最新閲覧日:

ただいまCDプレーヤーをネットオークションにて入札中なのですが
動作確認の説明で「出力端子をアンプへ接続し出力音を確認済みです。
※CDトランスポーターです。」とあったのですが、別の商品では「出力端子をアンプへ接続し出力音を確認済みです。」となっています。そもそもCDトランスポーターとは、なんのことでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

CDプレーヤーのしくみですが大ざっぱにいって2つで構成されてます。


まずはディスクに記録された小さな穴を読み取る部分。
これはデジタル信号なのでそのままでは音になりません。

次にこれを音にする部分です。
D/Aコンバーターと呼ばれてます。
ここでアナログ信号に変換するから耳に聞こえる信号になるのです。
1万円以下の安いCDプレーヤーにも両方入ってます。

この後でアンプとスピーカーを通って耳に聞こえる音になります。

CDトランスポーターというのは最初の信号を読み取る部分だけの製品です。
つまりD/Aコンバーターが入ってないのです。

どうしてこのような機械があるかというと、こだわるマニアは一つの入れ物に両方の機能が入っているとノイズが出て干渉するから別にした方がいいと考えてます。
だからCDトランスポーターとD/Aコンバーターの単体製品を使うのです。
このような製品はマニア向けの高級機種が多いです。
普通の人はこんなの買いません。

アンプへ出力して音を確認したということはD/Aコンバーター内蔵のアンプにつないだのでしょう。
これなら高級品でなくとも映画を観る時に使うAVアンプには内蔵されてます。
もちろん高級なD/Aコンバーター内蔵のオーディオアンプもあります。

このような条件を隠して「確認済み」と書くのは「とにかく売ってしまいたい。その後は知ったこっちゃない」と考える悪質な出品者です。
D/AコンバーターかD/Aコンバーター内蔵のアンプがなかったら使えないので騙されて買わないように注意してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。アンプの条件が満たないとおもわれましたので、入札の取り消しをお願いしたのにだめでした。今後は気おつけようとおもいます。

お礼日時:2007/07/15 19:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出力トランスの適合

現在6RA8をプッシュプルで使用した真空管パワーアンプを使用しております。しかしながら、この真空管はそろそろ寿命と思われますが、市場にほとんどものが無く、また高価なので、この際6CA7あたりに作り変えようと思いますが、6RA8用として使っていた山水の出力トランス「SW154」は6CA7のPPでも使用できるでしょうか?ご教示宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足に対して、何からお答えしようか?と...6CA7をビーム管接続のまま使えば30W以上
も可能でしょう。その場合はRL=3.4kΩです。Eb350Vで150/190mA
が、特性が変わりますので6RA8の3極管の音とは違ってしまうでしよう(もっとも、真空管が変われば音も変わりますが)。
先の回答は6CA7を3結で使った場合のデータです。[SW154]に流れる電流は6RA8で80/144mA、6CA7(3結)で130/142mA (無信号時/最大信号時)最大信号時はほぼ同じですね。それより、ヒータ電圧と電流が6.3V/1.0A(6RA8)、6.3V/1.5A(6CA7)ですのでA電源の余裕が欲しいところです。
固定バイアスで使うことも可能です。その場合、Eb 400V-28.6V=371Vでよろしかろうと。
6RA8も6CA10もビーム管構造で、内部で3結にしています。6CA7を使うのであれば、3結PPをおすすめします。

Q出力トランスの導通

10KΩ・PPの非常に古いサンスイ出力トランスを入手しました。外形はなかなかきれいです。P-SG-B B-SG-P となっており、テスターで導通を調べてみると、両側ともに、B-SG はOK、 SG-P はOKですが、B-Pでは全く導通がありません。これは断線で使用不可能でしょうか?

Aベストアンサー

No.1です

質問を勘違いしてました。
回路図にあるようにB~SG~Pはつながっているのでこの3つの端子はどれも相互に導通があるはずですね。(B-P巻き線の途中にSG端子を出している)
トランスとして機能するかは一次側にある二つの巻き線それぞれに12Vくらいの交流電圧をかけて二次側に電圧がでるかチェックするくらいでしょうか。
一次側半分のP-B間に12Vをかけ、二次側16Ωでは1/12くらいの電圧がでればトランスとして機能していると判断されます。またこの時、一次側のB-SG間はB-P間にかけた電圧の半分より少し少ないくらいの電圧がでていれば一次側も機能していると思われます。一次巻き線が二つにわかれているので、別の巻き線も同じようにチェックします。
トランス単体でチェックする方法はこれくらいでしょうか。
もっと積極的に確かめるには簡単なPPアンプ(例えば6CG7や12BH7Aなどの双三極管)をつくって特性をとってみることくらいでしょうか。三極管はプレート回路が切れても音がでなくなるだけで真空管をだめにすることはないし、この双三極管はプレート電流が少ない(プレート電圧250Vで8~10mAくらい)ので簡単に試せます。手持ちがありましたら実験してみることをお勧めします。

No.1です

質問を勘違いしてました。
回路図にあるようにB~SG~Pはつながっているのでこの3つの端子はどれも相互に導通があるはずですね。(B-P巻き線の途中にSG端子を出している)
トランスとして機能するかは一次側にある二つの巻き線それぞれに12Vくらいの交流電圧をかけて二次側に電圧がでるかチェックするくらいでしょうか。
一次側半分のP-B間に12Vをかけ、二次側16Ωでは1/12くらいの電圧がでればトランスとして機能していると判断されます。またこの時、一次側のB-SG間は...続きを読む

Q真空管アンプのトランスについて

先日、6BQ5のプッシュプルのアンプを購入しました。
自作丸出しのアンプです。一応お店で購入しました。

ボリュームのつまみ以外にもう一つつまみがあるので、
店員さんに質問してみると、「ダンピングファクターを調整するつまみ」
だと思うと言われました。
触った感じは無段階の普通のボリュームです。
そのつまみをMAXにすると、ちょっと音が騒々しくなります。

あともう一つ、このアンプには、トランスが5つも積まれています。
電源トランス、その隣に木枠と網で保護された謎のトランス、
そしてチョークトランスと出力トランスが2個です。

店員さんに聞いても、木枠と網で保護されているトランスは
なんのためについているのかわからない。っといわれました。
電源トランスを2個使っている。っということなんてありえるでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

電源系にトランスを複数用いる事。。。あり得なくは在りません。

一般的に、管球アンプでは2種から4種の電源が必用で、一つのトランスで複数の電源系回路を組める場合なら良いのですが、適した出力タプが無かったりする場合は複数のトランスで対処する事も少なく在りません。

また、多くの場合は主電源トランスの後で、整流平滑回路系に「チョーク」と呼ばれるトランスを用いて理想的な電源を構成する事が多いので、それなりに音質重視の場合は、1個で済むなら主電源のトランスが1個、チョークトランスが1個、出力段のアウトプットトランスが左右分で2個、合計4個という構成のステレオパワーアンプが一般的です。
この他に、初段管と次段管の間にトランスを用いている回路構成もあり得ます。
もしくはPP動作の為に、上下の信号分割反転にトランスを用いたり、あるいは信号入力にもトランス受けとしたり、、まぁ、とにかく、トランスを使おうと思えばいろんな部分に活用が可能ですし、いろんなケースがあると思います。
『木枠と網で保護された謎のトランス』って事は、絶縁性と防振性を考えた部分だと想像もできますので、高電圧が掛かっているけれどアースに落とせない、という中間トランスという考え方なのでは無いでしょうか?

また、「ダンピングファクターを調整するつまみ」と説明された部分は、おそらくNFBの量を多少加減する部分でしょう。
楽器用のギターアンプやベースアンプなら「プレゼンス」という表記だったりするツマミだと想像出来ます。

ダンピングファクター値を低くすると、スピーカーの個性に任せっきりで、野方図に鳴らす。と言う方向に成ります。逆はアンプ側がスピーカーを制動して、在る程度スピーカーの個性を抑制する、という方向に成ります。
微妙な音の変化だと思いますので、どのように扱うかは聞いた人の判断次第でしょう。
(音量変化は大きく出ると思います、音の質的変化を感じられるかどうか、、こればかりは聞いた人の感性とか、組み合わせたスピーカー等で、大きな違いが感じられたり、変化をほとんど感じられなかったりしますので、、、)

推測出来る範囲では、私の知識では、この程度ですねぇ。
参考になれば良いのですが、、(汗)

はじめまして♪

電源系にトランスを複数用いる事。。。あり得なくは在りません。

一般的に、管球アンプでは2種から4種の電源が必用で、一つのトランスで複数の電源系回路を組める場合なら良いのですが、適した出力タプが無かったりする場合は複数のトランスで対処する事も少なく在りません。

また、多くの場合は主電源トランスの後で、整流平滑回路系に「チョーク」と呼ばれるトランスを用いて理想的な電源を構成する事が多いので、それなりに音質重視の場合は、1個で済むなら主電源のトランスが1個、チョー...続きを読む

QCDレシーバー?CDチューナーアンプ?

CDレシーバーやCDチューナーアンプって一体何でしょうか?
AmazonでCDプレーヤーで検索したら出てきたのですが、調べてもCDプレーヤーとの違いがよく分かりません。
CDプレーヤーのようには使えないのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

CDレシーバーは「CDプレーヤーとラジオ」の機能が一体化した物

CDチューナーアンプは「CDプレーヤーとラジオとアンプ」が一体化した物

>CDプレーヤーのようには使えないのでしょうか?

ライン出力を備えていれば単体のCDプレーヤーとしても使えます

オーディオのカテで「CDプレーヤー」と言えば単体の機械ですから、他にアンプとスピーカーが必要になりますが…

質問者さんの中では「CDプレーヤー」とは、どんな物という認識でしょうか?

CDプレーヤーだけで音が出る物でしょうか?

それとも、アンプに繋げて使う物でしょうか?

CDプレーヤーだけで音が出せる物を探しているなら「CDラジカセ」で検索してみる方が良いでしょう

Qアンプのスピーカー端子ナットが外れない

DENON PMA-2000AE背面に付いているスピーカー端子に丸型端子を取り付けようと思うのですが、スピーカー端子ナットをゆるめて外そうとしても途中で止まってしまいます。これは物理的にそのような構造になっているのでしょうか

Aベストアンサー

小型のボルト・ナットの組み合わせの場合、ナットの紛失を防ぐため、ボルト端部のネジが正常に切られていない場合があります。特に小型家電の端子などでよく有ることです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報