痔になりやすい生活習慣とは?

ベンダー、システムインテグレータ(SIer)、システム開発会社、ソフトハウスの違いがよく分かりません。教えてください!

たとえばマイクロソフトはどれに当たるのかなど、
有名企業を例に挙げていただくとイメージしやすいかと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

# 有名大手は規模が大きすぎて部門/グループ会社ごとに別の側面を持ってます。


# 質問者さんがその会社のどの情報を持っているか(いないか)で
# 例に挙げた企業のイメージがまったく異なりますので、
# かえって誤解させる可能性が高いと思います。
#
# 一般には単にIT企業として有名だが、SIer部門も業界では有名で、
# ソフトウェアベンダ部門も一部に有名で、ハード部門からサービス部門からいろいろ持ってて、
# ソフトハウスなグループ会社もあり、違う会社もあり…。


(ソフトウェア)ベンダー≒ソフトハウス
システムインテグレータ(SIer)≒システム開発会社

ソフトハウスってのは一般にソフトウェア開発専門/メイン(自社製品/受託)の会社。

「○○ベンダ」は○○の提供元のことで、多くのソフトウェアベンダは
自社開発したソフトウェア製品を販売してる(この場合、見方を変えればソフトハウスの一種ともいえる)
まぁ他社製品の販売だけの販売代理店もベンダの一種ですが。

システム開発会社はシステムインテグレータ(SIer)と同義かと。
「お客様のシステム」を設計して開発して支援するのがお仕事。
ソフトウェアは本来そのための部品であって、通常は
ハードウェアやサポート等を含めたソリューションを提供する。
    • good
    • 5

私の勝手なイメージで捉えるなら


ベンダー→Microsoft、OracleとかOS、DBとか作ってるとこ
SIer→IBM、NTTデータとか法人向けのシステム作ってるとこ
ソフトハウス→SIerに人貸しか自社パッケージ作ってるとこ
システム開発会社→全部ひっくるめて

まぁ、正確な定義はどうなんでしょうねぇ^^
    • good
    • 4

意味的には4つとも同じ。

名乗りたいのを名乗ってるのが実態でしょう。しいていえば、システム会社・システムインテグレータ(SIer)ってのが開発元、ベンダーとソフトハウスは一部カスタマイズ・修正も行う販売元ですかね。でも、ベンダーとソフトハウスだって完全自前開発することもあるでしょうし。

マイクロソフトはシステムインテグレータ? 私のイメージでは「胴元」っていうのがいちばんしっくりきます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QITベンダとSIベンダとSIerの違いについて

IT業界について質問したいのですが、私は今日本語を勉強しているので、変な表現があるかもしれません・・・。
できるだけ皆様が理解なされるように書きます。

質問は以下のとおりです。ちょっと長いですが、もし教えていただければ幸いです。
また、私は素人なので、簡単な言葉で教えていただくようお願いいたします。

1.ITベンダーとSIベンダーの違いは何でしょうか。
ネットで見たのですが、大手ITベンダと大手SIベンダの中に、同じ会社を見かけました。
例えば富士通・日立製作所・NTTデータなどです。
でもより一層調べたら、富士通はメーカー系SIerで、『富士通マーケティング、富士通エフサス、富士通エフ・アイ・ピー、富士通ビジネスシステム』とありますが、どれがITベンダに属しているのですか。

2.SIベンダだけ(あるいはITベンダだけ)に属する会社はあるのでしょうか?

3.SIベンダとSIerの違いは何でしょうか。
もともとこれらは同じものだと思いましたが、ネットでこの言葉を見かけました:「SIerやSIベンダーなど」
ということはこの二つは違いものだということでしょうか。
また、私は「ITベンダ=専門系ベンダ+SIer(SIベンダー)」と理解していますが、正しいでしょうか。
(質問1と重なっているようですが、教えていただけないでしょうか。)

4.SIベンダが扱っているものはネット業界のを除くものでしょうか。
SI業界はネット業界を含まないと読んだのですが、SIベンダもこの範囲を超えていないのでしょうか。

5.ITベンダはSI業界に含まれているのでしょうか。
本を読んでいるときにこの一文を見かけました:「ITベンダがSI業界に参入している」
質問1に挙げた富士通・日立製作所・NTTデータはこれに当てはまりますか。

以上ですが、もし教えていただければありがたいです。:)

IT業界について質問したいのですが、私は今日本語を勉強しているので、変な表現があるかもしれません・・・。
できるだけ皆様が理解なされるように書きます。

質問は以下のとおりです。ちょっと長いですが、もし教えていただければ幸いです。
また、私は素人なので、簡単な言葉で教えていただくようお願いいたします。

1.ITベンダーとSIベンダーの違いは何でしょうか。
ネットで見たのですが、大手ITベンダと大手SIベンダの中に、同じ会社を見かけました。
例えば富士通・日立製作所・NTTデータなどです。
でも...続きを読む

Aベストアンサー

1.ITベンダーとSIベンダーの違いは何でしょうか。
 明確な定義はありません。したがって感覚的に使われているので、スチュエーション(situation)によって意味が違ってきます。
 一般的には、その持つ意味の範囲は IT:Information Technology(情報技術)> SI:System Integration(システム構築) とITのほうが広いです。

 富士通はメーカー系SIerで、『富士通マーケティング、富士通エフサス、富士通エフ・アイ・ピー、富士通ビジネスシステム』とありますが、どれがITベンダに属しているのですか。
 これについても上記のように明確な定義がない中では、確実に言えるのは全ての企業がSIを大きな業務としていますのでSIベンダーと言うことはできます。
 親会社の富士通を除いてハードウェアは製造していません(販売はしています)が、パッケージソフトウェア等は製造・販売していますので、ITベンダーと言っても大きな間違いではないでしょう。

2.SIベンダだけ(あるいはITベンダだけ)に属する会社はあるのでしょうか?
 いわゆるソフトウェア会社(主にメーカ系ではなく独立系の)でSIのみを業務としているところは、SIベンダとは言ってもITベンダとは言わないでしょう。
 逆に、ハードウェアやソフトウェアのみ製造・販売に特化している(SIは対象としていない)企業は、ITベンダとは言ってもSIベンダとは言わないでしょう。

3.SIベンダとSIerの違いは何でしょうか。
 両者の違いは、SIの中に自社のハードなりソフトが入っているか否かの違い程度でしょう。違いはないと言ってもいいのかもしれません。

4.SIベンダが扱っているものはネット業界のを除くものでしょうか。
 除きません。SI業界はネット業界を含まないと言っていることの意味が理解できないです。何故除くのでしょうか?
 ネットショップのシステムや、携帯通信会社のシステム等もSIベンダが取り扱ったものであることは十分考えられますよね。

5.ITベンダはSI業界に含まれているのでしょうか。
 全て含まれているということはありません。
 例えば、プリンタのみ製造販売している企業、スキャナのみ製造販売している企業、ブラウザのみ提供している企業があるとすれば、その企業はSIを業としてはやっていない訳ですからSI業界には含まれないでしょう。

 「ITベンダがSI業界に参入している」
 これは、例えば上記のプリンタ製造販売の企業が、プリンタをキーワードとしてドキュメント管理のSIを手掛ける、情報セキュリティー分野にも進出する等ということではないでしょうか。

1.ITベンダーとSIベンダーの違いは何でしょうか。
 明確な定義はありません。したがって感覚的に使われているので、スチュエーション(situation)によって意味が違ってきます。
 一般的には、その持つ意味の範囲は IT:Information Technology(情報技術)> SI:System Integration(システム構築) とITのほうが広いです。

 富士通はメーカー系SIerで、『富士通マーケティング、富士通エフサス、富士通エフ・アイ・ピー、富士通ビジネスシステム』とありますが、どれがITベンダに属しているのですか。
...続きを読む

Qオープン系、汎用系とは?

職を探すときに、オープン系システム開発とか汎用系システム開発という言葉が使われますが、オープン系・汎用系とはそもそもどーいう意味なんでしょうか?

どなたか、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

オープン系とは、Unix,WS(+PC)をベースにした所謂「クライアント・サーバーシステム」を前提にしているようです。各WSやPCは、「通信」で結ばれます。文字どおり、個々の機種への依存性を極力排し、自由に結合できるのが特徴です。

汎用系とは、汎用大型機を前提としており、今でも金融系や移動通信の制御などに用いられています。(E)WS+Unixが出てくるまでは事実上これしかありませんでした。(他にもスパコンとかミニコンはあったが、基本は同じ)

これ以上詳しく言うとボロがでるので、あとは、専門家の方に任せます。

Qソフトウェア開発とシステム開発の違い

ソフトウェア開発とシステム開発ってどう違うのでしょう?

Aベストアンサー

システム開発・・・・業務の仕組みを改善するシステムの開発
          例 コンビニのPOSレジのシステムの開発

ソフトウェア開発・・プログラム・ソフトウェアの開発
          例 パッケージソフト(一太郎やワードなど)の開発

一般的には上記のように考えられると思います。
双方の比較をすると、システム開発という範囲の中にソフトウェア開発は
含まれると考えてください(システム開発>ソフトウェア開発)

システム開発の範囲には業務のヒヤリングや分析、実際の導入や運用
(または試験運用)の段階も含まれます。

Q組み込み系と制御系の違いは?

SE/PGの求人で、組み込み系、制御系を見ますが、
組み込みとは、家電製品などに組み込み、使用者が家電製品を使うときに操作したとおりに動くようにプログラムをつくるエンジニアのことでしょうか?

制御系はどういたことなんでしょうか?
制御とついているので制御するのだと思うのですが、使われる箇所としてはどういった所に使われるのでしょうか?

さっきの組み込み系でも、家電製品に”組み込ん”でも、”制御”もされているのではないでしょうか?
例えば、電子ジャーに”組み込ん”でも、温度調節なども”制御”しているのではないでしょうか?

組み込みと制御は同じような事なのでしょうか?

Aベストアンサー

○○系という言葉自体が広い概念ですので、たしかに重複する意味もありますが。
元々、系列化するものに対して○○系として区別していました。
対象が同じものであっても言い方で混乱しますね。
結論を簡単に言えば、表現の方法の違いなのですが、
1)主機能面から言えば、○○制御系
  (背景には、複雑・多様化、ネットワーク化、ユビキタス、インフラなどの課題が多い)
2)機器内部にコンピュータシステムを組み込むための技術力、対応力を強調させる場合は、組み込み系。(背景には、小型化、省電力、高速化などの課題が多い)

で、SE/PG求人ということなので、「ソフトウェア開発」に絞られます。
一般には、制御系システムの方が範囲が広く、以下のように使われるケースがあります。
「...制御系のシステム(計測・制御用ソフト、組み込み用ソフト、FA用ソフト)の開発経験者を求む....」

一般的には、
組み込み系システムとは、
 昨今の家電・電子機器・自動車(etc.)には、機器を制御するためのマイコン用ソフト・ハードが組み込まれて内蔵されている。その機器内部のコンピュータシステムを指す。組み込み系ソフトとは、機器内部のコンピュータシステムを稼動させるソフトウェアで、組み込み系システム用に開発されたソフトウェアのこと。組み込み系に対しては、PC系・UNIX系と言ったりする。機器の外部にコンピュータを接続する形式が「非組み込み系」と考えてよい。システムの構築の際、形態・方法を指す言葉。したがって、電子ジャーは、組み込み系システムであるとは言えます。

一方、制御系システムとは、広義には、機器を「制御する」システムを対象とする。狭義には、特に制御が主機能になっているものを指す。ここでの「制御系」の概念は、「組み込み系」であっても「非組み込み系」であっても構わない。すなわち、システム構築の目的や用途(機能)を強く意識した言葉。したがって、電子ジャー(炊飯)などの特定の狭い用途で主機能ではない場合には、使いません。自動車のカーナビ(位置特定)なども。敢えて「制御」を使うならば、電子ジャーの温度制御ソフトのように使われる。


制御系の実例的には
主な制御系         具体的システム例       ソフトの対象例
監視・制御系        中央監視盤、照明制御システム 制御端末用ソフト
FA系           製造ライン監視制御システム  PLC用ソフト
プロセス制御系       製鉄プラントシステム
通信・制御系        移動体通信制御システム    携帯電話、基地局
計測・制御系        排ガス濃度監視装置      濃度計測、ロギング
組み込み・制御系      DVDプレーヤシステム     モーター回転数制御
「DVDプレーヤ」では、単に「制御系」とは普通言わない。
「組み込み・制御系」もしくは単に「組み込み系」。

納得がいかないなら、「制御系」などで検索し、
ターゲットの実例を調べてください。

参考にされば、幸いです。

○○系という言葉自体が広い概念ですので、たしかに重複する意味もありますが。
元々、系列化するものに対して○○系として区別していました。
対象が同じものであっても言い方で混乱しますね。
結論を簡単に言えば、表現の方法の違いなのですが、
1)主機能面から言えば、○○制御系
  (背景には、複雑・多様化、ネットワーク化、ユビキタス、インフラなどの課題が多い)
2)機器内部にコンピュータシステムを組み込むための技術力、対応力を強調させる場合は、組み込み系。(背景には、小型化、省電力、高...続きを読む

Qメーカー系、ユーザー系、独立系のメリットデメリット

誰かメーカー系、ユーザー系、独立系の会社のメリットデメリットを教えてくれませんか?
わかるかたいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
某所からのテンプレートですが、、、
-------------
■メーカー系
ハードウェアメーカーのソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業やその傘下にある企業。
親会社のハードウェア販売支援業務に近い。 
 Ex. NECソフト、富士通ビジネスシステム、日立情報システムズ
 長所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに強い。
    メーカーの営業を経由して、仕事が入ってくる。
 短所:原則として、親会社のメーカー製のハードウェアを使う。
■ユーザー系
システムのユーザー企業のソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業。
親会社が勝ち組であればあるほど、ノウハウ・実績が高く、システムの得意分野がはっきり定まっている場合が多い。
基本は親会社グループのシステム支援業務。 
 Ex. 住商情報システム株式会社、新日鉄ソリューションズ株式会社、伊勢丹データーセンター
 長所:親会社やそのグループ企業での、ノウハウ・実績を利用できる。
 短所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに弱い。
    グループ外企業に対しては独自の営業力が必要。
■独立系
親会社を持たず、独自に設立し経営している企業。ソフトウェア業界の過半数を占める。
独自の技術力を蓄積している場合がある。 
 Ex. CSK、インテック富士ソフトABC
 長所:親会社に縛られないことから、どこのメーカーのハードでも調達できる。
 短所:経営基盤が弱い。親頼みの受注は一切ないため、独自の営業力が必要。
■コンサル系
経営コンサルティングを行い、その方法論としてIT化を支援する企業。 
 Ex. 野村総合研究所、日本総合研究所、アクセンチュア
 長所:経営コンサルからシステム開発・メンテナンスに至るまでの一社での完全なソリューション提供の実現。
    パイオニア的な方法論の実現が可能。
 短所:システム開発面での実績の弱さ(予算・納期・品質)。
    業務のIT化に実験的な部分が含まれる可能性があり、全体的にコストが高い。

こんにちは
某所からのテンプレートですが、、、
-------------
■メーカー系
ハードウェアメーカーのソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業やその傘下にある企業。
親会社のハードウェア販売支援業務に近い。 
 Ex. NECソフト、富士通ビジネスシステム、日立情報システムズ
 長所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに強い。
    メーカーの営業を経由して、仕事が入ってくる。
 短所:原則として、親会社のメーカー製のハードウェアを使う。
■ユーザー系...続きを読む

Q汎用系とオープン系の違いって?

ソフトウェア業界について勉強しています。
本によると、『業務システム開発は、汎用系システム開発とオープン系システム開発に分かれる』とあるのですが、違いがよく分かりません。

知り合いからは、「例えば人事給与システムはオープン系で、銀行などの基幹システムは汎用系だよ」と言われました。
それって、つまり規模の差ってことでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

おおまかに言えば汎用系とオープン系は高速性、信頼性が違います。汎用系のほうがどちらも優れています。
データ量だけならオープン系をSAN環境で使用すればどちらもあまり変わりません。

汎用系は高速性を要求される為、そのプログラミングはハードウェアに特化(ハードウェアやシステムの特性を考慮した)ものになります。よってマシン語に近い言語を使用することも多く、システム専用に構築される場合が多いので、システム変更や他に応用することが容易には出来ません。(昔銀行の統合でこれに失敗して大事件になったことがありますよね。)

オープン系は主にWindows等のアプリケーション(例えば会計ソフト)が動作する環境に用います。ハードウェアに特化しないので、その変更が汎用系に比べ容易です。

汎用系は集中処理型システムであるがゆえ、信頼性も高いものが要求されます。極端にいえば1台システムがダウンすると全滅してしまいます。ですからそのようなことがないように障害発生時の対処についてもオープン系よりもシビアなものとなります。

とはいえオープン系も信頼性が高くなってきており、さらにSAN環境等でリスク分散することでさらに信頼性を高めることができます。

汎用系とオープン系は互いに一長一短ですので使用するシステムの特性にて使い分けます。
極端な例でいえば銀行ATMなど大勢の人が同時に使用するようなシステムの場合は汎用系でないと対応できないでしょうし、質問者様自身が何かのアプリケーションを使用する為に自分のPCにディスクを増設されてもそれはオープン系システムと言えます。

つまり汎用系システムは、高速性などそれでないと対応できない場合に用い、オープン系はその名の通りオープンですのでいろいろな用途のシステムに用いるのが一般的です。

こんにちは。

おおまかに言えば汎用系とオープン系は高速性、信頼性が違います。汎用系のほうがどちらも優れています。
データ量だけならオープン系をSAN環境で使用すればどちらもあまり変わりません。

汎用系は高速性を要求される為、そのプログラミングはハードウェアに特化(ハードウェアやシステムの特性を考慮した)ものになります。よってマシン語に近い言語を使用することも多く、システム専用に構築される場合が多いので、システム変更や他に応用することが容易には出来ません。(昔銀行の統合でこ...続きを読む

Q受託と請負の違いが分かりません

よくシステム開発で「受託」と「請負」とか言いますが
似てるようで違うと思います。

違いを教えてください。

またどちらが技術者にとってはやりがいのある仕事なのでしょうか?

Aベストアンサー

「受託」と「請負」は同じ意味で、
どちらかといえば、
「請負」か「派遣」か
「自社開発」か「客先常駐」か
で区別されることが多いでしょう。

請負のやり方としては、大きく分けて「自社開発」と「客先常駐」
があります。
「客先常駐」の場合は、客先主導で業務を行なうことが常態化して、
実質的に「偽装請負」になってしまっているケースもあります。

やりがいがあるのは、多くの場合、
・正社員(Not派遣)
・自社開発(Not常駐)
・客先一次請け(Not下請け)
・上流工程から参画
の条件を満たすところでしょうか。

http://okwave.jp/qa2978815.html
http://okwave.jp/qa2953876.html

Qミドルウエアの具体例を教えてください。

初級シスアドで、OSとアプリケーションソフトの中間に位置するものとしてミドルウエアがあり
 ・データベース管理システム(DBMS)
 ・通信管理システム(LAN制御を含む)
 ・ソフトウエア開発支援ツール
 ・EUCツール
 ・運用管理ツール
説明されています。なんとなく具体例が推測できるものもありますし、ぜんぜんイメージできないものもあります。
そこで、推測が間違っていないか確認したいのと、イメージできないものの場合具体例をあげていただければ助かります。

(1) データベース管理システム(DBMS)
多分、OracleやSQL-SeaverやMySQLのようなものだと思うのですが。
この推測はあってますか?

(2) 通信管理システム(LAN制御を含む)
プラットホームや使用アプリが違う場合のデータのやり取りを行うようなもの・・・というイメージがあります。使用アプリの場合はODBCドライバみたいなものの様な(全然自信ない)、プラットホームとなると実例が浮かんできません。

(3) ソフトウエア開発支援ツール
なんでしょう?プログラミングジェネレータのことでしょうか。
EXCELマクロの自動記録機能なんてのもこれに入るのでしょうか。ひょっとするとEXCELマクロは、次のEUCツールでしょうか?

(4) EUCツール
AccessとかEXCELとかでしょうか。イメージ沸きません。

(5) 運用管理ツール
う~ん・・・なんでしょう?

補足:IMEとかもミドルウエアと考えてよいのだろうか? WEBで調べるとワープロや表計算もミドルウエアと定義しているものもあります。それは少し拡張解釈なような気がします。

いずれにせよ、すっきりした定義と具体例を書いてあるものを見つけられないのです。

宜しくお願いします。

初級シスアドで、OSとアプリケーションソフトの中間に位置するものとしてミドルウエアがあり
 ・データベース管理システム(DBMS)
 ・通信管理システム(LAN制御を含む)
 ・ソフトウエア開発支援ツール
 ・EUCツール
 ・運用管理ツール
説明されています。なんとなく具体例が推測できるものもありますし、ぜんぜんイメージできないものもあります。
そこで、推測が間違っていないか確認したいのと、イメージできないものの場合具体例をあげていただければ助かります。

(1) データベース管理システ...続きを読む

Aベストアンサー

(1) データベース管理システム(DBMS):お書きになられた通りです。
(2) 通信管理システム(LAN制御を含む:TCP/IPドライバー等通信制御を行うアプリケーションです。ファームウェアも該当するでしょう。通常ユーザが操作する類のアプリケーションではありません。
(3) ソフトウエア開発支援ツール:VisualBASIC、C言語、Perl等、亜ぷロケーションを開発するツール、プログラミング言語と言えば分かり易いでしょうか。
(4)EUCツール:エンドユーザが使用するアプリケーションです。
(5)運用管理ツール:クライアントPCの管理ツール、DBシステムの管理ツール、WEB/メールのサーバ管理等、運用機器を管理するツールです。最近では情報漏えいを防止する目的のツールが多数出ています。

QIT業界の営業とSEならどっちが良いと思いますか?

文系の大学生です。
IT業界の営業とSEで迷っています。明日までに決めなければなりません。
SEの場合ほとんど上流の仕事をするそうです。
業界は流通や製造や金融など幅広くあって、どこかに配属されます。
営業はシステムを売り込むんだと思います。

どっちが良いと思いますか?
つらさ、楽しさ、将来の自分の価値、などで判断したいと思っています。
実際に営業かSEやってる方、アドバイスください

Aベストアンサー

どっちが良いという以前に、どちらならあなたがやれるか・やりたいかを考えるべきではないですか?

SEで上流の仕事というのは会社によっても違うでしょうが、システムを構築・設計する仕事でしょう。
当然、プログラミングの知識も必要ですし、機器構成の知識も必要。
営業が聞いてきたクライアントの要件を、噛み砕いてシステム設計できなければなりません。
できるんですか?やりたいんですか?

営業も自社製品を売り込むだけでは無く、クライアントの要件がカスタマイズで可能なのか、すべてをオリジナルで作るべきなのかある程度は判断できなければなりません。
でも、必要があれば技術者に確認すれば良いだけの話。
コミュニケーション能力が重視されるでしょうね。
できるんですか?やりたいんですか?

やり甲斐をどこに見つけるか、は人によって違うでしょうが、興味の無い仕事に長く勤めるのは辛いですよ。

QSEを目指した動機についてお聞きしたいのですが。

現在、大学3年のものですが、正直、SEになるか迷っています。
志望業界は、絞られてきました。IT業界です。
そこで、社会人の方に質問したいことがあるのですが、
就職活動の際、
「自分の会社選びの基準」、「なぜこの業界?」「なぜSE?」などを絡めて
お聞きした事があります。
後は、SEになる為の入門書は、あるのでしょうか?
私は、正直、悩んでいます。
自分の一生を決めるのにほぼ近いのですから。
もし、質問をしてくださる奇特な方、心からお待ちしています。

Aベストアンサー

現在外資系のコンピューター・メーカーでSEをやっております。実は昨年に転職したばかりで、それまでは従業員300人程度のSI企業におりました。
ちなみに大学は法学部でした。(平成3年卒)

<なぜSEを選んだか?>
学生時代、アルバイトで設計事務所で図面を引かせてもらっていたのですが、それがきっかけで、「何かモノを作る仕事がしたいな」と思ったのが大きな理由です。
しかし私は文系出身なので、「モノを作る仕事」で「文系でもOK」で、という観点で探し当てたのがSEです。SEといっても一日中マシンに向かっているわけではなく(新人さんはそうかもしれませんが)、ある程度になってくると、ほとんど仕様書作成やレビュー、お客様や他部門との調整に追われます。それでも提案から始まって要件定義、設計~テスト、そして本番(そしてたまにトラブル・・・)と、1つ1つをチームで乗り越えて達成していく感覚は私には合っていたように思います。

<なぜこの業界?>
上述とかぶる点もありますが、特にこの業界、と思っていたわけではなく、自分がやりたい仕事のスタイルを探したら、たまたまこれだったということです。

<会社選びの基準>
新人教育を本気でやってくれるところです。私が新卒で入社したところは、半年は仕事しないで、ずっと研修。その後の半年がOJT。文系出身でパソコンを触ったこともないところから入りましたので、大変ありがたかったです。
これはsupercannonさんにも是非お伝えしたいことですが、入社してちょっと研修やって、すぐ現場に放り込むような会社は避けたほうがよいです。例えコンピューター経験があってもです。「プログラマー」で終わってしまいますから。プログラマーは寿命は短いと思ってよいです。長くこの職業でやっていくつもりなら、最初はプログラマーをやりながらでも、必ず「SEの視点」を持ち続けてください。
それから自分がどういうSEになりたいかを明確にすること。SIをやりたいのか、ユーザー部門のSEになりたいのか、メーカーのSEになりたいのか、などによって全く会社選びが違ってきます。見方を変えれば、会社によって、求められるSEのスタイルが違う、ということです。現在の私のように、メーカーのSEになればハードからソフトまで、まずは自社製品を選定してしまいますが、独立系のSI企業なら自由に選べます。またユーザー部門のSEであれば、SIというより運用面のスキルに比重が大きくなります。

正直SEというのはあまり割りの良い仕事ではありません。退職する人も結構います。ただ、いろいろなお客様や、いろいろなトラブル・・・刺激が多くてルーティン・ワークでは味わえない充実感があると思いますよ。

現在外資系のコンピューター・メーカーでSEをやっております。実は昨年に転職したばかりで、それまでは従業員300人程度のSI企業におりました。
ちなみに大学は法学部でした。(平成3年卒)

<なぜSEを選んだか?>
学生時代、アルバイトで設計事務所で図面を引かせてもらっていたのですが、それがきっかけで、「何かモノを作る仕事がしたいな」と思ったのが大きな理由です。
しかし私は文系出身なので、「モノを作る仕事」で「文系でもOK」で、という観点で探し当てたのがSEです。SEといっても一日中マシン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報