痔になりやすい生活習慣とは?

数ヶ月前、我が家の犬(今年8歳)の下腹部にしこりが出来、すぐに近くの動物病院へ行きました。
獣医には「脂肪の塊だから問題は無い」と言われ、そのまま生活を続けてきましたが、しこりは大きくなる一方。
不安になり、その後別の動物病院へ行ってみたら乳腺ガンだと診断されました。

その獣医さんの話だと、手術をしてもすぐに別のところに腫瘍が出来て死んでしまう、ということでした。
それでも何とかしたいと思い、インターネットでガンや病院について調べてみましたが、逆に情報が沢山ありすぎてどのような治療をすればいいのか、どこの病院がいいのかわからなくなってしまいました。

もし何処かガンの治療で有名な病院等ありましたら教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

初めまして。


乳腺腫瘍が見つかったとの事ですが、基本は特に西洋医学に嫌悪感がないのであれば、摘出術が基本的な治療法になります。「乳腺ガン」といわれたようですが、何か検査をされたのでしょうか?見て、触っただけでは「乳腺ガン」とは診断できません。そんなことができれば獣医師は必要ないですから。
少なくとも、腫瘍そのものに注射の針を刺してそこにどんな細胞があるかを検査するFNAという検査を行っていなければ、それはまだ良性か悪性かわからない「乳腺腫瘍」でしかありません。その検査は行われたのでしょうか?
また、「すぐに別のところにできる」というのは手術の方法によって防ぐことができます。(但し、炎症性乳がんまたは転移や筋肉まで腫瘍が浸潤していた場合を除く)
これは犬の乳腺というのは、たてに血管やリンパ管がつながっています。万全を期するのであれば、乳腺腫瘍のできている片側全部(左側なら左側、両方にまたがっていた場合には両方)を摘出すれば、先に書いた悪性で、かつ筋肉まで腫瘍細胞が浸潤していなければ、別のところ(乳腺)にできるということはありません。これは乳腺腫瘍ができている部分だけを切除した場合には、当然同じ側に血液、リンパ管が流れているのですから同じ側に新しくできることになります。悪性であった場合には肺に転移することが多いです。
良性であれば、手術をして摘出してしまえば基本的には終了になります。(一部分しか切除しなかった場合を除く)
http://www.anihos.com/4F/personal/010.html
このURLに書いてあることが今一番大学病院などで実際に乳腺腫瘍に対する考え方に近いと思います。
悩んでしまったのであれば、日本獣医がん学会と言うものがあり、そこで認定医制度があります。その認定医の在籍している動物病院、もしくは大学病院にいかれてはいかがでしょうか?
どちらに住んでいるかの情報が全くないために、これでは知っている方でも、教えづらいと思いますよ。それとも全国どこでも良いのでしょうか?
    • good
    • 0

癌の進行はとても早いです。

家のわんこは癌の摘出手術をした3ヵ月後になくなりました。
この子が亡くなってから癌についてたくさん調べました。その結果、抗癌剤や放射線治療よりも、食事、栄養、自然療法のほうが効果的だということがわかりました。特に核酸は癌にとても効果的です。
動物病院NORIKOという病院で小さいころからお世話になっているペットたちの中で癌になった子は1匹もいないそうです。ぜに、この病院に行って相談してみてください。希望を捨てずに、この子は助かると信じてください。
良い結果がでましたら、連絡してくださいね。
    • good
    • 1

大学病院に紹介状を書いてもらえるのなら、こしたことないと思うんですが、


順番待ちがかなりあるかもしれませんね。
こういうところもあります、ご参考までに。
http://www.8699.jp/1_4.html

参考URL:http://www.8699.jp/1_4.html
    • good
    • 0

何を考えているのですか?


アガリクスもクソもありません。
本当に悪性腫瘍であるならば、即刻、切除すべきです。
そんなことは、悪性腫瘍の最後が、一体、どんなに悲惨な状況か知らないから言えること。

先ずは、近辺で信頼できる主治医を見付けることです。
隣県の3つや4つは回らんと駄目ですよ。
有名な専門病院なんて探す必要はありません。
先ずは、自らの足で主治医を見付けることです。
次に、ANo2の方が紹介されている医院でのセカンドオピニオン。
が、ここに辿り付くのは、実に、至難です。
どれだけの順番待ちかは定かではないですよ。
「自らの足で主治医を」という理由です。

主治医を基地として高度先端医療を模索するのが基本中の基本。
そういう連携を快しとする主治医を一刻も早く見つけられたし。
    • good
    • 1

こんにちは、我が家のワンちゃん(10歳)も現在、ガン治療中です。


おっぱいの一番下のところに腫瘍ができまして投薬中です(現在3ヶ月経過)
アガリスクの薬をのませています。
薬代は月に12000円くらいです。

やっぱり、どこの病院も切るか、切らないかが難しいみたいですね。


>もし何処かガンの治療で有名な病院等ありましたら教えていただけないでしょうか。

東京なら都下の「日獣大」か「農工大付属動物医療センター」がお勧めです。
営利目的ではないので、不必要な検査もしませんし設備も整っています。

既出のURLの板橋区のアニホス(旧・北川動物病院)は民間の病院ですので価格が段違いです。
それに医師の不足か若い先生が偉い先生に電話しながら指示をまって医療をするので当方は評判の高い病院でしたが、不安になりやめました。
そこでとても信頼できる獣医からこちらの大学を紹介されました。
参考になればよいのですが。
うちもなるべくなら大手術になるかもしれないので切るのは最終だと思っています。
切ることでガンが広がるとも言われましたし今は投薬中です。
日獣大ではガン治療にアガリスクの研究をしており、成果をだしているようです。うちは一ヶ月で小さくなり始めました。
消えてはいませんが満足しています。
是非一度、電話予約のうえ、いってみてください。
    • good
    • 0

ドッグフードに発がん性物質が含まれている昨今、


昔と比べてがんが増えるのはいたしかたないのかもしれませんね。

質問者様のお住まいの地域がわかりませんので癌の権威の先生が載っているHPのリンクを貼っておきます。
見てみてください。

お大事に。

参考URL:http://www.jvcs.jp/index.htm
    • good
    • 1

病院ではないですが、D-フラクション(プレミアム)という物があり(動物病院で扱っています)腫瘍に効果が出る場合があります。



うちのワンコは6歳で乳腺腫<大学病院で手術<麻酔がダメで手術断念<という経緯で、D-フラクションを薦められ使っています。

現在13歳で、腫瘍はある程度大きくなっていますが、7年間小康状態を保っています。個体差、病気によって効果は様々かもしれませんが、使ってそんはないと思います。
一度、獣医さんに相談してみて下さい。良い病院が見つかるまでの間、使ってみてはいかがでしょうか。

http://www.zenoaq.jp/html/shf1.html>サイト中段辺り

参考に。

 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬が癌と診断されました。治療は困難です。

当家の愛娘、9歳のトイプードルが癌と診断されました。
既に腫瘍は大きく、治療は困難とのことです。
患部は顔面、上あごの左側にあり、コレを除去するには顔面半分を切除せねばならず、そうすると、自力でご飯が食べられなくなり、かりにその治療を受けたとしても他の部位への転移も充分に考えられるとのことです。
半年から1年くらいであろうとのことです。
もちろん完治するならば、その治療を受けることも考えたいのですが、犬への負担と痛みを考えると、痛みを和らげる薬などで出来るだけ穏やかな余生を送らせたいものと考えます。
しかし最後のあがきはしたいのです。
キノコの漢方薬など、いろいろあるようですね。でもなかには妖しげなサプリもあるみたいで。
経験者のお話しなど伺いたいと思います。
安楽死は最後の最後の最後の手段として考えていますが、出来るならばしたくありません。

今はとても元気です。ご飯も凄くがっついています。この姿をあと10年見たいと思っています。

Aベストアンサー

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行けば、顔色はよくなるし、食欲も少し出ました。でも、明らかに元気はなくなっていたのです。彼にとって通院は苦痛で怖いものでしかなかったのではないか。彼の人生の半分は闘病でした。治らない病気なら、寿命が4ヶ月だったとしても、うちで怖い思いも、痛い思いもさせずに、親兄弟とずっといさせてあげた方が幸せだったのではないかと。答えは出ません。でも、彼が教えてくれたことは大きかったと思います。
その後、10数歳のにゃんちゃんが癌と診断されました。医師は、手術が難しいほどに癌が進行していること、にゃんちゃんはメスを入れると途端に弱ると言う観点から、手術はすすめませんでした。そして、きっと、そんなに痛みなく召されるでしょうと。私達は、病院に連れて行くことはやめました。痛み止めなどはもらいに行きましたが。彼は、亡くなる数日前まで、お気に入りのファンヒーターの前でとても麗しくしていました。2日ほど食べられなくなり、そう苦しむこともなく天に召されました。次のにゃんちゃんもそうです。猫エイズでした。できる限りの介護はしましたが、病院には連れて行きませんでした。とてもストレスを感じるようでしたので。そして天に召されました。
わんちゃんに関しても、癌で一時は危なくなったのですが、「日田の天領水」で、驚異的に元気になりました。それから2年間も生き、やはり静かに息を引き取りました。
とてもよい獣医師さんでした。よく相談に乗ってくださり、通院させずとも、苦しまないように最大限に計らってくださいました。

「日田の天領水」がどこまで効くかはわかりません。ただ、うちの子達にはよかったのか、あれだけ悪かったわんちゃんとにゃんちゃんが元気を取り戻して、宣告された余命より、1年位長く犬らしく、猫らしく生きました。もちろん、癌が消えたとかそういうことはないです。
それを飲んでいる今いる9匹のにゃんちゃん達は、ほとんど病気知らずで育っています。

信頼できる獣医さんとよく話しをして、望みを捨てずに、お嬢さんに負担のかからないようにしてあげてください。お嬢さんが、麗しくしている時間が少しでも長く長くありますように。

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行け...続きを読む

Q受け入れられません。愛犬が末期がんと診断されました

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。

その後の生活での変化は、お散歩の時、最初のおしっこポイントに着く前に歩きながらおしっこがでてしまったりすることが多くなり、年齢と、去勢手術の影響が若干あるのかなと思っていました。

そして、4日前の11/29に、のどあたりに何か引っかかったときにやる「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」を時々やっていました。
また散歩中、小さな枝かじって、何かのどに引っかかってんだろうなと思ってました。

しかし、それが3日続いた昨日、床に少量の血がありました。
きっと「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」してる時出たんだろうと思いましたが、食欲だけは旺盛な子が今朝はほとんど食べませんでした。
さすがに心配で、病院に行ったところ、診断結果は末期の癌でした。

えっ?と思い、先生の説明をききました。
どうやら脾臓が大きく腫れており、その中に癌があって、肺や他の臓器に転移しているというのです。
今日の血液検査の結果を見ましたが、6月の犬ドックの時とほとんど変わらない数値で、全て正常値でした。

素人には分かりませんが、臓器の機能低下が見られる欄の数値が下がっていましたが、
それでも正常値の枠内でした。

6月の診断で健康だから去勢等の手術を受けたのに、5ヶ月後に末期がんの診断なんて・・・。
こんなに犬の癌の進行って早いものでしょうか?

こんな状況で、何かおかしいんじゃないか?とお気づきの方いらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんか?

宜しくお願いします。

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったものの普通に元気だったのでアレルギー系の
薬を処方されましたが改善されず、4月半ばになると
声が出なくなりました。
4月末に内視鏡検査で口の奥に出来物を見つけ病理検査に出すものの
結果が出たのがゴールデンウィークもあった為、5月の中ごろでした。
そこでようやく扁平上皮癌という悪性の癌だとわかり、
1週間後の5月末に大学病院でCT検査、直接目で確認したり
直接癌があるだろうと思われる部分を触ったり、
あらゆる検査をしたにもかかわらず
何の異常も見つからず癌ではありませんと言われました。
その頃のワンコは、少し食べ物を食べづらくなっていて
お水をほとんど飲むことを拒否していました。
ですが、見た目も元気だしお散歩も喜んで行っていました。

うちの場合は最悪でした。
絶対に癌があるからこそどんどん弱っていっているのに、
検査の結果で異常が見つからないし、CTにも写らない癌となれば
手術も放射線も抗がん剤もなんの治療を行うことができなかったのです。

最後の最後に病理検査のスペシャリストと言われている方に
再度病理検査を依頼することができたのですがやはり扁平上皮癌で
しかも、ものすごい悪性度の高く浸潤性の進行性も早い
最悪な部類の癌だと。。。
診断されたものの、ちょうど結果を聞けたのが
7月1日の亡くなった日でした。

結果、3月の半ばに異変が見つかり5月の末に癌だとわかり
7月1日には亡くなってしまったので気持ちも何もかも追いつきませんでした。

犬の場合は人間の3倍以上の速さで全てが進行します。
人間の1ヶ月が3ヶ月です。
なのでzokkondesu さんのワンコの癌もおかしいとは思いません。
ありえることだと経験上思います。

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったも...続きを読む

Q犬のお腹が膨らむ症状について

寝たきりの愛犬(マメシバ・14歳)についてです。

先ほど水をあげた際にお腹が異様に膨らんでいることに気付きました。
1度起こして確認してみたところ、お腹全体が膨らみ、その一部(※)が直径数センチ程度、更に膨らんでいました。
(※赤い丸の場所です)

呼吸が荒いだとか吐くような仕草はしておらず、いつも通り静かに過ごしています。


動物病院は夕方からしか開かないため、
それまでの時間に何か対処ができるのであればと思い質問しました。
このお腹の膨らみについて何かわかる方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大丈夫でしたか?
ガスがたまっているか(胃拡張)、胃捻転ならもう手遅れの時間ですものね‥。腹全体が膨れてくるようなら緊急事態ですから獣医へ。ぶよぶよなら脂肪腫の可能性あり、数日で大きくなるようなら悪性腫瘍の可能性あり。

Q犬のお腹にしこりがあります。

8歳の小型犬です。
お腹の毛の薄い部分に小さなしこりを発見しました。

すぐにかかりつけの病院に向かい診察を受けたところ、癌の可能性が高いと言われました。
詳しくは調べられないとのことでしたので調べてくれる病院へ。

注射器のようなものでしこりの中?(母が連れて行ってくれたので詳しくは分かりません)の一部を吸い成分を検査。悪性の可能性が高いと言われましたが、その病院にいる他のお医者様にも聞いてくれるそうです。

なのでまだ悪性か良性か分かりません。

心臓が悪く前から咳き込みがちだったのでしこり(5mm程度)を発見するまで異変に気付けませんでした。

発見から3日目にその腫れたものが赤くなってきました。

犬の癌と調べても赤くなるとの記述が見当たらないのですが情報収集不足なだけでしょうか?


自然なままに、というよりきちんと治して、犬に負担がないように出来るだけ一緒に過ごしたいんです。

もし宜しければ良い食べ物などがありましたら教えて下さい。
活性酸素水なども調べてみましたが具体的にどのような効果が表れたわんちゃんがいるのかご存じでしたらそれもお願いします。

8歳の小型犬です。
お腹の毛の薄い部分に小さなしこりを発見しました。

すぐにかかりつけの病院に向かい診察を受けたところ、癌の可能性が高いと言われました。
詳しくは調べられないとのことでしたので調べてくれる病院へ。

注射器のようなものでしこりの中?(母が連れて行ってくれたので詳しくは分かりません)の一部を吸い成分を検査。悪性の可能性が高いと言われましたが、その病院にいる他のお医者様にも聞いてくれるそうです。

なのでまだ悪性か良性か分かりません。

心臓が悪く前から咳き込みがちだった...続きを読む

Aベストアンサー

参考にならないかもしれませんが
私は以前メスの小型犬を飼っていました。

うちの子も9歳でお腹の胸の付近に小さなしこりが見つかり(つまようじのとがっていない部分位)、かかりつけの動物病院で乳腺腫瘍と診断されました。
(しこりは皮膚の内側でお腹のピンク色と同じで赤く腫れたりしませんでした)

確立50パーセントで悪性かもしれないといわれ、獣医さんはサプリメントで腫瘍が消えるかもしれないと教えてくれたのですが、連れて行った当日に手術をしてもらい検査に出しました。その結果、悪性腫瘍でした。その後12歳で再発、また手術をしました。


全身麻酔や手術は確かに犬にも負担になりますが、きちんと治したいと思うのであれば、腫瘍をとって貰う選択肢もあります。


獣医さんとよくご相談してわんちゃんと長く一緒に過ごせますように。
(うちの子は15歳まで元気で長生きしてくれました)

Q犬の腫瘍除去手術の治療費はいくらくらいが妥当なのでしょうか?

6歳の大型犬を飼っています。肛門の横が硬く腫れているので今日、獣医に行ったら「切ってみないと詳しいことは判りませんが、すぐにでも手術をしないといけません」との診断とワクチンの投与を受けました。「術後の入院期間も費用も現段階でははっきりしませんが、最低でも20万から25万はみていてください」と言われ、人間よりは安いなと納得し、その場で手術の予約を済ませたのですが、愛犬のガン除去手術を経験した友人に話したところ「総額で6~7万円だった。その医者は怪しいのではないか」と言われました。もしもそうなら費用は勿論のこと、それ以上に技術のほうが心配です。ちなみに今日の診療費は約3万でした。明日、別の獣医院で意見を聞いてみるべきなのかなと思っています。初めての経験なので少々取り乱していますが、どなたかお詳しい方がおられましたらアドバイスをいただけると、とても有り難いです。

Aベストアンサー

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈夫ですよ!どうせ、この子は和室で大人しく寝るんでしょう!」
「抜糸に2、3週間後に連れて来て下さい。」

※CTスキャン等も完備して年中無休、午前9:00~午後10:00まで営業です。
※高速を飛ばして1.5時間の隣県ですが、大変にお世話になっています。
※全ての費用は壁面に明示してありますので、事前に自分で計算しています。

それまでは、ちょっとした手術でも1週間の入院。費用も概算で明細なし。いわば、言い値でした。
それに比べると半額の負担で済みます。
高速代を払ってもお釣りがくる計算です。

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈...続きを読む

Qわんちゃんの乳腺腫瘍の手術後ってどうですか? 

うちの12歳になる♀わんちゃんなのですが、こないだナデナデしている時に乳付近に硬いシコリを発見、すぐに病院に行きました。先生に見てもらったら、私が気づく事ができなかったシコリが左右に幾つも確認でき、これだけあるという事は悪性のものが含まれてる確率が高いと言われ、検査後の昨日、手術をしてきました。右側ほぼ全部切除しかなり痛々しい状態です。連れて帰っていいと言われ、本当に大丈夫なのか?と思いながら連れて帰ってきたのですが、かなり長い距離縫合していてお座りもできず辛そうにずっと立ち続けています。眠くても立ったままヨロヨロとして・・・。思いきって無理やり伏せをさせると、昨日はギャンギャン鳴いて、今日はキャンと鳴きながら横になります。疲れと痛みからでしょうか、横になるとぐっすり寝てくれるのですが、立ちあがったら最後、横にさせるまでかなり時間がかかります。食欲も元気もなく本当に心配です。翌日からは食事も散歩もOKと言われたのですが、そんな状態でもありません・・・。もし経験されてる方がいらっしゃったら、術後の様子やアドバイス下さい!! 共稼ぎで昼間留守にしてしまうのが不安で、明日は実家の母にみてもらえそうですが、このままだと心配で仕事にも行けません・・・。

うちの12歳になる♀わんちゃんなのですが、こないだナデナデしている時に乳付近に硬いシコリを発見、すぐに病院に行きました。先生に見てもらったら、私が気づく事ができなかったシコリが左右に幾つも確認でき、これだけあるという事は悪性のものが含まれてる確率が高いと言われ、検査後の昨日、手術をしてきました。右側ほぼ全部切除しかなり痛々しい状態です。連れて帰っていいと言われ、本当に大丈夫なのか?と思いながら連れて帰ってきたのですが、かなり長い距離縫合していてお座りもできず辛そうにずっと立...続きを読む

Aベストアンサー

我が家のGシェパードも一昨年(8歳の時)同じ手術をしました。両側とも乳腺摘出の必要があり、片側ずつ二度に分けて手術しました。神経質なタイプなので入院させるとストレスで返って予後が悪いとのことで、手術日の夜帰宅しました。質問者様と同じで、かなり麻酔が切れた後痛いらしく、お座りをしたまま動く事が出来ず、こっくりこっくりして一晩過ごしました。傷口をなめないよう見慣れないエリザベスカラーもしていたので、余計に動けないでいるようでした。私も気になって、そーっと横にさせてやったりしたのですが、やはり痛いのかお座りをしてしまいました。3日くらいはそんな状態でしたがじきに痛みも取れてきていつもの生活が出来ます。大丈夫ですよ。うちの場合は、外でしか用を足さないので、そーっと抱えて連れ出すのがとても大変でした。おまけに一度目の手術後は、傷口から感染してしまい、腹水が溜まり、毎日水を抜きに行って、抗生物質の注射を打ち、とても危ない状況をクリアして、更に2ヵ月後にもう片方の手術という、まさに危ない橋を渡りながらの数ヶ月でした。徹夜の看病が続き、私の寿命を縮めて彼女の命を救ってくださいと毎晩祈りました。お陰様で今はすっかり元気(とは言え、アトピーもちで、股関節と肘関節が悪く相変わらず大変ですが。。。)になりました。お気持よーく解ります。あまり痛がるようだったら獣医さんにお願いして痛み止めの注射をしてもらうと良いです。(うちも二度目の術後に打ちました)でも、先生いわく、痛み止めで痛みが引くと楽になって動いてしまうので傷の接合にはあまりよくないとのことでした。術後一週間は大事ですから、何とかお母様に見ていただいてください。どうかお大事に、そして飼い主さんがダウンしないように気を付けてくださいね。

我が家のGシェパードも一昨年(8歳の時)同じ手術をしました。両側とも乳腺摘出の必要があり、片側ずつ二度に分けて手術しました。神経質なタイプなので入院させるとストレスで返って予後が悪いとのことで、手術日の夜帰宅しました。質問者様と同じで、かなり麻酔が切れた後痛いらしく、お座りをしたまま動く事が出来ず、こっくりこっくりして一晩過ごしました。傷口をなめないよう見慣れないエリザベスカラーもしていたので、余計に動けないでいるようでした。私も気になって、そーっと横にさせてやったりしたの...続きを読む

Q犬の乳腺腫瘍、摘出手術後の注意点は?

今日、愛犬(ポメラニアン・12歳)が乳腺腫瘍の摘出手術を行いました。
明日、退院するのですが、退院後の
自宅での過ごし方(犬・飼い主)について、
注意するべきことがあれば教えてください。
(退院時に病院の方にも聞きますが、心配で・・・)

退院後、包帯等しているのでしょうか?
エリザベスカラーは装着しているのでしょうか?
出血等はあるのでしょうか?

とても怖がりな子で、更には服を着せられたり、
何かを装着することを極端に嫌います。

飼い主にもかなり抵抗するので、
万が一包帯が取れたりしたら・・・、
傷口から出血したら・・・、などなど
色々考えると心配でたまりません。

すぐに退院して大丈夫なのでしょうか?

詳しい方、うちの子も手術をした、など
なんでもかまわないので、情報をください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お察しします。
手術後は包帯をされて帰ると思います。
カラーは後ろ足に近い部分だと付けられる場合もありますが、口が届かないような上だと付けないこともあります。
ただ、部位が頭に近い方だと後ろ足で引っ掻く場合もありますので、包帯の上にシャツを付けておくと良いでしょう。

麻酔が醒めていくと寒さを感じますから退院するのであれば、部屋を暖かくしてください。
麻酔が完全に醒めていない状態での飲食は危険ですから、おそらく今日の夕食と明日の朝は絶飲食の可能性がありますので、指示に従ってください。

手術や包帯が好きな子はいません。
嫌がっても、ワンちゃんのために鬼になる覚悟は必要ですよ。

恐怖体験をしていますので、何よりも飼い主さんの愛情が一番の薬です。
今日は一緒に添い寝して様子を注意しておきましょう。

Q老犬が急に立てなくなりました。

今朝まで普通にしていた老犬(雑種15才オス)が、突然ふらつき立てなくなりました。立ってもよろよろとししゃがみ込む腰が抜けた状態です。老犬なのでこの様な状態は命に関係あるでしょうか。食事は少したべました。今仕事中なので終わったらすぐ帰って面倒みたいと思います(家族は家にいます)。何か出来る事はあるでしょうか。同じ症状があった飼い主さんがいたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体の血行も悪くなりますし、内臓の働きも悪くなってしまいます。
前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。

いきなり寝たきりになってしまうと、犬の方も寝たままでの排出を我慢してしまいますが、後ろ足を支えつつ付いて歩くと(中腰の人間の方がきついですが・・・)トイレもズムーズにするかと思います。

今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。
その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。
また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。

さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。
寝ている時に寝返り(座り直し?)もできなくなってくるので、2時間ごとに体位を変えてあげるといいです。
フードもできるだけ消化の良いようによくふやかしたり、ペースト状にしても良いと思います。

完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。

頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、
割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。
ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。
うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ
聞こえてるはずなのに都合のいい事しか聞こえてない とか・・・・


今の状態が命に係わるかというと、何ともいえません。
まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。

ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む


人気Q&Aランキング