ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

3年前に個人事業として起業し、音楽教室と英会話スクールの運営をしています。教室数は12箇所になり、生徒数は150人になんとかなりました。しかし個人では限界を感じはじめ、フランチャイズ展開していきたいのですが、まったく知識がありません。どのような流れで進めていけば良いのか?どこに相談すれば良いのか?ネットで検索しいくつかフランチャイズ本部支援を行う企業さんのページは見たのですが、費用がどのくらいなのか書いてなく、あまりお金もかけられないため、相談するのにためらっています。アドバイスよろしくお願いします。
【ちなみに加入料ゼロ・保証金ゼロ・ロイヤリティー10%で考えています】

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フランチャイズチェーン協会にフランチャイズ相談室というところがあります。

おそらく無料で相談にのってもらえると思います。http://jfa.jfa-fc.or.jp/soudansitu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/31 11:00

フランチャイズ(FC)展開するためにまず考えなければならない要点は1)ブランドパワー


2)独自のノウハウ
3)本部のサポート体制
以上をまず検証してください。
既に教室のブランドがどのぐらいのパワーを持っているか。ブランド力が集客力を持っているところまで認知されているか。2)3)の要点もブランド力を裏打ちするものです。ブランドとはお客さまを満足させる信頼とお客さまとの絆が確立されているかという事になります。まずFC展開するのであれば現在の教室のブランディング戦略をまず確立しその認知を得てから展開されることをお勧めします。
FC本部のFCのメリットはスケールメリットが最大化と考えますが教室運営はスケールメリットが出にくい業態であると考えます。飲食店などの場合は大量仕入による仕入価格の最小化がメリットになりますが、経営資源が人材に依存する教室運営の場合、講師のリクルートの効率化、教材の共有化によるメリットになると思います。FC展開と平行し、ボランタリーチェーン化を考えられては如何ですか。FC展開によって何を最大のメリットと考えになっているかもう少し情報を頂ければと思います。
加盟料、ロイアリティー等の問題は基本的なコンセプトが構築されてから戦術論として考えられればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
メリットですか?ロイヤリティーと、生徒数を増やすことで、発表会や、学習旅行などの利益を増やしたいという程度の事しか考えていませんでした。
ブランド力は集客力につながる程はありません。

お礼日時:2007/07/23 09:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランチャイズについて(できましたらストーリ的(お話的)に教えてください。)

フランチャイズについて教えてください。

【フランチャイズの定義の一文】
フランチャイズとは、事業展開の一つの方式で、フランチャイズ事業者本部が事業を展開するために加盟店と契約をして、
一定の地域での独占販売権を与えて事業を拡大していくという方式です。

フランチャイズとはで調べごとをしていくと、上記のように書かれていたのですが、これだけ読んでもまだなんのこっちゃさっぱりわかりませんでした。
(なんとなくのイメージはあるのですが、それが抽象的なまま具現化できないままでいる状態です。)

フランチャイズをザックリと何かに例える事ができますでしょうか?
可能であればできる限り分り易くストーリを踏まえたたとえ話を交えて教えてください。

【単語レベルで分らないことについてのご質問】
フランチャイズ事業者本部、加盟店は
実際の店に当てはめるとどのような店舗が
フランチャイズ事業者本部、加盟店に相当しますでしょうか?

例えばローソンを例にとってみると
ローソンの本店に各支店の総まとめオーナーが居て、
その各支店の総まとめオーナー(=フランチャイズ事業者本部?)が、各支店を経営する人(=加盟店?)を探し、その人に経営を任せていく、といった

本店の経営者(=フランチャイズ事業者本部?) → 支店の経営を他者に任す(=加盟店?) → 
任すんだけれども、売上の数%は「経営の機会を提供してあげたんだから、私がもらうわよ」(=フランチャイズ事業者本部にフランチャイズ利用料金の支払い)
といったものがフランチャイズなのでしょうか?


【興味のご質問】
・事業展開の方法として、フランチャイズ以外にどのようなものがありますか?
・フランチャイズを提供する側、フランチャイズを提供されるが側の最大のメリットはなんでしょうか?

フランチャイズについて教えてください。

【フランチャイズの定義の一文】
フランチャイズとは、事業展開の一つの方式で、フランチャイズ事業者本部が事業を展開するために加盟店と契約をして、
一定の地域での独占販売権を与えて事業を拡大していくという方式です。

フランチャイズとはで調べごとをしていくと、上記のように書かれていたのですが、これだけ読んでもまだなんのこっちゃさっぱりわかりませんでした。
(なんとなくのイメージはあるのですが、それが抽象的なまま具現化できないままでいる...続きを読む

Aベストアンサー

ローソンがフランチャイズ方式を取っているかどうかは知りませんが、多くのコンビニがフランチャイズ方式を採用しているようですから、ローソンでもやっているかもしれません。

仮にローソンがフランチャイズ方式を採用しているとすると、Guno-thisさんがローソンの店長になる方法は2つあります。

その1
Guno-thisさんが今勤めている会社を辞めてローソンに入社します。社員としてお店の販売や仕入その他の仕事をして優秀な働きをすると、社長から
「Guno-thisくん、君はとても優秀だから、○○支店を任せよう。頑張ってくれたまえ。」
と言われて、○○店の支店長となります。

この場合、Guno-thisさんの身分はローソンの社員です。Guno-thisさんの給料はローソンが支払います。
売上が落ちると給料を減らされるかもしれません。売上が増えると、ボーナスをもらえるかもしれません。

でも不況でローソン全体の業績が悪化していると、Guno-thisさんの○○支店の業績がよくても、
「Guno-thisくん、君のお店はとてもよく頑張っているんだが、わが社の業績が悪化しているんだ。すまないが今回のボーナスは少しだけで我慢してくれたまえ。業績がよくなったらその分を考慮するからさぁ。」
ということになるかもしれません。

○○支店はローソンが資金を出して出店した店ですから、当然ローソンの所有物です。
もしかすると転勤もあるかもしれません。
こういう方式は本店に対する通常の支店であって、フランチャイズではありません。



その2
Guno-thisさんが今勤務している会社を辞めずに、一生懸命働いてお金を貯めます。お金が貯まったららローソンとフランチャイズ契約をします。
契約するに当たっては、どうしましょう?個人事業主でもいいですし、1人で株式会社を作ってもいいでしょう。とりあえず、個人事業主ということにしておきましょう。

お店はGuno-thisさんが貯金して貯めたお金で、新しく創ります。商品を仕入れる費用も、Guno-thisさんのお金です。ですからこの新しいお店はGuno-thisさんのものです。Guno-thisさんはこのお店のオーナー(所有者)です。

Guno-thisさんはコンビに経営のノウハウをローソン本部から教えてもらいます。もちろんお金を払って教えてもらいます。必要な商品はローソン本部から仕入れることになります。そして、ローソン△△店という名前で商売を始めます。ローソンの名前を使えるので信用があります。得体の知れないお店ではなく、ローソンのお店の一つであると消費者から認識されます。
ですから名前の使用料と経営指導料をローソンの本部に支払います。
通常これはロイヤリティと呼ばれます。

Guno-thisさんの身分は、ローソンの社員ではありません。個人事業主です。
従ってローソン本部はGuno-thisさんに給料は支払いません。Guno-thisさんはお店の売上から収入を得ることになります。売上が落ちると、Guno-thisさんの取り分が減ります。売上が増えると取り分も増えます。
ボーナスは出ませんよね。だって社員ではないわけですから。
そのかわりローソン全体の業績がどうであろうと、Guno-thisさんの△△店の売り上げが順調ならたくさんの収入を得ることができます。

△△店はGuno-thisさんお所有物ですから、よそへ転勤なんてことはありません。
こういう方式がフランチャイズと呼ばれるものです。

ローソンがフランチャイズ方式を取っているかどうかは知りませんが、多くのコンビニがフランチャイズ方式を採用しているようですから、ローソンでもやっているかもしれません。

仮にローソンがフランチャイズ方式を採用しているとすると、Guno-thisさんがローソンの店長になる方法は2つあります。

その1
Guno-thisさんが今勤めている会社を辞めてローソンに入社します。社員としてお店の販売や仕入その他の仕事をして優秀な働きをすると、社長から
「Guno-thisくん、君はとても優秀だから、○○支店を任せ...続きを読む

Q個人事業について。個人事業をするにあたり、角印は必要な事は分かりますが、丸印も作ったほうがよいでし

個人事業について。
個人事業をするにあたり、角印は必要な事は分かりますが、丸印も作ったほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

必要に応じてお好きなように…と言うのが正直なところです。

先の回答と重複しますが…

角印は見積書や請求書など会社発行である印として押印します。
実印は公の書類など特別な時にしか使いません。個人事業主であれば使うことはあまりありません。
銀行印はその名の通りで、口座を作るときの届け出印です。
認印は仕事関係で押印の必要があるときに必要

角印だけは見た目から違いますが、無くても問題はありません。
また、実印・銀行印・認印は丸印ですからひとつのものを併用する事は可能です。

ただ、どんな書類にも実印や銀行印を使うのは不安要素があるのでお勧めは出来ませんね。


個人名であっても良いと思いますが、銀行印(実印)と認印の2種類があると良いと思います。

Qフランチャイズ募集会社≒悪徳業者?

セブンイレブンやドトールコーヒーみたいな本当に大手のチェーン店は除いて、
フランチャイズ募集会社≒悪徳業者と考えて良いのですか?
会社の規模が小さくなるほど、
あくどい業者が多いのですか?
FCは止めた方が良いと言うのに、
こういう質問をすると『そんな事は無い』という人が多そうですが、
いったいどっちが本当なんですか?

Aベストアンサー

FCに加盟する意味を考えて下さい。
FC=名前を借りて商売する事です。
条件等が合えば加盟してもいいと思います。

要するに儲かる儲からないは実力です。(才能含め)
ロイヤルティーが……などトータル的に経営分析(数字で経営判断)できないと、セブンイレブンを開業しても潰れます。

加盟する前に数字で判断すれば、相手の言っている事が本当かどうか判断できます。

Qカルチャースクール起業にあたって

これからカルチャースクールを起業したいと思っております。
講座を開校するにあたりまして講師の方への講師料の目安が分かりません。1コマ単位での定額制なのか?生徒数での歩合制なのか?講座によって金額が違うとは思いますがご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。予定している講座は、フラワーアレンジメント・カメラ・書道・ギター・ダンス・日本舞踊・カラオケ等です。スクール経営者の方、講師経験者の方からのお答えをお待ちしております。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

カルチャースクールではありませんが、学習塾経営の経験があります。

学習塾ではどの講師も複数の教科・学年を教えられるため、シフト的に何時間講義したかということがポイントになり、講師給与は1コマ単位でしたが、カルチャースクールのように専門の技能を持っている講師達には、生徒数での歩合制の方がいいかも知れません。

講座に対して講師に責任を持つことがポイントとなり、休講なく講座を進めることが必要になります。逆に、講師自身の指導力が問われるので、指導力が増して生徒が増えれば報酬が増える、という仕組みの方がやる気が増すと思います。

Q雇用契約書に疑問

フランチャイズのオ-ナー店でパ-トで勤務してます。自己都合で1月31日で退職する事に漸く承諾して頂きました。1月15日に雇用契約書を提出して欲しいと言われました。あと、2週間くらいで退職するのに納得できません。

提出するべきですか

Aベストアンサー

例えば、雇用契約の期間が1月15日までだったら、1月16日~1月31日まで働くための雇用契約書は必要です。
あるいは、口頭で雇用契約結んでたが、手続きなんかの上で退職前に雇用契約書が必要になったとか。


> 提出するべきですか

・パートは有期契約なのか?どういう契約内容?
・その場合、契約期間がいつまでなのか?
・いつからいつまでの、どういう内容の雇用契約書を提出しろって話なのか?

などの詳細が不明瞭なので分かりません。

Q個人事業起業時の融資について

来月個人事業主として開業予定で、今の家が現在勤務中の社宅なので出て行かないといけないんですが、引越し資金及び開業後一月分くらいの資金が無く困っています。開業後は大手企業の協力会社として仕事をするので開業1ヶ月後からは安定した収入もあるので問題ないのですが、方々で融資相談した所あまりいい返事がありません。100万円くらいあればなんとかなるのですが、貯金も無く現在の会社の給料が激安なので、その辺も関係するのでしょうか?現在の会社員としてより個人事業主となってからの方が審査も甘くなるのですか?審査があまく最初から100万円貸してくれるような所を知っていれば教えていただけませんか?その他何か良い方法などあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 sousou1118さん こんばんは

 #2です。

 お礼を読ませて頂きました。そして感じた事を書かせて頂きます。

 今sousou1118さんがしなければならない事は、新たな事業を開業する事では無くて家族の為に生活費を稼いで持って帰って来る事です。その方法が新たな事業で生活費を稼いで来る事であり、今までの会社で少ないなりにも生活費を稼いで来る事なんです。これから始め様としている事業の内容が私には解らないので何とも言えませんが、私が行っている薬局等の小売業式に日々の売上が有り売上で何とかその日の生活費を賄えると言う事業とは違う感じを受けます。だったとしたら例えば今月の売上は月末に纏めて請求を出して翌月末売上入金が有ると言う実際にした仕事と売上としての入金日とのズレがある事になります。そのズレを埋めることが出来なければ、入金が有るまで家族の為に生活費を稼いで持って帰る事が出来ない事になります。この状態は、sousou1118さんが今しなければならない事とはかけ離れた状態ですよね。もちろんきちんとした計画を立てて、実際の売上入金が有るまでの間の生活費を準備してからの開業ならそれはそれで良い訳です。しかしsousou1118さんの場合はそう言うきちんとした準備が有っての開業ではないのですから、そう言う状態でも良いのかどうかを良く考えないとならないです。

 以下もし私だったらと言う事で書かせて頂くと、既に退社する事が決っているのであれば1日でも早くハローワークに行って失業保険の手続きをしてその金額で生活を何とか成り立たせた後1日でも早く次の仕事を探すと思います。それは家族の生活を守らなければならないお父さん(一家の大黒柱)としての最低しなければならない事だと私は考えるからです。そしてきちんと生活を成り立たせた後で、良く考えた上で今始め様としている事業をしたいと言うのなら予算的な事を含めてきちんと計画を立てた上で再度挑戦してみては如何でしょうか??私だったらきっとそうすると思います。

 私にだって家族がいます。私の薬局の売上で生活をたてています。しかし私に商才が無い関係だと思いますが売上が思う様に上がらず赤字が最近続いています。それでも家族の最低限の生活を守る義務が私には有りますから、薬局閉店後深夜コンビニで働いています。身体は辛いですけど、これも私の義務と考えています。これが一家の大黒柱としては当たり前の事だと考えています。

 以上私なりの意見を書かせて頂きましたが、何かの参考になれば幸いです。

 sousou1118さん こんばんは

 #2です。

 お礼を読ませて頂きました。そして感じた事を書かせて頂きます。

 今sousou1118さんがしなければならない事は、新たな事業を開業する事では無くて家族の為に生活費を稼いで持って帰って来る事です。その方法が新たな事業で生活費を稼いで来る事であり、今までの会社で少ないなりにも生活費を稼いで来る事なんです。これから始め様としている事業の内容が私には解らないので何とも言えませんが、私が行っている薬局等の小売業式に日々の売上が有り売上で何...続きを読む

Q「札幌にフランチャイズはふさわしくない」の意味は?

日本ハムファイターズが札幌に移転することになりましたが、その記事を読んでいて分からないことがありました。

記事中に、札幌を準フランチャイズとしていた西武側の発言として
「札幌にフランチャイズ球団があるのはふさわしくない」
という言葉が載っていたのですが、これはどういう意味でしょう?

西武が日ハムの移転に不快感を示していた経緯は大体知っていますが、「自分たちが準フランチャイズにしているんだから勝手にフランチャイズにするな」という意味合いの言葉ならまだ分かるのですが、「札幌にフランチャイズはふさわしくない」っていうと「札幌の人たちに失礼ではないか」と思ってしまったのですが…。

そもそも西武が「準フランチャイズ」にしていたのに「フランチャイズはダメ」っていうのが分かりません。
それとも「準フランチャイズにしているところに、さらにフランチャイズを置こうという考えがふさわしくない」という意味でしょうか?

Aベストアンサー

調べてみると「球界にとって」相応しくない、という発言だったようですね。ということはフランチャイズ制に対するルール違反云々ということではないようです。

本当の真意はその発言した西武側の人にしかわからないとは思いますが、私が思うに

・札幌にフランチャイズを持つ球団が出来ると、パリーグのチームは北海道から九州まで移動しなければならなくなり、日程上苦しい&選手の疲労が心配

・北海道は昔からいろいろな球団が地方遠征で訪れており、フランチャイズ球団が出てきた場合、他の球団の地方遠征のネックとなり、北海道の人がいろいろな球団の試合を見ることができなくなる可能性がある

といったところかなと。もちろん本当のところは西武側の発言者にしかわからないわけですが…

(以下、質問とは関係ありません)
しかしそもそも「準フランチャイズ」ってのも訳のわからない話ですよね。その地域における興行の独占権、という意味では通常のフランチャイズと変わらないのであれば、「準」など付けずに「フランチャイズが2つある」とすればいいものを。それとも「独占権」に多少制限があったりするのでしょうか…そのあたりが、今回の件をややこしくしている一因のように思えて仕方ありません。

調べてみると「球界にとって」相応しくない、という発言だったようですね。ということはフランチャイズ制に対するルール違反云々ということではないようです。

本当の真意はその発言した西武側の人にしかわからないとは思いますが、私が思うに

・札幌にフランチャイズを持つ球団が出来ると、パリーグのチームは北海道から九州まで移動しなければならなくなり、日程上苦しい&選手の疲労が心配

・北海道は昔からいろいろな球団が地方遠征で訪れており、フランチャイズ球団が出てきた場合、他の球団の地方...続きを読む

Q個人事業主⇒週末起業へ

現在個人でインターネット関係の仕事をしています。
収入が安定しないので、勤めをしながら週末起業っぽくやっていきたいと考えています。
色々注意点等あったらアドバイスいただけませんか?

保険、税金、その他色々注意しなければならない事を教えてください。
※就業規則で副業が禁止等の件は無視でお願いします。


また、今年度の確定申告はどうなるのでしょうか?
今年は赤字です。赤字の場合は確定申告の必要がないと聞きました。
どなるのでしょう?年途中から勤め出した場合の手続きや税金は??


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

初めまして。今年の10月に(夫が)法人成りしたものです。
それまでは個人事業主と勤め人の2足のわらじでした。

お話の筋から察すると、これからは会社勤め→本業で、個人事業→副業になるのでしょうか。

今後の方向性によって、多少状況が変わるのではないかな?と思います。

今後もずっと会社勤めがメインで、個人事業のほうはおこずかい程度(年間所得20万以内)というのであれば、
確定申告はしなくて良いのではないでしょうか?
すれば所得税が多少戻ってくるとは思いますが、
そのために書類を作成する時間と手間を考えると… ですよね。
また、税務署に「個人事業の開業届」も出してあると思うので、
そちらも廃業届を出してしまったほうが良いのではないかな?と思います。
また、社会保険は本業のほう(会社)で加入させてもらえば良いと思います。

(副業の年間所得が20万を超えてしまった時は確定申告が必要です)
その際、会社に副業をバラしたくない場合、
確定申告の時に住民税を普通徴収(自分で納付)に切り替えることもよくありますが、
どちらにしても「どうして普通徴収なの?」と聞かれたら困りますよね^^;
そんな時は「実は株をやってて…」などと言うと良いかもしれません。
所得が多いのが「副業」なのか「株」なのかなんて、分からないですもんね(笑)

逆に、会社勤めは一時的なもので、個人事業のほうをメインでやっていく予定でしたら、
面倒でも確定申告したほうが良いのでは?と思います。
1年分の決算書類があったほうが良いと思うし、
国民健康保険に加入するときや住民税の納税手続きのときに、
個人事業の所得申告をしていないと色々面倒くさそうなので…。
(赤字決算なのに延滞税がかかるのかどうかはちょっと分かりませんが…)
また、今年は赤字申告になるので、所得税が戻ってくると思います。

副業の税金については、
http://www.sarafuku.com/
↑のサイトの左下のメニュー「サラリーマンと税金」のところに
結構分かりやすく書いてありました。

初めまして。今年の10月に(夫が)法人成りしたものです。
それまでは個人事業主と勤め人の2足のわらじでした。

お話の筋から察すると、これからは会社勤め→本業で、個人事業→副業になるのでしょうか。

今後の方向性によって、多少状況が変わるのではないかな?と思います。

今後もずっと会社勤めがメインで、個人事業のほうはおこずかい程度(年間所得20万以内)というのであれば、
確定申告はしなくて良いのではないでしょうか?
すれば所得税が多少戻ってくるとは思いますが、
そのために書類を作成...続きを読む

Qフランチャイズでの開業について

フランチャイズでの開業について
コンビニや居酒屋、塾など最近いろいろなフランチャイズがありますが
開業資金600万円でOKとかいった謡い文句で
大手のコンビニやスーパーが個人経営者を募集しているのをよく見かけます。

たった600万円で自分のお店を持てるのは嬉しい限りですが、果たして本当に
そんな美味い話はあるのでしょうか?

私の読みでは直営の不採算店舗のみをフランチャイズ化して
利益の大きい店舗は直営のまま
といった感じかなーと思っていますが当たっていますでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ
わりと質問者さんのゆうとおりだと思います。
一時、若気の至りで光通信系のフランチャイズをしている会社にいた事がありますが、
内実知って、詐欺ジャンと思ったのですぐ辞めました。
ま、それが全てでは無いでしょうが、始めた当時は美味しくても、時間が経てば・・・
と言うのはよくある話で、コンビニなんかは最初は競合店が無かったのにその後山ほど出来た。
と言うのはよくある話でしょう。 それよりも技術職のほうが良い様な気はしますな。
後は、やる人間の能力次第かと。ま、今時はきびしめでは?
モスとかなら、案外いいかも知れませんが。

Q起業ではなく起業後の事業拡大なのですが

起業ではなく起業後の事業拡大なのですが
現在、会社に在籍し副業で1年前より貸し教室(ヨガやダンスの教室としての時間貸し)を個人事業で経営しています。
経営といっても売上40万/月ぐらいで経費(家賃、人件費)を引いて手元には3万~10万ぐらいしか残りませんが、反響はよく給水設備等を充実すれば料理や花道にも対応でき貸し教室としての需要も増えることから
公的資金を借入、もう少し規模を大きくしようと考えています。

しかし、会社を辞めるつもりはありません。

このような、小規模(売上が少ない)な事業へ融資を実行してくれる制度はあるでしょうか。
融資希望金額は、どのくらいの融資が可能か見当が付きませんので下記の二つを考えています。
(1)300万位なら既存店舗改修工事
(2)800万から1000万可能なら2号店出店

担保は無く、給与所得は500万/年です。
また、副業での初めてとなる確定申告はしていません。
1号店開店時の公的資金の借入はなく、カードローンやショッピングローン、クレジットなどで行い、現在も返済中。法人成りも検討中です。

どうか皆様
よろしくお願いいたします。

起業ではなく起業後の事業拡大なのですが
現在、会社に在籍し副業で1年前より貸し教室(ヨガやダンスの教室としての時間貸し)を個人事業で経営しています。
経営といっても売上40万/月ぐらいで経費(家賃、人件費)を引いて手元には3万~10万ぐらいしか残りませんが、反響はよく給水設備等を充実すれば料理や花道にも対応でき貸し教室としての需要も増えることから
公的資金を借入、もう少し規模を大きくしようと考えています。

しかし、会社を辞めるつもりはありません。

このような、小規模(売上が少ない)...続きを読む

Aベストアンサー

ご参考までに。

日本政策金融公庫にて、「新創業融資制度」というものがあります。
条件は次の1~3のすべての要件に該当すること。(以下引用)

1 創業の要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
2 雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件
  次のいずれかに該当する方
  (1) 雇用の創出を伴う事業を始める方
  (2) 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
  (3) 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
    (ア) 現在の企業に継続して3年以上お勤めの方
    (イ) 現在の企業と同じ業種に通算して3年以上お勤めの方
  (4) 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
  (5) 既に事業を始めている場合は、事業開始時に(1)~(4)のいずれかに該当した方
3 自己資金の要件
  事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業資金の3分の1以上の自己資金(注)を確認できる方



個人事業主でも適用内とのことですので、資料請求等されてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.k.jfc.go.jp/yuushi/atarasiku/04_shinsogyo_m.html

ご参考までに。

日本政策金融公庫にて、「新創業融資制度」というものがあります。
条件は次の1~3のすべての要件に該当すること。(以下引用)

1 創業の要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
2 雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件
  次のいずれかに該当する方
  (1) 雇用の創出を伴う事業を始める方
  (2) 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
  (3) 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれ...続きを読む


人気Q&Aランキング