最新閲覧日:

超音速で飛行する時に発生する、衝撃波をエネルギーにするうんぬんという話を聞いたのですが、それって具体的にどういうことなんですか?

A 回答 (3件)

通常のジェットエンジンでは、コンプレッサーで空気を圧縮し燃焼室に導き燃料を吹き込み燃焼させ、高温高圧のガスでタービンを回し(このタービンの回転エネルギーでコンプレッサーを駆動する)残りのエネルギーを推進用に使用するというものです。

ところがラムジェットエンジンにはコンプレッサーもタービンもありません。エンジン前部より超音速で流入するエンジン先端部の円錐形のコーンにあたり衝撃波(衝撃波とは音速を超える物体を空気中に置くと発生する圧力波です)を発生させます。衝撃波によって発生した圧力を利用して、圧縮機なしでも高圧の状態を作れるので、圧縮機を駆動するタービンも不要です。それらの機械的な部分が不要なため、通常のターボジェットでは不可能な高速での飛行が可能になります。ただし、この機構は超音速でしか動作しないため、超音速まで加速する別のエンジンが必要で、前出のSR-71ではラムジェット機構の後ろにターボジェットエンジンを備えたハイブリッド構成になっています。

参考URL:http://www.sr-71.org/blackbird/j58/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図解まで付けて下さった詳しい説明、本当に有り難うございます。
大変勉強になりました。
実は、この回答によってさらに疑問が湧いてきました。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/01/26 23:50

機種名間違えました。


SR-71でした。
写真をリンクします。

参考URL:http://www3.freeweb.ne.jp/diary/berkut/SR-71.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

写真まで調べて下さってどうも有り難うございます。
ブラックバードの羽についている筒型のものがそれなんですね。
勉強になりました。(偵察機としての歴史も)

お礼日時:2001/01/26 23:42

確か米国のSR-75(?)偵察機の話ではないですか。


超音速になると、機種から船の船首からの波のように衝撃波が発生し、相当な圧力で翼に当ります。
そこで、ちょうど衝撃波が当る所にジェットエンジンを置くと最初から高圧力の空気(衝撃波)がエンジンに入ってくるので、コンプレッサー(圧縮機)用の羽を省略することでき、小さいエンジンでも高出力が得られ、大きなエンジンを載せなくともマッハ3の速度が出せるのです。
これが、衝撃波でエネルギーを・・・ということでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ