「受領階級子女の日常生活」というレポートを書かないといけないんですが、資料がないんです。
だれかわかる方教えてください!しかも急いでます。お願いしいます☆

A 回答 (2件)

「更級日記」がまさしく受領階級の子女の日常ではないでしょうか。



NHKまんがで読む古典2「更級日記」(角川書店)なんてのもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

更科日記を読んでおかないといけなかったみたいですね。

そんな本があるなんて知らなかったです・・・。
レポートは全くテーマと違うものになってしまいました。
わざわざありがとうございました。

お礼日時:2001/01/20 23:32

うーん、インターネット上にはいいページがないんですよね。


紫式部とか野から身かと思いますが。
下記ページは参考には全然なりませんよね。

参考URL:http://www.genji.co.jp/tyosyo/gakumon1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
源氏物語にあるかなと私もおもったんですけど、だめでした。

わざわざありがとうございました。

お礼日時:2001/01/20 23:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郷土資料?行政資料?

公共図書館で郷土資料や行政資料を扱うことの意義ってなんでしょうか?
わかる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○誰でも無料で見ることが出来ます。
○役所の各課に分かれている資料、各郷土史家がバラで持っている資料も、図書館でまとめてみることが出来ます。
○土・日など、役所が閉まっていても見ることが出来ます。
○どんな資料があるかわからない人でも、図書館にあればすぐ見ることが出来ます。

上記のような意義があると思います。

Q図書館のマイクロ資料について

図書館でマイクロ資料を扱うと、どういうメリット、デメリットがあるのでしょうか?
図書館に詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【メリット】
・紙媒体に比べ、はるかに劣化が少ないので、文献の長期保管ができます。

・代替資料であるため、劣化した資料もマイクロ資料によって複写が可能になります。(古い文献の複写制限がなくなります。)

・紙媒体に比べ、コンパクトになり、図書館の収容能力を上げる事が可能となります。

・すでに英米で使用されているある程度統一された保管企画であるため、電子媒体と違って、OSの進化や、ファイルフォーマットの進化に左右されません。

【デメリット】
・紙媒体に比べ、検索性が・一覧性が格段に落ちます。(国立国会図書館で使用しているマイクロ資料には、「マイクロフィルム」と「マイクロフィッシュ」がありますが、特にマイクロフィルムは、頭からリールを回して見ていく必要があるので、この傾向が顕著です。例えばある年の新聞の2月の記事が一本のリールになっていて、そのうちの2月15日の3面のみ読みたい場合などを想像してみてください。)

・マイクロ資料化にコストがかかります。

・同様に閲覧用の機械も非常に高価であり、かつそれ自体が場所をとるものである事が指摘されています。

・体質によっては、閲覧時に3D酔い、乗り物酔いのような影響をもたらします。(私は、マイクロ資料の閲覧を始めると30分程度で吐き気をもよおします。)

【メリット】
・紙媒体に比べ、はるかに劣化が少ないので、文献の長期保管ができます。

・代替資料であるため、劣化した資料もマイクロ資料によって複写が可能になります。(古い文献の複写制限がなくなります。)

・紙媒体に比べ、コンパクトになり、図書館の収容能力を上げる事が可能となります。

・すでに英米で使用されているある程度統一された保管企画であるため、電子媒体と違って、OSの進化や、ファイルフォーマットの進化に左右されません。

【デメリット】
・紙媒体に比べ、検索性が・...続きを読む

Q芥川賞についての資料を探してます

芥川賞について卒業論文を書こうと思ってるのですが、
何かいい資料をご存知でしょうか。

具体的なテーマはまだ決まってないので、
概略的な芥川賞の歴史、傾向、問題点などを
知ることのできるものが望ましいです。
できるだけ最近出版されたものがなお良いですが、
昔の書籍でもかまいません。
ウェブサイトでも詳しいものがあれば、
教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本はWikipediaの参考文献の欄にいくつか載っています。それ以外だと、「文學界」平成元年3月号が芥川賞100回記念特別号ですので、手に入れば参考になると思います。

芥川龍之介賞 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B%E8%B3%9E

芥川賞のすべて・のようなもの
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/akutagawa/

芥川賞まとめ
http://uraaozora.jpn.org/akutagawasho.html

Q■この資料ってどうやったら手に入りますか?

・池田晶子 『14歳からの哲学ー考えるための教科書ー』トランスビュー、2003年3月、P130-133

・『文藝春秋』平成15年12月臨時増刊号160-161

・日本評論社 『こころの科学』No117 2004年9月発行 P53~57

どんな方法でも構いません。
どうやったら手に入るのでしょうか?

大げさかもしれませんが、今後の人生が掛かっています。

最寄の図書館に掛け合っていますが、まだ連絡はありません。

入手方法を知っている方は是非とも連絡ください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

国会図書館。
http://www.ndl.go.jp/
http://opac.ndl.go.jp/Process?MODE_10000021=1&LS=70923929

一番上の本は、所蔵を確認しました。
定期刊行物は調べるのが手間なので確認していません。お問い合わせ下さい。

館外貸し出しはできませんが、複写サービスもあります。
お住まいの地域がわかりませんが、人生がかかっているなら行ってみて下さい。

Q文学レポートについて

現在大学一年なのですが、レポートのことで困っています。
レポートの内容なのですが、文学のレポートで
D・H・ロレンス著「盲目の男」レイモンドカーヴァー著「大聖堂」
の二つの作品を読んで両者の共通性と相違点に注目しながら、
2作品の比較論を展開しなさいと言うものです。
比較論文というものを今まで書いたことがないため
かなり困っています。
教えていただけると光栄です。
お願いします。

Aベストアンサー

教員はレポートの題目について、授業に触れてもいないものをいきなりやれとは言わないはずです。(もしそうであるならば、当局に文句を言って構わないと思います)
とすれば、少なからず、質問者様がしっかり大学の講義に臨んでいれば、両作品ともそれ相応の理解ができているはずでしょう。
それをふまえると、二作品がいかなるものであり、どのような部分が共通し、またどのような部分において異なっているのかも自ずとわかると思いますから、両者を比較しつつ、まとめれば良いのです。

レポート自体を書く方法がわからないのであれば、その旨教員に申し出れば教員は教える義務があるのですから(学費払っているんでしょう?)快く教えてもらえるはずです。学部1年生がレポートの書式を知らないのはなんら恥じることではありませんからね。

なのでここで訊くよりも寧ろ講義のノートを読み返し、作品を吟味し、書き方自体がわからないのであれば教員へ指導を仰ぐのが適切かつ単位を得るための最短ルートかと思いますが如何でしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報