今20代のものですが、どうしてもヴァイオリンが弾きたくて

しょうがないです。

この旨を吹奏楽の知り合いに聴いて見た所、ヴァイオリンは無理だから

チェロにすれば?と宣告されました・・・

子供の頃からじゃないと無理といわれたのですが、

どうしてもヴァイオリンを奏でたいです。

もちろん趣味の範囲ですが、音楽経験が皆無の私が

効率よく演奏出来る程度のレベルまで持っていくにはどうすれば

いいでしょうか?

ちなみに次期社会人、予算(低)です。

方法だけでも是非。

理想は家で好きな曲をYAMAHAサイレントヴァイオリンでギコギコです・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私も28で始めました。

どうしてもやってみたかったもので。
週1で30分のレッスンを受け、毎日1時間くらい練習しました。3年たって、アイネクライネナハトムジークに挑戦中です。自分では思ったより満足できる上達ぶりです。
費用はレッスンが月1万かかり、ヴァイオリン本体と弓とケースのセットで19800円でした。安物ですが、特に不自由してません。いまだに使ってます。
私は、よい先生に習うことと、練習を毎日することと、自分でよい音が出るよう工夫する感性があることが、ポイントだと思います。大人でも子供でも、自分で工夫できない人はうまくなってないです。
とりあえず安い楽器買って、習いに行くことをお勧めします。
    • good
    • 4

 バイオリンは大人になってから始めても上手くなる人は少なくありません。

練習意欲と努力です。しかし、楽器選びも重要な秘訣です。変な楽器はよい音が出ないため徐々に練習意欲が下がっていきます。本当によい音の楽器は高くて手が出ないといわれていたのは過去の話。以前は50万円以上の楽器以外は使い物にならないといわれていましたが、今ではその半分以下でも結構使えるものがあります。そして弓も重要です。ただの付属品くらいにしか考えていない初心者が多いのですが、バイオリンの本体価格の半分くらいは割くべきと思います。例:楽器15万+弓8万+ケース1万+肩当て、松ヤニ で後は教則本 25万くらいでしょうか。私は初心者の頃粗悪楽器を使ったおかげで時間を無駄にしました。
 先生にはついた方が上達が早いと思います。最近は大人になってから始める人も多くなって、そのような人たち相手に教えるのが上手い先生も増えています。参考になれば幸いです。
    • good
    • 4

大学入学前後にして、ヴァイオリンを始めたものです。


私はヴァイオリンを始める前に他の楽器の経験が15年ありました。
流れとしては、独学→オーケストラサークル入り→しばらく楽器から離れる→現在レッスン中という感じです。

確かに、独学でも音を鳴らせるようにはなりますが、特に姿勢や音程について、
なにが正しくてなにが悪いのかの判断をしてくれる人が居ないと、
おかしな癖がつきます。
特に、今まで他の楽器経験がないとなれば、一から十まで独学というのはオススメしません。

私は大学のサークルで、ボウイングなど基本的なことを先輩から教わりました。
なにぶん学生ですから時間の余裕もありますし、かなり集中して練習しました。
入部約半年で演奏会にデビューしますから、乱暴な促成栽培ではありますが、
仲間も居て演奏会という目標もあり、楽しかったです。
ですから、ある程度弾けるようになったら、なにかの団体に入るのも良いと思います。

現在は、最寄の駅前の某大手音楽教室の「大人の為のホニャララ」的なレッスンを受けてます。
数年間のブランクもありましたし、基礎からしっかりレッスンしてもらいたいと思ったので。
学生時代、自宅で個人レッスンしている先生に教わったことがありますが、
その人は、大人になってからヴァイオリンを始めた人の扱いが苦手のようでした。
なかにはそういう先生も居るんだと思います。
大手の音楽教室では、そもそも初めて楽器を触る人を対象にしたレッスンがほとんどです。
場所によっては楽器のレンタルもしてくれます。
体験レッスンもありますから、まず、そういうところをあたってみてはいかがでしょうか。

楽器の購入に関しては、サイレントヴァイオリンはあくまでも練習用の
サブ楽器として考えられたほうが良いと思います。
予算としてはケース・備品込みで10~20万ぐらいは覚悟してください。
出来ればまずレンタルでレッスンを受けて、しばらくしてから先生に付き添ってもらって
買いにいっても良いと思います。
ほんとは自分で弾いて、気に入った楽器を選ぶのが一番なんですけどね。
ここで渋ると、すぐイヤになって挫折するか、すぐ買い換えることになって
結局損をすることになります。
電子楽器じゃないので、メンテナンスすれば100年持ちますから、
ちょっと頑張って張り込む価値はありますよ。
    • good
    • 3

いろんな方々が、独学の是非についていろいろ述べられていますね。

私は、あなた様が満足できるレベルが、質問の説明だけでは、いまいちよくわかりません。それと、独学でできるようになりましたと言われている人のレベルも、よくわかりません。私個人としては、独学は勧めません。しかしながら、金銭的に時間的にどうのとおっしゃるのなら、まずサイレントでもなんでもいいから、楽器を買って自分で試してみればどうですか。その難しさを知ってから、自分一人でやるか、あきらめるか、先生をみつけるかを決められるのもいいでしょう。それと、先生に習うのであれば、サイレントでのレッスンは無理でしょう。音の出し方、響かせ方が違いますから。普通のヴァイオリンが弾ける人はサイレントでも弾けるけど、逆は難しいということ。それと、独学では、アマチュアオーケストラで弾けるようになるのも無理でしょう。20代からでも、弾けるようにはなります。しかしながら楽してできるようにはなりません。すべてに通じることですが、根気と要領です。
    • good
    • 2

 まさに今年の3月からヴァイオリンを習いはじめた社会人w しかももう少し上の世代(笑)ですw


 自分が始めたい時に始めるのが一番ですよ。確かにプロになるには遅いでしょうが、趣味ならいつだって大丈夫ですよ。
私の目標は3年後にハカセタロウ<漢字ど忘れ の「エトピリカ」の簡単バージョンを発表会で弾く事。ですw 5年後には「愛の喜び」!w

 始める前に音大のバイオリン科出身の知り合いに何人にも相談に乗ってもらいました。全員に、すばらしい事だと後押ししてもらいましたよ。

 先生に関しては、はじめは独学よりも先生に付いた方が良いと思います。やはり弓の使い方、指の押さえ方等、初心者楽譜に書かれている事だけでは分からない事ずくめです。基本が分かったら、独学でも良いと思いますがww
 友人たちにも、何よりも基礎が大切で、それを間違えて覚えたら上手くならないといわれました。自分でも職業柄、基礎が出来てない人は、ある程度以上には上手くはならないのを知っていますので、先生に付いています。が、これがテキトーに丸をくれるので良いのだろうかと首をかしげてしまいますが(笑)。

 楽器に関しては輸入通販の1万円以下は止めた方がいいです。指が痛くなって続けられません。かく言う私も2万円以下の楽器で、これで苦労しました。先日国産の某大手会社の中古に買い替えたら音は簡単に鳴るは、弓はへにょってないはで笑いました。
 
 私は実際に弦楽器専門店などに駆け込みで入って試し弾きなどさせてもらいましたが、しろうとは当然良い楽器など分かりませんw 自分で試したら30万の楽器は弾きにくく、弾きやすいと選んだら7万円の楽器でした。お店の人にもそれで当然と言われました。
 やはり分からないながらにも弾いてみるのは大切だと思います。さらに、弓も安物は本当に弾きにくいです。今は1万6千円の弓ですが、これでも安物ですが、通販などの2万円以下の楽器に付いてくる弓よりは段違いに良いものです。サイレントは触らせてもらってないので分かりません~。

 上手くなるには、なにより毎日練習する事。ボウイングが本当に難しいので、姿見をおいて、開放弦でひたすらボウイング練習ですね。もちろんこれだけでは飽きるので、音階や初心者用の練習曲も良いと思います。でも、ボウイング時間は取るべきです。これを10分でもやっただけで音色が変わります。

 先生を選ぶなら無料体験レッスンなどを利用して、自分が楽しく続けられるかをよく考えて選ぶと良いと思います。
独学では余程意志が強くないと続けられないと思います。かく言う私がそうでした(笑)。それで思いきって先生に付きましたw 

 お互いがんばりましょう♪
    • good
    • 3

過去の全く逆のご意見を拝見して、私もちょっと私見を述べたくなりました。


私はどちらのご意見も真実をふくんでいると思います。

・先生についたほうがいい。 
 今は、「大人の趣味」として大人から始める方も増えてきたので、大人の初心者を教えなれている先生もたくさんいらっしゃいます。現に私の身近でも、OLをやりながら、主婦の方、定年まぢかの会社の役員さん、子供といっしょにお母さんも、など、様々な形で先生につきながらヴァイオリンの演奏を楽しんでいらっしゃる方が大勢います。まずは自分の要求にこたえてくれそうな先生を探してみること。相性のいい先生にめぐり会えば、効率よく上達することができます。万が一、はじめてみてどうしてもあわなかったら、「仕事が忙しくなったのでちょっとお休みさせていただけませんか」などと言ってフェードアウトすることも、大人なら可能ですから。ちなみに、私の知っているこの大人の方たちは、発表会などには出ないでレッスンだけの方が多いです。

・先生につかないほうがいい
 映画監督の伊丹十三氏のエッセイで読んだのですが、氏も21歳からヴァイオリンを習い始めたそうです。そして、かなりの曲は弾けるようになったそうですが「現実の教師達はあまり役に立たなかった」としほとんど独学で練習を続けたようです。「自制心のない教師」「怠慢な教師」などを悪い教師の例に挙げていて、あまりよい先生にめぐり会わなかったようです。思うに、氏は大変耳がよく、もともと音楽への造詣も深く、センスもよかったので、変な先生に習うよりは独学のほうがかえってよかったのではないでしょうか。

ご自分に合うやり方を見つけられるといいですね。がんばってください!
    • good
    • 1

 


 先生に教わることはおすすめしません。彼らは子供のときから始め、
子供を教える専門家であり、大人を教える指導法がないからです。
 以下、過去回答(抄)。良回答に選ばれなかったのが残念ですが……。
 
>>
 
 わたしは、高校一年から独習を始め、二年目からチェロに転じました。
 以下は最速例ですが、先生に教わると約2倍かかります。
 いますぐ通信販売で、いちばん安物のヴァイオリンを注文しましょう。
 最初の一週間は毎日6時間、これが続かなければあきらめましょう。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1835903
 
 決して人前で弾かないことを前提に。
 市販の教本やビデオ等を使って全くの独学で出来る。
 激安バイオリンでもちゃんと音が出る(耳でなくアゴから伝わる)。
(まったくデタラメに弾いても、それなりに気分が晴れます)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1189218.html
 
<<
 
 二十歳を過ぎて始めた佐藤康光元将棋名人は、ときどき人前で弾いて
いるそうです。初めて自転車に乗ったとき、あるいは泳ぎを覚えたとき
のように、ほんのすこし教えてくれる友人が理想的です。
 
    • good
    • 1

今20代のものですが、どうしてもヴァイオリンが弾きたくて・・・


ヴァイオリンは無理だから。子供の頃からじゃないと無理といわれたのですが・・・

・そんなことはありません。「練習」すれば、だれだって、できますよ。

もちろん趣味の範囲ですが、音楽経験が皆無の私が効率よく演奏出来る程度のレベルまで持っていくにはどうすればいいでしょうか?

・「バイオリン」は、ただ、弓をギコギコしているだけで、簡単そうに見えますが、指先の「大変、繊細」な技術が必要です。
なので、「先生」についてください。「独学」では、無理です。

理想は家で好きな曲をYAMAHAサイレントヴァイオリンでギコギコです・・
・「かまいません」。「バイオリン」の形なら、同じです。・・・(^^;

私も、3本持ってますが、「1本」は、騒音対策に、夜間練習に重宝しています。
まあ、「先生」についたら、「先生」のバイオリンを試しに、弾かせてもらいましょう。たぶん、何百万円はすると思いますが、確かに、弾き易いのは、確かですが・・・。

ですが、別に、「初心者」でしたら、サイレントで、十分です。

しかし、「ボーイング」など、弓の持ち方。コントロールの仕方は、まったくの独学の場合、間違っている場合がほとんどです。
なので、せめて、最初だけでも、「レッスン指導」を受けることをおすすめします。

また、「長い目」で、がんばりましょう。
まともなドレミ・・・の音を出すだけでも、「数年」かかります。
というか、「ドレミ」を弾いただけで、「レベル」はわかります。

そのくらい大変なことなので、「10年」は、がんばりましょう。
短期間では、上達しません。特に、バイオリンは・・・。

がんばってね。(^^)/
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリンとヴァイオリン

カタカナ表記の場合、例えば、バイオリンとヴァイオリンではどちらが好きですか?

Aベストアンサー

バイオリン

好きというか、辞書に載ってる方で統一しとかないと、webなんかの検索で不便ですので。

Qヴァイオリンで弾ける曲とJAZZヴァイオリンについて

平井堅の「瞳をとじて」やゴスペラーズの「ミモザ」などをヴァイオリンのみで演奏したいのですが、これは可能なのでしょうか?それとも可能だけどおかしくなるのでしょうか?また、ヴァイオリンのみで演奏するとなると相当な技術が必要となるのでしょうか?
最後に、楽譜があるものはなんでもヴァイオリンのみで演奏する事は可能なのでしょうか?

もう一つのJAZZヴァイオリンについては、
今JAZZのサークルに入って、ヴァイオリンがしたいので始めたいのですが、JAZZヴァイオリンだといセッションも難しくなるし、皆で合わせる曲が少なくなるといわれました。CDショップでもJAZZヴァイオリン奏者は少ないです。これは技術でカバーできるのでしょうか?

Aベストアンサー

ヴァイオリンのソロで聞かせるにはやはり技術が必要です。和音も出る楽器ではありますが、基本的にソプラノ楽器なので無伴奏だと飽きやすいわけです。
また楽譜があっても演奏不能なものはあります。弦が4本だから5和音以上の演奏は不可能ですし、低音二も限界がありますので。まあアレンジして弾くなら何でもいけるといえばいけるでしょうが、特に大編成のオーケストラ曲などはそもそも大編成前提の音楽ですからやろうとすること自体があまり意味がないかも知れませんね。

一方ジャズに楽器の制限はありませんよ?もともと楽譜通りやるならジャズじゃないわけですから・・・・
まあ、グラッペリがやっていた頃とは違い、花形楽器でないのは確かでしょうが、編曲というかやり方次第でしょう。特に大切なのはソロの部分よりアンサンブルでどう他人の演奏を支えるか、ということでしょう。ソプラノ楽器だからソロでは当然めだちます。その分、バックに回ったときどれだけ他の人の演奏を支えられるか、それができれば問題ないと思います。

Q外来語などのカタカナ表記について(バイオリンはヴァイオリン、スイーツはスウィーツ)

こんにちは。
以前から少し気になっていたのですが、

バイオリン→ヴァイオリン
スイーツ→スウィーツ
バレンタイン→ヴァレンタイン
コスメチック→コスメティック

のように、書き方を複雑にするのは何故なのでしょうか?
(英語の綴りのせいなのでしょうか・・・)
これから先は、ゼリーがジェリーになったり(ほかに例が思いつかなくて恐縮ですが)するものでしょうか?
また、そのように表記しても、実際にヴァイオリン、やヴァレンタイン、と発音するのは気恥ずかしいものもあるし、そうやって発音している人もあまり見たことがありません。
書くのもほんの少しですが後者のほうが面倒になるし、発音も前者ですることが多いのだから何もわざわざ「ヴァイオリン」等という表記をする必要はないと思うのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮名で正確に表す事そのものが不可能なんですね。おまけに商業的な場で最近とみに外国語、特に英語が乱用される傾向があり、このこともまたVの発音などに関する問題に拍車をかけていると思います。
といってviolinと書くのもそれこそ衒学趣味になるでしょう。
ということで、慣用や伝統がある場合はそれに従い、特に歴史的・政治的などの理由がある場合は原語(に近い発音)で、また決まった書き方が無い場合はどっちでもいい(まああえてあげつらうのもいかがなものかと)が、可能ならむしろ日本語に訳すほうがいいのではないか、と思います。バイオリンは・・・私もヴァイオリンと書く事が多いです。有名なヴェルレーヌの詩(訳詩)でヴィオロンとあるのにひかれてのことなのですが。ヴァレンタインもね、もともと歴史的にはウァレンティーヌスさんが亡くなった日でして、このあたり人名なのでやはり原語に近い方が良いようにも思います。善し悪しまで言うことも無いでしょう。逆に野坂昭如「エロ事師たち」のなかにパンティーをパンテ(だったかな?うろおぼえ)と発音することでわざと猥雑な感じを出している場面がありました。これなど逆にティという書き方でないと通らないでしょう。お茶のティーもそうですね。結論としては拘るほどの事でもないんじゃないか、というしょうもない落ちになってしまいますが・・・・

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮...続きを読む

Q30代後半の女性がギターを弾きたい!

突然ですが、ここ最近ギターを弾きたいと思うようになりました。
ギターといえば20数年前、音楽の授業で、当時音楽室にあった「フォークギター」を授業で3回弾いたのみです。
テレビでエレキギターや、ウッドギターを簡単且つカッコよく弾いている姿からは想像もできないくらい難しく、苦労した思い出があります。
(授業で習った曲は、たしか「禁じられた遊び」でした。)

当時、ギターを弾いてみてつらかったこと。
それは、弦を抑える力が弱いため、音は全然響かない!!
「ポロンポロン」なんてとんでもない!「ペタッペタッペタッ」
どんなに指に力を入れても、押さえが弱くて耳障りな音のみで禁じられた遊びのメロディーをますたー・・・(←いま思い出すだけでも笑いがこみ上げます(*^_^*))

さて、そんな苦い思い出だらけのギターの授業でしたが、今更ながら、指の力をつけるための筋トレとか、弦を押さえるコツとか・・・
ギターを操る皆様のなかで、アドバイスいただけたら幸いかと思い、こちらに参りました。

女子の多いクラスだったのですが、私のほかに数人(本当に少人数・・)やはり、プツップツッと情けない音しか出せずに葛藤していた子がおりました。彼女たちも「これ上指に力が入らない」と言っておりました。
やはり、弦を抑える力が弱いとギターは無理なのでしょうか?

アドバイスお願いいたします。

突然ですが、ここ最近ギターを弾きたいと思うようになりました。
ギターといえば20数年前、音楽の授業で、当時音楽室にあった「フォークギター」を授業で3回弾いたのみです。
テレビでエレキギターや、ウッドギターを簡単且つカッコよく弾いている姿からは想像もできないくらい難しく、苦労した思い出があります。
(授業で習った曲は、たしか「禁じられた遊び」でした。)

当時、ギターを弾いてみてつらかったこと。
それは、弦を抑える力が弱いため、音は全然響かない!!
「ポロンポロン」なんてとんでも...続きを読む

Aベストアンサー

大丈夫です。できます。ギターは努力さえすればちゃんと音になって帰ってきます。さて、ギターを始める上で必要な覚悟とお決まりとコツだけを紹介します。また、基本的な技術は教則本を見ながらすぐにできるので、教則本に譲るとします。

・ギターを入手する。
→ご希望はアコースティックと思われますが、エレキでもアコギっぽいことができて、なおかつ音作り次第では様々なジャンルができ、遊び心を開放する意味ではエレキも十分魅力的。入門セットでお手入れ道具や教則本など必要なものは全てそろいます。

・左手の爪を切る
→爪を切ると少しだけ爪よりも出っ張る指の先端こそ弦を押さえるのに最も適したところで、長いつめは演奏の邪魔になる上に、音が変になってしまう。

・今すぐ覚えてできる技が少ない
→AやEなどのコードはすんなりできるが、FやBなどのコードは半年くらいはまともに鳴らせなくても当然というほど難易度が高く、同時に曲をやる上でもっともひんぱんに使う手の形。

・リラックスを心がける
→コードなどが鳴らないとつい力が入ってしまうもの。しかし、コードをおさえる左手をよくみると、指の腹の部分が弦に触っているためにブチブチという音になっており、一本だけフレットスレスレを押さえて弾けば、十分な力加減をつかみやすい。フレーズ単位、コードチェンジなどの手順が身についたと同時に意識すれば、余分な力を使わずに疲れにくく、練習時間も大いに延長が可能。

・一つ一つ手順を口で言いながら覚える
→たとえばCコードであれば、「人差し指が下から2番目の一番はじっこを押さえて、中指が下から4番目で2フレット。薬指を上から2番目の左から3番目!押さえる指が他の弦に・・・触れていない!全部大丈夫!」とまでやってからジャラ~ンと弾くと成功しやすい。
パッと押さえてパパッと次!と進みたい気持ちを抑えて一つずつ重ねていくのが遠回りのようで最短のルートである。

・たとえ30秒で楽器を置く事になっても毎日ギターを担ぎ、音を出す。

あとは、単音でドレミをいろんな場所からできるようにすることと、ドレミや和音を出せる楽器である以上は少なからず理論的なことも知っておく必要があります。
(譜面の冒頭に#が3個たむろってるから、主に使うコードはA、Bm、C#m、D、E、F#と瞬時に判断できる程度)
そのうち、ギターで譜面も見ないで気の赴くままにメロディーやコードを弾いて、うっかりカッコイイものになったという時はおそらく作曲をすると思われるので、そのときは改めて理論を深く勉強されるといいと思います。
では、よい音楽ライフを!

大丈夫です。できます。ギターは努力さえすればちゃんと音になって帰ってきます。さて、ギターを始める上で必要な覚悟とお決まりとコツだけを紹介します。また、基本的な技術は教則本を見ながらすぐにできるので、教則本に譲るとします。

・ギターを入手する。
→ご希望はアコースティックと思われますが、エレキでもアコギっぽいことができて、なおかつ音作り次第では様々なジャンルができ、遊び心を開放する意味ではエレキも十分魅力的。入門セットでお手入れ道具や教則本など必要なものは全てそろいます。
...続きを読む

Qヴァイオリンとバイオリン?

例えばコンピューターとコンピュータで検索結果の件数が違うのは長音の問題によるものですが、
ヴァイオリンで検索するのとバイオリンで検索するのでは検索結果として表示される件数に違いが出ますが、これはどういったことが問題でこうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが以下のQ&Aを参考になさって下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=557499

Q美術系の大学に進みたいと思っているんですが今、色彩構成をしていてどうしても色を選ぶのに時間がかかって

美術系の大学に進みたいと思っているんですが今、色彩構成をしていてどうしても色を選ぶのに時間がかかってしまいます。
色を塗っても全体的にまとまりがなくどの色とどの色を組み合わせればいいかなど分からなくて困っています(--;)
配色のコツなど、どうしたらまとまりのある感じにできるか分かる方いたら教えてほしいです、お願いします(;´Д`A

Aベストアンサー

私の机の上にあるのは
「配色アレンジBOOK」

「バブルガム ポップ」とか「フレッシュ フルーツジュース」とか
「禅寺の枯山水」などのタイトルでいろいろな配色が
300パターンくらいカラーで出ています

こういう本で勉強するのはいかがですか

Q「ヴァイオリン」と「バイオリン」について

violin をカタカナで表す時に、
ヴァイオリン、バイオリンというのがそれぞれ混在しているように思います。
たとえば、goo のサイト検索なんかでやってみても、
どちらかがメインとかいうことでもないような気がします。

たとえば文部科学省の教育指導指針(?)であるとか、
新聞での用語に関するルール(?)なんかで、
こういった関係のことが何か取り上げられているというようなことはありますでしょうか?
もし、歴史的な経過などについてもお分かりでしたら、その辺りも含めてよろしくお願いいたします。

国際化への対応や子供の教育面などから捉えると、個人的には、
このようなケースでは「ヴァイオリン」に統一するような方向が
あっていいようには思うんですが。

Aベストアンサー

外国語の発音をVだけヴで書いて安心しても何の意味もありません。Th、siも日本語にない音です。混在しているのは
先輩達が使って定着したヴァイオリンなどが残り、新しい単語はバケーション(Vacation)のように無視して表記したりVirus(ウイルス、ビールス )のように適当に書かれるからでしょう。その外来語が何語を通じて日本に定着したかによっても表記が違ってきます。

子供さんには両方の書き方があることを説明の上、我家ではVはヴァ、ヴィ・・と書くと教えればよいと思います。

Q20代後半の女です。

20代後半の女です。
いつか作曲が出来るようにピアノを習いたいと思っているのですが、教室の選び方は、普通のピアノ教室の選び方と違う物でしょうか。
当方、東京都内に住んでおります。

アドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

作曲というのはどのような曲をイメージしてらっしゃるのでしょう?

ポップスとかであれば、ある程度の和音(コード)の知識があればできますよ。
思いついたメロディーに和音を付ける程度で良いのであれば。

なんで、普通にピアノ習っていろんな曲を弾いていけば大丈夫かと。
もちろん自分で勉強して知識をつけていくのも必要と思います。

Q学校ではどんな風に教えてますか?(「ヴァイオリン」or「バイオリン」)

別のカテゴリーで、たとえば violin をカタカナで表す時に、
「ヴァイオリン」と「バイオリン」のどちらが良いとされているのかをおたずねしました。

平成三年の「内閣告示第二号」によると、
原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合には「ヴァ」で、
これらの仮名を用いる必要がない場合は,一般的に,「バ」で書き表すことができて、
ということのようです。

----
こちらでのおたずねですが、
実際の学校の現場では、どのように教えられているんでしょうか?

それと、学習指導要領とかには、その辺のことについて何か記されて
いたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

小学校では「バイオリン」、中学校から「ヴァイオリン」になると聞いたことがあります。
というのは、「バ」と「ヴァ」の使い分けの前提となる、アルファベットや英単語の正確な発音を習うのは中学校からですので、小学生には教えられないからです。

Q大人(20代)でも絶対音感はつく?

音楽は聴くだけの人間だったのですが最近演奏もしたいと思うようになってきました。
そこで質問なのですが、大人になって楽器を初めても絶対音感はつくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

もしかしたらその人次第で出来るかもしれませんね。
あくまで「・・かも」ですが(^^;

参考URL:http://www.tama.or.jp/~tane/zettaionkan/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報