『星の王子さま』は色々な人による訳があると思いますが、
みなさんは誰の訳が好きですか?
私は内藤あろう、という方が訳したものが好きです。(岩波少年文庫)
というか、それしか読んだことありません。
小学5・6年以上、と書かれてますが(笑)
よければ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『星の王子さま』は2005年1月に著作権保護期間が終了してから、一気にいろんな翻訳版が出版されましたからね~。

質問者様さまはお読みのようですが、これから読もうかと言う人にとっては迷うところですね。

個人的には、やっぱり岩波書店の内藤濯訳のものが基本だと思ってます。
なにより、原題『Le Petit Prince』を『星の王子さま』とした訳は秀逸。

それ以外なら、
倉橋由美子訳『新訳 星の王子さま』(宝島社)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4796646957.h …

などはよかったと思います。
読みやすく、かつ、大人が読むにはピッタリのものになっていると思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
2005年に著作権保護期間が終了したのですね。
少し前に本屋さんで何冊かの違う訳者さんの星の王子さま
を見たのはそのためですね。

訳者あとがき、の文に
”この訳書のもとになっている一巻は、1946年、サン=テグジュペリの遺作として、パリのガマール社から、刊行されたものです。”
と書いてありますが、星の王子さまには他の巻もあるのでしょうか。
もし、ご存知でしたら教えて下さい。

て、自分で調べろよ、て叱られそうですね(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/16 21:15

池澤訳とか新潮の訳を読みましたが、


やっぱり内藤濯の訳が好きです。

内藤濯の訳は読みづらい、と言う人がいますが、彼の言葉選びには度肝を抜かれます。
原文を読んだのですが、私には内藤濯の様に美しく訳すことは全く出来ないです。

語学力+国語力なのですよ。「小さな王子」ではなく「星の王子さま」という訳自体が素晴らしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
そうですか。
気になるのは私が読んでいるものが一般的なものなのか、
ということですが…。
星の王子さま、と訳したのはこの方なのですね。
素敵ですね。

お礼日時:2007/05/16 21:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇治拾遺物語の岩波文庫と角川文庫の収録数の違い

宇治拾遺物語の岩波文庫と角川文庫の収録数の違い

当方古典文学を読むのが好きな主婦です。買うのは電車の中でも読める文庫文が中心です。

宇治拾遺物語の角川ソフィア文庫版を所有しており何度か読み直しています。
同じ宇治拾遺物語の岩波文庫版に興味があるのですが、絶版のため買うとすればインターネットを利用することになります。

手にとって見られないので、岩波版と角川版、両方の内容をご存知の方に伺いたいです。

角川版は1冊で196話収録されていますが、岩波版は上下巻2冊ありますが収録数はもっと多いのでしょうか?

Aベストアンサー

「お礼」、ありがとうございました。

「岩波文庫 下巻」を見付けました。私の予想に反して、説話の数が異なっていました。全部で197話です。角川文庫本の巻第11の3の「晴明ヲ心見ル僧ノ事、付晴明殺蛙事」(レ点省略)の付話が、「晴明かへるを殺事」として岩波文庫本では独立した一話となっています。そのため説話の数が一つ増えて197話になっています。ですから内容の点からすれば、両者は同じと言ってもよいと思います(細かな字句に相違は、底本が違うので、ありますが)。

(今まで、『宇治拾遺物語』を何度か読み直している、という方に会ったことがありません。私も何度か読み返しています。いわゆる説話物語の中で、最も文章が優れていると思っています。「同好の仲間」に出会ったような気がして、余計なことも書いてしまいました。)

Q星の王子さま

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ『星の王子さま』の 原作の日本での著作権保護期間が2005年に満了しています。作者自身による挿絵も著作権がきれていますか。数社から新訳が色々発表されていますが、これらの本にもオリジナルの挿絵が掲載されているのでしょうか。

Aベストアンサー

ども、No.2です

>サン=テグジュペリ権利継承者から原版を提供され、複製され

この継承者とは、ダゲイ家のことですが、要するに一手販売していて、だれにでも売る、というちょっと、な人たちなんですよ。母親からの遺産相続者であるガブリエル死去の年に財団を作って商標権を登録し、世界中に売りさばいているのです。あと、日本ではセラムと言う会社がここと結託していまして、星の王子さま関連グッズはここを通さなければ、それこそサン・テグジュペリが乗っていた飛行機の模型すら、日本では作れません。

そういった背景があることをご承知の上で、いろいろ探されていくのがいいと思います。

Q「岩波文庫」

特にジャンルは問いません。今まで読んだ「岩波“文庫”」の中でオススメがありましたらお教え願います。

 求めている岩波文庫のタイトルが近隣の図書館に置いていない場合、安く簡単に手に入れられる方法もご存じでしたら、併せてお教え願います。

Aベストアンサー

こんにちは!みなさん熱いですね。うれしい。「(^^「)
森の生活 ろうそくの科学、アイヌ紳謡集....読みました。どれも好きな本です。
つけくわえるに
ルソーの「孤独な散歩者の夢想」
ニーチェの「善悪の彼岸」
何とか自分を世のために生かそうと全身で思索するお二人です。
形をとどめずに栄養になってくれた本です(涙)
「梁塵秘抄」全部は読んでいないけれどとてもいいフレーズがあります。
シュバイツアー博士「水と原生林のはざまで」ジェーン・グドール博士とイメージが重なる。
最後に世捨て人に拍車がかかり過ぎないように、
新書で絶版になっていた松田道雄さんの本が文庫で復刻されていて感激しました。
「育児の百科」
こちらは現世に戻って来たいときにお勧めです。

(もし岩波文庫の本じゃない物が混ざっていたら、ごめんなさい。)

Q岩波文庫の絶版本

絶版になった 岩波文庫 関根 正雄 訳 「イザヤ書」上 下を探しています。
岩波書店のHPから検索すると1961年3月に発行されているようですがここ10年くらい古本屋を探し回ったりネットで古本屋さんなどを探していますが在庫切れ等で入手できません。
価格次第ですが できれば購入したいと思っています。
入手方法などアドバイスいただければ感謝です。

Aベストアンサー

#1です
よく読んだら、上下巻セットの販売価格のようです。失礼しました。

Q星の王子さま

ふと思い出して、疑問になってしまったので質問させてください。

サン=テグジュペリの「星の王子さま」を読まれた事のある方にお聞きしたいと思います。私のあの物語の印象は「ひたすら哀しい」「哀しいほどに美しい」なのですが、この印象は「一般的」なのでしょうか?

(勿論、「感想」が「一般的」か否か、を気にする必要等無いのですが、ふと「気になって」しまいました。)

私としては、「宮沢賢治」の作品と似通った印象なのです。
どうぞ、お気軽に感想をお聞かせください。

(お礼が遅くなるかも知れませんが、必ず致します)

Aベストアンサー

>私のあの物語の印象は「ひたすら哀しい」「哀しいほどに美しい」な>のですが、この印象は「一般的」なのでしょうか?
こうおっしゃるあなたは、星の王子様を大変深くお読みになりましたね。感心しました。
サン=テグジュペリは、この物語を通して「人を愛することはこういうことだ」と訴えたかったのだと思います。
人を愛することは、あなたの言葉を借りていえば「ひたすら哀しい」「哀しいほどに美しい」からであると思えるのです。

あなたの読後感想を一般的といってよろしいかどうかは別として、あなたがサン=テグジュペリの意図したことをきちんと理解しておられることの証だと私はそのように思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報