最新閲覧日:

鼻の下にある一本のスジ
これはなんのためにあるでしょうか
犬などのほかの哺乳類にもありますが、海の哺乳類にはないようですし
陸上の活動に必要だったのだろうか・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

人間は小さな受精卵から細胞分裂して成長していきます。

体が形作られていく時に鼻の下のスジ部分が最後になります。完全にくっついても良いような気もするのですが、合わせ目として考えられているようですね。

又、男性器や女性器から肛門にかけての筋も合わせ目のようです。
    • good
    • 0

胎生期に、両側から組織が合わさってくっついてできた、合わせ目の


名残りです。ネズミなどのげっし目や犬・猫は口が割れて「みつくち」に
なってますね。あれはくっつききらない形です。
海の哺乳類でも、オットセイ、アシカなどはみつくちですよ。

たまに人間の赤ちゃんでも何かの加減で「みつくち(兎唇)」で
生まれてくることもありますが、形成外科的手段で直せる場合が
ほとんどだということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ