カフェ・ラテ、カプチーノ、カフェ・オレ、どれもコーヒーベースにミルクを加えたもののように思うのですが、これら3つの違いは何なのですか?
それからカプチーノのあの「泡」、なぜあの「泡」を出すようになったのですか?(変な質問ですみません。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「カプチーノ」と「カフェ・ラテ」は、「エスプレッソ」をベースにしたイタリアのアレンジ・コーヒーです。



まず『エスプレッソ』を説明すると、英語の「express」と同義で、「高速の」という意味です。つまり深煎りにした豆を極細挽きにして、高温の蒸気を使って抽出する淹れ方ですが、イタリアの家庭では、簡単な器具を使って淹れてます。
「カフェ・ラテ」と「カプチーノ」との違いですが、共にエスプレッソコーヒーを使用しますが、ミルクに違いがあります。「カフェ・ラテ」の場合にはミルクが泡だたないように温めたミルクを使用しますが、「カプチーノ」の場合には、3分の1がエスプレッソコーヒー、3分の1がミルク、残りの3分の1がフォームドミルク(空気を含んだミルクの細かい泡)を使用します。エスプレッソマシンにカプチーノ用スチームノズルがついていたりしますが、このためだというわけです。 店によって、比率等様々なアレンジはあるようですが、基本的にはこういう区別になっています。イタリア語のカフェ(caffe)はエスプレッソ、ラテ(latte)はミルク の意味です。「カプチーノ」の名前の由来は、イタリアの修道僧がかぶるカプッチョ(頭巾)のように牛乳の泡でエスプレッソをすっぽりかくして所からきているそうです。

これに対し、「カフェ・オレ」は、フレンチローストの豆で淹れたコーヒーをベースにしたフランスのアレンジ・コーヒーです。「コーヒー50%+ミルク50%」
正式には、コーヒーと温めたミルクを<同時>にカップに注ぐのが本格的な淹れ方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変くわしい解説、ありがとうございました。非常によくわかりました。これでスッキリしました!

お礼日時:2001/01/23 20:10

カフェ・ラテと、カフェ・オレの違いは、下記URLをどうぞ!


カプチーノにミルクって最初から入ってますか?
確かにうす茶色に泡立っていますが、泡が消えたら普通の
コーヒーの色ですけど。
カプチーノが泡立つのは、(確か)スチームでプシューって
一気にやるので、その空気分だと思うんですが。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=24557
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。ちゃんと以前に「教えて!goo」に質問があったんですね。カプチーノに関してですが、私の今までの経験ではカプチーノに(ミルクが入ってないから)ミルクを入れたという経験はなかったように思います。だから「どうちがうのかな・・・?」と思ってしまったわけです。

お礼日時:2001/01/23 20:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハンディクリーナー(掃除機)について

ハンディクリーナー(コード式でも、長時間使用可能なら充電式でも)掃除機で、中国製以外のものを探してます。マレーシア製、ベトナム製など中国製以外のハンディ掃除機をご存知の方がいらっしゃいましたら、メーカーや商品名を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

マキタの充電式クリーナをお勧めします。

業務用(空港や駅)でも使われていますし
これ一台でたいていこなせます。

参考URL:http://www.makita.co.jp/product/li_ion/cl142fdrfw/cl142fdrfw.html

Qコーヒーショップ・カフェのラテ、味の違いは何でしょうか?

スタバやタリーズ、シアトルズベストコーヒーのラテは美味しいと思うのですが、
エクセルシオールや、ファミレスのラテは美味しいと感じられません。

この違いは何でしょうか?というのがこの質問の趣旨です。

私なりに考えたのは…、
美味しいと思うラテは、コーヒーメーカー(カプチーノマシンっていうのでしょうか?)
の横に牛乳を温めるための蒸気がでる管のついているタイプのマシンで作られている。
美味しいと思えないラテは、コーヒーと同時に温められた牛乳がカップに注がれている。

他に、美味しさに違いが出る原因は何があるでしょうか?
上述の後者のマシンで使われている牛乳は、マシンの内部では小分けパックとかになっているのでしょうか?
あるいはタンクに補充する感じなのでしょうか?

くだらない質問ですが、ご回答頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

ファミレスのは効率重視の大量生産だと思うので(業態を否定するつもりはありませんが),ここからは触れません.

>牛乳を温めるための蒸気がでる管のついているタイプのマシンで作られている。
エクセルシオールでも質問者様が記述されているとおりに作られていますよ.ただ,エクセルシオールはまだまだオートマシン(質問者様の記述だと後者)を使っている店舗も多いのも事実です.

で、どちらがおいしいかというと,多分前者ですが(時間をかけて丁寧に作る場合が多いので),作る人の技量が問われるとおもいます.たまたま下手糞な人に当たったのかもしれませんし,オートマシンでやってるのかもしれません.はたまた,マシンの調子が悪いとかメンテナンス不足という事も考えられます.実際に見てみないとわかりませんね.

あと考えられるのは豆の違い.
僕の場合,ただのカフェラテやエスプレッソを飲むとき,スタバよりもエクセルシオールの方がおいしいです.その代わり,シロップを入れるならスタバのです.
スタバのエスプレッソは酸味が少なく苦味が強い印象です.それが,質問者様の口にあって,逆にエクセルシオールのは合わなかったというのかもしれません.

コーヒーは嗜好品ですから,合う合わないあって当然ですので,口に合う店を探してください。探すのもおもしろいです.


・マシンについて
マシン毎に違うとおもいますが,
小分けパックというのは聞いたことがありません.
横とかに冷蔵タンクがあるのは見たことあります.

ファミレスのは効率重視の大量生産だと思うので(業態を否定するつもりはありませんが),ここからは触れません.

>牛乳を温めるための蒸気がでる管のついているタイプのマシンで作られている。
エクセルシオールでも質問者様が記述されているとおりに作られていますよ.ただ,エクセルシオールはまだまだオートマシン(質問者様の記述だと後者)を使っている店舗も多いのも事実です.

で、どちらがおいしいかというと,多分前者ですが(時間をかけて丁寧に作る場合が多いので),作る人の技量が問われるとおもい...続きを読む

Qチーズケーキのスティックタイプを秋田で買えるお店は?

秋田(できれば秋田市内)でチーズケーキのスティック(長方形で、ベースがクッキー生地だったりするお菓子)を探しています。
前、秋田西武の地下にnicoというお店があり、そこで購入していたのですが
最近お店がなくなったことに気づき困っております。
スティック状じゃなくても、ひと口サイズとかで、クッキー生地のチーズケーキであればそれでもかまいません。
知っている方いらっしゃいませんか??

Aベストアンサー

なるほど!送料!

でも、私も最近気付いたのですが、東京に住んでいてあちこちアクセスが良くて、欲しいと思ったら1時間以内に手に入ったとしても、結局そこまでの交通費やかけた時間などを考えたら、ネット通販してもその送料がそれ程交通費と変わらないなぁと思うようになりました。

Q「カフェ・ラテ」と「ラテ・マキアート」の違いって?

都内の某ホテルのラウンジのメニューに「カフェ・ラテ」と「ラテ・マキアート」がありました。
私は今までどちらもエスプレッソ&スチームミルクが材料で
名前が違うだけで作り方は同じものだと思ってました...。
店員さんに違いを聞きましたがちゃんとした回答は得られませんでした
(カフェラテの方が若干苦いと思います...みたいな感じの回答)。
両方頼んでみたところ見た目はそっくりでしたがカフェラテの方が苦味がありました。

「カフェ・ラテ」と「ラテ・マキアート」の違いって何でしょうか?
ご存知の方教えて下さい、お願いします!

Aベストアンサー

下記のURLに詳しく載っています。
ラバッツァの輸入をしている片岡物産さんのHPです。

参考URL:http://www.kataoka.com/library/coffee/02.html

Q英語

販売の仕事で、外国のお客様がレジにタトゥータイツを持ってきて「ディス ソックス スティック?」と聞いてきました。英語が全くわからないので、意味を教えてください。発音はスティックです。ストックの事かなと思い、ストック?と聞いてみましたが「ノー スティック」と言われてしまいました。

Aベストアンサー

状況から考えて恐らく、タトゥータイツが、粘着のあるものなどで足に貼るものかどうかを質問したのだと思います。スティック糊ってありますね。あのスティックの意味です。

Q【昔のミルクコーヒーはコーヒーにミルクではなくクリームを入れていた】 ブラックコーヒーにホイップクリ

【昔のミルクコーヒーはコーヒーにミルクではなくクリームを入れていた】


ブラックコーヒーにホイップクリームを入れたものがミルクコーヒーだったが、ホイップクリームの代用品としてミルクを入れるようになった。

当時のミルクコーヒーってブラックコーヒーの上にホイップクリームが乗っていたのでしょうか?

それともブラックコーヒーにホイップクリームを入れて掻き混ぜた状態で持って来てくれてたのでしょうか?

しかしコーヒーにホイップクリームが溶け込むイメージがないんですが、、、

ホイップクリームって油脂成分が強すぎて液体の水を弾いてダマになるだけでは?

当時の人はダマになったミルクコーヒーを飲んでたのでしょうか?

Aベストアンサー

コーヒーにホイップクリームを載せたものは、「ウインナーコーヒー」です。

QMacとWindows間でメモリースティックを共有したいのですが・・・???

MacとWindows間でファイルを共有したいと思っています。メモリースティックとCD-RWを使っています。

Macで保存したメモリースティックをWindowsに差し込んだらファイルを開くことができませんでした。無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

表題の件ですが、「メモリースティック」というと、一般的にはソニー製のデジカメなどで使われている記録メディアの製品名のことを指しますので、タイトルを見て誤解した方もいると思います。

おそらくおっしゃっている「メモリースティック」は「USBフラッシュメモリー」のことですよね? こちらのほうが一般的な用語だと思います。

USBフラッシュメモリーについては、Windows専用のセキュリティーソフトなどがインストール済みの製品を除いて、市販されているすべての製品がマックに対応していると考えていいです。メーカー側が保証していないために使えないと言われることもありますが、FAT32というファイルシステムでフォーマットされている製品であれば、マックでも差し込むだけでストレージとして利用できます。

今回の件については、Wordの問題であってUSBフラッシュメモリーの問題ではないと思います。

Qスタバのカプチーノとラテの量

スタバにいくといつもラテなんですけど、たまにカプチーノに
しようかなと思ったりもします。
この二つのエスプレッソの量は同じで、カプチーノはラテよりフォームの量が多いと聞きますが、
全体として使用されるミルク(スチームとフォーム)の量は同じなのでしょうか?
(たとえば、使用されるミルクの量を100としたときに、ラテは70がスチーム、30がフォーム、
 カプチーノはラテ・フォームが各50ずつ・・・のような)

自分の中でフォームは「飲み物」という認識ではないのですが、
これを飲料と考えなかった場合、

ラテの液体量(エスプレッソ+スチームに使用されるミルク)>カプチーノの液体量(エスプレッソ+スチームに使用されるミルク)

ということになるのでしょうか?
お腹にたまる量としてはラテのほうが多く感じるのでは?とふと思ったのですが・・・。

なかなかうまく説明できないのですが、教えてください。

Aベストアンサー

フォームを抜きにして考えるならば、たしかに
>ラテの液体量(エスプレッソ+スチームに使用されるミルク)>カプチーノの液体量(エスプレッソ+スチームに使用されるミルク)
ということだと思います。ただ、スチームと泡がすっかり分離しているわけではないので、ドリンク全体でいえば

ラテの体積=カプの体積
ラテの重量>カプの重量
ということですね。
実際おなじシアトル系のタリーズでは、
ショートカップで重さがラテ200gぐらい、カプ150gぐらいと決まっているらしいです。
(本当はもっと詳細な重量が決まっていたはずですが…詳細は失念)
スタバのレシピはわからないのですが、
「スターバックスマニアックス」という本では
ラテ:エスプレッソ+ミルク+泡
カプ:エスプレッソ+ミルク(少なめ)+泡(多め)
としか書いていませんねえ。。

おなかにたまるのは、確実にラテの方だと思います^^

Qveryについて教えて下さい。

veryについて教えて下さい。

veryは、形容詞・副詞を修飾すると学びました。

I walked very carefully.carefullyが、副詞というのも調べました。

veryは、形容詞も修飾できるのでcarefullyではなくvery carefulにしても

同じ意味になりますか?

Aベストアンサー

副詞の働きは確かに形容詞も修飾します。
形容詞は名詞を修飾します。

He is tall. 彼は背が高い。
He is very tall. 彼は非常に背が高いです。
That is a very tall building. あれは非常に高い建物です。

つまり very はtall の修飾語です。

I walked very carefully.
上記と同様に very は carefully を修飾しています。
ところが副詞の主な働きは動詞を修飾することです。

注意深く歩く と言うように使います。
ですから、これを形容詞にしてしまったら、歩くを修飾できません。
副詞のままでないと修飾できないのです。

副詞と形容詞が同形のものもあります。

He is a hard worker. 一生懸命働きます
           
He works hard. 彼は一生懸命働きます。

日本語では上記の言いかたにはこの場合適訳がありません。

また形容詞でもーlyで終わるものがあります

friendly 親しみやすい など

新しい単語にあったときは、辞書をちょっと調べてみてください
現実はーlyで終わるとほとんどが副詞ですけど。

副詞の働きは確かに形容詞も修飾します。
形容詞は名詞を修飾します。

He is tall. 彼は背が高い。
He is very tall. 彼は非常に背が高いです。
That is a very tall building. あれは非常に高い建物です。

つまり very はtall の修飾語です。

I walked very carefully.
上記と同様に very は carefully を修飾しています。
ところが副詞の主な働きは動詞を修飾することです。

注意深く歩く と言うように使います。
ですから、これを形容詞にしてしまったら、歩くを修飾できません。
副詞...続きを読む

Qカフェ・ラテ

カフェ・ラテはエスプレッソに暖めたミルクだと聞いたのですが、
ミルクはただ温めたものでも、スチームミルクでも同じように呼び名はラテになるのでしょうか?

Aベストアンサー

以前カフェで働いていましたが
暖めたミルク+エスプレッソ=カフェラテ
スチーム(泡立てた)ミルク+エスプレッソ=カプチーノ
でした。

でもお店によってはスチームミルクでもカフェラテと呼んでいるお店もありますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報