人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

アルミホイールのナットはアルミに付属してくるのでしょうか?
TE-37です
色が悪いので交換したいのですが 量販店などで売ってるのでしょうか?
売ってる物に交換できるでしょうか?
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No,1です



>軽量のメリットは何でしょうか?
>燃費は全部徹でもそれほど影響ないですよね?

サスペンションから下の軽量化は、1キロ軽くするとそれ以上の部分10キロ軽量化するのと同じような効果が得られます。

もし、あなたがマラソンするときに
常に重い靴を履いて、荷物を背負ってマラソンをしていたとすると
重い靴のまま、荷物を降ろして走ったとしてもそれほど効果はないけど
軽い靴にすれば、荷物を背負ったまま走れば靴が軽くなるので走りやすくなる
そんなイメージです。

純正の鉄ナットは1個200グラム前後ですが、高価なアルミナットを使えば1個50グラム程度の重さで
4輪全部変えたとすると、2キロ以上軽量化できます

燃費も若干向上し、運転も楽になるので軽いナットのほうがいいですよ。
足元が2キロ軽くなるということは、それ以上の部分での20キロ軽くしたのと同等の効果があり
平均すれば大体2%程度の燃費は何もせず向上しているはずです。

>もし変えるとすれば TE37と同等以上に軽いアルミはあるのでしょうか?(重さだけでなく他も同等以上)
>TE37確か4万したような気がします(定価でしたか?)
なので高すぎます

TE37と比較できるものとなれば、CE28Nくらいでしょう。
http://www.rayswheels.co.jp/cgi-bin/cgi2/getWhee …

ただ、CE28は軽いですが剛性面で若干不安があります。
(とはいえ公道を普通に走る程度では問題はありません、サーキットなどで縁石に乗り上げて走行するという走り方を多様する場合には問題になってきます)

TE37は、CE28よりも若干重いですがその分剛性も高く安心して使えるホイルです。

また、このホイルは鍛造という日本刀を作るようにアルミを叩いて形を作っているホイルなので値段は高いですがその分軽いために燃費の向上などに役に立ちますよ。

ちなみに、安いアルミは鋳造といって下手な鉄ホイルよりも重いので注意が必要です
鋳造とは、溶かしたアルミを型に流し込み作る方法です。
簡単に量産できる上に、デザイン性が高く作れるために現在の主流の作り方とはいえます。
とはいえ、鍛造という作り方に比べ同じデザインのホイルを作る際には必要になるアルミの量が増えるために値段は安いですが重くなるという難点はあります。
(個人的には鋳造アルミはアルミホイルとは思ってないくらいだったり)

No,2の人が言う
>理由は、金額が高い上に、寿命が短いです。脱着を何度か繰り返すだけで、ネジ部がダメになるようです。

これは締め付けトルクさえしっかり管理していれば、純正のナットと同じ程度の寿命があります。
むやみやたらに強く締め付けるとすぐに山がだめになるものもありますが・・・
私は5年ほど同じアルミナットを使用し、寒冷地ということで年2回以上タイヤの着脱を繰り返していますがねじ部はだめになっていませんよ。

そして、そこまで燃費を気にするのならばスペアタイヤをはずしパンク修理剤を積んでみてはどうでしょうか?
車は10キロ軽くなれば1%燃費が向上すると言われています。
スペアタイヤ1本で大体5~10キロ程度の重量があります。

車両保険にロードサービスが付帯していたり、JAFに加入している場合は
パンク程度ならば修理剤で対応できるし、タイヤがバーストしてしまったような場合はJAFなどのロードサービスを依頼したほうが速いくらいだし・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
大変参考になりました

お礼日時:2007/04/29 16:40

ANo.2 です。




>確かアルミが軽ければ 燃費がいいと聞きました 他に何かメリットありますか?

たしかに、アルミホイールが軽ければ燃費が良くなることは間違いのない事実です。が、それならば、限界までインチダウン(タイヤの外径は変えない)したほうが、さらに軽くなります。

「運動性能は、インチアップしたほうが向上する。」と、一般的に言われていますね(http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/base/02.h …)。ただし、インチアップは、重くなります。

単に重くなるだけではなく、部位的にも重くなってほしくない部位(回転体の中心から離れた場所)が重くなりますので、本当は、「よくない」とも言えます。

どういうことかと言いますと、タイヤホイールが全く同じ重さでも、その重い部位が、中心に近いのか?中心から遠いのか?で、結果は かなり違ってくるのです。

分かりやすい例で言いますと、例えば野球のバット、これを剣道のように素早く素振りする場合、バットの柄を持つ時と、バットの先(太いほう。反対側。)を持った時とでは、先を持ったほうが素早くバットを振り回せますね?

つまり、特に、「燃費」のことなどを考える場合は、タイヤホイールの回転体の中心から外側(外周に近いところ)をなるべく軽くすることは良いことですが、ホイールの中心(ホイールディスク中心やナットの部分など)については、特に考える必要も全くないということになってきます。

この点につきましては、非常に詳しく記載したものがありますので、そちらでご覧下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2682101.html)の ANo.2 の 「ホイールの重さには、2種類あります。」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2807498.html)の ANo.7 の 『アルミホイールって、「軽いかどうか?」なんて、実は、どっちでもよいことです。』 や 「バネ下重量について」

なお、アルミホイールの、本当の良さは、放熱性の良さのほうです。軽いかどうか(純正スチールホイールよりも軽いかどうか?)なんてことは、どっちでもいいことです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2589347.html)の ANo.2

つまり、本当のメリットは、「放熱性の良さ。フェードやベイパーロックの防止(なりにくさ)。」ですね。

デザインによっては、例えば、スポークフィンタイプなどは、遠心力のturbine形状でエアーベンチレーションを効率的に行い、非常に放熱性を良くしたものもありますね(http://www.oz-japan.com/products/racing/supertur …)。


>もし変えるとすれば TE37と同等以上に軽いアルミはあるのでしょうか?(重さだけでなく他も同等以上)

(軽くするだけが能ではないのですが)、ホイールのディスク面を軽くしたところで、効果はそれほどでもありません。が、もしリム部が軽いと、それだけでもかなり効果はある。ということになりますね。

つまり、エンケイのMATプロセス(http://www.enkei.co.jp/t_mat.html)でも充分と言うことも出来ます。

もちろん、TE37は、軽いホイールと言う点で特化したホイールですので、「軽さ」だけで考えたら、「これこそ軽い、鍛造ホイール。」の“良い例”の製品でしょう。

>(重さだけでなく他も同等以上)

ホイールの商品価値としては、O・Zやエンケイ、などのほうが、ずっと魅力的だと私は考えます。よって、公道を走る分には、お車に似合うデザインを楽しく選んでみても、問題はないと思います(http://spec.fujicorporation.com/sim2.html)。
(ただし、“特に重い”ホイールでの極端なインチアップは、距離走る燃費を気にするかたの場合には、お勧めできません。)

>なので高すぎます

安くても、アルミホイールなら何でも良い。という考え方もありますよね。素人目には、4本タイヤ付きセットで4~5万円のものと、20万円オーバーの物って、違いは分からないでしょう。軽い高価なホイールを選んで、その差額分比で、ガソリン代にどれほどの差が出るのかどうかも分かりません。


>ホンダです。無理なようですね

ホンダでも、例えば、三菱の純正ナットが問題なく使えます。ただし、工具のサイズが違いますので、(http://www.es-powershop.com/CGI/item/001027008/1 …)の12881
内21mm×外19mm
http://www.es-powershop.com/item/img/ll/12880-01 …
のようなものは、必要になります。
(十字レンチを車載しておけば、問題はなしですね。)
または、Ko-ken(http://www.koken-tool.co.jp/catalog/jp/main/hand …)の4788と、
http://www.koken-tool.co.jp/catalog/jp/main/hand …)または(http://www.koken-tool.co.jp/catalog/jp/main/auto …)の
19mm と 21mm を買っても良いでしょうね。
(19mm は、スペアタイヤ用ホンダ純正球面座ナットに、どうしても必要です。)


19mm とか 21mm とは、ナットの、工具を掛ける部分の2面幅の距離です。この部分が、三菱は 21mm なのです。トヨタも、レクサスも、マツダも、ダイハツも、M12
×P1.5 ナットを使うどのメーカーも、2面幅は 21mm です。
その中では、私は、三菱のナットが最も造りが良いと感じていますので、私の車のトヨタ車にもホンダ車にも、三菱純正ナットを使っていますね。

三菱純正ナット 貫通ナット テーパー座 銀色
3880A007 重さ29g(※a) 長さ16mm(※b) 160円

三菱純正ナット 袋ナット テーパー座 銀色
3880A008 重さ33g(※a) 長さ27.5mm(※b) 180円 15.65回転(※c)

貫通ナット/袋ナットとは、(http://shopping.autobytel-japan.com/wheel/qa/nut …)をご覧下さい。

※a:当方所有のタニタKD-173(http://mediasolution.jp/tanita/hp/productDetail. …)で単純に量った数値です。1円玉1~80枚で、正確に表示することを確認後にナットの重さを量っていますので、それなりに正確な信憑性のある数値ですが、(また、ナットのほうも、新たに新品購入後の未使用すぐに量っていますので、それなりに正確な信憑性のある数値ですが、)、個体差などで、必ずしも同品番の部品が全く同じグラム数を示すかどうかは分かりません。(個体差があるでしょう。すでにナットのほうに、±1g程度の誤差はあることでしょう。)
(表示最小単位は1gですので、0.1g単位までは量れません。液晶表示のそのままを記載しました。)

※b:当方手元のナットを、ノギスで測った数値です。ナットには個体差があることでしょう。

※c:計り方は、M12×P1.5のハブボルトに、ナットを付け、ボルトを上にし、ナットを下にして、外れる位置まで左回しし、その位置から右に回して袋の頭までボルト先が付くまでの回転回数です。これも当然、個体差があるでしょうから、この回転回数までボルトの先の干渉がないことを保証するものではありません。参考値としてご活用下さい。

よって、ホンダ車に社外アルミホイールを取り付ける場合、三菱の 3880A008 は問題なく使えるということになります。お近くの三菱ディーラーから注文できます。(金額は、当方が購入した金額ですので、参考値です。)

実はこの前、ホンダの部品店に行くことがありましたので、ついでに聞いてきました。

ホンダには、純正ナットでテーパー座の物は無いとのことです。「社外アルミホイールを付ける場合は、ナットも社外品をご用意下さい。」とのことでした。

よって、

ショート袋25mm M12×P1.5 19mmHEX(http://www.bs-awh.ne.jp/bsop/nut2.html)31504082
ロング袋35mm M12×P1.5 19mmHEX(http://www.bs-awh.ne.jp/bsop/nut4.html)31504042
などを購入するのもいいかもしれませんし、

三菱の 3880A008 など、工具2面幅21mmHEXの M12×P1.5 のナットを使うことも可能です。


>色が悪いというのは 白アルミに青ナットです。~タイヤも限界のようなので4本交換するついでに~なのでアルミも新品かう訳ではありません。

おもしろいもので、タイヤ4本買う金額で、アルミまで付いてもあまり変わらない金額な場合も多いです。と言っても、今回は、TE37というせっかく良いホイールをお持ちなのですから、これを使うという選択が正しいのでしょうね(ホイール自体は気に入っておられる場合)。
http://www.fujicorporation.com/ecb/?direct=tirea …)から、ホイール付きタイヤ4本セット相場の勉強だけしてみるのも参考になります。


>白に青銀ナットどうですか?(白い車体です。白アルミもきにいらないんですが・・・)

私は、白いホイール好きですね。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2807498.html)の ANo.7
お車が白でしたら、いいのではないでしょうか。
ナットの色ですが、青。白いホイールには青いナット、良く見る組み合わせですね。特別変ではないと思いますよね。
確かに、スポコン系(スポーツコンパクト)な雰囲気はありますね。それがお嫌いなら、青もちょっとヤダかもしれませんね。

>普通何色でしょうか?(もしくは鉄の銀?)

普通は、やはり銀色でしょう。例えば、純正ナットですと、ほとんどが銀色でしょうね。純正では、稀に黒がある位でしょう。

>純正ナットって鉄ですか?

そうです。鉄です。これに何らかのメッキがされて銀か、それに近い色になっているでしょう。

>安いのが一番なんですが、白アルミに銀(鉄ナット)  うーん・・・

白いホイールに銀、良いですよ。最も良いのではないでしょうか。ベストです。

アルミホイールに鉄ナット。これもベストですね。

例えば、お車を整備に出して。メカニックなんて、ホイールの取り付けにほとんどトルクレンチなど使いませんね。
{メカニックのホイールナットのトルク管理はデタラメ(締め過ぎ)です。}

事前に、いちいち整備に出す前に、純正ナットに交換しておきましょうか。

それとも、「トルク管理など適当でもいいや」と、やっちゃいますと、やはり、アルミナットは非常に危険です。


ところで、現在、青いナットとしますと、場合によっては、すでにアルミ製かもしれませんね。

鉄で青いものもあります(http://www.es-powershop.com/CGI/item/001027005/0 …)ので、何とも言えませんが、アルミナットである可能性は高いですね。

もし、現在アルミ製ナットでしたら、トルクレンチは用意したほうが良いかもしれません。

(それか、そのうちアルミナットの寿命が来るでしょうから、そうしたら良質なスチールナットに交換すれば良いですね。そのほうが安心です。)

アルミホイールにスチールナットは、普通ですよ。例えば、ハブやブレーキのディスクローターも、重い鉄製です、もちろん、ハブボルトも鉄製。ナットに高い金額かけて数十グラム軽くしてみても、回転体の中心位置ですし、何の変化もありません。心配事が増えるだけです。
{まあ、お金があれば、高いアルミやチタンのナットを買ってみるのも、楽しいのかもしれません。車なんて、趣味ですし。(趣味は、お金がかかればかかるほど楽しいものです。)}

アルミナットをご採用の場合は、ナットの締め付けトルク管理を確実にして下さい。


>あれURLの後ろの数字は商品コードですね。

そうです。

>もうサイズ決まってるんですか?

決まっているというか、ホンダの場合、M12×P1.5 というのは、決まっているのです。


M12×P1.5 の意味は、ボルトの太さ(おねじの外径)が 12mm で、そのねじ山の間隔が
1.5mm だという意味です。

国産車M12の場合、ピッチは 1.5mm と 1.25mm とがあります。ホンダは 1.5mm です。1.25mm との互換性は全くありません。

また、

工具を掛ける2面幅は、ホンダの純正のナットの幅が 19mm ですので、車載工具が
19mm のレンチしか入っていないのですね。

よって、19mm のナットを選んでおいたほうが便利。というだけの話です。上記の通り、21mm のレンチも用意しておくだけで、問題なく 21mm HEX のナットが使用できま
す。


>ただ前輪後輪で少し違うようです(つらいちとかで)

ホイールが何インチであろうと、ツライチか引っ込んでいるか どうであろうと、社外ホイールはほとんどが「テーパー座」ナット仕様です。(例外的に、専用ナット以外は使用不可なホイールも存在します。)

また、車との相性ですが、袋ナットの場合、注意が必要です。【重要】

袋ナットは、その頭がキャップ付きですので、万が一、ボルトの長さが長い場合、短い袋ナットではボルトの先がナットの裏側に付いて(突いて)しまいます。締め付ける前に。この点を確認する必要があります。
(簡単な確認方法は、まずホイール無しの状態でナットを指で回しながら付くところまで回し、その回転回数を数えておき、実際にホイールを締め付ける時にその回転回数以下であれば良い訳ですね。ギリギリの回転回数ですと、突く可能性があります。)


>新車の場合はナット(スペアタイヤ用)ついてくるのでしょうか?

ホンダの場合、アルミホイール、スチールホイール、スペアタイヤ用ホイール、全て「球面座ナット仕様」です。よって、純正ホイールの場合、車に付いているナットをスペアタイヤにも使用します。
(工具袋にスペアタイヤ用ナットが初めから用意ている訳ではありません。)

問題は、今回のように、社外ホイールに交換した場合ですね。社外ホイール用のテーパー座ナットを使ってスペアタイヤの取り付けをすることは出来ません。

よって、球面座ナットがない場合、球面座ナットを4~5個(個数分)、ホンダディーラーで注文する必要があります。

ホンダ純正の球面座貫通ナットで充分ですね。
サビ(http://shopping.autobytel-japan.com/wheel/qa/nut …)の心配をする必要も無いでしょう。
なぜなら、キャップ付きホイールを使っている車でも、スペアタイヤはその貫通ナットで付けるのですから。

ホンダ純正ナット(アルミホイール用) 貫通ナット 球面座 銀色
90381-SL5-901 重さ29g(※a) 長さ18.6mm(※b) 210円


袋ナットも、金額的にはそれほど高くないのですね。よって、それでもサビが心配なら、ボルトの先が付かない長さの袋ナットを探しても良いでしょう。

車検証を持って、ディーラーで、
「スペアタイヤに使うので、この車用の“純正アルミホイール用の純正ナット”を(個数分)個注文して下さい。」と言えば良いでしょう。
(ホンダは、スチールホイール用ナットには、独特のホイールキャップを補綴するためのプラスチックワッシャーのような、余計なものが付いているのです。)

ホンダ純正ナット(アルミホイール用) 袋ナット 球面座 L=25mm 銀色
90304-SA5-013 重さ31g(※a) 長さ24.6mm(※b) 255円 13.65回転(※c)

ホンダ純正ナット(アルミホイール用) 袋ナット 球面座 L=30mm 銀色
90381-S4L-003 重さ43g(※a) 長さ30.0mm(※b) 260円 17.08回転(※c)

ホンダ純正ナット(アルミホイール用) 袋ナット 球面座 L=35mm 銀色
90304-SF0-751 重さ50g(※a) 長さ35.3mm(※b) 300円 ?回転(20.41以下?)(※d)

※d:当方手元のハブボルトの長さが足りずに測定不可。今度もっと長いものを用意しませんと測れません。ピッチ1.5mmの場合、5mmで3.33回転できる計算ですね。L=25mmからL=30mmで17.08-13.65=3.43ですので、17.08に3.33足して20.41位以下。という机上の計算でよいでしょうか。実測値はありませんので、参考で考えて下さい。

上記は、ホンダ純正の日本製ナットです。品番違いでアメリカ製やタイ製ナットもありますが、見た感じ、ほとんど変わりません。(詳しくはディーラーで聞いて下さい。)


また、三菱純正ナットですが、3880A008 と同形状のブラックもあります。ただし、高いです。

三菱純正ナット 袋ナット テーパー座 色ブラック
3880A010 重さ33g(※a) 長さ27.9mm(※b) 360円 15.83回転(※c)

また、

三菱には、3880A008 と同形状の、若干銀のメッキが高級感のある

三菱純正ナット 袋ナット テーパー座 銀色
3880A009 重さ33g(※a) 長さ27.8mm(※b) 180円 15.83回転(※c)

というものもありますが、当方の経験上、3880A008 のほうが、長く使ってもキレイを保ちます。

つまり、新品時は、比べると若干ですが 3880A009 のほうがキレイなメッキ(高級感?)なのですが。時が経ってもキレイを維持するのは 3880A008 のほうですね。
よって、
3880A008 のほうがお勧めですね。
(新品時でも、ホイールに付けてしまえば 08 も 09 も全く分かりません。)
(3880A009 は、ナット内部が新品時から錆びている雰囲気ですね。そういう意味でも、3880A008 のほうがお勧めですね。)


>センターキャップ初め付いてたように思いますが無くなってます 走ってる内に落ちたのか、盗まれたのか・・・・今日みたら4輪とも無いです

そうです。センターキャップは取れるから危険です。後続の二輪車にでも当たったら大変です。センターキャップなど不要ですし、付いているとかっこ悪いです(特に、TE37のようなホイールの場合。)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2644780.html)の ANo.1
自然に外れるようでしたら、付けないほうが良いでしょう。
(間違っても、接着剤で付けてしまわないように。
タイヤ交換時、ほとんどのショップでは、この穴を使ってホイールバランスを取ります。)


>今盗難防止の為 レンチの頭も車買った時に貰ってます この盗難防止ってアルミ盗まれるんでしょうか?

「一般論として、アルミホイールって盗まれやすいのですか?」というご質問ですね?そうですね。特に、TE37 のような良いホイールは、盗まれやすいですね。例えば、ディーラーの
営業のかたに聞くと、「お客さんで、アルミ替えたお客さん、みんな盗まれていますね。」という回答が返ってくるでしょう(土地柄にもよります)。イメージとしては、「とても多い」ということになります。
特に昨今、金属なら何でも盗まれる時代、用心に越した事はないでしょう。
ですので、
スプライン・ラグナット(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …)(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …)や
インストレーションキット(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …)(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …
が、ベストなのです。

スプライン・ラグナットの重さは、どなたか個人様のホームページを拝見させて頂きますと、(http://homepage2.nifty.com/ktare/hweel.html) 32.7g とのことですね。


>燃費は全部徹でもそれほど影響ないですよね?

全部鉄ナットでも というご質問ですね?

そうですね。

回転体の中心が、仮に、もし多少重かろうが、燃費に関しては、回転体の中心部は“バネ下”の概念で計算はしません。計算するとしても、ほとんど「バネ上」と同じでしょう(それでも回転するわけですので、完全に同じではないですが。)。

ただし、上記の様に、純正ナットも充分に軽いですので、アルミナットでしたらそもそも重さは同じですね。

異様に軽いチタン製ナットなどもありますが、ビックリ価格で購入しても、どれほどの軽量化になるのでしょうか。

アルミナットでしたら重さはほとんど同じ。よって、燃費も同じです。チタンナットは異様に高価です。
    • good
    • 0

>アルミホイールのナットはアルミに付属してくるのでしょうか?



付いてこないものもあれば、付いてくるものも稀にある。といったところです。

通常は、付いてこない。と考えておけばよいでしょう。

外車用の専用設計ホイールの場合、ナット(ボルト)が付属の場合もあります。

外車用・国産車用問わず、4本セット購入でナット1台分付属。というホイールメーカーもあります。


例えば、トヨタ用とニッサン用では、ナットの太さは同じでも、ピッチ(ねじ山の間隔)が全く違い、互換性が無いのですね。

また、トヨタとホンダでは、太さとピッチは同じですので問題なく使えますが、車載工具を使う場合、工具の2面幅(レンチサイズ)が、21mmと19mmとの違いがあったりで、
http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …

汎用ホイールの場合、ホイールに同梱でナットを付属させることは難しいようです。


http://rayswheels.co.jp/cgi-bin/cgi2/getWheelIte …)(http://rayswheels.co.jp/
RAYSのTE37のページを見ましても、付属品の欄にナットの記載はないですので、同梱はされていないようですね。

4本購入時のことについては、記載がないようですね。購入ショップで聞いてみるとよいかと思いますが、十中八九、ナットは付属しないと考えておいたほうが良いかもしれません。



また、通常は「別途お買い求め」であるナットを、ホイール&タイヤ新品4本セットで、ナットはタダで付けてくれるショップもありますので、タイヤホイールの値段交渉時(購入を決める前)に一緒に聞いてみると良いかもしれません。




>量販店などで売ってるのでしょうか?

量販店よりも、ディーラーの純正ナットが、最も品質が良いでしょう。

といっても、車のメーカーによっては、購入時に注意が必要です。


トヨタ(レクサス):純正アルミホイール用のナットの使用は不可です。購入時は、車検証を持って、「市販ブランドのアルミホイールを付けるので、トヨタ純正スチールホイール用のナットを購入したい。」と言って注文して下さい。

ホンダ:純正ナットの使用は不可です。

三菱:一部純正アルミホイール用のナットの使用は不可です。購入時は、車検証を持って、「市販ブランドのアルミホイールを付けるので、ランサーエボリューション2または3(型式CE9A)用の純正O・Zアルミホイール用のナットを購入したい。」と言って注文して下さい。


基本は以上ですが、例外がある可能性があるので、購入前に、専門家(ショップ店員)に聞いて確認してからご購入下さい。

TE37は大丈夫だとは思いますが、ホイールによっては、レンチ21mmHEXの使用が不可のものもありますので、そのようなホイールに純正ナットは使用不可になります。




>色が悪いので交換したいのですが

経年変化で色が悪いという意味でしょうか?

新品からの色が気に入らないのでしたら、もしそれが純正ナットでしたら、ディーラーで注文するものも、同じものが来ますね。




>売ってる物に交換できるでしょうか?

出来ますが、例えば、材質がアルミ合金のようなナットでしたら、避けたほうが良いですね。

理由は、金額が高い上に、寿命が短いです。脱着を何度か繰り返すだけで、ネジ部がダメになるようです。

通常の丈夫な材質のナットでしたら、自動車メーカー純正のナットがベストです。

それ以上に良いものがあるとしたら、McGardですね。

スプライン・ラグナット(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …)(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …)や
インストレーションキット(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …)(http://www.mcgard.com/Japan/Japanese/automotive/ …
でしょうか。



ホンダ車の場合のみ、ホンダ純正ナットの、社外アルミホイールへの使用は不可ですので、
ホンダ車の場合は、ブリヂストンのナット
ショート袋25mm M12×P1.5 19mmHEX(http://www.bs-awh.ne.jp/bsop/nut2.html)31504082
ロング袋35mm M12×P1.5 19mmHEX(http://www.bs-awh.ne.jp/bsop/nut4.html)31504042
などを購入するのもいいかもしれません。
が、
通常の、工具2面幅21mmHEXの M12×P1.5 のナットを使うことも可能でしょう。
この場合、(http://www.es-powershop.com/CGI/item/001027008/1 …)の12881
内21mm×外19mm
http://www.es-powershop.com/item/img/ll/12880-01 …
を車載工具袋に1つ入れておけば良いでしょう。
また、ホンダ車の場合、スペアタイヤは純正ナット(球面座)(http://www.rakuten.co.jp/goodsdam/549374/#NUT)のみで取り付け可になりますので、車載工具袋にホンダ純正ナットを4~5個入れておくことも忘れずに。

この回答への補足

TE37なんですがこのアルミ自体はいいです。
ただ色が悪いです
確かアルミが軽ければ 燃費がいいと聞きました
他に何かメリットありますか?
もし変えるとすれば TE37と同等以上に軽いアルミはあるのでしょうか?(重さだけでなく他も同等以上)
TE37確か4万したような気がします(定価でしたか?)
なので高すぎます
もしわかるのなら教えてください
よろしくお願い致します

補足日時:2007/04/23 01:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
通常は付いてこないのですね
>量販店よりも、ディーラーの純正ナットが、最も品質が良いでしょう
ホンダです。無理なようですね

色が悪いというのは 白アルミに青ナットです。
中古車に初めから付いてました。もう5年以上乗ってるんですけど・・・。買ったときから気に入らなかったんですが・・そのままでした。タイヤも限界のようなので4本交換するついでに変えたいなと思いました。なのでアルミも新品かう訳ではありません。
白に青銀ナットどうですか?(白い車体です。白アルミもきにいらないんですが・・・)
まあ人それぞれなんですが、普通何色でしょうか?(もしくは鉄の銀?)まだ見に行ってないのでどういうのがあるかわかりません。

>材質がアルミ合金のようなナットでしたら、避けたほうが良いですね理由は、金額が高い上に、寿命が短いです~自動車メーカー純正のナットがベストです。
ホンダはだめなんですよね。ただ純正ナットって鉄ですか?
安いのが一番なんですが、白アルミに銀(鉄ナット)  うーん・・・
正直サイズもわからないんですが・・店できけばいいですね
あれURLの後ろの数字は商品コードですね。
もうサイズ決まってるんですか?
15インチなんですが・・・
ただ前輪後輪で少し違うようです(つらいちとかで)

>ホンダ車の場合、スペアタイヤは純正ナット(球面座)(​http://www.rakuten.co.jp/goodsdam/549374/#NUT​)のみで取り付け可になりますので、車載工具袋にホンダ純正ナットを4~5個入れておくことも忘れずに

そうでしたか。
全く知りませんでした
新車の場合はナット(スペアタイヤ用)ついてくるのでしょうか?
あ、新車の場合アルミ変えなければ純正ナット、変えてもついてくるんですよね?
あるか調べてみたいと思います

お礼日時:2007/04/23 01:34

>アルミホイールのナットはアルミに付属してくるのでしょうか?



付属していません。
必要な場合は自分で購入してください。
またTE-37の場合はセンターキャップも付属していないために、ハブと呼ばれる部分が丸見えになります。
それが気になる場合は、1個2000円程度でセンターキャップが販売されているのでそれを取り付けてください。

量販店などに行けば、鉄のナットならば10個で900円前後
軽量なアルミのナットの場合は10個で5000円~
盗難防止のための特殊なナットは10個で10000万~
で購入できます。

アルミナットの場合、さまざまな色があるのでそれを購入すると良いでしょう。
(盗難防止のための特殊なナットもさまざまな色はありますが・・・)
鉄だと、銀色のものしかないので。

この回答への補足

付属してない事わかりました
ありがとうございます

補足日時:2007/04/23 01:04
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
センターキャップ初め付いてたように思いますが無くなってます
走ってる内に落ちたのか、盗まれたのか・・・・
今日みたら4輪とも無いです
確か2つの時は気付いて あれここは付いてなかったかとか思ってたんですが・・・

今青い(青銀)がついてます
鉄だと銀色という事はアルミですね
10個5千円
うーん高いですね
1輪4個だとして16個 
今盗難防止の為 レンチの頭も車買った時に貰ってます
この盗難防止ってアルミ盗まれるんでしょうか?
何か買えませんね 高くて

軽量のメリットは何でしょうか?
燃費は全部徹でもそれほど影響ないですよね?

お礼日時:2007/04/23 01:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤとホィールの重量を調べるサイトを探しています。

タイヤとホィールの重量のわかるサイトがないでしょうか。誰か知っている人お願いします。

Aベストアンサー

スーパーセブンの趣味の方々がデーターを集めたサイトです。
高扁平の重い仕様に興味の無い人たちなので種類も少ないですが、
少しは参考になるかと思います。

http://www.super7.ne.jp/ocean/tyreW2.htm
http://www.super7.ne.jp/ocean/tyreW.htm

高扁平になるとどんどん重くなりますね。
噂ではBSはサイドウォールの剛性に拘るので他社より重いようです。
(重量を出さないのは秘密にしたい為?)

Qロードスター 純正ENKEIホイールの重量

タイトル通りですが、

ロードスターNB(NR-A)の純正で使用されている
真っ白なENKIEのホイールは重量は何kgくらいなんでしょうか?

Aベストアンサー

情報としてどの程度の信憑性があるのかは全く分かりませんが、重さ。
(http://www.nsxprime.com/forums/showthread.php?t=18612)
(http://www.ozhonda.com/forum/showthread.php?t=2400)
(http://www.superhonda.com/tech/wheel_weights.html)
(http://www.rx7club.com/archive/index.php/t-87008.html)
(http://www.mtb-bookmark.com/WheelWeight.htm)
まあ、ホイールは重さなんて分からない(調べられない)ですよね。
上記ものは、コピーしたものがいくつも別のところに存在するといった感じなのでしょうか。
マツダロードスターは、海外では MX-5 MIATA (http://www.mazdausa.com/MusaWeb/displayPage.action?pageParameter=modelsMain&vehicleCode=MX5)ですので、MIATA で探してみて下さい。お探しのエンケイのものが載っているかどうかも分かりませんし、そもそもこの情報が正しいのかどうかも分かりませんが。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2682101.html)の ANo.2
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2940013.html)の ANo.2 と ANo.4

情報としてどの程度の信憑性があるのかは全く分かりませんが、重さ。
(http://www.nsxprime.com/forums/showthread.php?t=18612)
(http://www.ozhonda.com/forum/showthread.php?t=2400)
(http://www.superhonda.com/tech/wheel_weights.html)
(http://www.rx7club.com/archive/index.php/t-87008.html)
(http://www.mtb-bookmark.com/WheelWeight.htm)
まあ、ホイールは重さなんて分からない(調べられない)ですよね。
上記ものは、コピーしたものがいくつも別のところに存在するといった感じ...続きを読む

Qホンダ車のフルホイールキャップ

ホンダ車のキャップは、リムで止めるのでなく、
ボルトで止めるらしいと聞きましたが、
どのような構造になっているのでしょうか。

なぜ、ホンダ車がこれをとっているのでしょうか。

Aベストアンサー

>ホンダ車のキャップは、リムで止めるのでなく、
>ボルトで止めるらしいと聞きましたが、

そういうのが多いですが、中には、他社と同様の、リムにはめるだけのタイプもあります(フィット、モビリオ、モビリオスパイク、フィットアリア、フリード、等)。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3711982.html)の ANo.5



>どのような構造になっているのでしょうか。

ナットの球面座(スチールホイールと接触する部分)と、六面部(レンチをかけるところ)との間に、溝があり、この溝に、プラスチック製のカラー(割ワッシャー状のもの)が付いています。

フルホイールキャップ本体のほうは、ナット穴部には、ナット(金属製部)よりは大きく、樹脂ワッシャーよりは小さい穴が開けられています。

よって、ナットを規定トルクで締め付けても、ホイールキャップは樹脂ワッシャーで引っかかっているだけです。(ホイールとナットとでキャップを挟むわけではない)

ナットの写真は、ヤフオク(http://search1.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%A5%DB%A5%F3%A5%C0%A1%A1%BD%E3%C0%B5&auccat=2084064153&alocale=0jp&acc=jp)ででも見て確認して下さい。


尚、ホンダは、現行レジェンドを除いて全車、球面座ですので、ナットの「長さ」が合えば、樹脂ワッシャーを外してしまい、ホンダ純正アルミホイールに使うことも出来ます。
{アルミホイール用ナットの“長さ”には、4種類あり、最も短いもの(オープンタイプ)、袋で最も短いもの(L=25mm)、中(L=30mm)、長(L=35mm)、といった感じです。}
{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2940013.html)の ANo.4 }
(樹脂ワッシャー付きのスチールホイール用ナットの長さに、何種類あるのか? は、当方、知りません。)


ホンダのフルホイールキャップには、上記2種類(「ナットが隠れる、普通のはめ込みキャップ」、と、「ナットの見える、共締めタイプのキャップ」。)以外に、共締めタイプなのにセンターキャップ付きでナットが見えなくなるタイプも存在します。それは、まるで、よくある「キャップ付きのアルミホイール」のようなデザインになります。



>なぜ、ホンダ車がこれをとっているのでしょうか。

理由は、分らないですね。(当時、採用した頃にホンダに居た内部の人に聞かないと。)


・アルミホイールっぽくリアルに見せるためのデザイン。なのか、

・外れ難くして安全性を高めるための工夫。なのか。


最初は、「デザイン」ではないかと思います。

(そうでないと、今販売されている他社の車や、フィット等も全車、ナット共締めタイプである必要が出てきます。)


ただし、
確かに、ホンダのナット共締めタイプは頑強に付いていますし、他社のフルホイールキャップは本当によく外れます。

当方の昔の仕事で、車のテストをしていましたが、他社のフルホイールキャップは、例えば、車がジャンプして着地しただけで、フロントのキャップなど簡単に中を舞います。真っ黒い丸いものが前輪辺りから上空に舞い上がったので、ホイールごとタイヤがもげたのかと覚悟しましたよ。(即、“ガボッ”とフロントが地面を引きずると思ったのに、そのまま走れたので不思議でしたが、すぐ止めて外に降りたら キャップだけだったので、「なあんだ!」な話。)

ナット共締めタイプの場合は、
初代CR-Vを砂浜で過激なテストをした時も、しっかり頑強に付いていました。
砂がホイールとフルホイールキャップの間に大量に入り込み、フルホイールキャップが完全におちょこのように反っくり返ってしまったのに、しっかりと くっ付いていました。

すばらしいです。
デザインも、外れ難さも。


ただし、
ホイール取り付け時は面倒なのですよね。


それと、洗車時。

ホイールキャップ表面を洗っても、すすぐと中から黒い汚れが出てきてしまうような時、ホイールキャップを外して、スチールホイール側をまず洗い、キャップ裏も洗ってやりたくなるような時って、あるのです。

この場合、ホンダのナット共締めタイプですと、事実上不可になります。

「ホイールごと外してホイール裏も洗えば?」というかたも居られるかもしれませんが、実際は、1輪ずつ、計4個所、洗って、各、完全に乾かしてからでないとナットも締めれませんし、いちいち全部ジャッキかけてとか、その作業は、“洗車”ではなくなってしまいます。
 

>ホンダ車のキャップは、リムで止めるのでなく、
>ボルトで止めるらしいと聞きましたが、

そういうのが多いですが、中には、他社と同様の、リムにはめるだけのタイプもあります(フィット、モビリオ、モビリオスパイク、フィットアリア、フリード、等)。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3711982.html)の ANo.5



>どのような構造になっているのでしょうか。

ナットの球面座(スチールホイールと接触する部分)と、六面部(レンチをかけるところ)との間に、溝があり、この溝に、プラスチック製...続きを読む

Qステップワゴン(RF)のホイールナットについて

ステップワゴン(RF5)2000のスパーダに乗っています。ホイール及びタイヤは純正の195/65 R15の鉄ホイールです。(鉄チンの上からカバーを被せるタイプです。)先日、同RFの2400のスパーダの純正アルミ&タイヤ(205/55 R16)をGETしましたが、ホイールナットはこのまま使用できるのでしょうか?純正ナットに付いているゴムみたいな?部分をとらないと・・・とも聞いた覚えがあるのですがわかりません。どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

基本的な話で言うと、その通りです。使えます。
つまり、プラスチックのリングを全部取ってしまえば、そのナットを使うことができます。

この話は、新たに付けるホイールが、ホンダの純正ホイールであることに限定します。

ホンダは、スチールホイールもアルミホイールも、全て(※a)、ナットの座面は、同形状の球面座タイプです。

(※a:現行レジェンド除く)


また、プラスチックワッシャーを引っ掛けるミゾを無視すれば、ナット全体の形状も同じものです。


よって、そのプラスチックワッシャーを手で外してしまえば、そのナットが使えるわけです。



ただし、ナットの長さが、袋タイプだけで3種類ありますので、

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4154774.html)の ANo.4
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2940013.html)の ANo.2 と ANo.4

その新たに入手した純正アルミホイールに合った長さのナットであるかどうかを念のために確認しておく必要があるでしょう。


具体的には、袋ナットの頭にボルトが付くようでは困るわけで、

まず初めに、ホイールを外した状態で、スタッドボルト(クリップボルト・ハブボルト)に取り付けながら 軽く手で回してやりながら回転回数を数え、{回転回数は(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2940013.html)の ANo.4 にも書いてありますね。}、

今度はアルミホイールを取り付けた状態でもう一度回転回数を数え、その数が下回っていれば、ボルトが袋ナットの頭を突き破ることはないでしょう。



まあ、蛇足的な話もすれば、
そのナットの球面座「面」が綺麗で、スチールホイールによって筋のキズが付いてしまったりしていないか、指で触って確認したほうが、アルミホイール側の球面座「面」を痛めずに済みますね。
これは、
もともとホンダの球面座は、スチールホイールでも丁度スッポリ嵌るサイズなので傷は付き難く、
60゜テーパー座のナットほどは気にしなくてもよいような話ではあります。

過去に、そのホンダの純正ナットで、60゜テーパー座のスチールホイールでもミスってうっかり取り付けてしまったり していなければ、ほとんど問題なく使えるでしょう。

基本的な話で言うと、その通りです。使えます。
つまり、プラスチックのリングを全部取ってしまえば、そのナットを使うことができます。

この話は、新たに付けるホイールが、ホンダの純正ホイールであることに限定します。

ホンダは、スチールホイールもアルミホイールも、全て(※a)、ナットの座面は、同形状の球面座タイプです。

(※a:現行レジェンド除く)


また、プラスチックワッシャーを引っ掛けるミゾを無視すれば、ナット全体の形状も同じものです。


よって、そのプラスチックワッシ...続きを読む

Qホイールナットについて・・・・

トヨタのノアにホンダのアコードにつけていたアルミをつけようと思いますが、ホイールナットが21ミリの為レンチがはいりません。ホンダの時は19ミリでしたのでよかったのですが・・・・オートバックスに探しにいったらトヨタは21ミリでホンダは19ミリとありましたがトヨタ車で19ミリのホイールナットは使っても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

『ホンダのアコードにつけていたアルミ』ですが、これは純正のアルミホイールでしょうか?

もし、ホンダ純正のアルミホイールでしたら、ナットは専用のホンダ純正品が必ず必要です。

最近の国産車の場合、ホイールナットは3種類あります。

『テーパー座(60゜テーパー座)』 『球面座』 『平面座』 の3種類です。
詳しくは(http://www.jawa.jp/download/explain.pdf)の 3ページ(5/12)参照。

トヨタ車は、純正アルミホイール車は平面座ナットを使用、純正アルミホイール以外車は全て60゜テーパー座ナットです。

ホンダ車は、純正アルミホイール車も純正スチールホイール車も全て球面座ナットを使用。社外アルミホイールに替えた場合は60゜テーパー座ナットです。

『テーパー座(60゜テーパー座)』 『球面座』 『平面座』 に、互換性は一切ありませんので、必ず座面は同じものをご使用下さい。
(トヨタ・三菱の平面座車の応急タイヤのみテーパー座ナットと純正平面座ナットのどちらでも取り付け可。)


幸いにもトヨタのボルトサイズはM12×1.5 、ホンダもM12×1.5 ですので、ナットもホンダ純正品のものを使えば良い訳です。


HEX(6角の2面幅)が 19mm とか 21mm とかは、ナットとしての強度的な問題は全く同じものです。

トヨタ車にホンダ純正ホイールを取り付ける場合、ホンダ純正球面座ナットを使い、球面座に合った締め付けトルク 98~118N・M(10.0~12.0kgf・m)で締め付けておけば全く問題はありません。
(http://www.honda.co.jp/manual/accord/2006/pdf/2006-accord-05.pdf)の 343ページ(17/50)参照。

取り付け前に、一つだけご確認頂きたいことは、ホンダのホイールをノアに取り付け時に、ナットの、ボルトの掛かりシロが同じ量確保されているかを事前に確認して下さい。同じ回数以上ナットを回してから締め付けになっているかを数えて下さい。
トヨタのホイールを外す時、ナットを緩めてから、ナットが完全に外れるまで何回転したかを数えておきます。そしてホンダのホイール取り付け時に、その数と等しいあるいはそれ以上にナットが回りませんと、危険である場合があります。



☆ もし、アコードのホイールがホンダ純正品ではない場合、ナットはテーパー座です。この場合、HEX 19mm と 21mm どちらを使っても良いのですが、今回のご質問者様のケースの様に、ホイールの工具が入る穴のサイズが小さい場合は HEX(2面幅) 19mm の M12×1.5 (http://www.bs-awh.ne.jp/bsop/nut4.html)をお求め下さい。

この場合のナット締め付けトルクは、M12テーパー座ナット用トルクの 90~120N・M(9~12kgf・m){上記jawa3ページ(5/12)参照}で締め付けて下さい。


ところで、オフセットの計算(マッチング計算)はお済でしょうか?お車のグレードやホイールの種類、使うタイヤのサイズによってまちまちな、『オフセット』の計算というものが必ず必要です。
もしまだの場合は、専門店にご相談下さい。(ホイールとお車の詳細なデータがありませんと計算できません。)
{お車によっては、意外と簡単に計算できる場合もありますし、逆に、(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1615443)の様に非常に複雑な場合もあります。}


最後に、

☆ 以上の話は、ご質問者様のお車、ノアが、ハブ径60mmのものであることが前提です。ホンダアコードはハブ径64mmですので、問題ないです。

タイヤの取り付け方。
詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2050458)の No.2 の下の方をご覧下さい。



まとめ

ホイールがホンダ純正品の場合は、ナットも必ずホンダ純正品(球面座ナット)をお使い下さい。

ホイールが社外品の場合、テーパー座ナットHEX 19mm の M12×1.5 をお使い下さい。
または、もしホイール側の工具が入る穴の径がこのような極薄ソケット工具(http://www.koken-tool.co.jp/catalog/jp/main/auto/wheel_h.html)(http://www.rakuten.co.jp/i-tools/394712/414109/398174/#331928)が入る大きさがありましたら、この工具とともにHEX 21mm ナットが使える可能性もあります。


ホイールがホンダ純正品で球面座ナットをご使用の場合は、万が一の時には、トヨタのスペアタイヤを使えるように、テーパー座ナットHEX 19mm の M12×1.5 を4個、車載工具入れに入れておいて下さい。

19mm のナット用レンチを車載工具入れに追加しておくこともお忘れなく。

『ホンダのアコードにつけていたアルミ』ですが、これは純正のアルミホイールでしょうか?

もし、ホンダ純正のアルミホイールでしたら、ナットは専用のホンダ純正品が必ず必要です。

最近の国産車の場合、ホイールナットは3種類あります。

『テーパー座(60゜テーパー座)』 『球面座』 『平面座』 の3種類です。
詳しくは(http://www.jawa.jp/download/explain.pdf)の 3ページ(5/12)参照。

トヨタ車は、純正アルミホイール車は平面座ナットを使用、純正アルミホイール以外車は全て60゜テ...続きを読む

QプリウスGセレクション(NHW20)に適したアルミホイールの選択について

私が乗ってる現行プリウスGセレクション(NHW20)に適したアルミホイールの選択について質問です。

取説にタイヤ・ホイール仕様として下記のように記載されてます。
標準タイヤ:185/65R15 88S アルミホール:15×6JJ P.C.D100mm×5(穴) オフセット:45mm

夏タイヤもしくはスタッドレスタイヤどちらでも使用できるお手頃なアルミホイールを探しております。
(トヨタ純正のアルミホイールはディーラーの話ではそれなりに性能もいいらしいですが、
中古品でもない限り、高くてとても手が届きません)

ボルト穴全体を大きなセンターキャップでカバーするタイプは、脱着で割れるし、シーズンオフに紛失したり、
落下や踏み付けて破損する恐れがあるとの事で、純正アルミホールのようにボルトが丸見えのタイプを探してます。

下記、通販サイトで検索するとINTER MILANO/AZ-SPORTS NS-5というのが使えそうですが、間違いないでしょうか?
ネットオークションでもよく見かける品ですが、品名が「BWサンク」という名前になっているようです。
AZ-SPORTS NS-5と同じものなのでしょうか?
http://www.fujicorporation.com/ecb/?direct=tireandwheel

それ以外にBRANDLE 585(又は586)とINTER MILANO/ZEABEC FS-5(又はSS-7)が適合してるようですが、
デザインはいいと思いますが、気になるのはキャップ付なのと重量です。

デザインは好みによると思いますが、燃費のいいプリウスなので燃費を犠牲にするような重いアルミは避けたいものです。

この辺の価格帯は鋳造品?で燃費を気にするのはどうか?というなら
中古の純正アルミをオークションで入手する事も検討してみますが、
皆さんのご意見をお聞かせ願います。

私が乗ってる現行プリウスGセレクション(NHW20)に適したアルミホイールの選択について質問です。

取説にタイヤ・ホイール仕様として下記のように記載されてます。
標準タイヤ:185/65R15 88S アルミホール:15×6JJ P.C.D100mm×5(穴) オフセット:45mm

夏タイヤもしくはスタッドレスタイヤどちらでも使用できるお手頃なアルミホイールを探しております。
(トヨタ純正のアルミホイールはディーラーの話ではそれなりに性能もいいらしいですが、
中古品でもない限り、高くてとても手が届きません)

ボルト穴...続きを読む

Aベストアンサー

非常に近いご質問がありましたので、まずはそちらをご覧下さい。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2684319.html)の ANo.6

上記を全てお読み頂いた上で、

お車ですが、
(http://www.carsensor.net/newcar/cafmc.php?STID=CS110610&CARC=TO_S122&FMCC=TO_S122_F002)
(http://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/PRIUS/index.html)
(http://toyota.jp/prius/grade/grade/index.html)
などを見まして、
「Gツーリングセレクション」というものはありますが、「Gセレクション」というのはないようです。
そして、Gツーリングセレクションは16インチのようですね。
(http://toyota.jp/prius/spec/equipment/index.html)
(http://toyota.jp/faq/car/prius/index.html)
6-16 オフセット+45 H-P.C.D.=5穴-100mm

実際、今お車にはどのサイズのタイヤが付いていますか?
タイヤに 195/55R16 と記載があれば、16インチですね。
そして、16インチが標準で付いている車の場合、インチダウンして15インチを付けられるかどうかは分かりません。
十中八九 大丈夫とは思いますが、(もし16インチ標準車でしたら)念の為、ディーラーに「15インチも可か」お問い合わせ下さい。


まず、純正サイズの情報から。

15インチ車
6-15 オフセット+45
185/65R15 (直径 621mm リム幅6インチ時のタイヤ幅 194mm)
フェンダークリアランス
フロント : -18.5mm(18.5mm引っ込んでいる) リア : 34.5mm(34.5mm引っ込んでいる)

16インチ車
6-16 オフセット+45
195/55R16 (直径 620mm リム幅6インチ時のタイヤ幅 201mm)
フェンダークリアランス
フロント : -15mm(15mm引っ込んでいる) リア : 31mm(31mm引っ込んでいる)


『エンケイマッチングデータブック2006』(http://www.enkei.co.jp/p_catalog.html)を見ますと、
7-16 オフセット+45
195/55R16 (直径 620mm リム幅7インチ時のタイヤ幅 211mm)
フェンダークリアランス
フロント : -10mm(10mm引っ込んでいる) リア : 26mm(26mm引っ込んでいる)

というマッチングが取れていますね。

しかし、だからといって、7-15 オフセット+45 のほう(15インチ)もOKとは全くいえません。
なぜなら、
6-15 から 7-15 にしますと、タイヤは片側で 5mmずつ、ホイールは片側で 12.7mmずつ広がりますので、その分内側にも入り込むのです。
また、
7-16 から 7-15 ですと。ホイールリム径が小さくなる分、ホイール幅とオフセット値が仮に同じでも、サスペンションアーム類などと干渉する可能性は上がることも忘れてはなりません。

なお、
タイヤ、185/65R15 の適用リム幅は 5~6.5 ですので、7-15 に組み合わせることはできません。

よって、15インチですと、6.5-15 までが可です。
なぜなら、
(http://www.weds.co.jp/products/matching/M21-FARMAS_LEONIS-toyota.pdf)
wedsでプリウス20系、6.5-15 オフセット+45 185/65R15 出てますね。
(http://www.rozest.com/match/index.html)
[同意して車種から検索]→[トヨタ]→[プリウス]→[NHW20]→[H17~]→[検索]も、
6.5-15 オフセット+45 出てきますね。
(6.5-15 オフセット+50なんてのも出てきますが、純正よりもタイヤを引っ込めることは決してお勧めできませんので、これは無視して下さい。)

では、
6.5-15 オフセット+45 のクリアランスは、
185/65R15 (直径 621mm リム幅6.5インチ時のタイヤ幅 199mm)
フェンダークリアランス
フロント : -16mm(16mm引っ込んでいる) リア : 32mm(32mm引っ込んでいる)

という計算です。

6.5-16 オフセット+45 では
195/55R16 (直径 620mm リム幅6.5インチ時のタイヤ幅 206mm)
フェンダークリアランス
フロント : -12.5mm(12.5mm引っ込んでいる) リア : 28.5mm(28.5mm引っ込んでいる)


上記でオフセットの可能な“範囲”を計算することはバッチリ可能ですね?

計算方法ですが、オフセットとは、数字が1小さくなるごとに、タイヤホイールが 1mm外側に移動します。

フェンダークリアランスは、フロントで基本的には±0mmまで可能ではありますが、車の個体差も考えますと、机上の計算上で限界まで出してしまわずに、多少余裕を持たせるほうが良いでしょう。

仮に、フェンダークリアランスを 10mm余裕として計算しますと、

6-15 の場合
オフセット+45~オフセット+37

6.5-15 の場合
オフセット+45~オフセット+39

6-16 の場合
オフセット+48~オフセット+40

6.5-16 の場合
オフセット+47~オフセット+43

7-16 の場合
オフセット+45~オフセット+45

ということになります。
もう少しフェンダークリアランスを少なくしても良いかな?という場合は、オフセット値を1小さくするごとに、フェンダークリアランスは 1mm少なくなります。
(フェンダーからタイヤが飛び出すことは違法です。また、個体差が必ずありますので、机上の計算で大丈夫でも、フェンダーから飛び出すことも有り得ます。)


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ご質問者様お示しの(http://www.fujicorporation.com/ecb/?direct=tireandwheel)は、とても良いですよね。
(http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/auctions?userID=fc_ya&u=%3bfc_ya)はフジさんのヤフオクショップ(http://store.auctions.yahoo.co.jp/html/profile/fc_ya.html)ですので、ここから同じ商品が見付かれば、オフセット値が分かる場合が多いです。
(http://www.rakuten.ne.jp/gold/fujico/)と(http://www.rakuten.ne.jp/gold/outletichiban/)も同じショップですね。

“適合”ということでいえば、
(http://www.fujicorporation.com/ecb/?direct=tireandwheel)
[TOYOTA]→[プリウス W20]→[サマー]→[15インチ(16インチ)]→[検索]
で出てくるものは、基本的には全てOKなものなはずですよね。
あとは、実際に注文する前に、車検証を用意してから電話して、「フェンダーには充分な余裕があるか?」を確認してから注文するだけです。


>下記、通販サイトで検索するとINTER MILANO/AZ-SPORTS NS-5というのが使えそうですが、間違いないでしょうか?

間違いないかどうかは、注文時にそのショップで確認してから注文すれば良いことです。なぜなら、同じデザインのホイールでも、オフセット違いやリム幅違いなどがありますので、やはり、発注時の充分な確認がとても重要になってきます。(オフセット値って、日が経つと変わることがあるのですよね。カタログが古いと、「違うオフセットになっていた」とか、よくあります。)


>品名が「BWサンク」という名前になっているようです。
>AZ-SPORTS NS-5と同じものなのでしょうか?
>((3)INTER MILANO/AZ-SPORTS NS-5は「BWサンク」と同じ品か?)

これは、フジさんに問い合わせるほかないですよね。仮に同じもの(同じ工場で造られているもの)でも、オフセットなども含めて全て同じ設定であるのかどうかも分かりません。全く同じものなのなら、なぜ名前が違うのか?といったことも不思議ですよね。別の販売元が企画したとか、OEMとか、いろいろ考えられますが、
やはり、いずれにせよ、注文時にしっかりと確認してから注文することが、とても重要になります。


>ボルト穴全体を大きなセンターキャップでカバーするタイプは、脱着で割れるし、シーズンオフに紛失したり、
>落下や踏み付けて破損する恐れがあるとの事で、純正アルミホールのようにボルトが丸見えのタイプを探してます。

分かります。
ただ、キャップ付きも、メリットもあるのですよね。
PCD100って、実は5穴より4穴のほうが車種としては多いのですよね。
また、5穴ですと、PCD114.3のほうがずっと多い。
つまり、キャップ付きですと、マルチフィットホイールであることが多く、お車を買い替えたときにもまた使えたりする楽しみもあるのですよね。
{マルチフィットホイールについて、詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1615443.html)の ANo.14 (の下のほうに写真あり。)}
(http://www.rakuten.co.jp/goodsdam/549374/#ANA)


>この辺の価格帯は鋳造品?で燃費を気にするのはどうか?というなら
>中古の純正アルミをオークションで入手する事も検討してみますが、

「重さ」、ですか。
たしかに、ホイールを軽くすれば燃費は良くなりますが、(しかも、燃費を良くすれば地球環境にも良いですので、とても良い考えですが。)
鍛造ホイールって、あまりないですよね。

燃費のために非常に高価な鍛造ホイールを探して入手されるということでしたら、それは地球のために とても良いことですよね。


ホイールの重さには、2種類あります。
1つは、バネ下重量と呼ばれる、いわゆる、モータースポーツの場合に話題になる、バネで上下に動く部分全体を考える場合の重量です。
もう一つは、
これもバネ下には かわらないのですが、特に回転体の部分で考える重量です。当然こちらもモータースポーツでも気にすることですが、一般車両がおとなしく走る場合の“燃費”という点で考える重量は、こちらのほうですね。
つまり、「回転体の、中心からなるべく遠い部分を軽くしてやると非常に効果的。」なわけです。
よって、ハブ近くやディッシュ面(ディスク・スポーク部)などは重かろうが大して問題はなく、リム部が軽ければ軽いほど効果的なわけです。
よって、全く同じ重さのホイールですと、16インチより15インチのほうが燃費が良くなるわけです。
(タイヤの重さがありますので、一概には言えませんが、)、鍛造の16インチや17インチよりも、全く同じ重さでしたらの鋳造の15インチのほうがずっと燃費が良くなる。ということになります。

では、ホイールの重さが気になりますね。
しかし、一般的には、ホイールの重さなんて、BBS位しか分かりませんよね。
(http://www.bbs-japan.co.jp/appli/appli_i17.html)

(http://rayswheels.co.jp/cgi-bin/cgi2/getWheelList.cgi?maker=VOLK)
(http://rayswheels.co.jp/cgi-bin/cgi2/getWheelList.cgi?maker=GRAM)

リム部を特に軽量化したMAT(http://www.enkei.co.jp/t_mat.html)でも充分とも考えることができますね。
(http://www.enkei.co.jp/p_wheels.html)

エンケイのMATのホイールは
RS+M(http://www.enkei.co.jp/p_detail_rsm.html)
RPF1(http://www.enkei.co.jp/p_detail_rpf1_18_.html)
この2つに 7-16 オフセット+45 5穴100がありますね。(フジさんでも出てきます。)

これと、リム幅6インチと細身の15インチの普通の鋳造を比べて、どちらが燃費が良いかは、‥調べようが無いので、分かりませんね。
15インチは、リムが回転体の中心に寄っている分、燃費には良い結果になることが考えられます。

つまり、サスペンション上下のことを問題にするバネ下重量とは若干違い、
『燃費』で考える場合、ホイールのそのものの重さではなく、そのホイールのどこが重いのか?という点も重要になってきます。

しかし、そのような情報はおろか、ホイールの重さ自体の情報すら出回っていません。

(または、文句なしのプリウス専用鍛造ホイールとか?)
(http://www.tomsracing.co.jp/arcive/2004_02_07_2.htm)
(http://toyota.jp/T/carlineup/t_tune/prius/toms/index.html)
(http://toyota.jp/customize/prius/catalogue/image/prius.pdf)
(1本 51,450円ということですよね?)(今もあるのかな?)

{情報としてどの程度の信憑性があるのかは全く分かりませんが、重さ。
(http://www.nsxprime.com/forums/showthread.php?t=18612)
(http://www.ozhonda.com/forum/showthread.php?t=2400)
(http://www.superhonda.com/tech/wheel_weights.html)
(http://www.rx7club.com/archive/index.php/t-87008.html)
(http://www.mtb-bookmark.com/WheelWeight.htm)}


ホイールの製法の種類
(http://www.jawa.jp/basic/process.html)

非常に近いご質問がありましたので、まずはそちらをご覧下さい。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2684319.html)の ANo.6

上記を全てお読み頂いた上で、

お車ですが、
(http://www.carsensor.net/newcar/cafmc.php?STID=CS110610&CARC=TO_S122&FMCC=TO_S122_F002)
(http://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/PRIUS/index.html)
(http://toyota.jp/prius/grade/grade/index.html)
などを見まして、
「Gツーリングセレクション」というものはありますが、「Gセレクション」というのはないようです...続きを読む

Q安くて軽量なホイール

軽量なホイールを探しています。

一般に軽量ホイールと言えば鍛造ですが、何分高価ですよね。
そこで思うのですが、鍛造というのは確かに「高剛性でかつ軽い」というのは分かりますが、鋳造でも容積の少ないものは、重量だけに着目すれば鍛造と同等以上に軽量と考えてよろしいのでしょうか。

別にサーキット走行なと極限の酷使をするわけではないので、究極の高剛性は必要なく、単に軽量化によって乗り心地、走りの軽快さ、燃費の向上が図りたいと思っています。

例えば、以下の鋳造1ピースホイールなら、安くても質が良さそうだなと思っているのですが、これらの物は、こと重量に関しては鍛造の物と比較して劣らないと考えてよろしいでしょうか?
(同サイズのBBS鍛造だと価格が4~5倍です。)

レイズ グラムライツ57G
http://www.rayswheels.co.jp/2009/products/wheel.php?code=GL_57G
エンケイ レーシング RS-M
http://www.enkei.co.jp/jp/products/wheels/rs+m/outline/index.htm
PIAA モトリスモ
http://www.piaa.co.jp/wheel/piaa-web07/moto.html
ウェッズスポーツSA70
http://www.weds.co.jp/products/wedssport/sa70.html#ch_wheel
WORK エモーション CR-Kai
http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=7&Item_id=47

軽量なホイールを探しています。

一般に軽量ホイールと言えば鍛造ですが、何分高価ですよね。
そこで思うのですが、鍛造というのは確かに「高剛性でかつ軽い」というのは分かりますが、鋳造でも容積の少ないものは、重量だけに着目すれば鍛造と同等以上に軽量と考えてよろしいのでしょうか。

別にサーキット走行なと極限の酷使をするわけではないので、究極の高剛性は必要なく、単に軽量化によって乗り心地、走りの軽快さ、燃費の向上が図りたいと思っています。

例えば、以下の鋳造1ピースホイールなら...続きを読む

Aベストアンサー

安価で軽量というとスチール製なんですが(苦笑)

一例としてこんなの
http://www.honda.co.jp/customer/faq-auto/models/fit/wheelweight/index.html

やはり軽量、ということでしたら素直に高価なものになります。(苦笑)

Qマックガードを超える最強のロックナットは?

先週、愛車を盗まれてしまい、奇跡的に昨日見つかったのですが、代わりにタイヤが無くなっていました。

結構いいホイールを履いていたので、盗まれないようにマックガードで武装していたのですが、見事に破られてしまいました。
盗難防止のロックナットとしては最強だと思っていただけに、非常に残念でなりません。

タイヤ盗難防止をロックナットだけに頼るのがそもそも間違いだとは思うのですが、(車自体盗まれてるし(^^;)
あのマックガードを超えるロックナットは無いのでしょうか?

他にも「自分もマックガードで盗まれた!」という人がいれば、ご意見お願いします。

Aベストアンサー

特殊工具でなくても一般的な「ある」工具を使えば
ロックナットは外せてしまうのが現実です。
これはマックガードであっても例外ではないです。
なので「完璧」なロックナットという物はありません。
なので 今回のように車ごと持っていかれた場合はどうにでも出来てしまいますね。

聞いた話では最近はホイール含めた車上荒らし目的で
車ごと持っていく事も増えてるようです。
高額ホイール装着の場合はセキュリティシステムやハンドルロックなどの
ロックナット以外の防犯設備も必要かもしれませんね。

Qセンターハブ径があわない?

欲しい中古のアルミのサイズで
純正アルミとサイズぴったりなのですが
唯一センターハブ径が純正56(センチ?)にたいして
72なのです。小さくてはまらないより
ぶかぶかでもはまるからいいかとか思うのですが
聞くと、ちゃんとセンターがでないから
がくがくした乗り心地になるとか言う人もいます。

ほんとのところどうでしょう、56にたいしての
許容量はどのくらいまでなのでしょう。
その数字によっては今ほしいアルミをあきらめようかとも思っています。(振込寸前)

Aベストアンサー

No.7 No.10 です。

現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。


質問の「小さくてはまらないより」より:
たしかに、車側のセンターハブよりホイール側のセンターボアが小さいですと物理的に取り付けられませんが、大きい分にはなんら問題はありません。車によってはハブに出っ張りなんて無い車(ボルトしかない)だって有る位です。
国産車であれば、わざわざセンターボアの合うホイールを探してくる必要もありません。ホイール側の方が大きければそれで良しです。
センターボアの合うホイールなんて、純正ホイール(スズキスポーツ含む)しかありません。(超例外的に、市販品で専用設計が有る場合はありますが。)


「ちゃんとセンターがでないからがくがくした乗り心地になるとか言う人もいます」について:
たしかにそういう人はいますが、変なボルトの締め方をしなければがくがくはしません。ショップでインパクトレンチ(プシュンババババと音がするボルト締め付け工具)で締め付けられたときには特に要注意です。あとで自分でジャッキアップしていったん緩めてから、下記 No.10 のやり方でやり直しておいて下さい。
「ハブリングは絶対に必要だ!」と言う人がたしかにいますが、べつに私はその意見に反論は致しませんが、たいていの場合はハブリング無くても何の問題も無いことがほとんどです。
ホイールを取り付けるときに、ほんの少し時間をかけて丁寧に取り付ければ、ハブリングがあるのと同じ位の精度で取り付けできます。


「ほんとのところどうでしょう、56にたいしての許容量はどのくらいまでなのでしょう」について:
56より大きければ何でも大丈夫です。
ニュースイフトのセンターハブのサイズはまだ分かりませんが、仮に56ミリだとして、ホイール側ボアが57ミリもあれば、67ミリでもそれ以上でももう変わらないでしょう。変わらないので、何を選んでも大丈夫です。
“許容量”の意味が、“センターハブボアを合わせる事による恩恵”でしたら、純正と全く同じサイズのセンターボアだけです。
ところで、現在、純正のホイールとセンターハブとは、前輪後輪とも、すき間無くぴったりくっ付いていますか?


ハブとボアのサイズをあわせるメリット:
タイヤホイールを車体に取り付ける作業が少し楽になります。
ラリーにでも出場するのでしたら、合わせた方が合わせないよりはよいです。ジャンプして接地したときなどにボルトが折れるリスクを減らせます。


ハブリング購入にあたって。
もしハブリングを購入される場合は、ハブリングの外寸はホイールセンターボア内にぴったりすき間無く入り、ハブリング内寸は車側センターハブにぴったりすき間無くはまるようでなければ全く意味がありません。前輪と後輪とではセンターハブにサイズ違いがある場合もありますため、お気を付け下さい。


ハブリングの問題点:
No.8様がご説明下さっております。そのほかには、
ハブは鉄製なのですが、これが錆びてハブにハブリングががちがちに張り付いてしまうことがあります。こうなるとパンクの時スペアタイヤが付けられなくなりどうにもならなくなります。
ホイールに付けたら二度と取れないタイプのハブリングもありますが、せっかくのホイールを別の車につけようとしたらハブリングが邪魔で付かなかったなんてことになります。


以上のことから、今回のhololon様のご質問の答えは、「お車のセンターハブより大きいボアのものであればなんでも良い。」です。
ハブリングのことは忘れてしまってよいと思います。
万が一、購入された中古のホイールがぐらぐらしましたら、真っ先にハブリングを疑うことはしないで下さい。中古の場合、キズが全く無くてもホイールの歪みや変形がある場合があり、それが原因でぐらぐらすることの方が可能性としてはずっと高いです。


最後に、No.10 のところの(1)の「ナットを1ミリ位ずつ緩め」の1ミリは、指でナットをほんのわずか緩めると言う意味です。角度にして6゜位です。ぐるり288゜も左に回して緩めないで下さい。
No.10 に記載しました通りに取り付けて下さい。


もし、ボルトが折れることが心配でしたら、トルクレンチをご購入されてはいかがでしょうか。4本のボルトが均等に適正トルクで締め付けられていませんと、ボルト一本だけに無理な力が掛かり続け、折れてしまうことがあります。

No.7 No.10 です。

現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。


質問の「小さくてはまらないより」より:
た...続きを読む

Q純正から社外に変更(ホイールナットも変更?)

今回トヨタ純正15インチアルミから社外17インチアルミに変更したのですが、社外に変えた場合はナットを変えないといけないのですか?
メーカーはトヨタで、ホイールはセンターキャップがついています。
貫通式がいいんでしょうか?
検索してみたらM1.5とかHEX21とか60度ペーパー?とかいろいろ調べてみたのですがいまいちわかりませんでしたので質問させてもらいました。

またローダウンするとオフセットが分かるときいたのですが、これの意味がわかりません。
ローダウンというのは車高が低くなることですよね。
オフセットってのは-になればなるほど外側に出て、+になればなるほど内側に入っていくってことですよね?
車高ってのは言ってみれば上下、ホイールが内側か外側(左右)に移動するオフセットは関係ないような気がするんです。
言葉で説明するのは難しいですが・・・・・・・。

Aベストアンサー

ナットについて。
ホイルによって適合するナットが異なります。車種もホイルも不明ですが標準のままあう場合もあわない場合もあります。
トヨタ車はいける可能性もあります。特にホンダの標準ナットは特殊なので社外品とはあいません。この場合スペアタイヤ用にナットを1セットもっていないとスペアタイヤが役に立ちません。

サスペンションの形式にもよりますが、一般的にサスペンションが沈むとタイヤ(ホイル)は内側に入ります。
ローダウン=サスペンションが縮んだ状態なのでノーマル車高よりもタイヤが内側に入る訳です。
これはタイヤが実際にはサスペンションの支点を中心に円周上を上下するからです。
そこではみ出さないようにあるいは内側に干渉しないように正しいオフセットのホイルを選ぶわけです。正確にはオフセットが変わるのではなく変えるんです。
また同じオフセット量でもホイルの幅によって装着したときのホイルの位置は変わります。

ですがサスペンションの形式によっては変化しない場合や両方のタイヤが同じ方向にずれる場合等があります。


人気Q&Aランキング