新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

おすすめのパニック小説教えてくだい。
『ジュラシックパーク』みたいな恐竜でパニック!
『MEG(メガロドン)』みたいな巨大鮫でパニック!
こういうジャンルの小説探してます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

正当なパニック小説、またはドゥームズデイ・ノヴェル・・昨今ではディザスターノヴェルは沢山有るようでいて実は仲々お目に掛かれない分野で長年収集していても大した数ではありません。

本屋にこまめに足を運び、運良くそのジャンルの本を見つけるのは仲々に根気と運の要る行為です・・・
しかも困った事にパニック小説はジャンルとしてもマイナーなので、書店に入る部数も少なく、出会いは本当に運頼みなんですね。だからそういう作家を一人でも見付けたら、その作家を執拗にマークするのが良い手です。
で・・・生物パニックがお好きなようですので・・・
*「アンドロメダ病原体」マイケル・クライトン 早川書房
 宇宙から来た細菌物。映画化も本人の脚本でされている。生物災害物の最も著名な作品の1つ(もうひとつは言うまでも無く「ジョーズ」)
*「スウォーム」アーサー・ハーツォグ 早川書房
 「アンドロメダ病原体」を手本に書かれた傑作。アフリカバチの襲来による世界の滅亡の危機を描く。
*「オルカ」アーサー・ハーツォグ KKベストセラーズ
 映画化もされたハーツォグの作品。シャチ対人間。ラストが映画と異なる。  
*「ジョーズ」ピーター・ベンチリー 早川書房
 言わずと知れた巨大鮫対人間の有名作。映画と異なり、この作品がインスパイアされたのは「白鯨」であると思われます。
*「ジョーズ2」ハンク・サールズ サンリオ
 映画「ジョーズ2」のノヴェライズなので、映画の筋に大体忠実。
*「ビースト」ピーター・ベンチリー 角川書店
 ダイオウイカ対人間の戦い。テレビムービー化もされたが、出来はイマイチ。原作は「ジョーズ」には及ばない。
*「ナイトウイング」マーティン・クルーズ・スミス 早川書房
 病原菌を媒介する吸血蝙蝠の群れとの戦い。  
*「グリズリー」ウィル・コリンズ 勁文社
 映画は「ジョーズ」の二番煎じでしたが、このノヴェライズは大変出来が良いです。ラストもこちらの方がずっと良い。
*「人喰い猫」バートン・ルーシェ 角川書店
 猫の爪の中の破傷風菌による小さな町の災害・・・本も薄い。
*「ビールス」ラッセル・フォアマン 番町書房
 ウィルス物
*「ブラック・デス」ギネス・クレイヴンス&ジョン・S・マー ごま書房
 黒死病物
*「レッド・デス」マックス・マーロウ 東京創元社
 太古のナマケモノの氷詰めから太古の殺人ウィルスが甦る。
以降は自然災害・局地災害・人為的災害物
*「ポセイドン・アドヴェンチャー」ポール・ギャリコ 早川書房
 他の方が挙げておられます。パニック小説の古典的名作。
*「ガラスの地獄 タワーリング・インフェルノ」
 トマス・N・スコーティア&フランク・M・ロビンソン早川書房
 映画「タワーリング・インフェルノ」の原作2本の内の1冊
 「タワーリング・インフェルノ」に1.2.は有りません。
*「そびえたつ地獄」リチャード・M・スターン 早川書房
 映画「タワーリング・インフェルノ」の原作2本の内の1冊
*「ヒート 地球が熱くなる日」アーサー・ハーツォグ ダイヤモンド社
 「スウォーム」と並ぶハーツォグの傑作ドゥームズデイノヴェル。
 化石燃料の過剰消費により地球がどんどん熱くなり、いずれは金星状態に
*「凍結都市」アーノルド・フェダーブッシュ 廣済堂
 「ヒート」と同じ化石燃料の過剰消費により、こちらは地球が冷えていく話。
*「ブリザード」ジョージ・ストーン 角川書店
 これも地球が冷えていく話だが、その裏には人為的なものが。
*「動く氷塊大陸」ジェイムズ・フォーリット 集英社
 南極から巨大な氷山が離れてアメリカにまっしぐら・・・沿岸に追突すれば、巨大地震が!
*「南極大氷原北上す」リチャード・モラン サンケイ出版
 同じく巨大棚氷が南極から外洋に滑り出す。
*「ダラスが消えた日」リチャード・モラン 扶桑社
 大規模な地盤沈下によりダラスが沈む?!
*「氷の帝国」リチャード・モラン 扶桑社
 大西洋海底火山が大爆発。大寒波が襲来し、英国が氷河期に・・・
*「氷河期を乗り切れ」リチャード・モラン 扶桑社
 上記続編。
*「原子炉大爆発」トマス・N・スコーティア&フランク・M・ロビンソン
 徳間書店
 原子炉災害物。
*「湖底トンネル爆発!」トマス・N・スコーティア&フランク・M・ロビンソン 新潮社
 湖底トンネル工事の事故物
*「ロンドン大洪水」リチャード・ドイル サンリオ
 タイトル通りロンドンで大洪水
*「生き埋め」ジェラルド・A・ブラウン サンケイ出版
 長雨により地滑りが起きスーパーマーケット内に人が取り残される。
*「原子力衛星が落ちてくる」ハリー・ハリスン 徳間書店
 タイトル通り・・・まんまなタイトル(笑
*「ヘルメス 落ちてくる地獄」ジョン・バクスター 角川書店
 小惑星が地球に落下しそうになる。
*「0-8滑走路」アーサー・へイリー&ジョン・キャッスル 早川書房
 航空パニック物の古典的名作・・いくつもの亜流を呼んだ。
 所謂、パイロットが居なくなるパターン。
*「大空港」アーサー・へイリー 早川書房
 映画化もされた古典。
*「101便着艦せよ」オースチン・ファーガソン 文芸春秋
 日本でラジオドラマ化もされた小品ながら非常に面白い航空パニック物。
*「超音速漂流」トマス・H・ブロック 文芸春秋
 超音速旅客機に誤ってミサイルが! 航空パニック物中でも傑作のひとつ。
*「亜宇宙漂流」トマス・H・ブロック 文芸春秋
 超音速旅客機が上昇が止まらず亜宇宙空間に!
*「ジャガーノート」アル・ハイン 早川書房
 映画化もされた豪華客船に爆弾が仕掛けられるパニック物。
*「原潜919浮上せず」ディヴィッド・ラヴァリィ 早川書房
 「原子力潜水艦浮上せず!」というタイトルで公開された映画の原作。
 原作の方がよりシビアで面白い。
*「メルトダウン」マックス・マーロウ 東京創元社
*「フェイス!」マックス・マーロウ 東京創元社
*「大洪水」マックス・マーロウ 東京創元社
 マーロウの作品は上から、海底火山の噴火により、北半球が水没の危機に・・・ハリケーンフェイスがフロリダを襲う。大洪水物。

尚あまり日本のパニック物は読まないのですが・・・
*「爆発の臨界」田中光二 角川書店
 ・・・は外国作品に劣らない出来だと思います。
と・・・まあささやかな一部を挙げてみました。
尚、大変申し訳無いのですが、パニック小説はすぐに絶版になってしまうので、ここに挙げたものの殆どは古書でしか入手困難だと思われます。また、お薦めするわけでは無く、只のデータだと思って下さい。人それぞれですからね・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
パニック系小説を書いた作家の作品は常にチェックすようにしてます。
ほんと、なかなか見つかりませんよね;;
上記にあげて頂いた作品・作者に自分の知らない物ありましたのでチェックしていきたいと思います。

お礼日時:2007/09/22 14:19

スティーブン.キングのは、なかなかどきどきします。


「呪われた町」吸血鬼でパニック。
「シャイニング」霊でパニック。
「クージョ」犬でパニック。
「ペット・セマタリー」ゾンビ(?)でパニック。
吸血鬼といえば、マキャモン「奴等は乾いている」もかなり
大パニックです。個人的にお勧めです。
もはや名作の枠なのかもしれない「ジョーズ」もハヤカワ文庫で出ています。「ガラスの地獄 タワーリング・インフェルノ」「そびえたつ地獄」(タワーリングインフェルノ1と2の原作?ノベライゼーション?)もハヤカワ書房ででています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マキャモン『スワン・ソング』しか読んだ事なかったのでチェックしてみます。
『ジョーズ』は動物パニックの名作ですね~!
スティーブン.キングは時々読みますが、自分には当たりハズレがありすぎて選べないってのが感想です。
ファンタジーな感じのはイマイチなんですよ。
『クージョ』これは惹かれます!チェックしてみます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/19 23:21

(ハヤカワ文庫NV)「ポセイドン」(上下)ポール・ギャリコ著



映画「ポセイドン・アドベンチャー」の原作です。過去に(ハヤカワ文庫NV)「ポセイドン・アドベンチャー」として旧翻訳版がありましたが、リメイク版映画にあわせて新訳版が出て来た訳です。旧訳版と新訳版両方持っていますが、新訳版がだんとつ読みやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ポセイドンアドベンチャーは映画がいまいちでしたので、手をだしませんでした。
原作ならおもしろいかな~って気はしてたんですけどね^^
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/19 23:15

小松左京「復活の日」


細菌でパニック
小松左京「首都消失」
電磁波を吸収する雲?が首都を麻痺させる。
高嶋哲夫「TUNAMI」
地震による津波パニック

ライトノベルでもいいなら
一条理希「サイケデリック・レスキュー」(「D/dレスキュー」として書き直しがあり)
財閥の私設特殊救助隊の活躍話でいろいろな災害やテロが発生
    • good
    • 1
この回答へのお礼

高嶋哲夫「TUNAMI」この本は気にはなっていました。
小松左京の本は自分には読みづらいんですよ。なんでかな?『日本沈没』も読めずに断念してしまいました;;『復活の日』も途中で断念したかも。。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/19 23:11

石黒輝著 ‘死都日本‘がお勧めです。

 九州の霧島火山が爆発して日本が壊滅的危機に陥る。と言う内容ですが、描写がすごくリアルで実際起こりうる事だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読み応えのありそうな本ですね。レビュー見ても評価高いですし。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/19 23:03

小松左京 「日本沈没」


これを読んでいたので、映画はさっぱりでした。
堺屋太一 「油断」
石油が無くなるとこうなってしまうのかと、背筋がぞっとしたのを憶えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『油断』この本は知りませんでした。
あらすじ読むと面白そうですね。
現実世界でもありえる話ですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/19 22:50

手に入るかどうかわかりませんが、新井素子の「ひとめあなたに」をお勧めします。

隕石が地球に衝突する話だったとおもいます。古本屋などで探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
隕石が地球に衝突・・・そそられる内容の本です。
探してみます。

お礼日時:2007/09/18 23:01

篠田節子さんとかどうでしょうか?


ちょっと季節がずれましたが、「夏の災厄」(文春文庫)オススメです。
私には怖くて面白かったです。パニックホラーです。
あとロビン・クックの「アウトブレイク」とか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
『夏の災厄』これは気になっていた本です。
いまいちウイルスパニック系小説に面白いと思えるのに出会えず読まず嫌いになりかけていたので、読んでみたいとおもいます。

お礼日時:2007/09/18 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q災害関係の小説を

災害関係の小説を探しております。
図書館で探すにしても、一冊一冊内容確認をしながらですと、どうも見つかり辛いのでこちらでお願いしたいです。

具体的には、地震や津波といった現実的な自然災害を題材にした物語を探しております。隕石や地球崩壊といった米国映画風なパニック系ではありません。

また、自然災害ではありませんが、核兵器を題材とした作品も探しております。こちらは物語中で実際に核が使用されるといった内容の小説を探しております。

これまで、あまり種類は読んでおりませんが、「死都日本」や「震災列島」(石黒耀/著)といった小説を読んでおります。

わかり辛い説明かと思いますが、適した内容の小説をご存知の方はどうかお教えお願いいたします。

Aベストアンサー

自然災害を題材にしていて、それが隕石で発生するものではなく、地球崩壊までいかず、パニック小説ではない……のですね?
隕石・地球崩壊というキーワードははずせますが、パニック小説でない自然災害物って、ちょっと私には想像できません。
災害時にほんとにあったちょっといい話、くらいですが、これはさすがに希望に沿ってないと思います。

地震・津波を取り扱った小説としてすぐにあがるのは、真保裕一『震源』、高嶋哲夫『M8』、小松左京『日本沈没』でしょうか。
以下は2000年以降に発行された日本の小説で(特に指定されてませんがこちらの方が希望なのではないかと推測)、内容紹介・タイトルに「地震」と入っているものからピックアップしてみました。
ちなみに図書館のHPの検索です。キーワード「地震」で小説だけにすればけっこう出てきます。
もちろんまだまだ内容紹介まで載っていて検索できる図書館HPは少ないと思いますが……。

村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』新潮社(2002)
大地震後のひとびとを描く連作短編集。

高任和夫『燃える氷』講談社文庫(2006)
新燃料エネルギー開発から端を発した未来サスペンス。

柘植久慶『東京大津波 東海・東南海連鎖地震、ついに発生す!』PHP研究所(2005)
柘植久慶『首都直下地震<震度7>』PHP研究所(2006)
サバイバル本など著書多数のの作者による近未来小説。

百瀬しのぶ『救命病棟24時』フジテレビ出版(2005)
テレビドラマシリーズ第3弾のノベライズ。直下型地震にみまわれた東京での救命医療現場を描く。

石黒耀『昼は雲の柱』講談社(2006)
もう読まれたかもしれませんが。近未来シミュレーション小説。

自然災害を題材にしていて、それが隕石で発生するものではなく、地球崩壊までいかず、パニック小説ではない……のですね?
隕石・地球崩壊というキーワードははずせますが、パニック小説でない自然災害物って、ちょっと私には想像できません。
災害時にほんとにあったちょっといい話、くらいですが、これはさすがに希望に沿ってないと思います。

地震・津波を取り扱った小説としてすぐにあがるのは、真保裕一『震源』、高嶋哲夫『M8』、小松左京『日本沈没』でしょうか。
以下は2000年以降に発行された日本...続きを読む

Qサバイバル小説でオススメありますか?

人間が生き延びる(または生還する)ために、あれこれ知恵を絞って努力する、食料を調達したり、道具を作ったり、といったストーリーが好きです。

オススメの小説がありましたら、教えて下さい。

ちなみに今まで読んだもので気に入っているのは、
「漂流」吉村昭:私のベスト1。江戸時代の実話。水もない島での何年にも渡る過酷なサバイバル。
「悪夢のバカンス」シャーリー・コンラン:裕福な女性グループのジャングルサバイバル。「女性」っぽさが鼻につく所もありますが、ジャングルの描写が秀逸。かなりハード。

ジュニア小説でなく、一般向きでお願いします。

Aベストアンサー

「魔境からの脱出」柘植久慶

南米アマゾンで航空機が墜落。
生き残ったのは5人。
主人公たちはイカダを作り、自力脱出を試みる。
食糧や水を調達し、軍隊アリの猛攻があったり。

最後はガリンペイロや某国エージェント?との戦いもあります。

Q自衛隊が舞台の小説・・・

自衛隊が舞台、あるいは自衛官が主人公の面白い小説を
知っている方教えてください。
(千里眼)や有川浩さんの(海の底)(空の中)は読みました。
ただ、千里眼のような元自衛官という設定で自衛隊があまり出てこない作品は、あまり好きではありません。

Aベストアンサー

最近の面白い小説なら、ゲート(柳内たくみ)がおすすめです。

銀座に突如現れたゲートを通り異世界で、自衛隊がドラゴンやらゴブリンなどと戦う話です。

元自衛官が書いている小説なので、自衛隊内部及び装備についても詳しく説明されています。

かなり内容をはしょてますが、現役自衛官にも評価されている小説です。

現在3巻まで発売されています。

Q飛行機・航空関係の小説

こんにちは!
飛行機・航空関係の小説でおすすめを教えてください。
例えば山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」のような感じです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

パニック・サスペンス系ですが、昔読んですごく面白かったのでお薦めします。
米軍の模擬ミサイルが超高空を飛行している民間旅客機を誤射してしまうという内容です。
もう読んでいたらすいません。

 超音速漂流 トーマス・ブロック 文春文庫 1984

Q動物が犯人だった、というミステリー小説を教えてください

ネタばれになってしましますが、できるだけどんな動物が犯人かとトリックも書いていただけるとありがたく存じます。

Aベストアンサー

パトリシア・ハイスミスの『動物好きにささげる殺人読本』という短編集では全部動物が犯人か、もしくは殺人に関わっています。象、駱駝、犬、猫、豚、鼠、馬、ゴキブリ、鶏、ハムスター、鼬、山羊、猿の13篇です。トリックまで書くと長くなるのでやめておきます。ごめんなさい。
原題は「TheAnimal-Lover'sBook of BeastlyMurder」
日本では創元推理文庫から出ています。
何に使うんですか・・・?

Q感動する本、勇気が出る本、前向きのなる本を教えて下さい。

おはようございます。
最近とても大切な人と別れました。人生に対して今は生きる気力がありません。落ち込んで落ち込み抜いたその後に気持ちを前向きにしていきたいと思っています。その時にほんの少しでいいので手助けが欲しいのです。
私は読書が好きなので皆様が出会った素晴らしい本をご紹介して欲しいのですが・・・。
前向きになる勇気の出る本を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『青空のむこう』- アレックス シアラー・著 / 金原 瑞人・訳

わたしはあなたへ、この本をお薦めします。ほか、シアラーさんのお書きになる本は、どれも最後に、ほんのすこしの勇気と、さわやかな感動を生んでくれます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/249-0498760-4756324

Qオススメのエイリアンモノ小説

日本の作者、あるいは翻訳、ラノベ等を問いません。
映画エイリアンのようなSFホラー?小説でオススメを教えて下さい。
近未来、艦艇、閉鎖形、このあたりが揃っていると嬉しいですが、
こういうのもいいよ、というのがあればそれも知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、基本中の基本としてヴァン・ヴォークト『宇宙船ビーグル号の冒険』。
未知なる宇宙を探検するために多くの科学者を乗せて出発した宇宙船ビーグル号。しかし、彼らを待ち受けていたのは恐るべき宇宙生物たちであった。ビーグル号に乗った若き総合科学者エリオット・グローヴナーと仲間たちは知力を振り絞って宇宙生命体の脅威に立ち向かうのであった。
という物語で4つの短編からなる連作シリーズです。ベム(宇宙怪獣)物の古典中の古典です。映画の「エイリアン」もこの作品を元にしているのは明らかで、「近未来、艦艇、閉鎖形」の条件は全部当てはまります。

ジョン・W・キャンベル「影が行く」
映画「遊星からの物体X」の原作と言った方が早いかな。
南極で発見された二千万年前の宇宙船から発見された氷漬けの宇宙生物が蘇生し、人間を襲う。奴らは人間そっくりに変身する能力を持っていることが判明し、基地から出すと人類は滅亡の危機を迎える。閉鎖された基地の中で人間と宇宙生命体の戦いが始まる。
という、これまた古典中の古典です。ちなみに創元推理文庫の『影が行く』はこの作品を含め、SFホラーの作品を集めたアンソロジーです。

ジャック・フィニィ『盗まれた街』
これも「ボディ・スナッチャー」などのタイトルでこれまで4度も映画化されている名作です。
ある日、町医者マイルズの所に奇妙な相談が持ち込まれる。一緒に暮らしているの叔父が別人と入れ替わってしまったと言いはるのである。単なる妄想かと思われたが、同じ相談が次々と持ち込まれるようになる。自分の親しい人が、見た目はそっくりの何か別のものに変わってしまったというのである。アメリカの片田舎に一体何が起きているというのか?そしてある日マイルズが見てしまったものとは………。
展開がスピーディでこれまた相当怖いです。

ジョン・ウィンダム『呪われた村』
ある非イギリスの片田舎に空飛ぶ円盤が飛来した。その時、半径1マイルの範囲の生物は全て眠りについてしまった。24時間後、円盤は去っていき、村は何事もなかったように平穏を取り戻すが、村の受胎可能なすべての女性が妊娠していたのである。やがて生まれてきた子供たちは全員が金色に輝く眼を持っていた。やがて、村はその子供たちに徐々に支配されていく。
地味な話ではありますが、一読の価値はあります

ディーン・R・クーンツ『ファントム』
ある日、風光明媚な田舎町が突然壊滅した。住民500人全員が殺されたのである。偶然街を離れていた姉妹が村をさまよい歩くが、手がかりは浴室に残された「太古からの敵」という言葉だけ。一体何が起きたのか?そして姿なき殺人者は一人また一人と犠牲者を増やしていく。人類の存亡をかけた死闘が始まる。
キングと並ぶモダンホラーの巨匠クーンツのSFノンストップアクションホラーです。


最近はエイリアンが次々と人間を襲うなんて話を書く人はほとんどいなくなってしまいましたねぇ (^^;)。

まず、基本中の基本としてヴァン・ヴォークト『宇宙船ビーグル号の冒険』。
未知なる宇宙を探検するために多くの科学者を乗せて出発した宇宙船ビーグル号。しかし、彼らを待ち受けていたのは恐るべき宇宙生物たちであった。ビーグル号に乗った若き総合科学者エリオット・グローヴナーと仲間たちは知力を振り絞って宇宙生命体の脅威に立ち向かうのであった。
という物語で4つの短編からなる連作シリーズです。ベム(宇宙怪獣)物の古典中の古典です。映画の「エイリアン」もこの作品を元にしているのは明らかで、...続きを読む


人気Q&Aランキング