最新閲覧日:

テレビで見て、ふと、疑問に思ったのですが、
地獄谷の猿たちは、温泉に入ったあと、どうやって、毛を乾かすのでしょうか。
表面の毛だけが濡れていて、中の毛は濡れずにふかふかのままなのでしょうが、
それでも、温泉出たあと風邪引きそう・・・
実際に温泉猿を見たことのある方、おさるさんマニアな方、お答え待っています。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

人間と違って毛がた~~くさんあるから、皮膚までお湯がしみない。


だから湯冷めをしないのでは?
と思いますが、どうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。露天風呂に入っていても、じっくり浸かっていたら出てすぐは、「寒い」より「凉しー」とホッとしますもんね。で、その後、湯冷めする(^^;)
そうか、そうすると、毛皮の彼らは、あがった直後もぽっかぽかのまま、風呂上りの涼しさ知らず、ということなんでしょうかねー。

お礼日時:2001/01/27 01:30

夏から秋にかけて蓄えた厚い皮下脂肪が、強力な鎧の役目となるのだそうです。

また、外側の長い毛のほかに、油分を多く含んだ短い体毛が生えていて、体に水が染み込むのをうまく防いでいるようです。ただ、猿にも好き嫌いがあり、いくら寒くても決して入らないのもいるそうで、それは母の影響や家系とも深い関係があるとのこと。

監視員の方が、初めて猿が温泉に入ったのを見たのは昭和38年のことで、それは2才の子猿だったそうです。最初は露天ぶろの縁で、湯にできるあぶくと遊んでいるうちに、温かくて気持ちよくなったのか、両肘をつけ始め、さらに縁の岩につかまってそっと片足をつけ、両足を入れたかと思うと首から上だけを残して全身湯の中へ。それを見ていた同年代の子猿も温泉に集まり、2ヶ月ほどの間に3歳までの子供が温泉に入ることを覚え、翌年には、大人たちもつかるようになったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいお話、ありがとうございます。
防寒性に優れているということは、防水性もあるということなんですね。
雪の中を行動しているのだから、当然か(^^;)
濡れても、ぶるぶるっとすれば、殆ど、水は弾いてしまうということなんでしょうね。
毛皮が凍らないのかなー、と思ったんですが、よしんば凍ったとしても、体温はその中に閉じ込められるのかな。

お礼日時:2001/01/27 01:20

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ