痔になりやすい生活習慣とは?

「まぜるな危険!」について調べています。
塩素系漂白剤の主成分、次亜塩素酸ナトリウムが強酸と酸性の物質と反応すると有毒な気体の塩素が発生するということは分かりました。塩酸との化学反応式は、
NaClO+2HCl→NaCl+H2O+Cl2
ですよね。
「酸性の物質と反応する」ということは酢酸とも反応するということですよね?しかしその化学反応式がどのようになるのか色々探したのですが、見つけられずに困っています。
どなたか次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)と酢酸(CH3COOH)が反応して塩素(Cl2)が発生するような化学反応式を知りませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

2NaClO + 2CH3COOH → 2CH3COONa + H2O +Cl2

    • good
    • 1

#5です。


#5では
HClOの分解については触れませんでした。
分解により生じるHClとHClOの反応によりCl2が生じるのであればHClOの分解生成物にCl2が含まれるはずです。
ところが
2HClO→2HCl+O2    (1)
3HClO→2HCl+HClO3 (2)
は辞典にもwikiにも載っていますがCl2の発生の式は載っていません。東京化学同人の化学辞典には塩酸と酸素と塩素酸を生じると書かれています。上の二つの式を合わせた内容です。塩素が生じるとは書かれていません。

もし(1)で生じたHClが元々あるHClOと反応するのであれば分解の式は
4H2O+2HCl→2H2O+2Cl2+O2
となるはずです。でもこの式はどこにも載っていません。

反応式だけで考えたのではわからない事情があるのかもしれません。
こういうのは次亜塩素酸の性質ですから既に明らかになっているはずのものです。推測する内容ではないと思います。
本当のところはどうなんでしょう。
詳しい方がおられるといいのですが。反応式をいじくってどうこう言っても仕方がないと思います。
「次亜塩素酸の分解についての説明でCl2が発生するという記述が辞典にないのはどうしてか」です。

次亜塩素酸に塩酸を加えたときの反応は速いです。塩素を発生させる実験室的な方法として「さらし粉に塩酸を加える」というのが教科書に載っていました。私もやったことがあります。さらし粉はCa塩になっているだけで反応としては同じです。

「混ぜるな!危険!」というテーマで言うと反応のスピードの要素が問題になります。
塩酸と混ぜるというのが一番速いです。次は酸化剤としての反応でしょう。ただし相手が必要です。分解反応は一番遅い反応ではないでしょうか。
このスピードについても詳しい方の解答を期待しています。
    • good
    • 0

以下の過去質問を熟読される事をお薦めします。



 ・http://oshiete.eibi.co.jp/qa28990.html
  QNo.28990 化学のレポートで分からないことがあるんですが・・助けて!!

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/qa349660.html
  QNo.349660 塩素系漂白剤に酢酸

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/qa416195.html
  QNo.416195 まぜるな危険!について。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/qa451431.html
  QNo.451431 混ぜるな危険について

 これらの過去質問の回答によると,#5の方が回答されている様に,「塩素(Cl2)」が発生するには「塩化水素(HCl)」が必要だが,酢酸には「塩化水素(HCl)」が入っていないので「塩酸(HCl)」と混ぜたような「塩素(Cl2)」の発生は無いと言う事みたいです。しかし,「次亜塩素酸ナトリウム」が酸と反応して生じる「次亜塩素酸」が酸性で分解すると「塩化水素(HCl)」が生じるそうで,この「塩化水素(HCl)」が「次亜塩素酸」と反応して「塩素(Cl2)」を発生する可能性があるようです。

参考URL:http://oshiete.eibi.co.jp/qa349660.html
    • good
    • 0

#2、#3で示されている式



2HOCl + 2HAc ⇔ Cl2↑ + 2H2O + 2Ac- 
2NaClO + 2CH3COOH → 2CH3COONa + H2O +Cl2

には初歩的な誤りがあります。
従ってこの式を何が起こるかの判断に用いることは出来ません。

Cl2は水によく溶けるといいます。それは酸素や窒素に比べてという話です。HClやNH3ほどは溶けません。水に溶けると一部のCl2(約1%)が次の変化を起こします。
Cl2+H2O⇔HCl+HClO
この平衡は左に寄っています。右辺の物質の量が多くなると平衡が左に動きCl2の溶解度の限界を超えてしまいます。気体としてCl2が発生します。

次亜塩素酸ナトリウムに塩酸を加えます。これは弱酸の塩に強酸を加えると弱酸が生じるという反応です。
HCl+NaClO→NaCl+HClO
このHClOとHClで上の反応の逆反応が起こります。
HCl+HCO→Cl2+H2O

次亜塩素酸ナトリウムに塩酸以外の酸を加えます。
酸化剤としての働きが予想できます。
ClO-+2H++2e-→Cl-+H2O
一度HClOが出来てさらに変化すると考えてもいいです。
HClO+H++2e-→Cl-+H2O

この反応が起こるためには相手(還元剤)が必要です。もしその相手がいて反応が起こったとしたらCl-が生じます。加えた酸の余分もありますから
HCl+HClO→Cl2+H2O
が起こります。
NaClOを使うような場面であればたいていその相手がいるでしょう。塩酸を加えるのに比べて反応が間接的になりますがCl2は発生するでしょう。

一つの式にまとめたとします。
ClO-+4H++2e-→Cl2+2H2O
一番上に書いた式と似ていますが内容が異なります。
この式から言えることは次の2つです。
・酸と混ぜただけでは塩素は発生しない
・ClO-が酸の存在下で酸化剤として働いたときに塩素を発生する可能性がある(複数の還元剤が競合するので「確実に発生する」とは言えない)
    • good
    • 2

酢酸の場合でも塩化水素ではなく塩素です。

    • good
    • 0

2HOCl + 2HAc ⇔ Cl2↑ + 2H2O + 2Ac-  (ここで、Ac-は酢酸イオンを示す。


以下より
http://www.chemistryquestion.jp/situmon/shitumon …
    • good
    • 0

酢酸との反応の場合は塩素ではなく塩化水素では?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次亜塩素酸ナトリウムと酢酸を混ぜたときのpHを計算したい。

0.04%の次亜塩素酸ナトリウム1リットルと1%の酢酸1リットルを混合させたとします。
ここから得られるpHはいくつになるでしょうか。

塩素ガスが発生し、一般にはまぜるな危険ですが。
化学反応は以下の通りですか。
2NaClO+2CH3COOH→2CH3COONa+2H2O+Cl2

Aベストアンサー

反応が完結し塩素が完全に抜けた後であると考えると、って言うかそれしか正確に答えられないが、
0.04%の次亜塩素酸ナトリウムのモル濃度を計算する。それがナトリウムとして残る。だからナトリウムイオンの最終濃度は次亜塩素酸ナトリウム濃度の1/2。
1%酢酸のモル濃度を計算する。それを1/2する。
この酢酸の濃度からナトリウムイオンの濃度を引く。すると「残っている酢酸の濃度」が分かる。ナトリウムイオンの最終濃度は酢酸「イオン」の最終濃度と等しい。
あとは酢酸の解離定数(酢酸のpKaからも求まる)を用いれば水素イオン濃度が分かるのでpHを求める。生じる水は無視して良い。
です。^^

Q人工透析の静脈圧と透析圧の関係について

透析室に勤務したばかりの者です。
初歩的な質問で恥ずかしいのですが、改めて考えると理解していたつもりがますますわからなくなってしまいました。
人工透析装置で表示される静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)で、これで除水を行うのは理解できますが、現場で透析液圧が静脈圧より高くなっているのはどうしてですか?
この場合、透析液が血液側に入り込むことになり、通常ありえないのでは???といろんな本やネットで調べまわりましたが、納得いきません。
現在ではダイアライザーのURFが高値なのと関係あるのでしょうか?
また、除水コントローラーの種類によっても違うのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。
臨床工学技士として透析室で勤めています。

血液中の水分は、半透膜の両側の圧力差によって除去されます。これを「限外濾過」と言います。この限外濾過による水分除去方法には二つの方法があります。
 一つは、ダイアライザーのすぐ下あたりをクリップ等で締め、血液の方に圧力をかけて押し出すようにする方法(陽圧法)と、もう一つは、透析液の圧力を機械的に下げて透析側に水分を引っ張り出す方法(陰圧法)があります。
 昔は陽圧法がほとんどでしたが、今は陰圧法が主流を占めています。


静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)
確かに透析液圧の方が高いかもしれませんね。
けれど素直に計算してみると、マイナスになりませんか??
ex.100(静脈圧)-500(透析液圧)=-400
マイナス=陰圧=引っ張られる=透析液が血液内に入らず、尚且つ逆に血液側が引っ張られる。

説明が解りずらかったり、要点がずれていたらごめんなさい。。。

Qまぜるな危険の洗剤を混ぜてしまいました。。。

まぜるな危険の洗剤を混ぜてしまいました。。。
家中のいろんな場所を掃除してたときなのですが、
汚れていた2F洗面台をこまめに掃除していて普段は中性の台所用の洗剤で済ますのですが
朝シャンによる髪の毛がかなり排水溝のネットにからまっていたので
排水溝まわりと排水溝の中に液体ジェル状の(パイプ洗浄用)を流し込み
ちょっと時間を置いて下さいと書いてあったので、その間他の場所を掃除してました。
(トイレ、キッチン、フローリングその他色々)
その時に、トイレ周りで使っていたクエン酸の付いた(クエン酸を水で薄めてますがかなり濃く作ってます)
タオルを(タオルにスプレーして使っていました)
先ほど、掃除途中だった洗面台にて(液体ジェルを流さずにしてあった)
クエン酸のたっぷり染み込んだタオルを水で洗ってしまいました。(水を流しながらです。)
すぐさまツンをする異臭がして(プールの匂いそのものです)
とっさにジェル状の洗剤を思い出し有毒ガスが発生したのではとパニックになり
タオルを捨てればよかったのですが、気が動転してしまいタオルについてる
クエン酸を落とさないとと一生懸命タオルを洗ってしまいました。
ツンと来る匂いなのですが、時間的には5秒ぐらいは匂っていたと思います。
すぐさまそこから移動して部屋の窓を開け放せばよかったのですが・・・
動転してしまい。。。

タオルを洗った後には(2~3分後だと思います。)もうツンとする匂いはなかったのですが
20分ほどして鼻や喉に少し違和感を感じました(喉は乾燥した時みたいに少し痛みがありました)
廊下周りの窓を開け近寄らないようにしていましたが、
隣が寝室ということもあり
気になるので1時間ほど水を出しっぱなしにして置きました。
匂いはもうしませんが、大丈夫でしょうか?

体のほうは気にしだすと気になるので喉の痛みがちょっとあるだけで他は頭が痛いぐらい
(たぶん神経的にだと思います)

液体ジェル状のアルカリ液にクエン酸の付いたタオルを洗うとは
なんともなさけないやらで。。。

鼻と喉は8時間経ったいまでも少し違和感を感じますが病院にいかないで大丈夫でしょうか?

また排水溝なので手で触ったり見たいできなので教えて頂きたいのですが、
排水溝からまだ有毒ガス等はでていないのでしょうか?
またそのガスが無害になって心配がなくなるのはどこぐらい時間が必要でしょうか?
寝室の前を通るたびに匂いはしませんが、まだガスが発生してるのでは?と心配になります。

液体ジェル状のアルカリ洗剤の成分には
水酸化ナトリウム(1%)、次亜塩素酸塩、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)と
書いてあります。

お忙しいと思いますがよろしくお願いします。

まぜるな危険の洗剤を混ぜてしまいました。。。
家中のいろんな場所を掃除してたときなのですが、
汚れていた2F洗面台をこまめに掃除していて普段は中性の台所用の洗剤で済ますのですが
朝シャンによる髪の毛がかなり排水溝のネットにからまっていたので
排水溝まわりと排水溝の中に液体ジェル状の(パイプ洗浄用)を流し込み
ちょっと時間を置いて下さいと書いてあったので、その間他の場所を掃除してました。
(トイレ、キッチン、フローリングその他色々)
その時に、トイレ周りで使っていたクエン酸の付いた...続きを読む

Aベストアンサー

私は最後に

専門家の方も含めて色々な意見を出して頂、良かったですね。

蛇足ですが
私は最初、発言するのを躊躇っていました。
白熱して良かったと思います。

Q血液透析のプライミングの手順を教えてください

臨床工学技師さん、透析室看護師さんおしえて!

血液透析(HD)のプライミングの手順がいまいちよくわかりません。

めんどうな質問で申し訳ないのですが、よろしければ具体的に細かくプライミングの手順を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

看護師です。
本当はそこの施設で使用している回路でそこのやり方でプライミングするのが一番だと思いますが。
私も2ヶ所の施設のやり方を知っていますが結構違います参考にならなっかたらごめんなさい。

落差
 1、回路とダイアライザーをつなぎ準備(Aチャンバー   は逆さまにセット、A・Vの先端は排水受けに)
 2、ペアンを掛ける(当院は7本使用)その施設によっ   てペアンの掛ける位置は違うと思うが、基本は本ル   ート以外のルートに掛け生食が逃げないようになっ   ている。
 (1) 補液ルートからA抹消にかけて生食を満たすため、    補液ルートからポンプ側にかけてペアンを掛け     る。
 (2) ヘパリンライン
 (3) A液面調整ライン(回路によってはない) 
 (4) V圧ライン(V圧監視につなげるライン)
 (5) V液面調整ライン
 (6) 補液ライン(回路によってはない、)
   の6ヵ所にペアンを掛ける。
 3、補液ラインから生食を流し、A側抹消に流し生食を   満たす。
 4、補液ラインよりA抹消側にペアンを掛け、補液ライ   ンとポンプ側にかかっていたペアンをはずし、Aチ   ャンバーバーが満杯になったとところでチャンバー   をひっくり返しセットする。
 5、ダイアライザーから生食が出てきたところで、ダイ   アライザーを持ち、手のひらで叩いてエアー抜きを   する。
 6、Vチャンバーに生食がきたら、Vチャンバーの下に   ペアンを掛ける。V液面調整ラインのペアンを開け   る。
 7、V液面が一杯になったら、V液面調整ラインにペア   ンを掛け、Vチャンバー下のペアンをはずし、生食   の残が100mlになる迄流す。
 8、Vチャンバーより抹消ラインにペアンを掛け補液と   ポンプの間のペアンを補液ラインにかけなおす。
その後の処理は施設によって違う。Vチャンバーは施設によっては、7~8割の液面にセットすることも有る。
(当院では穿刺後回路をつなぎポンプを回したら10ccシリンジで液面を押し下げV圧をみる。)
以上が大体ですが、本当にそこそこの施設で違うので、そこでおしえてもらってください。あと、ポンプを使用する方法や、ウェットのダイアライザーも方法が違います。

看護師です。
本当はそこの施設で使用している回路でそこのやり方でプライミングするのが一番だと思いますが。
私も2ヶ所の施設のやり方を知っていますが結構違います参考にならなっかたらごめんなさい。

落差
 1、回路とダイアライザーをつなぎ準備(Aチャンバー   は逆さまにセット、A・Vの先端は排水受けに)
 2、ペアンを掛ける(当院は7本使用)その施設によっ   てペアンの掛ける位置は違うと思うが、基本は本ル   ート以外のルートに掛け生食が逃げないようになっ   ている。
...続きを読む

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

Qアンテとレトロとは?

カニューレの挿入方法でアンテとレトロがありますが、順行性・逆行性ということは、分かったのですが、それがどういうことなのかがわかりません。分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

アンテとはanteriorのことで、「前方」。
レトロとはretroのことで、「後方」。
「後方」は別にポステ(posterior)ともいいます。

Q混ぜるな危険の塩素系洗剤について

掃除の際に混ぜるな危険と書いてある洗剤をつかうことがあるのですが色々と気になっています

まずもし酸性のものと混ざってしまった場合、塩素系と酸性のものの割合によって有害なガスの有害度(濃度や量とか何か)は変化しますか?
例えば塩素系6割酸性4割のほうが、塩素系4割酸性6割より強力なガスが発生するとか

また単純に混ざった物質の量と発生するガスの量(多さとか濃度)は比例しますか?
キャップ1杯ぶんの塩素系洗剤と巣が混ざったものなら大したことないけど、バケツいっぱいは危険だとか



最後に、例えばトイレにつかう洗剤の場合、一度トイレの水を流しただけで成分がきちんと流れるのでしょうか
どのくらい薄まっていれば(そのあと酸性のものを遣っても)有毒なガスが発生しないのか
不安なので塩素系使ったあとのトイレの水なんか10回くらい流しています
だいたいの目安というかあれば知りたいです、よろしくお願いします

Aベストアンサー

「混ぜるな! 危険1」と書いてあるのは塩素系の洗剤ですね。塩素系の洗剤には2つの種類があります。(A)塩酸を多く含むものと(B)次亜塩素酸ナトリウムを多く含むものです。この2つは用途が異なります。(A)は主にトイレのしつこい汚れ、特に小便器の黄ばんだ沈着物を除去するのに使います。尿酸や尿素の変化したものが沈着物の主成分になっている場合が多いので強い酸で溶かそうということです(尿酸や尿素はアンモニアの仲間と考えていい物質ですからアルカリ性です。酸に溶けます)。(B)は台所での汚れ落としです。酸化剤として働きますので漂白、殺菌作用があります。
私の家にある(A)のラベルを見ると9.5%の塩酸を含むと書いてあります。これは結構濃いです。pH=1という塩酸よりも10倍以上濃いです(市販の濃塩酸の濃度は37%です。10%というのはかなり濃いというのがわかります)。ものを溶かす時に使うときの酸は濃いものが多いです。ラベルには「他の塩素系の製品と混ぜると危険です。」とも書かれています。(A)と(B)を混ぜると危険だということです。
塩酸が働きの強い酸であるというのはよく知られていますから皆、注意して使います。ゴム手袋をはめたり、しぶきが飛び散らないようにしたりします。(B)を使うときはほとんど気にしなくてもいいでしょう。台所の洗い物がお酢を使った料理の後のものであるかどうかなんて気にする人はいません。(B)は家具や柱、壁などの汚れを取る時にも使いますから家中あちこちで使う可能性があります。

(A)と(B)を混ぜるとどうなるでしょう。塩素Cl2が発生します。
2HCl+NaClO ⇒ Cl2+NaCl+H2O

これは2段階で起こります。
HCl+NaClO ⇒ NaCl+HClO  (1)
HCl+HClO ⇒ Cl2+H2O     (2)
(2)は塩素を水に溶かす時に起こる反応の逆反応です。
(1)の反応は酢酸でも起こります。でも(2)の反応は酢酸ではおこりません。
   10%というような濃い塩酸があれば(1)、(2)の2つの反応が一度に起こってしまいます。
   
 反応式だけからいえば食塩と酢酸でも反応は起こることになります。でも普通の料理に含まれている食塩と酢の量でしたら生成する塩素の量は微々たるものです。塩素は水素や酸素、窒素に比べて水によくとけます。二酸化炭素の溶解度に近いです。意図的に食塩水と酢,洗剤(B)を混ぜない限り気にする必要のないものだと思います。
食酢の濃度は約5%です。でも電離度が小さいですから塩酸に比べると働きが弱いです。食酢をほとんど薄めないで使うような料理もありますが普通に食べることができます。酸としての働きの強さを比べると同じ濃度で100倍ほどの違いがあるのです(濃度が0.1mol/Lの場合、塩酸でpH=1,酢酸でpH≒3)。

台所用の洗剤とトイレ用の洗剤を混ぜて使うということはふつうしませんね。
でも(B)でやってみたがうまく汚れが落ちない、働きの強い(A)を重ねて使ってみたということは起こる可能性はあります。以前死亡事故があったのはお風呂場の汚れをとる作業中だったように記憶しています。家庭の中の、誰でもが手にすることができる場所に2つの薬品があればやはり注意は必要だろうということです。

結論的にいうと
塩素系ということだけで怖がる必要はありません。
注意しなければいけないのは(A)です。

水道水の消毒にも塩素が使われています。
わずかな量の次亜塩素酸を怖がるのであれば水道水も怖いということになります。

「混ぜるな! 危険1」と書いてあるのは塩素系の洗剤ですね。塩素系の洗剤には2つの種類があります。(A)塩酸を多く含むものと(B)次亜塩素酸ナトリウムを多く含むものです。この2つは用途が異なります。(A)は主にトイレのしつこい汚れ、特に小便器の黄ばんだ沈着物を除去するのに使います。尿酸や尿素の変化したものが沈着物の主成分になっている場合が多いので強い酸で溶かそうということです(尿酸や尿素はアンモニアの仲間と考えていい物質ですからアルカリ性です。酸に溶けます)。(B)は台所で...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q1Frは何mm?

吸引カテーテルなどの12Fr、1Frは何mmになりますか?(さっきの、質問に引き続きさせて頂きます)

Aベストアンサー

チューブ類のサイズ表示はFrは外径で、mmは内径です。

一般的には1Frは1/3mm(0.33mm)、3Frが約1.0mmです。
これは計算しやすく四捨五入されている数字です。

Fr÷3=mm(外径!)です

普通使うのは単純計算の1/3で十分ですが、本当ならチューブの厚みでの違いも入ってくるとmmの外径と内径の差が出てきますね。

例えば15Frのチューブと同じ太さのものは5mm(外径)
ですが、医療用に使われているチューブのmm表示は内径なので、5mmのものと15Frのものを比べると5mmの方が若干太いのではないでしょうか?

ちなみに挿管チューブは内径mm表示で吸引チューブは外径Fr表示です。
カテとかは内径mm・外径Fr両方が表示されているものもありますね。

QSBS(重亜硫酸ソーダ)と次亜塩素酸ソーダの反応式

SBS(重亜硫酸ソーダ)と次亜塩素酸ソーダの反応式が知りたいのです。
水に次亜塩素酸ソーダを入れると酸化作用(殺菌作用)が発生しますが、
SBSを加えることにより還元され、酸化作用がなくなります。
それを化学式で表すと、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

重亜硫酸ソーダは NaHSO3 で,還元剤として次式に従って反応します。
NaHSO3 + H2O → Na+ + 3H+ + SO4(2-) + 2e-

次亜塩素酸ソーダは NaClO で,酸化剤として次式に従った反応をします。
NaClO + 2H+ + 2e- → NaCl + H2O

両者を混ぜた時の反応は,両式を足し合わせて次式となります。
NaHSO3 + NaClO → NaHSO4 + NaCl

いかがでしょうか。


人気Q&Aランキング