これからの季節に親子でハイキング! >>

マルクスは資本主義の崩壊を予言し、計画経済を提唱しましたが、これはどのような説に基づいて提唱したのでしょうか?
調べてみたところ、タイトル通り「労働価値説」または「剰余価値説」に基づいているのかと思いましたが、この2つの説の違いがわかりません。。。
どなたかご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 学生時代に多少マルクスの経済学を勉強しました。

いまは経営の現場のほうに縁が深いのですが、意外にいまでもマルクスの理論はばかにできないなと感じるときがあり、ちょこちょこと本を読んでいます。マルクスの議論には当然さまざまな批判もあるのですが、ここではまずはご質問に答えてマルクス自身の考えをできるだけ説明できればと思います。

>マルクスは資本主義の崩壊を予言し、計画経済を提唱しました

と一般によくいわれるのですが、あまり正確な表現ではありません。そのあたりも含めておおざっぱに書いてみます。

 マルクスは、資本主義というシステムを基礎にして経済が発展しつくすことによって、生産力と生産様式(いま風に社会システムといってもよいでしょう)に矛盾が生じ、必然的に社会システムが次の段階に進まざるを得なくなると考えました(なぜ現在そうなっていないのかについてはマルクスの見解を支持する人のあいだにもいろいろな意見がありますが、基本的には、資本主義という社会システムはマルクスが考えていたよりも強靭で、矛盾をはらみながらもなおそれを調整しながら発展していると考えられるようです)。

 労働価値説は、商品相互が交換される(現実には貨幣がなかだちしますが)のはそれぞれの価値が等価だからであるという認識を前提に、その価値がどのように形成されるのかについての理論です。かんたんにいえば、原材料の価値+生産に要した機械などの価値を生産個数で割ったもの+その商品の生産に投入された労働の価値=商品の価値、と考えるわけです。

 しかし、これでは「利益」が説明できません。個々の商品の価値がこのように形成され、商品相互が等価で交換されるのであれば、利益はうまれないはずです。そこでマルクスは、その利益の源泉が剰余価値であると考えました。これまた非常にかんたんにいえば次のようになります。労働の価値が商品の生産に投入されるためには、労働者が自分の労働を生産のための資金(資本)を持つものに売る必要があります。つまり、労働と賃金を交換するわけですが、マルクスはこの交換プロセスだけは等価で交換されておらず、労働はいわば安く買い叩かれているとみました。これは別に資本をもつ者(資本家)が悪辣だからではなく、詳しくは省略しますが、労働という商品のもつ本質的な性格に由来するとマルクスは考えました。こうした不等価交換によって資本家が手にする利益の源泉が剰余価値です。この利益が労働者に還元されればよいのですが、そうならないので「搾取」といわれるわけです。

 しかし、このように考えるとやはり剰余価値の部分を一方的に持っていかれている労働者には、この仕組みはあまりおいしいものではありません。他方で、剰余価値の部分は株主など現実にはただお金をだしただけの人たちがもっていってしまいます。社会全体の生産力が向上し世の中が豊かになっても、労働者のほうには相対的にその豊かさがあまりまわってきません。それがいろいろなところでひずみを生み出すので、いずれ資本主義という、剰余価値に利益の源泉を求め、その利益をお金のある人が分配してしまうシステムは、いずれ限界が来るだろう、とマルクスは考えたわけです。もちろん、彼が考えた資本主義のひずみというのはこれだけではありませんが、ご質問に即するとこうした説明になるかと思います。

 注意が必要なのは、マルクスは決して剰余価値の存在が倫理的に悪いと思っていたわけではないということです。また、有名な「資本論」のまえがきで、個々の資本家を道徳的に糾弾しようと思ってこの本を書いたわけではないという趣旨のことを述べています。少なくとも彼自身は、資本主義というシステム自体の発生も必然であり、それゆえその消滅もまた必然であると考えていました。

 ただ、消滅が必然であるといっても、どのように資本主義システムが消滅し、次の社会システムがどのように形成されるのかはその時々のいろいろな条件によって異なる可能性があるとマルクスは考えていたとみられます。というのは、彼は資本主義「以後」の社会システムについて具体的な構想をほとんど示していないからです。抽象的・理念的な表現はされていますが、たとえば剰余価値システムに代わる新しい拡大再生産の源泉などは示されていないと思われます。
 したがって、彼が「計画経済」を提唱したことはありません。旧ソ連などで展開された「計画経済」の考え方は、主にスターリンと帝政ロシア以来の伝統を引き継ぐ高級官僚によって作り出されたものであり、さらにスターリン以後の具体的な政策はむしろ近代経済学に依拠している部分が大きいといってもいいかもしれません。

 正確さにかける点があれば、経済学研究者の方にご指摘いただければと思いますが、大筋はこんなところではないかと思います。あくまでご参考になれば幸いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
wikiなどで調べてみたのですが、よくわからず質問させていただきました。

労働価値説と剰余価値説の説明だけでなく、マルクスが予言したといわれている「資本主義の崩壊」についても説明していただき、大変勉強になりました。
労働価値説から剰余価値が生まれたのですね。この2つの説の違いというか、本質のようなものがわかった気がします。

>資本主義という、剰余価値に利益の源泉を求め、その利益をお金のある人が分配してしまうシステムは、いずれ限界が来るだろう、とマルクスは考えた

「マルクスが資本主義の崩壊を予言した」と聞きましたが、こういうことだったのですね。とてもわかりやすかったです。

ご丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/15 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働価値説は誤りではないですか?

マルクスの労働価値説は誤りではないですか?ソ連の歴史を見ますとマルクスの労働価値説は誤りではないかと思いますが如何でしょう。
理屈で考えても汗流して労働して価値を生み出すというのは、おかしいと思います。「頭の良い人は知恵をだせ、頭の悪い人は汗を出せ。」と言うではないですか。それに、発明をして、技術進歩して、人間の労働力なしに生産することで経済が進歩してきたのですから、マルクスの労働価値説は誤りだと思うのですが、マルクスは経済学者として一流だと言う人が多いようで良くわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

19世紀のイギリスには、生産面から商品の価値を考える労働価値説という経済学派があり、それを完成させたのが、マルクスということになっています。

『資本論』第一巻が出版された頃、消費の面から商品の価値を考える、限界効用価値説という経済学説が発表されました。普通の経済学は、限界効用価値説を発展させたもので、マルクスが属した学派とは、系統が違います。

労働価値説では、商品の価値は、生産過程で、どれくらいの労働時間が投入されたかで決まると考えます。簡単に言うと、コストをかければかける程、商品の価値は大きくなると考えるのです。

逆に、希少なものであっても、生産に必要な労働時間が少なければ、価値は小さいと考えます。労働価値説では、汚い川の水を浄水施設で殺菌した飲料水と、そのまま飲める湧き水では、コストをかけて飲めるようにした川の水の方が、価値が大きいと考えます。

限界効用価値説の方は、商品が市場で、どのくらい評価されるかで決まると考えます。簡単に言うと、どんなにコストをかけて作った商品でも、市場で売れなければ、価値はないと考えます。限界効用価値説では、汚い川の水から作った飲料水と、そのまま飲める湧き水の例では、湧き水を欲しがる人の方が多いですから、湧き水の方が価値が高いと考えます。

ソ連や昔の中国は、労働価値説で経済運営をしたために、コストを下げようと努力するどころか、無駄なコストをどんどんかけたので、経済が崩壊してしまいました。

希少な自然資源は、価値が小さいと考えられたので、無駄遣いされ、世界第三位の大きさのアラル湖が干上がるというような、自然破壊を起こしました。

『資本論』は、加減乗除という、小学校レベルの算数だけで構成されていますので、マルクス経済学には、数学の出来ない人が集まってしまいました。そういう人たちは、高度な数学モデルを駆使する普通の経済学には転向できませんから、大学のお荷物になっているそうです。

科目名をマルクス経済学にすると、学生が逃げるので、総合経済学とか、経済原論とか、政策経済学と言った科目名にして、学生を騙しているようです。

19世紀のイギリスには、生産面から商品の価値を考える労働価値説という経済学派があり、それを完成させたのが、マルクスということになっています。

『資本論』第一巻が出版された頃、消費の面から商品の価値を考える、限界効用価値説という経済学説が発表されました。普通の経済学は、限界効用価値説を発展させたもので、マルクスが属した学派とは、系統が違います。

労働価値説では、商品の価値は、生産過程で、どれくらいの労働時間が投入されたかで決まると考えます。簡単に言うと、コストをかければ...続きを読む

Q経済学-資本論] 余剰価値=搾取でしょうか?

マルクスの資本論について解説したホームページなどを読んでいて、余剰価値や搾取という言葉がありますが、どうしても納得できないところがあります。
資本論では、余剰価値=搾取と考えていますが、資本家や経営者の頭脳労働や、リスクに対する保険のコストとは考えないのでしょうか?
資本家も頭脳労働者や保険屋(労働ではない?)であり、余剰価値の搾取とはならないのではないかと思うのですがどうなのでしょうか?
資本家に権力なようなものがあったとしても、それを、維持するコストと考えると、やはり、搾取と考えるには、いまいち納得できません。
余剰利益をとっておかなければ、資本家という立場すら維持ができなくなるため、必要経費とも思えるわけです。
また、長い目で見ると、資本家も、資本家同士の壮絶な競争に巻き込まれており、全員の利益を平均化すると、労働者のそれと大差がないように感じますが、マルクスはどのように考えていたのでしょうか?
資本論によると、資本家はかなり有利な立場に書かれていますが、そこまで有利な立場にも見えないところがあります。
言い変えると、ハイリスク、ハイリターンを行うのが、資本家であり、ローリスク、ローリターンを行うのが、労働者とも見えるのですが、いくら考えても納得できません。
このあたりの疑問を説明していただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

マルクスの資本論について解説したホームページなどを読んでいて、余剰価値や搾取という言葉がありますが、どうしても納得できないところがあります。
資本論では、余剰価値=搾取と考えていますが、資本家や経営者の頭脳労働や、リスクに対する保険のコストとは考えないのでしょうか?
資本家も頭脳労働者や保険屋(労働ではない?)であり、余剰価値の搾取とはならないのではないかと思うのですがどうなのでしょうか?
資本家に権力なようなものがあったとしても、それを、維持するコストと考えると、やはり...続きを読む

Aベストアンサー

私事で多忙になってしまったため、最後にします。

>資本家側は圧倒的に有利なのか
少なくともマルクスの生きた時代には圧倒的に有利です。
現在でもそれほど変化していると思えません。

>領地や植民地の争奪競争、日本であれば戦国時代、最近だと、M&Aなどを考えています。
かなり変わった考え方をしておられます。争奪競争というのが戦争を意味しているのなら、経済理論がマルクスであれ、近代経済学のケインズ経済学であれ、適用できると考えるのが間違っています。
経済で使う「競争」などの専門用語は正しく理解しないといけません。
lala_ffさんが、マルクス経済学で使う「労働者」「資本家」の区別も明確にできているようには思えません。
現代に適用するなら、株式会社は誰のものか?というのも考えないといけませんが、主流の考えは、「所有と経営の分離」から株主が株式会社の所有者と考えます。この考えをとれば、資本家は株主、経営者と言えど、御雇の労働者に過ぎません。

>一般の労働者は
失業という大きなリスクを背負っています。現在の株主は、株式会社の資本という一部のリスクを背負っているだけです。限定責任なので。その企業の負債総額にあたるリスクを背負っているわけではありません。
また経営者の責任は、現在、曖昧で、法的に緩すぎるのではないかという議論があります。また、経営失敗の責任は、リストラを通じて、労働者にふりかかります。
ベンチャーに出資する部分は資産の一部なら、資本家が資産を平均的にハイリスクに回しているわけではありません。
例えば、10億円の資産が資本家にあれば、銀行預金というローリスクで、雑駁にいえば、現在の日本でも年利1%程度にはなり、年1000万円(税前)の収入となります。
同じく、資産ゼロの労働者で、アルバイトの方なら、lala_ffさんのいうようにローリスクだったと仮定しても、これだけ稼ぐ事は不可能でしょう。
また、マルクスでも、近代経済学をベースに考えても、アルバイトを最低賃金で雇って利益を出せないなら、その企業が市場に存在する価値はないし、経営者に経営の能力があるとは思えませんが、それでも、経営者や株主が利益を得ていいと考えているなら、資本家側の言い訳に洗脳されていると言われても仕方ない気がします。

>ベンチャー
特に詳しいわけではないですが、NHKなどの報道では、ベンチャー専門の出資者は、出資した企業のうち、1/100の企業が成功すれば採算があう(十分な利益が得られる)そうです。

>一般の労働者はそこまでの大きなリスクを負ってまで勝負をしていない
(ハイリスクな)競馬などに破産寸前まで賭けている労働者はたくさんいるのではないでしょうか。

私事で多忙になってしまったため、最後にします。

>資本家側は圧倒的に有利なのか
少なくともマルクスの生きた時代には圧倒的に有利です。
現在でもそれほど変化していると思えません。

>領地や植民地の争奪競争、日本であれば戦国時代、最近だと、M&Aなどを考えています。
かなり変わった考え方をしておられます。争奪競争というのが戦争を意味しているのなら、経済理論がマルクスであれ、近代経済学のケインズ経済学であれ、適用できると考えるのが間違っています。
経済で使う「競争」などの専門用...続きを読む

Q差額地代説について

差額地代説というのが良く分かりません。検索してもほとんどなくて困ってます。一応、検索した中で一番分かり易そうなサイトで、
「リカードは肥沃な土地から順に生産を拡大すると仮定。価格は市場(「一物一価の法則」)により最劣等地の投下労働量によって決定される。すると肥沃な土地には余剰が発生することになり、それが地代を形成する。土地の収穫逓減が理論的基礎にある。」
と説明されていました。しかし、全くと言って良いほど分かりません。どなたか差額地代説について教えてください。

Aベストアンサー

 わたしもよくわかってるわけではないんですが……
 まず前提として、小作人が地主に地代を払って土地を借り、そこで農作物を作り、それを市場で売って生活している、という状況を想定します。
 小作人の労働力が同じでも、肥沃な土地からはたくさんの収穫が上がります。わかりやすくするために、いちばん痩せた土地でできる作物の市場価格を10、いちばん肥沃な土地でできる作物の市場価格を100としましょう(土地の面積、小作人の数、作物の品質はどちらも同じ)。小作人の生活費は5、小作人の利益は1と仮定します。そうすると、痩せた土地の地代は10-(5+1)=4、肥沃な土地の地代は100-(5+1)=94、となります。このように、小作人の取り分(労働投入量+一般利潤)が決まっていて、それと土地の生産力との差(=超過利潤)が地代になる、というのがいわゆる「差額地代」の考え方です。だから肥沃な土地ほど地代は高くなる、ということですね。
 で、これじゃ稼ぎが少ないからというので、小作人の数つまり労働投入量を倍にしても、収穫は倍になるわけではありません。土地の生産力の限度で頭打ちになりますから、そこから先はいくら小作人の人数を増やしても、一人あたりの収穫量は逆に減っていってしまいます。これが「収穫逓減の法則」ですね。
 リカードとマルクスで少し考え方が違っていたと思うんですが、差額地代論の基本はこんなところだろうと思います。わたしも考え違いがあるかもしれませんが……その場合は、すいません。

 わたしもよくわかってるわけではないんですが……
 まず前提として、小作人が地主に地代を払って土地を借り、そこで農作物を作り、それを市場で売って生活している、という状況を想定します。
 小作人の労働力が同じでも、肥沃な土地からはたくさんの収穫が上がります。わかりやすくするために、いちばん痩せた土地でできる作物の市場価格を10、いちばん肥沃な土地でできる作物の市場価格を100としましょう(土地の面積、小作人の数、作物の品質はどちらも同じ)。小作人の生活費は5、小作人の利益は1...続きを読む

Qスミスの分業論について

明日「スミスの分業論」についてテストがります。内容は、スミスの分業論と社会に出るということについて論ぜよ、といったものです。どなたかスミスの分業論についてご存知の方がいましたら教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

分業すなわち、特化することで、経済効率が上昇するのではないでしょうか。

Qマルサスの『人口論』『人口の原理』について

ご存知の方、その内容やマルサスについてよくご存知の方、できるだけ詳しく教えてください。

Aベストアンサー

人口論とは、人間は、なんの制限もなければ、倍々ゲームで増えていくが、生存に必要なものを作る人の増加は、一気には増えないため、人口は、生存に必要な物資の生産力に制限されるという理論。
「人口は1、2、4、8とネズミ算のように増えていくのに、食料生産は1、2、3、4としか増えていかない。これにより遠からず食料危機が訪れる」ことです。

人口論も、人口の原理も同じです。
人口論についての図解
http://inoshin.com/lecture/powerpoint/fukusi/10/Slide20.html

マルサスは、18世紀のイギリスの有名な経済学者です。

Qマルクス 剰余価値からの利潤転化

交換を通して、「余剰価値」が産まれるのは理解できるのですが労働過程の中で剰余価値が発生し、それが利潤に転化する仕組みがわかりません・・・。「余剰価値を生み出すものは余剰労働の搾取と技術革新」???

Aベストアンサー

・搾取
マルクスは絶対余剰価値として説明しています。
ある工場を想像して下さい。そこで労働者は8時間働いています。そして、そこで生産される商品を資本家は販売して利益を得る。この8時間労働で労働者は日給1万円貰える。(ちなみにマルクスはこの賃金を生活に最低限必要な金額と定義しています。)生産物から得られた収入が2万円だったする。

材料費などもありますが、単純に労働力だけと考えて、労働者は2万円の生産を行ったのに1万円しか貰っていない。つまり、一万円は資本家のフトコロへ・・・
このように、労働によって、1万円の余剰価値(資本家の利益)が生まれる、とマルクスは言ってるんです。そして、この余剰を増やすために資本家が労働者を酷使し、労働力を搾取している、というわけです。
(金額で説明しましたが、資本論の中では、時間を価値として説明しています。ここでいう給料1万円に当たる労働が4時間なのに、資本家は8時間も働かせている!というわけです。)

・技術革新
比較余剰価値と定義されています。
これも同様に現実社会を考えて下さい。今まで、手書きで書類を作っていたのに、PCの発達で明らかに時間短縮・生産量が増えてますよね?今まで8時間かかっていたものが1時間程度で済むわけです。では同じように8時間PCを使って働けば、8倍の成果がある。でも、労働者は8時間しか働いてないので給料は同じ。すると、この8倍になった利潤はどこへ?もちろん資本家のフトコロへ・・・実際には、8時間も働かせず、6時間程度にする。すると、支払う給料が減ってコスト削減になる。このコスト差も資本家にとっては利益になりますよね。


比較余剰価値論は数式を使って、資本論の中で説明されているので参照するのもいいかもしれませんが、ちょっとわかり難いかもしれませんね。数式自体も欠陥だらけなので・・・(もし、わからなければ、また聞いて下さい)

・搾取
マルクスは絶対余剰価値として説明しています。
ある工場を想像して下さい。そこで労働者は8時間働いています。そして、そこで生産される商品を資本家は販売して利益を得る。この8時間労働で労働者は日給1万円貰える。(ちなみにマルクスはこの賃金を生活に最低限必要な金額と定義しています。)生産物から得られた収入が2万円だったする。

材料費などもありますが、単純に労働力だけと考えて、労働者は2万円の生産を行ったのに1万円しか貰っていない。つまり、一万円は資本家のフトコロへ・・・
こ...続きを読む

Q数学のハット記号の意味がわかりません!

参考書にいきなり出て来た、関数の上に載っている"^"記号の意味が分かりません。
調べようにもどの本に載ってるのかもわからず、
ネットで調べようにも記号は調べられず、
ハットで検索しても関係ないものばかり出てくるのでわかりません。
どなたかハット記号の意味を教えてください。

Aベストアンサー

リアプノフ指数の話なら、
?dot{r(t)}=?hat{G}(t)r(t)
のGはヤコビアン行列じゃねーでしょうか。するとハットは行列をスカラーと区別するために付けてる記号かも知れません。だとすると最後の
hat{U}(0)=?hat{1}
の右辺は1じゃなくて単位行列。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q単純再生産と拡大再生産について知りたいのですが辞書や参考資料を見てもよ

単純再生産と拡大再生産について知りたいのですが辞書や参考資料を見てもよくわかりません。
どなたか小学生でもわかるように、それぞれの違いについて説明していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

二つの農家に例えてみます。

単純再生産の農家
去年作った100の食べ物を食べながら今年も100の食べ物を作り、来年も再来年も100の食べ物を食べて、100の食べ物を作る生活を続けていく。
作ったものを全部使いきって、同じだけのものをまた作るという繰り返しです。

拡大再生産の農家
去年作った100の食べ物のうち、90だけ食べて10はお金に換える。そのお金でいい肥料を買い、今年は110の食べ物を作る。来年はそのうちの90を食べて20はお金に換え、トラクターを買い、120の食べ物を作る。再来年は30売って土地を買い・・・
作ったものの一部を使って生産を増やしていきます。

Q株と証券と債券の違いを教えてください。

金融について勉強していくと株と証券と債券がごっちゃになってよくわからなくなってしまいました。
金融に詳しい方どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 株式(株)というのは,要するに株式会社の経営権を小口に分けて証券化したものです。株式を買うと,その会社の株主総会で議決権を行使できる一方,会社に対し株式に投資したお金の返還を請求することは基本的にできません。
 株式を現金に変えるには市場で売却するしかありませんが,証券市場における株価は様々な要因で変動しますので,投資したお金が戻ってくる保障はありません。

 債券というのは,会社が社債を発行して資金調達を行う際,会社に出したお金の返還請求権等を証券化したものです。債券のうち,会社が発行したものを社債,国が発行したものを国債,地方公共団体が発行したものを公債と呼びます。
 債券は,満期が到来すれば発行者から額面額が償還されるので,株式に比べ投資額が元本割れを起こす可能性は少ないです。ただし,満期前に債券を現金化するには,原則として市場で売却する必要があり(個人向け国債は例外),そのときに市場の金利水準が上昇していると,従来発行されていた債券の市場価格が下落し損失を被る可能性があります。また,発行者が倒産や財政破綻に陥った場合にも,満期に償還を受けられない可能性があります。

 証券は,株式,債券やその他様々なものを含む広い概念です。「証券とは何か」という問題については,民法や商法の学説でも議論が錯綜している難しい問題なので,深く言及することは避けます。

 株式(株)というのは,要するに株式会社の経営権を小口に分けて証券化したものです。株式を買うと,その会社の株主総会で議決権を行使できる一方,会社に対し株式に投資したお金の返還を請求することは基本的にできません。
 株式を現金に変えるには市場で売却するしかありませんが,証券市場における株価は様々な要因で変動しますので,投資したお金が戻ってくる保障はありません。

 債券というのは,会社が社債を発行して資金調達を行う際,会社に出したお金の返還請求権等を証券化したものです。債券のう...続きを読む


人気Q&Aランキング