仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

テニス人口が今、減っているように
日本にはテニスのプロ選手など少ないように思えます。
日本にはテニスが流行らないのですか?
日本の社会はテニスは個人プレーなので推進しないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

どうなんでしーょうか?


たしかにテレビでの放送やメディアでの取り上げ方は少ないですね。
でも野球やサッカーもここ十年くらいで随分減りましたよ。

サッカーや野球は小中学高校の時やった事はあっても大人にとっては
ほとんどの場合“見るスポーツ”です。日本で実際におとながする
スポーツではゴルフやテニス人口は比率としては高いと思いますよ。
団体スポーツは大人になるとみんなの予定を合わせるのが大変です。
その点ゴルフの練習ならひとりで行ける打ちっぱなしにがあるし
テニスならふたりいれば出来ます。

実際、私の住んでいる市のテニス市民大会などにエントリーする数は、
いわゆるブームだったボルグvsマックの時代の倍くらいになって、
あの当時Aクラス・B クラスだけだったのが、今ではCクラスと
シニアまで出来てしまいました。

いわゆる“ネコも杓子も”というブームはどんなものでも一過性ですから
そういう意味ではブームではないですね。

今の時代、オタクの時代です。人はそれぞれであってマイナーという
概念さえ変わってきています。
ひとつの事にみんなが大騒ぎするのは、サッカーのワールドカップくらい
なのかも知れません。あれはなにしろ世界中が大騒ぎですから…
ワールドカップの年はウィンブルドンに参加している選手なんかも
自国の試合が気になってしょうがないみたいですね。
(開催期間がかぶっている)

日本ではヨーロッパ型のスポーツクラブがありませんでした。
そんなに高くない会費で総合スポーツクラブで全てのスポーツを
する事が出来ます。そんな中で子供なら自分の適性を見つけられるし
クラブ側は才能のある子供を選抜する事が出来ます。
日本でもサッカーの三菱レッドダイアモンズはそんなスポーツクラブに
成長してきました。

野球やサッカーは、日本では多くの指導者がおり学校スポーツのなかでも
才能があればそうとうなバックアップを受けられます。
しかし他のスポーツはというと殆ど親の持ち出しが全てです。
良いコーチにつこうと思ったら、相当な費用がかかりますが、
それで成功が約束されているわけでもありませんしコーチ自体
それでほくほくの生活を出来るわけでもありません。

現代のスポーツはほんとにものすごい進化をしていて、世界のトップ
クラスになるには個人の才能だけではもうどーにもなりません。
全ての面でサポートが必要です。

全くの余談ですが、日本では中年以降テニスをしようというとまずダブルスですが
ヨーロッパなどでは殆ど年寄りという感じの人でも試合をしようといわれたら
シングルスだったなんて事があります。この辺も何かの違いといえば違いなのかも
知れません。
    • good
    • 0

>テニス人口が今、減っているように



実感としては無いですね。むしろ増えているような。
それは
・土日や平日に限らず公営テニスコートの賑わいっぷり、都内では倍率が2桁いくことも
・テニススクールが少しずつ増えている(特にインドア系)
・オムニコートが増え、クレーのイレギュラーやハードの足腰への負担を気にしなくてよくなり、敷居が低くなった
・ネット上でテニス仲間を集めるシステムが発達している
からです。

>日本にはテニスのプロ選手など少ないように思えます。

主に競技とスポンサー料だけで収入を得ているトーナメントプロの数は野球・サッカーなど団体競技に比べ少ないと思いますが、
(選手ではありませんが)テニスコーチなど、教えることでご飯を食べている人は他の競技に比べ多いと思います。

>日本にはテニスが流行らないのですか?
>日本の社会はテニスは個人プレーなので推進しないのですか?

テニス誌も5誌あり、4大大会、ATP/WTAなどもBS/CATVで放映しており、メディアもがんばっていると思います。

また「流行らない」わけではなく、現在は適正な競技人口に落ち着いていると思います。

現在、ジュニアのお子様を持つ親御さんたちがテニスの面白さをお子様たちに徐々に伝えてったとしたら、
今後は今以上にプロを目指す子供たちが増えてくると思います。
    • good
    • 0

他国と比べて断然と違うのがテニスコートの利用料金です。



日本でテニスコート(有料コート)を借りようとしたら何千円かかりますが外国では安い所で何百円で利用できます。
スポーツを始めるのに場所が確保できなければ何も始められません。
それが一番大きな理由です。
次に日本でのテニスの位置づけが「お金持ちの遊び」というイメージです。
日本では庶民のスポーツではないという事です。
    • good
    • 0

 >テニス人口が今、減っているように


 >日本にはテニスが流行らないのですか?

 テニス人口と言っても、テニスを観戦する人とテニスをプレーする人がいます。
 私は、プレー人口はそれほど減っているとは思えません。また、中年のおば様人口は変化していないのではないか?むしろ増えているかも?と思っています。
 それに比べて圧倒的にテニスを観る人口は他国と比べると少ないと思います。そして減っているかも…。これに対してゴルフは、プレー人口と観戦人口がバランスよく増えているように見えます。しかし、ゴルフ界でも女子選手の活躍はあるものの男子は?という感じです。

 >日本にはテニスのプロ選手など少ないように思えます。

 プロ登録すれば、賞金獲得額がゼロでもプロと言えます。ただ、日本には、世界ランク100位以内の男子選手は確かにいませんし、女子でも、一頃は4,5人入っていた時から比べれば少ないかも知れません。

 >日本にはテニスが流行らないのですか?
 >日本の社会はテニスは個人プレーなので推進しないのですか?

 推進という意味が日本政府のような『当局が推進しない』という意味でしょうか?
 
 何故増えないか?と言う前に、増やそうとしている元プレーヤーは、たくさんいます。松岡修造さんしかり、伊達公子さんしかり、他にも日本の一時代を築いた元プレーヤーは、今でも躍起になってテニスを楽しむ人を増やそうとしています。
 元ソニーの会長が発足させた『森田基金』などは、世界に通用するプロを育てようと、小学生あたりから全国レベルの、かつ、将来性あるプレーヤーを育てようとしてます。
 草の根的にいろいろやっているようです。
 回答になりましたでしょうか?
 では、また。
 
    • good
    • 0

テニスのプロ選手は確かに少ないですが、テニスは結構流行っている


メジャーなスポーツだと思いますよ。
大学など、どこへ行っても他の競技に比べテニスサークルは圧倒的に多い。ただ、それをプロとしてやっていきたい人が少ないだけなんだと思います。
ヨーロッパに比べると大会数が少ないし、コートも都会はともかく、整備されていない所が多いですから、ある程度以上の練習が出来る人が少ないからじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

メディアが野球、サッカーしか扱わないから。



単純にこれが理由です。
スポーツなんか所詮遊びなんですから、個人個人が楽しいと思ったものをやればいいのです。

プロスポーツが無くなれば様々なスポーツが実は発展するのかもしれません。
    • good
    • 0

元バレーボール選手の川合俊一も同じようなことを言っていました。



今の日本のバレーボールチームと昔の日本のバレーボールチームを比較すると、今の方が断然強いらしいです。それなのに結果を残せないのは世界のレベルは日本以上に上がっているからだといっていました。

理由としては、以前は人気スポーツである野球に運動神経のいい子が集まり、野球が好きではない運動神経のいい子は他の競技に流れていましたが、Jリーグが出来ると、サッカーにも人材が流れ、スラムダンクが始まるとバスケットにも流れるようになったとのことです。
ですので、今は野球、サッカー、バスケに興味がない子をその他のマイナースポーツで人材の取り合いになるからレベルがなかなか上がらないといっていました。

テニスにも同じようなことが言えるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Qテニスラケットのグリップに巻くテープ、もともと巻いてあるテープは剥がし

テニスラケットのグリップに巻くテープ、もともと巻いてあるテープは剥がしてから巻くのでしょうか?重ねて上から巻くのでしょうか?

Aベストアンサー

グリップテープには2種類あります。
リプレースメントグリップとオーバーグリップです。

・リプレースメントグリップは初めに巻いてあるグリップテープをはがして「交換」する為のグリップテープです。
このグリップテープによってグリップ全体の握りの硬さなどが変わります。
大きなショップでは、グリップだけのラケットにこのグリップテープが巻いてあり、握った感触などが確かめられます。バボラは軟らかいなど。
値段はだいたい1本1000円前後です。
・オーバーグリップは初めに巻いてあるグリップテープ上に巻くグリップテープです。
このグリップテープによってグリップの質感が変わります。ウエットタイプだったり、ドライタイプだったりです。
値段はだいたい300円前後です。3本入りや5本入り15本入りなどを買えばもっと安くなります。

俗に言うグリップを巻きなおすというのは、だいたいオーバーグリップを言います。
リプレースメントを巻きなおすのは、新しいラケットを買ってすぐに、グリップの感触を変えたい場合や、長年使って磨り減ったグリップを変えたい場合などです。

Qテニス暦はほんのわずかですが、プロになれる可能性はどのくらいありますか

テニス暦はほんのわずかですが、プロになれる可能性はどのくらいありますか?

自分はパワーに自信がある高3です。でも受験、ヘルニア手術するので、もうすぐ練習がストップしちゃいます。
そういうわけで大学からでも間に合いますか?

Aベストアンサー

CJ4ARSさんの回答がベストアンサーだとは思いますが、補足的な事をいえば・・・。

プロテニスプレイヤーになるのはそれほど難しくはありません。
野球やサッカーの難しさに比べれば簡単といえるでしょう。
天才! 成功する人々の法則ではありませんが、1万時間ぐらい練習すれば誰でもなれると思います。

プロテニスの難しさというのは、下の方々も書いておられますが、プロになる難しさではなく、プロは食えない難しさなのです。

要するに、野球、サッカー、相撲、囲碁、将棋などのプロは最低限の生活を保障されていますが、テニスの場合はそういうのがまったく無く、試合の賞金しか出ないので食えないのです。

たとえ国内大会に全て優勝したとしても、賞金は300~400万円にしかならないので、賞金だけで生活しているプロとうのはほぼ皆無といえるでしょう。
つまり、日本にはツワープロはいないとも言えます。
日本のプロの場合、スポンサー契約があってのプロと言う事です。

まあ、別枠として、楽天オープンがありますが、それでベスト4ぐらい行かないとツワープロも世界も見えてきませんね。

肉体的には19~23才ぐらいが一番鍛え時ですので、テニスで鍛えるのもいいですし、プロを目指すのもいいでしょう。
ただ、将来的にお金を稼ぐという事をもっと突き詰めて考えて決めた方がよろしいと思います。

頑張ってください。

CJ4ARSさんの回答がベストアンサーだとは思いますが、補足的な事をいえば・・・。

プロテニスプレイヤーになるのはそれほど難しくはありません。
野球やサッカーの難しさに比べれば簡単といえるでしょう。
天才! 成功する人々の法則ではありませんが、1万時間ぐらい練習すれば誰でもなれると思います。

プロテニスの難しさというのは、下の方々も書いておられますが、プロになる難しさではなく、プロは食えない難しさなのです。

要するに、野球、サッカー、相撲、囲碁、将棋などのプロは最低限の生活を保障され...続きを読む

Q趣味のテニスで負けた時の気持ちの整理

30代、会社員です。週一回ペースでテニス教室に通い、今年で3年目になります。
つい最近、今年から始めた若い方とシングルスをすることがあり、無残にも1ゲームも取れず負けてしまいました・・・。周囲には、負けちゃったな~、くらいで表情には出しませんでしたが、内心ものすごくショックで、気持ちの整理がつかず、質問させて頂いた次第です。
薄ら、こんなに下手くそならやっていても恥ずかしいな、辞めようかなと思ってしまった程です。
テニスは生涯スポーツとして、ずっと続けていきたいので、気持ちを切り替えたいのですが、こんな時どのように気持ちを整理すれば良いでしょうか?
趣味でやっているのに考えすぎだろ、と言われるかもしれませんが、そのくらいテニスにハマっており、何とかこの悶々とした気持ちを切り替えたいのです。つまらない質問ですみませんが、どなたかアドバイス頂ければ喜びます。

Aベストアンサー

>今年から始めた若い方

それ以前のスポーツ経験によってまったくテニスの習熟度は変わります。
野球、卓球、バドミントン、バレーボール、特にソフトテニスの経験者などは球勘がありますのですぐに一定レベルまでは上達します。
また、スクール以外に壁打ちなどをしていれば、それによっても習熟度はアップします。
従って、あなたは3年のキャリア、彼は数ヶ月といっても、あなたの方がテニスを知っていることにはならないのです。
失礼ながら、あなたくらいのテニス歴で、1ゲームもとれずに試合に負けることは、まったく不思議なことではありません。
まずこのことを知っておいてください。

1.試合の分析をしてみましょう。
彼のサービスやリターンがバシバシ入って、あなたは何も出来ずにエースを取られるままだったのでしょうか。
それとも、あなたのミスが多くて結果として1ゲームも取れなかったのでしょうか。

テニスの本質は相手より1球でも多く相手のコートに返球することです。
エースを狙うことでもハードヒットすることでもありません。
どんなフォームであろうが、どんなボールになろうが、ひたすら相手のコートに返球できるかどうかです。
そこで、結果としてそれがエースになったり相手がミスしてポイントになるのです。
その積み重ねが勝ちに結びつくということです。

相手のショットに追いつけなかったのであれば、体力的な問題と相手のショットへの読みの問題かもしれません。
追いついているボールがミスショットになるのであれば、技術的な問題でしょう。
戦術的なことを考えましたか?
また、試合ということであれば、心理的なプレッシャーも加わってきます。

相手より自分が優れていると思われる部分、劣っていると思われる部分はどこなのか、それを明確にしましょう。

2.テニススクールはテニスに必要な技術を習得するためのものです。
試合に勝つためということになると、上級以上のクラスということになります。
シングルスで試合に勝つためだけにポイントを絞れば、サービスとストロークにつきます。
ボレーやスマッシュといったネットプレーは必要ありません。
でも、スクールではネットプレーの練習はしますよね。
また、テニススクールで最も教えないのは戦術面のことです。これについては様々な書籍や雑誌、スクールのコーチへの質問などで理解していくしかありません。
ただただスクールに行ってさえいれば、試合に勝てるようになると思っていたら大間違いです。
どのような意図の基に、どのような場面で、どのようなショットを使うのかを意識しない限り、どれだけすばらしいショットを身につけたところで試合には勝てません。
何を目的としてスクールに通うのかをはっきりさせましょう。

3.「テニスをずっと続けていきたい」の中身が問題です。
とにかく試合に勝ちたいのか、それとも勝ち負けは二の次で、今自分の持っている技術や体力や戦術がどれだけ表現できたのかを問題とするのかです。
それによって今後は変わってきます。

どうですか? 少しはやる気がでてきませんか?

まだまだ暑い日が続きます。
熱中症には十分注意して、テニスに熱中しましょ。
ガンバってください。

>今年から始めた若い方

それ以前のスポーツ経験によってまったくテニスの習熟度は変わります。
野球、卓球、バドミントン、バレーボール、特にソフトテニスの経験者などは球勘がありますのですぐに一定レベルまでは上達します。
また、スクール以外に壁打ちなどをしていれば、それによっても習熟度はアップします。
従って、あなたは3年のキャリア、彼は数ヶ月といっても、あなたの方がテニスを知っていることにはならないのです。
失礼ながら、あなたくらいのテニス歴で、1ゲームもとれずに試合に負けること...続きを読む

Qなぜ、中学の部活はソフトテニスなんでしょうか?

テニスの事は、よくわからないので、教えて下さい。
私は、あくまで、楽しみと健康のため、OLの時からテニススクールに入って今日まで、細々と、時には休みながら15年やってます。全然上達しなくて(笑)キャリア半年の人のほうが上手だったりします。それが、私のペースで、まさに、下手の横好き、生涯スポーツ健康スポーツといった感じです。最近は、小学6年の息子も一緒に楽しむようになりました。
それで、今は、当然、硬式をしています。ところが、中学には、軟式部しかありません。

そこで質問は、
硬式部の中学も最近は増えているそうですが、なぜ、中学はソフトテニスが多いんですか?
テニスと言えば、硬式が一般的ですし、中学でも、硬式にしたほうが良いと思うのですが、皆さんは、どっちがいいと思いますか?

ソフトテニスの歴史は、もともと明治にラケット、ボールの輸入が困難だったことから、ゴムまりを使い始めたのが始まりなんですよね。困難というのは、ぶっちゃけて言うと、金がなかったという意味でしょうか?
日本と昔の日本の植民地中心のスポーツのイメージですがどうでしょう?

テニスの事は、よくわからないので、教えて下さい。
私は、あくまで、楽しみと健康のため、OLの時からテニススクールに入って今日まで、細々と、時には休みながら15年やってます。全然上達しなくて(笑)キャリア半年の人のほうが上手だったりします。それが、私のペースで、まさに、下手の横好き、生涯スポーツ健康スポーツといった感じです。最近は、小学6年の息子も一緒に楽しむようになりました。
それで、今は、当然、硬式をしています。ところが、中学には、軟式部しかありません。

そこで質問は...続きを読む

Aベストアンサー

少しだけ硬式テニスをやっていた者です。
たしかに硬式のほうが一般的だと思います。
中学校の時にイギリスから来た国際交流員の女性は軟式を見たことがなかったようで驚いていました。
アジアでは軟式が割と盛んなようですが。
息子さんが進学する中学校に硬式テニス部ができればいいという気持ちは良く分かります。
実際、私立の中学は硬式をやっているところがたくさんありますし、
選手になるようなひとは幼い時から硬式をやっているのでそれほど負担にならないと思います。
ただ、中学校の運動部はだいたい全国中学校体育大会(名称があいまいですが)をめざして活動しているようですが、硬式テニスの部はこの大会にはありません。
もちろん、全国大会に行くには地区予選がありますが、その中にも硬式テニスはありません。
ほかにも新人大会など、他の部活の場合に全競技一斉に同じ日程で行うような大会にも硬式テニスはないのが現状です。
硬式テニスは中学校の部活としてはあまり認められていないということでしょうか。
そのため硬式テニスをやっている中学生は県のテニス大会や民間の大会などで中学生の部やジュニアの部に出場しているようです。
本格的にテニスをやっている小学生は私立の学校に行くか、公立の中学で文化系のあまり活動がない部活に一応入っておいて放課後テニスのレッスンに通う人が多いです。

少しだけ硬式テニスをやっていた者です。
たしかに硬式のほうが一般的だと思います。
中学校の時にイギリスから来た国際交流員の女性は軟式を見たことがなかったようで驚いていました。
アジアでは軟式が割と盛んなようですが。
息子さんが進学する中学校に硬式テニス部ができればいいという気持ちは良く分かります。
実際、私立の中学は硬式をやっているところがたくさんありますし、
選手になるようなひとは幼い時から硬式をやっているのでそれほど負担にならないと思います。
ただ、中学校の運動部はだ...続きを読む

Qテニススクールで彼女が出来ますか?

社会人になってから世間が狭くなってしまいました。
そこでテニススクールに通って友達やカノジョを作ろうかと考えています。

テニススクールに通ったことがないので良く分からないのですが
テニススクールで彼女が出来るでしょうか?
ターゲットは20代前半の女の子です。

ちなみに初心者です。

Aベストアンサー

できますよ。実際私も同じ目的でスクールに通って知り合った子と付き合ったことがあります。若い女の子がいるのは初級から初中級辺りのクラスで、平日のナイターの時間に多いです。たいていが定時上がりのOLですね。ペアを組んでの試合とかボール拾いのときとかに"すいません"程度ですが会話を交わせると思います。そこから話がスタートしてある程度しゃべるようになったらテニスを誘ってみるといいです。あとおばちゃんを使って仲を取り持ってもらうのも1つの手です。結構若い女の子っておばちゃんと仲良かったりするので。上手い下手はあんまり関係ないと思いますよ。上手い方が目を引くのでしょうが、初級とかにいるとかえって目立ってしまい気を遣いますから。自分がそうでした。

でも出会いを優先するなら、社会人のテニスサークルのほうがいいかもしれません。気軽に行けますし、お金もそれほどかかりませんので。女性の方も出会いを求めてきている人の割合が多いと思いますし、テニスの後食事に行ったりイベントもあるので話せる機会が多いです。スクールはあくまでもサークル内でテニスをするための上達目的として、出会いはテニスサークルを中心においたほうがいいと思います。くれぐれも出会い目的だという下心は出さないように。周りにはあくまでもテニス上達を目的として振るまって下さい。サークルは下記HPを参考にしてください。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~ktn/

できますよ。実際私も同じ目的でスクールに通って知り合った子と付き合ったことがあります。若い女の子がいるのは初級から初中級辺りのクラスで、平日のナイターの時間に多いです。たいていが定時上がりのOLですね。ペアを組んでの試合とかボール拾いのときとかに"すいません"程度ですが会話を交わせると思います。そこから話がスタートしてある程度しゃべるようになったらテニスを誘ってみるといいです。あとおばちゃんを使って仲を取り持ってもらうのも1つの手です。結構若い女の子っておばちゃんと仲良かった...続きを読む

Qオムニコートってどう思いますか?

いつのまにか、どこもかしこもオムニコート化しましたが〈排水性&メンテ費用削減の為?〉
プレーヤーとしては大嫌いです。〈勝てる気がしなくなりだしてる〉
風も雨も太陽のまぶしさもあまり気にしないほうなんですが・・・

●足のグリップが効かないので非常に疲れます。

●砂のあるなしでイレギュラーは速いタマはど多く感じます。速いタマは感覚で合わせる事が多いので対応できません。

●ちょっと膝をついただけで皮膚が紙ヤスリでけずられた用にはがれ出血します。

●どのコートよりラインは見えません。特に逆光ではサービスコートもなにも分からなくなります。

●今の所大きな国際大会で使われる様子はないみたいですが、世界をめざしている日本のジュニアにとっていい環境なのでしょうか?

みなさんどう思われます。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

まず、オムニが増えている原因として考えられるのは、
自治体等の公的なテニスコートが横並びで出来ていくから
だと思われます。メンテ費用は短期的には安いように
思われますが、競技利用するコートで考えれば、人工芝の
張り直しにかなりの費用がかかりますので、最初の敷設費
も維持費も決して安いとは言えないと思います。しかし、
お役所の予算取りというのは単年度であるため、作るとき
のことしか考えておらず、結果として砂だけ足していく
というお粗末なメンテだけ施されているようですね。

そんなオムニ(←確か元は商品名のはず)コートですが、
クッション性が高いことから、足腰への負担は少ないです。
よって球足は遅く、ハードヒッターには不利なコートです
(エースが減る)。シューズの種類や砂の入れ具合にもより
ますが、クレーよりは滑らないと言われています。(下記
アドレス参照) 確かにこけると擦り傷をおいますが、
砂の入れが少ないコートではヤケドをすることになります。

ただ、水はけについては異論があります。オムニは水たまり
は出来にくいですが、砂やその下の構造に水分はとどまり
やすいです。ですから、ちゃんと晴れ渡った後も、当分は
競技レベルでは不向き(ボールがぬれる)です。逆に遊び
レベルでよければ、小雨の中でもできるというだけですね。
雨上がりの後であれば、一番回復が早いのは、ハードコート
だと思います。

次に継続的な国際大会での使用は、あまり見ませんね。ただ、
ユニバーシアード等が日本で開催されたときにはオムニで
やったこともあったと記憶しています。日本以外の国で
数十面もオムニを用意するのは難しいでしょうね。

最後にジュニアに与える影響ですが、諸説あります。スペ
イン勢が強かった頃には「クレーを増やせ」という論調が
雑誌に躍りますし、アメリカ勢が強ければ「ハードを増
やせ」となります。(^_^;) 基本的にはどのようなコート
であれ、安価に使える面数が多いことが最重要で、次に
世界の使用率が高いサーフェースを増やすことが大事で
しょうか。それをおいといて、コート特性がジュニアへ
与える影響としては、スピードよりもコントロールとミス率
重視になってくるでしょうから、世界のトップスピードに
対抗できる選手が出てくる阻害要因にはなってるかもしれ
ませんね。

参考URL:http://www.sri-hybrid.co.jp/sports/omnicourt/

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

まず、オムニが増えている原因として考えられるのは、
自治体等の公的なテニスコートが横並びで出来ていくから
だと思われます。メンテ費用は短期的には安いように
思われますが、競技利用するコートで考えれば、人工芝の
張り直しにかなりの費用がかかりますので、最初の敷設費
も維持費も決して安いとは言えないと思います。しかし、
お役所の予算取りというのは単年度であるため、作るとき
のことしか考えておらず、結果として砂だけ足していく
というお粗...続きを読む

Qメーカーと契約するって・・・

プロだけでなく学生でも強い人はメーカーと契約できるみたいですが、どのくらいのレベルから契約できるのでしょうか?実際契約されている方、ご存知の方ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

高校・大学と、メーカーのサポートをフルに受けて国内外でプレーして来た元全日本選手です。アマチュアである学生には「契約」という概念はありません。メーカーが後々アマチュア規定に抵触しないように「モニター覚書」のような書式を準備して署名捺印させるケースがあるので、学生は「契約した」と勘違いする者が多いようです。
現在のスポーツメーカー各社は「シリアスプレーヤー」へのマーケッティングにさほど魅力を感じていないのか、学生への「サポート」(昔の選手は一般にメーカーに対する感謝をこめてこう呼んだものです)をさほど手厚くすることがないようで気の毒です。
JOP20位台、全日本学生のトップ5クラスで、過去には、ラケット年間20本、ナチュラルストリングス年間200張り、シューズ50足、ウェアはそれこそ必要なだけたくさん、遠征用のトランクから、日常トレーニングに使うシューズからカジュアルシューズまでお世話になった経験があります。ネーム入れから、オリジナルカラー、サイズまで対応してくれた先もありました。
もちろん各社によってサポートの方針がありますので、●トップ選手にだけ特別手厚く(過去のデサント、ロシニョールなど)●地方中心に広く浅く、インターハイに出るレベルにはモニターラケット2本程度(過去のヨネックスなど)・・・方針があるようでした。
いずれにせよ、学生でもトップ選手には「契約」はなく「サポート」「モニタリング」が存在しますが、過去とは比べようもない厳しい時代のようです。

高校・大学と、メーカーのサポートをフルに受けて国内外でプレーして来た元全日本選手です。アマチュアである学生には「契約」という概念はありません。メーカーが後々アマチュア規定に抵触しないように「モニター覚書」のような書式を準備して署名捺印させるケースがあるので、学生は「契約した」と勘違いする者が多いようです。
現在のスポーツメーカー各社は「シリアスプレーヤー」へのマーケッティングにさほど魅力を感じていないのか、学生への「サポート」(昔の選手は一般にメーカーに対する感謝をこめて...続きを読む

Qストロークでのゆるいボールの処理

私はテニス中級者だと思いますが
スピンのかかった球などは打てるようになってきて
普通にストロークしている分にはいいのですが
チャンスボールなど(チャンスボールでなくても)の
ゆるいボールがきたときにどうしてもミスをしてしまいます。

ネットもありますがどちらかというとふかしてしまいます。
対策としてはどうしたらいいでしょうか?

「いろいろ調べると丁寧に打つ」みたいのはあるのですが
あまり具体性がかけるのでもう少し詳しく教えて頂けるとありがたいです。
丁寧にという部分は意識しているつもりなので

よろしくお願いします

Aベストアンサー

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを崩しながら打つとか
(構えが遅く、差し込まれている。体の軸が崩れる)

短い球と予測できたら、バックラインより一歩コート内に
入り構え、確信できたらティクバックしながら前に詰める。

細かく足を動かし、一拍を置きボールをヒットする。
ここで一番大事なことは、出来るだけ高い打点で打つ。
ネットより高い打点でフラットに打ち込めば、ネット
せず深い位置に強いボールを打ち込むが出来るのです。
フラットに打っても自然にスピンがかかりボールは
落ちるのです。
※一拍置かないと、一直線的な固まった打ち方しか出来ず、
ボールの変化の対応や自分の打つタイミングの間が
取れないのです。

丁寧にコースをつくとかネットより低い場合などは
スライスで打つ。スピンならストレートよりクロスへ打つ。
その方が距離が長くとれ、相手を外へ追い出すことが可能。

いずれにしても予知能力、判断力の速さ、細かい足の動き、
などが完璧な準備となり、余裕を持って高い打点でボール
を打ち込むが可能です。
※高い打点で打つ時、細かい打ち方は考えず体に任せましょう。

ここまでは中級クラスの中レベルの話ですが、目標にして
も良いと思います。

とにかくミスをしないのであれば、スライスで丁寧に
返すことです。
試合ではただ返すだけでは相手の反撃を食らいます。

最後に
ミスをしない事から、深く打つ、コースを狙う、強く打つ
相手を外へ追い出すなどとレベルを上げてゆきます。

日頃からどういう時に短いボールが打たれるのかを観察し、
予知能力を高める訓練も必要でしょうね。

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを...続きを読む

Q英仏旅行してきました。両国民の性格の違いにビックリしてます

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と聞くと「why not?」とニッコリしてくれました。朝食は泊まった翌日からと思ってたので、嬉しかったです。雨でびしょぬれで空腹でしたし。部屋で濡れた服を着替えて、朝食を頂き、それからロンドン観光出来ました。
あと、ロンドン在住の日本人の方とかに「道お困りですか?」とか教えてもらったり、外国(多分どこかヨーロッパ)の観光の人に道を聞かれて、余ってたマップを上げて道も教えて上げたらとても喜ばれたり。ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。

<フランス編>
エッフェル塔や凱旋門、モンマルトル・・・書ききれないくらい、すばらしい観光地があるのに、チケット売り場の人はどこでもチケット投げるし、目も合わさない。プレゼント用の簡単なプラスティック製の箱に入ったマカロン詰め合わせを買ったのですが、紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま(環境の為に包装を節約してるという風でもなさげでした)。エッフェル塔で記念写真を撮ろうとしてると、カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人。北駅からドゴール空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・・。駅でたらいまわしにされてチケットがなかなか買えませんでした。チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。あと、いろいろと、フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。(一応、どこでも「ボンジュール、メルシー、オルヴォワー」は行ってましたが)

でも、フランス旅行が楽しくなかったという意味ではありません。旅行イコール勉強だと思ってます。ロンドン、フランスとも最高に楽しかったのにはかわりありません!

ただ、「どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?」て、逆に面白く感じたからです。同じように感じた方や、両方の国民性に詳しい方のお話が聞きたいです。

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など、いろいろな要因がその違いを作り出しているように感じます。


ご質問2:
<ロンドン編>~ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。>

1.観光客には優しいです。

2.旅行、短期滞在、長期滞在、仕事での駐在などによっても、イギリス人に対する印象はいろいろ変わってくると思います。

3.大学院留学経験では、成績を争う学生同士、ライバル意識から情報を提供しない、抜けがけする、間違った情報を与えるなど、策略的な小賢しい頭の働かせ方をするイギリス人が結構いました。利益を争う職場の同僚同士も同様です。

4.長期留学の前、学生時代に英国へ短期留学もしたことがありますが、ホームステイ先の家庭は、英国では低所得家庭がお小遣い稼ぎにする仕事なので、暖かい歓待、といった印象ではありませんでした。

6.また、イギリス人は薀蓄たれで視野が狭いなと感じることもありました。つまり、自分の関心のあること以外、上も下も右も左も見ない、狭視覚的なものの見方をすると感じていました。
例:
某有名大学の英人学生の弁「日本?興味ないから行くこともないな」

7.そういった点では、フランス人は、イギリス人に比べると単純で素直だと感じます。


ご質問3:
<フランス編~紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま~>

1.フランスパンも、そのまま手渡しが、小さな巻き紙を添える程度です。フランスパンが剥き出しの、パリらしい紙袋の風情も実を言えば不潔なだけなのです。日本のフランスパン用の長い紙袋が懐かしいです。食事だけに限らず、フランス人の衛生観念は、日本人の半分ぐらいだと思います。むしろ日本人が過剰といって笑います。

2.食べ物に限らず、余程の老舗でなければ、プレゼントの包装なんてものもクリスマスシーズンしかありません。それも包装の訓練も受けていないから、包み方が下手です。自分で包装した方がまだましです。

3.スーパーではレジは入れてくれません。自分で入れます。環境対策から、ビニール袋のないスーパーも増えています。よく行くカルフールには、予め大き目の袋を2~3枚用意しておきます。

4.フランス人は無駄な包装に、日本人が抱くような美意識を感じていないようです。ですから、クリスマスプレゼントなどを開ける際でも、日本人のように丁寧に包みを開けるのではなく、ビリビリ破きまくります。


ご質問4:
<カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人>

1.日本人にちょっかい出すのが好きな、不良少年達は多いです。住めばいやな目にあうことも沢山あります。

2.仏人の夫が初めて東京に来た時、ミニスカートをはく少女達など、渋谷のファッションに驚いていました。と同時にそんな自由なファッションが楽しめる東京を絶賛していました。パリでは、そんな格好の女の人はすぐに不良少年達にからかわれ、不快な思いをするからです。


ご質問5:
<空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・>

1.こちらは客は神様ではありません。客のために「働いてやっている」と思っていますから。

1.労働者は客より「上」なのです。例えば、売り子に落ち度があって、客が売り子などに文句を言おうものなら、責任者がとんできて、売り子をかばいます。決して店の責任にはしませんし、もちろん謝罪もしません。「言い訳」が際限なく続きます。


ご質問6:
<チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。>

こんな風景は日常茶飯事です。フランスに住む日本人の苦労がわかってもらえるでしょうか(笑)?

要領は悪いし、手際もよくありません。これはスーパーなどのレジでもよく見かける光景です。彼らは、限られた労働時間をできるだけ労働量を消費しないよう、給料に合わせてマイペースに仕事しているのです。余計なエネルギーを労働に使うのは、彼らにとってもったいないのです。


ご質問7:
<フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。>

おっしゃる通りです。最初にフランスに来られた旅行者は、一様に同じような感想を抱くようですね。私も初めてパリ旅行した時は、同じような印象を抱きました。でも、それは印象ではなくて、今でも実感する事実なのですから、どうしようもありません。汚いものには蓋、真似をしなくていいものです。

先の質問でも答えましたが、フランスで体験された不快な、信じられない出来事は、フランスでは日常茶飯事なのです。そのギャップから精神的に参る日本人も多く、「パリ症候群」といわれる心の病もあるほどなのです。

ちなみに、「なぜフランス人の働きぶりはこうなのか」という点について、理由の一部は以下の通りです。
1.安い月給。20年前からあまりupしていません。
2.それなのに物価は上がる一方。ユーロの以上高値も、フランス人の生活を直撃。
3.なんといっても高い税金。所得の半分以上は税金に消えます。高所得者は税金対策に必死です。
4.どの職種も給与などの労働条件の改善を求めてストするので、労働サイクルが悪く、経済効率もよくありません。こちらでは、警察、医者、看護婦、教師、生徒、公共交通、などがストで営業ストップもしばしば。

などなど悪いことを挙げればきりがありません。


長々と、英国・仏国のマイナス面を強調しましたが、勿論いい面もありますので、うまく適応してそれなりに楽しいフランス生活を送っております。結論としては、イギリスもフランスも、また日本や他の国も、旅行だけではその国の一部しか覗き見ることができず、全てを語ることはできないということです。

でも、最初の印象は大事ですから、その意味ではフランスはイギリスより損していますね(笑)。フランスは、観光客にサービス・笑顔を振舞わなくても、世界一の観光大国の座は揺るぎありませんから、努力もしなくていいのでしょう。歴史=過去にあぐらをかくフランス人、その姿勢が現在のフランス社会の不安の種となっているのです。

長々と失礼しました。以上ご参考までに。

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報