よく「申し訳ございません」という言葉を耳にしますが、
これは日本語として正しい表現なのですか?

「申し訳ありません」とどちらが良い表現なのでしょうか?

A 回答 (7件)

【申し訳】が「ある」「なし」、「あります」「ありません」、


「ございます」「ございません」で言葉が成り立っているのではなく、
【申し訳な・い】というひとつの言葉ですので、
「【申し訳な・い】ことです(ことでございます)」
「【申し訳な・い】ことになった(ことになりました)」
「【申し訳な・く】思った(思っております)」
「【申し訳な・さ】でいっぱいです」
などと表現出来るかと思います。
ちなみに、「【申し訳】がある・あります・ございます」のような言い方はないと思います。

最近は誤用がひとり立ち(?)すると認めることにするきらいがありますが、
【申し訳】を独立させて「有・無」で表現する言葉を作れば、
「ございません」も「ありません」も、全部OKのような気もしますが、
やっぱり「【申し訳】あります(ございます)」は無いですネ。
さて、誤用がどの辺からOKなのか不明です。

ま、他人の事はともかく、気付いた事を得したと思って、
自分だけ正しく言うように気をつけて居れば良いのではないでしょうか。

似た言葉で、
○「かたじけない」はあるけど、×「かたじけある」なはい。
これも同様で、時代劇でも「【かたじけない】事でござる」という台詞は
耳に馴染みますが、「【かたじけ】ござらん(ござる)」は馴染みません。
もし出てきたら誤用でござるかも知れません(小笑)。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

非常に詳しい回答、どうもありがとうございました!

厳密に文法と照らし合わせてみると、私たちの使っている言葉は間違いだらけなのでしょうね。

お礼日時:2007/07/21 20:43

再びNo.6です。



辞書にも載ってました。【申し訳ない】でひとつの形容詞です。
【申し訳な・い】(形)
【申し訳な・が・る】(動ラ五)
【申し訳な・げ】(形動)
【申し訳な・さ】(名)       のように使います。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BF%BD …

【申し訳】を独立した名詞で使う場合は、
「【申し訳】をする」
「【申し訳】がたつ」
「【申し訳】程度の雨が降る」
「【申し訳】ばかりのお礼」
「【申し訳】がない」       のように使います。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BF%BD …

よって、「【申し訳】ありません」「【申し訳】ございません」は誤用で、
「【申し訳】がない」「【申し訳】がありません」「【申し訳】がございません」
のように使う事になりますね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

納得しました!

詳しい回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2007/07/21 20:45

はじめまして。



ご質問1:
<よく「申し訳ございません」という言葉を耳にしますが、
これは日本語として正しい表現なのですか?>

正しい表現です。

(1)「ございません」は「ござりません」が音便化したものです。

(2)肯定形「ござる」は「ある」の丁寧語です。

(3)「ありません」は「ない」の丁寧表現のひとつですが、「ございません」はさらに丁寧な表現になっています。

(4)原義は「申訳ない」ですが、それが丁寧語として、「申し訳ないです」→「申し訳ありません」→「申し訳ございません」と、より丁寧に変化したものです。

(5)「ない」は=「ありません」ですから、「申し訳ないです」→「申し訳ありません」の流れは間違っていません。


ご質問2:
<「申し訳ありません」とどちらが良い表現なのでしょうか?>

どちらも敬語を用いているので、失礼にはあたりません。状況により、敬意を必要とする場面では、「申し訳ございません」の方が好ましい場合もあります。

以上ご参考までに。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

大変詳しい回答、どうもありがとうございました!

日本語は難しいですよね。特に敬語は注意しなければなりません。
特に失礼でなければさほど神経質になる必要はないのでしょうか・・・

お礼日時:2007/08/04 05:39

どちらも正しい日本語です。


「~ございません」のほうが「~ありません」よりもいっそう丁寧だという違いがあるだけです。

なお、質問から離れますが、近年、「申し訳ない」は一個の形容詞なので、「申し訳ありません」、「申し訳ございません」はともに正しくないという主張を目にします。
まったくの謬説です。
「申し訳ないことをしました」は「申し訳(の)ないこと~」でこれはこれでまっとうな言葉遣いです。
しかし文末で「申し訳ありません。」というのを誤りとするのは妥当とは言えません。
文語では格助詞が表に出ないので、口語なら「申し訳がない」と言うところを「申し訳無し」といい、「異常無し」と言いました。
これが口語にそのまま受け継がれたものです。
「勿体ない」などのように形容詞になりきったものとは違います。
「お変わりなくお過ごしでしょうか」の「お変わりない」が一個の形容詞ではないのと同じです。
「お変わりございませんか」
「差し支えありません」
「そうに違いありません」
みな正しい日本語です。

「申し訳ないです」などという誤形を用いるより、「申し訳ありません」のほうがはるかにりっぱな日本語であり、なんら“問題ありません”。
*「問題ない」は一個の形容詞ではなく、「問題(が)ない」の格助詞が表に出ていないだけですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しい回答どうもありがとうございます!

お礼日時:2007/08/04 05:41

どちらも正しい表現だと思います。



「申し訳ない」で一語の形容詞とみる見方もあるのでしょうが、「申し訳」だけでも名詞として立派に使える日本語ですから、「申し訳(が)ありません」を間違いとするのは、私の感覚では変だと思います。


ちなみに、こちらのオンライン辞書では「一概に間違いとは言えないであろう」としています。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%9 …

こちらでは、「申し訳ありません」という例文を載せています。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%9 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!

お礼日時:2007/08/04 05:41

私の聞いたところでは、「申し訳ない」という形容詞が本来の形なので、「申し訳ありません」「申し訳ございません」のいずれも誤用とのことでした。



ただ、おそらくは「申し訳」を名詞と捉えての「申し訳ありません」「申し訳ございません」が一般化しつつあるため、誤用と断定し難くなってきているのかもしれません。現に、マス・メディアなどのうちことばにある程度気を遣うべきケースでも、これらの「誤用」表現を使っていることがしばしば見られます。

そして、いずれも正しい表現といえる、ないし正しいとまではいえないが許容できる表現だといえるのなら、「ございません」を付けたほうがより丁寧な響きがありましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答、どうもありがとうございます!

お礼日時:2007/08/04 05:42

「あります、ありません」を「ございます、ございません」にするかしないかというだけで、どちらも正しいのではないでしょうか?


相手がより目上の場合に「申し訳ございません」を使うのが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!

お礼日時:2007/08/04 05:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q「申し訳ありません」と「申し訳ございません」?

手紙や葉書、メールや日常会話などで、よく耳にする「申し訳ありません」と「申し訳ございません」、いったいどう違うのですか?教えてください。

Aベストアンサー

「あります」と「ございます」の否定ですね。
「あります」と「ございます」についての質問の答えがありますから、それを参照なさるとよいでしょう。
→ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416546789

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「個」「ケ」「コ」の表現はどれが正しいの?

色々なカタログをみていると、
(1)「1個」
(2)「1ケ」
(3)「1コ」
と書かれているものがあります。

(2)の「1ケ」は間違いだ!と先日指摘している人がいました。
この使い方はおかしいのでしょうか?
私は3つとも正しいとおもうのですが・・・
ちょっと気になったので教えて下さい。

Aベストアンサー

結論から云うと三者とも正しいです。
(2)「ヶ」ですが、一個、二個とかぞえる場合に、「箇」と云う字を用いる事があります。これを略して竹冠の右側だけ書いたのが「ヶ」です。
漢字を全部書かずに一部を記号のように書いた訳です。

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q「OO様でございますね?」と「OO様でいらっしゃいますね?」どちらが正しい?

電話で、対話者のお客様に、「契約者名は?」と質問し、お客様が「○○です」と返答。その場合の確認の為のこちらからの復唱の仕方ですが。「○○様でございますね」では間違いでしょうか?人を指す場合は「いらっしゃる」を使うことはわかりますが、質問事項が、名前=物 扱いで、「ごさいます」が使えないでしょうか?対話者が契約者本人であれば(暗黙にご本人様ですねの意味を含め)「○○○○様でいらっしゃいますね?」と言えると思いますが、もし契約者名が対話者の父親だった場合、「お父様の△△様でございますね」と言うのは間違いでしょうか?「お父様の△△様でいらっしゃいますね」が正しいですか?

Aベストアンサー

#1です。
お父様のケースで、状況を読み違えていたので訂正します。
(本質は変わりませんが)

対話者は契約者ではなく、契約者は対話者の父親、というケースですね。

「契約者はお父様の△△様でございますね」は、
契約者の名前確認という意味でしたらOKです。
(つまり「契約者はお父様で太郎さんという名前ですよね?」みたいな感じ)

「契約者はお父様の△△様でいらっしゃいますね」は、
契約してくださった方の人物確認をするという意味になります。
(つまり「あなたではなくてお父様が契約者ですよね?」みたいな感じ)

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q上司が先に帰る時、なんと言葉をかければよいのでしょう?(「お疲れ様」「ご苦労様」「お世話様」「お気を付けて」以外で)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいのです。

「お気を付けて(お帰りください)」ならOKかなと思うのですが、どこか偉そうな感じがしますし仮にこれでOKだとしてもこればっかり毎日使うのも何だかなぁ…と思います。
「お世話様でした」もなんだか偉そうですし、別に直接関わりがあってお世話されたわけでもないし…それに何か「お世話」という言葉があまり好きではありません。
どちらにしても“ねぎらって”いる言葉のように思います。

やはり上司をねぎらう言葉がタブーの場合は、かける言葉は日本語にはないのでしょうか・・・(><;
「ありがとうございました」でも帰る時に毎日かける言葉としては何かヘンな気がしますし…

他にも同じような内容の質問で何度も議論されているようなのですが、どうも納得のいく答えがなく気になるので、質問させていただきました(^_^;
答えは見つからないかもしれませんが…
何か他の適切な言葉がありましたら、よろしくお願いいたします。
(「お疲れ様」でも構わない、という回答はナシでお願いします)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいので...続きを読む

Aベストアンサー

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが、お客様向けのような感じがしてなかなか普段の会話の中では使い辛いですよね。

この場をお借りしてanytime-さんへ
anytime-さんの貼られた最初のURL中にも記述がありますが、「ご苦労様」も「お疲れ様」も、どちらも相手をねぎらう言葉です。
実は、目上の方をねぎらうことはNGなのです。「自分は能力がないから苦労したり疲れたりするけど、能力のある偉い方はその程度のことで苦労したり疲れたりするはずがない」と考えるものなのだそうです。ですから、今でも年配の方の中には「お疲れ様」「ご苦労様」のどちらも目下から言われることを嫌う方がいます。しかし目上の方にかける言葉がないままでは不便なので、最近のビジネスマナーでは「お疲れ様でした」なら目上にも可、となってきたのです。

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが...続きを読む

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q「お手数をお掛けして申し訳ありません」、この表現は何故正しい?

「お手数をお掛けして申し訳ありません」、従来この表現を何も考えずに使っていました。WEB上で検索しても、よく使われていることが窺われます。
ところがある時、次の疑問が生じて以来、この表現が使えなくなってしまいました。結論としては通用している表現なのだろうと思うものの、何故?と自問すると自答できません。

手数を掛けたのは相手方であって、その原因をつくったのが私です。原因を作ったことを詫びるのですから、正しくは「お手数を掛けさせて申し訳ありません」、こう述べるべきなのではありませんか。
この考えの適否、並びに「お手数をお掛けして申し訳ありません」が正しい場合、その理由が文法上からも正しいのか、文法には外れているが慣習として正しいのか、解説を希望します。
よろしくお願いします(よく知られた疑問で、何処かで論じられていはしまいかと危惧しながら)。

Aベストアンサー

「「手間をかける」というと、自分がいろいろな手段や時間を費やす意になるが、「手数をかける」というと、他人に骨折りをしてもらう意となる」(「使い方の分かる類語例解辞典」小学館)

迷惑(名・形動)向けられた行為によって不快になり、不利益を受けたりすること。「ご迷惑をおかけして申しわけありませんでした」(「同上」)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング