干支ごとに以下のようにそれぞれ守り本尊がいるというのは事実として知っているのですが、これはどういう時代過程で成立したのでしょうか?仏教それも密教的な要素が強いのでしょうし、十二支が方角をあらわしている事まではなんとなくイメージできるのですが、その方角にどうしてそれぞれの観音や菩薩が対応させられているのかが良く分かりません。平易な解説本があったらお教え下さい。

子  千手観音
丑寅 虚空蔵菩薩
卯  文殊菩薩
辰巳 普賢菩薩
午  勢至菩薩
未申 大日如来
酉  不動明王
戌亥 阿弥陀如来

あと、昔うちのばあさんは、何日はお不動様で、何日は大日様といった感じで、お参りする日が決まっていたような
気がするのですが、それぞれの対応日付ってご存知の方
いらっしゃいましたらお教え下さいませ。
また、どうしてそうなったのかもできればご教授下さい。

A 回答 (2件)

一代守り本尊がどのように選定されたかの由来は、いまのところ不明です。

仏教以外にも陰陽道、修験道、神道、各種の民間信仰が混在して現在の形になったのでしょうか。(戌亥の阿弥陀如来は八幡大菩薩となる場合もあります。これは阿弥陀と八幡が同体と信仰されたからです)
俗説ですが、不動明王の後背の炎を「迦楼羅炎(かるらえん)」といい、その炎は、カルラ(<ガルーダ・Garu・da>インド神話の鳥の王、またはその種族で竜を餌とする。仏教守護の鬼神のひとつ。漢名、金翅鳥<こんじちょう>)の羽のように立ち上る姿をしているので、そこから酉に配当されたといわれています。

後者の質問ですが、それは、五代のころより支那の寺院で用いられた「三十日秘仏(三十日仏とも)」に由来するもので、1日/定光仏…30日/釈迦如来と配当されます。日本には禅宗とともに伝来し、多くの宗派でも過去帳にその日の仏名を記入したり、縁日(もとは仏と縁を結ぶのに、より功徳のある日の意味)の起源になりました。ただし、この日と仏の配当の根拠も不明です。
三十日秘仏は下のURLをご参照下さい。

参考URL:http://i-otter.hp.infoseek.co.jp/hon/30.html
    • good
    • 0

 あなたの質問にある守り本尊を調べましたところ、よくわかりませんでした(笑)。

この守り本尊は、あなたのおばあさまが知ってらしたものだったのでしょうか。宗派によって、あなたの質問にある八尊や、十二尊があるのでお教えいただけないでしょうか。
 確証は無く、俗説なのですが一つ。酉に位置する不動明王は、鳥(ツバメ)を使役することから、酉を守護するようです。一部の不動明王像の後ろにある炎にツバメが彫られているものがあります。不動明王を祭っていて、鶏肉を食べないかたもいます。
 次に神様の日は、
毎月
   10日  稲荷
   18日  聖観音
   21日  弘法大師
   22日  如倫?観音
   28日  不動明王
12月12日  山ノ神(神社によって多少異なる)
です。こんなものでよろしいでしょうか。またなにかわかり次第、連絡する予定です。ではお元気で。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXXXの由来

手紙の終わりにXXXと書いて「キス」って意味なんですよね?
(参照:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=241555)
楠本まきの漫画で知ったんですけど。
どうしてキスがXXXになるんでしょうか?
なにかエピソードがあるんですか?
この由来が気になるので教えてください。

Aベストアンサー

ちょっとわかりにくかったとおもいますので追加です。

>と<がくっついた形が×ですよね?
>が男性の横顔、<が女性の横顔で(逆でもいいですが)
それが合わさってキスです。

三つ並べるのは愛の証ですね。
特に数は決まっていません。

Q関西で虚空蔵菩薩と大日如来がいるお寺

関西で虚空蔵菩薩と大日如来、両方見れる真言宗系のお寺を教えてください。
できれば大阪にあると嬉しいんだけど・・。

Aベストアンサー

京都の東寺さんは如何ですか。

大日如来は講堂の立体曼荼羅のご本尊ですし、境内にある観智院には五大虚空蔵菩薩が安置されています。

ただ、観智院はふだん公開されておらず、期間限定の公開のようですし、講堂の立体曼荼羅も中に入って間近に見られなかったような……(東寺さんにお参りしたのはもうずいぶん前なので、どういう拝観方法だったか失念しました)。

あまりドンピシャな回答にはなっていないかもしれませんが、ご参考までに。

http://www.toji.or.jp/
http://www.toji.or.jp/mandala.shtml
http://www.toji.or.jp/kanchiin.shtml

Q楠本まき選集?(Kの葬列)のあとがきについて

楠本まき選集?(Kの葬列)のあとがきについて

あとがきで2ページ目の「その理由は各タイトルの頭文字にある」とありますがどういう意味でしょうか
教えてください

Aベストアンサー

選集の方は読んだ事がないのですが、「Kの葬列」全二巻のコミックスが手元にあったので確認してみました。

1巻はエピソード?(本編以前)となる外伝「螺旋」と、本編「Kの葬列」のみで、Kの葬列の各話もChapter1,2…としか区切られておらずタイトルに関連らしきものは全く無いのですが、
2巻は続く本編と共に幾つか載っている、連作外伝?のタイトルがそれぞれ「Gの昇天」「utero」「intro.」「l (エル)」となっており、更に目次ページで横に書かれた各話タイトルの頭文字の下に補完するように縦で「ty…?」と描かれていました。

「Guilty…?」、つまり有罪(あるいは純粋にタイトルに使われているアルファベットだけを汲み取るならeを足してGuile(ずるい、悪知恵))?と表現しているようです。

Q釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来

如来というのは仏のことですよね。
仏教を開いたのはお釈迦様(ゴータマシッダルタ)と聞いていますが、
その人物が釈迦如来ですか?
釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来は別人ですよね。
しかし同じ境地に達した人なのでしょうか?
時代的に言うと3人の前後関係はどうなっているのでしょう?
お釈迦様が仏教を開いたのに、3人は同格なのでしょうか?
お釈迦様は仏教で最高位ではないのですか?

これらのことについて全くわからず、少し調べてみたのですが難しくてよくわかりません。
わかりやすく教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

ANo.1です。

>ということは、観音様や~菩薩というのも実在した人物というわけではないのでしょうか?

そうですね。実在した「菩薩」は、修行時代のお釈迦さまだけで、観音菩薩も地蔵菩薩も、実在の人物ではありません。
「行基菩薩」など、実在の高僧が“生き神様”みたいな意味で、「~菩薩」と呼ばれたりすることはありますが、お寺などで「○○菩薩」としてお像が祀られているような菩薩、経典に書かれているような菩薩は、皆フィクションです。

観音菩薩を初め菩薩方は、薬師如来や阿弥陀如来よりも、さらに我々衆生に近い存在として描かれています。
お悟りを開かれた最高の存在である仏さまよりは、まだ修行中の身である菩薩さまの方が、衆生に近い存在、親しみやすい存在ということです。
社長に直接お願いするよりは、営業の社員にお願いした方が、取引がスムーズにいく……こんな譬えをすると、また宗教家の方からは怒られるかもしれませんが、そういったイメージだと思います。

Q楠本まき先生の漫画「KISSxxx」でのウソとは?

楠本まき先生の漫画「KISSxxxx」を知人に借りて読んだことがあります。
確か3巻だったと思うのですが、作者からのコメントで「この巻に収録されている話の一つには『ウソ』があるため、その話全体を噂話という設定にした」とのコメントがありました。
噂話というからには、蟹ちゃんが坊主頭になった理由を綴ったエピソードのことだと思うのですが、どこが「ウソ」なのかさっぱりわかりません。
どなたかご存知でしたらお教え下さい。

Aベストアンサー

fireflyさん こんにちは。
「kissxxxx」いいですよね。

あまり確信はないのですが
二巻でかめのちゃんが
「前に見た時はもう少し髪の毛はえてたのに・・・」
っていってるのですが、その時点でかめのちゃんは
もう高校生なのです。
三巻の話では蟹ちゃんが坊主になったのは高校生のとき
ということになってますよね?
わたしはそこが「嘘」なんじゃないかなぁとおもってます。
どうでしょうか?

Q弥勒菩薩と弥勒観音の違い

弥勒菩薩と弥勒観音の違いを教えてください。

過去の投稿に”観音と観世音は一緒”とありましたが、
弥勒菩薩と弥勒観音も同じですか?

Aベストアンサー

1です(^^;
観音の正式名称が観世音菩薩だから、同じだとおもいます
↓では「同じ」と言う言葉が抜けていました<(_ _)>

Q楠本まき「kiss xxxx」2巻が1巻?

楠本まき「kiss xxxx」ですが、なぜストーリーが2巻から始まるのでしょうか?
随分前に友人に借りたとき、「2巻から読んでね」と言ってまとめて渡されたのですが、発売は1巻から順番にされていたのでしょうか。
雑誌連載時は突然ストーリーの途中から始まったということになるのでしょうか。
昨日、突然思い出したら気になって仕方なくなりました。
詳しい方是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

突然ストーリーの途中から始まったのだと思います(笑)
長期連載ではなく、はじめは短期連載の予定だったのではないでしょうか?なので、作者は描きたかったところから描いたのだと推測します。(カノンとかめのちゃんの出会いは作者の頭の中にはちゃんとあって)

人気が出て、長期連載が編集部から認可されて、『じゃぁ出会いから描こうか』となるのはそう珍しいことではないかと・・・。

それでもなければ、1巻の分は売れないだろうから、売れそうな2巻の分から売り出す。ファンがつけば1巻の分も出版する・・・といった大人の事情か・・・。

すべて推測です。

Qこの仏像は釈迦如来?阿弥陀如来?

写真の仏像は釈迦如来でしょうか、
それとも阿弥陀如来?
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法界定印を組んで、しかも袈裟に螺髪の一般的な如来像なので、釈迦如来と思われます
(胎蔵大日如来も法界定印ですが、通常の大日如来は宝冠をかぶり瓔珞などで装飾されているので、そこで区別されます。また造型される大日如来は、胎蔵大日如来よりも智拳印を結ぶ金剛界大日如来の方が多く作られます)

Q石油由来成分の入った化粧品が敬遠される理由。

アトピー性の乾燥肌です。

基礎化粧品を試すのも怖いくらいなのですが、それでもなんとか肌に合うものを見つけないとどうしようもないくらい乾燥してしまうのでいろいろ使ってきましたが、最近は高い化粧品に手を出すより、ワセリンがとってもいいなぁと思っています。

でも、ワセリンって石油由来なんですよね。
以前知人が石油由来を全否定していて、その時は「肌に悪いものなんだな」くらいに思っていたのですが、具体的に石油由来成分は何が悪いんでしょうか?

そもそも石油由来を敬遠する人は、天然由来を推してきますが、石油って天然資源ですよね?
自然の中にあるものなのに、天然由来と区別されるのは何故なんでしょうか。

確かに植物由来ではありませんが、「植物由来だから体(あるいは肌)にいい」と言う人のその根拠もよくわかりません。
植物でも毒になる物は沢山あるし、かぶれなど人体に害を与えるものも沢山ありますから。

でも、石油由来が敬遠される理由がそれなりにきちんとあるのであれば、今後の使用も考えていかなければならないと思います。
詳しい方がいましたら、回答をお願いします。

アトピー性の乾燥肌です。

基礎化粧品を試すのも怖いくらいなのですが、それでもなんとか肌に合うものを見つけないとどうしようもないくらい乾燥してしまうのでいろいろ使ってきましたが、最近は高い化粧品に手を出すより、ワセリンがとってもいいなぁと思っています。

でも、ワセリンって石油由来なんですよね。
以前知人が石油由来を全否定していて、その時は「肌に悪いものなんだな」くらいに思っていたのですが、具体的に石油由来成分は何が悪いんでしょうか?

そもそも石油由来を敬遠する人は、天然由来を...続きを読む

Aベストアンサー

joh35さん、こんばんは

このよう話題に関しては種々のご意見がありますので
あくまで私の一意見として受け取って頂ければと思います

それでは私見を言わせて頂きますと…

●いわゆる『石油由来』であっても安全性の高い原料(油剤・界面活性剤)は多く存在します
●その中でも,幾つかのメーカーのワセリンは原料としては最高レベルの安全性を持ちます
●過去の話ですが,精製技術がまだ未発達だった頃の『石油由来』原料の中には粗悪品が存在したのは事実です
●今では原料の安全性基準はかなり詳細に整備されています


『天然由来を推してきますが、石油って天然資源ですよね?
自然の中にあるものなのに、天然由来と区別されるのは何故なんでしょうか』
『「植物由来だから体(あるいは肌)にいい」と言う人のその根拠もよくわかりません。』

非常に鋭いご指摘だと思います

何が『天然由来』なのかは定義は科学的にはあいまいな部分も多いのが実情です

今、特に欧州の方で新しい自然由来原料の区分が提案されているような
そのような状況です

私の個人の印象では,何由来であろうが、合成だろうが関係なく
『安全性の高い原料は高い,低いものは低い』です

要注意な植物油もありますし、アトピーに適した天然油もある

一次刺激性の高い合成品もある一方、医薬品グレードの高い安全性を誇る合成品もあります

一見同じ成分でもメーカーによっても全然違いますし配合量によっても随分差が出ます

あまりに長くなってしまうのも焦点がぼやけてしまうので今回はこの辺りにしておきますが
joh35さんのご参考になれれば幸いです

そして、あなたのお肌が少しでもすこやかになる一助になれれば更に幸いです

joh35さん、こんばんは

このよう話題に関しては種々のご意見がありますので
あくまで私の一意見として受け取って頂ければと思います

それでは私見を言わせて頂きますと…

●いわゆる『石油由来』であっても安全性の高い原料(油剤・界面活性剤)は多く存在します
●その中でも,幾つかのメーカーのワセリンは原料としては最高レベルの安全性を持ちます
●過去の話ですが,精製技術がまだ未発達だった頃の『石油由来』原料の中には粗悪品が存在したのは事実です
●今では原料の安全性基準はかなり詳細に整備されてい...続きを読む

Qこの仏像は阿弥陀如来でしょうか?

写真の仏像は阿弥陀如来でしょうか?
両方の指で輪を二つ作っているのは阿弥陀如来と聞いたことがあります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 両方の指で輪を二つ作っているのは阿弥陀如来と聞いたことがあります。

その認識でよいようです(阿弥陀定印)。
http://www.ne.jp/asahi/koiwa/hakkei/bukkyou27-2.htm
(「印相(いんぞう)」の項に画像あり)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報