プロが教えるわが家の防犯対策術!

タミヤのTT-01を持っています。ヨコモのドリフトタイヤを付けています。ドリフトすると、変にオーバーステアなんです。たぶん・・・ デフギアの、せいだとおもいます。まだ、ノーマルデフギアなので、ヨコモの、デフをつけたいのですが、TT-01にはまりますか?。  あと、どのデフがおすすめですか。フロントと、リア両方おねがいします。なるべくきっかけが作りやすくて、アウトインアウトで、ドリフトできるようなデフがいいです。

A 回答 (2件)

これから知識を身に付けていく段階ですね^^



まずはじめに、タミヤ製品(タミヤに限らず)に他社製部品は装着できません。
サードパーティで「タミヤ○△用」と標記されるような部品は別ですが、偶然の寸法一致等の例外を除き、装着できません。

TT01には純正オプションがあり、今回のような症状を改善するには・・・
前デフ:フロントワンウェイユニット
後デフ:ボールデフ
この組み合わせが一般的な(教科書通りの)選択となります。

ただし!
これら部品に頼るのはまだ早く、現状では別の問題が潜んでいるように感じます。
以下に当てはまる覚えはありませんか?

1.モータを高出力の物に交換している
2.コーナリング中もアクセル全開
3.コーナーの進入速度が速すぎる

ドリフトはバランスです。
路面状況とタイヤグリップの相性によって、その速度域(モータ出力)は変わります。
一番にタイヤを決めてモータを選ぶか、モータを決めてタイヤを選ぶか、その路面におけるバランスを見つけましょう。
またドリフト中には、丁寧なスロットルワークが必要です。車体の向き・速度・ステアリング角・スライド量・コーナ出口などに注意を払い、それらの総合的状況の中での最適なアクセル開度を常に意識して保たなければなりません。今回の場合を簡潔に言うと、単に『握り過ぎ』なのではないでしょうか?
握り過ぎは、誰もが経験するものであり、特別に恥ずかしい行為ではありません。これを早い段階で克服できれば、間違いなく今後のテクニックは飛躍的に上達することでしょう。
個人的主観ですが、ドリフトにおけるオーバーステアは、理想的なものだと考えます。当然、個々のドライビングの癖があり、味付けも違って良いのですが、オーバーステア好きな私にとっては正直少し羨ましく感じたりします^^;


現段階で最も必要なのは、練習(走り込み)と基礎知識だと感じます。
次いで、タイヤ・モータの路面との相性検証、デフは二の次・三の次です。

最近のドリフトブームの中で、知識・操縦テクニック・セッティング技術がないのを棚に上げ、車のせいにして辞めてしまう人が少なくありません。
見た目は派手なドリフトですが、地味な練習とセッティングの積み重ねの賜物であることを把握して、是非がんばって欲しいと激励します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。さっそくデフを、買いにいきたいとおもいます。あと、、、もっと練習してみます。

お礼日時:2007/05/23 15:51

気になったことがあるんで投稿します。


アライメントとの調整はどうなってます?ノーマルのままですか?(アライメントとは、車体に対するタイヤの取り付け角度です)
どの角度がベストとは言えませんが(ドライバーの好み次第)、ノーマルのままなら調整できるように「アジャスタブルアッパーアーム(TT-01/TGS)」というのが売っているので購入してみては。品番は「OP674」です。誤解のないようにOPのOはアルファベットのオーです。
それと、これをつけるのなら「TT-01ターンバックルタイロッド(OP662)」が無いとトーインが変わってしまいます。これも一緒につけることを強くお勧めします。
あと、単純にオーバーを抑えたいのなら「トーインリヤアップライト(TT-01/TGS)(OP673)」というのもあります。もっとも、ドリフトタイヤ履いたら結局はオーバーが出やすいということは変わりませんが。

参考に実写でのアライメントについて読んでみてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました!。セティングをかえてみます。回答ありがとうございました。!!!!!!!!!!!

お礼日時:2007/05/23 15:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもらったラジコンでドリフトしたいのですが。

最近ラジドリに興味が出た初心者です。

子供のトイラジを見ていたらラジコンが欲しくなり、先日友人宅で眠っていたメカなしシャーシーをもらってきました。

早速タミヤの安いプロポセットを購入して、タイヤにビニールテープを巻いて走らせて見たものの、ドアンダーでドリフトどころか定常円旋回もできません。(腕のせいもあるとは思いますが・・・。)
タミヤの取説をダウンロードして自分のシャーシをバラしてみると、どうやらTA03FのPRO仕様のようで、カーボンダブルデッキになっており、各所にベアリングは入っているものの、デフはギアデフ、モーターはエコー?のALTIMATE 23Tが付いてました。

ネットでドリフト仕様について調べると、フロントワンウェイ・ボールデフ・リアデフ殺し・ドリタイヤ等のキーワードをよく見かけるのですが、ド素人がこのマシンをベースにドリフトを楽しむ為にはどのようにイジればよい(なるべく安上がりに)のでしょうか?
正直、今この型遅れにお金をかけてパーツ等を揃えるより、TT-01D等の新しいキットにする方が簡単で費用的にも良かったりして?とも思ってます。

身近でラジコンに詳しい人はいないし、田舎の模型店はおっさんには敷居が高いので困ってます。(笑)どんなことでも結構ですので、ご意見・ご教授下さい。

最近ラジドリに興味が出た初心者です。

子供のトイラジを見ていたらラジコンが欲しくなり、先日友人宅で眠っていたメカなしシャーシーをもらってきました。

早速タミヤの安いプロポセットを購入して、タイヤにビニールテープを巻いて走らせて見たものの、ドアンダーでドリフトどころか定常円旋回もできません。(腕のせいもあるとは思いますが・・・。)
タミヤの取説をダウンロードして自分のシャーシをバラしてみると、どうやらTA03FのPRO仕様のようで、カーボンダブルデッキになっており、各所にベアリ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。タミヤRCを中心に回答している者です。既に40代に届きそうな年齢に達していますが、タミヤ本社近くに住んでいるので、しばしばタミヤサーキットを利用しています。

まず始めにすることは、滑らない環境での基本的な操縦テクニックを身につけることです。遠回りなようで恐縮ですが、ドリフトは操縦テクニックのひとつにすぎません。いろんな局面に対処できるテクニックの「引き出し」を身につけなければ、一向に進歩の無いヘタなドリフトに辟易してしまうことでしょう。このアドバイスは、過去に多くの人に回答した通りです。

現在のビニテは、本来の性能を損ねるものですから、外した状態で車体のベストを知る必要があります。まずは満足に走るものに戻して練習しましょう。当面は、23ターンの社外モータよりも、キット附属(お持ちでないかもしれません)のドノーマルなモータ(無地のマブチ540SH:売価で1000円程度)がベストでしょう。現在のアンプの性能も、あまり高出力なモータに対応できるものではありません(23ターンがおおよその限界)。

ある程度コントロールできるようなテクニックが身についたら、車体に手をつけていきましょう。
始めに言っておきますが、TA03の中でも特にフロントモータである「F」は、その重量バランスから特にドリフトに向いているシャシーだと言えます。既に2世代前のモデルではありますが、今でも国産シャシーの中では、理論的に最強と言っても過言ではないでしょう。タミヤが生産中止した旧モデルを、数量限定でスポット生産した理由そのものです(現在、アフターの供給だけはあるようです)。
ズバリそのTA03Fをお持ちなのですから、これを放置してTT01Dに移行するのは、とても「もったいない」ことです。よほどパーツの入手が困難になるまでは、ぜひ生かせてあげましょう^^

最初はタイヤと路面の相性からです。速度域(使用モータ)でその選択は変わりますが、ドノーマル仕様であれば、塩ビタイヤが安上がりです。使い古しのタイヤ(ホイール付)のパターン面だけを切り取り、ホイールとタイヤサイドを残した状態で、ホイール幅に切った塩ビパイプをはめ込みます。
通常11cmあれば一台分のタイヤになります(26mm×4本+切りしろ1~2mm×3)。ホームセンターで1mも買えば充分過ぎますね。
http://rcdrift.komocik-space.net/taiya.html
これを作るのが面倒であれば、ドリタイヤを購入することになります。敢えて挙げると、ヨコモのゼロワンタイヤが比較的好評で、T社(今頃伏せ字w)のは不評です。

この段階で既にアクセル全開での定上円旋回は、不可能になるでしょう。現状のごとく、グリップがタイヤの回転トルクに負けるようにしたので当然です。
あとはアクセルワークに注意しながら、サスペンションの硬さ(ばね、オイル、スタビ)、車高、等を調整していくわけです。もちろんこの時から、習得したテクニックが実を結んでいくことになります。

自分の操縦スタイルや運転の癖に合うように味付けし、理想的な挙動を描けるようになるには、足回りの調整だけでは限界があります。
ここからが第二段階で、デフに手を加える必要が生じてくるでしょう。理論的にはグリップを前側に持ってくることで、ドリフト(のキッカケ)を作りやすくするだけです。安価には、後輪側のデフを効かせない方向(デフロック傾向)にし、後輪のグリップを落とす方法があります。具体的には後デフ内部に詰め物をするわけですが、ここではスタンダードに、モリブデングリスを内部のギヤに塗る程度で調整するのが良いでしょう。新聞紙をちぎって詰める極端な例もあるようですが、塗布量によっても効果の違いがわかる一般的な方法を薦めます(微妙な違いの体感は、練習量によって得られます)。
対して、前デフは効率が良い物が好まれます。ボールデフ化はその代表的な例で、効き具合を調整できる機能を持ちます。さらにワンウェイは前デフに交換装着するギヤで、前進方向にしかトルクを伝えないため、コーナー入口でスロットルを緩めた時に、前輪にブレーキ要素が掛からず、ドリフトの体制を作りやすくする物です(大雑把に、実車でサイドブレーキを使う状況に似ています)。
ただし当面の間は、前デフはそのままで良いように感じます。

練習は、『必ず』目標物のある場所で行って下さい。パイロンを2個置き、8の字に回ります。RC用のパイロンが無ければ、ペットボトル等でも構いませんし、路面にガムテープをチョン貼りでもokです。8の字を基本にひたすら回っていると、「何かが」見えてきますw 8の字は、最初のうちは予想以上に大きなもの(パイロン間:10m以上等)で構いません。
目標の無い運転で得られるのは、薄っぺらな自己満足だけで、技術的に得られるものは無く、練習とは言えません。

腕が上がってくると、現在の速度域では物足りなくなります。そう感じて初めてモータ出力を上げるのが理想です。モータ出力が上がると、今までの路面とのバランスが崩れますので、今よりグリップの高いタイヤを装着することになります。また、アンプを高性能なモータに対応できる物に替えたくなり、サーボをトルクのあるものに替えたくなります。
この頃には、テクニックも上達しているはずです。設備だけでなく、足回り・デフ等のセッティングに操縦テクニックを合わせ、高い速度域からの飛距離の長いドリフトを堪能できるようになるでしょう。またこのレベルでは、調整箇所に制約の出やすいTT01には見向きもせず、もっと高性能なシャシーに目が行くようになります。

参考までに、ドリフトに関して回答した直近2件を貼っておきます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3022706.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2951834.html

ドリフトは、その挙動だけでなく、ドレスアップを楽しむ要素もあります。ネオン管・LED・ストロボで装飾したくなるかもしれません。それはまた別の機会で^^

頑張って下さい。特に練習をね~^^

はじめまして。タミヤRCを中心に回答している者です。既に40代に届きそうな年齢に達していますが、タミヤ本社近くに住んでいるので、しばしばタミヤサーキットを利用しています。

まず始めにすることは、滑らない環境での基本的な操縦テクニックを身につけることです。遠回りなようで恐縮ですが、ドリフトは操縦テクニックのひとつにすぎません。いろんな局面に対処できるテクニックの「引き出し」を身につけなければ、一向に進歩の無いヘタなドリフトに辟易してしまうことでしょう。このアドバイスは、過去...続きを読む


人気Q&Aランキング