『星の王子さま』は色々な人による訳があると思いますが、
みなさんは誰の訳が好きですか?
私は内藤あろう、という方が訳したものが好きです。(岩波少年文庫)
というか、それしか読んだことありません。
小学5・6年以上、と書かれてますが(笑)
よければ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『星の王子さま』は2005年1月に著作権保護期間が終了してから、一気にいろんな翻訳版が出版されましたからね~。

質問者様さまはお読みのようですが、これから読もうかと言う人にとっては迷うところですね。

個人的には、やっぱり岩波書店の内藤濯訳のものが基本だと思ってます。
なにより、原題『Le Petit Prince』を『星の王子さま』とした訳は秀逸。

それ以外なら、
倉橋由美子訳『新訳 星の王子さま』(宝島社)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4796646957.h …

などはよかったと思います。
読みやすく、かつ、大人が読むにはピッタリのものになっていると思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
2005年に著作権保護期間が終了したのですね。
少し前に本屋さんで何冊かの違う訳者さんの星の王子さま
を見たのはそのためですね。

訳者あとがき、の文に
”この訳書のもとになっている一巻は、1946年、サン=テグジュペリの遺作として、パリのガマール社から、刊行されたものです。”
と書いてありますが、星の王子さまには他の巻もあるのでしょうか。
もし、ご存知でしたら教えて下さい。

て、自分で調べろよ、て叱られそうですね(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/16 21:15

池澤訳とか新潮の訳を読みましたが、


やっぱり内藤濯の訳が好きです。

内藤濯の訳は読みづらい、と言う人がいますが、彼の言葉選びには度肝を抜かれます。
原文を読んだのですが、私には内藤濯の様に美しく訳すことは全く出来ないです。

語学力+国語力なのですよ。「小さな王子」ではなく「星の王子さま」という訳自体が素晴らしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
そうですか。
気になるのは私が読んでいるものが一般的なものなのか、
ということですが…。
星の王子さま、と訳したのはこの方なのですね。
素敵ですね。

お礼日時:2007/05/16 21:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q~星の王子さま~について★

私は現在大学四年生の仏文科で、
「星の王子さまを通してサンテックスが伝えたかった事」
というのをテーマに卒論を製作しております。

星の王子さまを書くまでのサンテックスの過去を通して
本の内容の解釈を探したり、
星の王子さまの本の解釈を専門とした人の文献等を用いつつ
進めていきたいと考えているので、文献を集めています。

そこでお願いがあります。
もし少しでも何か参考になりそうな文献等を
知っている方がございましたら是非教えてください。
あと、アドバイス等があればよろしくお願いします。

卒論を星の王子さまで書いた方はいらっしゃいますか?
どのような視点やテーマで書いたのか教えてください。
他の方はどのようなテーマで書いたのかに興味があります。

Aベストアンサー

まず、参考になりそうな文献を探すのも卒論のうちだと思うので、具体的な書名はあげません。
私は国文学科卒なので門外漢でもありますし。

参考URLにあげたのは国立情報学研究所の「学術雑誌総合目録データベースWWW検索サービス」のページです。
「Webcatとは」でどんなことができるのか理解したら、フリーワードに「星の王子さま」などを入れてみましょう。

あと、ご自身の大学の図書館あるいは仏文科図書室などに過去の卒業生の卒論題目の載った冊子があると思います。最近は学内ネットで検索できるところも多いですので一度確認されたらどうでしょうか?
もちろん、今までに何人の方が「星の王子さま」に挑戦したのか定かではありませんが。

もう知っていらっしゃるかもしれませんが一応

↓ 日本フランス語フランス文学会のHP
http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjllf/

↓ 学術サイトのリンク集・アリアドネ
http://ariadne.jp/

あまりたくさん情報がありすぎても混乱してしまうと思いますが、健闘を祈ります。

参考URL:http://webcat.nii.ac.jp/

まず、参考になりそうな文献を探すのも卒論のうちだと思うので、具体的な書名はあげません。
私は国文学科卒なので門外漢でもありますし。

参考URLにあげたのは国立情報学研究所の「学術雑誌総合目録データベースWWW検索サービス」のページです。
「Webcatとは」でどんなことができるのか理解したら、フリーワードに「星の王子さま」などを入れてみましょう。

あと、ご自身の大学の図書館あるいは仏文科図書室などに過去の卒業生の卒論題目の載った冊子があると思います。最近は学内ネットで...続きを読む

Q宇治拾遺物語の岩波文庫と角川文庫の収録数の違い

宇治拾遺物語の岩波文庫と角川文庫の収録数の違い

当方古典文学を読むのが好きな主婦です。買うのは電車の中でも読める文庫文が中心です。

宇治拾遺物語の角川ソフィア文庫版を所有しており何度か読み直しています。
同じ宇治拾遺物語の岩波文庫版に興味があるのですが、絶版のため買うとすればインターネットを利用することになります。

手にとって見られないので、岩波版と角川版、両方の内容をご存知の方に伺いたいです。

角川版は1冊で196話収録されていますが、岩波版は上下巻2冊ありますが収録数はもっと多いのでしょうか?

Aベストアンサー

「お礼」、ありがとうございました。

「岩波文庫 下巻」を見付けました。私の予想に反して、説話の数が異なっていました。全部で197話です。角川文庫本の巻第11の3の「晴明ヲ心見ル僧ノ事、付晴明殺蛙事」(レ点省略)の付話が、「晴明かへるを殺事」として岩波文庫本では独立した一話となっています。そのため説話の数が一つ増えて197話になっています。ですから内容の点からすれば、両者は同じと言ってもよいと思います(細かな字句に相違は、底本が違うので、ありますが)。

(今まで、『宇治拾遺物語』を何度か読み直している、という方に会ったことがありません。私も何度か読み返しています。いわゆる説話物語の中で、最も文章が優れていると思っています。「同好の仲間」に出会ったような気がして、余計なことも書いてしまいました。)

Qサンテグジュペリ作「星の王子さま」

最近、この「星の王子さま」の翻訳者が内藤濯さんから他の人に変わった(変わる?)らしいのですが、
その他の人が翻訳した「星の王子さま」は既に売られているのでしょうか?
この質問をする前に検索して調べたら既に売られている感じなのですがどれだかよく分かりません。
おそらく「新訳」と書かれているモノだと思うのですが。
そしてその「新訳」には三つあるらしいのですが、よく分からないので教えて頂けないでしょうか?
あと、その三つの中からお薦めの本も教えて欲しいです。
*分かり辛い質問だと思いますが、要は翻訳者が内藤濯さんから他の人に変わった(変わる?)「星の王子さま」について教えて欲しい、と言うモノです。
大学のある教授からこの事を少し前に聞いて買いたいと思いました。
お願い致します。

Aベストアンサー

"版権"という言葉が使われているので分かりにくくなっているようですが、切れたのは原作の著作権です(2005年1月22日に切れたそうです)。

※ 版権とは、ある著作物に対して出版社が占有的に出版する権利で、一般的に言う著作権の中の一種類です。出版社と著作者が契約をしなければ、出版社が独占的に版権を持つことはありません。
※ 今回は、岩波書店が著作権者と独占的な翻訳契約を結んでいたそうなので、確かに「版権」と称してもいいのですけれど。

日本では、著作権は、原作者の死後50年(日本が第二次世界大戦に戦った連合国のものなら戦時加算で10年プラス)で切れます。そうなると、著作者やその遺族などの著作権者に出版物の出版許諾をとらなくても、著作物を自由に扱うことが出来るようになります。

著作権には、翻訳についても規定があり、著作権者(原作者とその遺族)の承諾がなければ、勝手に翻訳したり出版したりすることが禁じられています。
今回、その著作権が切れたので、著作物使用許諾をとらなくても本を出版できるようになったため、何社も名乗りを挙げて出版しようとしているのです。

ちなみに、二次的著作物である翻訳物に対しても著作権は派生します。まだ内藤濯さんの翻訳物に対する著作権は切れていませんので、勝手に内藤濯さんの訳のままでは出版できません。そのため、新訳が出ているのです。

また、今まで「星の王子さま」の著作物使用許諾を独占してきた岩波書店と内藤濯さんの遺族側は、「星の王子さま」という内藤濯さんの意訳(原作に忠実に訳したら「小さな王子」なのだそうです)に対して著作権が派生するので、他社や他の翻訳家が安易にその題名を使うことを批判する意見を出しています。
一般的に題名には著作権が生じないとされてはいますが、それが独自性を認められると、可能性がないわけでもなく、今後の行方が見守られているようです。

※出版社によっては、内藤濯さん側の意を汲んで、別の題名をつける所もあれば、あとがきなどで、邦題を考えた内藤濯さんを紹介することでしのいでいるところもあります。
※「星の王子さま」自体の登録商標は、実は株式会社セラム(下で紹介している星の王子さま公式サイトの運営者)が持っているので、話が少し複雑になるかも。

No1で紹介した以外にも、次の新訳の予定があるようです。

「?」川上勉 訳/グラフ社  ※発売日・題名など未定
 新潮社・角川文庫 ※検討中 訳者・発売日・題名など未定

こんなサイトもあります。

↓みんなで訳そう! インターネット版「新訳・星の王子さま」
http://www.tbs.co.jp/lepetitprince/

↓新訳 ☆お勧め度☆ ランキング
http://www.lepetitprince.net/sub_shoshineuv/neuvLPPranking.html
※星の王子さま総覧 http://www.lepetitprince.net/frameset.html より

↓星の王子さま公式ホームページ
http://www.lepetitprince.co.jp/

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1587476

"版権"という言葉が使われているので分かりにくくなっているようですが、切れたのは原作の著作権です(2005年1月22日に切れたそうです)。

※ 版権とは、ある著作物に対して出版社が占有的に出版する権利で、一般的に言う著作権の中の一種類です。出版社と著作者が契約をしなければ、出版社が独占的に版権を持つことはありません。
※ 今回は、岩波書店が著作権者と独占的な翻訳契約を結んでいたそうなので、確かに「版権」と称してもいいのですけれど。

日本では、著作権は、原作者の死後50年(日本が第二次...続きを読む

Q「岩波文庫」

特にジャンルは問いません。今まで読んだ「岩波“文庫”」の中でオススメがありましたらお教え願います。

 求めている岩波文庫のタイトルが近隣の図書館に置いていない場合、安く簡単に手に入れられる方法もご存じでしたら、併せてお教え願います。

Aベストアンサー

こんにちは!みなさん熱いですね。うれしい。「(^^「)
森の生活 ろうそくの科学、アイヌ紳謡集....読みました。どれも好きな本です。
つけくわえるに
ルソーの「孤独な散歩者の夢想」
ニーチェの「善悪の彼岸」
何とか自分を世のために生かそうと全身で思索するお二人です。
形をとどめずに栄養になってくれた本です(涙)
「梁塵秘抄」全部は読んでいないけれどとてもいいフレーズがあります。
シュバイツアー博士「水と原生林のはざまで」ジェーン・グドール博士とイメージが重なる。
最後に世捨て人に拍車がかかり過ぎないように、
新書で絶版になっていた松田道雄さんの本が文庫で復刻されていて感激しました。
「育児の百科」
こちらは現世に戻って来たいときにお勧めです。

(もし岩波文庫の本じゃない物が混ざっていたら、ごめんなさい。)

Q「不思議の国のアリス」と「星の王子さま」どっちが好き?

「不思議の国のアリス」と「星の王子さま」どっちが好き?

どちらも私は大好きなお話なんですが、
私はやはり「不思議の国のアリス」です。
傑作です。
「アリス・イン・ワンダーランド」も観たいです。

でも友達は、「星の王子さまは奥が深いけど
不思議の国のアリスは奥が深くない」と言います。

そんなのはどっちでもいいんです。

みなさんはどうですか?

Aベストアンサー

こんばんは

星の王子様よりアリスが好きです

小さい頃 岩波少年少女文庫で「不思議の国のアリス」を読んで

アリスが大好きになりました

あの物語の中で次に好きなのは チェシャ猫です

ニヤニヤ笑いだけが残っているのが何とも言えません

本の中に書かれている挿絵も大好きです

「アリス・イン・ワンダーランド」はまだ観ていないんです

が 絶対に観なくちゃ と思っています

Q岩波文庫の絶版本

絶版になった 岩波文庫 関根 正雄 訳 「イザヤ書」上 下を探しています。
岩波書店のHPから検索すると1961年3月に発行されているようですがここ10年くらい古本屋を探し回ったりネットで古本屋さんなどを探していますが在庫切れ等で入手できません。
価格次第ですが できれば購入したいと思っています。
入手方法などアドバイスいただければ感謝です。

Aベストアンサー

#1です
よく読んだら、上下巻セットの販売価格のようです。失礼しました。

Q「星の王子さま」の感想文は

サン・テグジュペリの「星の王子さま」の感想文には、
「ヘビに噛まれてかわいそう」と書けばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

宿題であればご自分でやってほしいと思います。
ただ、蛇に噛まれてかわいそうでは、残念なので、もう一度読んでみましょう。
ヒントをあげます。

★王子さまにとって薔薇は、世界に1つしかないものでしょうか、あるいは、たくさんある薔薇の1つにすぎないものでしょうか。その違いはどこから出てくるのでしょうか。

★蛇は、冒頭も実は蛇ではじまってますね(この点を書けば、先生はびっくりして、いい答だと思いますよ)。そして、最後も蛇。この最初と最後の蛇の話しは、どのようにつながっているでしょうか。

★この本を読むと、命よりも大切なものが書かれています。あなたは、そのことについてどう思いますか。

★なぜ、ランプをつける仕事を王子様は気に入ったのでしょうか。地理学者とか、数学者とかにどんな問題を王子様は感じたのでしょうか。

★3つの穴のあいた箱で王子様は満足します。どうしてでしょうか。

他にもいろいろ考える視点があります。自分がこの物語で感じたことを書くのが感想文です。がんばって下さい。

Q星の王子さま

ふと思い出して、疑問になってしまったので質問させてください。

サン=テグジュペリの「星の王子さま」を読まれた事のある方にお聞きしたいと思います。私のあの物語の印象は「ひたすら哀しい」「哀しいほどに美しい」なのですが、この印象は「一般的」なのでしょうか?

(勿論、「感想」が「一般的」か否か、を気にする必要等無いのですが、ふと「気になって」しまいました。)

私としては、「宮沢賢治」の作品と似通った印象なのです。
どうぞ、お気軽に感想をお聞かせください。

(お礼が遅くなるかも知れませんが、必ず致します)

Aベストアンサー

>私のあの物語の印象は「ひたすら哀しい」「哀しいほどに美しい」な>のですが、この印象は「一般的」なのでしょうか?
こうおっしゃるあなたは、星の王子様を大変深くお読みになりましたね。感心しました。
サン=テグジュペリは、この物語を通して「人を愛することはこういうことだ」と訴えたかったのだと思います。
人を愛することは、あなたの言葉を借りていえば「ひたすら哀しい」「哀しいほどに美しい」からであると思えるのです。

あなたの読後感想を一般的といってよろしいかどうかは別として、あなたがサン=テグジュペリの意図したことをきちんと理解しておられることの証だと私はそのように思います。

Q幸福の王子 星の王子さま 他にも♪

「幸福の王子」や「星の王子さま」が好きなのですが、このような海外文学を他にも教えてください。上記二つのように、なるべく皆に知られているものであると幸いです。

Aベストアンサー

『王子と乞食』マーク・トウェイン
『眠りの森の王子』テレンス・ラチガン
『白鳥の王子』グリム/アンデルセン
『ロバの王子』グリム
『カエルになった王子』グリム

参考URL:http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/sougou.htm#%83W%83%83%81[%83^%83J%95%A8%8C%EA

Q星の王子様の名前は?

星の王子様の名前はなんというのでしょうか?
よろしく。

Aベストアンサー

私はアニメの「星の王子様 プチ・プランス」が大好きで
小さい頃からビデオをよく見ているのですが、物語の中では

おうじさま「僕、星の王子様って言うんだ」
おじさん「はっはっは、それは良い名だ!」

などと会話しております。
アニメの王子様は手紙ってなあに?犬って今の動物?
などおまぬけさんなので…。
小さな頃から王子様と呼ばれているので名前と
勘違いしているのかなあ…などと私は勝手に思っておりますよ(笑)

名前は有るのでしょうかねえ…。


人気Q&Aランキング