みどりいろから次第に紅葉していくグラデーションとは明らかに違っていて、まったく別の種類のモミジを接ぎ木したように枝ごとにはっぱの色がちがうのです。こんなモミジ初めて見ましたが、これって普通にあるモミジなのですか。それとも、春ならではの自然現象なのですか。

Aベストアンサー

枝ごとに違うのであれば、単に接木されたものではないかと。
モミジの苗は普通、接木で繁殖させます。
下から出ている枝が緑ということですから、いかにもそれらしいです。
台木は普通のヤマモミジなど、上は品種もののモミジだと思います。

Q苗木は一年にどれくらい成長しますか

80cmのシマトネリコの苗木、
80cmのシラカシの苗木、
60cmのサトウカエデ、コハウチハカエデ
80cmジューンベリーはそれぞれ一年にどれくらい成長しますか。
日当たりは良好の場所です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1年目は根付くまでは少し伸びは遅いと思います。
しっかり根付いた後は以下が目安です。(環境でバラツキは出ます)
(成長するに従って1年で伸びる長さは減っていきます)
カッコ内はおおよその最終樹高です。

◆シマトネリコ ★1m (樹高10m前後)

◆シラカシ ★50~1m (樹高15m前後)

◆・シュガーメープル(サトウカエデ)で
  ★1m以上 (樹高 30m以上)
◆・コハウチワカエデで
  ★70~80cm (樹高 10-15m)

◆ジューンベリー ★30~40cm (樹高 2~3m)

Q★庭にもみじを植えるのですが・・・

今週末、庭にもみじを植える事になっています。
1.3m、1.8m程度のもみじを、それぞれ1本ずつ植えます。
夫婦で植える予定ですが、植える際(植えた後も)、何か注意すべき事がありましたら、アドバイスお願い致します。

植える位置は「南東」側・・・ほぼ1日中よく陽が当たる場所です。

Aベストアンサー

次のようにします。
1.植える場所を決める。
2.穴を掘る:穴の幅は根鉢の倍、深さも同じ。
3.穴に完熟腐葉土とバーク堆肥をそれぞれスコップ二つずつ入れて土と良く攪拌する。 この時穴の幅が小さいようなら広げながら攪拌します。
4.掘りあげた土にも腐葉土を2割程度混ぜて穴に戻し苗床を作ります。 
5.もみじの苗を向きと高さを確認して据え付けます。
6.No.4で作った土を苗の周りに半分入れて棒で軽くつき固めます、軽くです。 さらに土を足して周りの土と同じ高さにしたらまた軽く月固めます。
7.最後に水鉢を作ってからバケツでたっぷり散水します。
   できれば支柱してやればさらによろしいです。 なお管理としては1ヶ月間は週一のペースで水遣りします。
 それ以降は一ヶ月に一回の水遣りです。 冬場は水遣りは控えます。
翌年からは夏場以外は自然雨に任せて散水はしません。
 自然環境に慣れさせることが一番大切です。

 最後に紅葉はアブラムシが良く付きます。 定期的な剪定と大量に虫が発生したときは殺虫剤を散布したほうが間違いありません。
 後は春以降月一回のペースで木酢液の1000倍溶液をバケツでたっぷり株元から水遣りするとかなり元気な木になります。
 
 最後に植えるときのこちらの希望(アイデア)ですが出来れば高植えにするか40、50センチ程度盛土したところに植えると将来結構な場所になります。
 ロックガーデンにしたり1年草や球根などを植えて楽しむことも出来ます。
 我が家では樹齢80年程度のイロハモミジ(出猩々)を1メートル程度盛土したところに植えています。
 和風庭園のシンボルになってます。 

次のようにします。
1.植える場所を決める。
2.穴を掘る:穴の幅は根鉢の倍、深さも同じ。
3.穴に完熟腐葉土とバーク堆肥をそれぞれスコップ二つずつ入れて土と良く攪拌する。 この時穴の幅が小さいようなら広げながら攪拌します。
4.掘りあげた土にも腐葉土を2割程度混ぜて穴に戻し苗床を作ります。 
5.もみじの苗を向きと高さを確認して据え付けます。
6.No.4で作った土を苗の周りに半分入れて棒で軽くつき固めます、軽くです。 さらに土を足して周りの土と同じ高さにしたらまた軽く月固め...続きを読む

Q庭木の「ソヨゴ」が枯れかかっています。

玄関先に植わっている「ソヨゴ」の木の葉っぱが、黄色くなって(全体の1/3以上)だいぶ落ちてしまいました。植えてから1年ほど経過しています。もともと冬にもあまりも葉っぱが落ちることは無いと聞いていましたし、お隣りの家に植わっている同じ木は葉っぱが青々としています。定期的に水をあげたり、DYIで購入した花木の栄養アンプルを根元に挿したりしていますが、一向に改善しません。環境は玄関のコンクリートに囲まれた小さな土の部分に約2mの高さのソヨゴの木と根元にはラベンダーが植わっています。お気に入りの木なので何とかしてあげたいと思っています。アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

わが家の庭にも、山から採ってきたソヨゴが2本植わっています。
移植してから2,3年は成長もしないような瀕死の状態でした。

もともとそんなに生命力の旺盛な木ではないので
成長が遅く気がかりでしたが、それからは元気になりました。

雨さえ当たれば日光はさほど必要な木ではないように思えますので
もう少し気長に見守っていいのではないでしょうか?

山にいけばいくらでも生えているような病害虫にも侵されない
丈夫な木のようです。

Qもみじの葉先が枯れてきている

もみじの葉の先のほうが枯れてきてしまいました。
今年の夏に西側の庭に植えました。西といっても家とガレージの間であまり日はあたりません。夏の間は毎日水をやっていましたが秋になり3、4日に一度くらいの水やりにしました。原因は何でしょう?元気にするにはどうしてやればいいでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。
紅葉が楽しみな季節になりました。
今の時期、もみじが葉先から枯れてくる事は病気ではありません。
カエデ、もみじ全体に言える事ですが・・・
例えば、山から苗木を移植した場合とか、寒冷地向きのもみじを暖地に植えた場合、晩秋になってから紅葉せずに葉先から枯れて来る事があります。
また、朝日が当たらず、西日が強く当たると、晩秋、葉先が乾燥して紅葉せずに落葉する現象がおきます。
CJ4Aさんのもみじも、その例だと思います。
西側の庭に植えたのも原因です。
葉先を枯らさず、上手に紅葉させるためには、西日を当てない様にします。
朝日が当たり、午後3時頃には日が陰る所に植えることで、解消されます。
また西日を遮る簾を当てると、同等に、葉先が枯れず、上手く紅葉します。

落葉広葉樹なので、病気ではないです。
もし植え替えする時は、来春3月中旬の発芽直前に行って、西日を避けた所(庭の東側)に植えかえするのが理想的です。

がんばって育ててください。

Q庭のヤマボウシが元気がないようで。。心配で。

3年ほど前にヤマボウシ(高さ5m~6m位、株立ち。大きめだと思います。)を購入しましたが、あまり元気が無く、葉が茶色に(葉の周りが)なり、また全ての枝に葉っぱがあるわけでなく、枯れているような感じの枝もあります。全体の20%くらいに葉っぱが無いような感じです。今年も5月頃咲きましたが、散りが早かったような気がします。
 他の人の質問とかを参考に考えてみたのですが、よく解りません。病気か、水切れか(今現在(6月)は、水は散布してません)、根腐れかのどれかだとは思うのですが、なんとなく根腐れのような感じがするのですが、手入れの仕方が解りません。庭師さんに見ていただいたほうがいいのでしょうか?
 日当たりの状況は、朝は家の影になりあまり良くないですが、昼頃にかけて段々と良くなっていきます。夕方の西日はまともに当たります(これが原因ですか?)。ただ、夕方になると、根の付近には、塀(高さ1.2m)のせいで日光は当たりにくい状況です(そのせいで根腐れかと・・)
 水やりは7月~10月位までは、ほぼ毎日朝夕2回してます。
 消毒は1回もしたことありません
肥料は、2月ごろに鶏糞を根の周りに少し溝を掘って埋めてます。また、石灰を少々散布します。あと春夏時期に、月1回ぐらいHBー101と言う栄養剤をあげてます。
 隣に植えてあったエゴノキが今年の冬に突然倒れてました。地面のところでポキッて感じでした。エゴノキも株立ちでしたので他の茎もゆすってみたら、簡単にポキポキと・・・。悲しかったです。
 ヤマボウシもそのようにならない様にしたいのですが。
長々と書いてしまいましたが、宜しくお願いいたします。
ちなみに、庭師さんに見ていただいた場合は、予算的にはお幾らくらいするものなのでしょうか?何卒宜しくご回答の程宜しくお願いいたします。

3年ほど前にヤマボウシ(高さ5m~6m位、株立ち。大きめだと思います。)を購入しましたが、あまり元気が無く、葉が茶色に(葉の周りが)なり、また全ての枝に葉っぱがあるわけでなく、枯れているような感じの枝もあります。全体の20%くらいに葉っぱが無いような感じです。今年も5月頃咲きましたが、散りが早かったような気がします。
 他の人の質問とかを参考に考えてみたのですが、よく解りません。病気か、水切れか(今現在(6月)は、水は散布してません)、根腐れかのどれかだとは思うのですが、なん...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

エゴもヤマボウシも、日本の山に自生している木です。(我が家のヤマボウシは、じぶんちの山から掘ってきたもの。元気です。)
林の中ですので根元に日はあたらず、木の上のほうにだけ当たっているのです。
また、林の中では誰も肥料などはくれません。あるのは落葉が積み重なってできた、天然の堆肥ですよね。

そんな環境で驚くほど大木に育つことを考えると、育て方もわかってくるのではないでしょうか。

1.根元に日を当てない。乾燥させない。
2・水やりは、あまりしない事。(植えつけたときと、何日も雨が降らない夏の日だけ。)やるときには地面にしみこむように土の表面を軽く掘り、ホースの水を5分くらい出しっぱなしにするつもりでたっぷりと。普通にシャワーで30秒くらいでは、中までしみこんでいません。
3.肥料は要らないが、根先の土がふかふかの良い土になるように、堆肥を混ぜ込む。

乾燥させずに、でも水遣りをしないというのは矛盾してますが、大事なことです。


我が家の庭木は、その辺の山に自生している落葉樹がほとんどです。エゴ・シャラ・ナナカマド・ヤマボウシ・ウツギなどなど・・・。基本的に肥料はやってません。庭に植える草花には与えているので、結果的には少し吸収しているとは思いますが。
また、水もよほどの暑さが続くときしかやりません。
剪定も、込みすぎたところを根元から切るだけです。(秋に。)
まぁ、庭に勝手に生えてるって感じでしょうか。

そのかわり、堆肥だけは惜しみません。以前トラック1杯買ったこともあります。木から作るバーク堆肥がいいといわれ、コレをたくさん混ぜ込んで林の中のふかふかの土をめざしています。
植え付け時に混ぜ込んでも、何年か経つと土の表面が固くなるので、軽く掘り、堆肥を混ぜています。
また、夏の間乾燥を避けるため、株もとにバーク堆肥でマルチングをしています。最近はミミズも増えたので、耕してくれます。

今では元気な我が家の雑木たちですが、植え付けて4年位までは、やっぱりなんとなく元気がなかったですよ。毎年安定して邪魔なくらい茂るようになったのは、6年目くらいからです。

とりあえず、水遣りをやめ、根元の土を軽く耕して、通気・排水性をよくし、できれば根元に何か植え込んで乾燥を防いでみてはいかがでしょうか。

こんにちは

エゴもヤマボウシも、日本の山に自生している木です。(我が家のヤマボウシは、じぶんちの山から掘ってきたもの。元気です。)
林の中ですので根元に日はあたらず、木の上のほうにだけ当たっているのです。
また、林の中では誰も肥料などはくれません。あるのは落葉が積み重なってできた、天然の堆肥ですよね。

そんな環境で驚くほど大木に育つことを考えると、育て方もわかってくるのではないでしょうか。

1.根元に日を当てない。乾燥させない。
2・水やりは、あまりしない事。(植え...続きを読む

Qドウダンツツジの葉が枯れてきました

家の西側にある生垣のドウダンツツジの葉が最近枯れてきました。水は毎日朝夕と2回与えていますので、水不足の可能性はないと思うのですが、原因が全くわからず困っています。元の緑の葉に戻す方法をご存知の方お教えください。

Aベストアンサー

今年の異常な夏の暑さが原因ではないかと思います。
以前とても暑い夏にドウダツツジの老木が季節外れの紅葉を始めたと思ったら枯れたのを見たことがあります。
その年は樹齢のいったドウダンツツジは夏を境に次々に枯れてしまいましたが若い木は大丈夫でした。
昔は昼間がいくら暑くても夜になると気温が下がり夕立等もあり夕涼みの風情も楽しめましたが最近の都会はビルや家庭のエアコンや車から排出する熱によるヒートアイランド現象が激しく夜間も温度が下がりません。
choriさんのお住まいがどちらか解りませんが私は東京に住んでいますが7月20日の最高気温は史上最高の39.5℃で最低気温が30.1℃でそれ以前も以降も連日の熱帯夜はもとより最高気温が35℃近い日が連日続いていては人間はエアコンで何とかなっても土に植えられている植物は動くことが出来ないのでその環境の変化に対応できません。
そこで生垣の場合は毎年、花後に刈り込むと良いと思います。
ドウダンツツジは生育がよく細かく枝分かれして芽が伸びる力も強いので刈り込んで形を整えて身軽にして夏を越してみては如何ですか。
また植物には夜露と言われる現象がとても大切で葉の薄い広葉植物は温度変化のうちで低温に対しては紅葉や落葉などの手段によって対処できて比較的強いのですが高温には弱いようですので、陽が落ちてから夜露の代わりに霧吹きで葉水をするという方法もあります。
異常な暑さで土も熱くなっている時は根も弱っているのでいくら水を遣っても吸い上げることが出来ませんので葉水を与えましょう。
下記参考URLもご参照下さい。
きっと秋には元気になりますよ。
 

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/to_00008g.htm

今年の異常な夏の暑さが原因ではないかと思います。
以前とても暑い夏にドウダツツジの老木が季節外れの紅葉を始めたと思ったら枯れたのを見たことがあります。
その年は樹齢のいったドウダンツツジは夏を境に次々に枯れてしまいましたが若い木は大丈夫でした。
昔は昼間がいくら暑くても夜になると気温が下がり夕立等もあり夕涼みの風情も楽しめましたが最近の都会はビルや家庭のエアコンや車から排出する熱によるヒートアイランド現象が激しく夜間も温度が下がりません。
choriさんのお住まいがどちらか解り...続きを読む


人気Q&Aランキング